FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

東北に乗り込む#7日目

家を出てから今日で一週間、被災地での活動もようやく軌道に乗りました。




朝起きたらとりあえずご飯、そして仕入れ。
野菜の量と目的だけを伝え内容はもう完全に相手にお任せ。
毎回毎回地元独特の野菜が含まれています。
今回は独特の品種のごぼう等が含まれていた模様。
3枚目の紙製の袋がそうです。
6日目の野菜は日中運搬した時の熱で到着時に元気が無くなっていましたので、
今回はその対策にしっかりとダンボールを上に重ねて熱対策も万全。
おかげで到着時にも農協出身の兄ちゃんもOK顔を受け入れてもらえる状況で届ける事が出来ました。


もう通いなれてしまった国道346号-45号。
毎日通っている最中の被災地の写真の殆んどは気仙沼の南に位置する元吉町のものです。
地図を見て頂ければ分りますが、ここは内陸部に位置する市街地の方が海沿いの地域よりも
被害が大きいという特殊な地域です。
ちなみに気仙沼の役所でここへの物資の供給も請け負っており、6日目に送った野菜はこの地域の
役所にそのまま転送、右写真の災害対策本部で約2500名の(一部の)被災者に配られたという事です。
内訳は元吉町側に負かされており、それ以上の詳細は気仙沼側では分らないということでした。


もう見慣れた光景、気仙沼~本吉町の45号~246号に関してはもう道路的な不安場所は有りません。
仮舗装も完了しました。
ただし246号の内陸部で余震による道路の隆起や陥没でガタガタが出来ていたり、舗装が
乱れている場所が有ります。そういう場所はほぼコーンによるマーカーが置かれていますので
注意して走行いれば問題有りません。



本吉町海沿い。
この辺り家屋はほぼ流されて基礎すらありません。
しかし消防団の施設とか郵便局、ガソリンスタンドや大手企業の建物等はしっかり流されずに残っています。
ガソリンスタンドの看板が一番上まで壊れている事を考えるとそれ以上の高さの津波が襲ってきた
事が分ります。それでも郵便局は看板すら倒れていません。
消防団も建物は壊れたものの何とかその形は奇跡的に保っていました。
これだけ背が高く中に柱が作れない倉庫型だと流されて無くなっていてもおかしくなかったのですが。

この辺りは津波に直撃されるともとより予想されている地域であり、建物はその事を想定して
建てられているものもあったことが災害後の壊れ方で徐々に見えてきた気がします。
毎日この道を走って被害状況を見ながらそんなことを考えています。


本吉町海沿い。
一気に押し寄せた津波は物を運ぶ効果もですが、それよりも壊す効果の方に強く働いたように思えます。
陸前高田でも同様の力の強い津波に襲われていますが、ドコモの大型基地局はまともにそれを受けて
いたのに全く無事だったのに対し、道路横に立っている鉄柱や電柱は根元から折られています。
前の記事からご覧になっている方には見覚えのある車が角度違いで写っていますね。
この場所を走りこんでいる結果です。


壊れ方で丈夫な部分とその弱点が明らかになるものも。
右写真の家等では家屋は丈夫だったものの、基礎からはがれてしまい流されています。
逆に基礎が丈夫過ぎたものは建屋に負担がかかりそちらが破壊されてしまっています。


この津波浸水想定区域、この辺りは多くの場所でこれを超えて浸水しているように思います。
しかし岩手の方ではほぼそれを超えることは有りませんでした。
この辺りではこの看板より上では家屋は健在、畳が多く家の前に出されているので、
床上まで浸水したのでしょう。
しかしそれで済んだということはこの予想も満更ハズレではなかったなと思います。
さすがにこれを超えたからといってその予想を批判することは避けて欲しいなと。
今まで起きた殆んどの被害ではこの想定内に収まっていたでしょうし、今回もこの
未曾有の被害の中では現段階で既に人間的な活動がいる地域と言えるからです。


運搬先の気仙沼地方青果市場に到着。
ヤマト運輸の車が大量に停まっており、自衛隊の車両は遠慮気味。
紙オムツを届けるようで積み込んでいました。
お願いして撮影させていただきました。



青果市場に展開している自衛隊の通信兵達。
それとこの近くを走行しているのをよく見かける第5地対艦ミサイル連隊の車両。


今日は温かい汁物が食べたくなったのでカップ麺でも。
サントリー金麦とネギトロ巻、そして昨日も買った納豆巻。
後はまるちゃんのカップうどん。(安かった)
お湯を沸かしているのは7~8年前に買った「ぽっとでゆ~わく」という12V系電源でお湯を沸かせられるもの。
検索したら今でもモデルチェンジをせずに現役で売っていた事に驚き。

以前に日本一週半をした時にも活躍した非瞬間湯沸かし器です。
この時期で室温のお湯をカップ麺一杯分を30分程度かけて沸かしてくれます。
満タンの600ml入れたらもっとかかるね。真冬では一時間かかるかも?
それでも今回も持ってきたのは車載で湯沸し昨日が有るのはそれだけ有り難いということを
身にしみて知っていたからです。

それはそうと毎日体重が500gぐらいずつ軽くなっています。
さくらの湯の同じ体重計で測っているので間違いないです。
夜10時を過ぎてから酒を浴びて胃が破裂するほど食べてるんですけどね。
やっぱり毎日いい条件とはいえないこの距離を運転するだけでもそれなりにエネルギーを使って
いるのでしょうね。コンピュータのプログラムを仕事で朝から晩までおもいっきり組んでいた頃も
どれだけ食べても全く太りませんでしたから。

やっぱり脳は非常にエネルギーを使うところなのでしょう。
毎日3キロ走りこむよりも脳を使ったほうが体重落ちるなんて驚きですね。
それだけ脳が使っているエネルギーが莫大だと言えると思っています。
私の勝手な独自理論ですが。


さて、今日の仕入れ行ってきます。
関連記事
  1. 2011/04/18(月) 11:52:13|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エリアに命をかける本気のドコモ | ホーム | 東北に乗り込む#6日目(の追加)>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1492-050aa199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。