FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

新浄化装置「サリー」でセシウム5万分の1に

新浄化装置「サリー」でセシウム5万分の1に

純国産の高濃度汚染水浄化装置「サリー」が放射性セシウムを1/50000以下に
浄化するという結果をたたき出した。目標値は更にその上の1/10万~1/100万
との事だったがそれでも十分な性能だろう。

片や既に稼動していたアレバ社(仏)、キュリオン社(米)の汚染水浄化システムの能力は
キュリオン社のものは真水で1/1000、海水で1/50。
アレバ社のものは1/400とサリーに比べて遥かに低い。
一時しのぎにはなったものの高い買い物だったと言うしかない。


サリーの高性能を祝うように1号炉の19箇所全ての検温箇所で100度を下回ったという。
2号炉と3号炉は能力が高い事もありまだ117度と126度と高いが安定的に温度は低下
してきていることには違いなく、このまま順調に100度を下回っていく公算は高い。

問題はこういった技術が何故もっと早く、事前に準備されていなかったのかということ。
事故を起こすまでこの素晴らしい技術が形になっていざという時のために備える事が
出来ていなかったということは大きな問題だ。

勝手な想像だが、事前に事故を想定したものに予算を割くことに内部的な障害があったので
はないかと考えている。結局は能力の低いものに高い金を払う事になったのだから愚かでしか
無いのだが。

そんな状況だから政商・孫正義氏に付け入る隙を与える事になったのだと思う。
関連記事
  1. 2011/08/21(日) 19:12:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<フェイスブックと連携したKDDIの勝算 | ホーム | 中国の高速鉄道はまだまだ未熟>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2011/08/22(月) 15:46:26 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1778-c6797100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。