FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

次期iPhoneはLTEに対応?

アップル、次期iPhoneでLTEをサポートか--米アナリスト
http://japan.cnet.com/apple/story/0,2000076557,20420303,00.htm


何とも滑稽な記事が取り上げられているものだなと思った。
次期iPhoneは恐らく来年の初夏に発売になると思われるが、その次期Appleの足元であるアメリカでの
LTEの状況と言えばまだ開始直後。実質的なネットワークの戦力というには程遠い、勿論価格的にも。
ベライゾンが年内に、AT&Tは2011年中ごろにLTEを開始すると言われている。

iPhoneと言えば現在はAT&Tだ。
このアナリストの言う事が真実ならば下手をすればLTE開始前に対応端末が発売される事の有りうる。
iPhoneは現在はW-CDMA用の端末だ。ベライゾンはCDMA2000のキャリアであり、そこにCDMA2000系の
端末としてLTEを投入する可能性も無いとは言えない。しかし馬鹿げた発想だなと私は否定する。

Appleは基本的には物理的な技術競争には余り興味が無い。
必要十分な性能が得られれば、後はその上に乗せるソリューションやアプリのプラットフォームの
提示や整理で勝負を行う。一部の人だけが飛びっきり速くなる事を望んでいるのではなく、多くの人が
必要十分な環境が整う事を望んでいるのではないかと思う。Appleとしてもその方がお金になるし。

なのでApple的にはLTEもだが、世界的にはそれほど使える人数が多いとは言えないDC-HSDPAにも
対応してこない可能性も高い。実際2~3Mbpsも出ていれば必要十分で、回線の高速化による余裕は
一人のユーザーの快適性を優先したハイエンド志向ではなく、よりも多くのユーザーが快適になる
為のパブリック志向を望んでいると思われます。日本で言えばドコモの回線の整備の仕方がそうだ。

例えばAppleがHSPA+やDC-HSDPAに対応させたとすると通信に食われるバッテリーの電力が増し、
発熱問題と闘う事になります。手の平デバイスでも熱を逃がすには筐体に熱を逃がすしかないわけで、
持っているだけであっちっちな端末になってしまいます。

電池の持ちも極端に短くなりますし、ユーザー側からしてみれば「それなら適度な速度で今まで
どおりに使えた方がいいよ」ってことになってしまいます。微細化プロセスが進化すればこれらは
次々に解決されていくのかも知れませんが、次世代iPhoneでそれが解決できていなければ新技術に
踏み込むメリットはそう大きいとは思えません。

Apple的にはiPhone4で表示をHD化したわけで端末の新技術に対してコストを投じました。
iPhone4は高コスト端末なわけです。だから次世代機はその分を回収に回すような気もしています。
通信を高速化するということは物流などと同じで太い道を引けばそれで終わりなのではなく、
その前後まで含めてトータルに対応していかねばならず非常にお金のかかるものです。

PC的に考えるとバスやメモリ、通信デバイスやCPUやバッテリー回りと高速化対応させると
お金のかかるデバイスばかりです。画面のHD化以上にコストが増大します。
そのバランスが取れるのは現状の7.2Mbpsの上は恐らくHSPA+がせいぜいといった所でしょう。

次世代iPhoneの絵を描くならiPhone4の弱点を洗い出せばいいのではないかなと思います。
やっぱりマルチタスクや高解像度になった為の若干の遅さ?
だとすればCPUのグレードアップが一番の目玉でしょう。
そこでバッテリーが大食いするので通信関係はバランス的には二番手になる予感です。
私が設計に関わっているならばそうすると思います。
対応したとしてHSPA+ば政治的、バランス的には一番適切でしょう。
それ以上は対応回線数も少なく投資やコストとしては無駄金です。

対抗するAndroidは2.2でiPhone4よりもかなり高速化してしまいました。
それがこの冬のクリスマス商戦に向けて一斉にiPhoneに襲い掛かってきます。
アメリカ国内でも遅いAT&Tの回線だけでなく、他キャリアの回線を通じてAndroid2.2の
快適性がネットを通じて口コミで広がっていくでしょう。

HSPA+に対応したAndorid2.2端末は年末に向けて
どんどん発売されるでしょう。恐らく次期iPhoneはこの踏襲だと思われます。

そう考えるとこの記事は単なるアナリストの売名行為じゃないかなというのが私の結論です。
もしこの方が本気でこんな記事を書いていたのならアナリストの肩書きを返上すべきでしょう。

Appleはブームに乗る企業なのではなく、誰も想像していなかった所にブームを作る企業です。
奇抜な発想は一切なく、きっちりと裏付けのあるところでバランスのいい製品を組み上げてきます。
日本のアナリスト諸氏はこの事を肝に銘じて記事を書いてもらいたいと思います。
関連記事
  1. 2010/09/24(金) 19:58:29|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ソニー・エリクソン:シンビアンOSから手を引く、Androidに集中? | ホーム | SIMフリー時代の保障>>

コメント

ASCII.jp:HTC DesireのAndroid OS 2.2化は10月8日から
http://ascii.jp/elem/000/000/557/557099/
                            
                            
                            
  1. URL |
  2. 2010/09/24(金) 23:52:57 |
  3. 通りすがりのSB&Wユーザー #mQop/nM.
  4. [ 編集]

アナリスト(笑)

元々アナリストと呼ばれている人達がまともなことを発信した試しなどゲフンゲフン…

どっかの日本総研筆頭なんちゃらの人とかw
  1. URL |
  2. 2010/09/26(日) 03:41:33 |
  3. 通りがかりの置きみやげ #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1059-4534725d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。