FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

LTEに割り当てられる帯域

電波開国――ワイヤレス大国 ニッポンの転機[第1回]
「電波開国」で変わる移動通信市場 ~ 新たに300MHz幅を追加割当


電波開国――ワイヤレス大国 ニッポンの転機[第2回]
【700MHz帯、900MHz帯】グローバルバンド化で携帯端末事情が一変



まず一つ目の記事で今後追加される無線ブロードバンド帯に付いて触れている。
今まで余りに話題になることのない1.7GHz帯と2.5GHz帯が触れられている。

1.7GHz帯はあと1764.9MHz~1769.9MHz (1767.4MHz)の5MHz×2のことだ。
イーモバイルが取るべきかなと思うが、イーモバイルが欲しがらなければドコモが取るというのも
有りだと思う。実はイーモバイルとドコモの丁度間に5MHz×2が空いている。
なのでここを取った所が1.7GHz帯に20MHz×2を持つこととなり、取らなかった方が15MHz×2という事になる。
ドコモも元々1.7GHz帯に対応した端末を作っているのと、1.7GHz帯は一応GSM1800と周波数帯の一部と
間隔が一致しています。どちらが取っても今後の展開は今までの延長線で済むのでやりやすいと思われます。

この1.7GHz帯のバンドは香港のCSLがLTEの開始予定地としています。
またGSM1800ではアジア、アフリカ、オセアニア、欧州、北米、中南米と非常に多くのキャリアが
使用している帯域で、ユーザーがGSMから3Gなどへの移行が進んできた場合、利用法をLTEへ
転換するキャリアが出てくる可能性が有ると思います。
そうなると将来的には有用な世界共通の周波数帯域として使える可能性が出てきます。
利用国が多ければ端末もアンテナを載せてくるのと各種チップセットも対応が進むので安価に
端末が製造できるようになります。

2.5GHz帯はどの周波数が割り当てられるのかすぐに見当たりませんでしたので割愛。

後何度も議論に上がりながら開店休業状態のIPモバイル跡地である2GHz帯(2.01G~2.025GHzの15MHz幅)
はこの計画に入っていません。しかしこれはLTEのバンド34としてTDDで割り当てられています。
既にここはLTE側では使える帯域として認識されていることになります。

お馴染みの900MHz帯は15MHz幅が計画されていますが、私としては900MHz帯の前5MHzは850MHz帯の
後ろ5MHz延長案も加味して考慮すべきと考えています。その辺りの詳しいことは以前の記事を参照で。
韓国との協調も含めて考えると収まりがいい案だと思います。

700MHz帯はAWF案次第なのでしょうが今ひとつ展望が見えてきませんよね。
中間発表だけでもいいので出てこないものでしょうか。
余り遅いと足並みが揃うかどうかも分らなくなってきます。
抜けるところが増えてくると意味がなくなってしまいます。


それと思うのですが、2Gや3Gの帯域にLTEを展開するキャリアがどれだけいるのかということです。
どうも海外では日本のようにごっそりと広い帯域幅を持っているところは余りないように思います。
これは日本の関東・関西の人口密集地を基準に割り振られたものと日本ほど人口密度が高い場所が無い
海外との違いを考えると説明がつきます。

日本のように一つのキャリアがいくつもの帯域を合わせて一つのネットワークを作っている国は
そう多くないです。特に日本は特殊すぎ、これに対応する端末を作るのメーカーはグローバル会社では
少ないと思います。3Gでも2GHzしか対応してなかったり、よくて850MHzが対応している程度です。
GSMではきっちりと対応しているものは多いのですけどね。

今年から2012年にかけてLTEを開始するキャリアが世界中に沢山ありますが、ドコモと同じ2GHz帯を
使ってくるキャリアは恐らくなさそうです。3Gを始めてない国だといきなり2GHzをLTEで始める
ことも可能でしょうが、細切れで2GHz帯を割り当てていたりする場合5MHz幅でしか持ってなかったり
すると逃がす場所が無いのでその帯域をLTEに乗り換えることが不可能になってしまいます。

そうなると整合の取れない帯域を利用してLTEを開始する可能性も出てきて余計に足並みが
揃わなくなります。

最終的にLTEだけの為にいくつのアンテナを積まなければならなくなるのか現状では想像が付きません。
現状分っている周波数を全部カバーすると以下のようになります。

700GHz
800MHz
900GHz
1.5GHz
1.7GHz
2.0GHz
2.5GHz
2.6GHz

これに3~4GHz帯も入ってきますし近い周波数のものは纏める事が出来てもやっぱり5~6個ぐらいは
アンテナを載せなくてはならなくなります。これにNFCとWiFi,Bluetooth、
マルチメディア放送のアンテナを含めると大変な事になります。

この辺りのことをしっかりと突っ込んだ記事を全く目にしないのはまだ問題として認識されていない
のでしょうか。アンテナ問題は今後国内でもSIMフリーの時代を睨むと絶対に避けて通ることの
出来ない問題へとなっていくと思うので私はずっと気にしているのですが・・・。

そろそろメディアの記事でもこういうことも取り上げて欲しいなと思っています。


国内ではとりあえずは900MHz帯の割り当てが最初に来ると思うのですが、私は出来る限り900MHz帯の
初めの5MHzは850MHz帯に編入されるように適度に繰り返し声を上げていこうと思っています。
でも最近孫社長はやぶ蛇を避けているのかあんまり周波数のことで騒いでくれないんですよね。
私は孫社長の叫びで周波数帯域の話題が盛り上がり、その事で沢山検索される事を期待しているのですが。
沢山検索にヒットするには孫社長が800MHzだの900MHzだのと叫んでくれる事が一番有り難かったりします。
世の中面白いものです。
関連記事
  1. 2011/03/10(木) 21:31:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<全国的に地震 | ホーム | ソフトバンクのまやかし、技術的な検証記事>>

コメント

>1.7GHz帯はあと1764.9MHz~1769.9MHz (1767.4MHz)の5MHz×2のことだ。
確かこれはこの前イーモバイルに割り当てされた10MHz幅の隣に位置する分でしたっけ?東名阪枠は今も空席の状態ですし
  1. URL |
  2. 2011/03/11(金) 00:42:54 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

>kkさん
http://www6.atwiki.jp/k-p/pages/21.html
こちらに書かれている情報を利用して説明させてもらうと

①(新)イーモバイル
②(新)イーモバイル
③イー・モバイル
④         ←ここが2012年割り当て対象
⑤NTTドコモ
⑥NTTドコモ
⑦NTTドコモ

①~③は全国、④~⑦は東名阪
こういうことになります。
イーモバイルの使い方と東名阪バンドということで合わせるとドコモが取るのが妥当っぽいんですよね。
  1. URL |
  2. 2011/03/11(金) 00:57:43 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

 BWAマニアである"通りすがり"の脳内記憶によると2.5GHz帯はモバイル放送の跡地2.630GHz~2.655GHz
の25MHzにガードバンドの5MHzを加えた最大30MHzです。
 割当を希望しているUQの利用周波数が2.595GHz~2.625GHzであることからUQに追加で割当られた場合には
30MHz利用可能なので"最大30MHz"と表記しているものと思われます。
 個人的にはBWAという枠組みを維持するなら新規の事業者が現れない限り、UQへの割当は妥当と思われます。ガードバンドなしで最大限利用出来るわけですからね。
 以前指摘した事ですが、一部の基地局では既にWimax2にもTD-LTEにもアップグレード可能な機器の導入を進めているので、合計60MHzの周波数獲得ともなればKDDIにとって大きな財産になるでしょう。
 ドコモ派の人には最大限の脅威が到来か?
  1. URL |
  2. 2011/03/11(金) 03:09:42 |
  3. 通りすがり #q1cvaNjE
  4. [ 編集]

>>通りすがりさん

>合計60MHzの周波数獲得ともなればKDDIにとって大きな財産になるでしょう。
>ドコモ派の人には最大限の脅威が到来か?


3.4~3.6ギガHz帯で同等かそれ以上の幅とれそうなんで脅威でもないのでは。ただし高周波数固有の浸透性という難題はありますが。

それと、WiMAX2の開始時期が先行するのも既定路線?ですし、同じ土俵のLTE-Advancedとの比較なら……
(^ω^)
  1. URL |
  2. 2011/03/12(土) 08:43:11 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

①(新)イーモバイル
②(新)イーモバイル
③イー・モバイル
④         ←ここが2012年割り当て対象
⑤NTTドコモ
⑥NTTドコモ
⑦NTTドコモ

あれ?日経lコミュニケーションだか月刊テレコミュニケーションでは①の前にあたる部分が新たに割り当てられると書かれてましたよ?で東名阪の残り枠である④がドコモに割り当てられる見込みとも
イーモバイルに700/900MHz帯が割り当て無かった時の救済策?
  1. URL |
  2. 2011/03/13(日) 17:57:50 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

kkさんのおっしゃるように、現状ほかの用途(鈴さんが貼ったURLには公共(固定)と書いてある)で使用しているところを再編で開けて割り当てることを検討しているみたいです。
また、現状東名阪だけの④~⑦についても、東名阪以外でも使用できるようにすることも検討されているみたいです。
この辺の話は例の光の道のワーキンググループでしたっけ?の報告書にあったはずです。
  1. URL |
  2. 2011/03/13(日) 22:40:05 |
  3. あ #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

>通りすがりさん
おお、BWAにもヲタクの方がいましたか。
詳しい情報有難うございます。
そうですか、やはり後ろに隣接した部分でよかったのですね。
情報有難うございます。

>どこも族さん
2.5GHz帯でTD-LTEを始めるキャリアも多いですし、mWiMAXを始めているキャリアも多いので
結構有用な世界バンドを持っているという意味ではつぶしが利きますし脅威とはいかなくても
優位な持ちもをを新たに手に入れる位の価値は有りそうに私は思います。

>kkさん
あれ?
ってことは前回Eモバに1.7GHz帯が10MHz幅割り当てられていたのではなかったでしたっけ?
とするとEモバの割り当ては②と残り5MHz分はどこになるのでしょう?
①って空きだったのですかね。う~~ん、良くわからないです。
  1. URL |
  2. 2011/03/14(月) 01:43:37 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

いや①・②・③とも既にイーモバイルの所有帯域ですよ、あさんの言ってる部分が新たに枠を空けて与えられる1.7GHz帯です
その枠をイーモバイルが獲得すればUMTS1800への対応がし易くなるとか(基地局の改修等)
  1. URL |
  2. 2011/03/15(火) 00:03:23 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1411-b7a0e463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。