FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

そこそこの性能で安くする

【MWC 2011(Vol.46)】低価格Android端末向けCPUでシェアを狙う中国メーカー

スマートホンのCPUも1GHz帯になり、そこそこの性能が見込めるようになりました。
中国・瑞芯微電子の「RK2918」はARM Cortex-A8コアを搭載するチップで、最大1.2GHzで動作します。
Googleが推進しようとしている動画フォーマットのWebMに使われている圧縮技術のVP8の
ハードウェアデコードに対応しています。

性能的にはCortex-A8コアで1.2GHzと言えば、スナップドラゴンやiPhone3GS辺りが
同じCortex-A8コアで1GHz動作なので日常使いには十分すぎる性能だと言う事が分るでしょう。

このCPUの記事を取り上げたのはこれが安価な価格帯向けのものだからということです。

>例えば、Androidを搭載したタブレット型デバイスとして比較的早くから出回っている仏Archosの製品は
>Rockchipを採用しているが、最上位機種でも300ドル程度の価格設定となっている。別途通信回線の契約
>などを行わない場合、単体での販売価格が500~600ドルに上るハイエンドのスマートフォンやタブレット
>とは明らかに価格レンジが異なる。

つまりシングルコアで1.2GHz帯で十分と考えるなら、日本では3万円以下で端末単体価格の
スマートホンやタブレットが売られることになります。

製造工程などを考えるとデュアルコアのものがすぐにここまで値下がりするということは考えにくいですが、
シングルコア1.2GHzレベルで十分と思えるなら今後安価な端末がどんどん出てくる可能性があります。
ドコモやauでも一機種ぐらいは正規にラインナップされる可能性も考えられます。


改めて書きますが、これがAndroidの世界だということです。
PCでもAT互換機が登場以降、その上に載せるためのチップの競争が繰り広がられ、グラフィック
アクセラレータでもHDDでもものすごい競争が起こりました。
特にNVIDIAという会社が登場する前はS3 GraphicsやCirrus Logic、ATI等がしのぎを削っていました。
その間性能はどんどん上がり、価格はどんどん下がっていきました。

Androidはハードがばらばらだからまた違うだろうという指摘があるのも確かですが、
AT互換機だって初めはそうでした。いちいちチップを作ったり作りこみハードがあったり。

それがいつの間にかほぼ組み立てるだけでPCが出来てしまうような環境に育っていきました。
チップベンダーがあらゆるPCATの互換機能を集積化した成果です。


一方Androidの為の機能はどうでしょう?
これから必要な機能がどんどんと集積化されていき、PCAT互換機の頃と同じ流れとなるのは
誰の目にも明らかなのではないでしょうか。となるとAndroidスマートホンも同じくチップや
画面などの部材を買い集めて組み立てるだけのメーカーが多数出てくるのではないかと思います。

組み立て・販売メーカーよりも機種はチップメーカーにより分けられて○○系とか△△系と呼ばれ、
それに見合ったAndroidOSでバージョンアップをしていくようになるのではないかと思います。
表向きの組み立てメーカーは訳の分らないところであったとしてもチップメーカーが人気だから
そこそこ売れるなんてものも出てくるかもしれません。

勿論PCのハードでも国内等のメーカーも生き残っているように、国内メーカーによるスマートホンも
残っていくでしょう。しかし上記のようなメーカーの端末が大きく幅を利かせてくるのは間違いないです。

その内Galaxy SとかDesireとか持っていたら「金持ち」呼ばわりされる時代が来るの
かも知れません。多くのユーザー的にはそんな怪しい端末でとりあえず十分な性能なんですよね。


それとハードメーカにとって非常に恐ろしい事に、携帯端末は常に持って運ぶものなのでPCの
ように他人が家まで行って設定等をする必要がありません。ちょっとスタバや駅の電車待ち等で
ちょこちょこ設定をいじってあげることもできます。

PCよりも素人がそういった怪しい端末により手を出しやすくなる誘惑と環境が揃ってきます。
ここで旧来の発想の日本のメーカーだと、差をつけなければと機能てんこ盛りにして高価な端末を
作るところでしたがそれらは最終的にどうなったでしょう。最終的には価格バランスのいい
ところに収まったはずです。そろそろユーザーも不必要なものに気づき始めています。

日本のメーカーも全メーカーが廉価と多機能の両方を作るのではなく、路線とカラーを持ち
それぞれの役割を徹底的に追求して海外端末に対抗していくべきだと思います。

キャリアはメーカーに任せっきりではなく、そういう方向付けに各メーカーを誘導すべきです。
そうすれば日本の携帯も海外の端末に十分対抗できると思います。


そこで一つの例なのですが、ドコモがとあるメーカーに安価なスマートホン路線に特化してくれと
依頼をしたとします。とあるメーカーはハイエンドから脱落させられたという考えが過ぎるでしょう。
しかし内容は違うものになります。

廉価にするということは余計なものをどんどんと削って、部品を出来る限り汎用品で済ませることが
必須となります。つまり海外展開が非常にしやすいというメリットを手に出来るということです。

なので例えばドコモが懇意にしているメーカーに安価路線をお願いするならば、ある程度の
生産規模を確保できて海外展開まで対応できるメーカー、つまりそれなりの事業規模をもった
ところにお願いする必要があると私は考えています。

まあ周波数やら今後のFD・TD-LTEなど色々あるとは思いますが、私なら安価な端末は
事業規模の小さいところがやるハズレくじという発想ではしないかなと思っています。
一番ボリューム稼げるところだし。


一方Apple側は今後こういうところと競争をしていく事になるわけです。
次のiPhone5移行は通信方式や表示パネル選びなど、年に一回しかハードを出さない関係上
一回一回の選択に非常に重みを持ちます。Androidではどこかしらのメーカーから魅力的な
端末が出てくると思われるのでユーザーサイドから見れば浮気し放題です。

iPhone5はまだ大丈夫でしょうが、その次は何を標準にするべきか非常に迷うところが
大きいと思います。一機種たりとも失敗は許されませんから。

その店Android端末はその気なら買ってきて組み立てるだけである程度売れるので楽チンです。
生産を外部に委託するなら日本でも4畳半端末メーカーなんてのが十分可能なのではないでしょうか。
中国で交渉できる力があるのなら出来ると思われます。
関連記事
  1. 2011/02/22(火) 19:36:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Amazon の Appstore 続報(Android向け) | ホーム | Opera Mobile、GALAXY Tab上での操作デモを公開>>

コメント

自分が愛用してるHTC Ariaもそっち系の機種ですね。
本体価格というより、親指が隅々まで無理なく届く液晶サイズに惹かれたんですけど。

(あと3580円/月の維持費)
  1. URL |
  2. 2011/02/23(水) 00:02:03 |
  3. 通りすがりのSB&Wユーザー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こういった廉価な端末が増えて価格競争のフェーズに入ると国内メーカは厳しいのかもしれませんね。
PC事業では利益が出せず撤退したメーカ(日立、シャープ等)もありますし、まだ続けている東芝なども
採算性は高くないようです。
  1. URL |
  2. 2011/02/23(水) 12:04:22 |
  3. str #-
  4. [ 編集]

>通りすがりのSB&Wユーザーさん
これからは性能を追いかけるだけでなく、そういった性能とは違う操作のしやすさも大事になってくると思います。

>strさん
当面はスマホの市場拡大で国内メーカーにも追い風に働くと思います。
どっちにしろiPhoneがシェアを持っていますしね。
問題はスマホの市場が煮詰まってきてから現われそうですね。
  1. URL |
  2. 2011/02/24(木) 23:19:34 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1380-b4838546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。