FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

とにかく低品質!ソフトバンクのネットワーク

YASU氏がコメントでソフトバンク回線のping値の計測等を公開してくれました。
そこで明らかになったのは予想以上のパケットロスの割合でした。

>昨日は立川駅前で16時ごろ測って通信速度は下り900Kbps、上り84Kbps、パケロスは16%
>今日は国分寺で13時半頃測って通信速度は下り2Mbps、下り122Kbps、パケロスは20%でした。


>3/10の18:30頃にPing Liteで51回Ping打って26回返ってきてパケロス49%、そのすぐ後に
>XTREME LABS SPEEDTESTで計測した結果は下り1418Kbps、上り138Kbps、LATENCY 146msでした。


pingはICMPエコー要求/エコー応答という特殊なパケットを使って相手の生存を確認する仕組みとなっています。

YASU氏が言うパケットロスというのはこのICMPエコー要求/エコー応答のパケットが途中で消えて
無くなっている事を言っています。

通常のWindows上のWiFi環境でpingをすると、パケットロスはほぼ毎回というか
私が行っている回線では確実に0%を示している。というかこのクオリティーが普通だと考えています。

しかしパケットロスが0%ではないソフトバンクの回線は、送ったデータや受け取ったデータが消え
てなくなっている事を示しています。パケットロス20%で1/5のパケットが消え、パケットロス49%では
約半分のパケットが消えてしまっている事を示しています。

実際にこれだけのパケットが消えていたら全く実用に耐えません。
ベンチマークだと受け側の処理は普通はデータの正常確認であるベリファイを行わずに捨ててしまって
いるのでパケロスがあっても正常終了している可能性が高く、パケロス分は過剰に速度をカウントして
いる可能性が有ると考えられます。

唯一パケロスを許さずに正確な計測になるのはmpwさんのようなサイトで、ドコモ用のようなアプリ
計測にすると受信するパケット容量が端末側で規定される事になり、規定パケット数を受信するまで
アプリは計測を終了しないのでパケロスは絶対に許されません。またauやソフトバンクの場合でも
ファイル転送なので転送プログラムがベリファイも行いダウンロードする端末側で転送が終了するまで
きっちりと待つことになります。


パケットロスが20%ある回線でスマートホンで通常のベンチマークを動かし、1000Kbpsという結果だった
とします。すると20%届かずにが無くなってしまうので実質800Kbpsということに思えますが、サーバ側
では1000Kbpsという実績で「パケットを送った」ので1000Kbpsと表示してしまいます。

しかしmpwさんのところでソフトバンクのドメ携を計測するとどうなるのかというと・・・。
サーバーは1000Kbpsの勢いで送信をします。なので自分は1000Kbpsで送っている気分になっています。
しかし思わぬことに200Kbps分の再送要求を端末から送りつけられます。アプリの再送要求の仕様にも
よりますが、基本的には1パケットに対して1要求しますので実際には200Kbps+200Kbpsで400Kbps分の
帯域というか時間を食ってしまい600Kbpsという結果しか出ないのです。

ちなみに200Kbps+200Kbpsとなるのは上りが下りと同速だった場合の話で上りは下りよりも遅いのが
普通です。だから余計にソフトバンクの回線はmpwさんのベンチでは速度が出にくいという事になります。

ただしソフトバンクの回線だから全ての場所でパケロス率が0%ではないというわけでも有りません。
0%の場所では相応の速度が出るはずです。そういう場合に限り300KB計測なので不利ということが
初めて有効になると思われます。パケロスがある状態では計測の容量なんて関係なく遅いです。
それは新たに作られた1.5GHz帯で接続できたところはその可能性が非常に高いと思われます。


ちなみにTCPでの送信にはパケットの到着保障がされますからユーザー的には遅いだけで一応
データ的な不都合は無いです。しかしUDPではパケットの到達は保障されないのでUDPで
アクセスすると平気でデータが抜けて破壊されてしまいます。


ベンチマークによって早く感じるのに実際に使ったり、正確に測ろうとするサイトに限って異常に
遅かったりとするのはこういうパケットロスを考慮するしないも大いに関わっているのだと思います。
得意になって高速に出るベンチ結果だけを貼り付けているのをよく見かけますが、実際にはどのベンチ
でもとびぬけた数字を出す事よりも、より多くの結果でそこそこの結果を得られるかどうかがまず大事です。

十さにはmpwさんのとこで言えば「平均値」が重要なんですよね。
実使用上的にもエリアカバー的にも。
関連記事
  1. 2011/03/13(日) 19:18:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<検証、計画停電 | ホーム | 各キャリア地震に対する対応それぞれ>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1412-3e57f70a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。