FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

孫社長、そろそろ立場をわきまえましょうよ

孫正義改め、孫デマ義。@masason

Twitterって元々の意味の「つぶやく」ということと、好きな時に断片的にその呟きを覗くという性質上、
結構いい加減な事を言うのが許されるメディアです。ブログ程遡って読む性質のものじゃないし、
情報だっていい加減な口コミ程度でいい気楽なメディアです。

孫社長はその気楽さが好きでTwitterの大ファンになった。
そして日々「気楽」に呟いている。
龍馬の時は訳の分らない叫び声だけのツイートも有ったりとそれが顕著だった。

しかしほぼ100万人がフォローする日本で恐らく最大人数のフォロワーを抱える東証一部上場の企業の
社長という立場、しかもその言葉を多くの人が見ているという中で余りに嘘をツイートするのは
いかがなものかという意見が有る。

私も同じ意見で昨日の記事にもその事を書いた。
no_softbank氏がもっと突っ込んで纏め上げた記事が有るので紹介する。


孫正義よ、日本で一番注目されている立場でツレとダベる感覚で嘘を流してしまうのはもうそろそろ
終わりにしないか?中には意図的にフォロワーの多い事を利用している節もある。
その情報すら間違っていたりする事も指摘されているじゃないか。

他社を意図的に叩き、auの社員にその嘘を突っ込まれて訳の分らない反応で誤魔化す。
自分のやっていることがどれだけ酷いのか理解していないのか。

こんな事ではNTTやドコモやKDDIは孫社長のツイート監視部隊を結成せざるを得なくなる。
間違いを合同チームで一斉に指摘して無視できなくするとか。
そこまでして他社の事業を邪魔したいのか。

孫社長のツイートは余りに害を与えている事が多い。
最近壇上での発言も調子に乗っているなと感じる言葉選びをするようになった。

この男は危険だ、暴走する前にホウ酸と海水を投入する必要が有る。
関連記事
  1. 2011/03/31(木) 19:25:03|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<東北関東大震災・救援窓口(安否情報) | ホーム | どこでもドコモ1号>>

コメント

リンク先のブログ読んで噴きました。(⌒-⌒; )
  1. URL |
  2. 2011/03/31(木) 22:31:46 |
  3. TS #-
  4. [ 編集]

>TSさん
私も読んだ時おもいっきり笑いました。
  1. URL |
  2. 2011/04/01(金) 02:26:57 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

上場企業の社長という自覚?ないない

なんかもう、メディアサイトにまで醜態曝される始末です(笑)
http://www.j-cast.com/2011/03/31091845.html?p=all

Ψ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ
  1. URL |
  2. 2011/04/01(金) 18:56:30 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>どこも族さん
そろそろ色んなところがおかしな状況に感づきだしていますね。
  1. URL |
  2. 2011/04/02(土) 01:48:34 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>>鈴さん

酔った勢いの暴言ツィートといい総務省ガソリン放火まがい発言といい、かの人物は危険ですよ(* ̄ー ̄)


人間酔った時に暴言吐くようなら、それが本音というか本性ですからねー。
(・∀・)フハハ
  1. URL |
  2. 2011/04/02(土) 12:48:04 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1455-f7041e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。