FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモが3D対応スマートフォン 冬~春商戦に投入・壊れにくい携帯も

ドコモが3D対応スマートフォン 冬~春商戦に投入・壊れにくい携帯も

日経のすっぱ抜きなのか、飛ばしなのこれマジで出るんですかね?

>壊れにくい携帯電話は米国防総省が基準としている「MIL規格」を採用。従来の防水・防じんに加え、
>耐衝撃、耐塩害性を高めた。端末はNECカシオモバイルコミュニケーションズが開発する。
>カシオ計算機の時計の「Gショック」などの技術を応用した。

MIL規格ってマジですか。
防塵・対衝撃・対塩害ってこれ営業のしようによっては色んなところに納入できますよね。
MIL規格って言えば信用も高レベルであることがアピールできるし。

以前このサイトでやった企画が影響したのかは不明ですが、とりあえず当該企画の目的は限りなく
達成されたに近い状態になったかなと思います。
NECカシオの連携がいい感じで効果を出してきましたね。
後は2~3年に一回ぐらいのペースでモデルチェンジしてくれたらいいかな。

恐らくN-03Cがその端末なんだと思いますが、本家・鈴の音情報局の画板にアップされているリーク画像を
見る限りではデザインは恐ろしくかっこ悪そうです。実物見るとそうでもないのかな・・・。
タフネス系で有ることはカタログの表題で「対衝撃構造・防水・防塵」と謳われているので
間違いなさそうですが。MIL規格までは書いて無いので裏づけはまだですね。


この記事が間違いで無い事を事を祈るばかりです。
関連記事
  1. 2010/10/25(月) 19:00:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<FOMA網を利用した内線電話 | ホーム | ドコモ2010-2011 冬春モデル 新商品・新サービス発表会>>

コメント

というか今回もドコモの情報ダダ漏れですね…なんでパンフ画像流す馬鹿なんているんでしょうか。。。
SBみたいに全く漏れないのも面白みがないですけどドコモみたいにダダ漏れなのも…
  1. URL |
  2. 2010/10/25(月) 21:05:04 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

フュチャーフォンはOSシンビアンばかりでalpは少ないですね。
  1. URL |
  2. 2010/10/25(月) 21:14:18 |
  3. とも #oS.6cmKY
  4. [ 編集]

MILスペックですか...
使用している部品までMILスペック品って事ではないでしょうね。
そうそう、MILスペック品といえば...
以前、私が電子回路設計で携わっていた海洋観測衛星で使用すたICはMILスペック品からさらに選別した物だったんですが、初期故障率が高かったことを思い出します。
それも、TTLやオペアンプなんて大したことない部品で...
製造・検査部門から呼び出されて調べたらICの異常。
交換すれば済むといえば済むんですが、基板の劣化などが生じるので回数に制限有るし結構大変なんですよね。
報告書は設計部門としては部品不良って事で楽でしたけど、品質管理部門の人は頭抱えてましたね。
MILスペックからの選別品ですからね。
TTL1個が数千円したはず。(民生品だと100円しない)
選別したフェアチャイルド社に金返せと言いたくなりました。

てな訳でMILスペック対応と言っても信用できない私です。
  1. URL |
  2. 2010/10/25(月) 21:55:55 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

耐衝撃などのタフネス機種を出すこと自体はどんどんやってくれ!って感じですけど、
N-03Cのデザイン…個人的には「無いわ~」って感じです(苦笑
まあ実物を見てみないことには最終的な判断は出来ませんけど。
ドコモでそのまんまG'zを出すわけにはいかなかったんでしょうから仕方は無いんでしょうが、
最初に出すものは多少なりともそれっぽい演出すべきでしょうに…

MILスペックはねえ…
「MILスペック実現!」とか「NASAの技術を…」とか、日本ではインチキカー用品の定番売り文句だったりしますし(苦笑
FireRoadsterさんやほりこしさんが調べてばっさり切り捨ててるあのマイクロロンも「米軍で実績が!」とか謳ってたりするわけで、
そういう売り文句の商品に対してはまずは眉に唾をつけてかかるのが定石です(笑
まあ大企業のNECだから信頼していいとは思いますが、
大企業といってもただのオゾン発生器を「プラズマ~」とか「イオン~」とか謳って売りまくる"インチキ水"商売まがいのことをやってるところもありますからねえ…
(そういや、ドコモは本気で例のイオン発生器付携帯を出すつもりなんだろうか…あれだけはやめたほうがいいと思うんだけど…)
  1. URL |
  2. 2010/10/25(月) 22:57:43 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

んー、ここまで駄々漏れだと内部リークくさいですな。末端のショップではなく本社内部の人間の疑いがありそうで。

#リモホ晒せばある意味で面白いかも(ぇ
  1. URL |
  2. 2010/10/25(月) 23:01:45 |
  3. missaile #195Lvy4Y
  4. [ 編集]

もしや

 ショップ等に向けて新機種の勉強会?みたいなのは
はじまってるみたいですね。
 そこからだったりかもですね。
  1. URL |
  2. 2010/10/25(月) 23:12:08 |
  3. desire #-
  4. [ 編集]

>hatchetさん
ドコモは図体が無駄にでかい分、お漏らしは仕方が無いような気もしないではないです。
あと情報の流れとか逆手にとってマーケティングに利用している気もしなくは無いです。

>ともさん
Symbianだけじゃないですよ、Linuxも有ります。
それとalpってなんでしょ?

>YASUさん
MILスペックものって衛星にも使われてるんですね。
初期不良が多いなんて考えられないですが、実際の所少量生産の半特注品みたいなものに
なるせいで初期不良率が上がるのかも知れませんね。
中途半端に動いてから壊れるよりはマシだと諦めるしかないのですかね。
TTL一個が数千円なんてびびりまくりです。
昔74LSとか150円ぐらいだったのを覚えています。
以前インテルの宇宙向けのi386とか有ったような気がしたのでMILスペックのものを
利用しているとは知りませんでした。(もしかして同じもの?)
しかしまあ衛星の設計に関わっていた人までここに来ておられたとは驚きです。

>みっくさん
ドコモでG'zがまずいというよりはG'zはCASIOのブランドなのでNECからは出せないのでないでしょうか。
NECだからって・・・デザイン(泣)
MILスペックの部品・・・恐らく性能と価格的(爆)に使えないと思います。
信頼最優先の部品って性能落として信頼性を稼いでいるところが有ったと思うんで。(モノによっては違うかも)
部品単位でのMILスペックってあまり意味が無いように思うのですが、テスト基準としてのMILスペックは
意味が有ると思います。「ここまでの基準をクリアしている」という明確なラインが有るので防水のiPX6,iPX7
やヘルメットのSNELL規格みたいなものと考えていいのではないかと思います。
何センチの高さから落として・・・とかホコリの中に何時間置いて・・・とかそんな感じでしょ、多分。
マイクロロンは・・・塗ってすぐエンジン焼いた人とかいたので身の回りの実績的にあんまり信用してませんでした(汗;)

>missaileさん
うちは一次じゃないでしょうからリモホはあんまり意味が無いかと。
以前関連企業から直接メールがきたことは有りましたが。

>desireさん
この手のは本体から漏れることは少なく、代理店の説明会が終わった後に大々的に漏れ出します。
本体やソフト開発関連企業から漏らすと、試作品などのバージョン違い等から足が付く可能性が
高いので、漏らしたとしても本気でディティールが分からないぐらい小さな写真位しか漏れません。
漏らす側もおまんまをかけて漏らしてますから余りリスクを踏んでこないんですよね。
  1. URL |
  2. 2010/10/26(火) 03:15:57 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

当時、MILスペックのTTLは普通に秋葉原で売っていましたよ。
NANDの5400で1000円ぐらい?
衛星搭載用のICはアメリカのその手の部品を扱うところから、MILスペックの製品から選別したものを購入していました。
遥か昔の話なので記憶は曖昧ですが、フェアチャイルドの関連会社だったと思います。
抵抗は多摩電気工業、コンデンサは村田製作所から調達してました。
こちらも民生用とは2桁から3桁ぐらい価格が異なりましたけど
>しかしまあ衛星の設計に関わっていた人までここに来ておられたとは驚きです。
まあ、技術支援等名前の設計部隊の雑用係で大したことはしてないんですが...
基本設計は済んでいて、回路図にはサインするだけって感じでした(^_^;)
まあ、製造が始まったら製造・検査部門のサポートが大変でしたけど...
  1. URL |
  2. 2010/10/26(火) 04:06:52 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

わかりました

>鈴さん
 なるほど、そういうことなんですね。
たしかにリスク高いですもんね。メーカーが
リークすると
N-03Cはモック触りましたが、個人的には
BURTONのコラボもあるみたいで若い人
を意識してるのかなと思いました。
一回だして見て様子をみるみたいな
感じかなと。
 
  1. URL |
  2. 2010/10/26(火) 15:13:20 |
  3. desire #-
  4. [ 編集]

>YASUさん
なかなかコアですね。
9801の拡張ボードぐらいしか作ったことが無いので一般の汎用品以外ほとんど
知識が無いので参考になりました。

>desireさん
そういえば今回なにかNって不思議なモデルの揃え方してますね。
  1. URL |
  2. 2010/10/26(火) 23:50:57 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>9801の拡張ボードぐらいしか作ったことが無いので一般の汎用品以外ほとんど
>知識が無いので参考になりました。
MILスペック品は宇宙開発に携わる前から普通に目にしてたので馴染みはあったんですがね...
トラ技などに広告が出ていた通販でもMILスペックのTTLは簡単に手に入りました。
さすがに衛星搭載用に匹敵する抵抗・コンデンサは手に入りませんが...
なんせ、同一ロットのかなりの物がエージング試験などに使われてしまいますから。
その試験成績書と共に納入だったんじゃなかったかな?
その辺は品質管理部門が把握していて設計部門は単に抵抗はRNRと指定するだけだったので詳しくないですけど。
そうそう、衛星搭載用の部品は枯れたものを使うことが多いので1時代前の技術を使う感じですかね?
1987年打上げの衛星に搭載したカメラのデジタルデータ転送部分のロジック回路はECLのICで構成されてたんですよ。(そこは私の担当ではなかったのですが...)
今もそんな感じなのかな?
ちなみに、Nさんの今は無くなっている工場に出向して働いておりましたので、本題とはNつながりですね...
  1. URL |
  2. 2010/10/27(水) 23:40:40 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

N-03Cのバートンコラボバージョンの画像も流出してましたが

http://p.pita.st/?m=doidktv4

これまた正直微妙…
スキー場で使う人が多そうな物の色が白ってのも、落としたときに見つけにくそうですし…
  1. URL |
  2. 2010/10/29(金) 21:31:49 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1117-69ab710e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。