FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモのFelicaとNFCの統合ロードマップ

【MWC】NTTドコモ,NFCとFeliCa統合のロードマップを明らかに

ドコモのFelicaからNFCへ移行する為のロードマップが明らかになった。
先日心配して書いた記事の通りには完全にはならず追加で済んだ事はラッキーと言えばラッキーでもあり、
不幸の始まりと言えばそうかも知れない。

ざっくりと流れを言うとFelica→NFC(Felica)→NFC(Felica/Tipe-A)ということのようです。
中身は両持ちで後方互換性を維持しながら徐々に世界標準化していこうというところなのでしょう。

そしてその詳細です。

入れ替えの第一段階は無線部にTYPE-A/Bが追加されます。
無線的な外面を世界の標準に合わせてどこでも決済が可能となるようにする為です。
その時TYPE-A/Bのメモリ機能はSIMに搭載され、完全にMifareと互換性を持ちます。
Felicaは互換の為に残りますがそれは携帯の端末上に残ります。

第二段階は端末に残っていたFelica機能がSIM上に移動します。
最終的にはドコモのSIMにTYPE-A/BとFelicaの二種類が乗るのです。
そして端末からFelicaが無くなり、ハード的にはやっと世界のグローバルスタンダードと共通化出来る
事になります。Felicaが負の財産として余計なコストがかかるのはSIMだけということになります。

無線部はそれぞれの規格の両方が残っています。

分りやすく解説すると、FelicaやTYPE-A/Bのメモリ領域をロッカーやタンスと置き換え、
無線部はそれを出し入れする為に使う言語として考えてみます。

現状のFelicaでは窓口に日本語で「○○の残高を△△円引き出してください」と言ってタンスから
引き出してもらっています。

それが第一段階では英語で「○○の残高を△△円引き出してください」が追加という事になります。
そのおかげで引き出すのはタンスもロッカーも可能ですが、タンスは端末内部屋、ロッカーはSIM部屋に
置いて有ってばらばらです。

第二段階でタンスもロッカーもSIM部屋に移動となります。
勿論話す言葉はそれぞれにアクセスできる日本語(Felica)と英語(TYPE-A/B)で話す事に
なります。FelicaをSIMに乗せるのは日本だけの仕様になると思うので、端末の無線部が
日本語(Felica)に対応するのは日本向けの端末のみとなる可能性が高いように思われます。

海外のSIMフリー端末を持ってきて3Gのアクセスが大丈夫であっても端末のNFCの無線部が
TYPE-A/Bにしか対応してない可能性も有るのでドコモのSIMを海外端末に入れても国内で
Felicaが反応しない可能性があるのです。ドコモの端末が両対応となったら電子マネーの機能は
徐々にTYPE-A/Bに移行していくのが最善の道ではないかと思われます。ただしこの対応は
携帯のオサイフ機能だけでなく、従来からのカード型も有るのでちょっとやそっとでは移行できる
見込みは立ちませんけど。

Felicaを使いたいなら日本向けの端末を買うしかないという状況になる可能性は高そうです。
この辺りは先にリンクした過去の私の記事に書いたとおりです。
今回の発表ではまだその辺りの確証は得られませんが。


そして先日こんな発表もありました。
韓国KT社と、日韓間におけるNFCサービス相互利用に向けた検討に合意 ~ ドコモ
日韓で使える“かざす”携帯サービスを KDDI、ソフトバンクらがNFC携帯の実証実験

ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社が横並びで韓国とNFCで共通の動きをする事を発表しました。
ドコモはKTと、KDDI・ソフトバンクはSKTと日韓5社で同様の動きをするということなんだと
思います。

それは将来的にLTEで一つの端末に各社のSIMを入れて使えるようにするという目標があり、
その為に今から水面下で摺り合わせを行っているということでしょう。今後は韓国と日本の携帯市場は
一体化して考える時代になっていくのかもしれませんね。

そうなると韓国の電波の周波数状況が気になります。
3Gは2GHz帯と850MHz帯を使っている。
先日の気の狂った記事は孫社長への牽制の意味も有りましたが実は日韓の将来を見据えた記事を
書く時の為の前ふりでもあった訳です。ただこんなに早くその記事にリンクする事になるとは思って
いなかったので本人もびっくりですが。900MHz帯の再編に当たって非常に変わり者的な発想を
提案していますので興味ある方は是非読んで一緒に気を狂わせて下さると嬉しいです。


日本と韓国のNFCの相互利用は2012年末までに行うとのことなので最低でも無線部の統一は
それまでに完了すると思われます。FelicaがSIMに移行完了する時期もそれまでにするのが
理想ですが、そちらのほうは現時点では確定的な予想が出来る段階ではないと思う。


これらが完了すれば端末のハード的な日本オリジナルな部分がほぼ消せる事になる。
最後はiモードやezweb等の携帯ネット環境や携帯メール等だろう。
こちらはスマホならアプリでそれなりに誤魔化せるのだがどう解決する積もりなのだろうか。
色んな進化の速度は速まるばかりなので海外勢には遅れを取ってもらいたくないと思います。
関連記事
  1. 2011/02/15(火) 19:29:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<最低!SPモードメール | ホーム | ワイヤレス充電器登場(とりあえずiPhone4用)>>

コメント

結局日本方式は非主流派だったんですね。

SIM内蔵ですからねえ。
(ーー;)ウーン
  1. URL |
  2. 2011/02/17(木) 08:29:14 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>どこも族さん
SIM内蔵化は韓国ではオリジナル方式ですが行われていましたし、NFCのメモリ領域のSIM内蔵化は
一応世界的な流れです。どこもはそれに沿った規格で行うのは間違いないですが、日本仕様でFelicaも
SIM内に入れなくてはならないのでSIM自体は海外よりもコスト高になるのは間違いないと思われます。
でもこれはドコモだけではなくauやソフトバンクも同じ事なんで日本のキャリアは皆同じ立場かなと。
なので日本のSIMは海外端末に入れた時にはFelicaは使えませんが、TYPEA/Bは使えるだろうと予想できます。
  1. URL |
  2. 2011/02/17(木) 23:31:27 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110310_432358.html

現状の将来展望?まあiD利用中の僕からしたら、方式は何でもいいや。
(^ω^)
  1. URL |
  2. 2011/03/10(木) 18:55:42 |
  3. どこも族 #n1RSgN2Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1364-129ea116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。