FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

強力な通信の縁の下の力持ち

“LTEへのスムーズな移行を実現”―― NECがモバイルバックホール向け「新型パソリンク」を発表
http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/558/Default.aspx


携帯においては基地局間通信に大いに役立っているパソリンク

>パソリンクは、光ケーブルのような有線のネットワークと比べて、システム構築が
>容易・迅速・低コストであるというメリットがある。加えて、MTBF(平均故障間隔)が
>100年以上ともいわれる高信頼性を実現している。

下側の記事にもあるように有線での引き込みに比べて時間とコストが圧倒的に削減できる強い味方だ。
なので海外での導入実績も圧倒的に多く、業界ダントツのシェアだ。
しかも平均故障間隔が100年以上となっている。
もしアナログ電話の時代に立てられていたとしてもまだ余裕の稼動を続けている事になる。
どう考えてもケーブル敷設よりもお金がかからないと思われる。

平均故障時間がこれだけ長ければ光ケーブルよりも十分低コストで運用可能だろう。


NECのプレゼン用の資料も併せて付けておく
【プレゼン資料】パソリンク事業の強化について(2,950KB)
関連記事
  1. 2010/09/16(木) 19:07:19|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ソフトバンクのエリアに対する懸念→1.5GHz | ホーム | プロバイダの抵抗~ソフトバンク・フェムトセル>>

コメント

マイクロ波通信の欠点として、途中に障害物があると通信できないってのがあるんですが...
反射板を使って山越えしてる例もありますけど。
また、周波数帯によっては降雨による減衰が多いなんて欠点もあります。
このあたりの話は一切記事中にはないですね。
ソフトバンクが導入すると適当に設置して障害が頻発し、ドコモが導入すると冗長系に力を入れすぎてコストがかかるなんて想像しちゃいます。
  1. URL |
  2. 2010/09/17(金) 04:07:27 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1044-bb91549d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。