FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ふるいにかけられたAndroid端末と確実に需要のあるiPhone

携帯電話-週間売れ筋ランキング(2010年12月27日~1月2日)
http://bcnranking.jp/category/subcategory_0010.html


年末からの年越し商戦で、いよいよAndroid端末のふるい落しが始まったようです。

1位 (前1位)GALAXY S(SC-02B)
2位 (前2位)REGZA Phone(T-01C)
3位 (前6位)iPhone 4 16GB
4位 (前5位)iPhone 4 32GB
5位 (前4位)IS03
6位 (前3位)LYNX 3D(SH-03C)
      :
10位 (前8位)GALAXY Tab(SC-01C)

Galaxy SとREGZAが依然上位2ポジションを堅持。
IS03とLYNX 3Dはシェアを落としてiPhoneに抜かれてしまいました。

ここで特筆をしておきたいのがiPhoneの順位。
16GBが3位で珍しいことに32GBを抜きました。
これはハイエンド指向の方がAndroidに流れているということを示しているのかもしれません。
自由度の低いのiPhoneに比べればAndroidの世界は非常に自由です。
UIの素晴らしさを捨ててでも自由さが得られるAndroidを選ぶ理由は十分にあります。

以前も容量の低いほうが容量の高いほうを抜いたことが有りましたがやはり安売りで投売りが
原因で順位が入れ替わりました。今回の順位が入れ替わった理由はハイエンドユーザがAndroidに
移行し始めたと同時に、安さでiPhoneを選ぶ人が依然いるからということがこの順位の変動で
伺えるのではないかと思います。勿論そういう傾向が出始めたのだろうというだけで、まだ決定的に
その流れになったわけではないですが。

しかしながらハイエンド指向のユーザーがAndroidに移ったとなればその中には少なからず
面白いアプリを開発するようなヘビーな方もいると思われ、更にAndroidの伸びを牽引していく
可能性が高まります。いよいよWindowsとMacで起こったことが再現しつつあるというわけです。



21位 (前9位)GALAPAGOS(003SH)
28位 (前27位)Xperia(SO-01B)
29位 (前21位)HTC Aria(S31HT)
42位 (前--位)IDEOS 10日間定額データ通信つき(BM-SWU300)
46位 (前36位)SIRIUS α(IS06)
73位 (前69位)HTC Desire HD(001HT)

その他のスマホは以上のとおり。
XperiaやイーモバイルのAriaが意外と検討しています。
あとIS06や日本通信のIDEOSも。
下位機種や旧機種にはその端末なりの需要があります。

当然ながらこの下位の端末全てはAndroid端末。
ここを見るだけでもその裾野の広がりを感じることが出来ます。
この下位の端末のシェアを全て足せば一桁順位にAndroid端末がもう一機種ランクインしている
のと同じだけかそれ以上のシェアがあるのではないかと思われます。
強いAndroid、いよいよ実感し始める時期ではないでしょうか。
関連記事
  1. 2011/01/05(水) 19:45:51|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<民主党情報通信議員連盟はソフトバンク案と食い違う? | ホーム | Android2.3のNFCは中途半端?>>

コメント

iPhone16GBと32GBの差は単に容量の差であって性能の差ではないから、iPhone2モデルの順位の逆転をもってしてハイエンドユーザーがAndroidに逃げたと結論づける論法は奇異に感じる。
iPhoneより上位にあるAndroidが32GB以上のストレージを内蔵してるのならともかく。
  1. URL |
  2. 2011/01/06(木) 01:57:55 |
  3. のなめ #-
  4. [ 編集]

>のなめさん
実際の端末の性能を見ているとそうなんですけど、16GBと32GBの値段差を見た上で敢えて
32GBを買う人ってやっぱりハイエンド指向の持ち主だと私は思うんですよ。
出来ることが同じで通常の利用法では16GBでも十分すぎるほどの容量なのに32GBを
選ぶ理由ってそういうところにしか見出せないんです。
タイミングもAndroid端末が伸びてきている時期とぴったりですしね。
逆にAndroid端末も16GBの特別な叩き売りなどもがなかったとして、
この逆転が有ったのかと考えると、私には無い可能性のほうが高かったと考えています。
  1. URL |
  2. 2011/01/06(木) 02:29:40 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ハイエンドというよりも、iPhoneファンの買い替えが一服したんだと思います。
古くからの熱烈なiPhoneファンだと写真や動画や音楽などたくさんのデータを抱えているわけで、
そういう人たちは外部メモリーが使えないiPhoneだと必然的に容量の大きなものを
買う必要に迫られるのではないかと。

逆に初めてのユーザーや賢く使える一部のヘビーユーザーは実質無料の16GBを選ぶかと。
なので、32GBの販売量の落ち込みはヘビーユーザーの流出というよりも、
買い替え需要が一服と見るべきかなぁと私は思いました。

iPhoneのヘビーユーザーがandroidへっていうのはちょっとイメージできないです。
iPhoneからandoroidへ移行するのはスマホファンかアンチSBMかなぁと思います。
なんだかんだ言ってもiPhoneは使いやすくてサクサク動作する良い端末だと思います。
SBMネットワークでしか使えないところが現状の大きな欠点ですね。
  1. URL |
  2. 2011/01/06(木) 11:45:57 |
  3. 三太郎 #bBmFigmc
  4. [ 編集]

単にiPhone5(4S)へ向けて買い控えてる人が多いという考え方もあります。
鈴さんの言うヘビーユーザーはそういう情報に敏感なので、今買うより待った方がいいと思ってるかも。
私もヘビーかは分かりませんが、次機の発表まちです。

移行は確かにあるのかもしれないですが、、決定付けるのは間違ってるかなと思います。
  1. URL |
  2. 2011/01/06(木) 12:15:30 |
  3. ユーザー #-
  4. [ 編集]

ヘビーユーザーのAndroid移行はまったくないとは思いませんが、ヘビーユーザーほど今までの資産(購入したアプリ)は捨てたりしないと思います。実際Androidの販売はMNPより同じキャリア同士の機種変更は多いようですが、新規獲得にはそれほど貢献していないようです。

他にも要因は2008年の終わりといえば、iPhoneが絵文字対応を果たしたりSB以外がiPhoneメールに対応を果たし始めたりと、やっとiPhoneがまともな携帯として使えるようになった時期に当り、購入した人が2年たった時期と言えます。そういう層はストレージ容量を必要と感じてないゆえの16G躍進かもしれないと思います。
また、現場で聞くところ32Gは品薄気味で16Gが在庫抱え気味なのも一因かと思います。
次のヤマは今年の2月からの「最初のiPhone for Everybodyキャンペーン」でのiPhone3G購入組が2年経ってどういう動きをするか。ここでiPhoneがまた首位奪回するようだと「一般ユーザーはiPhoneからAndroidへ流れる」という説が正しいか最初の検証時期だと思います。
  1. URL |
  2. 2011/01/06(木) 13:19:15 |
  3. 地方の量販現場の人 #yTA/pu2Q
  4. [ 編集]

参考までに、GfK(ドイツの会社?)の最新のランキングです。
iPhoneの16,32のランキングが調査会社の違いはあれど並んでいるということは、両モデルとも同じ位の売れ行きなんでしょうかね?



携帯販売ランキング(12月20日~12月26日):スマートフォンの順位争い激しく――iPhoneが再び上位に (1/5) - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1101/05/news046.html

1位 (前2位)GALAXY S(SC-02B)
2位 (前6位)iPhone 4 32GB
3位 (前7位)iPhone 4 16GB
4位 (前3位)LYNX 3D(SH-03C)
5位 (前1位)REGZA Phone(T-01C)
6位 (前4位)IS03
7位 (前5位)IGALAPAGOS 003SH
      :
10位 (前12位)beskey
  1. URL |
  2. 2011/01/06(木) 21:12:46 |
  3. 通りすがりのSB&Wユーザー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

携帯販売ランキング(12月27日~1月2日):
「GALAXY S」2週連続首位に グローバルモデルがトップ3占める (1/5)
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1101/07/news095.html
今回のキャリア総合ランキングでは、NTTドコモのSamsung電子製Android端末「GALAXY S」が2週連続で首位を獲得した。2位、3位も前回と同じく「iPhone 4」の32Gバイト、16Gバイトモデルがランクイン。トップ3をグローバルモデルが占める結果となっている。

国産andoroidは現時点ではグローバルモデルと完成度で差があるということでしょうか?
  1. URL |
  2. 2011/01/08(土) 01:00:12 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1270-a75203ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。