FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモ端末化格値下げ方針

iPhone ドコモ新社長、対抗で値下げ方針
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200806240071a.nwc


大丈夫なのか本当に。
端末値下げを真っ先に持ってきた新社長、この発言はドコモユーザー的には
複雑な側面がある。

値段が下がることを喜ばない人はいないだろう。
しかしドコモの重厚長大な端末を値下げするとなると何かが犠牲になる。
先進性か?重量・サイズか?それとも質感か?

ソフトバンク対抗だとしたら値下げは危険すぎる上に誤った施策だ。
ソフトバンクの端末は決して安くない。
インセンティブで安く見せかけているわけだ。
その分ソフトバンクの身を削っている部分だって有る。
そこにドコモが並びかけていいのか?
リスクを犯してでも基本料金でも並びかけてソフトバンクを完全につぶすのだって
一つの方法だ。しかしそれで得られるものは無い。面白いCMと安い値段を掲げた
新星キャリアが一つ無くなっただけで、後に残ったのは安売りの走ってやせ細った
ドコモと一つのきっかけを掴んで復活の道を歩みはじめるauの姿が有るだろう。

ソフトバンクがなくなるとauが復活する?
いや、ドコモが安売りに走るとauが復活すると考えている。
ドコモとauはソフトバンクはあえて無視している。
と言うよりドコモはauを、auはドコモにお互い焦点を当てて意識しあっている。
ドコモが値段を下げるとauもそのチキンレースに参加せざるを得ない。
auも下げるのだが、端末のコストは元々auは相当安い。
また基地局も少ない基地局で遠くまでカバーする方式なのでドコモより
圧倒的に維持費が安い。よってチキンレースには意外と強い体質だ。

まあドコモもKDDIも収益が相当悪化するようなこんな馬鹿なことはするわけは
無いが、ドコモのトップから値下げと言う言葉を聞くと、個人的にはインフラなどの
信頼性に不安が走る。

億パケット単位のユーザーを抱えきれるだけのインフラが安物になってしまわ
ないのかと気が気でない。世の中ビッツやマーチや軽自動車ばかりが
売れているわけではない。

ドコモのインフラに信頼を寄せているユーザーはかなり居る。
そこを中途半端なものにしてしまうと既存のユーザーたちに築いてきた
信頼感を一気に損なうことになり、それならどこでもいいやって感じで
流出のトレンドの流れになる。

現在のMNP転出は古いmovaユーザーが牽引してる。とりあえず
ピンポイントにそこだけを値引きすれば簡単に止められるのだからドコモユーザー
全てを引っ掻き回すならそっちを先に手を打つべきだ。

とはいえ、私にすら想像し得ないようなウルトラD級の施策があるのかもしれない。
そうで有るならば歓迎すべきことだろう。伊達にこんなマンモス企業のトップに
なれたわけではないと信じている。

個人的には孫社長と舌戦を交えられるような人だったら面白いのにな
等と一人ほくそえんでいたりする。
関連記事
  1. 2008/06/26(木) 23:58:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<レスです | ホーム | 端末のアップデート>>

コメント

全面的に賛同

ドコモには値下げ競争に巻き込まれないでほしいと思ってるユーザーです。
といっても契約者確保の為には仕方がないんでしょうけど。
安さを求めてないからドコモを持っていますが、
どんどん値下げされて品質(全般的に)が落ちてきている気がします。
そうなるとドコモである意味がなくなる・・・
  1. URL |
  2. 2008/06/28(土) 15:04:10 |
  3. Phantom #-
  4. [ 編集]

ドコモユーザーで安さを求めてないのは一部じゃないの?
高くてもいいから端末の質やインフラをしっかりしてほしいなんて思う人はマニアックな人達でしょう。
大半の人は安いに越した事はないと思うのではないかと。
高機能端末だけでは客は喜ばないと905でわかったからロゴ変えたり必死なのでしょ。
  1. URL |
  2. 2008/06/28(土) 21:39:40 |
  3. あ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/140-b03688e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。