FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ちょっとまった2(前記事の続き)

ここから読む人は微妙に関連しているので前記事(ちょっと待った)から読むと
スムーズに入れるかもしれません。


既に2G iPhoneが発売済みの各国で絶賛的な扱いを受けてはいるが、そもそも
回線が2Gの携帯事情の国の端末事情を想像して欲しい。
そういう携帯事情の国ではどう考えてもiPhoneはセンセーショナルな黒船でしかない。

しかし日本ではどうだ。ハイスペックに慣れた日本のユーザーからすれば
iPhoneのスペックが意外とロースペックだという所からのスタートだ。
iPhone以上のデバイス満載の携帯がてぐすね引いて待っている。
私はiPhoneは設計的には絶賛するが商業的には絶賛する気は余りない。
ここまで読めばその理由はもう分かってもらえていると思う。
日本国内においてはキャリアのイメージアップ程度だと考えている。

初期は"普通の携帯として使えると思っていた"人達が飛びついて、実は思惑と違っていて
その絶叫を聞いた人達が急速に慎重な選択眼を持つようになっていくだろうと予測している。
そもそも大売れすべきではない性格の商品だ。好きな人にゆっくり長く好きな人にだけ
売れるべき商品だ。他の機種のモデルチェンジなんて関係なく、ただアップルスタイルに
賛同できる人が持つべきものだと思っている。

発表から約一ヶ月、既に意外と冷静な意見が出だしている。飛びついた予約組みも一部には
実は内心覚めてきてキャンセルする人も出るだろう。商売的には発表から一週間で売るべき
だったと思う。そうなると被害者続出になっただろうが。

ドコモはイメージ的にどうしてもiPhoneが欲しい、と同時にAppleもドコモのインフラが欲しい。
実はお互い好きすぎるがまだ付き合っていない男女のようなものだ。だからアップルは
少なくとも日本においては独占排他としないことにした。ソフトバンクと先に契約をして発表
させ、ドコモに王手飛車角取りの一手で迫る。通りのよくないつばを飲み込んでるのは
ドコモと同じくジョブズもだろう。


iPhoneのメーカー側から見た最大の利点はタッチパネルだ。
このおかげで入力デバイスの多言語化がソフトのみで行える。
言語毎に入力装置の変更無しで全世界で同じハードが無理なく販売できるというものだ。
内部的には既に2バイト化した上で開発してあるだろうから、IMEの交換だけで入力デバイスの
変更が終了、後は表示周りフォントファイルを入れるだけでOKだから楽ちんだ。
(表示に関しては初めから多言語対応のフォントを入れた状態で販売しているかもしれないが)


一ヶ月あっても買ってしまってから叫ぶ人もいるだろうが、数万とはいえ道端に捨ててもいい
あぶく銭として持ってる人も少ないと思うのでより慎重に考える人も少なくないだろう。

結局は落ち着くべきところに落ち着きそうだ。
7月に入ってからの円卓会議の駆け引きの様子が是非見てみたいものだ。
NHKスペシャルででもやってくれないだろうか。
関連記事
  1. 2008/06/21(土) 20:39:10|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サミット向けにエリア拡大 | ホーム | ちょっと待った>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/134-775f8c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。