FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

基地局が減っている罠

携帯・PHS関連@Wiki
http://www6.atwiki.jp/k-p/pages/92.html


ソフトバンクの基地局が減っている。
リンク先のwikiを見ると四国と九州を中心に基地局の閉鎖があるようだ。
どうもたたんだ基地局をせっせと輻輳気味の関東や手薄の北海道に運んでいるようだ。

今月は合計で39局増えている。そのうちの37局は四国や九州のたたんだ基地局を
移設した可能性が高い。一月の基地局の純増はたったの2局のみ。後は移設のようだ。

トラフィックの余裕がある地域や利用率の少ない地域を中継局に置き換えたのか、
そう思ったが、なんと中継局も-370局と減少傾向だ。

どうやらソフトバンクは全国区のインフラは諦めたようで、採算性がいい地域に
アンテナを集めるようである。三番手キャリアとして生きていくならばこれも
仕方のない選択だろう。

元々何故ホワイトプランが問題を起こさず繋がっているのか不思議だと技術者が
漏らすぐらいしかバックボーンが準備されていないはずなので相当ぎりぎりの
計算をしているのではないだろうか。

携帯電話の価格を下げる。
確かにソフトバンクのおかげで全体的に値段は下がった。
それは一ユーザーとして感謝している。

しかしソフトバンクはインパクトを狙って下げすぎた。
一番困ってるのはドコモでもauでもなく、その尻拭いをさせられている
経理やインフラ管理を初めとするソフトバンクの社員だろう。

あちこちで言われているが

本当は余裕を持たせるべきインフラを障害が出る少し手前ぐらい
まで無駄を省いて最適化を進めている最中だと思われる。

最適化は勿論必要なこと、無駄を省いて必要なところに回すのは
資産の有効活用として当然のこと。

しかしまあ今携帯の3Gの基地局は増えることはあっても減る
ことはないと信じていたのでちょっと驚いた。
関連記事
  1. 2008/06/08(日) 21:46:15|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Rev.Aの速度、他社の速度 | ホーム | ドコモ・スタープロジェクト>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/116-0a62384a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。