FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

災害に強い通信インフラ

どのタイプの固定電話が停電時に使えるのか?

リンクした記事ではNTTの固定回線の対停電性を扱っている。
私は災害時には電気は割りと優先的に復旧するイメージが有る。
発電所や変電所が多少やられていても、電線さえやられていなければ経路の切り替えで
電力の供給を開始できるように考えられているからだ。
私が経験した阪神の震災でもそうだった。
電気は水道やガスよりも復旧が早かった。

しかしNTTの固定電話は他のライフラインが全て落ちていたのに唯一繋がったまま生き残っていた。

それを経験しているせいもあり、どれだけケーブルや光電話等の勧誘が有っても「災害時に電池を
使っても精々数時間しか使えないような電話に興味は有りません」と言って断っています。

NTTの固定電話は通信回線上に給電されており、その電力で電話機を動かす事が出来ます。
昔ながらの黒電話はコンセントなんて要らないので電話機にコンセントが付いた時、すごく不安な
気持ちになりました。今後どんどんAC100Vに電話機の依存が進めば災害時に困った事になると。

その後LCRやらTAやら色んな困ったものが大量に出てきて停電時の通信の確保に大きな問題を
抱えるようになっていきます。一番困ったのが光化でした。

光化されてアナログ回線が無くなると、必ず通信回線と電力の両方が生きていないと電話すら出来なく
なります。他のインフラに比べて電力は比較的早く復旧しますが、それでも両方生きていなければ
最低限の通信すら出来ないのでは東日本大震災のような場では困る事が多々有るでしょう。


そこで思い出されるのが「光の道」です。
ソフトバンクの独自案なんてものも含んで大きく問題提起されました。
私としては「停電時の保障はどうしてくれるんだ」という考えはいつまでも捨て切れませんが、
しかし「時代を考えると仕方がない」という思うところも有りました。

携帯というインフラが整ってしまっているので固定への依存度が減っている事も諦めが付く
理由の一つでは有ります。

しかし総務省も安易に光化を進めろだけではなく、この大震災を受けて停電時の回線保障について
もっとまじめに議論する必要が有ると思います。

例えば山をいくつも超えた小さな集落に対する通信手段を考えた場合、電力が落ちても
NTTの固定回線だけでも生きていれば最低限の通話が可能な通信手段が残っている事は
大きな意味が有ります。

孫社長が仕掛けた「光の道~ソフトバンク独自案」では値下げやコストだけを追い求め、
安全・安心は二の次・三の次です。しかも停電時の通話の保障をしているアナログ回線を
単なるコスト高の理由を挙げて悪という位置づけにまつり上げていました。

今回の震災では光化されてなかったおかげで通話が通じたというところも有るでしょう。
電線インフラが生きていても発電所や変電所や途中の経路がやられてしまった場所でも、
NTTが局を生かせばすぐに通話が出来るようになった場所も有ったでしょう。


今は固定電話だけでなく携帯が有りますが、こちらは災害時には災害現場のど真ん中では
回線が生きていても輻輳でほぼ繋がらないでしょう。基地局の輻輳もでしょうし、
センターも異常な発信規制をかけるのでドコモであっても基本的に大災害から数日間は
余り使い物にならないと考えています。災害時には携帯上での通信手段はIPプロトコル上に
乗っている通信アプリケーションが今後の主な命綱に成長すると考えています。
今回でもメールやTwitter、mixiが大活躍をしていましたしね。
しかしSkypeは重かったという話も有るのでパケット食いなものは駄目っぽいです。
通信規制で一気にIPベースの音声アプリに人が流れたのでしょう。


今後のIPペースの活用は、例えばLTE上の音声通話はVoIPが前提ですが、
キャリア回線と公衆回線の両方の経路を経由できるようにして災害時のリスクを
分散できる構造にする等の冗長化が欲しいです。

基地局単位の輻輳ならば諦めるしかありませんが、センターがすぐに輻輳したりして
発信制限がかけられるのは旧態依然とした電話システムの上に構築しているからであり、
非常時にはIP構造のSkypeのようなシステムも併用して発信制限をかけなくても
いい構造に取り入れていくべきだと思います。そういう意味ではauはいい時期に
Skypeを握ったなと思います。

それと21世紀の時代ですら災害が起きれば通信制限をかけるのは当たり前という発想から
脱却できていないのは問題ありだと思います。

私としてはこういうことこそ孫正義氏が「先鋭的な発想の通信のプロ」として提唱、
そして自社で積極的対応・導入をするべきだと思っているのですが、彼の持っている
キャリアもNTT系に右へならえで同じく発信規制をかけていることを残念に思います。
門外漢の原発のことをとやかく言う前に、自身の生業である通信の安全性についてどうか
真剣になって頂きたい。


ドコモを含むNTT系の研究所の方々、どうか災害時でも極力輻輳しない、発信制限が殆んど
要らない通信システムというのを考え出してください。いつまでもベル研のまま、クロスバの
ままの延長では限界は低い状態が続きます。

海外や国内他社への接続時にはある程度は仕方ないとしても、キャリア内なら滅多に輻輳
しないシステムの開発は今のソフト・ハードの技術力なら私は可能ではないかと考えています。
設備の維持管理も当然の事ですが、ユーザーから見たインフラの太さ頑丈さこそが
NTT系の強みであると今一度この大惨事を目の当たりにした我々に見せ付けて
欲しいと思います。それこそが今後5年10年、もっと長く「やっぱりNTT」と
多くの人に思ってもらえるような存在であり続ける大きな要因になると私は考えています。


NTT系は物理的なインフラは頑張っていると思いますが、そういったファームの部分に
発想の転換が欲しいです。この大災害を機に、災害時にも輻輳しない次世代の電話システムを
構築してください。
関連記事
  1. 2011/04/06(水) 19:33:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<TCA 2011年3月 | ホーム | 「復興財源に700/900MHz帯のオークション代金を」>>

コメント

復旧状況のスレがあったような気がしますが…とりあえずこっちへ。


ドコモ、原発エリアの復旧を概ね完了
http://www.rbbtoday.com/article/2011/04/06/75890.html


ソフトバンクは相変わらず?移動基地局のままですかな。確か毎日jpサイトに日々の状況載ってたような。
(^。^)y-~
  1. URL |
  2. 2011/04/06(水) 21:38:45 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

SoftBankは、iPhoneからの現地報告があったので初日から問題なしだったかと思いますよん。
docomoはちょっと遅すぎですね。
  1. URL |
  2. 2011/04/07(木) 08:59:36 |
  3. ちろ #JalddpaA
  4. [ 編集]

>ちろさん

今回は被災地が広大なのでiPhoneからの現地報告があった場所はたまたま大丈夫だったのでしょう
岩手めんこいテレビのHPにはソフトバンク携帯のサービス状況が載っています
全面復旧にはまだ時間がかかりそうですね

http://www.menkoi-tv.co.jp/anpi/lifeline/index.html
【ソフトバンク携帯電話サービス状況】 (2011.4.2掲載)
■陸前高田市:一部不可
■大船渡市:一部不可
■釜石市:一部不可
■宮古市:一部不可
■大槌町:一部不可
■山田町:一部不可
■田野畑村:一部不可
■岩泉町:一部不可
■普代村:全域利用可
■野田村:一部不可
■久慈市:全域利用可
■洋野町:全域利用可
  1. URL |
  2. 2011/04/09(土) 18:40:22 |
  3. キャベツ #-
  4. [ 編集]

隠蔽してた…じゃなかった、震災発生から一ヶ月近くたってやっと公開されるようになった
ソフトバンクの復旧エリアマップによると、
浪江町周辺だけはかなり広範囲に使える状態だったみたいですね。

http://mb.softbank.jp/mb/shared/pdf/disaster/tohoku2011/sb_tohoku_ng_fukushima.pdf

原発から10kmくらいの距離に位置するため、さすがに危険すぎて復旧は行ってないでしょうから、
運よく浪江町周辺のソフトバンクの通信網は生き残り続けたということでしょう。
なんで、こういう人からの生存報告もあったりしたわけです。

原発から約10kmの「浪江町」に残る人物が2ちゃんねるに降臨 「起きたら鼻血で血まみれ」
http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1411.html
http://blog-imgs-34-origin.fc2.com/n/e/w/news020/azuY6azmAww.jpg

まあしかし、その他の場所はドコモauより使えない状況というか、
そもそものエリアが比べるのが悲しくなるくらい狭かったりするわけですが…(苦笑
  1. URL |
  2. 2011/04/10(日) 10:17:00 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1476-d41a43df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。