FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

2月から客が減ったと嘆く販売現場、端末価格をまともにしたら売れなくなる売り方がまずかったと思わないのが不思議でならない

「0円携帯」消えた市場 「ごっそり客減った」販売店一変 首相に恨み節も ~ 産経ニュース
総務省の要請を受け、携帯電話大手3社が「実質0円」やキャッシュバックの是正に乗り出した1日、都心の各社販売店や量販店からはキャッシュバックはもちろん「0円携帯」も一気に姿を消した。前日は、キャッシュバックなどを求める駆け込み客への対応で閉店時間を延長した販売店もあったが、この日は「お客がごっそり減った。やっていけない」(男性店員)と愚痴を言いたくなるほど状況が様変わりした。各社とも今後、学割や光インターネットとのセット割でアピールするが、販売現場の苦労は増えそうだ。

2月に入って盛り盛りキャッシュバックや、異常な安売りの携帯が消えた。(という表向き)
という訳で恨み節が早速聞こえ出したようです。

しかし普通に考えて、携帯を買い替えたら儲かるというような売り方はおかしいわけで、
それを是正する事自体は無用に奪われて客が奪われない事にもつながるわけで、
そこを考えていないのかと思える不満も見られます。

2月に入ってきゃあくが消えたという事は、1月末に殺到した裏返しであり、そこで客が
異常な売り方をする他店に奪われていたのではと考えないのでしょうか。

もうアホじゃないかと思う意見が書かれていて驚きました。

「安倍(晋三首相)さんが言っちゃったから仕方ないですけどね」

安倍首相は「携帯代を安くしろ」と言ったはずです。
しかし総務省はそれを端末代の異常割引にのみ動き始めました。

安倍首相が「安くしろ」と言ったのに、総務省はそこには手を付けないで、端末部分にのみ
手を打ち始めたのでこんな訳のわからない事になるわけです。

本来ならば端末販売の是正と、月の回線代に関しても改善を求めるべきです。
端末の値引きに回していた分が無くなるのですから、その分を回線代の値引きに回せるはずです。
何故総務省はそれを同時にしかなったのか。

端末を買い替えたら安くなる新プランに入れるようにすればいきなり客が途絶えることは無かったでしょう。
何故それをしなかったのか不思議です。


しかし総務省は端末の販売の不公平の是正だけは本気のようです。

総務省がスマホの「キャッシュバック狩り」開始、匿名の通報窓口で国民相互監視も ~ Buzzap
本日発表された報道発表資料によると、全国の販売代理店などにおけるスマートフォンの販売価格を調査するため、総務省は「端末販売の適正化の取組に係る情報提供窓口」を設置するそうです。

この努力は認めます。
しかしパケット代や電話代の是正にもっと力を入れて欲しいです。
端末代だけが上がってしまったら何の意味もありません。


そこでこの件についての解決策。
キャリアはアテになりませんしね。

それはSIMフリースマホをもっと売りやすくする環境を整える事です。
技適マークを今まで以上に取りやすくするとか、具体案は私は事情が分からない所も多いので
出せませんが、その辺はおえらい方に考えてもらうとして、ガンガンMVNOを応援する方向で
総務省が手を差し伸べるとその内キャリアが悲鳴を上げる事でしょう。
もうキャリアを追い詰めるにはこれしかないように思います。

2月からの料金改定でも大手各キャリアからはふざけたプランしか出てきませんでしたしね。
せめてMVNOの等価プランで2~3倍程度の価格差で収まるようなプラン設定をしてもらいたいものです。

もっとMVNOが伸びてくると大手も対抗せざるを得なくなるでしょう。
というわけで、MVNOを端末レベルでも応援してあげて欲しいです。

イーモバイル等の零細MNOで大ポカを繰り返してきたわけですから、今度は間抜けな事は
出来ないと思いますよ。

  1. 2016/02/02(火) 20:45:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【またヤフー】ヤフー子会社から18万件顧客情報流出【漏れ漏れ】

顧客情報流出・ヤフー子会社18万件 外為業の元従業員 ~ 毎日新聞
ヤフー子会社の外国為替証拠金取引業の「ワイジェイFX」(東京都)は2日、元従業員が約18万件の顧客情報を無断で外部に持ち出して流出し、インターネット上で閲覧できる状態になっていたと発表した。同社の調査では、今のところ情報を悪用した被害は確認されていないという。

またヤフー系ですか。
ソフトバンクグループからは本当に良く漏れます。

また500円で解決だったりして。




  1. 2016/02/02(火) 20:22:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

神尾氏「2016年、販売奨励金が抑えられてもiPhoneは売れると思う理由」・・・私もそう思う、理由は全く違うけどね

2016年、販売奨励金が抑えられてもiPhoneは売れると思う理由 ~ ITmedia Mobile
キャッシュバックや販売奨励金を抑えられることで、2016年は特にiPhoneが売れなくなるといわれているが、神尾氏はむしろ「逆だと思う」という。また、Android勢が逆襲するために必要なこととは?

神尾氏の言う事には一理ある。
実は私もこの二月以降のキャリアの政策でiPhoneが売れなくなるという事は無いと思っています。
しかし神尾氏が言っているのとは違った理由でですが。

神尾氏は一位のブランドは強い事とリセールバリューを前面に出して「だからiPhoneは今後も強い」と纏めました。
しかし購入時にリセールバリューを頭に留めるのはどうかなと。
一位のブランド力に関しては孫正義氏もこだわっていた通り、確かに理由の一つでは有るとは思いますが。
少なくともスマートホンレベルでそこまで強烈にリセールバリューを強く意識している人がどのくらいいるの
かなと、かなり疑問に思いました。車ほどの価格帯なら分かるのですけどね。
スマホの価格帯でリセールバリューを前提に考えると誤った道へ向かうと思います。

しかし神尾氏は「むしろiPhoneがより売れる結果になる」と結びました。
でも何故か私が思っている結果とはそう大きく変わらない。
不思議ですが・・・w

私も実は(現状のままでは)iPhoneが売れる事は変わらないと思っています。
それは「キャリアが意図してiPhoneを優遇して売りたいと思っているから」です。
そうする色々な理由は今回は扱いませんが、ここを読んでいるような方は既に理解されて
おられるだろうという事で。だからどんな手を打ってくるのかは予想できませんが、
iPhoneを売る為の様々な手を打って来るのは間違いないでしょう。

一月末までがそうであったように、二月からもキャリアはiPhoneが売れるように仕組んでくるはずです。
それはこういう所で分かります。

Xperiaを買いたくても高くて買えないという嘆き・・・。


Android機を買おうとしても、キャリアの意向を受けた代理店でのAndroid機購入阻止の洗礼を受ける事に。

キャリアはアップルのケツの穴を舐める販売戦略に出ているお蔭でとにかくAndroid機を
購入することは容易では無い店舗が存在していたりします。それも意外と少なくない。
実際私が古い端末(Xperia)を握ったまま店でモックを物色していたらiPhoneを勧められたことが何度か・・・。

Android機に興味が有る事を伝えると適当にあしらわれたわけでもありませんが、熱度が
若干下がるのが分かりました。それでも食い下がってきたのはソフトバンク本体から派遣
されていた方でした。(鋭く質問してゲロさせました)


とにかく気持ちよく平等にAndroid機を購入させてもらえる環境が、広く浸透していないというか、
何が何でもiPhoneを売りたいというキャリアの考えが変わらない限り、リセールバリューが
逆転しようとiPhoneが売れ続けることは変わりないと思います。
なにせキャリアがiPhoneを徹底的に優遇しますから。
白ロムの買取りが例え安くても、何とかiPhoneを売る策をあの手この手で展開してくるはずです。
大方ではキャリアの下取りで大きく差をつけるという意見が支配的ですが・・・今はまだ総務省が
目を光らせている最中でしょうから、私は他にも手法を編み出す可能性は高いと考えています。

例えば今日からiPhoneが値上がりしたとして、同じだけAndroidの価格が値上がりしていたら
何の意味もないですよね。少なくとも「iPhoneだけ値上げします」なんて言っていたキャリアは
どこも無いわけで、どうなっているのかはしばらく経って報告が上がってこないと分からない所も
あると思いますが・・・。

現状で分かっている事だけ張っておきます。

とりあえず一括ではまだ安さを維持するようにして、目立たなくして口頭で誘導を目論むと
いう模索をしている店舗もあるようです。これは報告したらアウトのパターン?



関係ないけど、とりあえずiPadはまだ叩き売っているようです。



まだ結果はよく分かりませんが、キャリアがAndroidとiPhoneでの販売の公平さを模索する
という流れはまだ見えていないのは間違いないです。

  1. 2016/02/01(月) 21:33:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

某センテンス・スプリング事件により、LINEがアカウント引継ぎ方法を変更

ゲスの川谷氏とベッキー氏の「センテンス スプリング」事件で問題になったLINEのアカウント引き継ぎ問題。
どうもLINE側が対策を取ってきたようです。

【重要/変更】2016年最新版 LINEのアカウントを引き継ぐ方法


LINEのタコな所と言えば、トークの会話内容。
これ、普通なら一番温存したいものなのですが、それが一番に消されてしまう対象になっているという。

どうせテキストと小さなグラフィックしかないのだからサーバー側で持っておいてくれとと言いたい所
なのですが、ユーザー数を考えると運用コストを下げるには最優先で削りたい所でもあります。

億単位のユーザーが使っているので、トークの大半のデータはテキストとは言え、トランザクションの
量を考えると半端な性能のサーバでは追いつきません。というわけでコストダウンの結果をユーザーに
押し付けたのがこのトークが残らないという仕様です。サーバーに持ちたくないからクライアントアプリに
丸投げした結果です。

ならば例えばAndroidなら、トークデータはMicroSDが有る機種ならそちらに保存できる仕様で作って
おけば自動的に保存されるわけですが、そういった努力を怠り、機種移行時に自前で保存する事を
強要するとか、面倒過ぎますね。

端末がいきなり壊れたとか、水没したとか、そんな事が有る訳じゃないですか。
誤って落としたり踏んづけたり、移行作業が出来ない事も珍しくありません。
そんな時でもMicroSDのアドレスを設定して保存できるようになっていれば相当に安心な訳で、
力で粉砕したとしても水の中に落としても、MicroSDだけなら高確率で生き残ります。
耐水性の有るMicroSDも最近増えてますしね。
耐水じゃなくても水で壊れる確立はそもそも低いです。
またGoogle Driveを介してデータ保存出来る事でも解決できるはずです。
さっさと流行ってしまったアプリはこういう細かい心づかいの無さを放置して、ユーザーに手間を
掛けさせる事を何とも思っていません。ユーザーサイドに立った考え方が出来ないのでしょう。


本題のアカウントの移行に関してですが、今回のこの変更で、iPhoneで二つの端末から
アクセス出来ていたのが、出来なくなったのか、明確では有りません。
個人的には二つ以上の端末でログイン出来るのを元々許可していれば使う側も便利ですし、
ユーザー側もそれを認識しているから気を付けるようになると思のですが、全くその辺の
情報が認識されていないままだったので、こういった覗き見事件が起きたのではないかなと
私は思っています。

多数の端末のログインを許容しておき、アプリからログイン履歴を見れるようにしておけば、
覗かれた側も気づけるでしょう。当たり前の機能を当たり前に仕様にしないのであんな
不格好な事件が起こったんじゃないんかなと思います。


私は覗かれてまずい事をしていた二人も相当幼稚だとは思いますが、覗かれていても
気付ける環境を提供していない上に、妙に不便な仕様にしてあるLINE側もどうかなーと
思っていたりします。

これだけ流行ってしまったのなら、もっと足回りの仕様の強化をして当たり前でしょう。
引き継ぎ周辺が、こんなクソみたいな仕様でよくナンバーワン面出来ているなと知れば
知るほどびっくりです。

  1. 2016/02/01(月) 20:49:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhoneの下降ベクトルを感じたiPhoneのファン達が焦りフォローする行動を開始か・・・おごれる人も久しからず

色々な思惑が重なり、日本で異常に売れたiPhoneもようやく下り坂に差し掛かり始めました。
今まではiPhoneは終わると言い続けてきたこのブログには、コメント欄に上から目線の
叩き書き込みとか、他のサイトでは「あそこはキチガイブログだから」という、内容やブログの
信頼性を棄損する事でこのブログの内容を無効化しようという試みが主流となっていましたが、
どうもiPhoneの立場の変化でその手法も変わりつつあるように思います。

それを強く感じたのは[2016/02/01(月) 07:57:51]の書き込みです。
この方は、初め・・・恐らく一年以上前位はそこそこ余裕を見せた公平さを保った書き込みをされて
おりましたが、次第に明確にアップル寄りの立場が分かる書き込みへと移ってきた気がします。

今回の書き込みでは、凝縮してその内容を表現すると「お願いだ、iPhoneをこれ以上叩くのは
やめてくれ~~(泣)」といった所でしょうか。このブログの内容を他へシフトさせたいという
意図が垣間見えます。

私の意見は既に他の方が色々書いて下さっており、それと大きく違う所はないので、
そこへのレスはおいておく事にして、iPhoneを取り巻く環境が今回のアップルのマイナス方向の
発表を前後して、ファン達の行動にまで強く変化が出ている事が分かります。

そもそもこのブログは私が書きたい事を適当に書く事で成立しているわけで、
裏情報も含んで携帯界の現在の状況を分析したり、その未来を予想したりすることを得意分野と
しています。現在の日本の携帯界によからぬ存在に関しては徹底的にマーク対象としています。
それは時としてドコモ・auであったり、ソフトバンクであったり、今はアップルだったりするわけです。
一時期ドコモへの叩きようは当時を知っている人には懐かしい出来事だと思います。

ソフトバンクに関して辛い記事を書くブログと言えば、他にはNo!SoftBank氏のブログが有名ですが、
彼のブログはソフトバンクの契約関係等が得意分野としており、私のブログはソフトバンクの
その他の関係の分野を得意としており、上手く相互を補完する位置関係にあるなと思っています。

今はソフトバンクも一時期の勢いを失って書く記事もめっきり減少し、両ブログでのソフトバンクの
監視役のやくめも落ち着いてきた感じです。当ブログではiPhoneが3キャリア化した事により、
ソフトバンクに絞る必要もなくなってしまった事も有り、当ブログのターゲットは次第にアップルへと
移っていきました。



以前このブログに対してはiPhoneを一番販売しているキャリアからの強力な嫌がらせが何年も続いて
いましたが、嫌がらせ行為を受ける度にログを警察に提出していた事をブログでバラした途端、
ぱたんとそれが停止しました。(分かり易い)
もしそのまま続いていたら、とてもとても面白い事になっていた可能性が有ったのですが・・・。


それはともかく、iPhoneが下り始めたのはこうしたファンの焦りを背景にした行動の変化でも感じ取ら
れるようになってきました。

まだコアなファンの内々での認識の変化に留まってはいますが、これがどんどんと一般化していく
のはそう遠くないと思います。

特にiPhoneは学生の間で強烈に流行ったわけですが、そういった若年層では「一旦これ」という道筋が
確定すると、学校単位から地方単位、気が付けばそれが全国単位と一気に波及してしまいます。
LINE等はそんな感じで家族を巻き込み、社用の連絡にまで成長しまった始末。

そんな中でiPhoneが学生の間で「今時iPhoneなんてダサい」、「まだiPhoneなんか使ってるの?」
なんて流れに傾いてしまったら・・・。

例えばその昔、一時期四角くてぺったんな形の車が流行りました。確か真っ白な色が人気で
スーパーホワイトとか中古市場でプレミアがついていたような気がします。それもそのブームが
去ればその形が異様に古臭く感じられるようになりました。

それと同じ事がiPhoneでも・・・無いとは言えないわけです。
というか「売れている」という情報にしか触れてこなかったiPhoneを使って来た学生層ですが、
アップルの株価にまで影響し、一番iPhoneを売っているソフトバンクの惨状が認識され始めると
そうった層でも終末を悟り・・・という訳です。経済なんて関係ないと思われる世代のはずですが、
それを悟るのはその関係の無いはずの情報です。
終わっていくものにしがみ付くほど律儀な人種ではないですしね。
ぶっちゃけブームにさえすれば釣るのは容易な人種ですが、冷たく去るのは速いです。


ただiPhoneからXperiaに流れる動きが活発になっていると感じられる所が有ります。
Androidに・・・という訳ではなく、主にXperia方面へ流れています。
あくまで私の感触ですけど。


徐々にこういった声が増えてきているように思います。
念の為に(#Xperiaアンバサダー)を付けておきます。



まだ圧倒的な流れにはなっていませんが、この人達は後にフロンティアと言われる移行世代に
なるかもしれませんね。


あと以下はキャリアのiPhone優遇が垣間見える所。
携帯ショップでAndroidを買いに来た人を無理やり型にハメてiPhoneを売ろうという姿が複数報告されています。
2月以降どこまでこの扱いの差をキャリアが埋める気が有るのか。
単に全機種同じだけ価格上昇するだけとかだったら笑いますが・・・。



ただXperiaに移行するという流れが出来始めた以上、iPhoneファンは一層焦る必要が出てきそうです。

  1. 2016/02/01(月) 19:36:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。