FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

東北に乗り込む#10日目


からっと気持ちよく晴れているのに少し向こうの雲はまだちょっと黒い。
しかし澄み渡った空気のおかげで遠くの山は非常にくっきり見える。
空気は少し冷たいが、気持ちのいい日だ。



この日もいつもどおりの仕入れ。
50Kgを概ね2万円前後で仕入れられるようになったので活動を少しでも長く続けれそうです。
中央の赤枠のなかの箱は玉ねぎのようです。
私の持ってきた2倍弱程度でしょうか。
ここで私以外のものが持ってくる野菜を初めて見かけました。
しかし毎日持ってくる私の野菜と足しても1万人を充足するには全然足りません。

缶詰や日持ちのする食材は箱で沢山詰まれていましたが、生鮮類は私の物資以外はこの玉ねぎのみ
のようでした。他は紙おむつや水、トイレットペーパー等でした。
毎日1万人の被災者が生活していくわけですからこれだけ大量の物資が必要になるわけですね。


ボランティアセンターとその向かいの広場で野営テントを張るボランティアの姿。
テントは大小併せて10張りほど有ったと思います。
ボランティアは自己完結が鉄則です。
私も日本一周半の経験が無ければ車中泊で自己完結する技術に自信が持てず、恐らく来れて
いなかったでしょう。


私の活動を支えてくれるホテル・タウンエース。
様々な景勝地をホテルに変えるスイートルームを装備。
オイルランプの点灯時間が延びてきた気がするのでそろそろオイルレベルをチェックしてみる。
Lowレベルのラインぴったりぐらいでした。まだ余裕が有ったみたいです。
しかしバイパスをちょっと飛ばしたぐらいで点灯するようになる状況では今後も安心とはいえません。
一応予備の1L(0W-20)は有るので不安は多少マシにはなりましたが。


こわいよ~~~。






ちなみに全部で20台ほどいました。
千葉県警でした。


気仙沼バイパス沿いに有る大型ショッピングタウンMAIYA。
45号沿いに有るだけ有って遠方からもどんどん車が入ってきます。
駐車場は常に待ちが有る状態。
どの店でも「頑張ろう気仙沼」や「頑張ろう宮城」等の張り紙があります。
他に道路には「救援有難う」等と店や会社が通り行く車に向けて張り出しているところも。


少しのことでパニックになっている関東や関西とは違い水は潤沢に有る状況。
なにせ売るほど有ります。



その気仙沼バイパス沿いに有るドコモショップ気仙沼バイパス店。
先日報告した気仙沼店から道なりに1.5Km程の距離です。
店内はものすごく待ち客が溢れています。
駐車場を見ても分るとおりです。
店の中には全キャリア対応充電器が大量の充電をさばける状態になっています。
なんとこの発泡スチロールまで充電器です。
下にAC100Vからの純正の充電器のコネクタが中に引き込まれていました。
見栄えはともかく、大量に押し寄せる充電需要に応えて数を揃えようとする努力が見られました。


被害を受けたドコモショップ気仙沼店・左。
ようやく店の前の瓦礫は片付けられた模様。
店内の泥も排出は終わっている様子。
ショップのガラスウインドウは全て破壊されて無いので営業再開にはまだ程遠いか。
中・右、少し坂を上がったところに有るauショップ。
店の前の瓦礫はもう片付いている。
両サイドの飲食店は共に再開済みなのに何故かauショップは再開されていない。
キャリアの勢いの違いがこんなところにも表れているようにも思える。
これではauの客はドコモショップで充電するしかない。
私もauの充電器を忘れてきたのでドコモショップでauの端末を充電させてもらった。


念願のオイル交換を出来たガソリンスタンドで見かけた新聞、河北新報。
宮城県ローカルの新聞なんだろうか。
92.5%が水死ということだけど、今行方不明のほぼ100%に近い人もそうだと思う。
それを考えると水死の割合は今よりも上がりこそすれ下がる事は無いと思われる。
実は地震も面白い情報を得ている。
地元の人によると津波を生んだ本震は大したことなく、
その後の余震(地元の人は「二回目」と呼ぶみたい)の方が酷かったというのだ。
この記事でも明らかなのだが一回目は津波を生むプレート型地震、
「二回目」は阪神淡路と同じ直下型地震だ。
ここのコメントにも書きましたが、海洋プレート型地震は地上物の破壊は殆んど無く、ほぼ被害は津波で起こるわけです。

被災地に起こった地震での被害は地元で呼ばれている「二回目」によるものがほとんどだと
いうことが地元の証言で明らかになったということです。
ちなみに「二回目」は津波と同じ4月11日に起こっているものです。


健康な男性が日々活動していると溜まってしまうもの。
それは・・・洗濯物です。
というわけで、初めてのお洗濯。
日本一周半のときもだいたい一週間ぐらいでコインランドリーで洗濯をしていました。
車中泊の生活が成立をするのはコインランドリーのおかげと言っても過言ではありません。
どんな田舎に行っても走っているとたどり着く街で主婦の方に「この辺りにコインランドリー有りますか?」
と聞くと案内してくれます。
この日もMAIYAで聞いてここにたどり着きました。
早速洗濯・・・と思うと洗剤が売り切れ・・・。
仕方ないので液体石鹸の代わりにお風呂セットのリンスインシャンプーを投入。
綺麗に洗えました・・・がどうも下着や枕にかけているタオルが萌え萌えする匂いに
なってしまった気がする。しかし洗い上がりは上々なので今後は節約の為にリンスインシャンプーで
全てを代用する事にする。実はお風呂でのボディーシャンプーもこれを使っているのです。


45号沿いの以前から営業を開始しているコメリ、と向かいの海側の店。
高さはほんの少ししか変わらないが、道一本挟んだだけでこの明暗の分かれようだ。
片やコメリは蛍光灯などをいくらか間引いて何とか営業を続けている。
片や表のガラス等がバリバリに割れて見るも無残な姿のまま手付かずだ。
水で汚れてもウインドウが割れないなどの破壊が無ければ復興も早いようだ。
右の地面の謎の模様は高圧清浄機で地面を洗ったあとだと思われる。
このコメリの駐車場全てにこの模様があった。

実は前の車幅灯の電球が切れてたのでコメリに買いに来たのです。
気になっていたんですよね。
ガススタとかで代えてもらうと工賃がかかるので。
ちょっとでも資金は大事に使って一日でも長く野菜を届けたいのです。


今晩の夜はMAIYAで買ったので内容が異なる。
この中の惣菜で一番高いフランクフルトが一番美味しくなかった。
他は塩辛すぎるとかはあってもどれも美味しい。
フランクフルトだけ朝に一本残してしまった。
一番高いのだけハズレとは・・・罠だった。
やっぱり生もの系が美味しいね、東北は。


初日以来久しぶりに低温殺菌牛乳をゲット。
普通は毎日でも手にはいるものなのに、どうも東北は乳製品は思ったほど強くない気がする。
ちなみにどこで買っても岩手が産地なので東北の乳業は岩手が支えていると思われる。
どこの店でもメグミルクか、地場ブランドのものしかない。
店によっては明治も有るが、それは遠方の他県産のものだ。
右は兵庫から来たボランティアらしき人たちのバス。
ここで一泊していった。
カセットコンロでお湯を沸かしてカップ麺やコーヒーを飲んでいた。
カセットコンロやっぱり持ってきたほうがよかったかな・・・冷凍のラーメンとかコンビニで
買って食べられるもんね。でも現状でも何とかなってるけど。
関連記事
  1. 2011/04/21(木) 11:34:01|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<東北に乗り込む#11日目 | ホーム | LTEの周波数分散化問題、既にかなり深刻化>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2011/04/21(木) 13:22:00 |
  3. #
  4. [ 編集]

東北の牛乳について

初めまして。
実は被災地となった岩手・宮城・福島はそれぞれ牛乳の一大産地です。
しかしながら福島は原発による出荷停止やそれに伴うバイヤーの懸念、宮城は2社合わせて県内原乳処理シェア6割を超える明治と森永の県内工場が深刻なダメージを受けており操業できないという事情があり、供給がおぼつかなく関東産や岩手産で補っている状況が続いています(一応宮城産や福島産も流通しています。)
  1. URL |
  2. 2011/04/22(金) 10:09:50 |
  3. KYO #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1501-a7137c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。