鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

買って箱を開けたら既に爆発していたiPhone 7、安定のクソ品質のアップル製品

今度はiPhone7が爆発?届いた箱を開けると焼け焦げた端末が… ~ iPhone Mania
米ウェブサイトRedditに9月28日、「iPhone7が爆発した」との情報が写真とともに投稿されました。写真には内側から爆発したように画面が剥がれて焼け焦げたiPhoneと、黒く汚れた箱が写っています。

米に続いて台湾でもiPhone7 Plusブラックのバッテリーが膨張―偶然?それとも ~ iPhone Mania
SamsungのGalaxy Note 7につづいてiPhone7 Plusでもバッテリーに異常が見つかる事件が立て続けに発生しています。台湾で、購入から1週間程度のiPhone7 Plusで、バッテリーが突然膨張を起こすという出来事がありました。

アップルのiPhone 7がやってくれました。
発売してまだ発売前に予約した人全員に行き渡ってない段階で爆発事故や膨張事故。
しかもハマグリは買って一週間、爆発に至っては新品の箱を開けたら爆発していたという、
「買った端末をそのまま修理に出したら水濡れ」と言われるソフトバンクですら真っ青です。

さすがにGalaxy Note 7でも買った端末の箱を開けたら爆発していたなんて報告は聞いた
ことが有りません。ここなんですよ、ここ。

アップルが利用している部品には他社ではまずない部品が紛れ込んでいる可能性が有ります。
特に発売直後辺りの生産では、極端に速い生産速度が求められます。部品の納品要求は、
ほぼ歩留まり100%に近い数字を求められます。誰だって幾らかの不良品が出ることは分かって
いますから、そんなことは不可能だと分かるはずですが、値段は原価ギリギリですし、納期の
要求も決められてしまい、それが達成できなければ多額の違約金が待っている。

アップルと取引したけりゃこの条件をのむしかない・・・ってことで、不良品が「アップルの圧力に
より、メーカー側の責任」で混ざることになります。もちろん何かあればメーカー側の責任に
出来る契約になっていますから、後で酷い目にあわされるのはメーカーですから、たまった
もんじゃ有りません。


というわけで、どこのバッテリーかは知りませんが、恐らく試験落ちするような品質のものが
混じっていたと思われます。それが運搬時の衝撃で爆発したと考えられます。

一週間問題なく持った方は箱を開けた時に爆発していたものよりはましな品質だったのでしょうが、
ユーザーの手元で爆発する可能性があるだけに余計にタチが悪いです。


これがアップル品質、Galaxy Note 7ですら成し遂げることが出来なかった、「買ったら既に爆発」を
実現したのですから大したものです。




           Think different






一方サムスンは・・・安定のクソ品質。

Samsung、スマホの次は洗濯機が爆発!すでに集団訴訟も発生 ~ iPhone Mania
Galaxy Note 7に続いて今度は洗濯機の番かもしれません――Samsungの洗濯機が爆発するという報告が相次ぎ、米国消費者製品安全委員会(CPSC)が注意を呼びかけています。

というか、この程度は多分今までも有ったんじゃないですかね。
報道に乗らなかっただけで。
今は些細な事故でも嬉々として報じられそうですけど。

所詮サムスン品質ですよ。
ばらつき上等のアップル品質と同じですね。

端末温度が70度を余裕で越えてもハマグリにもならず、アチチのまま普通に動き続ける日本の過剰とも
いえる品質が恐ろしいですXperia Z4とか、害と言えばベンチのスコアが下がるぐらいですからね。


性能という品質に対しては日本製は見るところは有りませんが、安全性に関しては日本製はまだまだ
世界には譲っていないように思います。




           Think different



買って箱を開けたら既に爆発していた。。。

その手が有ったかというほど新し過ぎる出落ちです。
なかなか真似出来ません。


  1. 2016/09/30(金) 22:24:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

複数のAndroid Wear機器がiPhone 7シリーズで接続できない・・・匂ってくるアップルの陰謀

複数のAndroid WearがiPhone 7 / 7 Plusに接続できない問題が発生 ~ juggly.cn
複数の Android Wear スマートウォッチが新しく発売された iPhone 7 / 7 Plus とペアリングできないという問題が発生しています。

このタイミングでAndoid WearがiPhone 7とペアリングできない問題ですか。

私の勝手な勘繰りではありますが・・・アップル、やってくれますね。
なるほど、こういうイメージの落とし方も有るんだなと。

iPhone 7のイメージにも傷はつきますが、それよりもAnroid Wearのイメージが悪化すれば
目標を達成できるという事なのでしょう。


そのうちアップデートでしれっと直ると思われます。
アップル的にはこれが報道されたら目的達成ですからね。

  1. 2016/09/30(金) 21:35:40|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

携帯メールのキャリアアドレスをもう必要ないという人は約32%、まだまだ必要とされているようです

親が送ってくるので…携帯キャリアメールの要否を考える ~ しらべぇ
しらべぇ編集部では、全国20〜60代スマホ利用者の男女789人に「携帯電話のキャリアメールは、もういらない」と思うかどうかの調査を実施。その結果、31.8%がキャリアメールはいらないと回答をした。

私ももう長らくほぼ使っていないキャリアメールですが、この必要性を調べた調査結果が有りました。
結果は1/3弱のユーザーがもう必要が無いとのこと。

各メッセンジャーが流行ってしまった現状でもこの数字とは、思ったよりもかなり低いなって感じました。
が、調査方法がネットリサーチですので、そこを割り引いて考えた方がいいかなと思います。

実際には1/3よりももうちょっと低い目で1/4位?
そんなわけで意外と保守的な人が多いなって感じました。

私は完全にGmailへ移行してしまい、docomo.ne.jpはドコモからのお知らせと、いまだに時々来る
迷惑メールの受信の為だけに使用しています。実質今すぐ無くなってもほぼ困りません。

家族や折り畳みケータイを今でも愛用する人にとってはまだまだ大事なキャリアアドレスですが、
そことやり取りする相手側の人にも維持する必要がある場合が少なくないです。
利用してる本人と相手側なので、この数字になったのかもしれません。

私のように折り畳みケータイを維持しているから無くなったらメールする手段がなくなるという
場合も有りますが。でも私の場合は折り畳みケータイは音声しか使ってないですけどね。


かつてのJ-PHONEによって1997年11月にサービスを開始したSKY MAILが携帯によるE-Mail対応の
道の始まりでした。その後DDI PocketがPメールDXにEメールアドレスを付加してPHSでもEメール
対応をさせました。私も当時からxxx@pdx.ne.jpのアドレスは維持していましたからね。

結局現在に残ったのはxxx@docomo.ne.jpだけですが、ドコモからと迷惑メールしか来ません。
でも無くすとなると全く困りはしないものの、なんとなく不安感が有るのは事実です。

一度普及したインフラは、必要とされなくなるまでは相当時間を要するという事ですね。

  1. 2016/09/30(金) 00:30:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

5000万円のiPhone7 ブラックダイヤモンドコレクションが登場、私の知識からその製造原価を暴いてみる

iPhone7に5,000万円の「ブラックダイヤモンドコレクション」登場! ~ iPhoneMania
ジェットブラックとブラックの2つの新色が注目を集めているiPhone7ですが、桁違いの値段の「ブラック」iPhoneが登場しました。豪華なブラックダイヤモンドを散りばめ、お値段は驚きの50万ドル(約5,000万円)です。

iPhone 7に合計102ct 1450個のブラックダイヤモンドを装飾したスペシャル版のiPhone 7が
登場しました。価格は50万ドル(現行レートで5000万ちょい円)もするお宝です。

ソフトバンクが廉価版携帯に宝石をちりばめて、10台限定といって実際には数台しか作られたと
しか思われない1000万円ケータイを作ったのは覚えている人も多いでしょう。数日で売り切れた
と孫正義氏の発表ですが、私は壇上でプレゼントされた二台しか生産されていないと思います。

恐らく数日で売り切れたというのは実際には(そんなに?or一台も)売られていないのに売れたと
いう発表だけする、「ペッパー商法」だと睨んでいます。


さて、5000万円iPhone 7ですが、ちょっと仕様を詳しく見ていきましょう。

合計102ct 1450個のブラックダイヤモンドということですが、見ていくのは合わせて102ctもある1450個もの石。
102ct÷1450個=0.070ctとなります。
1ct=0.2gなので0.07ct×0.2g=0.014gで、一粒当たりの平均は0.014gという事になります。
それが1450個埋まっていると。

次にブラックダイヤモンドなるものの正体を見ていきましょう。

ブラックダイヤというのは、宝石の体を成しているものとしては「カーボナード」または「黒色合成ダイヤモンド」の事を指します。

合成ダイヤモンドは別の呼び方では一般では人工ダイヤと呼ばれることが多く、誰でもわかる通り、
人の手によって作られたものです。

カーボナードは天然ものではありますが、多結晶のものを言います。
つまりは一般で呼ばれているダイヤモンドとは全く違うものです。

普通の宝石のダイヤモンドというのは単結晶のものであり、だからこそ整然と並んだ分子のおかげで
透明感が有り、透き通って見えるのです。多結晶は中で光が乱反射し、光りますが透けていません。



合成ルビーの取引価格は、ルース状態の市販価格で30-500円/ct程度。
カーボナードだと天然ものですが、では各宝石の原石が年間にどの程度掘られているのかをざっくり示すと、

 ●ルビーが50万ct
 ●エメラルドが300万ct
 ●ダイヤモンドが1500万ct
 ●サファイアが2000万ct

程度となっています。
ちょっと前の数字なので、今は変わっているかも?

当然1500万ctも掘られていたら、必然的に屑ダイヤの方が多いわけでして・・・ケホンケホン
で、市場取引は宝飾店の価格の1/100~1/500程度が相場です。
取引商向けの資料で以前取引価格を確認したことが有りますし、もっと上流の数字も
目にしたことが有るのですが、おおよそで適当ですがだいたいそんなものです。

というわけで、合成と天然の線で考えてみますと・・・。
恐らく私の読みではiPhone7ブラックダイヤモンドコレクションのダイヤモンド部分の原価は
1万円を超えない位じゃないかなと。
なにせクズの多結晶でいいですしね。
つまり失敗品でOKなんですよ。

単結晶物は切削加工用に重用されています。その昔にはレコードのターンテーブルでの針に
使われたりもしましたね。

粒状態の多結晶は精々砕いて研磨用に使う程度でしょう。
それ以外にあまり利用できるシーンが無く、本当に屑ダイヤでしかありません。
どこか私の知らない分野では使われているかもしれませんが・・・。



ルビーのカラットルースですら30-500円/ctですからね。
多結晶の屑ダイヤなんてコップ一杯なんぼ単位で売ってくれると思います。

どっちにしろこのiPhone 7の装飾に使われたブラックダイヤは、iPhone 7本体の原価を超えることはないと。
それが私の結論です。


ちなみに私は過去にカラーストーンのルースものに興味が有りまして、つまりは宝石関係の
知識はめっぽう強いのです。昔は収集もしており、デビアスが2000年を記念した数量限定の
カラット越えサイズのミレニアムモデルを購入し、デビアス社に私の名前が所有者として登録されております。
これはミレニアムモデルだけの特別イベントだったのです。
普通、大粒のダイヤモンドを買ったとしても名前を登録とか絶対ありませんからね、念のため。

そんな状況の私の得意分野にアップルが切り込んでこられたので、これは丁重におもてなし
しないといけないという事で、この記事を書こうという事になりました。


ちなみにこのiPhone7ブラックダイヤモンドコレクションはアップル純正品ではないですからね。
アメリカの高級携帯メーカーのGressoが出しているものです。
でもGresso自身、高級Android端末を出しており、iPhoneは初だと思います。

恐らくアップルが目新しいネタを仕込もうとアップルから依頼されて出したと思われます。
なので、多結晶のブラックダイヤなんてGressoはそもそも扱っている資材というわけです。
恐らく元から持っている在庫を利用したと思われます。

これって材料費よりも、均一に102ctものブラックダイヤを散りばめる技術料の方がはるかに
高価じゃないかと思ってみたりもします。




こういうものが出てくること自体、アップルは相当焦っているんだろうなーってもう笑うしかありません。
やっていることが孫正義氏と何も変わりませんから。

おかしな駆け引きや風説の流布、異常に高価な携帯の発売とかなんでこう似ているのでしょうか。
そんなことをしているとそのうち〇〇師って呼ばれますよ。(笑)

まあ言われなくても利口な人は皆思っているでしょうけど。

  1. 2016/09/28(水) 23:10:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

アップルが中国に二か所目のiPhoneの修理拠点を設置、中古端末を中国で処分する為?

壊れたiPhone、中国河南省のFoxconnで修理されていた〜今後は山西省でも ~ iPhoneMania
Foxconnはすでに今年3月より、中国河南省においてiPhoneの修理およびメンテナンスサービスを開始しています。河南省にはアメリカ、イギリス、日本、オーストラリアを含む7ヵ国から、故障したiPhoneが送られて来ているとのことです。

iPhoneは現在中国の河南省で修理されており、新たに山西省でも修理を開始するようです。

山西省は北京の西側から南に向けて広がる地域。
河南省は北京から離れた南西方向、山西省に隣り合った南部に広がる地域です。
北京よりも上海に近い感じです。

各所に散らすのは、中国当局の希望も有るでしょうし、人材を募集する関係も有るでしょう。
しかしこれだけ地域を離すことを考えると、修理した後の端末の行方を意識しているのかなという気がします。
アップルが中国に修理拠点を二か所も持つという事は、中国での販売を念頭に置いたものなのでしょう。

修理と言っていますが、恐らく中古端末のリフレッシュ品(再生品)を作る基地になっているんだと思います。
一部は各国に持ち帰り、バッテリー交換用途や不具合が出た端末の交換等に利用されているのだと思います。

しかしアップル的には、搾取して安く売ってれる日本とかでは中古ものとしての流通はさせたくない。
余分なものは中国などで捌ききる。そういうことなのでしょう。

搾取できる国と中古端末を吐き出す国をきちんと上手に分けているなとこの記事を見て感じました。

  1. 2016/09/27(火) 21:54:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

内閣所轄の行政機関がアップルのiPhoneの市場支配の不公平を狙い撃ちに、立件も辞さない覚悟で

焦点:行政当局がアップル包囲網 「iPhone」の市場支配を懸念 ~ ロイター
[東京 16日 ロイター] - 新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」を投入し、日本でさらに販売拡大を狙う米アップル(AAPL.O)に対し、規制当局が厳しい視線を向けている。総務省や公正取引委員会は携帯電話大手3社に取引慣行の適正化を求めているが、その背後にいるアップルの影響力も問題視している。公取委は8月に指針を発表、実態の改善が進まなければ、独占禁止法に基づく立件に踏み切る可能性も否定できない。
大手携帯電話会社の幹部によると、アップルが示す「レギュレーション(取り決め)」では、iPhoneを店舗のもっとも目立つ位置に置くことや広告・ウェブ展開の方法などが細かく定められており、「箸の上げ下ろしまで指図してくる」状態にある。

総務省の遠回しな搾り上げのおかげでiPhone 7の実質販売価格は少しだけ上がりました。
少なくとも0円の看板を堂々と提示している所はほぼ無くなりました。
こっそり隠れてやっている所は有るのかも知りませんが、今でも0円を謳っている所はたまーに見かける程度です。
キャッシュバックに至ってはほぼ壊滅したと思われます。

しかし、それでもiPhoneの値付けは基本的にはAndroidよりも安価です。
何故か?

ある携帯電話会社はアップルから課せられている販売ノルマを達成できなかった場合、一定額を支払わなければならない契約になっているうえ、iPhoneを他社メーカーの端末よりも安い価格で売らなければならないという条件も飲まされているという。

アップルとの契約の範囲内にiPhoneを他社端末よりも安く売らなければならないという条件が謳われているのです。
なので基本的には現状のままでは決してAndroid端末はiPhoneと同等の価格帯で売られることは有りません。

そんなわけで総務省に続いて公正取引委員会が動くことになったようです。
公正取引委員会は内閣府の外局として、内閣総理大臣の所轄下の組織として存在します。
つまり、安倍総理がその気であるならば、本気でこの件に対して動いてくると・・・。

私は本気だと信じています。



その昔、iMacが登場したときにアップルの傍若無人さが一部で騒がれるようになりました。
初代iMacは5色展開をしていたのですが、それが不人気色を含んで必ず5色での発注しか受けないこと。
販売には一切の値下げは認めないこと。ディスプレイの店内での位置や飾り方にもうるさい注文を付けて
くることなどで販売店は悲鳴を上げ、次々アップル製品から撤退、次第にiMacを扱う店は無くなっていきました。

今回の事もそれに似ているなと思います。
まあ所詮アップルですから。


アップルのNDA(秘密保持契約)はNDAの内容はおろか、NDAが交わされていることすら秘密に
しないといけないという契約で、それを破ると法外な金額の違約金を貸されるという、100円玉を
拾ってネコババしたら死刑みたいな極端な内容となっているとここ最近は有名になりました。
iMacが湧いていた当時にはNDAが隠されていたのでそういった事実も出てきませんでした。

最近はどうでしょうか。

最新のiPhoneを扱っている3キャリアは、勿論漏らしません。
けどウェブページのトップは3キャリアともiPhoneがウザいぐらいに踊っています。
店頭では・・・iPhoneは必ず上座に鎮座、その他ディスプレイも。

まあここまで日本人に嫌われる要素を全開にできたものです。
魔法が解けた順に”それ”を忌み嫌うようになっていきます。


下取りしたものをアジア圏に流させたいことと、日本人には新品を買わせて、販売シェアを
上位に保させ、売り上げも上げさせてキャリアからたんまりと上納金を得る為に、下取り品は
再販させないという事まで条件に入っているという縛りよう。

如何にもアップルらしい。
そうして変化が出るとすると・・・。



まあこういう事ですな。
中古の再販が認められれば、日本のiOSの数字はどう変わるでしょうか。



総務省の頑張りも有り、国内のiPhoneのシェアはイギリスを下回るようにはなってきました。
アメリカに少しづつ近づいてきています。

ここで公取委が動いてくれれば、恒常的にアメリカを下回る可能性が高まると思います。

過去のスーパー301条のように、アメリカが国家としてまたアメリカの製品・・・アップル製品の
ごり押しをしてくるかもしれませんが、今回は対立しているのはGoogleのOSの製品なので、
過去の自動車貿易摩擦のようなことはないかもしれません。

取り敢えず公取委は、アップルとの各キャリアとの契約の内容を開示させ、違法な内容が
含まれないかチェックする所までやってもらいたいものです。それは法的に可能なのか、
どういう手段を取れば可能なのかはわかりませんが、そういうテクニカルな部分は東大出に
任せるとして、私は不公平をとことん無くせるように日々ブログ等を通じて追及していきたいと
思っています。


やっとここまで来た・・・。
素直にそう感じています。

  1. 2016/09/26(月) 21:39:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

不具合だらけのiPhone 7とiOS10、発売直後3日間の対前年はマイナス42%の販売数減少、SEに食われたのかそれとも単純に売れないだけなのか

iPhone 7が発売され、iOS 10もそろそろ浸透し始めたでしょうか。
速報的なものは一応出尽くしたと思いますのでそろそろ本格的に触っていきましょう。

【Forbes JAPAN】
 ○アップル「iPhone 7の欠陥」を認識 早すぎたヘッドフォン端子廃止
【日経トレンディー】
 ○iPhone 7の「イヤホン音質」に要注意・ヘッドホンジャック廃止の影響は大きい
【iPhoneMania】
 ○一部のiPhone7、機内モード復帰後も「圏外」で通信できない不具合!
 ○一部のiPhone7で「ノイズが聞こえる」「発熱している」問題が発生
 ○iPhone7/7 Plusのノイズ問題、ソフトウェア更新では解決しない!?
 ○iOS10に衝撃の脆弱性!iOS9より2,500倍クラックされやすいことが判明
 ○iOS10、現時点で判明しているバグ一覧!

おっと、いきなりやってくれます。
iPhone 7にiOS10、アップルの代表的な製品が、なにこのボロボロ具合。

全体的には不安定化、全体的にUIの劣化、もっさり化、バッテリーの減りが高速化
アプリ落ちる・固まる、シャッター音系がうるさい、コントロールセンターがウザくなった、
文字入力不具合、WiFi切れる問題、iTunesと同期できないことが有る・・・とかもう盛りだくさん。
中には「過去最悪」の声も有りますが、私はそれでも過去最悪はiOS7だと思っています。
安心してください、iOS10jは過去最悪ではないと思いますよ。(多分)



で、こんなものを行列を成して買う人がたくさんいるって。
日本人の目は確かで、日本人が選ぶ製品は間違いないんじゃなかったでしたっけ?
中国人の富裕層は日本人が選ぶものを好んで買っているわけですけど・・・。

ことIT機器に関してはメーカーもボロボロなら、ユーザーもそのユーザーが選んだ製品もボロボロのようですね。

速い話、作り手もユーザーも見る目がレグザアローズなんですよ。
作り手だけがレグザアローズではなく、ユーザーもレグザアローズな方が少なくない。
選択眼だけが優秀というわけにはいかないようです。

ああ、安いから買っているという人も少なくないので、十把一絡げにしちゃいけませんね:-P


そこにアップルは”いつものように”退化したiOSをしっかりと提供してくれているようです。
さすが、安定の低品質のアップル。
高いのは価格とユーザーが意識高い系ということぐらいでしょうか。
レグザアローズの意識が高いのかどうかはこの際問わないとして・・・。
”いつものように”ユーザーは高価なお金を貢いでくれる従順なベーターテスター扱いです。

ただ設定価格は高くても、それをキャリアがAndroidユーザーや旧来の折り畳み携帯ユーザーから
搾取してアップルに貢ぐ仕組みは今までのままで、総務省のおかげで値幅が少し変わっただけです。
iPhoneユーザーにばら撒くという構図は、多少値段は変わっても基本的には変わらずのままですね。

ハイエンドのはずのiPhone 7 256GBと中途半端な仕様のXperia X Performanceがほぼ同価格設定ですからね。
私はせめて32GBか128GBを同価格設定にするべきだと思います。
総務省もっと仕事して。


iPhone 7の販売が今までとはちょっと状況が変わってきております。
私が散々1~2か月待たせると騒いだからか、7では入荷状況が今までよりも好調です。

これでアップルがSEを含む今までは、わざと入荷させていなかったという事を半ゲロしたような
ことになってしまいました。今まで通り2か月ほど入荷させずに引っ張ってりゃ知らない人にはバレなかったのに・・・。

【八王子店】iPhone 7 / 7 Plusご予約分入荷状況 及び 在庫状況のご案内 (9/25 14:30更新) ~ ヨドバシカメラ


発売してまだ二週目ですよ、なに例年とは違うこの比較的潤沢な在庫は。
ちなみにヨドバシは予約必須ですが、店によると予約なし飛び込みでも買える店が有るようです。
一番早く買えるのはそういう店を見つけることです。
まだ9月なんですけどね。去年まででは考えられないほど在庫が余っていますね。

それでも上記を見ると、ジェットブラックとPlusは今まで通り、商品を止めてじらし作戦のようです。
後は32GBの安物買いも「待たせときゃいい」扱いです。
少ししか金を落とさないものは、ガンガンアップルの肥やしにしてやれという事なのでしょう。

新色に飛びつくような強信者と、安物を買う人はアップルが全力でドSモードで扱ってくれるから
有り難く思えってことですかね。喜べ、ドM信者とアップルには人扱いしてもらえない安物買い共。

以前の機種の発売時には、ゴールド・シルバー、ローズゴールドの時にあれだけ待たされ、
今発売2週目でそこそこ潤沢に出回るようになった状況を見てなんとも思わないのでしょうかね。
またジェットブラックを全く入荷してもらえないこの理不尽を並んでいる人はなんとも思わないのでしょうか。

iPhoneの発売直後に買う人って、当たり前のことに気付けない人が多いんじゃないかって気がしてなりません。
まあ事情が有って並んでいる人もいると思いますけど。
でも毎年毎年繰り返されるこの状況と、今年の少し違う状況を見てなんとも思わないのでしょうか。
誰でも気になることじゃないかなって思うのですけど。本当に不思議です。

まあ何も考えないからiPhoneを買えるという事も有るのでしょう、多分。
少なくとも発売直後半年以内に買うのは私はお勧めしないです。
その後はどうせ投げ売るからそれから買えばいいでしょう。
キャリアや販売店は売らないと苦しむのは自分なんだから、何としてでも売ろうとしてくるでしょう。


こんな状況みたいなんで喜びましょう。

【朗報】iPhone7/7 Plusの在庫、10月初旬には復旧する見通し ~ iPhoneMania
ジェットブラックなど一部iPhone7シリーズの在庫が枯渇している問題で、10月初旬には滞りなく供給できるようになる見通しであることが、Appleの販売代理店の話として判明しました。

いや、既に結構在庫回復してきていますよ。
そもそも売れていないって事と、売り逃しが怖いという事も有って焦って在庫を置くように
している側面も有るのでしょうけど。

iPhone 7、国内の初動は42%減と振るわず 市場低迷が影響か ~ 日経BP ITpro
米アップルが2016年9月16日に発売したスマートフォン(スマホ)新機種「iPhone 7」「同 Plus」の、主要家電量販店における発売後3日間の販売実績は、2015年9月発売の「iPhone 6s」「同 Plus」に比べ台数ベースで42%減にとどまった。ブラック系の新色へ需要が偏り品薄となっていることに加え、スマホ市場全体の低迷、割安なAndroid搭載スマホの台頭などが影響したとみられる。

というわけで、発売3日間の対前年比較で42%減という状況なのに、上記のヨドバシの供給状況を
見てみると、ジェットブラック以外の3色は、すぐに買える状況になっている状況になってしまっています。
こんなんで「iPhoneめっちゃ売れています」の主張をそのまま聞いていいのでしょうか。

国内キャリアや海外キャリアが揃いも揃って「今までで一番すげー」みたいなことを言っているのですが、
ヨドバシなどの販売店レベルの在庫状況を見ると到底そうとは思えない結果が出ているわけで・・・。


ここで盛れば盛るほど、あとで「やっぱりな」のガッカリ感が山盛りになるエネルギーを自ら積んで
いる事にアップルはいつ気付くのやら。ああ、株価を一日でも高値維持させ続けないといけないので、
それでもやせ我慢して売れてます風を演じ続けなければいけないのでしょうな。



でも冷静で懸命な人は潤沢な在庫を見て判断しましょうね。(笑)

そのうち販売店の焦りの表情で判断できますから、状況の変化をゆーーーっくり眺めておきましょう。
ええ、到底売れて売れていて困っているとは思えませんし。


で、BCNがなんで3位までしか発表しなくなったのか。
まあ金のある所が絡む大人の事情ってそういう事なのですよ、多分。
いやいや分かりやすい企業です、ソフトバンク並み。

以下はBCNではなくGfkのデータですが・・・。


ケータイ売れ筋ランキング(9月12日~9月18日)

これを見てもわかる通り、発売週に10位迄iPhoneで独占ならずってわけですね。
去年までと比べて明らかにiPhoneの勢いが劣化しています。



○関係のない つ・ぶ・や・き♡

さて、iPhone 7が発売された辺りから、妙にコメント欄にキツイ内容を含むのものが混じるように
なってきました。「あの(にっくき)アップルの敵サイトに何か爪痕を残してきてやれ」という方々が
気を揉んでいらっしゃるのでしょう。

つまりは”iPhone 7発売後に、うちが何を書いているのか気になる人達”が頻繁にチェックに来るように
なったという事だと思います。わざわざパトロールご苦労様です、信者の鑑のような方々だと思います。

以前は割と直球な書き込みが多かったのですが、そういう人は名無しを徹底したり、ハンドルを
一文字とか無意味なものや通りすがりとか透明系なものにすることで統一されていました。
要はユニークな名前を名乗らない。判別されたら嫌な根性無しの方がメインでした。

今回は意外や、そこそこユニークハンドルの方が多い。
しかも辛口常連の方もそこそこ。

根性無し系の方々はiPhone 7やiOS10の出来を見て諦める人が出てきたのか、それとも単に
攻めあぐねているだけなのか、不具合が直るのを待っているのか、コメント欄から居なくなった
理由は分かりませんが、根性無し系もいないとそれなりに寂しいものです。

ユニークハンドル系の方々は私の勘違いにスポットを当てた鬼の首を取った系や、攻撃する為の
コメントじゃない言い訳的なネタを混ぜるエクスキューズ系辺りしかいないですね。
鬼の首を取った系の方は、私が冷静さを失っていることに見せかけ誘導していたり、
なんかより悪く見せかけようという工夫が見られますが、それを書くから信憑性が薄れるんだ
よって、にんまり笑って流しておきました。いや、一度はレス書いてあげようか悩んだんですけどね。

そんなわけで、アップルと信者となかまたちな方々の動向を、今後もアップルと共にウオッチして
いきたいと思います。

  1. 2016/09/25(日) 23:18:35|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ドコモが端末購入時の頭金を自由設定や店舗裁量での値引きも可能に、支払い方法の見直し

スマホ購入者が「頭金」を自由設定 ドコモが支払い方法見直し、販売店裁量で値引きも ~ 産経ニュース
NTTドコモが今年度中にも、スマートフォン購入時の支払い方法を見直すことが24日、分かった。購入者が頭金の金額を自由に決めて残りを分割で支払ったり、販売店の裁量で販売価格を値引きし、残りを分割払いにするなど、柔軟な支払いを可能にする。

ドコモが端末の購入の支払いの仕方に、販売店側に自由度を認める方向で動いている模様。
今は月の割った数字が固定で、(本来の意味の)頭金をガッツリ入れて月払いを少なくするとか
そういうことが出来ません。

そうさせなかった理由は、ユーザーに多額の借金をさせて、その数字でユーザーを縛る効果を
出させる為です。これはソフトバンクが始めた悪しき商習慣です。勿論auも同じですね。

ドコモはようやくそのおかしなシステムを、携帯業界以外では当たり前のものに改善するようです。
ユーザーからすればキャリアの縛り効果を薄めることが出来るわけですが、そんな意識よりも
たまったポイントをガッツリ使い、月払いを安く済ませるとか、そういった方法をとりたいわけで、
端末の購入障壁が少し下がることになると思います。そういう意味では相対的にポイントシステム
のポイントの値打ちが上がることになるとも言えます。いや、今までがおかしかっただけですが。


あとはiPhoneが未だに異様に安く買える状況を是正し、もっと公平さを追求して、端末の購入時の
自由度を高めてもらいたいものです。








  1. 2016/09/25(日) 20:45:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Googleが10月4日にAndroid OSとChrome OSを統合したAndromedaを発表との噂

AnroidとChrome OSを統合した「Andromeda」が10月4日に発表か? ~ juggly.cn
10 月 4 日の Pixel 発表イベントでは新デバイスのほかに Android と Chrome OS の統合も発表されるのではないかとの噂が浮上してきました。
Android と Chrome OS を統合した OS は Andromeda と呼ばれるコードネームを採用しており、その早期版が年内にも提供されると見られています。

GoogleがAndroid OSとChrome OSを統合し、内部コードでAndromedaと呼ばれるOSを発表するとの噂。
10月4日にPixel発表イベントで同時にそれが発表されるかもとのことです。

Chrome OSでは既にAndroid OSのアプリを動かす仕組みが取り入れられており、準備が進められて
いましたので、これが本当だとしても自然な流れだと思います。

恐らくPC向けのAndroid OSを構築し、その上でHTML5ベースのChrome OS向けアプリを実行する
仕組みになるんじゃないかなと予想しています。

  1. 2016/09/25(日) 19:33:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ソニモバ、Xperia ZシリーズのNougatは12月から&Xperia X Performance向けNougatベータテストプログラムを実施

Xperia ZシリーズのAndroid 7.0 Nougatアップデートは12月より実施予定 ~ juggly.cn
Xperia シリーズを対象にした Android 7.0 Nougat へのアップデートスケジュールを記した Sony の内部文書が流出した模様です。その画像がネットに流出しました。
まずは 10 月に Xperia XZ と Xperia X Performance がアップデートされ、その後、11 月下旬には Xperia X と Xperia X Compact が、翌 12 月には Xperia Z5 シリーズ、Xperia Z3+、Xperia Z4 Tablet がアップデートされる予定となっています。

昨日Xperia XシリーズのAndroid 7.0 Nougatへのアップグレードの情報だけでなく、
Xperia Zシリーズの情報も出てきました。Zシリーズは12月からバージョンアップされていく模様。

 10月    Xperia X Performance
        Xperia XZ

 11月下旬 Xperia X
        Xperia X Compact

 12月    Xperia Z5 シリーズ
        Xperia Z3+
        Xperia Z4 Tablet

 2017年   Xperia XA
        Xperia XA Ultra


Sony Mobile、Xperia X Performanceを対象にしたAndroid 7.0 Nougatベータテストプログラムを実施へ ~ juggly.cn
Sony Mobile が Xperia X Performance の一部ユーザーを対象に、Android 7.0 Nougat をベースにしたベータ版ファームウェアのテストプログラムへの招待を開始しました。
対象国は、北欧、オランダ、リトアニア、エストニア、ラトビア、アイスランド、イタリア、スペイン、ポルトガルで、この国にお住まいの Xperia X Performance ユーザーには Xperia Lounge を通じて招待の案内が配信されています。

ソニモバ、Xperia X Performance向けにAndroid 7.0 Nougatベータテストプログラムを実施。

  【対象国】
    ・北欧
    ・オランダ
    ・リトアニア
    ・エストニア
    ・ラトビア
    ・アイスランド
    ・イタリア
    ・スペイン
    ・ポルトガル

端末の種類ではなく、国で縛っているのはもしかすると、日本のようにキャリアがうるさい
国が有るからでしょうか?日本でも提供してほしいなと思っています。
日本で出来てしまうと国内向けのキャリア版が売れないから?
勝手な想像なんですけどね。

  1. 2016/09/25(日) 19:31:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本のキャリアは回線の高収益維持で逃げていくカスタムユーザー、格安スマホとダブルパンチで起こる雪崩で高値回線を維持しようとするキャリアの地獄の開始

Google PixelなどのAndroid Nougat端末では現行のroot化方法が通用しない ~ juggly.cn
先月下旬にリリースされた Android の最新バージョン「Android 7.0 Nougat」では、現行の root 方法が通用しないことが XDA Developers らの分析・調査によって明らかになりました。

rootを許すのか、許さないのか。
Google的にはrootは認める方向だったのですが、ここ最近はセキュリティーとそれに関しての
メーカーからの突き上げが強くなっています。もちろんそれはiOSとの競合する中で起こっている
事で、rootに対して厳しい態度をとるようになってきました。

それがAndroid 7.0 Nougatでより厳しくなる方向です。

Android 6.0 Mashmallowでは/systemを書き換え対策の上に、DM-Verityで/systemの
整合性チェックまで行われるので書き換えがほぼ不可になりました。

というわけで、動作で利用されているRAM-Diskを書き換えることで回避していました。
CM12.1やCM13の移植で赤星氏も利用しているhijack-ramdiskがそれです。

/systemとは別にある領域を書き換えて厳しいチェックを回避することでroot化や様々な
カスタマイズを実現していました。

しかしAndroid 7.0 NougatではそのRAM-Diskも/sysytemの配下に入ってしまいました。
厳しいチェックが行われることとなり、今までの方法ではroot化はほぼ不可能になって
しまいました。

この厳しいチェックを回避して新たな技術が確立されるのか、それとももう諦めてしまうのか。

ブートローダーLockedの端末ではもう出来ることがほとんどなくなってきたように思います。
今後はこういったカスタマイズはブートローダーUnlockedの端末が主流になっていき、
カーネルを書き換えることが主流になっていくのかもしれません。


そうなった時、日本の事情にスポットを当てていきますと、キャリア端末の値打ちがガツンと
下がってしまうことになると私は考えています。代わりにスポットが当たるのは、グローバルモデル。
事実私も次に買うのはグローバルモデルになるだろうとなんとなく予感がしています。
というか、現実に今漁っているのはグローバルモデルが主流で、例えキャリアモデルを買った
としても腰掛けのつなぎの意識でしかありません。

今はrootやROMの書き換えは私は別の分野として捉えていまして、アプリ界隈ではrootに
関しては厳しい対応がとられています。なので私は私の使う端末に関して、将来的にはrootは
諦める可能性が高いと思っています。

しかし日本のキャリアのバージョンアップとキャリアアプリの実装に関してはまだ大いに不満が有り、
root無しでも十分自分的に満足が得られる可能性が高いグローバルモデルに軸足が移っています。


スマホ回線料、引き下げへ…「格安」普及後押し ~ YOMIURI ONLINE
総務省は、携帯大手3社が格安スマートフォンの事業者に提供している通信回線の貸出料を引き下げる方針を固めた。
貸出料が下がれば、格安スマホ事業者の負担が減って経営基盤が強化でき、利用者が支払う通信料金が安くなる効果も見込める。大手から格安スマホへの乗り換えを促して競争を活性化させ、大手も含めた通信料全体を押し下げて、家計の負担を軽くする狙いがある。

私は曲がりなりにも家計の負担を下げようとするこの動きには賛同する。
しかし一方で以下のような意見が有るのも確かです。


神尾氏のこの意見はもっともで、これからの携帯業界の事を考えると確かに必要なことではあります。


・・・・・が、それでも私は総務省の側に立ちます。
何故か?

経済の全体を見渡すと、消費税増税による失敗と中国経済の失速などの様々な要因で伸び悩んでいます。
一方で神尾氏の指摘は通信業界やIT業界等、日本全ての業界に・・・とは言い難い範囲にとどまります。

ぶっちゃけ日本全体の為に通信業界は儲けを吐き出し、庶民の家計に余裕を作り出し、消費の回復へと
差し向けようというのが総務省が描いている図だと考えています。
通信業界の分を日本全国の消費に回す、こういう流れを作ろうとしているのでしょう。

何もなければ「おい、こら、ちょっと待てや」と私が噛みついていたことでしょう。
しかし、私が呆れるぐらいのキャリアのiPhoneを絡めた搾取&ばら撒き。
私が真っ先に切れました。このブログで叩きまくっていましたよね。

Androidや旧来の携帯方面から搾取、アップルやiPhoneを買う人に貢ぎ&ばら撒く。
この流れを何とか断ち切りたいという思いが総務省によって時間はかかりつつも実現してきている
わけで、私がそれを反対する理由が有りません。iPhoneばら撒きの時も、今回の通信料
高止まりの状態の維持でもキャリアを庇えるところは何一つないという状態。

そこに5GやらIoTという言い訳を与える積りも有りません。
「アップルとiPhoneユーザーに返してもらえば~?」位にしか感じません。
散々貢いできたのですから。

心底「MVNOもっとやったれー」と思っています。
それが少しづつ実現してきており、喜んでいます。

これで辛くなるなら本当にキャリアの自業自得です。
フラシュライトの懐中電灯機能や、本当に散々意見して無視され続け、結局売れなくなったら
私が意見していた通りに機能が付くことの繰り返し。
i-modeの100KB制限なんて、iPhoneに火が付き始めるまで外されることは有りませんでしたしね。
遅すぎるんですよね。胡坐をかいてきたキャリアやメーカーの姿をずっと感じておりました。

国産メーカーやはキャリアは勿論応援したいところですが、「いい加減もう動かないとヤバいでしょ」と
いう所を過ぎて、尻に火が付いてからやっと動き始めるような所をいつまでも応援し続けたいかというと、
私も一人の人間でして・・・。「十分間に合ううちにやっとけよ」と動き始めてから思っているわけです。
そんなわけで、私はやるべき時にやってくれないキャリアやメーカーは応援する気になりません。

より強くそれを思わせるのは、例えば各キャリアのXperia X Performanceの売価。
iPhone 7 256GBとほぼ似たような価格設定になっています。

まだまだ日本のキャリアはAndroidユーザーを舐めていますね。

そんなわけでしばらくは日本の景気高揚の為の肥やしになってください。
全ては大手キャリア殿の搾取と不公平なばら撒きをやめなかったことと、携帯料金の高止まりを
維持し続けようとし続けているので、総務省とMVNOを全面的に応援します。

今キャリアの肩を持つのは北朝鮮に人道支援するようなものです。



というわけでMVNOとセットで伸びるのはグローバルモデルを購入できる個人輸入支援業者。
国内で使える輸入業者も増えてきましたしね。
Expansys、ETOREN、1shopmobile、Clove等、簡単で使いやすい業者が実績を着けて安心感も増してきました。
amazonやeBay等、日本発送に対応する(場合が有る)業者がある通販サイトもあります。
端末の通販が珍しくなくなってきたことも追い風になり、輸入業者がかなり伸びる数年間になりそうです。

一番伸びるのは格安スマホでしょうね。
どちらにしろ大手キャリアから端末的な縛りから離れる人はどんどんと増えていくでしょう。
キャリアが端末の再販に関して嫌がらせをすればするほどユーザーは離れていきますし、
回線代金を高止まりすればするほどMVNOへ流出と同時にそれらへ目を向けさせることになると思います。

  1. 2016/09/24(土) 19:29:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ソニモバ、年内にXperia Xシリーズを10月以降順次Android 7.0 Nougatにアップするという噂

当記事の続報はこちらに有りますので合わせてごらんください。

Xperia X PerformanceとXperia XZのAndroid 7.0アップデートが10月に実施されるとの噂 ~ juggly.cn
Xperia シリーズの Android 7.0 Nougat アップデートが早ければ 10 月から始まるとの噂が出てきました。
これは、スロバキアの WEB サイト mojandroid が消息筋から得た情報で、まずは Xperia X Performance と Xperia XZ が 10 月にアップデートされ、その後、11 月下旬に Xperia X と Xperia X Compact がアップデートされる予定。Xperia XA と Xperia XA Ultra のアップデートは 2017 年に行われるそうです.

ソニーがXperia Xシリーズを10月からAndroid 7.0 Nougatへのアップデートを始めるという噂が噴出。
最近のソニーの頑張りを考えると、全く無い話ではありません。

ただ国内キャリアではどうなるのか・・・まあドコモのサプライズは有るとして、どうせその後の継続は
大して期待できないでしょう。ドコモはそこまで真剣にOSのバージョンアップを考えているとは私は
感じていません。あくまでもユーザーへのアピールでしかないと読んでいます。

ソフトバンクはauよりはまし、auは終わってる。
端末を売る為に指摘され無ければバージョンアップなんて出来る限りしたくないので逃げて逃げて
逃げまくる姿勢。auで期待して買うだけ無駄なので初めから諦めている人以外はauでは買わない方がいい。

こんな感じでしょうか。



折角ソニーはそこそこ頑張っているのですけどね。
国内キャリアが台無しにしているように思います。

ソニー以外の国内メーカーで、年内にAndroid 7.0にアップできるメーカーが有るのか、興味が枠ところです。

  1. 2016/09/24(土) 19:12:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

macOS Sierraが要求するハードは2009~2010年モデル以降のハード、全機能を使うには2012~2015年モデル以降を要求

macOS Sierraとその新機能、すべてのMacでは使えません ~ iPhoneMania
Macの最新OS、macOS Sierraがリリースされました。Macユーザーは無料でダウンロード、アップグレードできますが、残念ながらすべてのMacに対応しているわけではありません。
またmacOS Sierraにアップデートできても、一部Macではユニバーサルクリップボードなどの新機能が使えないので、注意が必要です。

相変わらずと言っていいのか、アップルの旧機種の足切りぶりがすごいなと。

■macOS Sierraに対応するMac
  ・MacBook(Late 2009以降)
  ・MacBook Pro(Mid 2010以降)
  ・MacBook Air(Late 2010以降)
  ・Mac mini(Mid 2010以降)
  ・iMac(Late 2009以降)
  ・Mac Pro(Mid 2010以降)

Windows 10では足切りはもっと緩かったもののハード対応の実用も考えると、マイクロソフトでも
定期的には有る足切りなので、ここはあまり厳しいことを言うのもアレかなとは思いますが、
今のPCの性能向上のペースを考えると、これだけの期間で強制的に足切りされるのは
どうかなと思う所もあります。

Windowsだったらまだまだ使える範囲ですよね。
LinuxやUNIXならもっと使えます。
というか、今のmacOSってUNIX系じゃないのか?
そう考えるとちょっともったいないなと。

いや、好き好んで買っている人はそれでいいのですけど。
このことを知らない人も結構いそうな気がします。
まあ信者さんは定期的にお布施をするのが義務みたいですから、
こういう制限には気づくことは無いのでしょう。

しかもユニバーサルクリップボード機能やWebでApple Payが使えるMacとなれば、
2012~2015年モデル以降に限られるのですからなかなかやってくれます。

スマホは2~3年で買い替えろ、Macも3~4年で買い替えろと言うのがアップル様の
お考えのようですよ。私はPCなんて5年使ってもまだ全然余裕でその倍は使いますよ。
アップルなら十分足切りされて買い替えさせられているでしょうな。

  1. 2016/09/24(土) 00:05:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

GINZA PLACE、9月24日オープン、4~6階にソニー

24日オープンのGINZA PLACE、4~6階にソニーが入ります。

  6F / ソニーイメージングギャラリー 銀座
  6F / ソニー・イメージング・プロ・サポート窓口 銀座
  6F / ソニーストア銀座 <ツーリストフロア>
  6F / ソニー ショールーム / ソニー ストア 銀座 ソニー お客様ご相談センター
  5F / ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座 5階フロア
  4F / ソニー ショールーム/ソニーストア 銀座 4階フロア

どうやらカメラに力を入れているという事で、スマートホンの扱いがまだよくわかりませんが、気になる所です。

  1. 2016/09/23(金) 23:18:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【Android Developers】夏機種が売れたのかMashmallowが大きく増加、5.0の減少率が高止まりし始める

Android Developers発表の2016年8月30日~2016年9月5日段階のAndroid端末のバージョン毎のシェアです。




Android Developer

前月データはこちらの記事へ

今月はなんか一気にAndroid 6.0 Mashmallowが3.2%も増えています。
夏機種が浸透し始めて、更にバージョンアップする旧機種も増えてきたせいでしょうか。

それでも年明けまでに30%を狙えるかどうかというラインで、下手をするとAndroid 7.0 Nougatに
さっさと切り替わってしまって日の当たらなかったバージョンになる可能性が少なくないと思います。

5.1はまだ増えている一方、5.0の減少率が安定して大きく減りだしました。
4.1~4.3ももう安定して減り続け、JellyBean(~4.3)以前の全てのバージョンの合計が18.6%と、
ついに20%を割り込みました。JB以前は既に少数派となってしまいました。
一方4.4 KitKatは未だに27.7%有り、それ以前の全ての合計より大きいです。

ちなみに4.4 KitKatを含むそれ以降のシェアは81.4%有り、ほぼKitKatがアプリ開発の最低限の
ラインにしても差し支えなくなりつつあると思います。

それとMashmallowは来月には20%の大台に突入する可能性が濃厚になってきました。
先月にLollipop以降が50%を超えましたが、既に過半数がLollipop以降を使用しています。
Dalvik VMで稼働しているバージョンでメインなバージョンは、KitKatだけになってしまいました。
とは言え、JellyBeanとKitKatの合計が43.3%も有るので、入れ替えが順調に進んでいるだけ
ではないという事もなんとなく感じ取りました。












  1. 2016/09/23(金) 00:25:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

RAM 6GBや8GB搭載モデルの話がちらほら、RAM大容量時代の考え方

去年の終わりぐらいからでしょうか、4GB以上のRAMを搭載したAndroidスマートホンの話題が出始めたのは。
それから沢山の話が出てくるようになりました。

Mi Note 2 Proは8GB RAMや256GB ROMを搭載か?システム情報のスクリーンショットが流出 ~ juggly.cn
スクリーンショットによると、Mi Note 2 Pro は Android 7.0 や 2.6GHz 駆動のクアッドコアプロセッサ、8GB RAM、212GB ROM(実際には 256GB?)を搭載するなど、非常に高いスペックを示しています。

6GB RAMやSnapdragon 821を搭載した「Le 3 Pro」がGeekBenchに登場 ~ juggly.cn
GeekBench によると、X720 は Android 6.0.1 や Snapdragon 821 2.19GHz クアッドコアプロセッサ、約 6GB RAM を搭載しています。Le 2 Pro が Helio X20 / X25 や 4GB RAM だったので、スペックは大幅に向上しているようです。

これらもその中の一部です。
もうRAM 4GB搭載ではフラッグシップなハイエンドとは言えなくなりつつあるように思います。
4GB積んでて標準のハイエンド、それ未満はミドルクラス。
6GBや8GBでフラッグシップなハイエンド、この年末にはそんな感じになっているかもしれませんね。

RAMを大量に搭載していたら何がそんなにいいのか。
何がって具体的にはなかなか説得力を持て言える人はいませんが、やっぱり安心材料として
多い方が快適性が落ちにくいことは確か。

メモリ食いのアプリを複数切り替えて使うときはやっぱり大量のメモリがあると安心です。
2GBレベルだと、大型アプリの切り替え時にはそこそこ待たされ感がある時を感じます。
1GBだとそれが顕著ですし、512MBだと何をやってもガーベージコレクションの嵐です。

一旦メモリの整理に入ると万事休すの雰囲気になっちゃうので、やっぱり不足しないと
安心できるメモリ量の搭載はうれしい限りです。

後はコストとその”保険”のバランスを見ながらの選択になると思います。

メモリと沢山搭載すると、”基礎代謝”としての電力を多く食うようになると主張する人がいます。
確かにその通りなのですが、一旦メモリ不足に陥ってガーベージコレクションなどの整理が入ると
そこで基礎代謝の少なさによる節電効果が一気にぶっ飛びます。

なので私はメモリが多い方が結果として省電力になる可能性が高いと考えています。
基礎代謝がどの程度かはわかりませんが、プロセッサをぶん回すガーベージコレクションは
忘れてはならない問題ですね。ガーベージコレクションだけでなく、例えばブラウザでタブを
切り替えた時のページのリロードの可能性が高まるだけでもやはり電力問題に直結します。
プロセッサをぶん回し、しかも通信も行いますから。

電力消費がどういった形で行われ、どこで電力消費を抑えるのか。
そこの設計がきちんとできていないと誤った選択をする可能性もあるのです。
アプリの巨大化する時代になり、RAMの搭載を減らすことが必ずしも節電に繋がらない
こともあるということも認識するべきかなと。


そういった意味ではまだしばらくはRAM搭載容量戦争は意味がないわけではないと
私は考えています。

  1. 2016/09/21(水) 19:44:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ちょっとだけ余裕が出来たので、久しぶりにXperia Zをいじってみた

私の地獄のような忙しさも少しだけ落ち着いてきましたのでちょっとXperia Zをいじっておりました。

元々はSO-02EなZなのですが、赤星氏のCM13を焼いてAndroid 6.0.1な環境になっておりました。
それをC6603として海外版のAndroid 5.1.1に戻しました。

その理由はここ最近電話を受ける機会が増え、そこで問題が出ていたのです。
どうもこのCM13では通話中に端末がかなり加熱するという問題が出ておりました。

5分も話していれば通話が困難になり、音声が届かなくなったりして最終的には切れてしまいます。
それを避けるために通話中は裏面を手のひらで抑え、熱を手に逃がして端末の過熱を防いでいました。
そうすることで10分以上というか、長時間問題なく話せるようになりました。

しかしそれだけプロセッサがぶん回されているのですから、バッテリー消費も早く、端末にとって
いいことではありません。

他にもなんとなく動作がもっさりしてきたということもあり、5.1.1に書き戻しです。

海外ROMへの書き戻しはTWRPのバックアップで行いました。
取り敢えず現状のCM13の環境をバックアップしていつでも戻せるようにしておきます。
全部で5GB程度でした。

バックアップが終わったら、今年の5月に保存しておいたAndroid 5.1.1の環境を書き戻します。
当時の状況が全くそのまま戻ってきました。
本当にカスタムリカバリって便利ですよね、端末一つで完璧なバックアップとリストアが行えますから。
iPhoneのようにPCが必要なわけでもありませんし、この完全バックアップ環境はカスタムリカバリー
だけの世界にせずに、Google純正でサポートして欲しいなと思っています。

MicroSDが128GBでも価格が安くなり始めているのですから、多くの環境を丸ごと保存しやすくなって
きていますし。非root端末にも提供してほしい機能の一つといえます。
Google純正じゃなくてもメーカー純正でもいいです。
本当に便利すぎるだけに最近風当たりが非常に強いroot端末を諦めきれない理由の一つです。


というわけでAndroid 5.1.1に手間をほぼかけずにささっと戻りました。
その後に大量のアプリのアップデートが来て、その余りの多さに辟易しましたが・・・。

それが終わったら本当に快適。
バッテリーが全然減らない。

正直CM13を使っていて、最近バッテリーのへたりを実感していました。
普段は普通に一日持つのですが、端末の利用が多いと一日持たないときが増えてきていました。
CM13自体がバッテリーを食わして快適性を得る性質があるのですけど、そもそも何らかの
理由で重くなってきていて、そのせいでさらにバッテリーのヘリが加速してきていました。

それを海外版5.1.1にすると本当にバッテリーが減らない。
厳密に測っていませんが、1%/h以下じゃないかなと思います。
朝充電から外しても100%のままずっと横横で、その後も減りが本当に緩やかです。

国内版のSO-02Eを触っているのと、海外版のC6603を触っているぐらい快適性が大違いと
いう感じでしょうか。(知らない人には分かりにくい例え・・・w)


もちろん6.0.1で2016年5月版のセキュリティーパッチレベルからソニー純正の5.1.1まで戻った
のですから、セキュリティー的には相当旧バージョンに戻ってしまいまい、よろしくない状況です。

ただ、普段のセキュリティーの要はChromeであり、WebViewです。
これを最優先で書き換えたので、まず多くの問題は防げていると思っています。


あとはUSBの防水キャップがヘタっていたので、新品を買って付け替えました。
これで防水性の不安もなくなりました。

バッテリーの寿命でどうしようかと思っていましたが、まだまだ全然使える端末に変身して
しまったので、もうちょっとだけ様子見しておこうかなと思うようになりました。
5.1.1クラスなら全く使用していて問題ありませんし、古臭さを感じるレベルではありません。

何よりも電話をしていて過熱が無くなったのは有りがたい。
CM13を使い始めたころ、この問題に気付かずに電話が通じなくなってきて「え?」ってなりましたから。
赤星氏の忙しさがもうちょっとマシだったらこの辺りも解消してもらえたかも・・・と思うともったいない。

ひとつ前に戻ったとはいえ、やっぱり安定していてバッテリーを余り食わない端末は快適ですね。


  1. 2016/09/21(水) 19:35:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

JR東の功績、NFCフォーラムにType-Fの標準を粘り強く働きかけたのはJR東・・・iPhone 7に搭載の裏

iPhone7のNFCチップは海外版も日本版と同じFeliCa対応と判明! ~ iPhoneMania
iPhone7/7 Plusに搭載されたFeliCa対応チップを搭載しているのは「総務省認定」の刻印が入った日本向け端末限定ではなく、世界共通であることが分かりました。

私も判断がつかずどっちつかずの意見しか書けませんでしたが、どうやら落ち着くところに落ち着いたようです。
Felicaについて、Type-Fのチップは載ってるけど日本版以外はファームで殺しているということのようです。


まあきちんと調べておけばiPhone 7はグローバルモデルを含めて全ての端末にType-Fが載ることは
事前に分かっていたはずなのですけど・・・。

今後のiPhoneがおサイフケータイ(FeliCa)に対応しそう!JR東日本がNFC Forumに働きかけ、2017年4月以降はグローバルモデルで対応にーーいよいよ日本のガラパゴス状態は解消か ~ S-MAX
iPhoneでモバイルSuicaが使えるようになる? - NFC対応スマートフォンにFeliCa搭載という流れ ~ マイナビニュース
グローバル携帯でのモバイルSuica利用についに道筋が。将来のiPhoneでも利用可能に?(モバイル決済最前線 鈴木淳也) ~ engadget日本語版
将来iPhoneがFeliCaに対応する可能性 ~ スラド
iPhoneにFeliCaが搭載される日はやってくるのか――業界関係者が「今度のiPhoneに搭載されるかも」と耳打ち ~ IT media
JR東日本が「2017年4月以降、グローバルスマホにFeliCa」と断言――現実味を帯びてきた「iPhoneでおサイフケータイ」の可能性 ~ IT media

今回のiPhone 7にNFC Type-F(Felica)が搭載されることになった立役者はなんとソニーでも
ドコモでも総務省でもなく、JR東日本だったという・・・。

NFC Forumの日本支社「NFC Forum JTF」は(7月)14日、都内にて「第11回 NFCフォーラムジャパンミーティング」を開催し、日本で普及しているおサイフケータイで用いている「FeliCa」(規格では「NFC Type F」)が2017年4月以降に標準仕様に含まれることを明らかにしています。
これは今年5月に「モバイルSuica」を提供する東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)がおサイフケータイなどの非接触決済サービスなどに用いられているNFCの業界団体であるNFC Forumについに加入して働きかけた結果だという。

恐らく2020年東京オリンピックを機に、世界中の人にFelicaで交通系の電子マネーを使うことの
便利さを知ってもらうことを目指しているのだと思います。

未だにオリンピックのことをぐちゃぐちゃ言う人はいますが、やはり様々なところでの経済効果が
発生し、マイナス面以上のプラス面が期待できるなと私は感じています。JR東の嗅覚は恐ろしく
鋭かったとしか言いようがない。

もう何年も前に・・・というか10年単位の過去に当のソニーすら諦めてしまっていたFelicaを世界
規格にきちんと持って行き、iPhoneに搭載される所までもっていったのですから、その交渉能力は
半端なくあるとしか言いようがない。(この交渉にあたった担当を韓国・北朝鮮・中国との交渉に
連れて行って欲しいとか勝手に思ってたりw)



というわけで、2017年4月以降はGSMA準拠で交通系利用を想定したNFC携帯は、NFC-Fへの
対応が求められるようになるということです。

なのでiPhone 7はその2017年4月には最新機種として存在するわけですから、まあグローバル
版にType-Fが乗っていて然るべきだということになります。現状ではハードウエアだけが対応
していればいいだけのようで、ソフトに関しては今後の話。

まあiPhone 7はいずれiOS 11かiOS 12辺りでグローバル版でもType-Fが解禁という流れに
なっていくんじゃないかなと思っています。JR東の目論見通り、東京オリンピックに海外からの
来客が、iPhoneを含んでおサイフケータイを活用する様子が青写真として描かれ、その通りに
なる可能性は・・・少なからずあると。


後は総務省とか、各おさいふに乗っかる電子マネーの事業者がどこまで本気で海外からの
来客を需要に変えられるかという所かなと思います。

とりあえずみなさんJR東に足を向けて寝ることの無いように。
感謝感謝で拝み倒しましょう。

  1. 2016/09/20(火) 20:03:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

作為バリバリのヨドバシの「iPhone 7 / 7 Plusご予約分入荷状況 及び 在庫状況のご案内」、事実と異なるかも知れないコピペと思われる情報も発見!問われる情報の信ぴょう性

iPhone 7/7 Plusが発売された16日、私は発売日という事をすっかり忘れていました。
ものすごい勢いでの熱量の冷め方に自分でも驚きながら、お昼ぐらいに気付いて様子をちょっとチェック。
翌日7SUXENさんから銀座店の発売日の解禁30分後、8時半頃の様子の写真が送られてきました。




なんだかんだと、それでも並びたい人はいるようです。
でも以前のように列を作らせる為に行っていた早い者勝ちではなくなりましたし、
さすがに何日も何百メートルも並ぶことは無くなりましたが。


とりあえずいつものヨドバシのお渡し状況のチェックをしておきましょう。
共に八王子店、18日と19日の夕方から夜辺りの状況です。

【八王子店】iPhone 7 / 7 Plusご予約分入荷状況 及び 在庫状況のご案内 (9/18 18:15更新)
【八王子店】iPhone 7 / 7 Plusご予約分入荷状況 及び 在庫状況のご案内 (9/19 19:20更新)


元サイズ画像:[9/18 18:15更新] [9/19 19:20更新]

一日ずれることによって画像の拡張子がJPGだったりGIFだったりしていますが、
これは自動取得を阻止する為の嫌がらせだと私は認識しています。



それはそうと、取り敢えず連休最終日になってもまだ容量と色によっては即入手できる在庫が
残っています。ただこれも今後1~2か月はろくな入荷は無くなるので、すぐに尽きると思われます。

ここで手に入れられなかった方、ご愁傷さまでした。
有給でも取って、開店と同時にすぐに走ればまだ手にできると思いますが、この後はアップル
製品を使うユーザーとしての洗礼を覚悟するべきでしょう。是非アップルユーザーらしく、
アップルにもてあそばれてください。それがアップル様のご意思なのですから。




各端末の価格をチェック。
ドコモはまずまず良心的な設定、新規・MNP優遇も辞めて公平な価格設定になりました。
auとソフトバンクは総務省上等、かかって来いやな割引設定。
この二社はあくまでもiPhone優遇と、新規・MNP優遇をやめる気はないようです。

iPhone 7 / 7 Plus 販売価格




auもですが、それ以上にソフトバンクの月々割が7.7万円台とかはっきり言って舐めていますね。

auとソフトバンクの二社がめちゃくちゃやっていると、そのうち我慢できなくなったドコモが
そこに参戦する図はもう数限りなく繰り返されてきました。

なので総務省はこの二社の滅茶苦茶をやめさせない限りは根本解決になりません。
そのうちドコモが参戦しても、総務省を黙らせるだけの理由はしっかりあるので二社を止めるべきです。

とりあえず新規・MNPの優遇措置をやめないキャリアには相当不利になる条件を突きつけるべきでしょう。
その差額に応じて重加算税を課す・電波割り当てでの強烈な劣後等、それで発生したインカムを全て
吹っ飛ばすレベルでのマイナスを与えるべきです。

その期間と価格を常に監視し、行ってきた期間分に対してのマイナスを与えるべきで、電波割り当てが
近づいたから一時的にやめよう的な対策を無効化する必要が有ります。ソフトバンクならそういった
ズルは日常茶飯事なので、それをきっちり無効化しておく必要が有ります。



最後にヨドバシのお渡し状況の不思議を確認しておきましょう。

同ページがiPhone SEの情報を表示していた頃に保存していたものです。

元サイズ画像:[マルチメディア博多] [マルチメディア新潟駅前店]

博多店と新潟駅前店の情報ですが、ソフトバンクの列だけを抜き出して比較してみます。



これは7月のとある日に抜き出してほったらかしていたものですが、赤で囲った所をよく見てみましょう。

博多店と新潟駅前店という全く縁もゆかりもない土地の別店舗のソフトバンクの所で半分の項目で
全くの一致をするところが有ります。しかも発売から何か月も経った時点でこの一致。

あほか!

何よ!この作為的なのは!!

私はヨドバシのデータを何年も眺め続けてきましたが、もう完全にその「癖」を掴んでいます。
これを創っている人の気持ちと考えをある程度把握できるところまで眺め倒してきましたので。

少なくとも一定の条件において決して正しい情報が表示されていないのは明白で、日付が進んだり、
後退したり、割と自由自在に日付が決められています。このブログで指摘すると、あっという間に
修正されることも経験済み。

当ブログ記事
5日前に記事にしたら二か月間全く動かなかったものがいきなり動いた、ヨドバシの『iPhone SE ご予約分お渡し状況 及び 在庫状況のご案内』の闇(多少追記)
ヨドバシiPhone SEお渡し状況、25日に記事にしたら翌日にまた対策で書き換えていた

少なくともおかしな作為が入っていることだけは確認できています。
このブログで指摘するとあっと言う間に直してしまいます。


あー、不思議不思議。


  1. 2016/09/20(火) 19:48:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ソニモバはAndroid 7.0 Nougatで32bitの完全な切り捨てを実行する

Sony Mobile、Android 7.0 Nougatにアップデートする対象機種を発表、Xperia Z3+以降の主力モデルが対象に ~ juggly.cn
Sony MObile は、昨日正式にリリースされた「Android 7.0 Nougat」にアップデートする予定の Xperia デバイスを発表しました。

ソニーが先日発表していたXperiaシリーズのAndroid 7.0 Nougatへのアップデート予定機種。
これを見返すと・・・。

 ○Xperia Z3+
 ○Xperia Z4 Tablet
 ○Xperia Z5
 ○Xperia Z5 Compact
 ○Xperia Z5 Premium
 ○Xperia X
 ○Xperia XA
 ○Xperia XA Ultra
 ○Xperia X Performance
 ○Xperia XZ
 ○Xperia X Compact

以上のとおり。
要するに全て64bitプロセッサ搭載、32bitの切り捨てとなっています。

実は私はモバイルプラットフォームと32bitは相性がいいと考えており、これは非常に残念な流れです。
それもこれも全部アップルが悪い。
競争力の為のインパクト狙いで64bit化を進め、モバイル業界を一気に64bitへの流れに変えてしまった。
アップルのエゴの結果なのでちょっとご立腹。

32bitプロセッサが生き残ってる世の中なら、今のような微細化が進めば、非常にコンパクトで発熱の
少ないバランスのいいプロセッサが登場していたはずです。それがアップルのせいでなくなり、
ローエンドまでが64bit化されてしまいました。余計な電力消費とダイサイズの無駄が発生しています。

例えばXperia Z3なんて名機がありましたが、これは32bitの終末期の熟成されたプロセッサだから
こそ出来た端末です。その直後の64bit化したXperia Z4ではとんでもないことになりました。
32bitのバランスの良さ、64bit化することのコストをこの二機種がよく表していると思います。

私はもう少し32bitの時代が続き、皆が熟成した32bitの機種を使える時期がもう少し長く有っても
良かったんじゃないかなと思っています。そういう意味でアップルという企業の害悪ぶりが私の
中では最大限に巨大化しています。アップルが嫌いな理由の一つになっています。

今回のソニーの発表でも、明確に32bitの切り捨てが進んでおり、恐らくこれはソニーだけの流れでは
無くなっているでしょう。もちろんアップルはA7登場以降、32bitのAプロセッサの切り捨てを進めています。
Androidで言えば、後1~2機種程64bit化を遅らせて欲しかったなという気持ちがどうしてもぬぐえません。

  1. 2016/09/20(火) 19:26:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

iPhone 7のジェットブラックの傷つきやすさを実験で検証する動画、日本で黒光りする黒は色々とまずい問題勃発

【実験動画】iPhone7のジェットブラックは本当に傷つきやすいのか? ~ iPhone Mania
iPhone7/7 Plusで追加された新色「ジェットブラック」は本当に傷つきやすいのか、実験した動画が公開されました。

iPhone 7から登場した新色のジェットブラック。
これがまた味わいのあるピアノのような光沢の黒という事で、高級感を前面に押し出してきました。

で、これが傷つきやすいという噂が有り、その実験をする動画が投稿されました。
結果は「透明ケースを使うべき」というのがファンサイトの結論です。




新色は128GBと256GBしか設定せずに、「新色が欲しい人は絶対128GB以上しか選択肢を与えない
から覚悟してお布施しろ」と、アップルはあからさまな態度に出てきました。さすが毟り取りのアップル、
ケツの毛まで全部毟ってやるの精神丸出しです。ジェットブラックが次回に引き継がれるのか、
それとも金銀ローズ枠(32~256GB)+新色枠(128~256GB)という枠構成になるのか、
次が出ないとまだ分かりません。(日本人には「金銀パ~ル・・・(ry」)





関係ないのですが、ちょっと気になったところを。

海外ではどうかは分かりませんが、光沢のある黒でジェットと来れば日本ではこれですよね?


earth-chem.co.jp

他意や悪意は有りませんが、どうも艶アリ黒とジェットの組み合わせはまずいでしょって私はずっと思っており、
このイメージがぬぐえないのです。


また艶の感じからは漆の風合いが感じられ、高級な器な盆も確かに綺麗な黒光りするものではありますが、
しかしながら仏壇ブラックや、一定年齢層より上には最近見なくなった宮型霊柩車を思い起こさせる色でも
有ると思います。まあそれは10~20代辺りの人には何の問題もないとは思いますが。
しかし一定数の日本人には語調や現物の色艶から思い起こさせるものは有ると思うのです。


やっぱり日本で売る時のこういうセンスは、日本人が作った方が問題が少ない部分も多々あると思います。
まさかアップルもハイエンド専用設定の端末でこんなかぶり方をするとは思ってなかったでしょう。
でも今回の選択は、日本人の刷り込まれてきたイメージを知らなさすぎだと感じました。

  1. 2016/09/19(月) 19:52:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Google Pixel(Nexus)でパーティションが2セット用意されている問題、自動アップデートの為と判明

Google Pixel / Pixel XLでパーティションが2セット用意されているのは自動システムアップデートのためらしい ~ juggly.cn
10 月 4 日に発表されると噂の Google Pixel / Pixel XL では、パーティション構成がガラリと変わっていることを以前お伝えしましたが、どうやらこれは Android 7.0 Nougat で自動システムアップデートを実現するために行われた変更のようです。
これは、カスタムリカバリで有名な「TWRP」の開発リーダーである Dees_Troy 氏が Android N のソースコード等を調査して伝えたことで、同氏によると、Pixel / Pixel XL にはシームレスにアップデートするためにブート / システム / ベンダー / モデムパーティションが 2 つずつ用意されているというのです。

2016年のHTC製Nexusスマートフォンはパーティションがダブってる? ~ juggly.cn
HTC 通として知られる ROM 開発者の @LlabTooFeR 氏が 2016 年の HTC 製 Nexus に関する興味深い情報を公開しました。それは両モデルに同じパーティションが 2 つずつ用意されているかもということです。

HTC関連端末jのカスタムROM開発者がHTC製Google Pixel / Pixel XL(Nexus)でシステム関連の
パーティションがことごとくダブっていることを報告。それがどうやら自動システムアップデートの
為という事がカスタムリカバリのTWRPの開発リーダーによって報告されました。


@LlabTooFeR/Twitter

こんな感じでシステム関連のパーティションはAとBの二つあります。
一見二つも有って無駄ですが、起動中のOSに影響を与えずに、自動アップデートを行うには
システムパーティションが二つあることが理想です。


仮に、もし新しくインストールしたOSが不安定な場合や起動できなかった場合、旧パーティションを
起動すれば今までの環境にさっと戻れます。いいことづくめ。

今後のPixelや他のAndroidスマートホンがこの方向へと進んでいくのかはわかりませんが、その
可能性は考えられます。恐らくGoogleは主要Android端末メーカーには技術情報を出していると
推測するのが正解でしょう。


ただしこのシステムに全くの問題が無いわけではありません。
一旦新OSに書き換えて不安定だった場合、旧パーティションの旧OSに戻った場合にアプリ領域の
各種コードが新しいものに書き換えられていることで問題が起こる可能性が無きにしも非ずです。

例えばAndroid 7.1→8.0のような大きなシステム変更の場合は、ART仮想マシンに大きく改変が
入っている場合などが考えられ、旧バージョンに戻った時に問題を起こすことが有りえます。
なので大きな改編の時は戻る場合は戻ると幾らか再構成するべきものが出てくる可能性が有ると
いう表示が必要になるかもしれません。

最近は色んなバックアップが整ってきているので、OSが変わっても昔のように、何もかも消えて
再設定しなおしという事は無くなってきていますが、時折そういう問題も起りえますので、私は
パーティション二つになると同時にGoogle純正でTWPRのような救済ツールを組み込んで欲しいなと
思っていたりします。これはデータのセキュリティーとの二律背反なので難しい問題ですが・・・。

  1. 2016/09/19(月) 19:38:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chromeカスタムを活用したブラウザアプリChromerがアップデート、よりChromeに溶け込んで他の端末への直接タブを送れるようになる

Chromeカスタムを活用したブラウザアプリ「Chromer」がv1.6にアップデート、Web Heads機能が強化 ~ juggly.cn
Chrome のカスタムタブ機能を活用した WEB ブラウザアプリ「Chromer」が v1.6 にアップデートされました。
v1.6 はメジャーアップデート版となっており、主に WEB ページをバブルで読み込む「Web Heads」に様々な機能追加が行われています。
まずは、ファビコンの表示に対応し、バックグラウンドでのローディングで完全なページ読み込みをサポートしました。

私も愛用していますChromer。
Chromeカスタムタブを利用した簡易ブラウザですが、どんどんと完成度を高めています。

以前は旧LinkBubbleを買収したBraveブラウザを利用していましたが、現在はChromerが
ちょい見ブラウザとして大活躍しています。

初めは本当にちょい見しかできない単機能ブラウザでしたが、バックグラウンドロードに
対応したあたりから本格的に利用可能なものへと変身していきました。
IDやパスワードの自動入力もChromeで覚えているものは自動的にChromerでも対応する
ようになり、より便利に。(やり過ぎると危険ですが)

今回のバージョンアップで私が嬉しかったのは、よりオリジナルChromeに近づいたことです。
Chromerで開いているページを他のデバイスでも見れるようになったことです。今までは
一旦Chromeにタブを送ってからPC等にタブの転送を行っていましたが、今回のアップデートで
直接PCの一覧にChromerで開いているタブが映るようになりました。

Chromerで開いているタブはChromeで開いているタブとほぼ同じ扱いになったと言ってもいいぐらい。
後はBraveのようにバブルを完全に画面から消すモードも欲しいぐらいでしょうか。
搭載メモリが増えている端末が多くなってきたので、こういったオンメモリで処理するアプリが
より活躍できるようになってきたので、そういう機能ももっと発達してもいいかもしれません。

  1. 2016/09/18(日) 23:30:37|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

米国がアップルへの支援疑惑、Galaxy Note 7のリコールでも叩き行為が消えない米国

韓経:ギャラクシーノート7自発的リコールにも…米国、サムスン叩きでアップル支援疑惑 ~ 中央日報
サムスン電子が「ギャラクシーノート7」に対する米国政府機関の相次ぐ使用中断措置により大きな危機を迎えた。米国政府の突然の使用中断措置が世界へ広がり波紋が大きくなっているためだ。サムスン電子の即刻的なリコールにもかかわらず、ブランド価値が下落する可能性があるとの懸念が出ている。
一部では米国の動きが2009~2010年のトヨタの急発進リコール事件のように「外国企業叩き」を通じた自国企業保護の意図があるのではないかとの観測も出ている。

なるほど、サムスン叩きでiPhoneの販売に赤信号がともっているアップル支援との話。

サムスン電子は2日にギャラクシーノート7の全量交換措置を発表した。1兆ウォン(約927億円)から2兆ウォンに達する予想損失にもかかわらず、消費者の信頼のために250万台全量の交換を発表してグローバルメディアから好評を受けた。

だが米国の反応は違った。4日に米国の消費者専門メディアのコンシューマーリポートは「公式リコールをしなければならない」として批判論を提起した。コンシューマーリポートは「サムスンの対応は米国消費者製品安全委員会(CPSC)が介入した公式的リコールではなかった。もしそうしていたならスマートフォンを販売するのは違法になる可能性もあった」と指摘した。また「調査員が金曜日朝に複数の代理店を訪問した結果、そのうち数カ所はまだ製品を販売していた」と伝えた。コンシューマーリポートは「もしリコール手続きを開始したとすればどのような問題であれCPSCに申告することが優先されなければならない。それでこそ申告を検討し是正措置が必要なのかを決められる」と強調した。

その後は米国政府がバトンを受け継いだ。連邦航空局(FAA)が8日にギャラクシーノート7の航空機内での使用自制を勧告し、CPSCは9日に使用中断措置を下した。これはギャラクシーノート7が販売された10カ国に拡散した。

消えないアメリカ国内での叩き記事。
アメリカが国家(?)を挙げてやっているかもという陰謀説まで。
でもトヨタのプリウスの急発進の時を思い起こすと、あながち荒唐無稽な話とも言えないなと思います。
これは韓国経済新聞記事ですが、単なる言いがかりとも思えません。


アメリカって自国を守るためには何でもありなので、強くそう感じます。
サムスンがどうこうというよりも、アメリカ側も結構問題が有るので注意深く見ていきたい部分です。
スマホではほぼ影響力は無いですが、他の業界を含めると日本の企業も無関係ではないですから。


  1. 2016/09/18(日) 22:16:14|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドコモが回収ターンへ、docomo Wi-FiのIDでBBモバイルポイントに接続できるサービスを11月末で終了

NTTドコモ、docomo Wi-FiのIDでBBモバイルポイントに接続できるサービスを11月末で終了へ ~ juggly.cn
NTT ドコモは 9 月 16 日、docomo Wi-Fi の ID でソフトバンクが提供している BB モバイルポイントへの接続できる国内ローミングサービスを 2016 年 11 月 30 日で終了すると発表しました。
BB モバイルポイントは他社プロバイダーへの提供に対応した公衆無線 LAN サービスで、JR 駅構内、マクドナルドやドトールといったカフェやレストランなど多くの場所で提供されています。

ドコモがdocomo Wi-FiのIDでBBモバイルポイントに接続できるサービスを11月末で終了すると発表。

これには二つの裏の理由が考えられます。

まずはBBモバイルポイントを運用しているソフトバンクへの支払いを節約すること。
乗り入れさせてもらっているアクセス料を減らすことが出来ます。
コストの減少に繋がります。

もう一つはWiFiアクセスポイントへ逃げていたトラフィックをドコモの回線へと呼び込む
効果が有り、パケット消費量を増やすことが出来ます。つまりは契約を一つ上に
ずり上げる効果を発揮する可能性が上がります。

ちょっとしたことですが、僅かながらでも回収したいというドコモの思惑なのでしょう。


ただこれが出来るという事は、ドコモが人口密集地でも回線の太さに自信が有ると
いう事が有ります。ドコモはそれだけ密集地での帯域の整備に力を入れてきたと
いう事なのでしょう。折角整備した帯域をしっかり使ってしっかり金を落とせという
事なのだろうと思います。

その厚みはMVNOユーザーも有り難く御地に与かることが出来ますので喜ばしい
ことでは有るのですが、ドコモを利用していてdocomo WiFiを使っている人には
「なにすんねん!」状態な話だと思います。BBモバイルポイントはそこそこ重要な
場所におかれていますからね。


  1. 2016/09/18(日) 19:59:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Galaxy Note 7が爆発やらなにやら、触らないとどこぞの信者がうるさいので触ってみる

忙しくて取り上げていなかった記事でも。
幾ら私が興味を持てないGalaxyでも、うちで取り上げてもおかしくないレベルの事故が起こってますしね。

サムスンが130万台規模のGalaxy Note 7リコールを発表、判明済のトラブルはこれまでに92件 ~ GIGAZINE
度重なるバッテリーの爆発事故を受けて、Samsungのスマートフォン「Galaxy Note 7」で正式のリコールが発表されました。

ついにギャラクシーS7にも爆発事故発生、しかも充電中ではなかった…… ~ 楽韓Web
代用教員のサラ・クロケット(30)は充電中でない彼女のスマホが混み合ったカフェで爆発した様子を教えてくれた。
似たような状況はいくつかアメリカで報じられているが、それらは充電中であった。
専門家は「この爆発事件はサムスンにとって新たな危機が拡がることにもなりかねない」と語っている。
韓国の巨人はすでに最新製品であり750ポンドのノート7が充電中に爆発することで全品リコールを行っている。

スマホ界で過去最大の大事故と言っていい大きな事故がGalaxy Note7/S7/S7 edgeで起こっている模様。

一例ですが、こんな状況だった様子です。
彼女は「持っていたらいきなり膨らみ始めて、熱を持ちはじめたの」と語る。
 「テーブルに落としたら数秒でそこら中が煙だらけになったから逃げ出したの。すべてがバーベキューしているみたいになったの」

机の上で落とすという衝撃を切っ掛けに燃焼が始まったようです。
もっと急激に燃焼すれば爆発という結果に繋がります。


こんなことになっていますからね。
ただ事ではありません。


恐らくJALのこれはアメリカ連邦航空局(FAA)は声明を発表を受けての事だと思われます。





報告されている症状からみると、どれもリチウムイオンバッテリーのシーリングの問題の
ように見受けられます。

リチウムイオン電池は可燃性の電解液を利用しており、これがこういった事故を引き起こす
ことが有り、取り扱いが難しいバッテリーでもあります。

iPhoneは一円単位でのコストダウンをサプライヤーに強いており、本来はテスト落ちするような
ものまで混じっていることが有りえます。それがiPhoneの品質のばらつきを起こさせる最大の
原因となっています。

勿論アップルはそんなことは認めていませんが、試験落ちするものまで出荷しないと、
アップルが求める歩留まりを実現できないという時点で、アップルが知ってそれをさせている
という事になります。そんなわけでアップルは「俺は知らんで。メーカーが勝手にやったことだ」
と全ての責任をメーカーに押し付けることが出来るわけです。


サムスンの態勢は私は分かりません。
コストダウンをどこまで突き詰めているのか、アップル程突き詰めていなくても、例え赤字でも
サムスン内製であることをいいことに、値下げをさせているという話はあります。バッテリー
事業は赤字でも、サムスン全体で黒字化していればそれでいいという姿勢とのことですが、
最終製品であり、主要産業のスマホ事業の中でも稼ぎ頭であるGalaxy Note7/S7/S7 edgeでケチが
ついたとなるとちょっとヤバい。稼ぐはずの部分で稼げないと全部赤字になってしまいますからね。

しかもNote 7で130万台レベルのリコールとなると穏やかじゃない。
このリコールでNote 7ベースでは赤字化したんじゃないかなと思われます。
なので恐らくS7/S7 edgeではリコールせずに個別対応するのではないでしょうか。
ここまでリコールしてしまうと大きな収益が損なわれるので死守しそうな気がします。
まあこの辺りはアップルと同じ構造という事で。

アップルはiPhone一機種しかないですからね。
iPhoneのリコールは決して行わないか、リコールしても実質多くの方が保証されるような実効性が
無いように行う時期を工夫するでしょう。そうして「アップルもリコールを行っている」と信者が言い訳を
出来るような形にしつつ、ユーザーを嘲り笑う状況にしてあると。

恐らくサムスンの主力機種であるGalaxy SシリーズとアップルのiPhoneは、そういう意味では
兄弟機種になると思います。決してまともなリコールは行われない機種だということで。


少しだけ探してみたものの、爆発等の明確な原因や理由が明らかにはまだなっていないようで、
リコールになったNote 7にしても、実態は恐らくリフレッシュ品のバッテリー交換だけで済まされて
しまいそうに思います。(処理は交換というだけけで詳細な内容が見つかりませんでした。)

可燃性の電解液を封入しているだけに、バッテリー周りのコストダウンは慎重に行わないと
大きなダメージをこうむるという悪い例になったかもしれません。ソニモバは容量方向には
大いにバッテリーのコストダウンはしていますけど、安全や品質に関してはどうでしょうか。
最近のソニモバはコストダウン志向だけに気になる所です。変にコストダウンしまくっていると
こういう所で色眼鏡で見られるので、そろそろソニモバも考え直すタイミングだと思います。

  1. 2016/09/18(日) 19:23:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

iPhone 7のA10はクロックアップで重いゲームではバッテリーもりもり減る?発売3日間の販売数の発表中止で予約者は2か月待ちの可能性も、アップル「出荷しなくてもバレなくなったから覚悟しろ!」

iPhone7搭載のA10チップ、周波数は2.33GHzか―A9から大幅向上! ~ iPhone Mania
iPhone7に搭載されているA10 Fusionチップは、12.9インチ版iPad Proすら上回る高性能だと言われていますが、ベンチマークテストによって改めてその詳細が判明しました。
■周波数は2.33GHz?
ニュースサイトMacお宝鑑定団Blogが、iPhone7でGeekbench 4を起動したところ、搭載されているA10 Fusionチップのプロセッサは最大2.33GHz、メモリは2GBと表示されたそうです。

Geekbench 4に登場しているiPhone 7のベンチマーク結果ですが、今まで通りの2コア構成、
マルチコアでは5357というスコアになっています。Geekbench 4とGeekbench 3のスコアを
直接比較することはできませんが、iPhone 6sの数字の違いで見ると、かなりいいスコアっぽい気もします。

ただし、iPhone 7の登場に先駆け、Geekbench browserのサイトのデザインが変更になり、
何故かシングルコアとマルチコアの一覧の分離が行われています。
よりシングルコアのスコアを目立たせるような変更になったことにより、相変わらず
この手のベンチマークはアップルの意向が大きく反映されているなという感触を得ました。

アップルが3GグラフィックインターフェイスのMetalの登場直前に、大手ベンチマークが
3Dグラフィックの重みづけを相当に強化したことに続き、Android側が不利になり、
iPhoneが有利になるような表示法が積極的に取り入れられています。

Android 7 Nougatの登場で、Vulkanが装備されることで、各種Anroid端末がMetal装備の
iPhone端末にスコアが迫るか、一気に追い抜かれる可能性が高まっているので、
Aプロセッサが2コア設計でまず抜かれることのないシングルコアに焦点を合わせる
事にしたようです。

恐らくアップルは反アップルサイトの監視を続けている模様で、うちで何かを書くと
アップルに何かが起こっているという流れは以前から感じられていました。
もしそれが外れていなければ、iPhone Mania→当サイトという流れでiPhone Maniaの
記事がアップルに影響したことになりますので、信者サイト様、大喜びをしてくださいませ。
うちはもう慣れているので「ああまたかよ、アップル腐ってんな」位にしか思っていませんけど。


とりあえずA10プロセッサの最高クロックが、2.33GHzに上がったのが私的には注目点。
結局これで他のプロセッサと動作クロック的には変わらなくなってしまいました。
ジョブズは頑なにプロセッサの動作周波数は下げることに徹していました。
場合によってはプロセッサの定格よりもアンダークロックで動作させてまで、
バッテリーの持ちを優先させていました。

動作のスムーズさは他の部分の最適化で実現させていたのですが、A10ではそれが無くなり
方針の変更が進められたことになります。要はがっつり重い動作をさせるとバッテリーを食うと
いう端末になったという事です。

iPhoneは少ないバッテリーでAndroid端末と同様の動作時間を実現していたわけですが、
それはこの低クロック動作が大きく影響していました。それがAndroid端末とバッテリー容量を
大容量化しないと動作時間が稼げなくなってしまう可能性が高いなと思っています。

ええ、アップルが指定した利用環境では動作時間は旧端末よりも伸びていて当然ですよ。
だってそれに合わせたチューニングをしていますからね。
ベンチに重いゲームをがつーんとやった時とか、アップルは含んでいると私は考えていません。



【動画】iPhone7/7 Plus をお風呂に沈めて防水性能チェック! ~ iPhone Mania
iPhone7/7 Plusの目玉機能のひとつ、防水性能を試すために、お風呂にドボンと沈める実験の動画が公表されました。
■iPhone7/7 Plus をお風呂に沈めて防水性能チェック!
「もし、お風呂に沈めてしまっても大丈夫か?」の心配に答えるように、iPhone7/7 Plusをお風呂に沈める実験動画を、ケータイ・スマホジャーナリストの石川温氏が公表しました。

お風呂に沈めるのは私もXperiaアンバサダーの記事でXperia X Performanceを使ってやりましたね。
石川温氏もiPhone 7を使ってやってみたようです。

当ブログ記事
【#Xperiaアンバサダー[X/02]】より重いゲームをテスト・・・60fpsに張り付き&お風呂で動画の録画・・・20分越え
【#Xperiaアンバサダー[X/09]】お風呂でYoutubeをHDで鑑賞&再度GPSを検証

まあ実生活の中で防水が役に立つのは突然の雨や、水辺で遊ぶ時や後はお風呂に持ち込むとき
ぐらいしか役に立つケースってないですよね。他には料理中の通知を見る時もかな。
その中で大半の人がお風呂は毎日入りますし、試すのには好都合な実験です。
検証も誰でもすぐにできますしね。

ただこういった実験を見て、「おれもやってみたい」とか、「お風呂が大丈夫だったから、これも大丈夫だろう」
で、行為がエスカレートして壊す人が少なからず出てくるでしょうね。ああ、それは石川氏の実験と関係なく、
「iPhone 7は防水なんだぜ~」と調子に乗る人が一定数は必ずいますか。

どっちにしろ、過去にXpeiraが「水中でも使える」の宣伝コピーをひっこめたことが有ったわけで、
一般のエンドユーザーの恐ろしさを、iPhone 7の「これなしには生きていけない想像もつかない機能」は
大量の悪評を買うことになる可能性の方向の想像力をたくましくさせるのであります。


で、「これなしには生きていけない想像もつかない機能」って何だったんですか?
私、当日は徹夜しなかったので知りません。

まさか世界中の誰も知らないってことはないでしょうね・・・。



iPhone7は「史上最高に売れた」iPhone6を超える!?前代未聞の登録者数に ~ iPhone Mania
Appleは先日、最初の週末でどれだけのiPhone7/7 Plusを売り上げたかを公表しないとの声明を発表しました。
理由は「この時期の販売台数が需要よりも供給事情を反映する側面が強くなった」からだそうですが、今回のデータを見る限り、決してAppleは売れ行きに自信がないのではなく、それどころか売り切れてしまうと考えているということなのでしょう。それは声明内の「まだ予約受付を開始する前の段階ながら、iPhone7の完売が見込まれています」という言葉に集約されています。

いやーーーーーっ、アップルやってくれましたね。

「この時期の販売台数が需要よりも供給事情を
反映する側面が強くなった」


自白自白・・・。

出荷数コントロールをしたいですからね~~。
アップルは予約が捌けないでいつまでも予約した人が待たされる現象を演出したいですから。


でも初期の3日間はこの発表の為だけにかなり積極的に吐き出さなくてはならない。
その矛盾した要求を満たすのには限界が来たのでしょう。

そういうわけで、この3日間の数字の自慢は無くすと。
これでかなり楽になりましたね~~~。
この3日の為に貴重な事前予約を相当数吐き出さなくてはなりませんから。

より多くのユーザーを一月以上待たせるには、初期の3日間に吐き出さないのが一番です。
これでiPhone 7を予約する人、覚悟してください。
場合によっては2か月ぐらい待たされる覚悟をしておいた方がいいと思いますよ。

早く買うには、よっぽど強運が有って発売日数日以内に買えた人以外は、予約せずに
入荷した店を調べてすぐに買いに行く方式が一番だと思います。
ある程度の期間が経てば、予約した人無視で待たせたままで、流れでフリーで買いに来た人に
売っているケースが少なくありません。

アップルがそう簡単に、貴重な「iPhoneが手に入らない」と騒いでくれるエバンジェリストを
みすみす手放すわけないじゃないですか。


Geekbenchといい、この手のサイトといい、アップルの市場対策への広報費の投入は完璧です。
イギリスに拠点を置くスマートフォンの販売代理店Carphone Warehouseによると、スペシャルイベントでの発表後から24時間で、iPhone7を手に入れるべく同社のサイトで事前登録を行ったユーザー数は、iPhone6sの時より71%も多かったそうです。


ちなみに当ブログの先日の記事へのコメントで、「予約数を確認しましたが、ドコモの7予約は
圧倒的に少ないですね。 店によっては他キャリアの1/10以下です。 」なんてのが有りましたがね。

私的には「ドコモ以外が圧倒的に多い」ではないところに注目です。
他の選択肢が多いドコモでは、安くなければ敢えてiPhoneを選ぶこともないと考える人も少なくない
のでしょうかね。まあまだこの辺りは結果を見てからという所も有りますけど。


  1. 2016/09/14(水) 19:52:45|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

【Kantar Worldpanel】iPhone SE発売の効果がようやく見えるも、その効果は限定的そんな中、Androidは堅調に推移

今月分のKantar Worldpanel ComTechの数字が発表されています。
2016年5月~2016年7月迄の3ヶ月分の対前年比較です。

2016年9月6日

KantarWorldPanel

2016年8月9日

KantarWorldPanel

今月の数字はiPhoneが回復基調の数字になっています。
というか、iPhone SEの効果が出てきただけかなと。

iPhone SEを発売してからほぼ出荷を止めており、どの国にいつごろ出荷したかでこの数字の
動きが出来ており、その様子がよくわかりますね。イギリスではiPhone SEが積極的に受け入れられて
いると思われる様子もよく拾われていると思います。

日本ではSEの出荷が実際に始まったのは4月の終わり、連休の開始のタイミングからです。
こんな感じで、iPhone SEが人気で品切れを起こしているように見せかける為に
初期に店に送り込む分以外は、わざと出荷を遅らせて人気の端末を装うという、アップルお得意の
iPhoneの発売時に毎回行っているテクニックです。

毎回毎回こんなことを書いてももう意味ないよって?
いやいや・・・検索などで新規で意外と沢山来られるのですよ。
なのでしつこく書くことはボディーブローのように効果が有るのです。

一度アップルのこういった行為を知った人は忘れませんからね。
こういった行為を知る人の人数は増える一方だという事をお忘れなく。

今回はiPhone SEの発売後の効果が目に見える形で数字として出てきた集計だなと感じました。



では日本の状況を見ていきます。





上記はiOSが多い所は青の、Androidが多い所はオレンジの四角を描いたものです。
上に行く程青が、下に行く程オレンジが多いことがわかると思います。

グラフを見ても、パーセントの数字一覧を見ても、去年よりも確実にiPhoneの数字は下がっています。
同時に確実にAndroidの数字も上がっています。

細かいことはともかく、これが現実です。



先月分の記事
【Kantar Worldpanel】iOSが大きく増加した国が・・・、いやそれWindowsが減っただけでそれちゃんと見ないと意味のない数字に

  1. 2016/09/12(月) 19:58:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

iPhone 7シリーズのアップル信者層のライターが、『iPhone 7は煮詰まった出来のハイエンド端末だから他の端末の存在意義が無くなる』とか言い出してしまう

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う ~ ASCII.jp×iPhone/Mac
実際、iPhone 7は極めて手堅く作られており、機能面でまったくの新規アイディアはないものの、世の中にある様々なニーズを組み上げ、徹底的に磨き上げたという印象だ。たとえばカメラ機能だが、フラッシュLEDの光量向上や光学式手ぶれ補正の搭載、レンズ口径の拡大など、当然期待される内容をクリアしながら、一方で画質すなわち「質」の面で徹底的にこだわっている。

本田氏がASCII.jpにiPhone 7について記事を寄せているのですが・・・内容は・・・、
まあ・・・まあ・・・そういうことで(笑)

この一文が問題になったと言えると思います。

一方、本機の登場で高級Androidスマートフォンは、その多くが存在価値を失ったように思う。

何故そんなにiPhoneが一定の水準を満たせば、他の端末の存在意義がなくなると考えるのか。
私はそこが解せない。


iPhone発表時のリアルタイムの内容を翻訳してくださってお世話になっている本田氏を叩きたくは
無いのですが、しかしながらここまでiPhoneが絶対的な存在で、Android端末はiPhoneを使いたくても
使えない事情がある人の腰掛場的な表現をされるとちょっと黙って見過ごす気にはなれません。

元々は同じライター同士で突っ込みあっていたところでした。
そこに私は首を突っ込んだ形となっています。


その突込みは・・・



知り合い同士だから、よく顔を合わせることもあると思います。
それでここまで書けるってすごいなと。

でも私はこの突込みを支持します。
確かにその通り。

  1. 2016/09/12(月) 00:22:03|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

iPhone 7が掘り返した交通系を含む電子マネーのクソな状況問題を提起してみる

iPhoneは時々とんでもない貢献を果たすことがありますが、もしかすると今回それに相当するかなと
いう気がし始めています。

そういう意識がある人がいるかどうかはわかりませんが、私にとって前回はNFCでした。
iPhoneが採用したおかげで、スマートホンでのNFCの立場は確固たるものになりました。
今は世界的にはシェアが下がっているとはいえ、当時は今よりも世界シェアも高かったですし、
世界シェアが下がった今でも1割以上は確実に有りますしね。
まだまだ無視はできない存在です。

日本に限るともっとシェアは高い。

で、その日本の中で大問題なのが交通系の電子マネー。

唯一使えるのがモバイルSuicaなわけですが、モバイルSuicaがおサイフケータイ専用になっていて、
通常のSuicaをいったん発行して、それに紐づけるみたいな仕様になっていない。

カード型のSuicaとは全く別物として存在するモバイルSuicaですが、iPhone 7でその問題が
今更露呈したように思います。

日本で存在する仕様って、グローバルを意識していないので、どうも専用化に依存した
高性能化に偏りがちで、PHSなんかもそうだったような気がします。もちろんFelica自体もね。

広く展開するような仕様とどちらがいいかという議論はここでは置いておくとして、しかしながら
このSuicaの気持ちの悪い状況と、結局スマホで交通系の電子マネーを使うなら日本全国的に
ですらモバイルSuicaしか選択肢がないという比較的ウェブマネー先進国日本での意外と
情けない事実が掘り返されたように思います。(実は私は国内で全てのものに利用できる
電子マネーは一種類だけでいいという考えですが、それはまた別の事項なので、今回は
企業間競争有りきの目線の方で論じます)

ええ、私はICOCAをおサイフケータイに対応させてくださいって何度もJR西日本に意見を
出しましたよ。ずーっと無視されたままですけど。

しかし現状モバイルSuicaしか選択肢はないわけですが、これがSuicaとモバイルSuicaの
二通りに分かれていてどうもすっきりしない。


私は電子マネーはもっと自由に個人が移動や合算が出来ていいものだと思っています。
カード型ならパソリのような機器を使ってや、スマホならアプリを使って自由に他の端末に
指定した金額をぽいっと。だって財布の現金ならそれが自由自在にできるわけでしょう。
リアル現金では簡単に出来るのに、電子マネーになると途端に不便になる。アホか!

というわけで、今回のiPhoneのスイカ対応の事態。
ちょっとややこしくしてくれたおかげで、電子マネーの扱いを見直そうという動きに繋がって
くれる可能性がゼロではないと私は考えています。もちろんそうなるのは限りなく低い確率
ではありますが、スマホアプリ利用でもっと簡単に残額の移動などが出来るようになってくれ、
端末の気軽な端末の変更が出来るようになりますし、友人同士の金銭のやり取りをスマホ
同士だけで出来るようにもなります。

通常の現金で簡単に出来ることが、電子マネーだと簡単に出来ない。
というか、簡単じゃなくてもできないことが沢山ある。

財布に現金が入っていたら、それは誰の何と紐づいているわけでもなく、自由に誰でも
持っている人が利用できます。電子マネーではSIMやら端末やら、なぜか使いにくく制限
されることが当たり前と考えられています。私はそれがお財布機能が決定的に流行って
いかなかった最大の理由だと思っています。

リアルお財布の現金レベルに近い自由度をスマホの電子マネー上に開放しないと、
もっと利用されるようにはなっていきません。iPhoneに載せるから流行るんじゃない。
不便さをなくしたから流行るんだということを、提供側はきちんと認識すべきです。

電子化して不便になる。
それが今のIT界隈では当たり前と認識されています。

電子化したらより便利にならないと。
それを制度や規格設計する背広組は理解しないと。

今の電子マネー考え方は、ばかげてすぎます。
安全安心とか、一見ユーザー保護っぽい事を言いますが、リスクを冒してももっと便利に出来る
オプションを規格として閉ざしている限りは使いたいと思わない人が多くいることを感じ取る
センスを身に着けた人をトップに立たせておく必要があると思います。



私はもっと電子マネーはもっと現金に近い使い勝手になっていくことを望んでいます。
ユーザーの意思による移し替えももっと楽に出来て当たり前だと思っています。
そんな当たり前のことすらできない電子マネーにiPhoneが風穴を開けてくれるなら
それは喜ばしい事かもですね。

私はこの分野はGoogleに期待する所かもとも思っているところですが。
TYPE-F ⇔ TYPE-A/Bを含め、端末内/端末間の自由なマネーの行き来を可能にし、
端末の変更や来訪国の都合に合わせた残額の移動を可能にするぐらいはして欲しいですね。

電子マネーに入れ物以上の余計な機能は私は必要はないと思っています。
もちろん偽造や違法な残額操作の防止は必要だと思っていますけど、それ以上のことは
不便になるのなら出来るだけ排除してもらいたいです。


iPhone 7でちょっと電子マネー関係の事情がややこしくなった所で、実は私個人がずっと
思ってきたことを書きなぐってみました。

  1. 2016/09/11(日) 11:31:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

iPhone 7シリーズ発表、NFCでの通信の周波数13.56MHzのはずなのに、周波数違いでApplePayが日本独自仕様という訳の分からない状態に・・・海外モデルを買わせないためのキャリアの陰謀?

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」がついに登場、耐水機能を搭載しイヤホンジャックが消える ~ GIGAZINE
Appleが開催中の新製品発表会で新型iPhoneとなる「iPhone 7」を発表しました。iPhone 7は以前のうわさ通りにイヤホンジャックを廃止し、防水機能が搭載されています。
新しいiPhoneはFeliCaに対応しており……
おサイフケータイのほか、2016年10月末からはSuicaなど交通系ICが使えるようになります。

Apple、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」発表 防水仕様、FeliCa対応 ~ 
米Appleは9月7日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発表した。初代iPhoneから一貫して搭載してきた直径3.5ミリのイヤフォンジャックがなくなったほか、非接触ICカード技術「FeliCa」に対応する。7 Plusには2個のレンズを内蔵した「デュアルレンズカメラ」を採用している。日本などで9月9日に予約受け付けを始め、16日に発売する。7万2800円(税別)から。
日本モデルには、ソニーの非接触ICカード技術「FeliCa」を採用。ICカード乗車券の代わりにiPhoneを改札機にかざして交通機関を利用できる。Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」(日本では10月中にスタート予定)も使えるようになるという。

iPhone 7/iPhone 7 Plusが発表になりました。

もう春や秋にメインのiPhoneの新機種が発売なんていう所も無くなり、いつもの時期に新機種が
発表されました。

その内容はほぼ事前にリークが有った通り。
アップル的には事前に全ての要素をばらしてでもiPhoneに大して気を引くことに必死だったんだと
再確認できたわけでも有ります。

その中でもチップを含めて事前からの準備が大掛かりなフェリカは最後の最後までリークせずに
最終タイミングでリークし、イヤホンジャックの廃止のようなマイナス要素はほぼ一年前から
リークしておき、情報に慣らしてマイナス要素を薄める効果を期待するなど、漏らす情報も注意深く
優先順位をつけていることがよく分かると思います。


フェリカや防水、イヤホンジャックの関係の在り来たりのネタに関しては、あちこちで書かれると
思うので、当ブログでは割愛します。とりあえず当ブログではここだけは突っ込んどけみたいな
ところを触っていきます。

iPhone Mania記事
これぞガラパゴス!国内向けiPhone7のApple Pay、海外では規格違い使えず
ドコモ、iDとdカードがApple Payに対応と発表!全国64.4万か所で利用可能
【注意】手持ちのSuicaをiPhone7に移行すると、それまでのカードは使えなくなる!
iPhone7の防水規格「IP67」ってなに?水没で故障しても保証の対象外!
ヘッドフォンジャック用Lightningアダプタが900円で発売


まあ色々ありますが、とりあえず防水いっときましょうかね。

なるほど、IP67は謳うけど水濡れ保証はしないということですか。
確かに防水の一番難儀な所は決して誤動作を起こす起こさないとかではなく、壊れた時の補償問題関係です。
防水に関してルールはすべて自己責任という事で回避するようです。

確かにこのやり方だと無茶苦茶する人が出てきてもアップル側には何ら被害はないですね。
パッキンが怪しい端末を出荷してしまっても、アップル側には何ら責が無いという事になっているようです。

あっぷるぺーに関してはどうやら私の早とちりだったようです。
NFC-F経由の通信でないといけないとか、訳が分からない理由でアレのソレのようです。


ん?

NFC-A, NFC-B, NFC-F共にNFCである限りは13.56MHzで通信しているんじゃないの?
周波数が違うって何?

これはクサい・・・

なんかアップルがわざと日本独自仕様にして互換性をぶった切っているような気がしなくもないです。
特にハード的には共通のはずだと思うのですけどね。

日本のキャリア版ROMを焼いてある端末だけNFC-Fで決済するようにしてあるとか、何かそういった
対策がしてあるのではないかと考えています。

というか、iPhoneの販売価格が値上がりする可能性が高いと思いますが、







少なくともNFCである限り、NFC-A, NFC-B, NFC-Fの全てはType-A/BのMIFAREで使っていた
13.56MHzで通信するはずです。

やってくれましたね・・・アップル。



まあ周波数は共通ですけど、NFC-Fのチップを日本版しか載せないという最後の手段が無きにしも非ず
ではあるので、分解して比較した記事待ちにはなりますが・・・。どっちにしろ中途半端な代物になった
事は間違いないと思います。


あとはイヤホンジャック。
これで多くの自撮り棒やスクエア等のカード決済サービスを殺すことになります。
自撮り棒は単なる巻き添えですが、スクエア等のサービスはもろにあっぷるぺーの競合であり、
アップル的には殺したいサービスでしょう。まあやることがえげつないなと。


で、ライトニング端子。


ライトニングからイヤホンジャックの変換が900円で発売されるようですけど、こんなものに900円。
まあライトニングが出始めた頃よりもかなり安価になった方ですよね。
しかしイヤホンジャック変換を使っている間は、ライトニング端子を使えないという・・・。
モバブ等で充電するとかイヤホンで聞いているとできないですね。


そういえばUSBになるのはいつ?
EUも甘いですね。
iPhoneのような独自端子の機器は販売させないというあれはどうなったのでしょう?


iPhone 7シリーズはライトニング端子のままでEU圏で売らせるつもり?
てっきりUSB-Cで出てくると思っていたのですけど。

ライトニング端子の端末は9億台だそうですよ。

iPhone 5/5s/5c/6/6+/6s/6s+で合わせて9億台。
一つの機種辺り、平均1.28億台売ったとこになりますね。
という事は売れた機種は2億台程度でしょうかね。

少なくとも私は早くUSB-Cに移行しておけばよかったと思うのですけどね。
まだまだ小物で儲けたいみたいです。


後は実際に発売されてからですね。

さてさて、どうなることやら。

  1. 2016/09/09(金) 02:26:31|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

アップルが公式ページでiPhone7とiPhone7 Plusの名前を(意図的に)お漏らし・・・

Apple公式サイトにiPhone7とiPhone7 Plusの名前がポロリ! ~ iPhone Mania
■Apple公式サイトに「iPhone7」と「iPhone7 Plus」の名前!
香港のApple公式サイトの、アクセサリー情報のページに一時、「iPhone7」と「iPhone7 Plus」の名前が掲載されており、Redditユーザーが発見し、スクリーンショットを掲載しています。

はいはい。
相変わらずですね~。

アップル本体もおもらしですか。


先日「アップル本体からのおもらしはめったにない」と書いたからなのか、
それとも何かの偶然なのか。

とりあえず漏らして話題を盛り上げる為か、それともブラフで実は全く別の名前なのか。


何にしても、今のアップルにとっては使えるものは何でも使いたい。
そんな状況でしょう。

新型iPhoneの発表まであと一時間半。


今年のApple新作発表会の見どころ&ライブ中継の視聴方法まとめ ~ iPhone Mania
いよいよ今夜、日本時間9月8日午前2時に、Appleの新作発表会が行われます。

アップルさーーーん、これでいいですか?(笑)

  1. 2016/09/08(木) 00:37:46|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

今回発表になったモデルから、ソニーの防水に対しての方針を考えてみる

ソニモバが先日発表した2016年秋冬向けのモデルのXperiaですが、これを見るとソニモバの
防水に対しても方針がはっきりとしたように思います。

Xperia XZは防水対応、Xperia X Compactはテストせずに非対応。

それと夏に発表されたXperiaとを見比べると、Xperia Xシリーズ全体の方針が見えてきました。

Xperia Xシリーズは基本的には無防水というか、実際には防水機能は無いとされながらも、
実際には防水されている
わけです。

Xperia X Compactは防水機能は無いとされていますが、恐らくXと同じで検査してIP68等の
番号を取得していないだけじゃないかなと思います。Xシリーズはすべてそうなるのでは
ないかと思います。

X PerformanceはXシリーズなので型番的には防水ではないはずですが、これは型番の
方針がまだ固まってなかったせいでしょう。
XAシリーズはIP番号も防水性能もないです。

となると今後のそにもばが考えている未来はなんとなく予想できそうですね。
X Compactは防水性能は有しているものの、IP番号の取得はされないのではと思います。
これは以降のXシリーズにも引き継がれそうに思うのですけどどうでしょうか。

  1. 2016/09/07(水) 00:44:47|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新型iPhoneはIPX7の防水性能を有しているという噂ですが・・・その意味は「防塵試験はしていない・深沈性能の低い方」という意味です

iPhone7新色は「ピアノブラック」、防水はIPX7―大物アナリストが詳細レポート ~ iPhone Mania
■防水規格はIPX7
防水機能を搭載するためには、iPhone6sより分厚くする必要があるため、端末の薄型化を望むAppleは同機能を追加しないのではないかとの見方もありますが、クオ氏はApple Watchと同じ防水規格であるIPX7が付与されると考えています。これによって、iPhone7は水深1mで30分間耐えることができます。

新型iPhoneは防水性能が搭載されるという噂です。

「iPhoneなしには生きていけない、想像も出来ない新機能」が搭載されるという話ですが・・・。

確かに防水は、一度経験したらその安心感から「これなしには生きていけない機能」かもしれませんね~(棒)
想像もできない新機能かどうかはともかく。

なのでもっと別のすごい機能が搭載されるのでしょう、きっと。
Felicaの事?まあ確かにFelicaは今さら誰も想像はしていなかったかもしれませんね~。
諦めているという意味で。

うんうん、もっとすごい機能が搭載されるのでしょう。


では噂されている防水性能のIPX7ってどんなのでしょうか。
以下のサイトの記事が分かりやすかったので紹介。

Xperiaの防水・防塵性能「IP65/IP68」ってどんな意味? ~ こまめブログ
この「IP65/IP68」というのがどれほどスゴイのかイマイチわかりづらいですよね。そこで今回は、この「IPxx」の意味について解説します。

IPX7ってのは"X"の部分は「テストしていない」ってことで、「防塵テストはしていない」ってことです。
つまりXは「エックス」という記号というよりは、「ペケ」や「バッテンマーク」ってことですね。
要するに後ろの"7"の部分だけが有効な情報となり、7クラス相当の防水性能を持っていることになります。

取り敢えず防水関連メーカーが出している指標を引用したいと思います。




TAKIGEN MFG

7は「水中への浸漬に対する保護:一定の水圧で一定時間水中に浸かっても有害な影響がない」
となっております。


IP表記は数字が大きい方が必ず偉いとかそうなっているわけでは有りません。
防塵においては大きい方が強力ですが、防水に関してはいくらかの要素を複合的に扱っています。

1~2は雨を想定した防水性能です。
3~6は噴射水系に関する浸透性を表しており、シャワーや噴水などの噴射水、ホースなどで
水をかけられたときのような圧力流水を想定した性能です。
7~8は水没時の防水性能で、潜水時を想定した防水性能です。

なので、泳ぐときは腕時計なら水を書くことを考えると、3~6と7~8系を併記することでより
強力な防水試験結果を行っているという主張をすることが出来ます。
実際過去XperiaシリーズではIP65/IP68と二種類のテストをクリアしたことが表記されていました。


さて、新型iPhoneですが、IPX7ですので防塵テストは行っていない。
防水性能は静的な水没試験のうちの緩い方のテストしか行っていないという事が分かります。

これはあくまでもテストを行った種類の問題で、それ以上の防水性能を有している可能性は
考えられますが、実際にどうかは分かりません。


まあ高い方を保証すると、過去Xperiaシリーズであったように、水中で使えると宣伝したら、
無茶をされて水没したとクレームが入り、結局はそういう一部の人の為に「水中では使わないで」と
前言撤回しなくてはならなくなる事も有るので、低い方でテストをするのは有りかも知れません。

  1. 2016/09/04(日) 19:41:54|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

新型iPhoneの発表・発売が近づいてきたと実感できる事案が発生、まあ毎年の事ですけど

Apple、9月7日のイベントで発表する新製品をうっかり公開!担当広報が誤送信 ~ iPhone Mania
9月7日のイベントで、AppleがBeatsブランドの新製品を発表予定であることが、Beatsの広報担当が一部メディアに間違って送信したメールで明らかになりました。

アップルが9月7日のイベントで発表するであろう新製品の情報が、Beatsの広報担当が
間違えて一部メディアに誤送信させられたと思われる事案が発生。

新型iPhoneの発表が近づくともうお約束なのですが、いつもの漏れ・ミス等などの一環の
うちの一つですね。新型iPhone発表前の風物詩。


なんでこうアップルの動きってわかりやすいのでしょうか。
お金がかからず、人が興味を引く形でうまく情報をコントロールしているなと感心します。
というか、本当に情報を流したかったらこういう形にするべきなんですよね。

こういった部分はアメリカ人と韓国人は似ています。
自分が傷つかず、裏付けもないのになぜか妙に信ぴょう性を持った噂として浸透させる
やり口としては最高です。一方日本人はこういった部分が下手。

GateKeeperみたいに後追い形式で、しかもトラップにかかってばれるという最悪の形。
別の角度の事案で見ると、ヘイトスピーチ規制法が出来てしまった件のように、根幹的には
日本の事を考えていようとも、形としては自らの首を絞める形に貶めてしまうというバカげた
行為が、日本側の方々の行動は目立ったものがあります。
ズルいことが不得意な人種でありますので、正面からしかぶつかれないわけです。

一方ズルいことにたけた人種の方達は、「うまいな~」って感心するような手法で
このようにスマートに目標通りの事をやってのけ、効果を上げています。


アップル本体ではなく、Beatsブランドから漏れたという事もポイントの一つ。
「アップルのミスじゃないぜ」というエクスキューズがそこに盛り込まれています。

直接のアップル製品ではないにしろ、アップルを思い起こさせ、新型iPhoneへと
目を向けさせる一つのきっかけとしては十分な働きします。
上記の記事のようにファンサイトはそれだけでご飯三倍はいける勢いで喜んでくれますからね。


こういった直接的ではない心理作用を狙った宣伝というものはもっと上手に取り入れて
いったほうがいいのではと思いますが、基本的には正攻法ではないマナー違反な手法なので、
これを日本の企業に積極的にやれとは言いにくいことも確かです。

少なくともお金がかからず、浸透圧は普通の広告に比べて結構強いわけです。

日本の広告代理店は朝鮮系の影響が強い所が業界トップですが、まあそれも偶然のせいでは
ないと私は考えております。


そんなわけでiPhoneの発表・発売が近づいてきたな~と実感しながら記事を閉めたいと思います(笑)

  1. 2016/09/04(日) 10:17:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Googleの次期Nexus(Pixel)はグローバル版がかなり多くの日本で使用されているバンドに対応

新型Nexus 「G-2PW2100」「G-2PW2200」「G-2PW4100」「G-2PW4200」がGCFの認証を取得、FOMAプラスエリア対応 ~ juggly.cn
Google の Pixel スマートフォン(旧 Nexus 2016 年モデル)と見られる「G-2PW2100」と「G-2PW2200」(Sailfish)、「G-2PW4100」と「G-2PW4200」(Marlin)が揃って Global Certification Forum(GCF)の認証を取得しました。

Googleの次期NexusはPixelと名前を変えると言われていますが、そのうちのグローバル版が
日本バンドをかなりカバーする模様です。

「G-2PW2200」と「G-2PW4200」は GSM、WCDMA Bands 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 9、FDD-LTE Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 18 / 19 / 20 / 21 / 26 / 28、TD-LTE Bands 38 / 39 / 40 / 41 をサポートしています。

LTEのBand 1 / 3 / 8 / 18 / 19 / 21 / 26 / 28 / 41、これだけの日本で利用されているバンドに
対応しています。同時に発表されたXperia X/XZシリーズよりも多くのバンドに対応しています。

Googleがどれだけ日本の市場を大事にしているのかよくわかる部分ですね。

  1. 2016/09/03(土) 01:44:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ソニモバ、ソニモバがXperia XZとXperia X Compactのホワイトペーパーを公開、グロ版の価格はVAT込みで約82000 円と約51000 円

ソニモバがXperia XZとXperia X Compactのホワイトペーパーを公開しました。

欧州でXperia XZとXperia X Compactの予約受付が開始、価格も判明 ~ juggly.cn
昨夜発表された Sony Mobile の新型スマートフォン「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」の欧州における予約が始まりました。
発表された 2 機種は比較的早く発売されるのが特徴です。Sony は昨夜の発表イベントで、Xperia X Compact を来週発売し、Xperia XZ を 10 月に発売すると言っていました。

Xperia XZ(F8331/F8332)、Xperia X Compact(F5321)のフルスペック ~ juggly.cn
Xperia XZ にはシングル SIM 版の F8331(Kagura_SS)、デュアル SIM 版の F8332(Kagura_DS)の 2 モデルが用意されており、Xperia X Compact はシングル SIM 版の F5321(Kugo_SS)のみです。

「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」の実機を写真で細かくチェック ~ マイナビニュース
ソニーモバイルコミュニケーションズは、ドイツ・ベルリンで9月2日(現地時間)より開催される家電見本市「IFA 2016」会場でプレスカンファレンスを行い、Xperiaブランドの新スマートフォン「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」を発表した。仕様についてはこちらの記事を参照いただきたい。本稿では会場で展示されたXperia XZとXperia X Compactの実機を写真を中心に紹介していく。

ソニー、新型Xperia「XZ」「X Compact」発表 - カメラ強化、USB Type-C採用 ~ マイナビニュース
Xperia Xシリーズは、これまで「Xperia X」、「Xperia X Performance」、「Xperia XA」(日本ではPerformanceのみ展開)の3機種から構成されていたが、新たにフラグシップに位置付けられる5.2インチサイズの「Xperia XZ」とスタンダードモデルに位置付けられる4.6インチサイズの「Xperia X Compact」が加わる。搭載するOSは、どちらもAndroid 6.0。

取り敢えずスペックや分かった情報を並べてみます。

○Xperia X Compact [VAT込み £379(約51000 円) 9月28日発売]
 ・COLOR Universe black / White / Mist blue
 ・Snapdragon 650 MSM8956 1.8GHz+1.4GHz ヘキサコア , Adreno 510
 ・RAM 3GB , Strage 32GB , Micro SD(最大 256GB)
 ・Android 6.0.1 Marshmallow
 ・129 x 65 x 9.5mm / 135g
 ・4.6 インチ , 1280 x 720 ピクセル , TFT 液晶 , 16,777,216 色 , Triluminos , X-Reality , 10点マルチタッチ
 ・リアカメラ:2300 万画素(1/2.3型 Exmor RS , Predictive Hybrid AF , 5 倍 Clear Image Zoom
  デジタルズーム 8 倍 , LED フラッシュ , 1080p 撮影 , F2.0 / 24mm G レンズ , ISO 3200 / 12800)
 ・フロントカメラ:500 万画素(Exmor R , 1080p 動画)
 ・2700mAhバッテリー
 ・Wi-Fi a/b/g/n/ac , Bluetooth v4.2(aptx) , LDAC , ANT+ , NFC , Wi-Fi Direct , Miracast
  DLNA , MirrorLink , GPRS / EDGE , HSPA+ 42.2Mbps , LTE カテゴリ 6(DL 300Mbps / UL 50Mbps)
 ・ステレオスピーカー , USB Type-C , 3.5mm ステレオジャック , カメラシャッター , 加速度 , ライト , 気圧
  近接 , デジタルコンパス , 回転ベクトル , 地磁気回転ベクトル , ジャイロスコープ , ステップカウンター
  ステップディテクター , GPS / GLONASS , 指紋リーダー , レーザー AF , RGBC-IR センサー
 ・耐久性 IP68 ← 間違いだったようです
 ・Nano SIM
 ・GSM , WCDMA(800 B6・B19 / 850 / 900 / 1700AWS / 1900 / 2100MHz)
  FDD-LTE(Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19 / 20 / 26 / 28)
  TD-LTE (Bands 38 / 39 / 40 / 41)

○Xperia XZ [VAT込み £599(約82000 円) 10 月中旬発売模様]
 ・COLOR Mineral black / Platinum / Forest blue / Deep pink(ピンクは一部地域限定)
 ・Snapdragon 820 MSM8996 2.2GHz+1.6GHz クアッドコア , Adreno 530
 ・RAM 3GB LPDDR4 , Strage 32GB / 64GB , Micro SD(最大 256GB)
 ・Android 6.0.1 Marshmallow
 ・146 x 72 x 8.1mm , 161g
 ・5.2 インチ , 1920x1080 , TFT 液晶 , 16,777,216色 , Triluminos , X-Reality , 10点マルチタッチ , ゴリラガラス
 ・リアカメラ:2300 万画素(1/2.3型 Exmor RS , Predictive Hybrid AF , 5 倍 Clear Image Zoom
  デジタルズーム 8倍 , LED フラッシュ , 4K 撮影 , F2.0 / 24mm G レンズ , ISO 3200 / 12800)
 ・フロントカメラ:1300 万画素(Exmor RS , 1080p 動画)
 ・2900mAhバッテリー
 ・Wi-Fi a/b/g/n/ac , Bluetooth v4.2(aptx) , LDAC , ANT+ , NFC , Wi-Fi Direct , Miracast
  DLNA , MirrorLink , GPRS / EDGE , HSPA+ 42.2Mbps , LTE カテゴリ 9(DL 450Mbps / UL 50Mbps)
 ・ステレオスピーカー , USB Type-C , 3.5mm ステレオジャック , カメラシャッター , 加速度 , ライト , 気圧
  近接 , デジタルコンパス , 回転ベクトル , 地磁気回転ベクトル , ジャイロスコープ , ステップカウンター
  ステップディテクター , GPS / GLONASS , 指紋リーダー , レーザー AF , RGBC-IR センサー
 ・耐久性 IP68
 ・Nano SIM
 ・GSM , WCDMA(800 B6・B19 / 850 / 900 / 1700AWS / 1900 / 2100MHz)
  FDD-LTE(Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 19 / 20 / 26 / 28 / 29 / 32)
  TD-LTE (Bands 38 / 39 / 40 / 41)


カメラに関してはXZで4Kが復活したことはいいとして、私が気になるのはRGBC-IRセンサーです。
これは赤外線などでも受光できるセンサーで、暗闇に強いカメラになりそうな気がします。

ついにXperiaにもUSB Type-Cが採用されるようです。
XZはSnapdragon 820のプラットフォームをそのまま引き継ぎ5.2インチに。
多少のバッテリー容量が増加し、多くの日本バンドは対応している感じです。

X CompactはSnapdragon 650を採用したXをベースに4.6インチ化した感じです。

どちらもベースのXperia Xシリーズを基盤に正常進化したものです。
XZはXシリーズのフラッグシップという位置付け。
X CompactはX Performanceと同じくXシリーズの派生機となります。

命名規則的に、X ~という名前の機種は今後Xの派生機と言っていいでしょう。
X?という形で、Xの後にアルファベットが付くのがXシリーズとしてのハイエンドやミドル帯等の
位置づけを持った機種だということなのでしょう。

恐らく過去にあった機種のアルファベットがヒントになると思います。
Xperia Aが普及機でXAがその位置づけだと。
例えばXperia XA Compactというものが有ってもいいということになります。
XZはXperia Zのラインナップを引き継ぐものになるのではないでしょうか。
これらは私の勝手な予測でしかありませんが。


私的にはX Compactはいいバランスをしているかなという気がしています。
XZはこの期に及んでRAM 3GBは無いかなーって思います。
もうちょっと安いなら3GBでもいいと思いますが、この値段帯なら4GB積んでいないと
いけない価格帯じゃないかなと。XPで不満が大きかったのはバッテリー容量とRAM容量
だったのですから、この二つだけは補っておかないといけないところだと思うのですけど。

まあUSB Type-Cは対応したのと、いよいよコンパクトモデルにも最新世代の指紋認証が
搭載されるということで期待できるかなと思います。


標準で6.0.1 Mashmallowが載っていることは当然というか、仕方がないというか。
来年にはNpugatが降ってくることに期待ですかね。



最後に防水防塵性能の確認。
両モデルともIP68で、防水防塵に対応していますが、表記が「耐久性」という表現になっています。
これは「防水」と書くと無茶をするユーザーが現れ、「浸水したぞゴルァ」という事が起こったので、
その対策でグローバル版Xでは防水表記をなくていたのですが、やはり防水は一定の売りに
なっていたのでしょう。

防水という表記はあえて避けて、防水性能の対応だけは主張しようという事で「耐久性IP68」と
いう表記で防水とあえて書かずに防水を表現したのだと思います。
無茶な使い方をするユーザーが現れてまた防水表記が無くならないか、ちょっとドキドキしています。


Xperiaシリーズも徐々に不満点の解消を進めてくれているようで安心しました。
XZとX Compactの両方ともRAMが3GBなので、解像度が低いX Compactの方がCPUパワーが
低いものの、RAM的にはX Compactの方が余裕が出来てサクサクしそうな気がしなくもないです。
やっぱりメモリの余裕って大事ですよね。
そういう意味でもX Compactは楽しみなモデルとなりそうです。

ドコモ版はSO-01IとSO-02Iになるのでしょうか。
それともIと1が判別しにくいのでSO-01JとSO-02Jにするのでしょうか。
そこも少しだけ気になっています。

  1. 2016/09/03(土) 01:26:29|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。