FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

東北に乗り込む#18日目

先ほど1500mほど走りこんできた。
さすがに体がなまっているように思うので少しだけ走ってみた。
ものすごい風で前に進まないところもあったがまあまあ体がほぐれた気がする。
たまには走るのもいいね。
快晴の田んぼの真ん中を通っていくのは気持ちがいいです。

ずっと無音で車にいる人なんですが、たまにはラジオを聴いてみようと1260kHzの東北放送を
つけてみました。やはり中身は今でも震災一色です。

そんな中、瓦礫の撤去作業員からの投稿がありました。
「瓦礫の撤去をしていると、やたらと県外ナンバーの車がそこら中に停車しているのが目に付くように
 なって来ました。救援車両ならまだいいが、写真を撮っているだけのようだ。
 作業の邪魔になっていることも有るしここは被災地です。もう少し考えて行動して欲しい。」
とのこと。私が先日から書いていることは実際の作業している人も同感のようです。

無音環境も頭が空に出来ていいのだけれど、しばらくは東北放送を聞いていようと思います。
国道45号の情報も橋の名前まで出して情報を言ってくれるので助かります。
地元密着の放送局ならではですね。



この日の野菜。
ここで仕入れるネギは本当にいいにおいがして車がネギのにおいで充満する。
きっと美味しいだろうなと予感させる新鮮なにおいだ。
この日から玉ねぎとなすびが登場した。

気仙沼の担当さんに聞いてみるとやはりどかっと野菜が入荷するあるけれど、
それは単発だしすぐになくなってしまうとの事。足りているかどうかと聞くと決して
それで足りているわけではないということでした。

野菜が十分になってきていたら他のものに切り替えてもいいかなと思って聞いてはみたのだけれど、
まだまだ野菜は必要な状態でした。コンスタントに新鮮な野菜を運ぶ事は今でも必要みたいです。


45号沿い、気仙沼での復旧情報。
真新しい電柱が立ち始めている。
新品の電柱を運ぶ車を見かけることも増えてきた。
まだ災害の酷い部分の入り口部分の工事では有るが、確実に復旧は始まっている。


連休で車が増える事を考えてか歩道の整備も始まった。
自衛隊の人が多く借り出されている。


この日から集中的にこの地域に入った自衛隊が頑張ってくれている。
私はこういうところにこそ体力系のボランティアが必要だと考えている。


左、このぐらいは普通。ゴミ捨て場のように山になっている部分も多くある。
家がせり出しているようなところは重機が無いと手がつけられない。
右、重機で瓦礫を寄せて開けただけなので泥だらけのままの道。
トラックが通るとほこりが舞う。
雨が降るとぬかるみになって歩けなくなる。
自衛隊の人はこういった部分も最後まで綺麗にしていた。

私は現場を見ていると全く人手が足りていないように思います。
それは色んな方が言っていますが、避難所などでも必要な人手は色々と有ると思いますが、
それ以上にこういった片付けのほうに圧倒的に足りていないと感じます。

それを自衛隊に頼りすぎではないかと思っているのです。
ボランティアで一番必要な人材は自衛隊がやっているような力作業だと思います。
各家の中の片付け洗浄もそうですし、道や公共の場所でもそうです。

こういった道路などでは「危険だから」とか色々な意見な有ると思いますが、危険な事を
自衛隊だけに押し付けるのは私は納得できません。自衛隊も瓦礫の片付けの訓練を受けている
専門家というわけでも無いのです。それを汚いところだけ、危険なところだけを自衛隊に
押し付けすぎかなと感じています。

ボランティアなら体力自慢や色んな経験者も集まると思うのです。
「助けたい人」がものすごく沢山いるのですからバス数台で乗り付けて一気に片づけをすれば
重機だけでは出来ない事もどんどん進むのではないでしょうか。
毎日少しづつしか片付いていかない現場を見ていると、力を余らせている若い力と、
それを陣頭指揮する現場監督がいれば相当瓦礫の撤去や清掃が進むだろうと思います。

次私が何かするならそういう事をしたいなと現場にいて思いました。
いや、そういう人材を集めるあては無いのですけど。


左・中、ドコモショップ45号気仙沼バイパス店。
相変わらず整理券を配布して多くの人が並んでいる。
お急ぎの方は坂を下って1.5Kmほど旧市街地方面の気仙沼店の仮設店舗方へどうぞ。
写真に写っていない左側にはもっと多くの人が待っている。
右、こんなに大きな魚が99円・・・真ダラってどうやって食べるのでしょうか。
私の車で料理できる装備が有れば食費ももっと安く付くのですが。


この日はタイミングが丁度良かったので気仙沼で氷を買ってしまった。
既に穴場を見つけているので私の氷の確保はほぼ問題が無くなっている。
出来るだけ気仙沼では氷は買わないようにはしているので今回の分は勘弁してください。
しかしながら店のほうは今でも氷はすぐに売り切れる、確実に入ってくるとも確約できないと嘆いている状態だ。


のどかな位置にあるKDDI基地局。
右、ケーブルのアップを撮ると3つのセクターごとにケーブルが色分けされてある。
写真を撮り忘れたが、旧800とN800の二つアンテナが付いているように思う。
形の違うアンテナが2種類×3セット付いていた。


上記のKDDIの宮城米山基地局。


この日は趣向を変えてみた。
卵も食べたくなったので丁度良かった。
暖められたらもっと美味しかったですが、冷めていてもなかなか美味しかったです。
左、折角だから仙台ラーメンで。
中、妙に気に入ったニュータッチにまた手を出した。
右、エンジン停止状態でお湯を沸かしながらPCを使うなんて普通はやってはいけません。

ちなみに前日もエンジンを切ってお湯を沸かしていたのですが、お湯を沸かしながらうたた寝して
1時間程沸かし続けてしまいずっと沸騰していた。あとPCを使っている時おかしいなと思って
エンジンをかけたらかなりギリギリのところで何とかかかりました。
お湯を沸かしながらのうたた寝は色んな意味で危険なので注意ですね。
本当に危なかったです。


左、普通はこの状態。
中、入れた一味の標高は15mmぐらい?
もうビンの1/3ぐらい無くなってしまった。
一味は2倍サイズのビンなのに減るの速過ぎ、業務用が欲しい所。
右、家を出てからヨーグルトはこの一つを洗って使いまわしている。
たまに断り忘れるが、もう10本以上はスプーンをつけるのを断っている。
微々たることだが継続は力なり。


今回ずっと撮影に使っているデジカメはキャノンのIXYです。
私は始めての時はFinePixでしたが、二台目からはずっとIXYのシリーズを愛用しています。
そんなに買い替えは頻繁ではないのですが、それだけに代を追うごとにものすごく進化を感じます。
今使っているのはIXY DIGITAL 110ISで最新モデルでもなんでもないのですが、
それでも最新モデルでも使われているDIGIC4エンジンとその周辺プログラムは優秀すぎます。

構えて撮れるところはいいのですが、一瞬の際どいショットもかなり有り、旧モデルのカメラでは
間違いなく失敗ショットだろうと明らかに分るものでもしっかり絵にしている。
室内の蛍光灯の明かりだけで中間夜間を問わずフラッシュ無しでしっかり絵にしている。
時代の進化は恐ろしいものを感じる。

しかし非常に不満な点が有る。
それはPCに取り込んでブログにアップしているのはお分かりだと思いますが、
それがTWAIN32経由でしか取り込みが出来ない。
普通に考えてカードリーダーモードぐらいつけるのは当たり前だろう。
このTWAIN32の取り込みプログラムの出来がいいのならまだ我慢は出来る。
新しいSDカードを入れてきたが撮影枚数が既に2000枚を超えている。
TWAIN32を選択してから立ち上がって写真が選べるようになるまで10分、それを50枚取り込む為に50分。
画像を選んで取り込むだけで1時間以上の時間がかかる。
持ってきたPCが古いからと言ってもリーダーモードがあればこんなにかからない。
そこから編集しなくてはならないので大変だ。
だから日々更新時間が遅くなっているというのが実情。
1枚取り込み忘れがあったらまた10分から始めないといけない。
もうやってられない。
カメラの進化はものすごいものが有るが、快適の為の環境は全く進化をしていない。
それがキャノンIXYの世界だと思った。
こんなのはカードリーダーとしてOSに任せるのが一番つぶしが利く。
一日の枚数が多くても読み出し完了まで10分もかから無いだろう。
作業性の差は段違いだ。
OSに任せていれば他に代替ソフトが幾らでも有る。
IXYにはそんな逃げ道が用意されていない。
2011年の最新モデルでは逃げ道はあるのだろうか。
しかし普段は携帯のカメラを使っているのでデジカメの買い替えはそんなに頻繁には行わない。
次はいつデジカメを買い換えるのだろう。その頃には改善されているだろうか。

さて、今日の野菜の仕入れいってきます。
関連記事
  1. 2011/04/29(金) 12:27:35|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Android 2.2搭載フルキーボードパソコン | ホーム | ドコモ、LTE「Xi」対応スマートフォンを今年冬に発売>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1516-ed019fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。