鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ZenFone 3シリーズが発表、Snapdragon 820搭載RAM 6GBで499ドル(約5万5000円)なり

本日しれっとZenFone 3シリーズが発表になりました。
auの発表を待ち構えていたらいきなりASUSから発表されて驚きました。

ASUSの新型スマホ「ZenFone 3」発表、6GBメモリのハイエンド「Deluxe」&6.8インチの「Ultra」が新登場 ~ GIGAZINE
2016年5月31日に台湾・台北で開幕する世界第2位、アジア最大のITトレンドショー「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせて、ASUSが新製品発表会「Zenvolution」を開催。第3世代ZenFone「ZenFone 3」シリーズを一挙に3機種、発表しました。

なんかもうZenFone 3シリーズすごい、そうしか言えません。
全体的に画面サイズが大きめです。

ZenFone 3 Deluxe 499ドル(約5万5000円)
  Snapdragon 820 , RAM 6GB , 5.7インチ, UFS2.0 128GB
ZenFone 3 Ultra 479ドル(約5万3000円)
  Snapdragon 652(Cortex-A72 1.8 GHzx4コア+ Cortex-A53 1.2 GHzx4コア) , RAM 4GB , 6.8インチ , 4600mAh
ZenFone 3 249ドル(約2万8000円)
  Snapdragon 625 , RAM 4GB , 5.5インチ

採用された各プロセッサのスペックは以下の通り。

  Snapdragon 820 Kryo 2.2GHz x 4コア
  Snapdragon 652 Cortex-A72 1.8GHz x 4コア + Cortex-A53 1.2GHz x 4コア
  Snapdragon 625 Cortex-A53 2.0GHz x 8コア

Deluxeはもうちょっと名前がどうにかならなかったのかと思います。
日本で売りたいならDeluxeは避けるべきでしょう。
昔は標準グレードの車などにDeluxeの名前が乱発され、安っぽいイメージがついている事。
それと何と言ってもマツコ・デラックスが日本で人気が有る事。

ソニモバからXperia Z Ultraの後継が出ないので、Ultra難民が出ているのですが、
恐らくあの時期に6.3インチに飛びついた人はそう多くなかったと思われるので、
なかなか後継が出にくいと思われますが、今はあの頃よりも時代が進み、大型端末には
一定のファンが付いているんじゃないかなと感じる節が有ります。
その需要をみすみす他社に奪われ続けているのではないかと。

7インチのタブレットがかなり駆逐されてしまいましたが、それを使っていた少なからずの人は、
6インチ台のファブレットに移行したと思われます。そのファブレット需要を掘り起こした側の
Z Ultraですが、掘り起こすだけ掘り起こして、成果は他社に貢ぎましたという所でしょうか。

同じ種類のものでは出す時期により、売れ方が変わりますが、Z Ultraは勿体ない
ことになった端末と言えそうです。その後の市場の動きを見ていると。

それとDeluxeは・・・RAM 6GBです。
Snapdragon 820を生かす為の要素として、捨てがたいのはメモリです。
6GBはさすがに多いかなと思う所も有りますが、CPUパワーを生かすには、ガッツリマルチタスクを
させたりする場合、余裕のRAMサイズは魅力です。

またゲームをしていて、途中に別の作業をしてから戻りたい場合、RAMサイズに余裕がないと、
また初めからやり直しになる場合も有るので、RAMの余裕は有った方が安心です。

画面サイズは全体的に大き過ぎるかなとも思いますが、しかしながら割とキタコレ感が有る
ラインナップでは有ります。


残念ながら、4.6~5.0インチ派の私個人が購入したいサイズではないのでそこからは外れて
しまいますが、なかなかいい線いっていると思います。

ただ薄さに拘り過ぎた故のカメラ周りの処理とか、デザイン的にはもうちょっとどうにかならな
かったのかと思う部分も無いとは言えません。ただスペック的には多くの支持を得そうな
所であるのは間違いありません。

私j個人的には共に5.0インチのXperia Z (139x71x7.9/146g) ~ Xperia X (142.7x69.4x7.9/153g)の
サイズ感が限界ギリギリ辺りですので、5.5インチ以上しかないZenFone 3シリーズは選択肢には
上がりませんが、ZenFoneシリーズの主戦場は以前から基本的に5.5インチ以上が多いので、
これはその買い替えターゲットを十分意識したラインナップだと思います。

なにせ3つ全てのラインナップとも、Xpeira Xの価格を下回ってきたのですから、これは意欲的です。
ZenFone 3やDeluxeのスペックのままで5.0インチまで下げたら5万円丁度辺りの価格帯で何とか
なりそうな感じですよね。(バッテリーなどは少し削らないと入らないでしょうけど)

それを考えるとすごいなと思います。
さすがに日本のメーカーはここには対抗は厳しいでしょうが、これは国内にも本格的に入ってくる
モデルが有ると思いますので、うかうかしてられないと思いますよ。

  1. 2016/05/31(火) 19:09:54|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

高速ストレージの時代、eMMCからUFS・NVMeへ・・・スマホ向けストレージメモリの呼び方

今スマートホンの標準的なストレージメモリはeMMCですが、新たに高性能なストレージメモリとして、
UFSが脚光を浴び始めてきました。

既にGalaxy S7/S7 edgeにはUFS 2.0のストレージメモリが搭載されており、ベンチマークなどでも
eMMCを搭載した端末よりも高性能である事が確認されています。

eMMCについては、以前に記事を書きました。

当ブログ記事
スマートホンのストレージの規格eMMC、余りメジャーではないのでちょっと調べてみた
【eMMCバス】
  20MB/s ‐ MMC初期
  52MB/s
  104MB/s(DDRモード) ‐ eMMC 3.xx以降
  200MB/s(HS200モード) ‐ eMMC 4.5以降
  400MB/s(HS400モード) ‐ eMMC 5.0以降

当ブログ記事
eMMCよりもUFS、今後に向けた内蔵高速フラッシュメモリ規格

eMMCでは現状400MB/sが最高速度です。
後継規格が出るのかどうかは分かりませんが、これ以上の速度を考えるなら、
UFSを採用する方が近道です。

UFS ~ 通信用語の基礎知識
【速度】
  UFS 1.0  3.0Gbps(300MB/s)
  UFS 2.0  M-PHY HS-G3 1レーンで5.8Gbps(580MB/s) / 2レーンで11.6Gbps(1160MB/s)

【バージョン】
  UFS 1.0 ‐ JESD220
  UFS 1.1 ‐ JESD220A
  UFS 2.0 ‐ JESD220B

eMMCだと400MB/sが最高速でしたが、UFSだと2.0の2レーンで1160MB/sと約3倍の速度になります。
ただし競合規格としてNVMeが存在し、こちらはPCをメインにした規格で、iPhone 6sシリーズにも
アップル独自でNVMeをカスタマイズして搭載しています。
速度的にはUFS2.0と比べても遜色なく、こちらの規格のチップを整備するメーカーが出てきたら、
Android端末でも採用するメーカーが出てくるかもしれません。
今後はeMMCからUFSやNVMeへと流れが出来ていくと思われます。

NVMeはPCでも効果が有りますが、命令キューがSATAで使われているAHCI 32個だったのに対し、
64K個(65535個)も有り、この命令キューの大きさは、サーバーで非常に有用です。
個人使用ではどこまで効果が有るかは不明ですが、サーバーまで見据えたIFと言えます。


とりあえずeMMCとUFSの変化を押さえておきます。


Samsung NewsRoom

eMMCは8bitのパラレルIFで半二重、つまり片側通行です。
パラレルIFは高クロックになるほどbit間の同調性が問われ、回路を曲げた時のイン側と
アウト側の距離の違いなどが重なって、高クロック化に限界が有りました。
それをシリアル化した事で高クロック化が可能になり、しかも全二重になったのでやり取りが
スムーズになりました。

NVMeはSATAの後継規格であり、やはりシリアルにする事でクロックを上げやすくして
速度を稼いでいます。最近の高速規格はほぼ全てシリアルになってしまったと言っても
いいと思います。


今後もプロセッサは高速化を続けていくのは間違いまりませんが、その周辺のペリフェラルが
足を引っ張っていては体感の快適性が向上する事は有りません。

なのでこういったフラッシュメモリによるストレージが高速化する事は必須と言っていいでしょう。
iPhoneは6sで次世代ストレージの導入を行っています。

iPhone SEではNVMeのメモリが用いられたのかは不明ですが、SEから新たに使われた
Toshiba THGBX5G7D2KLDXG 16 GB NAND Flash がNVMeメモリだと考えられています。
が、確証は有りません。(東芝のスペックシートには書かれているのでしょうか?)



ここから先は500MB/sや、1GB/sを超えるストレージの時代となり、大きなデータも快適に
アクセスできるようになっていきます。

プロセッサだけが速くても快適とは言えませんので、今後の端末はより欠点を無くす為の
バランスの取り方が大事になっていくと思います。


最後にちょっと余談を。

以前に記事にした時にフラッシュメモリストレージの呼び名について色々ご意見を頂きました。
私は当該記事ではeMMCと呼ぶことにしたのですが、UFSやらNVMeやらと規格が入れ替わって
いく中で、適切な呼び方とは言えないと思いまして、eMMCの呼び方はやめようと思います。

提案頂いたものの中で一番適切そうなのはSSDですが、これってSolid State Driveが
一番メインの解釈だったのですね。私はSilicon Storage Deviceや、Serial Storage Devices
辺りの解釈かなと勝手に思っていました。

何にしても提案頂いたSSDが一番落ち着きが良さそうです。
今後は当ブログではスマホのストレージメモリに関してはそう呼ぶことにします。
とりあえずこれが業界で標準の呼び方になればいいですね。
まずは我々だけでも使っていけば、より正しい呼び方として、読み書きできるストレージメモリが、
ROMなんておかしな呼び方がまかり通っているのを、修正できる日がくるかも知れません。

  1. 2016/05/31(火) 01:14:31|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

AndroidによるJava API使用巡る6年越しの裁判、Googleが「フェアユース」の評決獲得、Oracleは控訴へ

AndroidによるJava API使用巡る6年越しの裁判、Googleが「フェアユース」の評決獲得 Oracleは控訴へ ~ IT Mediaニュース
米Oracleが、AndroidがJavaの特許と著作権を侵害しているとして米Googleを提訴した裁判で、米カリフォルニア州北部地区連邦地裁の陪審員団は5月26日(現地時間)、GoogleによるJava APIの使用は「フェアユース(公正利用)」であるとの評決を下した。

Googleにとっては密かに頭の痛い問題、Android OS向けのアプリ開発で使用しているJava APIの
使用をめぐる争い。

結果として、とりあえずはフェアユースを勝ち取りました。
今Java APIが使えなくなったら大変です。

とはいえ、Android NではOpenJDKに変更してこの問題をクリアしています。
ので大きな問題はないはずですが・・・。

そもそもJava事態が使えなくなったとしても、NDKを利用してCやC++で開発が出来るので
問題が無いと言えば問題ないのですが、CやC++でネイティブコードで開発をしてしまうと、
32/64bitコードの違いや、インテルプロセッサ等、プロセッサ毎にアプリをリリースしなければ
ならなくなるのでやはりJavaでリリースするのが一番効率がいいわけです。

この辺は多様性を優先した設計のAndroid OSならではの事情が有ります。

この後も裁判が続きますが、GoogleがOpenJDKに切り替えた以上、Oracle的にはJavaの
利用をやめさせることはもう出来ませんので、純粋に損害賠償狙いになりそうです。

Googleは名誉と利益の確保の防御線といった所でしょうか。

  1. 2016/05/30(月) 20:30:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhone SEに3D Touchが無い・・・だから?有ってもどうせ必要としている人はそう多くないでしょう、そもそも5sの余剰部品を回せないと意味がないですし

使って分かったiPhone SEの「すごい」と「がっかり」【がっかり編】 ~ 日経Trendy
 iPhone 6s/6s Plusとほぼ同様の性能・機能を備えるiPhone SEだが、なぜか3D Touchだけは見送られている。その理由は定かではないのだが、もしかするとiPhone 5sと同サイズのボディーにはセンサーが収まらなかったのかもしれない。もちろん、コスト面の問題という可能性もあるが……。

既に今更感のあるiPhone SEですが、今でもまだ言われる事が有るので少しだけ触って
おきたいなと思いました。

SEに3D Touchが対応されなかった件。

どこぞの分解記事で逢った事ですが、5sとSEをバラバラにして表示パネルを入れ替えた所、
5sもSEも普通に動作したという話がありました。

この事から見ても、SEって5sのパネル部品をそのまま使っているわけです。
ケースもほぼそのまま。
プロセッサはA9にまるまる載せ替え。

つまりは設計などの変更は最小限に抑えてあるわけです。
部品を共用することで、新たな在庫は極力持たなくてもいいようにして有ります。
むしろ過去製品の部品在庫を使って、在庫の整理を行う為の端末です。

そんな状況で、3D Touchが対応された・されないがどうのこうの。
何言ってるんですかあなたって感じです。

5sで対応されてなかったからSEでも対応されなかっただけの話でしょう。
コストをかけて新たな設計などするわけもない。

設計コストも有れば、新たなラインを開くコストも有る。
勿論在庫コストも。
5sとSEの二つに増えてしまう訳です。
それが一本化できるなら3D Touchなど喜んで捨てるでしょう。
アップルはメイン端末でもないSEにそこまで金をかける気はないって事です。


それでも十分なんですよ。
3D Touchなんてその程度の機能なんですから。
それが有った・無かったなんてどうでもいい話で、4インチの最新プロセッサを
搭載したiPhoneが存在するかしないかが大事なのです。
しかも6sシリーズと同じRAM 2GBなんですから、必要な所はきちんと整っています。

そこが大事なんですよ。
大事な所の9割はその2点と言ってもいいようなもんです。


購入する時にはカタログ機能に色々目を配り、言う事は言ったりしますが、
実際に使い出すと大事な事は、どれだけ安定しているかと、どれだけ快適か。
この二点に絞られます。

なので3D Touchがどうのこうのとか書いているのを見ると、「まだそんな事を言ってるの?」
とか思うのです。


とは言え、これを言う人は余りいないのも事実。
要は無くてもそれほど突っ込まれる事がない機能だったということです。

所詮その程度のものだと。



あと、最近iPhoneのCMとしてTVで流れている玉ねぎ動画のやつ。

さて、あれどうしてくれましょう?

まあ32GBがなくて、64GBからが実際の売れ筋では有るのでまあいいとして、
16GBなんて機種が未だに叩き売り対象として販売されています。

で、16GBの機種でも4Kは禁止されていない訳でして・・・。
なんかもうほぼ犯罪級にバランスの悪い端末も販売されているのですね。
これ、ARROWS Kiss並に犯罪的なバランスなんじゃないでしょうか。

黙っていれば、4Kだから感動出来てとかそういう事は決してないと思います。
何で撮影しようが、動画が適度な明るさ、適度な色合い、良好なフォーカスが
大事なのであり、記録の画素数は一定の基準を満たしていれば
それでいいのだろうと思います。


4Kを謳うのは別にいいのですが、「本当に必要?」というと自信を持って「Yes」と
言える人って少ないんじゃないかなって思います。
そんなものをCMで宣伝しなくてはならないとか・・・。
3D Touchもその類なんじゃないかなと思います。

有れば便利だけど、絶対欲しいわけでもない。
というか、既に事足りている。

このラインのスレッショルドをどのラインで切るのか。
ユーザーとメーカーとライター諸氏で食い違っているような気がしています。

  1. 2016/05/30(月) 19:23:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Android NのARTでもJITを導入してバージョンアップにかかる時間を短縮、もしかしてGoogleはNexus以外のAndroid端末で月次パッチを公開したいと考えているのかも?

Android Nの新機能 :ARTランタイムの改良でシステムアップデート時の「アプリの最適化」にかかる時間が大幅に短縮 ~ juggly.cn
Android の次期バージョン「Android N」では、Java アプリのランタイム環境となる「ART(Android RunTime)」で JIT(Just-In-Time)型のコンパイル操作が採用され、システムアップデート時の「アプリの際の「アプリの最適化」やアプリのインストール・アップデートにかかる時間が大幅に短縮されました。

Android Nで大幅に短縮されたブート直後のアプリ最適化処理にかかる時間(動画) ~ juggly.cn
Android の次期メジャーアップデート版「Android N」では ART ランタイムの内部処理の変更によって、ファームウェアアップデートの際の最適化処理に時間がかからなくなったことを以前紹介しましたが、実際にどの程度短縮されるのかを動画で紹介します。

Android OSのバージョンアップ時に、ARTの事前コンパイルが再度走り、非常に時間がかかる
ことを経験した人は少なくないと思います。Android Nではこの時間が短縮されます。
事前コンパイルにJITを合わせ、事前のコンパイルの処理を軽くしようというものです。

軽くすると、OSバージョンアップ時などの再コンパイルの時間が短くなり、OSのバージョンアップ時の
処理が軽くなり、早く終わります。


Googleは処理がややこしくなるJITを入れてまでして、何故今更OSバージョンアップの時間を短縮するのか。
OSバージョンアップなんてその端末を使う間に何度あるのか。
そう考えるとちょっと納得がいかない気もしなくは有りません。

では逆に考えてみます。
OSバージョンアップが頻繁に起こるようにしたいから、バージョンアップが素早く終わるように
しようとしているのではないか。そんな気がします。

要は月次パッチを多くの端末に届けたい、その際にバージョンアップに時間がかかると
印象が良くない上に、実際面倒な作業になり、ユーザーサイドでバージョンアップを避ける
人が出て来るかも知れないという事で打った対策かも知れません。

同時にバージョンアップに積極的ではないメーカーなども公表して吊し上げる動きも見せていますので、
恐らくGoogleは月次パッチをNexus以外にも広げたいと思っているのかなと私は感じてます。


GoogleはOSのバージョンアップがメーカーにより積極的に用意される事、とユーザーに面倒と
思われずにアップデートしてもらえる事、この両面作戦を展開しているなと思いますがどうでしょうか。
最近出たニュースを見て私が感じた事です。
実際にどう考えているのかは分かりませんが。

  1. 2016/05/30(月) 01:50:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ジャーナリストや色んな人に叩かれる総務省、それでも私は総務省を応援する・・・そんな中、30万円を紹介者にばら撒いて総務省を嘲り笑うソフトバンク

「携帯値下げ」検証会議 総務省のかじ取りで混乱(ジャーナリスト 石川 温) ~ 日本経済新聞
国内の主要携帯電話会社(キャリア)の担当者が集められ、この数カ月に実施した割引施策などを報告したが、会合のメンバーからはキャリアに対して不満の声が続出した。だが、混乱を引き起こしている原因はそもそも総務省のかじ取りにあり、このままではユーザーを含む全員が不幸になりかねない。

安倍総理の「携帯代を安くしろ」をきっかけに動いた総務省が苦悩に晒されています。

キャリアの抵抗を受け、思うように料金が下がりません。
総務省の「0円禁止」を逆手に取り、実入りを増やして太っただけというのが現実です。

総務省は飼い犬であるはずのドコモにすら馬鹿にされている始末。
法令の運用は得意かも知れませんが、一般の商行為の中で思うように舵を取るのは至難の業。
それを大手3キャリアにいう事を聞かせないといけないのですから大変です。

石川氏は「混乱を引き起こしている原因はそもそも総務省のかじ取りにあり、このままでは
ユーザーを含む全員が不幸になりかねない。」と言う。

確かにその通りかもしれないが、総務省のやりたい事を知りつつ、その裏をかく大手キャリアが
一番の原因であり、それを無視して総務省だけを叩くのは私はどうかなと思います。


チクリで頂きましたが、こんなのが有りました。

2016年05月28日(土)
【土日祝限定】 総額30万円争奪ワクワクキャンペーン! のりかえキャッシュバック でない 名古屋 ~ ソフトバンク東海通


これがチャンスと利益率に走るショップも有れば、こうしてばら撒きで数に走るショップも。
Yモバを含むソフトバンク系はひたすら安売りに走っている印象。
ちなみに報告者によると「Softbankショップあちこちで堂々とやってます」との事。
これは「紹介者」に最大総額30万円の現金をするという方法で、当事者には払わないから
OKという言い訳を用意している、ちょっと悪質なパターンです。
しかも30万ですからね、先の総務省の通達はあっという間に無効化されてしまいました。

こんなズルを前提とした詐欺師と真面目に学問を究めてきた総務省の面々じゃ勝ち負けは
初めから決まっているようなもんで・・・。とりあえず総務省は詐欺師の手法をまずは学んで頂戴。


その上で、端末代は適切に買ってもらって、その分を回線代を安くさせるという方へ動かして下さいな。
総務省がやろうとしている事は正しいし合ってるのですから、とりあえず応援はしますよ。
同時にキャリアがクソである事も私は認めます。
だから総務省は頑張って頂戴。

ジャーナリスト諸氏も、横からこんな記事ばかり書いて文句を言っているだけではなく、もうちょっと
「何が正しい姿か」を世間に伝えてくださいな。総務省がやろうとしていることは正しい事だと
いう事を分かり易く伝えるべきです。

悪いのは総務省ではなく、反発を続けて裏をかいているキャリアの方だという事を、きとんと
分かり易く説明するべきです。

某メーカーからの圧力で、端末のおかしな割引の偏りで販売数を捜査している事等、やはり現実を
多くの人に伝えるべきです。やはりそれはティアワンでは無理ですか?


パケット代が7GBで3500円/月とかになったらやっぱりうれしいでしょ?
その分端末代を定価買いすればそれが可能になるわけです。
48000円の端末を合わせれば2000円/月プラスで5500円/月になるわけです。
7GBよりもっと下げたプラン、例えば3GBが2000円/月だとしすると4000円/月に。
端末を定価で払っても安いでしょ?

まあ例に挙げたパケット代は結構攻めてますけどね(笑)

84000円の端末を合わせれば月3500円プラスで月7000円。
それを大事にして長期で使えば端末代のウエイトを下げる事が出来ます。
今の同じ端末を長期に使えば養分化する今よりも余程健全な状況だと思いますよ。

私はそうなって欲しいし、総務省にそれをキャリアにさせることを期待しています。
こういう事をジャーナリスト諸氏にはきちんと説明して欲しいのですよ。

「端末代を定価で買った方が、結果としてお得になりますよ」

って事を。
頑張って端末を長く使えばめっちゃ得ですやん。
今は頻繁に端末を買い替える人が得するのでそれもおかしいですよね。
そういうおかしな搾取を是正させないといけないと思っています。

ジャーナリスト諸氏、頑張れ。
総務省頑張れ。

キャリア、いい加減特定林檎メーカーの言いなりになって対米黒字の解消に貢献ばかりするな。

そんなわけで私は誰も味方をしない総務省を応援しています。

  1. 2016/05/28(土) 23:46:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

Google、Android OSのアップデートに積極的ではないメーカーの吊し上げリストを作成・公開へ

GoogleがAndroidのアップデートを迅速に配布すべくスマホメーカーに強硬手段をとる ~ GIGAZINE
2015年にStagefrightの脆弱性が発見された後、Googleはセキュリティパッチを毎月配布するようになりましたが、セキュリティパッチはNexusシリーズにはすぐに配布されるものの、他のスマートフォンは開発しているメーカーがセキュリティパッチをスマートフォンに適応させてから配布する必要があり、各メーカーでパッチの配布状況が異なるため多くのAndroidスマートフォンで脆弱性が残っているとされています。また、キャリアの中にはセキュリティを優先しない企業があり、ユーザーにパッチがなかなか配布されないこともあるそうです。
Bloombergが報じたところによれば、こういった状況を打破すべくGoogleは今までよりも強制的な処置をとっているとのこと。端末が最新のセキュリティパッチを受け取っているか、OSが最新バージョンになっているかをメーカー別にランク付けしたリストを作成し、各メーカーと共有した上で、リストの公開についてメーカーと協議がなされたそうです。

Google、Androidの最新版配布に非協力的なメーカーのリストを公開へ! ~ iPhone Mania
Googleは、Androidスマートフォンの最新バージョンOSの配信に協力的でない端末メーカーのリストを公表する方針です。古いバージョンを使い続けることで生じるセキュリティ問題に対処したい考えです。そこで、OSのバージョンアップに消極的な端末メーカーのリストを公表する、という強硬策に出る方針に決めました。

GoogleがAndroidのアップデートを怠っているメーカーのリストを作成、公表するという
強行手段に出る模様です。

Android OSは最新バージョンを移植しない、または早期に止めてしまうメーカーが少なくなく、
古いバージョンが残り続けてしまう原因になっています。

なのである程度知識のあるユーザーは、GalaxyやXperia等、アップデートの実績が有る
メーカーの端末しか購入しなくなる傾向が有ります。

更には国内キャリアで端末を購入すると、バージョンアップが遅い、またはグローバル版よりも
早いバージョンで終わってしまう等の問題も有り、ならばとグローバル版をわざわざ購入する
人も増えてきました。

大衆の少なからずは、バージョンアップを面倒、または全く気にしていないのは間違いありません。
幾らバージョンアップを出しても気にせずに放置している人はいます。

しかしそういう人ばかりではなく、きちんとバージョンアップを待っている人はいます。
中にはrootを取れる事まで含めて価値と感じている人もいます。
例えばXpeira Z3/Z3Cの白ロム価格が高止まりしている事からも、どれだけそれが重要視されて
いるのかが分かりますね。


またこれはメーカーとしか書かれていませんが、国内ではキャリアの方がバージョンアップに
消極的で、Xperiaだとグローバル版はとっくに出ているのに、国内版が長らく放置される事も
少なくありません。

ただXperiaはちょっと風向きが変わりつつあり、何故かドコモ向けのZ5ではグローバル版よりも
ドコモ版が世界で一番にリリースされました。

少なくとも最近のソニモバとドコモはやる気を感じます。またサムスンも国内では嫌われた
メーカーでは有りますが、OSバージョンアップのサポートは決して悪くは有りません。

富士通は初期の頃からRAMを1GB搭載したり、Android OSのバージョンアップには積極的で
やる気のあったメーカーだったはずですが、ARROWS XとARROWS Kissの過ちのせいで
全てが台無しになりました。

折り畳み携帯の時代、50xの時代には一時代を築くほど信頼を得ていた富士通も今は廉価版の
端末を細々と売っているような状況になりました。廉価版から積み上げて、またハイエンドの
世界に戻ってきてほしいメーカーです。ARROWS X当時は端末の加熱もっさり問題以外は
やることはやっていたメーカーですから。


Googleがこうしてアップデートのワースト情報を公開するのは私的には有り難いことです。
ガンガンやってくれと思う所が有りますが、例えば国内では初めからOSは一切バージョン
アップを出さないと決め打ちしているんじゃないかと思えるメーカーも有ります。

また一万円台で出しているような安売りSIMフリーメーカーは初めからやる気がないと
思われる所も少なくありません。

そんな中でどこまで実行力が伴うのか未知数では有りますが、ある程度のルールをもって、
実効力のあるものにして欲しなと思います。


またメーカーやキャリアを通さずに直接APIやミドルウエアをアップデートできる仕組みを
もっと積極的に導入していって欲しいなと思います。恐らくその過程でカプセル化を
進めることになり、よりセキュリティーが高まることにもつながると思います。

Googleも折角攻めに入ったのですから、やるならとことんやって欲しいなと思います。

  1. 2016/05/27(金) 21:43:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【#Xperiaアンバサダー[Z4/番外]】今更Xperia Z4が快適になった事と、そうなる迄の苦悩の期間と悪循環の過程を考察してみる

ドコモとソフトバンクのXperia Z4にAndroid 6.0 Mashmallowへのバージョンアップが来てしばらく経ちました。
聞こえてくるのは多くの快適という言葉です。

Android 6.0 Marshmallow アップデートまとめ[人柱の皆さんの声] ~ Xperia Z4 Wiki

147 名前:SIM無しさん (ワッチョイ ebb7-Gtsw [114.179.80.184])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 12:08:14.64 ID:VtqvQAGo0 [2/2]
目に見えて動きが軽くなったね。
Z5であったバグつぶしたのかな?今のとこ何も不具合なく快適だな


150 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 6fe2-Gtsw [219.111.87.86])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 12:28:18.13 ID:jUolP+bG0 [3/6]
サクサク杉ワロタ

154 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 0bd2-Gtsw [122.26.235.231])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 13:18:10.63 ID:OzNgAzSm0 [1/3]
マジでサクサク。
ガンダムにマグネットコーティングしたぐらい速いね。


159 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 7bef-Gtsw [118.83.100.103])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 13:34:05.41 ID:w/KfwZUs0
すげーサクサクだな
熱くなるとクロックダウンするのも改善されてる気がする


163 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 3799-Gtsw [221.95.49.136])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 14:22:02.47 ID:G9RieeLL0
>>159
アプリ軽くなって驚いた

熱くなってもクロックダウンしにくくなってるなら夏も少し安心して使えるな


166 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 6fe2-Gtsw [219.111.87.86])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 14:37:38.10 ID:jUolP+bG0 [4/6]
テザリングのAPNまた強制に書き換えられてらぁ


169 名前:SIM無しさん (ワッチョイ a7d2-Jz3o [153.175.150.177])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 14:43:10.80 ID:EX/KG6hR0
やっとアプデ終わった
すげえ、信じられねえレベルでサクサクやん
いやまあ今までの性能の割にカクカクっぷりがおかしかったんだけどさ
とりあえずようやくストレス溜まらないレベルの使い勝手になって嬉しい
あとは発熱と電池持ちがどうかだな


172 名前:SIM無しさん (ワッチョイ b339-Gtsw [116.65.79.28])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 14:55:13.96 ID:kHaA2dfG0 [1/2]
発熱もかなりマシになってる気がする
前は2chmateやってるだけで暖かくなってんなって感じだったが
今は全然熱くなってない


173 名前:SIM無しさん (スプッ Sd2f-Gtsw [49.98.67.95])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 14:57:23.86 ID:959j3LYud
ツムツムの具合はいかがでしょうか?

192 名前:SIM無しさん (ワッチョイ cb39-Gtsw [42.147.227.66])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 17:02:36.81 ID:kBMDeDlV0
>>173
いま試しにやったけど、ガックガクじゃなくなってるよ


175 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 5388-Gtsw [220.104.61.101])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 15:00:38.62 ID:A2zx0dm+0
本体のフォントも変えれるようになってんじゃん


183 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 6fe2-Gtsw [219.111.87.86])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 15:59:33.70 ID:jUolP+bG0 [5/6]
相変わらずスリープ(画面消灯)直後にサイドキーで復帰


184 名前:SIM無しさん (ワッチョイ 5ba2-Jz3o [110.92.8.17])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 16:11:44.39 ID:hPbBf+PE0
6.0にしたら今までのもっさりが嘘のように
軽快に動くようになった


189 名前:SIM無しさん (アウアウ Sa7f-Gtsw [111.107.186.254])[sage] 投稿日:2016/04/19(火) 16:56:06.67 ID:dLOfVIUza
タスクの切り替えとかメチャクチャ速くなってる


278 名前:SIM無しさん (スプッ Sd2f-Gtsw [49.96.36.10])[sage] 投稿日:2016/04/20(水) 10:03:07.00 ID:C6P/MOgrd [2/2]
一晩置いて安定したっぽいのでベンチとった。体感的にも数値的にも満足だな

アプデ前
http://i.imgur.com/yqKqirh.png
アプデ後
http://i.imgur.com/cWrlnBL.png


これで一件落着。
あれだけ騒がれたXperia Z4の熱問題はほぼ解決したと言っていいでしょう。
同時にパフォーマンス問題も解決で、Snaperagon 810も全力が出るようになったとまでは
言いませんが、十分満足レベルの端末になったのではないかなと思います。

今現在の時点で、amazonで白ロムのZ5が65000~75000円で売られています。
Z4なら55000~60000円で新品が手に入るので値段差を考えると考慮の余地が有ります。


いや、めでたしめでたし・・・では有るのですが、ではこのまま終了でいいのでしょうか?
Snapdragon 810の熱問題は結局どうなったのか、これ放置ですよね。
その熱問題がMashmallowでは解決しているのですよ。
あれだけ騒がれて、Z4やZ5の不買運動に近いものが有ったわけですから、そのまま放置と
いうのもこのブログ的には尻の落ち着きが悪いというものもです。


取りあえずおさらいしておきましょう。

まず、Z4では(実際にはそれ以前のXperiaシリーズから)Photo Analyzer Service問題が有りました。

当ブログ記事

Photo Analyzer Serviceのアプリを無効化する事で快適になったという事がまず有ります。

これは顔認証機能やカメラのスマイルシャッターなどで、リアルタイム画像処理を行っている
と思われるもので、ものすごく重くてプロセッサの能力を食うものでした。
そのせいでZ4の動作状態でのプロセッサのクロックは普段から高めでした。

私は #Xperiaアンバサダー のモニター企画でZ4を借りた時に、地道にCPU-Z等を駆使して
あらゆる状況でのプロセッサの平均動作クロックの状況を割り出していきました。

Android端末は新しいものほどバックで色々動いているので、クロックが鎮まりにくいのは
仕方ありませんが、Z4はちょっと異常でした。

端末を触っていないのに、他の端末ではバリバリ触っているような雰囲気のクロックの
動きを示していました。それもほぼ常時。

スリープも無理やりスリープに入れているのかと思うような状況で行われており、なにか
腑に落ちませんでした。

そこでプロセッサのパワーと電力を食っている犯人探しをしました。
その結果が【#Xperiaアンバサダー[Z4/03]】の記事の途中以降の部分です。
これは後にスマホ評価不具合ニュースさんやらあちこちに飛び火して話題にもなりました。

さて、これで一件落着・・・いや、まだですよ。

私は当該記事でPhoto Analyzer Service以外にもう一つの原因について書いています。

【#Xperiaアンバサダー[Z4/02]】
●私が疑っていたのはSnapdragon 810よりもAndroid 5.0

世間ではSnapdragon 810が熱いという事で色々問題になっています。
私も勿論それは有ると思っています。

しかしクロックの動きを見ていると、熱いと言われる時は必ずクロックが全体的に上がっている時です。
クロックが上がりやすいから熱くなる。当たり前の事です。
勿論それで熱を持ち過ぎるプロセッサも悪いですが、私が経験してきた事から考えると、
もう一つクロックが高止まりする要因が端末の中にあります。

Android 5.0は、私がNexus 7(2012)で使っていた時、超もっさりになる時が有ります。
勿論同じ事がXperia Z4の中でも起こっているでしょう。
しかしものすごいプロセッサのパワーでそれを押し切ってしまっています。
【#Xperiaアンバサダー[Z4/03]】
●で、結局誰が悪いのよ

これはまだ分かりません。

Android 5.0はクソ確定でいいと思います。

というわけで、Nexus 7(2012)という古い端末でAndroid 5.0.2~5.1.1を触ってた時の感触で、
Android 5.0にかなりの問題が有ることは実感していました。

恐らくMashmallowだとこのような古い端末でも快適に使えると思います。
結局はLollipopの問題と言ってもいいでしょう。

それはLollipopに搭載されているARTの問題なのか、それとも他の処理部分の話なのか、
私には知り得ない事ですし、これ以上解析を進めるのも難しい話です。

ただ分かっていることは、LollipopからMashmallowにバージョンアップすると快適になるという事だけ。
Z4に限らず、安定していると分かっているならMashmallowにアップするべきだと私は主張します。


Androidの履歴を追っていくと、JellyBeanの間はそう大きな書き換えはされていなかったのでしょう。
いや、かなりのコード量のプログラムがされている事は知っています。
しかし根幹的な部分の変更はそう多くなかったのではと想像しています。

それがKitKatでARTの実装が始まっています。WebViewの分離やセキュリティー関連の実装も含め、
根幹的な部分がごっそりと書き換えられていっています。

それを本気で進めたのがLollipopです。
ここで大きな何かがあったのでしょう。

メモリリークで泣かされ、少なくともNexusシリーズに出た5.0は大バグだらけで使えたものでは
有りませんでした。5.1になってからはマシにはなってきましたが、結局快適に使えたのは
プロセッサパワーが有る端末だけで、快適な分熱を発して誤魔化しているなと感じていました。

それはZ4を使った時に感じましたので、それを色んな言葉で指摘していました。
それが「Android 5.0はクソ確定でいいと思います。」に込められていた気持ちです。
その答え合わせもMashmallowになってみるまでは単なる私の感想でしかありません。

私からすれば、Mashmallowになって多くの喜びの声は「クソ確定」を言った時にはなんとなく
分かっていた事なのですが、でも実際にMashmallowで直るのか分かりませんし、Nまで
持ち越される可能性もないとは言えません。

なのでこの喜びの言葉を聞いてほっとし、喜びました。

結局はLollipopではプロセッサをぶん回して誤魔化していたわけで、それは全部熱に
変換され、バッテリーを食う原因にもなっていました。


決してSnapdragon 810が過熱プロセッサというわけではないのです。
最近のプロセッサは能力が高まった分熱を発します。
810も単純にそういうプロセッサなわけです。
それが少し多めということは有ります。
しかし過熱プロセッサで使えないなんて事は無いのですよ。


たまたま同時期にLollipopの改定が有った事と、XperiaのPhoto Analyzer Service問題が
重なっただけの話です。


しかしソニーも運が悪いというか、バランスの取り方を知らないというか、
酷い目に遭ったなとは思います。

プロセッサの能力が高くなれば使いたいのはやまやまです。
しかしプリインアプリがプロセッサの能力を食ってはいけません。
バックグラウンドで動くものは特に。

プロセッサの能力は、あくまでもユーザーがアプリで使う為に残しておくものです。
普段のアプリを快適に使う為の余力として置いておくことも大事です。

Lollipopの不出来さと、Photo Analyzer Service問題が重なったことに加え、Z4がその熱を
放出しきれない設計だったことが上乗せして大きな問題に発展してしまいました。

その影響がZ5にまで及んでしまった事は、富士通がARROWS X以降で実践済みです。

Z4は私が一か月使っただけで問題の理由がここまで明らかに出来ていたのに、
それをそのまま発売してしまったのはちょっと問題でしょう。

大事なのは機能を盛ることではなく、コンピューター機器として優秀である事。
素の状態がしっかりした上で、必要な機能だけを肉付けするように考えないといけません。


発売され一年経って、やっとZ4の実力が発揮できるようになったのはいいのですが、
既に「加熱端末」という印象だけが残ることになり、今でも汚名を着せられたままです。

ソニモバもこの辺り、きちんと悪印象をどうにかする事も考えていかないと、
Xperiaシリーズ全体の足を引っ張ることにもなりかねません。
ARROWSのように。

Snapdragon 810だって、Z4がなければここ迄爆熱プロセッサと呼ばれる事は無かったかもしれません。
せめてPhoto Analyzer Serviceがデフォルトで使用されないようになっていれば・・・。
最後の詰めの部分次第で避けられた悪印象だったのではと私は感じています。


Xシリーズはデザインがどうのこうのと言われていますが、不具合なく快適に動作さえすれば、
自然と評価は着いてくると思っています。

Z4シリーズにはそれが足らなかったのです。
今のように快適な端末になってもそれを訂正してくれる人はいないのです。

  1. 2016/05/27(金) 19:47:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「Google Playがまたやらかした!」・・・アップル好きITライターの柳谷智宣氏の記事に対し突っ込み、そして説明を要求する

Google Playがまたやらかした! 人気アプリに偽装したマルウェアが審査通過、DL時には十分注意を ~ 日刊サイゾー
またもやAndroidスマホの問題が勃発。Android向けアプリをダウンロードできる「Google Play」にマルウェアが混入したのだ。今回はブラックジャックのゲームアプリに偽装し、ダウンロードした人の端末から金融データやメッセージといった個人情報を抜いて、外部に送信するもの。ダウンロードしたのは5,000人程度のようだが、別にこれは珍しいことではない。現在このアプリは、Google Playから削除されている。

(゚Д゚)ハァ?

「Google Playがまたやらかした!」
ナニコレ?
やらかしたって・・・、GooglePlayって基本は審査無しでしょう。

これを書いたのは柳谷智宣氏という、バリバリのアップルファンの方のようです。
こんなこと書いていますけど一応肩書は「ITライター」となっています。

Appleアンチの声に惑わされるな!  iPhone 6は現状最高峰のスマホであることは間違いなし ~ 日刊サイゾー
9月19日に発売された、iPhone 6/6 Plus。売れ行きは過去最高で、最初の3日間で1,000万台を突破。すでに多数のユーザーが手にしていることだろう。筆者も6と6 Plusの両方を使っているが、どちらも不満なく活用できている。
しかし、Appleアンチも一定数存在し、iPhoneが売れれば売れるほど、難癖をつけたがる。一番多かったのは「iPhone 6 Plusが曲がる・折れる」というものだ。実際に何人ものユーザーが折れ曲がった写真や動画を投稿しており、海外ではAppleストアの店頭にあるiPhone 6 Plusを折り曲げるという、悪質ないたずらも発生している。

末端であれ一応メディア上での記事で有りながら、一般のブログクラスの記事を書いています。
まあいいですよ、それは。


GooglePlayというのは特に審査は有りません。
ですが、冒頭の記事ではGoogleの審査がマルウエアを通したと思わせるようなタイトルを付けています。

いや、まったくノーチェックではないのでしょうけど。
基本的にはGoogleのアプリ登録した後の流れは以下のようになります。

AndroidアプリをGooglePlayでリリースする方法【今さら聞けない!】 ~ TechAcademy
Google Play Developer Consoleの[すべてのアプリ]で、登録したアプリのステータスが公開中になっていることを確認してください。
これで、Androidアプリのリリース作業は完了です。
実際にGooglePlayで公開をされるのは、この手順が完了してから2、3時間後になります。公開までタイムラグがあるのでご注意ください。また、GooglePlayで公開するための費用は発生しません。



GooglePlayは登録後2~3時間で公開なんですよ。
登録時に機械チェックを通しますが、最新のマルウエアの場合がすり抜ける可能性はあります。

その場合、後からGoogleのクロールが回ってきてチェックするのですけど、それまでの間に
幾らかの時差が有ります。その間に幾らかダウンロードされてしまう可能性も有るのです。
しかしアプリのレビュー欄にきちんと書けば、クロールに関係なく、すぐに対応してもらえます。
Googleの対応と、他のユーザーへの影響を減らす為に、おかしいと思ったらすぐにレビュー欄に
コメントする事だ大事です。

基本はこうして公開された後、後チェックで削除されていくスタイルなんですよね。


それと柳谷智宣氏のこのコメント、決して捨て置けない。

『AppleのAppStoreではほとんど見ないのに、
 Google Playでしょっちゅうやらかしている』


見せてもらおうか、AppStoreの安全さとやらを・・・

当ブログ記事
 ●iPhone・iOSの危険が危ない、バックドアにマルウエア4000個もうどうしようもない現実から目が離せない
 ●iOS9.1でも不具合満載、Touch IDの不具合にマルウエア問題、どの辺りが安心安全なiPhoneなのかアップルにきちんと説明してもらいたい
 ●2015年のソフトエアの脆弱性でアップルが1位,2位を独占で脆弱天国を確立

なめとんのかおい!

さあ柳谷智宣氏、安全なAppStore伝説の言い訳を聞きましょうか。

GooglePlayは業者単位程度の数十本レベルのは確かに有りました。
しかし4000本クラスというのはGooglePlayでは報告された事が有りません。


しかも既報の通り、2015年の脆弱数が発見されたOSでMacOSとiOSはダントツで1,2フィニッシュを飾っています。


『それでも今回のように、トロイの木馬タイプのマルウェアを完全スルーしてしまったのには驚いた。
 Google Playのチェックを回避するテクニックが、裏で出回っているのだろう』

ならば、AppStoreに4000本ものマルウエア感染アプリを登録したアップルについて、何かコメントを頂きたい所。
たった一本登録されただけでこの大騒ぎようですから、その4000倍は期待していいですよね?([Y]/n)

iOSデバイスも聖域なし? 100台以上管理の企業は"ほぼ"マルウェアに感染 ~ マイナビニュース
モバイルアプリのリスク管理を行う企業であるAppthorityは、iOSデバイスを100台以上保有する企業のほとんどにおいて感染したデバイスが1台以上見つかっていると報告している。

Googleはやらかし、Appleはやらかしていないはずですよね・・・?
なにこれ。
柳谷智宣氏が大好きで大好きで仕方がない、安全なはずのiOSデバイスがこの体たらく。
この件についてきっちりと説明を聞かせてもらいましょう。
まさかこれを知らなかったとは言わせませんよ。
しかも知った上でこの記事を書いたというのなら、恣意的な記事を書くクソライター認定です。

曲がりなりにもITライターを名乗り、「ITライター柳谷智宣の「賢いネットの歩き方」」のように
冠付きで連載持ってるんですよね。

通常の速報記事よりも重いと思いますよ。
クソな言い訳はやめて下さいね。

過去の実績やデータを積み上げたわけではなく、一般的な印象論で書かれたように思うのですけど、
そんなブログレベルの記事で金取ってるのですか?

それなりのコメントを期待しておりますので、是非是非立派なコメントを期待しております。

  1. 2016/05/27(金) 19:31:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

インドでアップルストアを開設しようとしていた所、iPhoneに30%インド製の部品を使わいと無理という無慈悲砲炸裂

インドでのアップルストア建設、頓挫か―財務相が「30%原則」への準拠を明言 ~ iPhone Mania
インドの財務相であるArun Jaitley氏は、アップルが直営アップルストアを建設しようとしていることについて、販売製品を構成する部品の最低30%がインド国内で製造されていない限り小売店営業は認めないとの規制を、同社に対しても適用する考えを示しました。

クックCEOのインド訪問後に…行政機関がアップルストア設立に突然難色示す ~ iPhone Mania
通常、インドでは「Make in India」というプロモーションが指し示しているとおり、販売する製品の最低30%がインド国内で製造されていない限り、単独ブランドによる小売店営業は認められていません。事情筋によると、外国投資促進委員会はアップルもこの規則に従うべきであるとの方針を打ち出すそうです。

アップルは販売が極端に弱いインド市場でのシェアアップの為に、インドにアップルショップ
直営店を作る為に手を尽していたのですが、どうやらそれがストップする様子。

インドの財務相が『直営ストアを作りたいなら、iPhoneの部品は30%以上をインド生産のものに
しないとダメ』とダメ出しを食らいました。

アップルはインド市場でのiPhoneのシェアは2%程度である事に痺れを切らしています。
そこで中国で行っているアップルストアの開設を、インドでも行う事で販売数を増やそうと
試みましたが、これで終了~。

イメージ戦略を仕掛けないとアップルの強みって出てきませんからね。
機能・性能よりもイメージ、それがアップルの売り方です。

この調子じゃ、インドでのiPhoneの立場は上がってこないでしょうね。

  1. 2016/05/27(金) 01:51:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【販売が苦しい時の】iPhone 6の試作機がeBayに登場、もしかして買い手もアップル内部の人?【風物詩】

iPhone6の試作機がeBayに登場!製品と異なる特徴も ~ iPhone Mania
これまでも何度か、iPhoneの試作機がオークションサイトに出品されることはありましたが、またもiPhone6の試作機が海外オークションサイトeBayに登場して話題となっています。

またiPhoneの試作機がeBayに登場。
今度はiPhone 6です。

もう定番と言っていい試作機がオークションで売られるという出来事ですが、
どうしてこうもアップルの試作機が流出するのでしょうか。

アップルは最強と言っていいほどの厳しいNDAを課しており、試作機のような極秘中の極秘の
ものは持ち出すことはほぼ不可能でしょう。


eBayで実際に入札が入っているとの事ですが、私はこれは出品者も落札者もアップルの
関係者なんだろうなと予想しています。

もし本当に外部の人に落札されていたら、アップル系の色んな所から落札者に連絡があり、
記事になるであろうことは想像に難くない所です。
有るのは出品される事だけと、試作機がeBayを右から左に通って行った事だけ。
iPhone関連のメディアはネタに飢えていて食いつきたいと思われますが・・・、
なんでその後、表沙汰になる事は無いのでしょうね。

  1. 2016/05/26(木) 23:38:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Windows 10の強制移行スケジュールが設定される事に切れてみる

これ。



もううんざりしたり、嫌悪感すら持っている人も少なくないかも知れません。
私はうんざり派です。


Windows 10への嫌がらせのようなご案内、本当に嫌ですよね。

以前にも有ったようですが、最近うちにも来ました。
各Windows 7端末とも順番にやってきています。

何がって?
これですよ。



これ。
これ。

もう激怒ものです。

予約なんて当然していません。


予約なんてしてねーよ!!!



少なくとも今はWindows 10なんて使いたいとは思わないのですけど、何でそれを強制するかな。

いや、実際使ってみたら特に問題ないよという方もいるのは確かなのですけど、
そんな問題でもないでしょう。

勝手に書き換えようとするなよ!



別に要らんと思ってるのだから、使いたいものをそのまま使わせていて欲しいです。

Windows Vistaも大概でしたが、Windows 8は私は直感的に使えない。
確かにWindows 10はマシにはなりましたけど、でも私はWindows 7の方が良いのです。


もうWindows 10にする気はないのですから、ほおっておいて欲しいです。


マイクロソフト様、Windows 7のサポートが切れる頃に移行させてください。
私はそれだけで十分です。




これで落としておいてISOをDVDなりに焼いておけばいいですよね。

Windows 10 Build 14295のISOファイルがダウンロード可能に ~ PC Watch
米Microsoftは3月25日(現地時間)にFast ringで配信したWindows 10 Insider PreviewのBuild 14295のISOファイルを公開している。
同ビルドは目立った新機能の追加などは見られなかったものの、以前から報告されていたXboxのコントローラを接続するとフリーズするなどといった大きめのバグを修正したものとなっている。また、同月30日にはSlow ringでも配信されていた。

  1. 2016/05/26(木) 20:23:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

【#Xperiaアンバサダー[X/発表]】アンバサダーミーティング、Xperia X Performance タッチ&トライに当選しました

【当選】【6/1(水)大阪開催】「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティング
鈴様

お世話になっております。
Xperia(TM) アンバサダープログラム運営事務局です。

この度は【6月1日(水)大阪開催】「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングにお申込み頂きまして誠にありがとうございました。

本イベントには、定員を超える多数の方からお申込みをいただいたのですが、ご当選されましたことをお知らせいたします。
イベント当日より約3週間お使いいただけるモニターを実施いたします。

「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに申し込んでいたのですが、
どうやら無事当選いたしました。

19時を過ぎても20時を過ぎてもメールが来ないので、今回は落選かなと思ったのですが、
諦めた頃にぽろっとメールが届きました。遅くまでお仕事ご苦労様です。


というわけで、Xperia X Performanceを使ってやってみたい事が色々有りましたので、
当選したのはとても嬉しいです。

さて当日からガシガシ使いまくってまた色々と記事を書きますよ。

そんなわけで当日が楽しみです。

  1. 2016/05/25(水) 20:34:46|
  2. Xperiaアンバサダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Android Nで搭載される高速3D API Vulkanの実力を目の当たりにする動画

以前みっちり記事として採り上げた、次世代高速グラフィックAPI Vulkanですが、
もう一度取り上げたいと思います。

「Android N」、第2の開発者プレビューが公開--Vulkan統合、ショートカットなど ~ ZDNet
Googleは米国時間4月13日、Androidの次期版「Android N」の最新の開発者向けプレビュー(Developer Preview 2)をリリースした。
新機能としては、最新の3DレンダリングAPIである「Vulkan」をサポートした。Vulkanは非営利の標準化団体Khronos Groupが中心となって策定するオープンな標準で、低いオーバーヘッドなどを特徴とする。Googleも仕様策定に参加している。

Androidが次世代グラフィックAPI「Vulkan」対応へ。同一GPUで劇的高速化 ~ engadget
Googleは2015年8月10日、Androidが次世代グラフィックスAPI「Vulkan」に対応することを明らかにしました。
Vulkan は業界標準の OpenGL や OpenCL と同じ規格化団体 Khronosグループが策定する次世代のグラフィックスAPI。CPUのオーバーヘッドをなくしマルチスレッドに最適化することで、同じハードウェアでも劇的にグラフィック性能が向上します。

Android N Developer Preview 3がリリースされており、既に多くの方がインストールして実際に
触ってみて実験を行っている模様です。そのAndroid Developer Previewの 2以降でVulkanが
実装されています。そのVulkanの実力が分かる動画を紹介します。

左がVulkan、右がOpenGLESです。


PowerVR Rogue GPUs running Gnome Horde demo (Vulkan prototype)

左下に表示されているFPSのグラフを見ると、Vulkanの方は、高止まりで安定している事が分かります。
かなり有り得ないぐらいの負荷を与えているにも拘らず、Vulkanの方は安定して表示出来ています。

一方、OpenGLESの方は、負荷が高まると一気にぱらぱら漫画のようになってしまいます。
かなり残念な状況に。

クアッドコアのプロセッサ負荷もグラフとして左下に表示されていますが、Vulkanの方は
普段は2コアで小負荷、負荷の大きな表示になったら4コアともフル回転しています。
これを見ると、CPUとGPUの能力をフルに生かせている事が分かると思います。

プロセッサ自体の能力が高まると、その分無駄なく使いきれる事が分かると思います。
一方OpenGLESの方は、普段から負荷が高めで、重い処理になると、前の2コアが完全に
処理能力を使い切って処理が飽和してしまいます。それでコマ落ちしてしまうのです。



Vulkanがスゴイのは分かったのですが、しかしながらこれが使えるのがAndroid Nからというのは
少し残念です。本当はLollipopか、遅くてもMashmallowの頃には欲しかったというのが本音です。

iPhoneではiOS8以降でVulkanと同クラスのAPIであるMetalがサポートされています。
iPhoneがゲーム向きと言われる理由の一つがMetalを使える事です。

極端に負荷が重くならなければOpenGLESで十分事足りるのですが、最近は極端に重いゲームが
一部にあり、もはやそのゲームが快適に動くかがベンチマーク化している始末。

そのゲームをAndroid端末で楽に動かそうと思えばVulkanが必要になります。
Vulkanが使えれば3D系のベンチマークの数字がドンと上がる可能性が考えられます。

上の動画を見ればなんとなくそれを感じ取ってもらえると思います。


ゲームをする人でAndroid端末がいいという人は、是非Android Nが降ってくる端末を
選んでおきましょう。古い端末ですが、Xperia Z3もAndroid Nが降ってくるので合格。
今後はAndroid Nが動かないと重いゲームが動かなくなる可能性も考えられますね。

しばらくはVulkanとOpen GLESの両対応になると思われますが、これが何処かの
ラインでVulkanオンリーで線を引くゲームも現れるかも知れません。


でも本音を言うとAndroid Nレベルではなく、MashmallowクラスまでVulkanが欲しい所です。
Android Nが出て、それからアプリの開発が進むのですから、Vulkanが動くプラットフォーム
を早期にふっやしておくべきである事を考えると、一部でもいいですからMashmallowに
Vulkanを持って来れたらアプリの開発状況がかなり変化すると思います。

ゲーム会社も、仕事量を増やしてまでVulkanに対応するにはそれなりのインセンティブが
欲しい所ですしね。正規にGoogle出典でアドオンで載せられるのなら最善ですが、
CM等のカスタムROMで載るならそれでもいいかも知れませんね。
ただこの場合、Vulkanの利用をOSのバージョンで判別されてしまうと意味が無くなりますけどね。


まだ実際に利用できるようになるまで色々ハードルは有ると思いますが、ようやく本気で
ゲーム機に対抗できるような状況になりそうなので、Vulkanに期待して待ちたいと思います。

  1. 2016/05/25(水) 20:09:04|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とある家庭でiPhone 5c⇒SEでWiFiが繋がらなくなった顛末と理由

夕方にいきなり声がかかりました。
「新しいスマホに変えたらWiFiが繋がらない」
というわけで、夜になりましたが行ってきました。


元々iPhone 5cを使っていた所ですが、SEに買い替えたら繋がらないとのこと。
そこの家は、私が譲った相当に古いWiFiルーターを使っています。
それとどうも相性が悪いようです。

5cでは大丈夫で、SEだと繋がらない。
家族の中にグローバル版Galaxy S7 edgeを使っている人もいます。
勿論S7 edgeも問題なく繋がっています。
私のXperia Zも普通に繋がります。
SEだけがアウト。

というわけで、ルーターにログインして設定を確認。

ここの家のルーターは私がWPA-PSKのAESに設定して有りました。
それまでは5cでも快適に使えていました。
SEだとWPA-PSKのAESはダメなようなので、WPA-PSKのTKIPに変更。
これでSEでもするっと繋がって感謝されました。

iPhone SEはどうも古いプロトコルは捨て始めているのかも知れません。
AESを切って、TKIPを選んだ基準が分かりません。
他のスマホはiPhoneを含んで繋がっていました。

SEで古いプロトコルを取捨選択するとして、なぜAESを削除してTKIPを選んだのかはよく分かりません。
普通AESの方を選ぶと思うのですけど、どんな理由が有ってTKIPになったのでしょうか。

これもWPA2-PSKになったらどうなるのかは分かりません。
分かっているのはiPhone SEではWPA-PSKのAESは非対応になった事だけ。

古いプロトコルなので削除した所で今更問題になる事もほぼ無いでしょうけど。
ただそれを削ることで、使えなくなった環境が一定数あるんじゃないかなと思います。
まあ今はもうWiFiルーターは安いものなので、こうして非対応にしていっても問題は少ないと思います。

ただ、その家の環境では件のSE以外は全て繋がっていたという事だけ。
S7 edgeが偉いのか、SEがわがまま仕様になったのか。
まあそこはアップルですから・・・で済ませた方がいいのかな?

そう言えば、原因究明だけに必死になって、各端末のiOSのバージョンを調べてくるのを忘れていました。
と言っても5cにどのiOSが入っているのかを調べるだけですが。
SEは今日受け取ったのですから黙っていてもiOS 9.3.1が入っているでしょう。

ちなみにS7 edgeを使っているのは大学生の長男。
このタイミングでグローバル版をポチって購入していたとは、思った以上にツワモノでした。


それとついでに聞いた話です。
一般主婦層で、LINEが危ないという事を主張し、使わない人が2~3割いるのだとか。
主婦層って皆流されるものだと思っていたら、頑なにLINEを拒絶する人もいるという事で、
ちょっとほっとした所もあります。皆さんなかなか知恵がついています。


ちょっとしたことですが、iPhoneも新しくなって色々と細かく変えているんだなという事が分かりました。
SEでこうだという事は、6sでも同じという事なのでしょうか。
それとも5sの頃から既にそうなっていたのでしょうか。

というかこれ、WiFiを司るチップが関与しているのか、それとも完全にOS内のプロトコルスタックに
組み込まれているのかにもよりますね。その辺の階層の知識は余り無いので今一予想が出来ません。

古いルーターが残っていたので偶然知れた事ですが、細かく変化している事が分かりました。
Android端末では浮かび上がって来ない事だったので面白いなと思い記事にしました。

  1. 2016/05/25(水) 19:34:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Googleが色々進める小さな修正や新たな開発、次々にAndroid OSに組み込まれて熟成が進んでいく

Google、Androidでのパスワード入力が不要になる新しい認証機能を開発中 ~ juggly.cn
Google が Android でパスワードの入力無しに様々なアカウントにログインできる新しい認証機能の開発に取り組んでいることが分かりました。
これはスマートフォン内に設けられた「TrustScore」と呼ばれる特定のスペースでユーザーのパターン(入力パターン、行動パターン、位置情報、顔認識など)に基づく本人の正当性を示すスコアが計算され、一定のレベルに達するとパスワード入力不要でログインすることが可能になると言われています。

Google、Android Nに様々な物理キーボード用ショートカットを追加 ~ juggly.cn
Google は Android の次期メジャーアップデート版「Android N」に様々な物理キーボード用のショートカットを追加していました。
これまでの Android バージョンでも物理キーボードをサポートしており、大々的には紹介されていませんでしたが、キーボードショートカットも利用できます。

Googleはどんどんと新しい技術や要素を開発し、それをAndroidに組み込んで行こうとしています。

上記のこれらはほんの少しの例に過ぎませんし、それぞれは大きなトピックスというわけでは有りません。
しかしこういったものを地道に積み重ねていく事で、より安全により使いやすくなっていきます。
これがAndroid OSの世界です。

iPhoneやiOSのように、年に一回、スポットライトを当て、「今年の新製品はこれ、今年の新しい機能はこれ」
みたいな事をし、人を熱狂させれば確かに一大ブームを演出できます。
人の高揚感を刺激できるからです。大衆心理を操って、興奮状態にして商品に飛びつかせるのです。


そうい売り方ってのは・・・確か日本でも流行った事が有りましたね。
確か・・・ビルの一室に沢山の人を集めて・・・。

  「はい、このしゃもじが欲しい人、タダであげちゃう!」
  「はい、この鍋が欲しい人、これもタダだよ!」
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
  「はい、この布団は、なんと20万円の大特価!!」

これとの客側の脳の働きの違いを見出せません。


一方Android側は、徐々に熟成を進めてきており、例えばICS⇒JB⇒KK⇒LP⇒MMと内側では
ドラスティックな改装をしていても、iOSのような大きな話題にまではなっていきません。
Google自身もそれを煽りませんし。


ただただ、地道にこうして新しい技術を粛々と開発しては組み込んでいくだけの日々なのです。
少なからずのメーカーのやる気のない遅い移植にイライラはしているようで、Android Nでは
ついにGoogke I/O前にPreview版を出して完成時期の前倒しをし、メーカーには早期採用を
進めるように等の努力も同時に行っており、開発一辺倒という訳でも有りません。

既にあまりに大き過ぎる巨体に成長してしまったAndroid OSの手綱の捌き方としては割とうまく
取回していると思います。Android OSの世界シェアが、90%に迫る所まで成長したのは偶然ではなく、
こうしたGoogleの取り回しのうまさが有ったからだと思います。

結局モデルを絞って一時的な収益だけに特化したiPhoneと、進みは遅くても世界の隅々まで
くまなくシェアをとり、収益は二の次にしたGoogleで大きなカラーの違いが出たと思います。

案の定、収益に特化したアップルは国家規模の現金を手にし、Googleは収益はそこそこで
莫大なシェアを手に入れました。



アップルのその過程には指紋認証や大型化と、一つ一つの要素を小出しに売りにしてモデルチェンジし、
それをいちいちビッグニュースに育てあげて売る商法でなんとか”ジョブズ後”も乗り切ってきました。
そろそろ息切れのようですが。

今年はアップルは概ねリークが黙ったままなので、もう揃えられるトピックスの手玉が無くなってきたのでしょう。
リークできる程の大きなものは、対応されるのか分からない防水など、本当に限られてしまってきたからかもしれません。
64bitのように隠し通して発表して、大して興味を引けなくて大コケするかも知れないレベルのものしか
用意できなくなってきているのでしょう。もうクック氏の言葉の麻薬には耐性がついてしまった信者が
増えてしまいましたからね。ジョブズのように、何か分からないけど興奮するという無条件スイッチを
クックは持っていませんから。

ああ、そういや「これなしには生きられなくなるような、想像もつかないような機能」が有るのを忘れてましたねw


一方Googleは”一通り揃った後”がスタートラインと考え、こうした”熟成”こそが、本来したかった
ことだと言わんばかりに力を入れている様子が伺えます。

三歩進んで二歩下がる、このGoogleの進め方についていけるメーカーだけが残っていくでしょう。
日本の大手メーカーは、着いていく気はないようなので更に落ちていくだけでしょうか。
このままだとシャープか富士通のどちらかか、両方が撤退でしょうね。
世界が変わっているのにやり方にまだ昭和が残っていますから。
出来ることは単純なコストダウンだけでしょう。

体制を中国などのアジア系メーカーが行っているような、きちんとグローバルで通じるハイエンドを
作ることや、素早い最新OSの展開などというレベルからはほど遠い。
その癖、半年に一回の乱発を続けている。
中途半端な端末が海外メーカーの倍のペースで出る。
頼みの綱はローカル機能だけで、決して端末の出来は海外メーカーに勝っているとは言えない。
基本中の基本をおざなりにしている。
(グローバルの常識から見て)奇をてらって成功する事の方がおかしいのです。
PCでDELLと撤退したメーカーの違いをきちんと考え直すべきです。
余計なチューナーや機能を満載していたメーカーがどうなったのかよく考えるべき。
国内では唯一ソニモバだけがグローバルスタンダードに着いていけるかどうかの瀬戸際でしょう。

どれだけ最新OSをきちんと回していけるのか。
メーカーの独自機能なんて求めるユーザーは大していません。

 「早くGoogleが出してくれた新OSを使いたい。」

その興味を満たしてくれるメーカーだけが将来へのパスを手に入れるのです。
そういう意味ではソニモバもauの経路だけは将来的には死滅するでしょう。

auは現状のままではiPhoneの終焉と共にソフトバンクに抜かれてもおかしくは無いです。
ソフトバンクは限りなくグローバルに近いAndroid端末をそのまま出しています。
余計なコストはなるべくかけない。
キャリアアプリがほぼ無いのでAndroid端末の評価が総じて高い。
評価が低いのはモバイル回線と企業の印象のみ。

特にiOSを使ってきたユーザーにとっては「OSバージョンアップ」というものは一部常識として
植えつけられた所が有り、無い方がシンプルで分かりやすくは有るものの、例え自分が
バージョンアップをしなくても、信用の尺度として間接的に観察している所は有ると思います。
結局OSのバージョンアップへの取り組みの差で、auはドコモに追いつけないままになるでしょう。


それもこれも、GoogleがこうしてOSの熟成を進めていくからに他ならず、それに対抗できるのは
アップル以外にはなかなかないのですが、そのアップルがこんな状態ですから、更なる
Googleの独走を許すことになってしまうと思います。

Firefox OSやTIZENもローエンドを刈る所からが切り口でしたが、それは真正面からGoogleと
ぶつかってしまえば戦えない事を理解しているので、プロセッサのパワーやRAMを食うAndroid OSの
不得意分野とされる所を狩りに行く作戦でした。Googleがそこに対してもきちんと対応し、
多少のメモリ食いなOSのままながらも、その部分は結局技術の進歩がAndroidの欠点を補ってしまい、
ローエンド向け専用OSの必要性が薄れてしまいました。

そのせいと後は展開が遅すぎたせいもあり、Firefox OSやTIZENは消え去り、WindowsPhoneも
ローエンドだけに特化してシェアを取ろうとしたものの、それだけではどうしようもなく、
中途半端な立場になってしまいました。

結局競合がiOS以外になくなり、Android OSの体制が強固になってしまいました。


正直Mashmallowの頃にこの事を感じ始めていましたが、Android Nでほぼ確信に昇格。
車の開発にしても、付け焼刃のAppleCarと、実際に人を乗せて既に何万キロも公道を走って
いるGoogleの自動運転車とではもう比べ物にならない所まで差がついています。

iOSとAndroidでは、iOSが数年先を走った上で、Googleがものすごい勢いで抜かしていきました。
ジョブズが居たのに。

今度はジョブズの居ないアップルと、色々と先行スタートを切っているGoogleとの競争になります。
さて、この後どんな勝負になるのでしょうか。

私は分かり切った勝負になると思っているのですが、異論が有る方っていますでしょうかね。
信者系の方やそうでない方、色んな意見が有ってもいいと思っています。

  1. 2016/05/24(火) 19:32:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ドコモがヴァル研とdocomo WiFiを利用して一連動型プッシュシステムを開発、クソアプリの一員にならないことを乗るばかり

ヴァル研究所とNTTドコモ、docomo Wi-Fiを活用した位置連動型のスマートフォン向け広告配信システムを開発 ~ juggly.cn
ヴァル研究所と NTT ドコモは 5 月 24 日、NTT ドコモが提供している Wi-Fi サービス「docomo Wi-Fi」を活用して、ユーザーの行動や生活に関連した広告を配信する「O2O 型位置連動情報配信システム」を開発したと発表しました。
「O2O 型位置連動情報配信システム」は、接続した docomo Wi-Fi のアクセスポイントをユーザーの現在位置とみなして、付近で営業している店舗等の広告をスマートフォンにプッシュ配信する広告システムです。

ドコモはdocomo WiFiを利用したプッシュ配信システムをヴァル研究所と開発。

実際にはサービスとして裏で動作しているアプリが、特定のWiFiエリア内に入ると何らかの
アプリをサービスが立ち上げ、サーバーに広告を読みに行くような実装になっているのかなと
勝手に想像してみました。私ならそう作りますといった感じ。

サービスが数秒~数十秒おきにSSIDを監視し、SSIDがヒットしたらどのエリア化を確認して
呼ぶアプリを変える感じ?それともアプリは一定で、サーバーにエリアを送りつけると
その返答内容が送ったエリアによって変化する感じでしょうか。

どちらにしても、そんな難しい実装にはならないはずです。
バッテリーもメモリも大して食わない。

ただし、これをどういった形で撒くかが問題です。
ウザいキャリアアプリとして実装し、消せない状態で入れるなら是非やめてほしい。
プリインまではするなとは言いませんが、使いたい人はGooglePlayで自由に落とせるようにするべきです。
端末縛りはしないで、spmode縛りだけすれば十分でしょう。

下手な縛りを増やすと、結局サービスを使ってもらえないだけで終了です。
今迄どれだけ流行らないサービスを立ち上げて無駄になってきた事か。
それならば、きちんと使ってもらえるきめ細かいサービスとして立ち上げるべきです。

そういうサービスを、一つ二つと増やしていき、企業や商店などから広告収入を得られるようにし、
ユーザーは無料で使える様にすればもしかすると流行るかも知れません。

ただしこのサービス、ドコモのコンシェルと若干バッティング気味ではないですかね。
何でもかんでもプッシュプッシュではウザいだけだし、コンシェルにエリア広告モードを
追加するだけで十分な気がします。

似た様な実装の別機能をバンバン増やして、どれも中途半端で終わって結局何も実に
ならないとか、もう大手キャリアがやることの定番としか思えません。

日常的にコンシェルを使っているユーザー数ってどれだけいるのでしょうか?
少なくとも私の周りで使っている人は全く見た事がないのですけど。

AndroidWearと相性がいいはずのサービスですが、別々に実装して作り込む必要が
有るのでしょうか。何個も同じような違うアプリをね。

こういう所が縦割りの悪い所です。
メモリ食う、プロセッサのパワーも食う、バッテリーも食う。
そういう似た様な違うアプリをいくつも載せて、結局端末はハイエンドでもグローバル端末
よりも動作が重くなる。プアで安いグローバル端末を触った人が、国内のキャリア端末に
戻ってこなくなるのはそういう所が有るからです。

常時フェッチ系のアプリをいくつもいくつも動かす事はバッテリーとメモリの無駄です。
そろそろドコモもその事に気づいてきちんとキャリアアプリの精査と統合を進めるべきです。

まずは数を減らすべきでしょう。
こんなものを開発した記事を見ると、とてもガッカリした気分にしかなりません。
なぜコンシェルの機能拡張で済ませられなかったの?って言いたくなります。

というか、ドコモは一度キャリアアプリの仕分け会議でも開いた方がいいのではないでしょうか。
不可視属性のものまで含めるとかなり沢山有りますし、似たようなアプリは統合してしかるべきでしょう。

キャリア端末のブートが遅いのを驚いていた人が居ますが、そりゃ沢山キャリアアプリが
盛られているのですから当然です。

こういうアプリも含めて一応応援はしますが、不必要なものまで応援は出来ないのですよね。

  1. 2016/05/24(火) 19:16:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャーナリストの石野氏、9.7インチiPad ProでiOS 9.3.2へのアップデートで端末が文鎮化する事案が発生、アップルは9.3.2へのアップデートを一時凍結

ここのコメ欄でもらった石野氏のツイートにみるiOS 9.3.2のアップデート問題。





石野氏がiPad Proを利用していて、iOSのアップデートで文鎮化したとの事。




OSのアップデートでiPad Proがぶっ壊れてしまったご様子。
この様子を見ていてかわいそうに感じますが、自らアップル製品を喜んで使っておられる
方なので、特に擁護する気にはなれません。

アップルのソフトウェアに対する意識は、クソマップやブルースクリーン再起動ループ、
バッテリードレイン等、枚挙に暇が有りません。

それらを見てきた上でアップル製品を選んでらっしゃるので、同情する必要を感じません。

[ジャーナリストの石野氏、9.7インチiPad ProでiOS 9.3.2へのアップデートで端末が文鎮化する事案が発生、アップルは9.3.2へのアップデートを一時凍結]の続きを読む
  1. 2016/05/23(月) 23:52:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

GXのアプリ領域を2GBから拡大するツールを赤星氏が公開、私のGXはアプリ領域が6GBになりとても快適です

GXの/data領域を拡張するAromaインストーラー型ツール ~ THE MIDDLE OF NOWHERE / 辺境の憩い
以前のエントリで、GXはeMMC上に2GBの/dataパーティションが決め打ちされており、残りのスペースが内蔵ストレージとして扱われていることを説明しました。このため、サイズの大きなARTのキャッシュが/dataに溜まることでAndroid5.0以降ではすぐに空き容量低下となってしまうわけですが、XDAでeMMC上のパーティション構成をTWRP上から弄るというページを見つけたので、そのコマンドを自動化して簡単に実行できるようなAromaインストーラー型のツールを作りました。

ブートローダアンロックできないXperiaシリーズへのCM等のカスタムROMの移植で有名な
赤星(154)氏が新たなツールを公開。

この時に実験していたアレです。
GXはこのアプリ領域(/data)を確保し直してext4で再フォーマットするツールです。

始めは赤星氏がxdaのページに書かれた方法を参考にし、新しい方法に整理したものを
私に公開してくれました。私はその方法を参考に手動でリサイズし、それで成功する事を確認後、
赤星氏がアロマインストーラ化して完成しました。

おかげで私のGXはアプリ領域が2GB⇒6GBに拡大。
その分データ用のストレージは11GB⇒7GBに減りましたが、基本的にはMicroSDにデータを
保存しているので問題無しです。

ただ、Android OSはデータ用のデフォルトフォルダ位置をプリセットされたものから変更する事が
出来ないので、ESファイルエクスプローラで定期的にMicroSDに移動させてます。
カメラなどアプリ単位でMicroSDに設定できるもののデータはその必要が無いので楽ちんでいいですけど。


私のGXは/dataが広がったおかげで、苦しかったアプリを遠慮なくガンガンとインストール出来る
ようになりました。

実の所、Android向けのアプリはバージョンアップを繰り返している内に、かなりのサイズに
肥大化してしまったものが多数有ります。インストールアプリを増やしていないのに、
空き容量がどんどん苦しくなっていきました。

空き容量が苦しくなると、OSが/dataのストレージを整理しようとし、何をするにも待たされる事が
増えていきます。RAMが1GBで苦しい事も増えたので、RAMとeMMC両方のガーベージコレクションで
待たされっぱなしになっていきました。

RAMに関してはそれはそれで努力を継続するとして、アプリ領域を気にせずに使えるように
なったのはめちゃくちゃ有りがたい。pかげでGXが生き返りました。
CMを移植してくれていた事も含めて本気で赤星氏に感謝でした。

パーティションの切り直しにはLinuxの汎用コマンドを利用しているので、他の端末でも基本的には
動作しますが、開始位置/終了位置は絶対値が指定されていますので、それは利用する端末向けに
編集する必要が有ります。

そこさえきちんと編集できれば、他の端末でも利用できると思います。
勿論何が起こっても自己責任でよろしく。

恐らくこれを動かせれば生き返る旧端末は増えると思います。
私はGXで思いっきり堪能しています。
但し端末で揃っているLinuxコマンドに影響されますので、欠けているコマンドが有ると動作しません。
その辺は赤星氏が作ったスクリプトを見て調べてみるといいと思います。

  1. 2016/05/23(月) 21:47:23|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怪しい「企業のようなもの」がAndroidの故障はiPhoneの倍とか何か数字を出していて、更には「24.4%は3分の1」らしい・・・こんなもの信じていいの?(追記)

なんか記事向けのネタリクエストが有ったのでとりあえず触っておきます。

Androidスマホの故障率はiPhoneの約2倍であることが判明 ~ GIGAZINE
モバイル関連サービス企業「Blancco Technology Group」が発表した調査結果から、Androidスマートフォンでは44%の端末でソフトウェアがクラッシュして故障する問題が発生していることが判明しています。この数値はiPhoneの故障率25%を大きく上回るもので、およそ2倍の問題発生率となっているとのことです。

この記事は知っていて無視していたのですが、どうしても触って欲しいようです。

私のこの記事に対する感想は、「こんな訳のわからない調査したっぽい言ったもの勝ちの数字なら、
私でも言える」ってことです。

  『iPhoneがユーザーをイラっとさせる確率はAndroid端末の3.5倍』

まあそういう事です。
何をどう調べてこうなったのか、全く分かりませんし故障率が2倍とか、そもそも故障率とする数字が
めちゃくちゃです。

  『iPhoneでは、故障が発生したのは全体の25%とのこと』

アホでしょこれ。
2億台iPhoneを売ったら、5000万台は故障するという主張らしいです。

iPhoneって、毎日365日中、137万台故障しているらしいですよ、奥さん。(ヒソヒソ)

有り得ない故障の数のiPhoneが修理窓口になだれ込んでいる事になります。

あほでしょ


こんな記事を相手にする方がおかしいですし、これ見よがしに勝ち誇って記事ネタとして
提示する方がどうかしています。


クソサイトがネタの選り好みしてんじゃねーーって?

そのクソサイトにすら相手にされない馬鹿記事を、書く方も乗る方も・・・ねぇ。

4台のiPhone 6が有れば、その内の一台が故障するんでしょ?
そんな馬鹿げた状態になれば、SNSや掲示板、ブログ等で大騒ぎになること請け合い。
そんなに故障率が高ければ、幾ら儲けが有っても一気に吹っ飛びますし。

仮に、iPhoneの故障率が本当に25%だとすると、アップルの存続関わるレベルで
酷い事になるかもですよ、心の準備はOKですか?

何だかそれらしい数字を作ってはあるけど、どう考えても私が取り上げるに値しない記事だと判断したって事で。



また、こんな事も書いています。

>Android端末のうち3分の1は、2012年以前のプラットフォームのまま使われていることも、
>故障率を高める原因であるとしています。



2012年を含むそれ以前のプラットフォームと言えば、2.2~4.3迄になり、その合計は24.4%。
24.4%が1/3に化ける恐ろしさ。

ちなみにこの24.4%はGoogle公式の数字です。
その数字を1/3と言っているのはどこかの分からない企業か何かです。
さて、どっちを信用しようか・・・。


誰かにこの記事を、現実的なモノと感じられる解説をしてもらえたら嬉しいです。



追記:
そうそう、どうせ張るならこっちのほうが適切だったんじゃないですかね?
私は触ろうかと思いましたが、余りにあほ過ぎてそっ閉じだったのですけど。
Androidスマホの故障率はiPhoneの約2倍 ~ iPhone Mania
■Androidスマホの故障率は44%、iPhoneの25%の約2倍
アメリカのモバイル関連サービス企業、Blanccoが公表した調査結果によると、2016年第1四半期(1〜3月)におけるAndroidスマートフォンの故障率は44%で、iPhoneの25%よりも2倍近く高い結果となりました。

  1. 2016/05/22(日) 23:31:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Googleが端末にインストールせずにアプリを実行できるAndroid Instant Appsを発表

Google、アプリをインストールすることなく実行できる「Android Instant Apps」を発表 ~ juggly.cn
Google は 5 月 18 日、Android アプリをすとレージにインストールすることなくアプリを実行できる「Android Instant Apps」を発表しました。
Android Instant Apps は、専用に設けられた URL をタップするだけで Android アプリを実行できる新プロジェクトです。正式リリースは年内中とされており、BuzzFeed、B&H Photo、Medium、Hotel Tonight、Zumper などの一部のアプリ提供者は先行して利用できるようになっています。

Googleは端末にインストールせずにアプリを実行できるAndroid Instant Appsを発表。

ちょい使いのアプリをインストールするのは面倒な気持ちになります。
そこでインストール無しで実行できるAndroid Instant Appsは大いに力を発揮します。

URLをタップしてアプリを実行できるという事で、恐らくWEBサーバーにアプリを実行させ、
表示内容をブラウザで表示するという形を取っているのでしょう。

中央集中型の太古の昔に有った、中央の大型コンピュータとダム端末のような関係のシステムです。
そのダム端末の役割をブラウザで行わせるという、Googleならではの発想がAndroid Instant Apps
なのでしょう。

例えば美術館の案内を行う為だけのアプリを美術館内だけで行うという、モバイル端末と組み合わ
せたリージョナル型のシステムという事にも使える仕組みというのは今までには無かったものです。

thinクライアントのシステムを作ると、クライアントは本当に簡易なもので、通常は端末側には
大した機能が乗らないのがこれまでの例でしたが、これは通常のシステムにthinクライアントを
アドオンするという考え方です。その利用をパートタイムに限ることで、「ちょい使い」の役割を
新たに与えるのです。


ジョブズは新しい端末を作り、そこに色んな役割を与えるという考え方でしたが、Googleは
クラウドやブラウザ環境という新たなシステム空間を作り上げており、双方のやっている
ことは全く違うと思います。


Androidの端末や、Android OSの「この機能」みたいな発想だけで物を見ていると、
「今年のGoogle I/Oでは何の機能が発表されたの?」みたいな質問をしがちですが、
もはやそんな発想は捨てた方がいいと思います。
Googleが今作っているものは、それよりももっと大きな外側の世界です。

私が今年のGoogle I/Oに期待していたのはまさにそれで、思った以上のものを見せてくれました。

Android端末は既に熟成の時期に入っています。
プロセッサの性能は64bit化がミドルロー域まで広がり、端末競争はもう行きつく所まで行きつきました。
ローエンドでもRAM 1GBは当たり前になり、ミドル域ならRAM 2GBは普通です。
だからこそ端末性能での競争はもう終わりに近づき、今後はシステム全体の競争になるのです。


このAndroid Instant Apps、実行はサーバーで行われると思われますので、実は端末は
選ばないと予想されます。ブラウザさえ対応していれば、iPhoneでもWindwosPhoneでも
使えるのではないでしょうか。OSが実行トリガーさえ邪魔しなければというハードルは有りますが、
サーバーを呼び出しさえ出来れば恐らく端末は何でもできると思います。

となると、アプリ開発に使われるのは必然的にAndroid OS向けアプリとなり、Androidの
アプリを開発できる方が有利になります。GoogleがクラウドからAndroid OSを中心とする
考え方に軸足を動かしたことがここでも分かると思います。


これもVM上でアプリを動かす仕組みのAndroidならではのシステムだと思います。
プロセッサのネイティブコードを実行しているiOS等では、不可能ではありませんが、
低レベルコードの実行で、プロセッサのエミュレートとなり、実行効率が非常に悪いです。
つまりアプリ実行をするサーバへの負荷が大きくなります。

AndroidのARTならば、あらかじめ実行されるサーバのプロセッサに合わせたコードに
翻訳されているので、後はネイティブにコードを実行するだけです。
VMを使ってきたAndroidの仕組みだからこそ効率的に展開していけるシステムなのです。


Android OSの仕組みは色んな所で役立っていますね。

  1. 2016/05/21(土) 00:35:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

GooglePlayアプリがバージョンアップして、表示内容が劣化した

ここ最近、Android NやChrome OSに向けた動きかも知れませんが、Google Playアプリ
のアップデートが激しいです。

またGoogle Playアプリがアップデートされるにしたがって、表示内容が微妙に変わっていきます。
あまり意識している人は少ないかも知れませんが・・・。

今の私のXperia ZとGXのGooglePlayアプリの状態です。
たまにしか電源を入れないGXはGoogle Playアプリがまだ以前のバージョンのままでした。

Xperia GX
Google Playアプリ Ver 6.4.12.C-all[0] 2744941
Xperia Z
Google Playアプリ Ver 6.5.08.D-all[0] 2792142

新しい方が何か項目が減っていますね。
ダウンロードサイズが新しい方では削られています。

ナニコレ?


ちなみにダウンロードのサイズは以前表示されていた数字よりも小さくなっています。
見た感じ半分以下、サイズダウンが激しいものだと1/5~1/10位になっているものもあります。
その数字を見て、もしかしてアプリを新しい開発環境でビルドするとサイズの最適化が
行われているのかと思いました。

それでアプリをチェックすると・・・。

RunKeeperで見ていくと、1年2ヶ月前位の古いもので19MB位のサイズ。
2016年5月現在の最新で41MBと倍増していました。

あれ?
上記のスクショの画像のようにGooglePlayでは5.45MBとの表示。

訳が分かりませんが、もしかしてGooglePlayからサイズの表示が無くなったのはこのせい?
どちらにしろ表示されていた数字はおかしいものですので表示されていても意味が有りません。

私はGooglePlayアプリのサイズ表示は結構見て意識していました。
GXを使っていた頃はですけど。
理由はGXのアプリサイズは小さくて容量が苦しかったもんで・・・。

今は容量に余裕が有るのでそれほど重要視していませんが、でもアプリの作りを予測する為や、
同種アプリでは出来るだけ小さい容量のものを選びたいという事も有り、一応確認する事にしています。
大した事をしないアプリのサイズが大きいと、タコなプログラムである可能性も考えられますし、
マルウエアに感染していてアプリが肥大している事も考えられます。
なのでサイズはやっぱり有ると安心感が有る。


このように誤ったサイズが表示される事も問題ですが、サイズが表示されない事も問題というか
何となく不安を感じます。

AppleのAppStoreもGooglePlayに同じアプリでダウンロード数が圧倒的に抜かれてしまう
ようになったので、ダウンロード数を表示しなくしてダウンロード数の比較を出来なくしたり
といった改悪が有りましたが、GooglePlayもこういった改悪が有るわけで、複雑な気分です。


私としてはGooglePlayでは正しい容量の表示に戻して欲しいなと思います。

  1. 2016/05/20(金) 22:10:15|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GoogleがChrome OSでGoogle Playを利用可能に、Android向けアプリを利用出来るようになってPC環境でもAndroid向けアプリが利用できるように

Google、Chrome OSへのGoogle Playストアの提供を正式発表 ~ juggly.cn
Chrome OS 向けに Google Play ストアが提供されることで、Chromebook などの Chrome OS 端末上で Android アプリを簡単に実行することが可能になります。Chrome OS で利用できるアプリが格段に増えることになります。

Chrome OSにAndroid向けアプリのGoogle Playストアが提供される事になりました。

これ、Chromebook側から見てのメリットで報じられていますが、Android向けのアプリ製作者側から見ても、
稼働プラットフォームが増えることになり、それはそれでメリットになります。

早い話がChrome OS側から見ても、Android OS側から見てもWinWinな結果だということです。

もう既に絶対王者のAndroid OS側のアプリと、軽量ノートブックとして勝ち組のChromebookとが
融合を開始し始めたわけですからどう考えても強力タッグってことでしょう。

「Chromebook」、米市場出荷台数でMacを上回る(IDC調べ) ~ WirelessWireNews
グーグル(Google)の「Chromes OS」を搭載するノートPC「Chromebook」の出荷台数が、米国市場でアップル(Apple)製ノートPCのそれを初めて上回ったとするレポートが、調査会社IDCから発表されている。
2016年第1四半期の世界のPC出荷台数をまとめたこのレポートによると、米国におけるMacの販売台数は同期に前年比5.6%増の176万台を記録。それに対して、デル(Dell)HP、レノボ(Lenovo)などから発売されているChromebookの出荷台数は合計で約200万台になったという。


〇Intel® Core™ i7 processor, 2.4GHz, 16GB memory

まあまあの性能のWindows noteと思ってしまうようなスペックですが、これはGoogleが販売している
CHROMEBOOK PIXELのスペックです。Chromebookにはi7プロセッサや16GB RAMまでが奢られる
ようになっているのです。勿論RAM 2GBのものも存在するのでこんなハイスペックなものばかりとは
限りませんが。


Chrome OSは最低限のLinuxのカーネルの上に、Chromeのブラウザを載せただけの簡素な構造に
なっています。アプリはChromeアプリとして作られたHTML5やJavascriptで作成されたWEBアプリが動作し、
基本的にはオフラインのストレージに保存されたChromeアプリやWEBのショートカットとして動作します。
だから非常に軽量なOSなのです。必要なメモリも少なくて済み、CPUパワーもブラウザさえ動かせ
れば問題なく、それほど強力な必要も有りません。


Chrome OS側の事情を見ていくと、Androidのアプリを動作させるには、ARTかDalvik VMを移植する
必要が有りますが、それはGoogleからみてそう難易度の高い作業とは思えません。

既存のChromebookにはインテル系のCPUを用いたものが大半です。一部にサムスンのExynosを
搭載したものが有り、こちらはARM系のプロセッサとなります。最低限インテル向けに、全部を
カバーするならARM系のVMまで作ればAndroidのアプリを動作させる事が出来ます。


Googleの立場からすると、有りモノの再利用で高い効果を見込める。
コストパフォーマンスの高い政策という事が出来ます。

過去に販売した大量のChromebookを、Android端末へと変貌させる策として、
このGoogle Playの開放をしたのだろうと私は感じています。
これでChrome OSで使えるアプリの数が一気にMacやiOSを超える程に大量に増えるのです。

Chrome OSはGoogleのクラウド思想を中心とした考え方の中の一員として生み出されたものですが、
GoogleはPC向け軽量OSとしてうまく離陸させる事に成功しました。
今現在、一定割合の需要が有り、もう間違いの無い存在になっていると思います。

Googleは初めのうちはクラウドに重きを置いていましたが、Android OSが余りに大きな存在に
なってしまい、クラウドが基本では有りますが、Android OS中心の考えに若干軸足を移したように
私は感じています。

Android OSでのMicroSDの扱いにそれを見る事が出来ます。
セキュリティー対策という事も有り、KitKatでMicroSDのアクセスに制限を加えたものの、
やはりMicroSDに依存した使い方をしている人は少なくなく、ユーザー自身がアクセス権を許可しないと
アクセスできないという制限が付いているものの、McroSDへの自由な読み書きは復活しました。
Googleとしてはセキュリティー上問題を生みやすいMicroSDは縮小方向へと考えていたのかも知れません。
が、その後の扱いの変化を考えると、ユーザーが考える便利屋さメリットには勝てなかったという
事かも知れません。iPhoneを使っている人は、MicroSDに関してはデメリットしか感じていなさそうな方も
少なくないようですが、実際使うとどこにコピーする必要もなく、瞬時にデータを別の端末に大量に、
物理的に移動できるMicriSDは非常に便利です。物理的に移動するので、旧端末にデータが残らない
事もメリットの一つと言えますし。そういう意味では別の意味でセキュリティー的にメリットが有ります。


Chrome OS上でAndroid OS向けのアプリが使えることになると、クラウドの立場が少し後退する
ことになります。Android OS向けのアプリはスタンドアロンで使えるものも少なくないからです。
今後は様子を見ながら軽量ノートPC上でのAndroid OSの存在感を上げていくことになり、
ネットワークを介せずに単独のノートPCとしての役割も増えてくると思われます。
クラウド中心からAndroid OS中心、クラウドはアップルが真似出来てもAndroidはさすがに真似が出来ない。
Googleは自社のもつ強みの要素を全面に利用する動きを見せたなと思っています。


並行してWindows PC上でAndroid OS向けのアプリを動かすようにするというハードルも
有りますが、これにGoogleが本気で取り組むのかはまだ未知数です。

勿論Windows上でAndroid OS向けアプリを動かすというのでしたら今でも可能ですが、
まるでネイティブアプリと思える位シームレスに使えるようにするにはまだまだハードルは
少なからずあります。しかしそれが現実に可能になればPixel Cのように軽量ノートPCとの
相乗効果で面白いことになりそうな気もしなくはないです。実際の作業はChrome OS向けに
移植したVMをWindowsに移植するだけなので割とすぐに出来そうですが。


また、ユーザー自身でも自分のWindows PCでChrome OSを動かす事が可能です。

古いノートPCをChromebookとして復活させてくれるアプリ『CloudReady』 ~ lifehacker
ついに実現!WindowsとChromeOSのデュアルブート! ~ Chromebook通信

このように確実に稼働台数を広げています。
益々Chrome OSは広がりを見せそうです。


私が一番感じるGoogleとアップルの違いってこういう部分だと思うのです。
アップルの話題って、あくまでもアップルの金儲けのデバイスの話しか展開できないのですが、
Googleの場合、今後の標準OSの座までを含めたもっと大きな風呂敷の話を展開できるのです。

どのバージョンのAndroidにどんな機能が付いただの、iOSのどのバージョンで指紋認証や
3Dタッチがどうのこうの、そんな話だけではなく、業界の当たり前だと思っていた構造を
ドラスティックに揺さぶるレベルでモノを考える事が出来る。

それがGoogleとアップルの違いだと思っています。
それを理解できる人が多分このブログを覗きにきているのだろう・・・と私は勝手に思っています。

  1. 2016/05/20(金) 19:25:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Google I/O 2016を視聴中、Android Nの名前を募集

Google I/O 2016 Keynoteが始まっています。

新メッセンジャーアプリのAlloやら色々あれこれ。
WebRTCやQUICが今更脚光を浴びることになったり・・・。

Android Nは名前を募集するようです。
ARTはJIT化され、高速化と(恐らくコードの)コンパクト化を実現。
よりプアな端末でも動きが軽くなったという事でしょうか。

今VR関係の事をやっています。
あ、Android wear 2.0になりました。



それはそうと、Android NのAndroid Beta Programに参加出来るようです。
Android Beta Program とはどのようなプログラムですか?

Android Beta Program は、プレリリース版 Android を試用してフィードバックを送信していただくためのプログラムです。このプログラムに登録すると、登録した端末に最新のベータ版 Android N の OTA アップデートが配信されるようになります。このプログラムから配信されるアップデートはプレリリース版であるため、お使いの端末の動作に影響を及ぼすエラーや問題が含まれている可能性があります(既知の問題をご覧ください)。

Android N のリリース後も Android Beta Program の利用を継続して、以降のメンテナンス リリース(MR)をプレビューすることも可能です。その場合は、MR のプレリリース版がリリースされる度に、OTA アップデートが自動的に配信されるようになります。このプログラムの終了時には、通常の一般ユーザー向けアップデートの配信が自動的に開始されます。

今までとやり方を大幅に変えてきました。
もうiOSとの対決は、余り考えなくてもよくなったせいか、パクれるものならパクってみろモードに突入して
いるので、堂々とベータテスターを募集できるようになったようです。

以下から申し込んでください。
但し対応端末が必要です。
Android Beta Program ~ Google

登録可能な端末を教えてください。
Nexus 6、Nexus 9、Nexus 5X、Nexus 6P、Nexus Player
Pixel C
General Mobile 4G(Android One)
このページには、Google アカウントを使ってメインユーザーとしてログイン済みの登録可能な端末が表示されます。お使いの端末に関連付けられているアカウントの一覧を表示するには、[設定] > [アカウント] > [Google] の順にタップしてください。

Google Play で非表示にしている端末はこのページには表示されません(play.google.com/settings にアクセスすると確認できます)。

Sony Xperia Z3 をご利用の場合は Sony の N Developer Preview プログラムから参加していただけます。

個人的にはAndroid Oneが欲しいかも、いやZ3の方がいいなぁ。
Nexus 9辺りでもいいですけど。
ちなみにSony Xperia Z3でもソニモバ経由で参加出来るようです。
ソニモバやるなぁー。
NexusとAndroid One以外で唯一Android Beta Programに参加出来る端末です。
ソニモバのやる気を感じます。


Googleはこのベータプログラムを通じてOSのデバッグ体制を今までになく強化し、正式採用前の
バグ出しを本気で行う模様です。

Windowsと同等か、それ以上のβテストを行うと思われます。
モバイルOSはもう次のステージに移り始めていますね。
モバイル端末向けOSの進化がまさかここで急加速するとは思ってもみませんでした。


追記:忘備録
Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android N」の開発者向けプレビュー版第3弾を公開!VRモードおよびマルチプロセスWebViewの導入や不具合修正など ~ S-MAX
同社では今年3月にAndroid N Developer Previewの第1弾となるAndroid N Developer Preview 1(初リリースのα版)を公開し、その後も4月(Preview 2・増分更新β版)をリリースしていました。
予定では5月にPreview 3(増分更新β版)が予定されていたため、順調に配信開始されたことになります。今後も6月(Preview 4・最終APIとSDK)および7月(Preview 5・最終プレビュー版の最も正式版に近いシステムイメージ)と月1回のアップデートを行い、今年の晩夏(8〜9月)に正式版がリリースされる予定です。


  1. 2016/05/19(木) 03:32:26|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

iCloudに不正アクセス、長澤まさみ/北川景子/武井咲/紗栄子らの写真などを覗き見やダウンロードされる被害

アイクラウド侵入・芸能人私的写真のぞき見…容疑者逮捕 ~ 毎日新聞
インターネット空間にデータを保管できる米アップル社のサービス「iCloud(アイクラウド)」に侵入し、女優らの私的な画像をのぞき見したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は18日、長崎県大村市諏訪1、会社員、金子大地容疑者(29)を不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕したと発表した。同課は、金子容疑者が不正に入手したIDやパスワード(PW)で侵入したとみて調べている。

日本国内でもiCloudに侵入して有名人のアカウントを荒らしていた人が居たようです。

ただ今記事で確認出来ている被害者の有名人は以下の通り。
 〇長澤まさみ(28歳)
 〇北川景子(29歳)
 〇武井咲(22歳)
 〇紗栄子(29歳)

なかなかのメンツです。
かわいい系というよりは綺麗系といった所を狙っていたようです。

金子大地容疑者(29歳)という所からも、主に同年代狙い・・・なんとなく納得所ですか。


容疑者のパソコンからは多数の有名人を含む約1000人分のID/PWが見つかったという事で、
どこから仕入れたのかは分かりませんが、ともかく入手しようと思えばiCloudのID/PWはできる
事は間違いないというか、この方が証明してしまいました。


iCloudからの流出と言えば忘れられないのが2014年夏の米国大物女優や歌手のヌード写真など
大量流出事件。あの時はこのブログでも大々的に扱いましたが、あの時のブログへのアクセス数は
異常事態レベルでした。そのぐらいとんでもないニュースでした。

当ブログ記事
 〇アップルのiCloudがクラックされ、iCloudに保存していた米女優のヌード写真が流出
 〇アップルのiCloudの写真流出問題の全貌を追う、犯人は15歳の少年との噂、個人名でリクエストを受けてiCloudから新たに写真を発掘も
 〇【iCloudヌード写真漏えい問題】絶対アップルは認めない、しかしiCloudの管理者権限が奪われていないと説明がつかない所も・・・

この事件が有った後、アップルは何か強化したんでしたっけ?
元々採用されていた二段階認証をiCloudの写真まで広げたとか?

何にしても、米国でのヌード写真騒動が有った後に、日本でもこの不正アクセスが起こっているわけです。
アップル何やってんの?


今回はFacebookも並行して不正アクセスの被害に遭っており、実際にこの不正アクセスが
発見されたのはFacebookの方です。

不正アクセスの記録は以下の通り。

 2015年1月~11月      iCloud 200回 (女性芸能人5人)
 2014年8月~2015年10月  Facebook 36回 (女性芸能人3人と女性会社員1人)

Facebookの方が期間が長く36回、15ヶ月間の間に月平均2.4回。
iCloudは11ヶ月間で200回、月平均約18.2回。

iCloudの方が頻繁にアクセスしているわけですから、発見される確率は高いはずなのですが、
見つかったのはFacebookの方です。

iCloud色々とザル過ぎる。


アップルファンの意見としては「パスワードが漏れただけでiCloudが破られたわけではない」
「本人のパスワードの管理の問題だ」等という言い訳が主流のようです。

しかし例えば2段階認証を行っていれば、例えID/PWが漏れても携帯にSMS等で認証が必要
だったりします。(これは認証の一例) そこで認証が行われなければID/PWが漏れたとしても
不正アクセスは行えないはずなのですが・・・まあ実態はこういうことになっています。

頻繁に入られても見つからない、犯人が公開するまで気づかれない。
iCloudはそういったものだと過去の実績が主張しているわけです。
Facebookは見つけてくれましたよね、お手柄。

これ、犯人がFacebookの方に入っていなかったとした場合、現時点でこの事件が発覚して
いたのかどうか、気になる所です。


自分の子供が裸で水遊びをしている写真を撮影し、GoogleDriveに自動保存されたら
不正コンテンツ扱いになり
、アカウントを問答無用で凍結したGoogleもどうかとは思いますが、
それはきちんと監視している証拠で同じプライベートを掴んでいるならまだほったらかしよりは
ましかも知れません。(これは賛否両論あると思いますが)

ただiCloudは、先のGoogleのアカウントの件やFacebookのお手柄と比較してみると、
本当に何もしない、完全放置としか思えないのですよね。


こうして同じく不正アクセス&流出事件が繰り返されると本当にそう思います。

後特筆すべきは、あれだけ「危ない・危険・セキュリティーゼロ!」的に言われている、
Android系の所からはこうした流出事件が起こらない事。

マルウエアがどうとか、Androidはセキュリティーガバガバとか、本当に嫌がらせのように
報道が途絶えませんし、そう騒ぐアップル系信者の方は未だにいますが、しかし被害の
実績を見ていくと、アップル系からの実被害しか見当たらないというのが実態です。


これ、もっと報道されてもいい事だと思いますよ。
理論的な危険ばかりを主張するのではなく、被害実績をきちんと報道すべきです。

未だに田舎なら、鍵をかけない家とか普通に有りますが、それも泥棒被害が起こってない
からです。被害が有れば何か対策を取るでしょう。

逆にどれだけオートロックに監視カメラだらけでも、泥棒被害が多発するようなマンションが
警備・防犯システムがすごいからって、そのシステムだけでもてはやされるような事は
決してないでしょう。普通なら「あそこは泥棒入られまくりだから良くないよ」という、噂が
流れるはずです。普通の生活では如何に実績が大事にされているか、よく分かるでしょう。

しかしことIT機器になると、表向きな穴ばかりが報じられ、利用した結果はあまり重視されません。
メディアのITリテラシーの極端な低さが露呈されまくり。

いくらiCloudが入られ写真や情報が漏れても、多くの人はアップル神話に夢みて踊り、
iPhoneは安全らしいと信じ、Google Androidは危険と思いこむのです。



私はそんな風に思える楽天家には到底なれそうにありません。

  1. 2016/05/18(水) 19:52:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

iPhone 7製造要員の本格採用が始まったとの報道・・・同時に今年は余り無い部品リーク報道、何らかの意図で例年と漏らすネタを入れ替えただけではとの疑惑発生

iPhone7製造要員を大手サプライヤーが異例の早期採用!新機能で製造が複雑化? ~ iPhone Mania
9月の発売が見込まれるiPhone7の製造に向けて、Appleの大手サプライヤーが工場従業員の大量採用を開始した模様です。5月からの本格採用は近年にないことで、iPhone7の製造が複雑化していることが原因ではないかとも見られています。

iPhone 7の製造要員の確保が本格的にスタートした模様です。
何でも例年よりも早いスタートとの事。
体制が整うまでに2週間程度と見ると、6月頭位から本格的な量産が可能になると考えられます。
事前生産期間が3~4ヶ月ほど確保出来ることになり、本体の設計が完全に完了時期次第ですが、
事前にかなりの数を確保できることになりそうです。

勿論アップルが本当にその気が有るならば・・・ですが。

そもそもこの報道内容と同じ事が、全てのiPhone 7の生産工場で行われている・・・という前提も
あってこそですけど。この時期、通常の都市ではアップルの話題と言えば、あれやこれやの部品
の画像がリークされまくり、アップルの話題がわいのわいのと盛んですが、何故か今年は部品の
リーク画像はやたらと少ない。

アップルはもう部品リークじゃ食い付かないと悟ったのでしょうか。
もしかしてその代りの工場の動きの話?
目先変えた?

私にはそうにしか見えません。

そもそもアップルコントロールではない自由な活動ならば、今年になってぱたっと部品リークが
止まること自体がおかしく、こんな風に動きが統制的になるのはおかしな話です。
本来リークは誰の命も受けずに個人がヒーロー意識や興味を満たす為に行うもの。
なんで今年になってぱったり無くなるのよ。

それに入れ替わっていつもの年にない動きの報道に差し替わる不思議と違和感。
必ずアップル関係のニュースって何かあるのですね。

A7の時の64bit化はものすごく都合よく漏れませんでしたけど。
iOS周辺の64bit化や、Xcode等の開発ツールの開発まで大規模に何もかもが入れ替わり、
勿論iPhoneの基盤も64bit化に対応した設計で、あらゆる部署から漏れる可能性を秘めていた
にも関わらず、iPhone 64bit化のニュースは発表当日まで誰も知り得ませんでしたし、一切
漏れてきませんでした。

NDAをきっちり守らせれば、ここまで秘匿可能な企業が漏れ漏れ漏れ。
色々と都合よく漏れ漏れ漏れ。

いやあ・・・運も実力の内ですか。
ああ、漏れ漏れ漏れ。



それにしても、iPhoneの新機種の製造要員って、こうして毎年この時期に採用って・・・。
完全に季節工って事ですよね。
ピークと狭間期の販売数の違いって、精々倍ぐらいの数字の違いなのですが、実際にはピークから
年明け~春ぐらいまでに作り溜めした在庫を狭間期~端境期にかけて売っているって事ですね。
その後も売り続けはするので、一部ラインは残しているとは思いますけど。




で、これ。

■早期雇用は「想像もつかないような新機能」のため?
iPhone7については、Appleのティム・クックCEOがテレビで「想像もつかないような新機能」が搭載される、と予告して話題となりました。今回の従業員の早期雇用は、この新機能のために製造工程が複雑化するのが理由なのでしょうか。

ファンサイトが「想像もつかないような新機能」という発言をどんどんと宣伝してくれていますよ。
嬉しいでしょう、クックCEO(笑)

ええ、ハードルはたかいたかーいな程に上がっております。
自分で上げたのですから文句を言っていくところは有りませんね。




クックCEO期待しております。
決して、しれっとスルーされる事のないよう、くれぐれもお願いします。

  1. 2016/05/18(水) 19:36:52|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

中途半端6.0インチのXperia XA Ultraの発表、さらにXiaomi Mi MaxがZ Ultraユーザーの期待を満たし過ぎる困惑

ソニー Xperia XA Ultra発表。6型フルHDに8コアCPU、曲面ナローボーダーで大画面と持ちやすさを両立 ~ engadget
ソニーは海外市場向けに新スマートフォン Xperia XA Ultraを発表しました。ファブレットに分類される6インチ大画面ながら、Xperia XAと同じ曲面狭額縁デザインの採用により、横幅を79mmに抑え持ちやすさも両立させています。

ソニーはXperiaのUltraサイズのファブレットを発表、Xperia XA Ultraです。

一方XiaomiもUltraサイズを発表。
シャオミ、6.44インチファブレット「Mi MAX」正式発表! ~ すまほん
中国メーカーXiaomiは、ファブレット端末「Mi Max(小米Max)」を正式発表しました。
ディスプレイは6.44インチ。これはかの名機「Xperia Z Ultra」と全く同一サイズのディスプレイとなります。解像度もZ Ultra同様Full HD。4.7インチのiPhone 6sと比べるとその大きさは一目瞭然。
スペックとしては、Snapdragon 652 / 650、実行3 / 4GBメモリ、32 / 64 / 128GBストレージ、1600万画素カメラ、フロント800万画素カメラを備えます。 SIMカードはデュアルで、片方はmicroSDカードスロットと兼用。

とりあえずXperia XA UltraとXiaomi Mi MaxとXperia Z Ultra (SOL24/au)の仕様を並べて比べてみましょう。

 〇Xperia XA Ultra
  MediaTek MT6755 オクタコア
  RAM 3GB
  eMMC 16GB
  6.0インチ 1920x1080 FHD
  Android 6.0 Marshmallow
  非防水
 〇Xiaomi Mi Max
  Snapdragon 652 / 650
  RAM 3/4GB
  eMMC 32/64/128GB
  6.44インチ 1920x1080 FHD
  MIUI 8(Android 6.0 Marshmallowベース)
  非防水
 〇Xperia Z Ultra (SOL24/au)
  Snapdragon 800 APQ8074 2.2GHz
  RAM 2GB
  oMMC 32GB
  6.44インチ 1920x1080 FHD
  Android 4.2.2→4.4.2
  防水

どう考えてもXA UltraはZ Ultraの後釜には収まりませんね。

mi Maxが防水になればZ Ultraの正式な後継に収まりそうな雰囲気が漂っています。
一方XA Ultraは中途半端、Z Ultraを使っている人は買いたくならないでしょうし、どう考えても
途上国のPC代替向け用途スペック。

というわけで、Z Ultraユーザーは今回も移行先の無い状況が続きます。
Galaxy noteなんて、後がどんどん出て後継機に事欠きません。
Z Ultraは後継機無しで不遇の扱いです。

こういうのはきちんと後継機を出して地道にファンを育てていく事で市場が開けます。
他にない特殊なサイズならなおのこと。
しかしmi Maxに美味しい所だけ献上してしまうような形になりそうです。

ちなみに、mi Maxで採用されているSnapdragon 650/652は以下の様なスペック。
 Snapdragon 650 Cortex-A72(1.8GHz) x2 + Cortex-A53(1.2GHz) x4
 Snapdragon 652 Cortex-A72(1.8GHz) x4 + Cortex-A53(1.2GHz) x4

なんとも魅力的じゃないですか。
熱問題も今の所聞かれませんし、Snapdragon 810の後継プロセッサの一つとして期待できる所です。
mi Maxはそこをきちんと押さえています。Z Ultraユーザーからすれば、「これを待っていた!」に
なるはずなのですが、それがソニーから一向に出てきません。

ソニーって、なんでこうユーザーの期待に応えないのでしょうね。
勿論価格の問題も有るのですが、余計な事を積極的にして、必要な事を余りしていない気がします。
mi Maxがそれに応えてしまう辺りもうどうしようもない。ユーザーは正常進化を求めているのですよ。
勿論Xシリーズのように、要らないものを切る努力と勇気は必要ですけどね。
でもプロセッサはSnapdragon 650/652が有る以上譲れない人は多いでしょう。
XA Ultraではなく、X Ultraを待っている人は多いと思います。

  1. 2016/05/18(水) 19:24:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Google I/O 2016を前後して、各メーカーがディザー広告を出し始めている

XiaomiはGoogle I/Oで新製品を発表か? Hugo Barra氏がティザー画像を公開 ~ juggly.cn
Xiaomi でグローバル向けのビジネスを統括している元 Google の Hugo Barra 氏が自身の Twitter で 18 日に開幕する Google I/O 2016 で何かの発表を予告しています。

ZenFone 3の3モデルはそれぞれ端末サイズが異なる。ASUSがComputexのティザー動画を公開 ~ juggly.cn
ASUS は、5 月 30 日に台湾で行われる Computex 2016 イベントのプレスカンファレンス「Zenvolution」のティザー動画を YouTube などで公開しました。

何かGoogle I/O 2016を前後して、各メーカーからAndroid端末っぽいディザー画像や動画が
複数出てきています。

何だろう・・・?

もしかしてAndroid Nを搭載する端末がこのタイミングで出て来るって事でしょうか?
まだPreview 2の段階だからその可能性はかなり低いでしょうが、今のGoogleに今までの
常識は通用しませんから何が有ってもおかしくはありません。

私的には今回のGoogle I/Oは、Android Nだけではないような気がしています。
まだ何一つ分かりませんけどね。

Valkanも本格的に採用されますしね。
ゲームの方でも何かあるかもです。

  1. 2016/05/17(火) 22:54:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップルがキャリアへ不当契約を敷いているろフランスの当局に訴えられる

アップル、キャリアとの不当契約で訴えられる ~ iPhone Mania
フランスの競争・消費・詐欺防止総局(DGCCRF)はアップルに対し、キャリアをコントロールするべく不当な契約を交わしているとして、アップルに対して4,850万ユーロ(約61億円)の罰金を裁判で要求することを明らかにしました。

アップルがフランスのiPhoneを取り扱うキャリアに不当な契約を強いていたという事が報じられています。
キャリアに対して不当な契約を要求していたとの事。

フランスの競争・消費・詐欺防止総局がアップルに対して4850万ユーロ(約61億円)の罰金を
裁判で要求することを明らかに。

これはフランスの話ですが、これってアップルってフランスだけでやってたのでしょうかね。
私には決してそうは思えません。

フランス以外の海外の国でも有り得ますし、そもそもドル箱の日本では・・・。
何と言っても0円販売をやめさせようとすると、総務省までカチコミに行くような企業ですしね。

日本のキャリア全てでiPhoneのディスプレイする位置や、並べ方、ホームページのトップに
必ず表示させるなど、まあ多岐に渡って細かく決めた契約をさせています。
そう言えばiPhone 3Gの時なんか、購入実費が2万円を切るとかそんな感じを強制させていましたよね。

今でも小うるさく指導しているようです。
なかなか表には出てきませんが、立場を利用した契約は世界中の全てのキャリアにして
いるんじゃないかなと想像させます。


日本の当局もこの位しっかり国内キャリアを守ってあげて欲しいものです。
厳しいだけが能じゃないです。

  1. 2016/05/17(火) 22:29:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

携帯のGPS情報を本人に知らせずに操作で利用可能に

携帯のGPS情報、本人通知なしで捜査利用 一部新機種 ~ 朝日新聞
今夏発売の携帯電話の新機種の一部から、捜査機関が、本人に通知することなく、GPS(全地球測位システム)の位置情報を取得できるようになることがわかった。総務省が昨年、個人情報保護ガイドラインを改定し、本人通知を不要としたことを受けた措置で、機種は今後順次拡大していく見通し。

スマホのGPS情報、本人への通知なしで警察が利用できるように(追記あり) ~ GIZMODO
追記(17日13:10): 「これから日本では、特に犯罪の嫌疑もかかっていない、スマホを持つすべての人の位置情報が当局に握られるといった状況になるのかもしれません」との記載がありましたが、こちらは誤解を招く表現でした。捜査機関が本人通知なしで位置情報を取得する際でも、裁判所の令状の取得は必要です。お詫びして訂正いたします。

スマートホンが犯罪捜査の鍵になりそうです。
ただしキャリア製だけ。

この夏のドコモ製のスマホから、持ち主に黙ってこっそりと捜査機関が位置情報を取得できるようになる模様。
まあ酷いというか、これのおかげで安心というか、感じ方は人それぞれ。
私的には「来るべき時が来たか」という感じがしなくもないです。

まずドコモが開始しますが、遅かれ早かれauも続くでしょう。
問題はソフトバンク。
ここはいつでも何をやらせても遅い。
所詮ソフトバンクですから。


但し日本のキャリア端末だけ。
そんなわけで理屈がわかっている人の間では今後はSIMフリー端末に流れる人も出てくるカモですね。

実際には捜査令状が出ないと使えませんので、乱用や悪用はしにくくはなっていますが、
どう運用するかは結局は人次第なので・・・。

あとはセキュリティーホールが存在した場合に悪用される可能性・・・。
無いとは決して言えない。

まあrootを奪われたら結局はこの仕様が無くても座標を奪うことは可能だと思い増すので、
そっちの悪用よりも、捜査機関の悪用の方がよっぽど深刻だとは思います。
一番ミスを犯すのも人ですし。

  1. 2016/05/17(火) 22:12:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ソフトバンクが子会社のスーパーセルの保有株式を売却して現金化を検討~「スプリントが金食うねん」

ソフトバンク:ゲーム子会社スーパーセルの保有株売却を検討-関係者
ソフトバンク・グループは、フィンランドを拠点とするスマートフォン向けゲーム子会社スーパーセルについて、保有株式の売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、同社株取得をめぐり打診があったという。

まだ噂段階かも知れませんが、ソフトバンクが子会社化していたスーパーセルの
株式の売却を検討しているとブルームバーグが報じました。

これって現金が必要になって資産の切り売りを始めたと考えられなくも有りません。
まだまだスプリントには金がかかりますからね。

国内だけでだとそれなりにやって行けそうですが、スプリントは金食い虫の
現状は隠そうにも隠せませんから。

孫正義氏が潰れそうになった3月危機をiPhoneばら撒きのエブリバディーキャンペーンが
なんとか当たって生き残ったのを、「潰れると言われていたが~」とまるで無かった事を
嘯かれているみたいに開き直って馬鹿にした言い方をしていますが、3月危機はCDSが
飛び跳ねていた位に事実な訳です。

スプリントも同じように、「金食い虫だと言われていたが~」とかドヤ顔で言ったりする
のでしょうかね。そんな日が来るのでしょうか。まだ見えてませんけど。
多分その日の為の子会社切り売りかも知れません。

  1. 2016/05/16(月) 21:33:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Googleマップのナビの中の声の人が交代、前任者が感謝の動画をアップ

Googleマップのナビ機能の中の声の人が交代するとの事。

で、前任の声の人が感謝の動画をツイッターにアップされております。


「左に曲がります」
「その先、右斜め方向です」
「しばらく、道なりです」

こんなガイダンスを聞き慣れている方もいるでしょう。
私もその一人です。

思い切った短縮路を編み出したり、慣れない土地での移動では野口さんのお声には沢山助けられました。
長きにわたり、迷える子羊の道案内をして頂きありがとうございました。



ただ・・・気になる事。
前任者という事は次は、次は誰に変わったんだよという事でGoogleマップアプリを開いてみると、
変な合成音になっている模様(;・∀・)

げぇ~~~~~っ、めちゃくちゃ改悪。

絶対野口さんの声の方がいい。
ガイダンスは綺麗な女性の声って相場が気まっとうろうが!!

Google、やゃっちゃってくれましたね・・・・・・・・・。

やっちゃえGoogle!(それに日産)



これ、声選べませんかね。
こんな気持ちの悪いガイダンスされたくない。

今更こんなレベルの低い合成音流しますか。
Googleマップのアプリの値打ちがぐっと下がった気がしました。

これ、声を元に戻してもらえないものでしょうか。
断然前の方が聞きやすく心地いいのですけど。

  1. 2016/05/16(月) 19:34:55|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

AmazonがFire HD 6タブレットを8260円と30%オフで販売中

Amazon、「Fire HD 6タブレット」を30%オフで販売中(過去最安値) ~ 気になる、記になる…
現在、Amazonが、「Fire HD 6タブレット」を30%オフで販売するセールを実施しています。

AmazonでFire HD 6タブレットが30%オフで販売中。

8GB/16GBモデルともに30%オフで販売されています。

 ・8GB: 11800円 ⇒ 8260円
 ・16GB: 13800円 ⇒ 9660円


スペック的には以下のようにかなり廉価版レベルなのですが、何にしても安い。

 ・1280 x 800 (252ppi)
 ・クアッドコア最大1.5GHz

OSはAndroidベースでFire OS4が乗っていますが、既にFire OS5.1.1へのアップデート
出ていますのでAndriid 5,1,1が動くのと同レベルのOSクラスが期待できます。

もちろんAndroidのアプリが動作します。

しかしGooglePlayは入っていませんので、自分でインストールする必要が有ります。


6インチと小さ目では有りますが、Android 5クラスと同等のOSが動く、格安タブレットを
手に入れるにはいい機会かもしれません。

  1. 2016/05/16(月) 19:19:19|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップルファンの乱、矢作氏に対して林氏がFacebookの見えない所でズルい反論をしてその全内容が衆人の元に晒されて泥沼化

当ブログ関連記事一覧
 〇アップルファンの乱、矢作氏に対して林氏がFaceb
 〇積年のアップルへの恨みが切れた堰を流れ出ていく様子、暴れた結果「やっぱり取れました」の手のひら返しが火に油を注ぐ ~~~ 見え隠れする個人的な感情による当落の差別
 〇アップル寄りだったライター氏がWWDC2016の取材枠に落選、廃業してアップルとの決別を決意



矢作氏のツイートに起点を発した例アップル界隈の件がかなりややこしいことになってきました。
取りあえず冒頭から流れの記事は以下。

当ブログ記事
アップル寄りだったライター氏がWWDC2016の取材枠に落選、廃業してアップルとの決別を決意
積年のアップルへの恨みが切れた堰を流れ出ていく様子、暴れた結果「やっぱり取れました」の手のひら返しが火に油を注ぐ ~~~ 見え隠れする個人的な感情による当落の差別


またうち以外ではTogetterやNaverでまとめられています。
Togetter
フリーライター矢作晃氏が廃業宣言、アップル広報部やティアワンを暴露

naverまとめ
アップル系ライター戦争勃発!! 林信行VS矢作晃


この大前提が有った上での現在、馬鹿にされた(というかだらしない事実を暴露された)
林信行氏(@nobi)が大反論。

はてな匿名ダイアリー
ライター「矢作晃」問題について
今日1日を素敵な思いで過ごしたい人は、もっと後になってから読んでください。

土曜日の大事な時間、なんでこんな不毛なこと…と思いながら…

1時間ほどかけて友達リストをつくりました。

お察しかもしれませんが、この投稿が共有されている人は「矢作晃」とある程度、交流がある方々です。

この投稿は、(余計なお世話かもしれませんが)特に 石野 純也 さんと 星川 哲視 さん、あたりに読んで欲しくて書いています。

【1.どう接するべきか(林案)】


あのままアンタッチャブルという事で放置していれば矢作氏が一方的な悪者(&功労者)としての
幕引きだったわけですが・・・黙ってられなかった林氏の参戦で一気にきな臭くなってきました。

Togetter
nobiの反論への反論

矢作氏ももうやめときゃいいのに、やっぱりそれでも文字が飛び出すのは、ボクサーに殴り掛かったら
反射的に殴り返されてしまうようなものか。

とりあえず、収拾がつかなくなる方向で盛り上がってしまいました。
一つづつ触ってみていきましょう。

[アップルファンの乱、矢作氏に対して林氏がFacebookの見えない所でズルい反論をしてその全内容が衆人の元に晒されて泥沼化]の続きを読む
  1. 2016/05/15(日) 20:13:07|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

積年のアップルへの恨みが切れた堰を流れ出ていく様子、暴れた結果「やっぱり取れました」の手のひら返しが火に油を注ぐ ~~~ 見え隠れする個人的な感情による当落の差別

当ブログ関連記事一覧
 〇アップルファンの乱、矢作氏に対して林氏がFaceb
 〇積年のアップルへの恨みが切れた堰を流れ出ていく様子、暴れた結果「やっぱり取れました」の手のひら返しが火に油を注ぐ ~~~ 見え隠れする個人的な感情による当落の差別
 〇アップル寄りだったライター氏がWWDC2016の取材枠に落選、廃業してアップルとの決別を決意


アップルのWWDC 2016に落選した矢作氏の昨日のツイートの続きです。

あれからまだ続いていました。
現在は収まっているようですが、その後もしばらくは荒れていたようです。

しかし荒れているのは表現だけの話で、内容はしっかりと批判と風刺をしています。
さすが腐ってもジャーナリスト、文字を操らせたら酔っぱらっていても一流は一流。


とりあえず恨み節からスタートw
KMO・・・ああ、BMW大好きなあのライターさんですねw




行くのをやめた後の後処理は早い。

(覚悟⇒確保の誤字?)

「暴れたらいきなりOKとか無能の自己紹介・・・」口は悪いが、言ってる事は正論かなと。
こういう事実の積み重ねがアップルクソの現実を炙り出しているなと感じるところです。
上からの態度で接し、反乱起こされて初めて自らの非を感じて手のひら返す・・・最低のやること。


[積年のアップルへの恨みが切れた堰を流れ出ていく様子、暴れた結果「やっぱり取れました」の手のひら返しが火に油を注ぐ ~~~ 見え隠れする個人的な感情による当落の差別]の続きを読む
  1. 2016/05/14(土) 20:19:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

【Kantar Worldpanel】例年にない不思議(作為的)な動きをするiOSのシェア

今月分のKantar Worldpanel ComTechの数字が発表されています。
2016年1月~2016年3月迄の3ヶ月分の対前年比較です。

2016年5月4日

KantarWorldPanel

2016年4月6日

KantarWorldPanel

軒並みAndroidが対前年でプラス傾向、iOSがマイナス傾向の先月分の流れを全く引き継いでいる感じです。
特にAndroidは日本を除いてほとんどの所で大きくプラスになっています。
iOSは良くても微増、悪いと大きくシェアを下げています。

今回も日本では微妙な感じで、Android が50%以上を維持していますが、若干割合を
減らしている感じです。それは1月の強烈な投げ売りと、3月末のSEの発売日が絡んで
いる事も理由として有ると思います。

オーストラリアとイギリスがAndroid 50%台、iOS 30%後半の国でしたが、
どうもAndroid 60%台、iOS 30%前半台へと移行しそうな雰囲気を見せています。
Androidの底上げと、iOSの天井下がりが同時に進行しているようです。
つまり、iOSが頑張っていた国でもiOSが食われ始めているという事です。

なのでアップルが何とかして日本に色々で小細工をしているのも頷けます。





先月異様なアップルターンは有ったものの、やはり元のペースに戻ってきました。
SEの効果は初日分だけ入っていますが、まあ無いよりは幾分引き上げ効果はあるでしょう。
2月は一時期なりを潜めていた投げ売りも、3月は御指導上等で結構見かけましたしね。
かき入れ時はやっぱり外せない的な感じで。

来月にはSEの数字が絡んできますが、実質月初と月末しかSEの数字は上がってきませんので、
大勢には影響ない程度の影響しかなさそうです。要するに大して影響なしと。
5月のデータに入ったらまた少し動きが出てくるかもですかね。

iPhone 7もそろそろ大売れする要因がクック氏のハードル上げの言葉しかない状況なので、
iOSはいよいよという所かも知れません。




上記はiOSが多い所は青の、Androidが多い所はオレンジの四角を描いたものです。
上に行く程青が、下に行く程オレンジが多いことがわかると思います。

さて、ここからAndroidがどれだけ数字を稼いでいくかですかね。
まだまだ日本国内のキャリアはアメリカに送金の術を駆使してiPhoneを売ろうと必死ですから。
かなりマシになったとはいえ、今でもAndroidユーザーから搾取してiPhone側に還元しようという
動きは残っていますし。海外のようにはそう急激にAndroidの数字が上がることは考えにくいです。

スマートフォンでもフェアトレードマークって付けられないものでしょうか。
日本の全てのキャリアがアウトになるから無理かな(笑)


先月分の記事
【Kantar Worldpanel】例年にない不思議(作為的)な動きをするiOSのシェア

  1. 2016/05/13(金) 23:14:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

アップル寄りだったライター氏がWWDC2016の取材枠に落選、廃業してアップルとの決別を決意

当ブログ関連記事一覧
 〇アップルファンの乱、矢作氏に対して林氏がFaceb
 〇積年のアップルへの恨みが切れた堰を流れ出ていく様子、暴れた結果「やっぱり取れました」の手のひら返しが火に油を注ぐ ~~~ 見え隠れする個人的な感情による当落の差別
 〇アップル寄りだったライター氏がWWDC2016の取材枠に落選、廃業してアップルとの決別を決意


コメ欄で頂いたネタなのですが、アップルがこの時期に開いている技術系のイベントのWWDC 2016に
長年取材してきたライターさんが今年も取材申請して落選するという事態に暴れているご様子。


ただの呑兵衛の自棄酒を浴びてのくだまきにも見えなくもないですが、色んな本音が見え隠れ
していますので見ていきましょう。



何かが切れた瞬間。



そして自棄飲みへ・・・、いちいち写真の料理が美味しそうなんですがw







全てはこの一言目からスタート。
恐らくこの直前に、落選通知が届いたのでしょう。




一通り飲み明かして取りあえずの勢いをスッキリさせた後、ここ数年と四半世紀捧げてきた思いの処理に入ります。





何かしらの不満が有りつつも、旦那を愛し続けてきた嫁の思いが裏切られた時のような心の動きです。
具体的に方法論を語り始めました。





そうして本音が漏れます。
普段我々が使っているような単語が、どちらかと言えば当事者側だった立場の方から、
惜しげもなく注ぎ込まれています。やはり自覚が有ったという事か。




「今迄はメリットも有ったのでアップルによる理不尽なルールにも耐えてきた」そう読み取れます。




先の記事にコメ欄で紹介されたツイートはこれでした。



出るわ出るわ、積年の恨み。






やはりみんな分かっていたのですよ。
踊りながらも、どこかで感じてきた危機感の吐露。




旦那が仕事に出かけた後、家を出ていく嫁の決意にも似ている。





そうして矛先は神輿の担ぎ手にも。





で、幕引きの言葉。






これは取材をしている側の変化をとらえたものですが、その変化の原動力として、
積年の積もり積もった不満が有ってこそというのがよく分かります。

メディア側の人が裏切られて変化する瞬間を切り取ったものですが、これは何も伝えている
メディア側だけの話ではなく、ユーザーレベルでも同様にアップルに対する不満が溜まってきています。


今回は枠が取れた取れないの明暗がキッカケになりましたが、ユーザー側は、既に品薄商法や
不具合の多さ、故障率の高さやコレジャナイ感とそれに対する対応。色んな所で不満を溜めています。


時間をかけてファンを育て信者化してもらっても、それを失うのは一瞬です。
長年積んできた積み木はiPhoneやApple Watchでのガッカリ感を機に少しづつ崩れているのが見えています。


今回の落選劇につながった枠減少は、WWDCの会場や規模を小さくする為とか、理由は色々想像できる
わけですけど実際の所はどうなんでしょうか。

少なくとも長年アップルを応援してくれていたアップルフリークを一部とはいえ切り捨てるってのは
この流れを見ても分かる通り、アンチを生む病巣にしかならないと思うのですけど。
下手したらその内の一部はAndroidに流れちゃうと思います。

だって実際のOSの進化の度合いって、Androidの方が倍かそれ以上の速度で進化していて、明らかに
見ていて面白いのはGoogleの生み出すもの全部を含めたAndroid OSの環境の進化の方なんですから。

iPhoneは、アップルらしさを一部には残してはいますが、もう今更という所が多い上に、明らかな失速を
感じさせていますので、この枠減少が伝えられたことも何かすごく納得させられる出来事だと思います。


ちなみにこの矢作氏、アップルべったりではなく一定の距離を維持した上に、いい所も悪い所も含め、
かなりしっかりとした内容の記事を書く方です。恐らくアップル的にはそれが不都合と考えていたの
かも知れません。アップル的にはポエムでなきゃ困るのでしょう。

ということは、今後はよりアップル関係の記事はポエム化していくことが予想されます。
つまり、ポエムを書かない所はWWDC等に呼ばれなくなり、アップルとより距離を取るようになります。
一方アップルべったりの所の記事はよりポエム化していくと考えられます。


WWDC 2016、恐らく弾かれたのは、矢作氏だけではないはず。
恐らく今年はこれを機に、色んな事が起こりそうな予感がします。

ウォズニアク氏は一旦離れたものの、アップルが危機を感じて呼び戻して広告塔に使いました。
ジャーナリストはどう扱うのでしょうか。

肥大化してきたものはどこかを切り捨てなければならないのも確かな事では有ります。
このまま放置すれば確実に宣伝部隊は減少の一途です。


実力が大きく削がれていたのに風呂敷を広げ過ぎたこの後の顛末、見物ですね。

  1. 2016/05/13(金) 19:55:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

Googleが毎月出す月次パッチが相当な効果が有るように実感、今後それをメーカーやキャリアはどう受けるべきかを考える

Google、5年も前から存在していたAndroidの脆弱性を5月のセキュリティパッチで修正 ~ juggly.cn
今回話題となったのは「CVE-2016-2060」として公開された脆弱性です。これは Qualcomm のテザリングコントローラー(netd デーモンの一部機能)により、端末内の個人情報を漏えいさせてしまう危険性があるとして、Google は深刻度を「High」に設定しています。
本件を報告したセキュリティ製品の開発企業 FireEye によると、この脆弱性は 5 年前にリリースされた Gingerbread から存在しており、Android 4.3 Jelly Bean ~ Android 5.0 Lollipop を搭載した端末では影響を受けることが確認されているそうです。

Googleは月次パッチを毎月リリースしています。

2016年5月1日にリリースされたパッチに5年前のGingerbreadから存在していた脆弱性が修正
されたとして話題に上がっています。

CVE-2016-2060という、新しいCVEコードが割り当てられる程、なかなか見つけられてこなかった
脆弱性と言えます。

またStagefrightやHeartbleed等、派手な名前が付けられた有名な脆弱性は多数の検査アプリが
登場しましたが、Stagefright以降はまともに検査アプリが出てきません。
それはGoogleが月次パッチを出しはじめて以降ピタッと止まった感じです。

恐らくGoogleの月次パッチがかなり効力を発揮し、発見される尻から修正パッチが出てしまうので、
検査アプリの開発が追いつかないのでしょう。

この部分に関してはGoogleの動きがピタッとあたった形になっています。



では実際の流布状況はどうか。

残念ながら、端末メーカーレベルでも月次パッチに追従出来てません。
キャリアが絡むと尚更、馬鹿にしているのかと言いたくなるぐらいに止まっています。

では月次パッチを適用するには何が一番早いかというと、結局は個人やチームなどによる
カスタムROMの世界に足を踏み込まなければなりません。

幸いにも私はCM13を使える身ですので、比較的新しいCM13を入れる事が出来ました。
そのセキュリティーパッチレベルは2016年5月1日で最新です。
現状の私の端末の状況です。
最新のXperia Z5シリーズなんかよりもよっぽど安全な状況です。
完全にNexusレベルに追従出来ています。


メーカーやキャリアは、一定の時期までは3ヶ月に一度や半年に一度程度までは
セキュリティーパッチの配布を行うべきだと私は思うのですけどね。
全部メーカーも出るならいいのですが、キャリアモデルも有るのでややこしいでしょうね。
変なカスタマイズをするもんだから、それを阻害しています。
他社と僅かな通信速度差をつけたいとか、ほとんど使わないカタログ機能を増やしたいとか、
そんな事の為に、日々の安全を強制的に捨てさせる馬鹿げた選択を平気で行っている
わけですが、多くのユーザーはそれを肯定してしまっています。
理屈が分かっている人達にとっては大迷惑ですね。


それはともかくとしても、メーカやキャリアはそろそろこのセキュリティーパッチに関して、
無視ばかりを決め込むのではなく、そろそろ何か真面目に考え始めた方がいいと思いますよ。

有償でもいいのでカウンターでバージョンアップサービスを行い、仮にその場で動かなくなった
場合、すぐに代替機を出せるように環境を整えておくとか、バージョンアップに際して写真や音楽、
電話帳のバックアックをきちんと行うとか、スマホが売れなくなってきている中で、そういった
アフター系のサービスが大事になってくるような気がします。

それを行う為に、
 ・メーカーにはきちんとバージョンアップしたOSを作らせておく事。
 ・月次パッチも3ヶ月や半年ごとにきちんとまとめておく事。
この程度の事はやらせておく必要が有ります。

やっとZ5のMashmallowを出せたばかりのソフトバンクとか、まだZ5がLollipopのままの
auとか、もう論外なのですけど、これを出来るとするとドコモ位でしょう。
Nexusは自動的に適用されるのでアレですけど。

毎月なら500円でも躊躇されると思いますが、単発で2000円程度なら、多分それなりに需要は
出せるんじゃないでしょうかね。恐らくほぼショップ側の押し売り状態になると思いますけど。
でもこれって大事な事だと思いますよ。小銭も稼げますし、是非考慮下さいませ。(ほぼドコモ向け)

あとChromeとWebViewも更新も必要ですけど、これって表示が変わる恐れが有るので、
この辺もデータのバックアップ内容の確認と共にしっかりと事前のチェックシートで確認させ
ないとアレでしょうね。(この辺はプロが考えて)


折角Googleが出している月次パッチが、カスタムROMでしか使えないなんて馬鹿げていると
思いますので、そこらを含めてちょっと突っ込んでみました。
メーカーにキャリア、しっかりしてよ。

  1. 2016/05/13(金) 19:44:11|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「アップルウォッチ充電中発火し火災」損害賠償求め提訴中

「アップルウォッチ充電中発火し火災」損害賠償求め提訴 ~ 朝日新聞
自宅の一室が焼けたのは充電中の腕時計型端末「アップルウォッチ」が発火したことが原因だとして、愛知県春日井市の40代の男性が、アップルジャパン(東京都)を相手取り、部屋の修繕費など約156万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こしたことが分かった。地裁で10日、第1回口頭弁論が開かれた。

国内で「Apple Watch」の発火事故が発生か ~ 気になる、記になる…
今朝Twitterでも紹介しましたが、朝日新聞によると、国内で「Apple Watch」が発火して自宅の一部が焼けたとして、愛知県に住む男性がApple Japanに対し損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こしていたことが分かりました。

Apple Watchが夜間充電中に燃えたという話。

昨年5月購入のApple Watchが、同年9月14日未明に燃えたという事です。
しかも専用充電器を使って充電していたらApple Watchから火柱が上がっているという豪快さ。


ではアップルの対応はどうか。

【被害男性に対する対応】
訴状によると、同社は提訴前の昨年10月、原告男性に対し「火災は欠陥によるものではないと判断した」と回答したという。

【メディアに対する対応】
朝日新聞は同社にコメントを求めたが、10日夜までに返答はなかった。

ナニコレ?

被害男性には「火災は欠陥によるものではないと判断した」と言いつつ、メディアには沈黙。
被害者に言った事をメディアにも主張すればいいはずなのに、何故この対応の違いが?
言えない理由が有るとしか思えませんよね。


アップルはこういった事故が有ると黙り込んでしまう事が少なくないです。
「徹底的に調べる」等と耳アタリのいい言葉を出しつつ、結局客のせいにしたりと、
まずアップルのせいだと認めることはしない。

今回はどう考えてもApple Watchがほぼ原因で、言い逃れしにくいので下手なことは言わずに
やり過ごすという方法なのかも知れません。もっと追い込まれたら何かの言い逃れの言葉を
発するかもしれませんが、この火災がアップルのせいだと素直に認めるとは思い難いです。

なにせ、ここで対応を間違えると、今まで黙っていた人が世界中で一気に裁判を起こし始める
可能性が有るだけに、下手な事はできません。そうなるとマンパワー的にも、金銭的にも、
企業の印象的にも、何一ついい事は無いのです。

だからアップルは、一部の強い反感を分かりながらも、無視してやり過ごす手法に出ました。
このままで終わったら、アップル的にはそれほど障害が出ていない状況でやり過ごせたことに
なるかも知れません。


過去にiPhoneの事故もかなり多く有りました。

当ブログ記事[燃えた・煙編]
飛行中の旅客機で燃えたiPhone 6、やっぱりよく燃えるiPhone
iPhone6 Plusが突然燃え出してアップルに報告も新しいiPhoneを送ってきただけで何の配慮も無し、燃えたり感電死をしてもアップルは他人事を決め込むばかり
iPhone 5が飛行機の中で突然発火、燃焼事故が多いiPhoneの品質の低さが問われる
【大パニック】中央線でiPhoneから煙、「中央線も止められる、そうiPhoneならね」
国内でiPhoneが燃えた、煙が出た等、何故か報道に乗らない報告集
日本国内で、放置していたiPhoneがいきなり燃えた「iPhone出火なう。笑」

当ブログ記事[感電編]
タイでまたiPhoneによる感電死、今回はアップルによる殺人行為
【感電事故】香港版iPhoneとBFタイプの充電器が与える影響の大きさの衝撃(追記)
iPhone感電事故、日本でも中国製充電器に注意喚起
またiPhone感電、今度はシドニーの女性
中国でiPhone感電が二人目に、一人目の充電器は正規品に見えるのですけど
中国のiPhoneの感電事故、情報を詳しく解析してみる(ニュース動画&追記)
iPhone5で感電死か アップル調査へ 中国

Apple Watchの一つや二つが燃えても全く不思議には思いません。
ファンが夢見るアップル製品ってこの程度の品質なのですから。
部品屋を泣かせながら、一円を値切りまくるコストダウン体質ですのでそれで普通です。

  1. 2016/05/13(金) 01:05:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Apple Musicライブラリでカバー曲に勝手に入れ替えたり、ライブ音源をスタジオ録音のものに入れ替えてHDDから元ファイルを削除したりやりたい放題のクソ迷惑仕様

「Appleが私の音楽を盗んだ」──Apple Musicライブラリでまた悲劇が ~ IT Mediaニュース
「Apple Music」を使っていたら自分で作曲したオリジナル曲を含む122GB分の楽曲がHDDから削除され、米Appleのサポートに相談したところ、サービスを使わないのが最善の方法だと言われた──。米アトランタ在住のジェームズ・ピンクストーン氏(リンク先は同氏のLinkedIn)が5月4日(現地時間)、このようなブログを投稿した。
ピンクストーン氏によると、Apple Musicにサインアップした際、iTunesが同氏のノートPCに保存してある大量のMP3やWAVフォーマットの楽曲コレクションをチェックしてクラウド上の(Appleが)マッチすると判断した楽曲と照合し、ノートPC上のオリジナルを削除したという。同氏が作曲したオリジナル曲もiCloudにコピーされた後、ノートPCから削除されたという。
さらに、Appleがマッチするとして置き換えた多数の楽曲は実際には同じものではなく、例えば希少なライブ音源がスタジオ録音の楽曲になってしまったり、オリジナル曲がカバー曲に変わってしまったりしたという。

アップルのApple Musicを使っていたら自分のHDDから122GB分の音楽ファイルが削除されてしまうという、
何とも恐ろしいことが起こったようです。

勝手にユーザーのファイルを削除とか、ちょっとどうかしている。
それもオリジナル曲を別物に入れ替える事もやってしまっているとの事。
ライブ音源をスタジオ録音曲に入れ替えたり、オリジナル曲をカバー曲に入れ替えるという・・・。

曲の内容だけ比較して、同じ曲と判断したらHDDから削除してしまうという、論外仕様のようです。
音楽は芸術なんだから、何でもかんでもスタジオ録音曲に入れ替えればいいわけでは有りません。
しかもオリジナルを消してカバー曲に入れ替えとか、完全に舐めてますよね。
これがアップルの考える理想の音楽環境らしいです。


このクソ仕様のクレームを突きつけられたアップルのサポートが、「最善策は製品を使わないこと」と
返答するのは仕方の無い事。自らが手を入れる事が出来ないサポートの方が、そう反応するのは
仕方が無いと思いますので、その部分を責めるのはどうかなと思います。

責めるべきはユーザーのHDDから勝手に削除して別物に入れ替えてしまうApple Musicの仕様の
ほうでしょう。クラウドに勝手に(非)互換曲を作成するのはいいとして、消すのだけはアウト。

Apple Musicを使ってしまっただけで、余計な事故に巻き込まれてしまうとか最悪ですね。

  1. 2016/05/12(木) 21:23:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Googleアプリで検索するとカスタムタブの内蔵ブラウザで開くのがデフォルトに設定される

Android版Googleアプリが全ての検索結果をChromeカスタムタブで開くことに対応 ~ juggly.cn
Android 版の「モバイル向け Google アプリ」が最新版で検索結果を Chrome カスタムタブで表示するようになりました。

早い人は先月の終わりには来ていたようですが、連休終わり位にうちにもこれに対応したバージョンが降ってきました。

情報を持たずにいきなり見慣れぬ内蔵ブラウザで開かれるとびっくりしますが、事前に情報が
有ったので特に混乱は有りませんでしたが、黙ってこれをやられるといい気がしませんね。

セキュリティー的にはカスタムタブで開くのが最良だと思いますので、これはこれで仕方のない
処置かも知れません。ここまでやってしまえば、とりあえずは旧バージョンのAndroid上で
検索をかけた時でもWebView関連の問題は解決できてしまいます。Chromeを最新版にして
いないといけないという問題は有りますが。

但しその後どんなブラウザに投げているかという問題も有るかと思いますが、とりあえず
カスタムタブ内で表示している間は旧バージョンのAndroidでもセキュリティーは確保されます。
本気で見ようと思えばChromeに送れば全く問題ありませんしね。

Googleがここ迄見事に旧バージョンのAndroidのWebアクセスの問題を解決するとは
思っていませんでした。ただAndroidのWebViewに関しては旧バージョンで特にややこしく
解決しきれない問題として残っています。
なので特に旧バージョンのAndoridではWebViewを利用しないことが大事です。

恐らくそれを強制的に解決させる為にGoogleアプリの検索機能でWebViewを利用させない
ようにChromeのカスタムタブを利用させているのだと思います。

そうすることで、4.1~4.4迄のWebViewをアプリ単位で入れ替える事が出来ないバージョンの
Androidでもウェブアクセスの安全性を確保しようという目論みなのでしょう。

なので、Chrome以外のブラウザはなるべく使わないほうがいいということになります。
但しBlinkを利用しているブラウザは恐らく最新のレンダリングエンジンを使っていると
思います。また他のブラウザでもレンダリングエンジンをきちんと新しくしてセキュリティーを
確保しているものはいいのですが、独自の小型のブラウザではWebViewを利用している
ものが殆どなので、それは少なくとも4.4以前のAndroidでは利用をやめた方がいいと思います。

Lollipop以降はWebViewの利用はChromeと同レベルのセキュリティーを維持できているので
さして気にすることもないと思います。適宜ChromeとWebViewのアップデートさえ忘れなければ。

色々有りますが、4.4以前のバージョンのシェアが無視出来るレベルになってきたらこの辺の
デフォルトも次第に消えていくかも知れません。


ちなみにこのデフォルトを解除するには、
 [≡ ⇒ 設定 ⇒ アカウントとプライバシー ⇒ アプリ内でウェブを開く(OFF)]
で設定が変更できます。

  1. 2016/05/12(木) 19:35:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ドコモの2016年、夏機種を色々とチェックしてきました(追記)

本日ドコモも2016年の夏機種を発表しました。
昨日のauに引き続き、ドコモとソフトバンクが相次いで発表。

とりあえず11時からの発表会を見ましたが、ドコモ的には端末はさっさと流す感じ。
3CCAでの375Mbpsを売りにするとか色々有りますが、もうそんなに求める人もほぼいないです。
それよりも、どこまで穴の無いエリアや電波が届くのかという事の方が大事です。
まあそれも大方の人は問題を感じなくなりつつあるのですが。


ドコモ的にはdTVやdヒッツ、dアニメストアなど、d系のサービスが上手く広がっているので
そちらを売りたいという事も有るのでしょう。それを前に出した発表会でも有りました。
なので、新端末を見たい人達からすれば、ちょっと興醒め気味。
auもソフトバンクも発表会すらせずにこっそりとホームページ上にて公開といった感じでした。


で、新端末を一応見てきました。

まずはarrows SV F-03H。
F-03HはプロセッサがSnapdragon 410という廉価機種、arrows Fit (F-01H)をブラッシュアップした
機種で、メモリ容量などもほぼそのままで、バッテリー容量がちょっと増えているだけ程度。
勿論Android 6.0.1なのですが、セキュリティーパッチを確認すると2016年2月1日でした。

UAは以下の通りで、まだ正式な機種名が入っておらず、最終バージョンでは無い事が分かります。
Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; FJDEV043 Build/V03R024C; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/48.0.2564.106 Mobile Safari/537.36
Chromeのバージョンは48ですが、せめて現時点でのバージョン50位は入れておいてほしい所です。


次にAQUOS ZETA SH-04Hです。
これはシャープの方がめちゃくちゃ熱く語ってくれました。
正直AQUOSなんて・・・という所があったのですが、説明を聞いているとそう悪くない。
私洗脳されました?(;´∀`)
画面の端を撫でてスクショが取れる機能とか、いちいちファイルに落とさずにメモリ上だけで
処理できてすぐに捨てられる。OSや他のアプリの操作とかち合わないように注意して追加機能の
操作を選んでいることも十分感じられます。
セキュリティーパッチは2016年4月1日、先月分まで反映されており、なかなか頑張っていると思います。
UAは以下のとおり。
Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; SH-04H Build/R4270) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.91 Mobile Safari/537.36
Chromeのバージョンは49、これも最新ではなく49でした。
もう一声、製品版では50を期待します。

というか、こういうのはドコモが最低限のガイドラインとして出すべきだと思うのですけど。


次に見たのはGalaxy S7 edge SC-02Hです。
どの端末でもまず私が見るのは設定の端末情報です。
しかし、今回見た5機種の内、設定画面にロックがかかっていたのはGalaxyだけ。
邪魔くさい事をして有ったのでレポ無しで無視します。
Chromeでアクセスもしましたが、他機種よりもスクロールのスピード重視でスクロールは速いですが、
なんか荒いしそのせいで思った所で止めにくい。その設定が好きな人はいるかも知れませんが、
私はこれは使いにくいと感じました。
何よりも設定ロックしている時点で論外です。
見せる気が無い時点で見てやりません。


やっと空いてたXperiaTM X Performance SO-04Hを触りました。
やはり一番人気です。
Snapdragon 820を積んだXperiaという事で、ハイエンドでは無いというブーイングを受けながらも、
何だかんだと注目は浴びています。
ただ先程触ったAQUOSが意外とよかったので、若干味気ない。
AQUOSの方がバッテリーも3000mAhだし、一方Xperia Xは2570mAhしかない。
まあ使っていて5.2インチのZ5よりも小さいサイズが持ちやすい。角の丸みも大きさを感じさせない。
820の熱を試そうと色々やってみるも、プロセッサの能力が高過ぎてなかなか発熱させられない。
4Kではないですが動画を撮ってみるも、発熱しない。
ハイエンドでは無くハイミドルですが、これは売れてもいい機種だなと思います。
Zシリーズのように4Kが撮れるとか尖がった部分は皆無ですが、そつなく丸いという感じです。
Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; SO-04H Build/35.0.B.2.206) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/50.0.2661.89 Mobile Safari/537.36
Chromeは50で、しかも最新の50.0.2661.89がインストールされていました。
私はこういった細かいところが大事だと思っています。
よくあるのは自社の変なブラウザを使わせようとか、そういうおかしなことをして、結果的に
セキュリティーを下げているとか本末転倒な事をよく見かけます。
そんな所に力を割くなら、Androidのセキュリティーの要であるChromeの最新版を乗せておけと。
そういう意味でもXperia XにChromeの最新版が乗っていたのは評価が高いです。
ただXperia XのAndroid OSのセキュリティーレベルは2016年3月1日なので今一でした。


面白かったのは、Disney Mobile on docomo DM-02Hです。
なんとAndroid OSのセキュリティーレベルが2016年5月1日でした。
たかがミドルハイクラスのディズニーモバイルと思っていたら、OSのセキュリティーが
超最新でびっくりしました。
ぎりぎりまでほおっておかれたのたまたま最新のものが入っていたのか、
それともものすごく力が入っていて最新が入っているのか。
しかしながら、5月1日はたまたまレベルでは無理が有ると思うので、やはりこの端末は
意外とシャープの本気なのかも。
UAは取ってくるのを忘れました。



最後に・・・Snapdragon 820の機種のGeekやAnTuTuのベンチを取ってくるのを忘れてました。
その内誰か取ってくれると思いますが、誰も取らなさそうでしたら私がベンチを取りますのでご安心ください。
まあ820は多くの人が注目しているのですぐにベンチが出てくると思います。




とりあえずXperia Xの端末情報を撮ってきました。



Xperia Xではカメラのアルバムが固定では無くなったようです。
Z5まではアルバムを無効化すると、カメラから一切アルバム機能が使えませんが、
Xでソニー純正のアルバムが有ればそれを問答無用で使いますが、アルバムを無効化すれば、
選択画面が出てきます。これは有り難いというか、やっと当たり前に戻りました。



ディズニーモバイルのセキュリティーレベルを確認。


  1. 2016/05/11(水) 23:07:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

KDDIがXperia XP(SOV33)を発表、ドコモの発表前日に

KDDIニュースリリース

本日いきなりKDDIから、Xperia X PerformanceとGalaxy S7 edgeが発表。

Xperia XPはSOV33として登場します。
バッテリーが2700mAhという事で、同時に発表されたGalaxy S7 edgeの3600mAhと比較されてしまい、
やっぱり不評を買っています。

今回は特に「長持ちバッテリー」という、紛らわしい表現を売りにしたので、「雉も鳴かずば撃たれまい」の
状態になっています。自らバッテリーの持ちに批判の視点をフォーカスさせている始末。
なんでソニーってカッコイイCMを作る時もあるのに、こういった宣伝では地雷をわざわざ踏みに行くのでしょうか。

とりあえずソニモバの公式発表も。

SONY Mobile公式ページ

既に発表済みのグローバル版と特に変わる所はないと思います。

後はキャリアのクソアプリがどの程度盛られるか。
RAM 3GBで他のハイエンドからあからさまに置いて行かれているという事等が問題に上がっています。
ソニモバは執拗にハイエンドという表現は避けていますが、ユーザーはなかなかそれで納得する所ではありません。

私はハイエンドではなくともいいですが、やはりポイントとなるデバイスはきちんとポイントを抑えて
欲しいと思っています。ハイエンドを謳わなくてもSnapdragon 820を搭載した上でRAM 3GBなんて
常識として許されないでしょう。

それとストレージ用のFlashROMがeMMCかUFSかという問題。
これでアクセス速度が変わってきます。

eMMCも5.1なら今までのeMMCと比べると速度は速くはなっているものの、UFS 2.0と比べるともう速いとは
言える範囲ではなくなってきました。


後デザイン。
背面パネルの下部、これ「おむつデザイン」と騒がれています。

背面が一枚パネルと思っていた人が多かったようですが、まさかの分離でアンテナの効率の為か
iPhoneでお馴染みの分離されたラインが入っています。iPhone 6/6sシリーズはあの不格好なラインで
そこを塞ぎましたが、Xperiaはラインをそのまま見せていくようです。

私は電波の感度優先なのでそこまでは気にしませんが、やっぱりおむつデザインは褒められたものでは
ないですね。中華メーカーがiPhone 6/6sシリーズをパクってあのクソなヘアラインデザインをパクったり、
していますが、そもそもiPhone 6シリーズの登場時に死ぬほどカッコ悪いだのダサいだの言われた
デザインなのに、オリジナル性を欠くばかりか、カッコ悪いものを真似するとか脳みそが腐っているとしか
思えませんね。

カッコイイデザインを追求しようとかいう頭は無いのでしょうか。
Xシリーズはハイエンドを追わないという事は重々わかりますが、シリーズ名の後ろにPerformanceと
付けているのですから本当にPerformanceが無いと馬鹿にされますよ。

少なくともPerformanceを追求したSnapdragon 820に失礼どころか、お金の掛け方を間違えています。
プロセッサはそこそこなものであっても、高速な4GBのRAMと、UFS2.0のストレージで全く別物の端末に
生まれ変わります。私は端末はプロセッサよりもメモリ重視な立場を取っています。

恐らくスマホ系のブログでは、一番早くと言っていい程RAMとストレージの容量について書き立ててきました。
Androidのストレージ1GB端末を散々叩いたり、iPhoneのRAM 256MBや512MB問題でも騒いできました。

その目で見ていくとXperia X Performanceは非常にバランスの悪い端末としか言いようが有りません。
売れる端末とバランスが良く性能のいい端末がイコールとは限らないというのは分かりますが、
アンバランスな状況が長らく続いているなというのも実感としてあります。

そろそろソニモバも、まともな「標準を外さない」端末づくりをして欲しいなというのが一応ファンを続けて
きたものとしての本音です。

何故Z3が今でも人気なのか。
バランスが良くてしかもrootも取れる。
こんな当たり前のことが国内では最後になった端末だからです。

私としてはZ3は64bitでもないし、積極的に選ぶべき端末ではないにカテゴリーしたい所なのですが、
ユーザー目線で見るとやっぱりバランスがいいのです。

見ていないようでユーザーはきちんと見ていますよ。
勿論ハードの事が分からない大衆もいますけどね。
でもiPhoneの評価がどんどん落ちているのに、Xperiaがそれをきちんと拾いきれていないと感じている
所もあります。

やはりXperia Xシリーズに辛い評価を出さざるを得ないのは、デザインが人気なXAを出さない上に、
XPが中途半端でバランスが悪過ぎという事が大きいなと思います。



ただ明日、ドコモの発表が11時から有りますが、そこでXAがSO-05Hとして出るとの噂も有るので、
まだ何とも言えません。(XPがSO-04Hで出るとの噂も)

とりあえずドコモの発表を見ないと何とも言えない所もあります。
たとえ出たとしてもXAもおむつスタイルだった場合、また荒れると思いますけどね。

  1. 2016/05/10(火) 22:05:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

サムスンがGalaxy端末向けに5月の月例パッチ版のアップデートをリリース

Galaxy デバイス向けに、5 月のセキュリティアップデート(SMR-MAY-2016)のリリースを発表
Samsung のセキュリティアップデートは Galaxy S7 や Galaxy Note 5 などの主力モデルに対して提供されることになっており、Galaxy S7 edge(SM-G935F)には既に「XXU1APC8」の PDA ビルドとして配信中です。

サムスンはGoogleの月例パッチに沿って、毎月パッチをGalaxy端末向けに出しています。
今月の分はGoogle の 5 月修正パッチ分と、サムスン独自の修正分2 件の脆弱性に対処。

サムスンの開発力は絶大で、だから毎月パッチを出し続ける事が可能になります。
体力的になかなか他のメーカーでは出来ない事です。
でもちょっと頭のいい人が一人いるだけで、月一なら10~20機種位までは十分に対応できると思いますけどね。
私の経験と常識の範囲では。

なのでメーカーレベルの話では大してコストに響かず月例パッチを出すことは可能だと思っています。
ただ、メーカー純正アプリとの相性などとのチェックまで含むと一人では済まないでしょうけど。
しかしそれよりももっと大きな敵はキャリアでしょう。
キャリアが全力で邪魔をしてくれます。

サムスンもキャリア端末まではさすがに行っていないと思います。
キャリアを通さない、端末単体で買った人はこの月例パッチを利用できると思います。
日本の国内メーカーもこういった月例パッチを出す所が出てきてほしいもんです。

  1. 2016/05/10(火) 19:27:45|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

初代Xperia Zに2016年5月1日版セキュリティーパッチのAndroid 6.0.1が降ってきた、赤星氏がGW版のCM13をリリース

去年の年末から今年初めにかけ、Xperia GXとZに向けたCMや他のメンテナによる
ビルドされたAndroid系のOSの怒涛のリリースを行っていた赤星氏ですが、1月半ばを
最後にぱたんと音信が途絶えてしまいました。

なんとなく忙しくなる風な話を聞いていたので、私も連絡は一切取らずにいた所、
この連休にこっそりと作業をされていたのか、Xepria ZとA向けにAndroid 6.0.1ベースの
CM13をどどんとリリースされました。

そのリリースノートは以下です。
 ●2016年5月のZ・A向けCM13.0リリース
 ●To International Readers (Apologies and Announcement)

ついでにリリースノートの分を少し改変した英語版のアナウンスも書いておられました。
英語版は内容は若干違ってお詫びとアナウンスが中心です。

今回のリリースノートで今後の方向性も示されていました
今後の予定
 ・GX向けのLB用CM13.0のビルド(カメラとWi-Fiの修正)
 ・Z Ultra、Z1向けのLB用CM13.0のビルド
 ・fusion3用のCM13.0用デバイスツリーの公開
 ・(要望があれば)fusion3(yuga,dogo)用のCM12.1の通信を修正したものをビルド
 ・色々と書きたいノウハウはあるものの、IaaS系に関心分野が移りつつあって時間がない
 ・POBox Plus等の移植もしたいが、わざわざ移植するほど魅力的に感じないので難しいかも

端末的にはZ(Yuga) / A・ZR(Dogo)は元より、GX(Hayabusa) /Z Ultra / Z1が対象端末の中心となるようです。
Z3は現在赤星氏のメイン端末として使われておられるとの事で、メイン端末を開発に使うのは難しいとの
ことで、しばらくはなさそうな感じです。

私もプロセッサやメモリのバランスを考えるとSnapdragon S4 Pro (APQ8064)とSnapdragon 800 (APQ8074)で
RAM 2GBの端末辺りをメインに据える選択はベストだと思います。私も現実ラインでメイン端末に据えるのは
この辺りの端末が一つの線上に来ると思われるからです。

ソニーの端末のプラットフォームで言えば、Fusion3(Z/A/ZR)とRhine(Z Ultra/Z1)がメインに昇格し、
Blue(GX/TX)は継続メンテナンスという感じでしょうか。

今後はFusion3とRhineがメインに来るという事で、同じRhineの Z1f / Z1 Compact / A2 / J1 Compactも
当選の可能性が無きにしも非ず。でも私的には無理に対応数を増やすよりも、ユーザー数が多く、
稼働数が多い所でやってもらえた方が労力と喜ぶ人の数が増えるんじゃないかなと思うので、
赤星氏の無理のないことろで効率よくやって頂けた方が嬉しいです。

ついでに言うと、私はGXよりも古い端末で頑張っている方向けにCM10.2のノウハウもお持ちなので
そこへの移植はどうかと一部推薦したものも有ったのですが、やはり実用性を考えても現実的では
ないと考えられたようです。確かに今後の稼働数を考えても今更労力を割く所でもないのは確かです。


ZとA/ZR向けのCM13の最新版は以下のサポートページからダウンロードできます。
どちらも2016/05/08(日)で、Androidセキュリティーパッチレベルは2016年5月1日で最新となっています。
先日GoogleがNexus向けに出したものと遜色ないレベルのスピード感ですね。
こんなスピード感はキャリア経由では不可能です。(やれるものならやってみろ(笑))

 ●CM13.0 for Xperia Z with Locked Bootloader
 ●CM13.0 for Xperia A (ZR) with Locked Bootloader


というわけで、私も入れてみました。

 

間違いなくAndroid 6.0.1です。
CMがどうこうというよりも、やっぱりAndroid 6.0.1だなって感じます。

暫く安定重視で海外版のXperia Z向けのAndroid 5.1.1を使ってきたので余計にそう感じてしまいます。
やはり5.1.1と6.0.1では使い勝手が決定的に違うんですよね。
まあCMオリジナルの部分も有るので、そこも違うのですけど。


で、今回導入時に気になったのが以下の所。

 

今迄インストール時にこんなの有ったっけ?って画面なのですが、どうやら初期化後等の
再インストール時の端末の状態復元部分に力が入れられていようです。

この部分はAndroid OSがiPhone等のiOS環境にはどうしても追いつけなかった部分ですが、
端末のみでこれを解決しようと、Google IDに紐付てIDを入力したらGoogle Driveから自動的に
色々と環境を復元してくれました。

アプリも相当に復元してくれましたが、それに関しては以前からも有りました。
が、今までよりも復元率が上がっている感じ。
アプリの設定なども完璧とは言えないながらも、結構以前の設定が戻ってるアプリも有る。
設定し直そうと思ったら、既に見覚えのある設定になっているアプリがいくつかありました。

但しそれは全部じゃない。
多くのアプリでは再設定が必要でした。
この辺の課題はまだまだです。
Googleが初期化時などの設定の完全な復元に向けたガイドラインを出してもらいたいものです。
それが出来る様になれば、かなり便利になると思いますし、完全な初期化がやりやすくなります。
やっぱり再設定関係の作業って面倒ですし、誰もが嫌な作業ですしね。

Z4等で聞かれるように、Android 6.0になって動きが速くなった等の辺かは残念ながら私の環境では
感じられません。理由はAndroid 5.1.1の時点で十分に動作がスムーズで軽かったからだと思います。
恐らく5.1.1では5.0の段階よりもかなり動作が軽くなっていたのかも知れません。
海外版のROMだったので、余計なアプリが入ってなくてそれで軽いという事もありますしね。

というわけで、このビルドは十分実用範囲だと思われますので常用したいなと思います。
が、今まで使ってきた海外版の5.1.1は10.7.A.0.228_1270-5695です。
この10.7.A.0.228_1270-5695が滅茶苦茶安定していまして、ずっと電源を入れっぱなしでも
全然遅くなってこないし、不安定にもならない。

だいたいいつも500時間位は再起動無しで端末を動かし続けています。
500時間と言えばおよそ3週間ですが、それも不安定になったからとか遅くなった等という理由で
再起動しているわけではなく、SIMをちょっと別の端末で使いたいとか、そんな感じでちょこちょこ
電源を落とす必要が有るのでそういった感じでそれ以上日数が伸びなかったというだけです。
何も無ければ一か月、二か月と連続稼働時間が伸びていた可能性は少なくないと思います。


とりあえず、このCM13を使っていきたいなと思います。
先まで使ってきた10.7.A.0.228_1270-5695並に安定していると嬉しいのですがどうでしょうか。
取りあえずセキュリティーに関しては2016年5月1日版なのでこれ以上新しいものはGoogleから
まだ出ていません。検索してみて出てくる最新の状態にキャリアにもメーカーにも捨てられた
端末が、最新の端末ですら到達できない所まで届いています。

CMのメンテナにも、それをLocked BootloaderなXperiaに移植して下さっている赤星氏にも
感謝の思いが有るのみです。

  1. 2016/05/10(火) 00:22:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総務省の携帯端末0円売りの禁止で中古白ロムが値上がり、以前ならキャリア正規端末に客が戻ったところが格安SIMフリー端末が充実している現在では・・・

中古スマホ、下取り価格上昇 「実質0円」禁止で品薄に ~ 日本経済新聞
携帯電話端末の大手販売店がスマートフォン(スマホ)下取り価格を引き上げている。総務省が新品「実質0円販売」見直しを求める指針を4月から適用した影響で新品の売値が上昇。割安な中古スマホが人気を集め品薄になっているためだ。

携帯の実質0円販売が一応終了したことになっている。
しかしながら、実際にはあの手この手で0円販売は続いていることが少なからず報告
されていて、完全になくなったわけでは有りません。

総務省は「チクリ制度」を導入するも、ユーザーがわざわざ目先端末の値上げに
つながるチクリをすることはまれでしかなく、実際の効力が疑われます。

チクリ情報によって実際に指導がなされたなら、1~3万円程度の報奨金とか
有れば、街中に0円ハンターが溢れた事でしょう。ややこしい条件で0円提示して、
摘発逃れをするような怪しい販売店も、報奨金目当てのハンターの目をかいくぐる
事は不可能。とか、総務省にはたった数万円の現金の怖さを理解出来ない方々が
おられると思うので、こういった事は無理でしょうね。


それはともかく、安倍首相のツルの一声をきっかけに始まった影響が色んな形で
波及して、実際に0円販売が減ったのは間違いないことで、それによって中古の弾が
減っているのもその通りです。

なので中古端末の価格が上がってきているのを実感しています。


中古端末の値が上がると、キャリア端末の新品との値段差が無くなり、キャリア端末の
魅力が再認識されるようになります。中古の白ロムとキャリアで買う端末の値段が
ほぼ同じなら、キャリアで縛られてもいいかと思う人も増えるでしょう。

キャリアはその発想が出来ない。
下らない端末の価格競争で端末を投げ売って、結局安くない回線代で回収する。
まあその辺りの色々は何度も指摘しているので今回は触れない方向で。


中古端末の値上がりはキャリアにとって追い風になるということですが、しかしもうそうはなりません。
格安のSIMフリー端末がじゃんじゃん出てきていますから。

キャリアって本当に馬鹿ですよね。
もっと前に0円販売合戦をやめておけば、キャリアの端末の収益性が上がっていたはずなのに、
SIMフリー端末が充実し始めてきた頃に中古端末が値上がりを始めると、キャリア端末に戻る
人よりも、SIMフリーに流れていく人が増えてしまいます。


中古のキャリア端末を求めていた人は、曲がりなりにもキャリア製の端末のメリットを感じて
買っている人なので、また正規のキャリア端末に戻ってくる人も少なからずいます。

しかしSIMフリー端末の味を一旦覚えてしまうと、キャリア端末のデメリットを嫌というほど知らさせる
事になり、もうキャリア端末に戻ってこなくなる人も多いと思います。余計なアプリが無い事の
メリットは絶大ですから。

対応電波種も以前ほど問題にはならなくなってきていますし、尚更キャリア端末へ戻るメリットが
無くなりつつあるのです。


今後キャリアは中古端末の値上がりをどうにかして味方にしなければなりませんが、SIMフリー端末に
客を逃がさない方策が要求されると思います。

この辺各キャリアがどう出るのか、ちょっと楽しみでは有ります。
この夏端末と、次の秋冬端末である程度の結果が見られると思います。

  1. 2016/05/09(月) 21:50:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アップルファン「おらがAppleWatchの販売がロレックスの売り上げを抜いただべ」←「だから嫌われているってなんで気づかないんだろうね(ひそひそ)」

Apple Watchの販売額、ロレックスを約1,600億円上回る!? ~ iPhone Mania
Appleは、先日の決算発表会でもApple Watchの販売本数を公開していませんが、米ウォール・ストリート・ジャーナルは、発売初年度のApple Watchの販売本数は1,200万から1,300万本で、販売額は60億ドル(約6,600億円)と推定しています。
この販売額は高級腕時計ブランド、ロレックスの45億ドル(約5,000億円)を上回る数字であるばかりか、スイスの腕時計産業の販売額である200億ドル(約2兆2,000億円)の3割に相当します。

あのー、ロレックスとApple Watchって同じ比較の台に乗せるべきものでしたっけ?
この記事で如何にもアップルファンが舐めた目線で世間を見ているのかということが分かります。

こういう記事を書くから嫌われるって気が付いてないのでしょう。
高級とされるものを、高級であるが故の何らかの指標以外の部分で抜いたから勝った的な
記事を書いて優越感に浸る。

販売数や販売額でロレックスを抜いても、ロレックスのロレックスであるが故のステータスには
何の揺らぎも無い。逆にそれでAppleWatchが上回った所で、「だから何?」で終ってしまう。

■SNSブランドランキングでもロレックスを抜く
今年1月に発表された、ソーシャルメディアでの話題や消費者感情を示すブランドランキング調査において、「高級グローバルブランド」部門でApple Watchはロレックスを抜いて首位に立っています。

あのー、これって単純に使っている人数や手が届くと思っている人数の問題じゃないのでしょうか。
そもそもロレックスを日常的に愛用するような人がSNSを日々使っているとは思えませんし、
そもそも「人種が違うだろ」で終わりですよね。

単なるIT機器の一つに過ぎないAppleWatchはSNS側の人寄りなデバイスで、SNSで
ごちゃごちゃしているような人には割と近い存在でしょう。少なくともロレックスよりは。


逆にロレックスを愛用しているような人は、ホームパーティー等で実際に顔を合わせる
人同士のお付き合いの方が遥かに多く、わざわざ電子空間上でやり取りはしません。
精々メールとか電話辺りでしかIT機器でのやり取りはしないでしょう。
そういう世界です。


サッカー部のキャプテンがサッカーの勝負で素人に勝ったところで、誰も称賛してくれないって
何故この手の人々は気づかないのでしょうか。
不思議でなりません。


で、初年度でロレックスの販売額を抜いたAppleWatchですが・・・。
勿論来年も余裕で抜きますよね?


最後にウオールストリートジャーナル推定の数字からちょこっと計算してみましょう。
⇒販売本数は1,200万から1,300万本
⇒販売額は60億ドル(約6,600億円)

■6600億円÷1250万本=52800円/一本当たり単価


おい!
AppleWatchって安物しか売れてないのかよ!!
何がロレックスだ!!!

  1. 2016/05/09(月) 21:11:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Safariが重い!遅い!落ちる!対策の記事を見て、やっぱりブラウザとしてちょっと頼りない気がしますし、滅多に落ちないChromeの頑強さを再確認

Safariが重い!遅い!落ちる!そんなときは3つの方法で解決!
iPhoneでさまざまなウェブサイトを見るとき、標準ブラウザの「Safari」を利用する人が多いと思いますが、使っていて「最近挙動が遅くなった」「よく落ちる(強制終了する)」と思うことはありませんか?
この記事では、Safariの重い・遅い・落ちるを解決する3つの方法をご紹介します。

私は普段Androidをメインで使っているので、iOSの端末を「ここが限界」と思う所まで使った
経験が余りありません。なのでこういった記事は限界値を知る為によくチェックしています。
というか、積極的に調べつづけてきました。

今回ちょっと衝撃を受けた所が有ったので触れてみます。

iOS7の時は、開けるタブの最大は24までだったのですが、本稿執筆現在のiOS9.3.1では、最大36まで開けるようになっています。サイトによってはリンクが新しいタブで開かれる場合もあるため、気づかないうちにたくさん開きっぱなしになっているかもしれません。

iOSのバージョンによってSafariでのタブの開ける枚数が変化しているようです。

それが、iOS 7では24枚、iOS 9.3.1では36枚。

いや、スマホでそんなにタブを開く人はいないでしょう。
私以外には殆どの人は。


ちなみに私はブログのネタ用に、見つけたネタは片っ端からタブに温存しまくっていますので、
スマホもPCもタブだらけです。Chromeの端末間のタブ共有も私ほど活用しまくっている人は
いないんじゃないかというぐらい、タブを利用しています。

なのでiOS 9.3.1なんて論外過ぎるほど少ないです。
ちなみに最近ではXperia Zで、75枚のタブが開かれていました。
最高では80を超えた事が有ったと思います。

時間が経つと、興味が薄れたり、鮮度が無くなると意味の無いネタだったりしてどんどんタブを
捨てているので、それでもそこそこ回転し続けているのですけど。


それでもiPhoneを使っている人から文句が出てこないという事は、世間的にはそれで普通なのでしょう。
逆に私のような使い方をする人が特別なだけという事も間違いなさそうです。

ただ一つ言える事は、「沢山タブを開きたいならSafariは使えない」って事だと思います。
恐らくiOS向けでもChromeなら多くのタブを開けるのだろうと思います。

あと一つ言えるのは、RAMが1GBのiPhoneだとタブが30枚を超えてきたら苦しいだろうという事です。
恐らくSafariでのタブの枚数の制限は、RAMに乗っているタブのページの情報が押し出されることで、
色んなアクセスが増える事への対策であると思われます。

それと、裏で動くJavaScriptの数が多くなり、それがCPUに効いてくるという事も有ります。
私もXperia GXを使っていた頃は、RAM 1GBでプロセッサも必要最低限に近いものだったので、
タブを70枚以上開いていると、Chromeを開くとメモリから追い出され済みで余計なアクセスが
非常に多かったのを覚えています。

それがRAMが2GBのXperia Zなら、少々開いていてもなかなか追い出しが始まらない。
確かにメモリ食いのページが混じっているともっと少ない枚数でも追い出されてしまって、
余計なリロードをされる事は有りますが・・・。


Safariのタブの枚数制限の数字を見て、アップルの姿勢が良く見えます。
iPhoneはヘビーに使う為の端末ではなく、日常に気軽に使ってくれみたいな感じなのでしょう。

ファイルの管理などを見てもAndroidやPCのように皆までは見せない。
PCに繋いでも写真だけ見れりゃいいでしょ的な感じですし。


これらはいい悪いの問題ではなく、設計者がどう使わせる為にそうしたかの問題なので、
その範囲で使うべきなのでしょう。

ただ、これを知るのが「Safariが重い!遅い!落ちる!そんなときは3つの方法で解決!」と
いうタイトルの記事で、「1. 開きっぱなしになってる?不要なタブは閉じよう!」のように
一番目の項目に上げられているような状況ですので、元々の設計者の思惑通りに
作用していないんじゃないの?って気がします。

50~70枚のタブを一か月間も開きっぱなしでも特に不安定さや重さを感じないAndroidの
Chromeと比べるとちょっと寂しい情報じゃないの?って思ってしまいます。
しかもその運用をしているのが、Xperia GXやXperia Zのような、今の世間の人が見たら
「すっげー古い端末」での話です。GXではRAM 1GBの限界点が見え見えしていましたが、
Zでは特に問題を感じない程、70枚以上開いていてもタブの影響は軽微でしかありません。

以前からSafariに関しての情報って、「良く落ちる」とかそういったものが少なくないので、
やはりWebKitってGoogleが決別をしただけ有って何かの問題が有るのかも知れません。
Googleが抜けて、WebKitのメンテナンスはアップルだけで行うようになりましたし。


こういったブラウザの限界点を試すような、ハードな環境での運用ってそうそう情報が無いので、
有り難い記事だったなと思います。

  1. 2016/05/09(月) 20:49:00|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

iOS向けアプリをAppStoreで6月以降にリリースする場合、IPv6への対応が必須に

6月以降、iOSアプリを申請する場合「IPv6」のサポートが必須 ~ iPhone Mania
Appleは、開発者がiOSアプリをリリースする場合、App Storeへのリリース申請において複数の条件を設けていますが、今回その諸条件に「IPv6」のサポートが必須であるとの要項が加わりました。

iOSアプリを6月以降にAppStoreでリリースする場合、IPv6への対応が必須との事。
いい事とは思うのですが・・・えらく急ですね。

こういうのは一年ぐらい前から言うべきだと思うのですけどね。
WWDC2015で発表して、猶予期間は一年とかするべきだと思うんですよね。

一年が長いと言うならば、半年でもいい。
だって今既に5月ですよ。

実際のところ一か月弱しか猶予期間が無い。
既にアプリの開発をし始めている所も有るでしょう。

IPv6は何年も前から移行が進めれれてきましたが、IPv4で何とかしてきただけに
遅々として移行が進んで行かない。いや、全く進んでいないわけでもないのだけど。

移行方法が強硬過ぎるというのはともかく、いい事であるとは思います。
さてGoogleはこれを受けてどう動くのでしょうか。

次のGoogle I/O 2016でガイドラインぐらいは出してもいいと思うのですけどね。

  1. 2016/05/09(月) 20:09:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

LA警察、妻殺害容疑の男性のiPhone 5sのロック解除に成功していた

LA警察、妻殺害容疑の俳優の事件でiPhone5sのロック解除に成功か ~ iPhone Mania
LA警察は、2014年5月19日に自宅で殺害された俳優の妻、エイプリル・ジェイスさんが所有していたiPhone5sのロックを解除する方法を発見したようです。

FBIが難儀しているiPhoneのロック解除ですが、LA警察はiPhone 5sのロック解除に成功したようです。
というか、解除に成功したLA警察の方が普通で、FBIがタコなだけのような気がします。

理由は、最新のiOS 9.3.1ですら脱獄に成功しているわけで、きちんと
セキュリティーホールが存在してるのです。

まあiOSにセキュリティーホールが有るのは当たり前の話で、そもそもどんなOSにだって穴の一つや
二つは有るものです。いや、一つや二つなんてわけはなく、無数にあるのが普通ですiOSに限らず。
発見されたか発見されていないかというだけの話で。


FBIは無用に騒ぎ立ててたのを、アップル側は宣伝に利用しただけの話で、LA警察は粛々と穴を突き、
裁判に資料を提出しています。普通操作というものはこうして誰にも知られないように進めるものです。
アップルはFBIに対して悪意を持っているのでしょうか、ここ最近はFBIに対して態度が冷たいように思います。

LA警察ではFBIが手こずっているiPhoneをあっさりとロック解除してしまっています。
これが普通とはもちろん言いませんが、LA警察が出来ている以上、FBIの情けないとしか言いようが有りません。

  1. 2016/05/07(土) 01:39:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。