FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【BCN】iPhone 6s / 6s+の下げ圧力を強く感じ、力強さが去年と雲泥の差に

携帯電話・週間売れ筋ランキング(集計期間:2015年11月2日~11月8日)

---------------------------------------


Xperia Z5が三キャリアで発売されて二週目、意外とZ5が下がらずに粘っています。
Z5が根強いのか、それとも争っているiPhone 6sや6のパンチ力不足なのか・・・。

Android勢にはこの二週目が鬼門でしたが、これを乗り越えると本命のZ5 Compactが出てきます。
Z5 Premiumはマニア層が最初に飛びつくだけですぐに順位を下げるでしょう。
恐らく長期に生き残るのはZ5 Compact辺りになると思われます。


引き続き流れを負いやすくする為に先週の記事にデータを追加していきます。

集計期間:2015年10月12日~10月18日


集計期間:2015年10月19日~10月25日


集計期間:2015年10月26日~11月1日


集計期間:2015年11月2日~11月8日



下記は上記の各ブロックの順位の合計(上段)と、ランクインしている機種数で割って
一機種当たりの平均順位(下段)です。

集計期間:2015年10月12日~10月18日 & 2015年10月19日~10月25日


集計期間:2015年10月26日~11月1日


集計期間:2015年11月2日~11月8日


下段の一機種当たりの平均順位を見ると、以下のような感じです。

【6s 】 10.6→ 12.7 → 15.1 → 16.3
【6s+】 50.3 → 39.8 → 43.6 → 46.0
【6 】 14.1 → 16.1 → 19.7 → 20.3
【6+ 】 62.0 → 63.8 → 76.7 → 52.0

6sはもう分かり易過ぎる程に、日数の経過通りに下降線を描いています。
6s+は初めに徹底的に供給を絞って飢餓感によるプレミア感を演出し、その後供給を増やした
分だけ順位が上がっている感じですね。
6はやはり6sと同じくひたすら下降線、売れているのは16GBの安売りモデルが主で、
64GBモデルも安売りしているようで中途半端に人気が有ります。
6+は6s+の供給に影響される形で順位が変動しています。
その中でもauとソフトバンクの16GBだけ安売りが有ったのか、今週になってそこだけ順位が
飛び上がり、平均順位を押し上げています。

放置されてあるものは自然と下げ傾向で、上がっているものには何からの力が働いたと
思われる動きが有りました。全体として分かり易い動きです。


6の頃から比べて下げ圧力が強く感じられる集計になったと思います。

  1. 2015/11/11(水) 19:34:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

アップルファンの努力、シェアマイナス時には画像を不鮮明に

アップルとサムスン、米スマートフォン市場でシェア下げる―LGは順調な伸び ~ iPhoneMania
2015年7-9月期の米スマートフォン市場において、アップルが4-6月期よりも、0.5%シェアを減らしたことが明らかになりました。

アップルがアメリカで7-9月期で4-6月期よりも0.5%シェアを減らしたとの記事です。
僅かにシェアを減らしたこと自体はどうでもいいのですが、アップルが自慢した
「発売3日間で1300万台~云々」とやっていた上での足元の米国でのシェアダウンですから
ちょっと筋がよろしくない。中国を第一発売国に選び、日本を含む他の国も一日辺りの
供給量をどかんと増やして発売3日間の出荷数を増やしてこの結果ですから致命的かなと。


で、この記事の本題はそこではなく、記事に張り付けらえている情報について。

以下はApple Insiderに張り付けられているcomScoreの画像です。


appleinsider


そして同じものを転載したはずのiPhone Maniaの画像。


iPhone Mania


なにこの縮小して数字が不鮮明で読みにくい画像は。
私はこの不鮮明さにピンとくるものが有り、とっさに情報もとへ確認に行きました。
そうしたら案の定でした。

双方の画像とも縁を付けてあるので、余白も分かりやすく・・・。
えーこれはちょっと・・・なんでしょうね、この不自然な余白は。

まあこういう方向のファンの努力というものも有りみたいです。
あいふぉーんならね。

  1. 2015/11/11(水) 19:20:15|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「ソフトバンクっていまだに嫌われてるんですよね?」「なんでなんでしょう?」・・・記事に見せかけた広告で悪印象の改善を始めたソフトバンク

ソフトバンクの電波って実際どうなの?色々聞いてみた ~ Yahoo! BB
でもソフトバンクのCMで「つながりやすい!」とか「速い!」という宣伝文句を見てもピンと来ないんですよね。
言っちゃあなんだけど、ソフトバンクってそんなに電波が強いイメージが無いし、ネットユーザーに結構嫌われてる気がするのですがそこらへんはどうなのでしょうか!?
ということでソフトバンク本社に押しかけて、この人達に聞いてみました!

リンクが出ていたのでふらふらっと見に行った記事です。

一見否定的な言葉などが入っているので、ソフトバンクを疑っている人がソフトバンクの
電波について正している内容に見えますが、結局はライター氏が否定している部分が
一番主張したい内容だと見え隠れしています。

つまり「ソフトバンクって電波が悪いんじゃない?」と多くの人が思っている内容を指摘して
読者の同意を取り付けた上で、ソフトバンクの人にそれをやんわりと否定させる方式の
内容という事が見えていきます。

読み進めるにつれ、なんか内容を見てえらくソフトバンクに好意的だなー、とか思って
全体を見直して納得。

赤の矢印の辺り・・・w



リンクだけ踏んで記事に直接飛んできた分には分かりにくいですが、要はPR広告というか、
記事に見せかけた広告というやつです。


勿論宣伝される側が依頼主です。

頼まれた経路は不明ですが、本田氏が「直で頼まれたのかも」と直接ソ가バンクに
頼まれた可能性も指摘しています。


内容の流れが何かと似ていると思いませんか?

えーとえーと・・・思い出せない・・・・・・・印象的なフレーズ。


あ!

「たったこれだけ」

でした。
つまりiPhone 6s /6s PlusのテレビCMと同じ手法ですね。

「たったこれだけ」というセリフでユーザーのガッカリラインのハードルを先に下げておく手法です。
意識のガードを自ら先に知ってしまう事で、そのガードを先にはずしてしまえば自分達の主張を
ガードする働きが弱まります。

つまり・・・これも詐欺師がよく使っている手法です。
詐欺師は如何にして相手がガードするポイントを先に排除しておくかを考えて行動しています。

アップルもソフトバンクも宣伝活動にこういった詐欺師が活用している手法を積極的に
用いているという訳です。その手法を用いたから詐欺だという気はさらさらありませんが、
そういった手法を用いてまでして宣伝しなくてはならない状態に追い込まれているという
判断は出来ますね。

そういった目でiPhone 6s /6s PlusやこのPR広告を見直してみましょう。
きっちり否定をかました部分(視聴側の代弁を先取りしたハードル下げ)が見受けられますね。


で、ここ。

ヨッピー 「なるほど。Twitterとかでも『ソフトバンクだけ圏外や!』『ソフトバンクの◯◯が!』『ソフトバンク△ね!』『ソフトバンク××××!!』みたいな事言ってる人が居たりするじゃないですか。僕じゃないですよ? Twitterユーザーが。ああいうのも見てるんですか?」

尾之上さん 「ちょっと言いすぎじゃないですか……? でもはい、見てます。決まったキーワードの呟きを拾って電波の改善に役立ててますね。いわゆるビッグデータっていうやつですが……」

iPhoneのCMは「たったこれだけ」がやたらと鼻につきますが、ソフトバンクのこのPR広告はこういった
言い過ぎレベルの突込みを利用してユーザー側のすっきり感を演出し、見ている側にの公平感を
演出し、鵜呑みにさせる手法を用いています。

鼻に突くiPhone 6sのCMはアップルらしい「カッコつけ」の反動で一定の逆効果が生まれていますが、
これはソフトバンク側を徹底してたたく言葉をちりばめてとにかく反感(反韓?w)を殺そうという手法を
徹底して行っています。

ソフトバンクの危機 初のシェア減、“右肩上がり神話”に陰り ~ Business Journal
ソフトバンクグループが創業以来の危機に直面している。総額1兆8000億円を投じて買収した米携帯電話3位、スプリントの経営不振が深刻化して、再建のメドが立たないからだ。

こういったソフトバンクの危機が積極的に報じられる事が多くなってきた昨今、今までの「一番一番」
宣伝を諦め、TVCMでも「おもしろ・とんでも宣伝」に徹し、「敵を作らない手法」に作戦変更してきました。

このPR広告も既に敵視されてしまっているソフトバンクという企業と、信用を完全になくしている
ソフトバンクの電波のイメージ改善が目的だと思われます。メインっぽく描かれている電波の
主張は実は二の次でもいい勢いで。

ここ大事な部分。
ヨッピー 「(略)結構悪口言われてますよね」
尾之上さん 「そうなんです。『ソフトバンクはダメだ!』みたいな事を言われるのが一番つらいですね。それでもおかげさまで、そういうご指摘は激減してるんですよ。特に都心部に関しては2010年の電波改善宣言以降、『崖っぷちだぞ! すぐに対応しろ!』っていう指示が会社から出まして」
ヨッピー 「それは、あの人から出たって事ですかね?」
尾之上さん 「えーっと……、多分当たっていると思います(笑)。(略)」

「言わせない」「思わせない」手法ですね。
思って欲しくない事を全部テーブルの上に並べ、それを一つづつ消化していく。
そうやって「ソフトバンクの電波が悪い」を「悪かった」に意識付けし、悪いイメージを解こうと必死な部分です。


ヨッピー 「おお……! えらいですね……! でも、いまだに嫌われてるんですよね……!」
河村さん 「なんでなんでしょう?」
ヨッピー 「やっぱり、電波が繋がらなかった頃のイメージを引きずってるんじゃないですかね?」

いや・・・色々一緒くたにしちゃまずいでしょうけど、電波が悪いから嫌われていたわけじゃないと思いますよ。
数字で嘘を平気でついたり、結局口八丁の誤魔化しを続けてきた結果でしょう。
その上で反日報道などを平気でやる番組や、そのせいでスポンサーが逃げた枠を買い支えたり、
そういう事を見えないところでやってきていた事で、右寄りの人をほぼ全員敵に回したことも
大きいと思います。

ようは儲けた金で日本に不利になるような工作活動にお金を流して支援していた企業姿勢と
言った事を一般の日本人が納得する形で履行しなかった事がダブルで敵を増やした形に
なっていたわけです。だから幾ら電波を改善してもその部分でやられちゃう。


技術的な部分しか見ていない人は現在はずいぶんソフトバンクに対しての見える目は変わって
来ているというのが私の実感です。しかし「裏の顔」は昔ほどあからさまではなくなってきましたが、
その分分かりにくく行動しているわけで、よりタチが悪くなってきています。

それはこういったPR広告を見ても分かる通りよりソフトに懐柔を試みているわけで、まず
否定しにくい部分から入っているなという事が分かります。


あと・・・こういうくっさい演技も見てらんなかったです。

ヨッピー 「なるほど。ソフトバンクが頑張ってるって事はじゅうぶん理解出来ました! じゃあ、僕こんど富山県の黒部峡谷に取材に行くので、その時にソフトバンクの携帯が他社に比べてどれくらい繋がるか試しても良いですか?」
尾之上さん 「黒部って事はすごい山奥ですよね?」
ヨッピー 「はい。日本でも有数の死ぬほど山奥です」
尾之上さん 「たぶん、善戦してくれると思います……! いやーでもどうだろう、山間部は流石にド○モさんが強いかな……」

黒部峡谷って何の取材なんでしょうね・・・まさかソフトバンクから足代が出ているとかないですよね。
というか、ソフトバンク側の「すごい山奥」とか念押しがまたもう・・・w

事前にソフトバンクだけギリギリ入って他が圏外な所を探していたとかないですよね??
ね?
ねね??
ねねねねねね????

しかも世間の印象通りの「ドコモの方が山には強い」は絶対に否定していませんから。
徹底的に反感を生まないような記事形態に感心しました。

いままで「一番一番」とかやってきて、それを叩かれまくってきて余程辛かったのでしょうか。


とりあえず中国や韓国が景気が良かった時の日本への態度、景気が悪くなってきて以降の
日本への態度を鑑みて、ソフトバンクが今こうして路線変更してきた事を素直には喜べません。
また儲かってきたら同じ路線に戻るのはなんとなく見えているので。
韓国の経済が悪化した途端に孫正義氏は韓国に呼び寄せられましたしね。
ソフトバンクに落ちたお金がどう使われるのか分かったもんじゃないんで。


とりあえずこういう記事とTVCMを見て「また騙される日本人が続出するのかな」とか
遠目で見ていたりします。

  1. 2015/11/10(火) 19:57:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

CM12.1(Android 5.1.1)を焼いたXperia GXをしばらく使ってみて・・・思いの外快適、しかし・・・

今週の12日の木曜に、#Xperiaアンバサダーミーティング に参加するので、それ以降は
暫くXpria GXの電源を切って触らなくなってしまうので、先日のROMを書き替えて以降の
使用感などを今のうちに書いておきます。

最近行った私の端末の改造(?)
当ブログ記事


Nexus 6向けのLMY48WベースのAndroid 5.1.1から作成されているCM12.1を入れて使っています。
海外TX向けの4.3から作成したprerootedを焼いてrootを取り、販売状態ではOFFに設定されて
いたMSM8960内に組み込まれているGen8AのIZatをONにしました。(build.propの編集)

お蔭でちょっと重めだったアプリの動作もAndroid 5.1.1になったおかげでARTの効果でサクサクに
なり、穴だらけだったAndroid 4.1.2から5.1.1へ移行できたので既知のセキュリティーホールが
全部塞がって安全になりました。Chromeも最新版を入れているのでカスタムタブでも最新版の
セキュリティーへリーチできました。


当面は言う事がない状況になりましたね。しばらく触ってみてもその意見は変わりませんでした。
OSのレベルでは事実上この冬端末を買ったのと同じような状態までいけましたから。
プラスして思い付きで設定したIZatでしたが、本当にこの効き目はすごかったです。

しかし3年前の端末だけに全方面で文句の付けどころがないわけでもなく、メモリ関係にはちょっと苦戦
しています。アプリ領域のパーティションが2GBで切られているので、これが全ての問題の元凶です。

ここはOSのスワップ領域にも使われているので、ここの空き容量が無くなってくると、いきなり端末が
固まったように動作が遅くなります。昔から入れているアプリはそう大して増えていないのに、
バージョンアップを繰り返すごとにアプリは肥大化を続けてきました。

しかも長年使っているとデータもゴミだらけになって肥大化し、二重苦で2GBしかないパーティションを
食い荒らしてくれます。なので定期的なお掃除が必須で、それをESファイルエクスプローラー等の
ファィラーでキャッシュ類を小まめにクリアしています。

本当の所を言えばデータ領域の10GBのパーティションとアプリ領域を一つのパーティションに
まとめて12GBの一つにしたい所です。でも内蔵メモリのパーティションの切り直しは無理っぽいので、
アプリ用の2GBのパーティションとLinuxの論理ボリュームマネージャ(LVM)で一つにまとめるとか、
それが面倒なら、2GBのパーティションは無かった事にして10GBのパーティションだけで全てを
賄うようにして、保存するデータは外部のMicroSDだけで運用するようにするとか、そういった
運用が出来るようにしたいと考えています。

例えば/dataのパスを全部10GBのパーティションへ向けるとか、出来ると思うのですけどね。

ARTになって/data/dalvik-chacheがやたらと膨らんだのは間違いないです。
なのでこれだけ2GBのパーティションを使って他で10GBのを使うのがベストですかね。
まあこの辺の微調整は色々と考えられます。

CPUに関しては折角rootが取れているのでクロックダウンをしています。
1.5GHzのMSM8960を1.2GHzまで落としています。
ゲームとか特に重いこともしないので、CPUパワーは必要ないんです。
メモリとバススピードだけ十分に有ればいいのでそのバランスがいい所が1.2GHz辺りと
いう事でこのクロックに設定しています。クロックダウンの目的はバッテリーの持ちをよくする為です。
結構効きますよ、クロックダウン。体感パフォーマンスも落ちはほとんど感じません。

CM11を入れたXperia arcの方は結局はLink2SDを入れてメモリ不足を乗り越えました。
それはそれでなかなか使える状態です。逆に過熱状態で速度が低下したZ4よりもはるかに快適です。
やっぱりうまく調整出来た端末は使っていても気持ちがいいです。
逆に販売されている状態の端末が、どれだけ有り得ない状態で売られているのかを
実感する事でも有るんですよね。悲しい程に。


でも、GXには可能ならLink2SDは入れたくない。
Link2SDを入れるとMicroSDを別のメモリと差し替えられなくなるので、出来たら
内蔵のeMMCメモリで何とかやりくりしたい。現実に余っているんだし。

Android側の設定で行うべきか、Linuxカーネル側の設定で行うべきか、まだ方針も方法も
決まっては無いですが、カーネル側でmountの設定をいじるのが一番現実的かな?

そこでmountでリストを取ってみたらその一部に以下のような感じの所が有ったので
恐らくこれをいじるんだろうなーって思うのですけど、下手に弄って文鎮化したら嫌だしね。
もうちょっとよく調べてから実行したいと思っています。

/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/System /system ext4 ro,seclabel,relatime,data=ordered 0 0
/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/Cache /cache ext4 rw,seclabel,nosuid,nodev,noatime,data=ordered 0 0
/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/Userdata /data ext4 rw,seclabel,nosuid,nodev,noatime,noauto_da_alloc,data=ordered 0 0
/dev/block/vold/179:15 /mnt/media_rw/sdcard0 ext4 rw,dirsync,context=u:object_r:sdcard_posix:s0,nosuid,nodev,noexec,noatime,data=ordered 0 0
/dev/block/vold/179:15 /mnt/secure/asec ext4 rw,dirsync,context=u:object_r:sdcard_posix:s0,nosuid,nodev,noexec,noatime,data=ordered 0 0
/dev/fuse /storage/sdcard0 fuse rw,nosuid,nodev,noexec,noatime,user_id=1023,group_id=1023,default_permissions,allow_other 0 0
/dev/block/vold/179:33 /mnt/media_rw/sdcard1 vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,uid=1023,gid=1023,fmask=0007,dmask=0007,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0/dev/block/vold/179:33 /mnt/secure/asec vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,uid=1023,gid=1023,fmask=0007,dmask=0007,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
/dev/block/vold/179:33 /mnt/media_rw/sdcard0/.android_secure vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,uid=1023,gid=1023,fmask=0007,dmask=0007,allow_utime=00
20,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0

/dataの中身を全部10GBのボリュームにコピーした後に、mountの
/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/Userdata /data
          ↓
/dev/block/vold/179:15 /data
にするだけでいいのかな?
何か安直すぎてコワイ・・・(;´∀`)

まあ/data/dataの中身を10GBのボリュームに移すだけでもいいんだけどね。
それだけでもかなり2GB側のボリュームに空きが出来るし。
それって現状の上に重ねて
/dev/block/vold/179:15 /data/data
って定義するだけでいいのでしょうかね?

それでもいい気がしなくもないけど、実際やった時の挙動が分からんのでやるのが怖い・・・。

それとこのmountの情報の定義がどこにも見当たらんのだけど、/etc/fstabも無いし。
もしかしてこれってコマンドラインで送ったものを、不揮発メモリで覚えている系みたいに
なってるのでしょうかね、ようわからんです。

とりあえず試しに

# mount -w -t vfat /dev/block/vold/179:33 /mnt/media_rw/sdsd1

とかやってみたら当然ですが普通にmount出来てmicroSDカードがファイラーで読み書き出来ました。
でも再起動してみたら跡形もなくなっているので、やっぱり不揮発メモリ説は無し。
/etc/fstab相当を探さないといけない模様・・・無い。
リカバリーモードだと見えるとか見えないとかなんとかかんとかげふんげふん(-_-;)

ついでですが..../sdsd1に/dataフォルダのマウントもやってみたら成功しています。
後は定義場所を見つけて既存のアロケートと入れ替えるだけですなぁ・・・危険が危ないw


そう言えばarcでLink2SDを使うに当たって、32GBのMicroSDHCのメモリをWindows上の
パーティションツール(EaseUS Partition Master)でパーティションの切り直しを行って
いたのですが、何かをミスして認識しなくなったんです。

Xperia arc上のCWMやCM11でも認識しなくなったので、そのメモリは捨てるしかないと
思いながらも最後の希でGXに挿したらなんとVFATのパーティションを認識しました。
速攻初期化をすると32GBの容量が戻ってきました。

でTWRPやCWMにもパーティションの切り直しの機能が有ると知りまして、そこで
パーティションを切り直したら見事Link2SDの第二パーティションとして認識できました。
TWRPのパーティションの切り直し機能便利ですね。CWMは4GBまでしか設定できない
のですが、TWRPは128MB区切りで好きなだけ設定できるので8GB分を割きました。
そんなにアプリ入れないけど。




最後に。

一時は捨てるしかないなと思っていたGXが、CM12.1が動き始めて格段に使える端末に
なってしまったので、ご褒美に保護フィルムの張り直しを行いました。
エレコムのPD-SOX8FLAという反射防止の保護フィルムなのですが、これが思いの他使い勝手がいい。

これを選んだのは、古い端末で余り選択肢がなかったので、選べる中で一番ましそうだったので、
消去法でこれになっただけです。

今迄のはメーカーは覚えてません・・・ラスタバナナだったかも?
どうも動作に誤動作が若干混じる事が有りました。
スワイプが付いてこない時が有ったりとかも。

それがこのエレコムのに張り替えてから操作性が格段に良くなりました。
保護フィルムって操作性にものすごく影響しますね。
ここまで影響が大きいとは正直驚きです。

でもその事を伝えている記事等は私が見ただけの部分ですが見た事が有りません。
ガラスフィルムがどうとか等はよく見るのですが、それは見た目や傷がどうのと
いう観点ばかりで、操作性や色んな影響が考えられ、理屈に関してはほとんど見られません。

操作性の事を書いてあっても「薄いから操作性がいい」とか、「マットで指に張り付かず、
滑りがいいから操作性がいい」とか、私が言いたい事とはなにか違う事が書いてあるだけ。
静電容量方式では保護フィルム自体の静電気の帯電によっては誤動作の可能性が有ります。
恐らく新しく張ったエレコムのは静電容量を溜めこみにくい素材を使用しているのでしょう。
タッチ切れや指に吸い付き度合いなど、フィルムが変わるだけでかなり操作性の印象が変わりました。
フィルムを張る派の方、フィルム選びは大事ですよ。
今回フィルムの張替えで操作性の違いをとても実感しました。


今はこんな感じです。
後は先のストレージの問題だけ解決したら全く問題の無い快適な端末になれるんですけど・・・さて。

  1. 2015/11/10(火) 19:56:42|
  2. Android
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Kantar Worldpanel】3月以降続くAndroid勢の優位はiPhoneが発売されても揺るがず、来月が正念場だが余りiPhoneの勢いを感じず(微修正)

今月分のKantar Worldpanel ComTechの数字が発表されました。
2015年7月~2015年9月迄の3ヶ月分と対前年比較です。

2015年11月4日

KantarWorldPanel

2015年10月7日

KantarWorldPanel

例の通り比較用に先月分も載せておきます。

やはり今月もAndroid OSのシェアが50%を割る国は一つも無く、50%台なのはオーストラリアとイギリスだけ
なのは先月と同じ。日本は今月分でもAndroid OSが60%台を維持しています。
逆にiOSが40%を超える国は一つも無いのも先月と同じ、この流れが定着しています。
これが売れに売れていると紹介されているiPhoneの実態です。



日本でAndroidとiOSの販売シェアの動きを見ていきたいと思います。
Kantar Worldpanelのページから得られる過去全ての数字を拾ってグラフ化して今月の数字も追加。





日本ではAndroidが2015年3月にiOSを逆転して以来、ずっとAndroidの方が上回り続けています。
ピークは去年ほど伸びませんでしたが、その代りAndroidのシェアの方が高い状態が長いです。

日本でも9月の終わりにiPhoneがガバッと売れたのにこのシェアで、10月も売れていはいても、
途中から息切れしていたのは間違いありません。もしかすると今シーズンは日本でのiOSの
シェアが50%を超えない可能性も出てきました。

国内ではiPhoneは既に息切れを始めていますから、恐らく一番売れた時期は10月になる
可能性が高いです。その後はAndroid端末が続々と発売され、11月以降はiPhoneがシェアを
取れる要素が見当たりません。なので今年はiPhoneがシェアを取れるとすると9月と10月の
二か月間だけという事になります。

この二か月を含む Kantar Worldpanel ComTechの数字は11月と12月発表分だけです。
その後は来月1月以降はピーク後の数字になってしまいます。

先シーズンでiOSのシェアがAndroidを上回ったのは4か月間、今シーズンはシェアの逆転が
出来るかどうかがカギとなり、場合によってはiOSが50%を超える事すら困難な状態になると
私は考えています。そのぐらいiPhoneは追い詰められているかなと。


仮に日本国内でこのままiOSがAndroidを超える事が出来ないとなると、国内でのiPhoneの
シェアの本格的な低下が始まると考えられます。特に次の3月では学生がiPhoneではなく
Androidを選択する確率が高まるのではないかなと考えています。
もしそうなると国内でのiPhoneのシェアはより下げモーメントが増すことになるでしょう。


先月分の記事
【Kantar Worldpanel】シェアを削りつつも伸びていくAndroid、シェアを追加しても伸びてこないiOS

  1. 2015/11/10(火) 19:26:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Android Developers】意見変更、Googleが早期のシェア発表にふみ出したMashmallowが今後の大本命になる

Android Developers発表の2015年10月27日~2015年11月2日段階でのAndroid端末のバージョン毎のシェアです。





Android Developer

旧データはこちらの記事へ

Googleは毎年2月まで新バージョンのAndroid OSのシェアを発表しないという方針を取っていましたが、
今年は初めから新バージョンのOSのシェアを発表する方向に変更したようです。

それは例年に比べて有り得ない程新バージョンを利用してもらう為の手を打ってきたという
事が有ります。例年だと安定させる為に新型Nexus一機種だけや、精々サムスン辺りの
先行組数社がバージョンアップを早期に出す程度でした。
それが今年はどうも今までとその勢いが違います。

またLollipopは安定度に問題が有ったので、私は早期にはそう使う気がしませんでした。
確かにARTを始め、今後のスタンダードになる要素技術に可能性を存分に感じさせる
素地の良さは感じさせましたが、これなら旧OSを安定して使う方がいいと判断する人が
少なからず出てくるだろうなという事も感じていました。


先月のこの記事のタイトルは実は
【Android Developers】LollipopはJB以来のメインラインを取るバージョンになり、Marshmallowが腰掛けバージョンで終わる可能性が考えられる
でしたが、ちょっと意見を変えます。

Mashmallowは結構大本命のバージョンになりそうな予感がします。
Lollipopでかなりの問題を叩きだしそれを修正し終えたようですし、中身も相当ブラッシュアップ
されているのを感じます。不発のKitKat、粗削りだったLollipop、熟成大本命のMashmallowと
いった所じゃないでしょうか。というわけで私はMashmallowを推す事にしました。
Mashmallowの今後のシェアの上がり方は恐らく今までで一番速くなるのではないかなと思います。
Googleがどこまで力を入れるかと、それがメーカーやキャリアにどこまで伝わるか次第ですが。


データにも登場しました。





たったの0.3%なんでまだグラフでは見えていませんが、来月には線になって見えるようになると思います。
年末需要でどこまでMashmallowが売れるのか、バージョンアップが来るのか楽しみです。

2016年2月までにMashmallowが2%を超えているかを、一つの見方の基準としていいと思います。

  1. 2015/11/09(月) 23:39:03|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

規格に準拠しないUSB-Cケーブルで充電できない可能性有り、最悪ハードが壊れる

Googleエンジニアが警告「規格に準拠しないUSB-Cケーブルはトラブルの元」 ~ iPhoneMania
Googleのエンジニアが、規格に準拠しない一部のUSB-Cケーブルについて、充電できないばかりでなく、デバイスにダメージを与える可能性もあるとして、使用しないよう呼びかけています。

これから出てきて将来主流になるUSB-Cケーブルですが、充電できないだけでなく
ハードウエアにダメージを当る可能性が有るものが有るという事で、Googleのエンジニアで
Chromebook PixelやPixel Cの開発に関わったBenson Leung氏がamazonで購入した
各種USB-Cケーブルをテストして良品と不良品を名指しで発表。

以下のような構成のケーブルをテストしています。
  [USB Type-C ~~~ USB Type-A or B]

安全に充電するには規格に準拠していて特定の抵抗値を持つ必要があるとの事。

Leung氏はPixelユーザーが、開発者モードでケーブルをテストできる方法を投稿
自らそれでケーブルのテストを行い、公表しています。

【問題なし】
 ・Frieq
 ・Belkin
 ・iOrange

【問題あり】
 ・CableCreation
 ・Monba
 ・Kupx
 ・Juiced Systems
 ・Orzly
 ・TechMatte

  1. 2015/11/09(月) 20:27:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GoogleがiOS向け動画アプリの雄を買収、Googleフォトにそっくりその機能を組み込み、AppStoreからはアプリを撤収

Google、有名なiOS向け動画編集アプリの提供元 Fly Labsを買収、Googleフォトの機能を強化へ ~ juggly.cn
Google が Apple AppStore で有名な iOS 向け動画編集アプリ「Fly」の提供元 Fly Labs を買収しました。
Google による買収で Fly Labs のエンジニアたちは Google の Google フォトチームに移籍し、Google フォトの開発に携わります。

GoogleがiOS機器に向けてAppStoreで動画編集アプリのFlyを出しているFly Labsを買収、
そのチームをGoogleフォトに移籍してGoogleフォトの開発につけるようです。

私はじゃあFlyのアップデートはもう終わりか・・・と思っていたのですが、話はもっと深かったようで。

Google、iOS向け動画編集アプリのFly Labsを買収 4本のアプリは提供終了へ ~ ITmediaニュース
Googleが「フォト」への動画編集機能追加の目的で、iOS向け動画関連アプリメーカーのFly Labsを買収した。Fly Labsのアプリは3カ月後にはApp Storeから引き上げられる見込み。

ということで、AppStoreからFlyLabsが出している4本のアプリを引き上げてしまい、
その代りにGoogleフォトにその機能を統合するという事のようです。

つまりはGoogleフォトの強化だけでなく、AppStoreのアプリの魅力もちょっとだけ落として
やろうという作戦。まるで国内で行われているMNP争奪戦のような流れですね。

今後Googleフォトがちょっと魅力的になりそうですね。
でも現状でもGoogleアプリがかなり肥大化してきており、個人的にはちょっと複雑な気持ちです。
Googleフォトの動画関連のアプリを分けるか、アプリの肥大化をしないようにして欲しい所です。

  1. 2015/11/09(月) 20:13:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜中にiOSをアップデートしていたら、勝手にアラームが解除されていて遅刻の危機も・・・

夜中にiOSアップデートする人は気をつけて! アラーム解除されますよ
すでにアップデートを終えたiPhoneユーザーたちがTwitterなどで警告を発しています。実は、iPadやiPhoneのOSアップデートをすると、設定していたアラームが勝手にキャンセルになってしまうらしいんです。これは知らずに寝たら大変なことに…。

バグだらけで新バージョンのリリース後半年はやたらとアップデートの多いiOSですが、
そのアップデートで設定してあるアラームが解除されてしまう問題が発生。

リリース直後は時間がかかるのと、アメリカ西海岸時間の朝10時にリリースされる事が
多いので、日本では夜中の2時に公開される事が多く、そのままアップデートをかけて
朝に出来上がっている事を期待している人も少なくないと思われます。

しかし朝には出来ていてもアラームが解除されてしまっていて、寝坊の原因になる
可能性が有ります。

アップデートしている端末に全てを任せる事自体がかなり危険な行為なのですが、
iPhoneユーザーは一般人の方も多く、ガジェオタ的な方の比率が自然と少なくなり、
手元に他の緊急用の端末を持っている可能性が下がり、また各キャリアが買い替え
時に向けて下取りキャンペーンをしている事からも、旧端末を手元に置いている
可能性がさらに下がっており、アップデートしている端末一つに頼り切ってしまう
事が多くなる傾向が有ります。


出来たらアップデートしている端末以外にも目覚ましはかけておくことが望ましい事は
当然として、そもそもアップデートしている端末に頼るのはやめた方がいいと思います。
これはiPhoneだからどうとかそういう問題では無くて・・・です。

でも勝手にアラームを解除するのはそれはそれであかんことです。
念の為の誤動作を避ける為に何かのデータクリアをしているだけだとは思いますけど。


そもそもアップデートが問題なく成功するという前提で使う事自体が怖い事だと思います。
特にiOSはアップデートに関してだけでも色々有りましたしね。
だからこそアップデートしている端末とアラームは分けましょう。
更には起床用のアラームに使うなら、念の為に動作確認をしてからの方がいいと思います。
安定してきたとはいえ、最近のiOSはアプリとの相性問題もあるのですから。

  1. 2015/11/08(日) 21:39:53|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

iOS9.1でも不具合満載、Touch IDの不具合にマルウエア問題、どの辺りが安心安全なiPhoneなのかアップルにきちんと説明してもらいたい

「iOS 9.1」に不具合!一部ユーザーが「Touch ID」の動作不良を報告 ~ gori.me
■認証が異様に遅い、認証が成功しないなどの不具合発生
今回発生している不具合は「Touch ID」がアップデート前に比べて認証完了するまで異様に時間が掛かったり、場合によってはそもそも認証されないなどの内容が報告されている。

iOS9.1へのアップデートがされて以降、Touch IDの認証に異様に時間がかかったり、
そもそも認証されない等の問題が一部のユーザーで起こっているようです。

iPhoneはこうした「一部のユーザーだけ起こる」障害がやたらと多く、ハードウエアの
品質のバラツキが問題を引き起こしている事が多いです。それは一円でもコストを
抑える為に安作りをしている事が原因となっているようです。

年間2億台を出荷するiPhoneですから、1円コストダウンすると2億円儲けが増えます。
10円コストダウンすると20億円、だから部品メーカーを泣かせながら1円、2円と削って
いるのです。しかし歩留まりを上げて部品代を安くすると、低品質な部品まで出荷されて
しまう事になり、品質のバラツキを引き起こしてトラブルの要因の一つになっています。


iOSデバイスも聖域なし? 100台以上管理の企業は"ほぼ"マルウェアに感染 ~ マイナビニュース
今後、業務のモバイル化が進むにつれて、データ侵害やサイバー犯罪も増加が予想される。モバイルアプリやオペレーティングシステムから機密データを盗む最近の攻撃事例では、多くの企業が対策を講じていなかったことが明らかになっている。

例えば、XcodeGhostマルウェアに感染したiOSアプリは、デバイスに関する情報を収集し、そのデータを暗号化して攻撃者が運用するサーバにアップロードできる。マルウェア検出を専門とするFireEyeは、App Store上で4000件以上の感染アプリを特定している。また、モバイルアプリのリスク管理を行う企業であるAppthorityは、iOSデバイスを100台以上保有する企業のほとんどにおいて感染したデバイスが1台以上見つかっていると報告している。

マルウェア検出を専門企業のFireEyeがApp Store上で4000件以上の感染アプリを特定。
iOSデバイスを100台以上使っている大手で1%以上のマルウエア感染が見つかっているとの事。

アップル自らもiOSデバイスユーザーも安全と言って憚らないiPhone/iPadでしたが、
完全に安全神話に酔っていただけという事が明らかになりました。

アップル側の人間が公の場でGoogle人間に向かってAndroidのセキュリティーの件で
バカにする言葉を飛ばした事も有り、その場に出席している人達から失笑が漏れたと
いう事も有りましたが、その場にいたGoogle側以外の人達はどの面を下げて今のこの
ニュースを見ているのか興味のある所です。

「AppStoreに登録されているアプリは全部チェックされるから安全です」との主張でしたが、
実態はザルチェックという事が既によく知られるようになってきており、しかしアップルの
商売に関係する事や、中には誰もが理解できないようなアップル独自ルールに抵触する
ものだけがリジェクトされまくるとか、しかしその理由を知らされないとか、ドM開発者向け
のサディズムに染まったチェックが行われている事が漏れ聞こえてきます。

真面目な開発者がお布施を払って開発して公開しようとしてもその罠にはまる事も有り、
普通の感覚ならやってられないはずですが、それでもiOS機器向けアプリを開発しなけ
ればいけない何かが有るらしいです。私には理解不能ですが。

しかし、こういった悪意のあるマルウエアがしれっと登録されているのですよ。
真面目にやってリジェクトされている方々、ご苦労様です。


「iOS」で全画面広告を表示するマルウェア、中国と台湾で猛威 ~ CNET JAPAN
米サイバーセキュリティ企業Palo Alto Networksによると、「YiSpecter」と呼ばれるこのマルウェアは、「任意の『iOS』アプリをインストールして起動したり、既存アプリを自らがダウンロードしたアプリで置き換えたり、ほかのアプリの実行を乗っ取って広告を表示させたり、『Safari』のデフォルトの検索エンジンやブックマーク、開いたページを変更したり、端末情報をアップロードしたりする」ことができるという。

これはAppStoreや正規にリリースされた以外のものをインストールしているので
ユーザー側が大きい。怪しいものを入れて感染したのでは言い訳はできません。
しかしそれでも検出して警告位は欲しい所です。

Androidだとセキュリティー的に問題のアプリだと警告を発する機能が有りますが、
iOSはAppStoreに登録する前のチェックが全てであり、それさえ何らかの方法で
回避できればアプリ側はやりたい放題です。

とはいえAndroid側にも危険なアプリは有り裏でroot化してまでしてSystem領域に
書き込んでしまうアプリも存在しており、Android側も油断ならない状況ですが。
しかしAndroid側も例えばキャリア版のXperia Z4以降のような、そもそもroot化出来ない
端末も登場しているので、安全性については今後双方のシーソーゲームになりそうです。


ちなみにiOS 9.1.1は縁起が悪いので空番になり、次は9.2になるだろうというのがもっぱらの噂です。

  1. 2015/11/08(日) 20:59:12|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

KDDIが16年6月に自社直収加入電話のメタルプラスを全廃しますが、サービス終了迄一年を切ってたんですね

メタルプラス電話 ~ KDDI公式ページ
■お知らせ
2016年6月末をもちまして「メタルプラス電話」のサービス提供を終了致します。
ご利用中のお客さまにはサービスご利用状況をお伺いの上、auひかり 電話サービス・ホームプラス電話に加え、当社がケーブルテレビ各社と提携して提供しているケーブルプラス電話やJ:COM社提供のJ:COM PHONE プラス等、個々のお客さまに最適な推奨移行先サービスのご案内をさせていただきます。

KDDI,メタルプラスの回線サービスを廃止! ~ Another Tomhus
昨日,KDDIから電話有り,何かと思えば,メタルプラス終了のお知らせと回線変更のお願いだった.
郵送でも案内が先日送られてきていたが,2016年6月末にはメタルプラスを廃止する,ついてはAu光なんちゃらに変更してほしいとのこと.

KDDIが16年6月に自社直収加入電話のメタルプラスを全廃ということで、光電話などへの
案内がされています。

  ・auひかり 電話サービス
  ・ホームプラス電話
  ・ケーブルプラス電話
  ・J:COM PHONE プラス (J:COM社提供)

メタル回線事態を無くすので、ADSLももろともサービス終了で無くなってしまいます。

旧来のメタルの加入者回線は電力の供給がされていて、停電時でも発着信が可能と
いうことで、うちの家でも未だに旧来のNTT回線を維持しています。
これが災害に一番強いからです。

KDDIはお先にメタル回線の全廃を掲げ、来年6月末に終了させてしまいます。
どうしてもメタル回線がいいという方はNTTに移行するしかありません。

メタルを諦めるなら便利な色んなサービスが有るのも事実です。
この辺り何をどう選ぶのかは災害対応を含んで色んな視点で見る必要が有ります。


メタル回線 vs 光回線と言えば、既に懐かしいネタになりますが・・・これ。

【当ブログ記事】
 ・やっぱりね。ソフトバンクTV-CM「光の道」
 ・孫 正義VS池田 信夫~光の道対談
 ・孫正義、騙しのテクニック
 ・緊急:ソフトバンク光の道CM、騙しのテクニック2
 ・ソフトバンク、光の道のCMの影響
 ・光の道、地方・山間・離島での契約
 ・光の道、否決が決定的で暴れる孫社長
 ・孫正義氏会見『光の道』構想
 ・光の道CMやっと終焉

孫社長が必死にNTT回線を自社の為に利用しようと暴れていた光の道。
他人のふんどしで相撲を取ろうという策略を企てて失敗したの巻でしたね。

記事のURLのシリアルナンバーの桁数が3桁の頃もある5年前頃の話だったんですね。
あの時にメタル回線の全廃をしていたとするとどうなっていたでしょうか。

メタル回線が無くなった頃に東日本大震災、当然電力は早々に無くなっていましたから、
電話が出来なかった所が増えていたかもしれませんね。

まあそれはさておき、長く長く日本の歴史を作ってきた一つの技術であるメタル回線が
KDDIからは無くなるという事で記事にしておきました。
NTTは何時まで維持をしてくれるのでしょうか。

  1. 2015/11/08(日) 19:48:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【BCN】Xperia Z5の登場もパンチ力は今一つ、iPhoneシリーズは順調に順位を下げている

最近BCNの発表がちょっと遅れ気味なので、なかなか記事にするタイミングで苦戦しています。
とりあえず情報だけ簡単にまとめておきます。

携帯電話・週間売れ筋ランキング(集計期間:2015年10月26日~11月1日)

---------------------------------------


Xperia Z5はドコモが本命視されていましたが、今一つ伸びない所を考えると、
Z5 CompactとZ5 Premiumに購入のパイが割れたようです。
普通の人がZ5無印、小型にこだわる人がZ5 Compact、マニア層やガジェオタ層が
Z5 Premiumと言ったところでしょうか。その中で一番息が長いのは恐らく
Z5 Compactになると思います。使い勝手的にはやっぱりコンパクトモデルの需要
は強いでしょう。

以前も安かったとはいえ、Xperia Aの売れ行きは半端ないものでした。
その多くが今回Z5 Compactに移動するのではないかかなと思っています。
本来ドコモは夏端末にZ4 Cpmpactを出すべきだったんですけど。
中途半端にA4なんか出しちゃったのでかなりiPhone 6に逃がしちゃったと思います。
iPhone 6はAとほぼ画面サイズが同じですから移行しやすいんですよね。

A4も買わず、iPhone 6にも行かずにまだAを使って待っている人がZ5 Cpmpact待ち
だと思いますが、どれだけの人が待っているのでしょうか。
本当にドコモのこの辺りの客捌きの下手さに今更ながら呆れます。



ではiPhone 6s / 6s Plusの順位の流れを見ていきましょうか。
先週の記事に旧データが有るのでそこから引っ張ってきました。

集計期間:2015年10月12日~10月18日


集計期間:2015年10月19日~10月25日


集計期間:2015年10月26日~11月1日



下記は上記の各ブロックの順位の合計(上段)と、ランクインしている機種数で割ったもの(下段)です。


集計期間:2015年10月12日~10月18日 & 2015年10月19日~10月25日


集計期間:2015年10月26日~11月1日


6sPlusだけ初めは供給が止められていて順位が低い所からスタートだったのですが、
途中から潤沢に供給が始まったので唯一順位が高くなっています。
他は初めから潤沢に供給されていた事も有り、売れ行きの傾向がきちんと表れています。
徐々に順位を下げているのがよく分かりますね。




  1. 2015/11/07(土) 19:58:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GoogleのPixelチームがAndroid向けのメインプロセッサの独自設計を模索中

GoogleがAndroidのためのメインプロセッサの独自開発を検討していると伝えられる ~ juggly.cn
Google が Android のためのプロセッサを開発するためにパートナー企業になる半導体製造メーカーを探していると The Information が伝えました。

GoogleがAndroid向けのメインプロセッサの独自開発を模索している模様です。

Pixelチームの求人募集の中に「マルチメディアチップ設計者」ということで、
Nexus等のメインストリームではないのでそんなに深く捉える事もないと思いますが、
もしこれが大きな成果を上げた場合、Nexus向けに設計し直しをしてスマホや
タブレットに利用される可能性も考えられます。

  1. 2015/11/07(土) 19:50:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

auがAndroid体験イベントを開催、iPhone 6s/6s Plusの大ブレーキを受けて大慌て

Androidオリジナルグッズがもらえてドロイド君に会える!
KDDI直営店にてAndroid体験イベントを開催! ~ KDDI株式会社

KDDIは、全国に4か所あるKDDI直営店au SHINJUKU (東京・新宿)、au NAGOYA (名古屋・栄)、au OSAKA (大阪・梅田)、au FUKUOKA (福岡・天神)にて、Android体験イベントを実施しています。

KDDI、直営店で「Android体験イベント」を開催 ~ juggly.cn
KDDI が全国の直営店 au NAGOYA、au FUKUOKA、au OSAKA で Android オリジナルグッズなどがもらえる「Android 体験イベント」を開催すると発表しました。

auがAndroidのAndroid体験イベントを開催、ソフトバンクに続いてauもAndroidに向けて
舵を切り始めました。Androidにそっぽを向き、iPhoneに全力を投入したはずのauが、
またAndroidの方向を向き始めたようです。

タイミング的にはちょっと遅いなと思うのですが、何をやるのも何年も遅いドコモ程
致命的な遅さでもありません。ソフトバンクに並んでauも僅かでは有っても動き始めた
ということは、やはりiPhoneの売れ行きがガタンと落ちている事が大きいでしょう。

元々はAndroid auを謳っていたはずですが、早々とAndroidを切ったauがこんな程度の
イベントでどれだけAndroidのシェアを取り戻せるのか、まずはこの後の端末の揃え方
から見ていきたいと思います。

  1. 2015/11/07(土) 19:43:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

iOS9の2画面機能は決め打ちで作ってきたアプリには辛い仕打ち、iOSでもよりAndroid的なアプリの作り方を要求されることに

iOS 9のSlide OverとSplit Viewという機能で2つのアプリを同時に起動して操作できるようになりました。
リンクした記事の動画を見て分かる通り、画面は決まった場所で分かれるだけでなく、
指でスワイプして画面を分ける位置を移動できます。

要するに、アプリ側から見ると決まった画面サイズで決め打ちして作れなくなりました。
歴代のiOSアプリは幾らかの決まった画面サイズに合わせて作り込むのが常識でしたが、
Split Viewに対応するとなると画面サイズは可変となります。

なのでiOS向けアプリなのにAndroid OS向けアプリのように、様々な画面サイズに
対応したアプリづくりを行わなくてはならなくなったわけです。

必ずiOS 9のSplit Viewに対応しなくてはならないというならばかなり問題ですが、
対応しないという手も無い事は有りません。しかし対応していないアプリの立場は
今後不利になっていく可能性が有ります。

そうなると対応しなければいけないという空気が出来て来るかも知れません。
でもゲームのような画面の書き換えに最大性能を使うようなアプリの場合、可変画面は
かなり鬼門になります。

サイズの決め打ちのおかげでリアルタイム系のゲームはiOSの方が強かったはずなの
ですが、今後はAndroidと条件が変わらなくなっていく可能性が有ると思います。
でもこういった便利さを覚えると、ゲームの性能はもういいやって事になりそうな気が
しなくもないですが。

まあとことん重いゲームはそういうのを無視してiPhoneだけでマルチ画面を無視して
ずっとやっていくメーカーも有ると思います。PCでもビデオカードを決め打ちみたいな
メーカーも有りますしね。

でもアプリ側から見てどんどんAndroid OSが当初から設計に含んでいた所に近づいて
きていますよね。きちんと画面サイズを取ってそれに合わせて描画する。
当たり前の事なんですけど、今後はiOS向けアプリもようやく旧来の設計の決め打ち
からサイズに合わせる設計へと移行する事になりそうです。

iPhoneですら画面サイズが増えてきていたので、真面目に作っていたアプリはそう難しく
なく対応出来るとは思いますが、本当に決め打ちのみで作っていたアプリは下手をすると
ソースを一から作り直した方が楽な位に面倒な事になるかもしれませんね。

  1. 2015/11/06(金) 23:11:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップルは来年のiPhone 7/7 plusの発売日を2016年9月24日から動かせない

『iPhone 7』発売前倒しか。アップルが検討中─Apple Insider報道 ~ リンゲルブルーメン
Apple Insiderによると、Appleは次期スマートフォン『iPhone 7』の発売を夏に早めることを検討していると報じました。

またですね~。
まことしやかに囁かれる前倒し。
iPhoneの春夏発売は毎年の風物詩ですね。
やっぱりクリックを稼ぎやすいのでしょうか?
既に賞味期限の切れたネタだと思うのですけど、それでも繰り返し出て来るって事は
少しは何からの旨味が有るのでしょう。

去年の2014年9月19日から今年は2015年9月25日と例年から一週後ろに移した所です。
折角7-9月のQ4で販売数減少のリスクを取ってまでして一週後ろに移した所なのに、
わざわざ発売タイミングを全く別に動かす理由ってないですよね。

そりゃ来年のQ4で今までにない数字が見込めて一旦有利になる所は有りますが、
その後の10-12月期のQ1で大変なことになってしまいます。更に1-3月期のQ2は
壊滅状態になってしまいます。勿論Q3も・・・。
発売を一気ずらせるとその後の四半期ごとの決算が軒並み大変なことになるだけ
なので、動かすデメリットが大き過ぎるんですよ。

そこから私は来年のiPhone 7/7 plusの発売日は2016年9月24日から動かせないと
主張します。後ろにずらせるとQ4の決算が大変なことになり、前倒しするとQ1-Q3の
決算が大変なことになります。理由は完全に経営的な問題・・・と。

確かにこのままなら主張通り今まで通りなら6s/6s plusはどんどん市場でAndroid端末に
食われていってしまいます。だからと言って前倒しできるほど開発を無茶させるわけにも
いきません。それこそまたクソiOSや不安定ハードを量産する事になって、下手をすれば
命取りにもなりかねないです。

現金が大量に有っても、iPhoneが世界中でそっぽを向かれると、その後は現金を削って
生きていくしかない状況に追いやられるかもしれません。ジョブズがいない以上、
iPhoneという財産は守っていかなくてはいけません。一時的に売れないiPhoneが出て
きても、それをカバーする為にクソ端末を出すわけにはいかないのです。


逆に言うとこの記事のように開発期間を削って前倒しし、もしクソiOSやクソ端末を出そう
ものなら・・・どえらい事になる・・・という訳ですね。

  1. 2015/11/06(金) 22:37:53|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

iPad proが人気爆発という事になっていて、iPhone 16GBのメモリを128GBに増やすサービスが人気で、ヘルプを伝えるパニックモードをアップルが特許出願

アップル関係をまとめて。

Appleが『パニックモード』を特許出願。iPhoneで緊急事態に対処 ~ リンゲルブルーメン
AppleはiPhoneユーザーが緊急事態に対応できる『パニックモード』を特許出願しました。ユーザーが犯罪に巻き込まれるなどした際、カメラとマイクを起動して音声と映像を記録、自動で警察に通報することもできる機能です。

これ特許にしてしまいますか・・・。
指を変えて解除とか、どうせ誤爆防止の為に普段絶対使わない指で解除するので
PINコードなどとは違って見た目で何となくばれるんじゃないかなって気がします。

そう言えばその昔「ボスが来たモード」って有りましたよね。
エディタ画面で作業しているっぽい画面になったりとかする。
ゲームなんかにあった覚えが有ります。


11月11日発売『iPad Pro』、アップルファンの間で爆発的人気 ~ リンゲルブルーメン
11月11日に発売予定のAppleの新型タブレット「iPad Proi」がAppleファンの間で爆発的人気を集めているとPhoneArenaが報じました。

「爆発的人気?」

まあハイエンドお布施が期待できそうなので、それなりには売れるとは思いますけど、
売りである2画面機能は既にiOS9に書き換えたiPadで皆が利用中であり、このiPad Proを
買うのは最新のA9プロセッサの端末が欲しいという事以外は大してないような気がします。

そもそも高価なiPadは安価なAndroidタブレットに完全に食われており、そこにSurfaceが
食い込んできているお蔭で楽な勝負は出来ないと思っています。ハイエンドお布施が
終わった後は苦戦するだろうというのが私の読みです。

十分な操作性を実現する最低限の性能を満たせば、その先は価格競争になっていくのは
今までのあらゆる製品の宿命であり、タブレット端末もそこからは逃れないというのが
私の意見なのですが、iPadだけ特別と思う人って少なくないのでしょうかね?

iOS9の2画面機能に相当する機能はAndroidではフローティング系のアプリで実質既に
実現されているという所があり、サムスンなどは独自に2画面機能を作り込んでいました。
iOSではお初という目新しさ以外の実用性ではそう大きなアドバンテージは無いように
私は思うのですけど・・・この辺の評価は人によって違うのでしょうか。
Android系では既に当たり前に有った事を知らない人だけが絶賛する機能かなという気がします。


iPhoneのストレージを16GBから128GBに増やすサービスが流行中 ~ リンゲルブルーメン
iPhone / iPadシリーズはストレージ容量別に安くない価格差が設定されています。中国では、安価なNANDフラッシュのみを交換して、iPhoneの容量を増やすサービスが流行しています。

上でも書いた通り、みんな安いのがいいんですよ。
アップル製品は高い。

株主にアピールする為の最高益を更新する為だけに、搾り取られるわけです。
日本人は128GBモデルを買ってわざわざお布施する事に喜びを覚える層が一定数おり、
AKBの選挙を笑えない人達が少なくないですが、中国人はこの辺りの発想が健全ですね。
やっている事は不健全ですけど。

  1. 2015/11/06(金) 22:12:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Xperia GXでクアルコムIZatの利用をONにしてみたらGPSが爆速で合うようになりました(小改変)

Xperia GX(SO-04D)にCM12.1を入れてから、しばらくroot無しのまま過ごしてきました。
CMはrootが既に取れているはずなのですが、Nexus 6向けAndroid 5.1.1の最新ビルドの
Build/LMY48Wでは穴が塞がれていてprerootedでkarnelとsystemっを書き換えないと
対処できません。prerootedを作るのを面倒がって今まで放置していました。

というわけでprerooted用のcwm_prerooted_TX_9.2.A.0.295.zipを作ってTWRPに焼くだけと
いう手間はそこそこありますが簡単な作業です。


この記事で紹介されているキューブ氏のcwm_prerooted_V_9.2.A.0.295.zipをダウンロード。
V用ですがTX(GXの海外版)でも使えるという事で、TXのROMをFlashtoolのサブツールに
組み込まれたXperifirmを使ってTXの最新ROMの4.3の分をダウンロードします。

GX/TXの所を選ぶと各国向けのROMが並んでいますが、オーストラリアのVodafone向けが
一番新しそうな感じだったので、それを落としました。(どれもビルドが同じなので、
中身は一緒だと思います)日本向けのGXの分は4.1なので多分使えないと思います。
TX用のAndroid 4.3のを使えばOK。

ちなみに私が使ったのはLT29i_Vodafone AU_1270-0258_9.2.A.1.205_R5Jというやつです。
「c:\ユーザー\.....\LT29i_Vodafone AU_1270-0258_9.2.A.1.205_R5J\」フォルダーの中のdownloadの
フォルダ内の深くに有るkarnel????????????????.sinとsystem????????????????.sinをFlashtoolで
system.ext4とkernel.elfに変換してcwm_prerooted_V_9.2.A.0.295.zipを
cwm_prerooted_TX_9.2.A.0.295.zipにリネームして入れてTWRPで焼くだけ。

うまく行かなければこの後にもう一度CM12.1を上書きで焼き直せばOK。
(勿論ramdiskなんちゃらやリカバリ、gappsも忘れずに)
詳しくは上で紹介した方の沙綺さんのページを見てください。



で、私はrootを取った記事を書きたかったわけでは有りません。
rootを取ったついでに試したかったことが有りまして・・・。



■本命はGPSのIZatの記事

実はGPSでのIZatの効果を見てみたかったのです。
IZatとはクアルコムのプロセッサに組み込まれているGPSアクセラレータのようなものです。
正確には違うと思いますが、おおよその認識はそんな所でいいと思います。

ドコモ向けの端末は、AGPSデータを取得するサーバをドコモのサーバに固定しており、
例えばMVNOで運用しようとするとドコモのサーバは当然ながらSPモード以外などからの
要求は弾く設定になっているようで、AGPSのデータをダウンロードさせなくしており、
MVNO運用だとGSPを合わせるのがめちゃくちゃ遅くなります。まあテザリングやWiFiを
繋ぎにくくするなどと同じで、ドコモ端末に組み込まれた嫌がらせの一環ですね。
ドコモが嫌われていく理由の一つです。こういう事をしていると「一旦剥がれ出すと
止まらない」訳ですが、それを未だに理解できないのでしょう。

CMを使い始めてからはこれがドコモ外のサーバになったのでGPSを合わせるのが速くなりました。
いや元からGPS関連アプリを使ってAGPSのデータは、ドコモ外のサーバから落として
いたので私には余り関係なかったですけど。

しかしそれでももやっぱりGPSを合わせるのはちょっと時間がかかる事が有るので
以前記事にしたIZatを試してみたいなと思いまして・・・。

というわけでIZatをonする方法を探ってみました。
何気にbuild.propを覗いてみると、それらしい行が見つかりました。

# QCOM Location GPS
ro.qc.sdk.izat.premium_enabled=0

    ↓

# QCOM Location GPS
ro.qc.sdk.izat.premium_enabled=true

とりあえず0をtrueに書き換えて再起動してみました。
簡単に見つかり過ぎてこれでいいのか?と疑いながらの再起動でしたが・・・。

そうしてGPSを使うアプリで時間がかかるものを次々に立ち上げてみました。
屋外だと瞬殺でGPSが合うようになりました。
屋内でも今までに比べて半分以下の時間で合うか、屋内ではアプリによっては下手をすると
きちんと合わない事も有りましたが、全てのツールで普通に高速にGPSを拾うようになりました。
今現役の新型端末と比べても全く引けを感じないGPSの性能になりました。

予想外の効果・・・IZat恐るべし。


屋内では時間をかけてもなかなか合いにくい状況が多かったのですが、IZatをONにした事で、
Googleマップなら瞬殺、比較的時間がかかるRunKeeperも以前の屋外よりも速く合うようになりました。

そのRunKeeperも屋外なら瞬殺に近いレベルで合います。
この感触は・・・どうもXperia Z4(SOV31)を #Xperiaアンバサダー でお借りして使っていた時の感触に近い。
もしかするとZ4はデフォルトIZatを利用していたのかも知れません。

IZatまじで快適です。
この機能を数年間、搭載されたまま未使用でいたのです。
無知って恐ろしいものです。


以前調べたクアルコムのIZatのバージョンに新たに書き足してみました。
Snapdragonの各世代のIZatのバージョンです。
・Snapdragon 800 IZat Gen8B
・Snapdragon 801 IZat Gen8B
・Snapdragon 805 IZat Gen8B
・Snapdragon 808 IZat Gen8C
・Snapdragon 810 IZat Gen8C

・Snapdragon 600 IZat Gen8A
・Snapdragon 615 IZat Gen8C
・Snapdragon 620 IZat Gen8C

・Snapdragon 400 IZat Gen8A
・Snapdragon 410 IZat Gen8C
・Snapdragon 430 IZat Gen8C

・800:IZat Gen8B (MSM8974 / Xperia Z1,Z1f,Z Ultra / ARROWS NX / GALAXY Note3)
・600:IZat Gen8A (APQ8064T / AQUOS PHONE ZETA,SERIE,Xx / ARROWS NX / HTC J One)
・400:IZat Gen8B
・200:IZat Gen7A
・S4 Pro:IZat Gen8A (APQ8064 / Xperia Z,A / AQUOS PHONE ZETA,Xx / HTC J butterfly)
・S4 Plus:IZat Gen8A (MSM8960 / Xperia GX,SX,AX / ARROWS Kiss / MEDIAS X / GALAXY S3)
・S4 Play:IZat Gen 7

私のGXはMSM8960ですからIZat Gen8Aとなっています。
IZat Gen8Aでこの効果ですからこれ以降のIZatは十二分に速いでしょう。

基本的には最新プロセッサでもIZat8世代となっているようで、私のGXのIZat8Aは決して
古臭いものでもなかったようです。瞬殺なわけですね。
以前 #Xperiaアンバサダー でお借りしたZ4のS810はIZat Gen8Cで8世代の3代目。

このGXのIZat Gen8Aもまだちょっとしか使ってないので何とも言えませんが、私がONにしてみて
今までと大きな違いを実感したのは間違いないです。

最近動画のMXPLAYERで使われるようになったハードウエアデコーダーのHW+デコーダーや
今回私が試したIZat等、端末に搭載されているのに利用されていないハードウエアが
意外とある事が分かります。

最近のAndroid OSや端末メーカーの頑張りで、利用されるようになったものもあるかも
知れませんが、今回のGXのようにHALは対応しているのに、OFFに設定されているという
もったいない状態のモノも、他の端末も含めると結構あるのではないかなと思います。

HALが対応していてOFFになっているものは、色んなアプリでチェックできていないから
ONで出荷できなかったというものもあるかも知れません。今後はこういった隠れて
利用されていなかったハードウエアの利用がもっと進んでいくのではという気がします。

GX前後の端末が過渡期でこういったチップに組み込まれていた機能を一番利用されて
いなかった世代だった可能性が高いような気がします。最近は性能競争も行きついて
差別化が課題ですから、「付いているものは何でも使う」が進められているように思うので。

当時は端末性能の向上が著しかったので、こういったカタログに現れない機能は
チェックの煩雑さを避ける為に、最終的には利用は後回しになったのかも知れません。

  1. 2015/11/05(木) 23:46:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Xperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティングに当選しました

【当選】大阪開催「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティング

鈴様

お世話になっております。
Xperiaアンバサダープログラム運営事務局です。

この度は【11月12日(木)大阪開催】「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングにお申込み頂きまして誠にありがとうございました。

Xperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティングに申し込んでいたのですが、
本日昼過ぎに当選のお知らせが届きました。

というわけで、来週に開催のアンバサダーミーティングに参加してまた沢山
記事を書きたいと思います。

  1. 2015/11/05(木) 21:13:43|
  2. Xperiaアンバサダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アップルファンサイト「(iPhoneが売れていない)そういった悲観的な見方は毎年のように出てきては、大抵外れている」

iPhone6s、売れているのか、いないのか? ~ iPhone Mania
アップルの主要サプライヤーとして有名なPegatronが、iPhone6sのための従業員募集を予定より早く締め切ったことを受けて、「iPhone6sは売れていないのか」との見方が、日に日に勢いを強めています。しかし一方で、そういった悲観的な見方は毎年のように出てきては、大抵外れていることも事実です。

「iPhoneが売れていないという悲観的な見方が出てきては大抵外れている」とiPhone Maniaが書いています。
そりゃ大手ファンサイトとしてのiPhone Mania的にはそんな情報が当ってもらっちゃ困るでしょう。

元々シェアなどの数字は「Android OSとiOSのシェア」を比べていたように思います。
初めはiPhone OSとでも呼ばれていた頃でしょうか、確か国内シェアは孫正義氏も鼻高々で
iPhoneが70%とかシェアを取っていたように思います。
その頃はAndroid OSとiOSのシェアを比較していました。

しかしiOSのシェアが50%を切ると、何故か各メディアやiPhone Maniaのようなファンブログ
迄もが「メーカー毎」や「端末毎」の比較に切り替えました。早い話勝敗ラインの引き直しです。
こうして「負けたら次の勝敗ライン設定」を続ける事で、iPhone等iOS機器が売れていなさ
そうな意見をもみ消し、「iPhoneは売れていますよ~」という意見にすり替えてしまいます。
そりゃそんな事を繰り返していればよっぽど売れなくなるまでは絶対売れていない事には
ならないですわな・・・。

しかもアップルが年に一回のオナ禁解禁需要で購入が一気に纏るように仕向けているので、
初期の予約が並び、ある程度の時期までは供給数で販売数のコントロールが出来ます。
初期に予約が並ぶことを上手く逆手に取った手法だなと思います。それに乗っかって、
アップルが手綱を引いた販売数に気持ち良く酔っているなというのが私の理解です。

今年から中国がiPhoneの先頭発売国に組み入れたこと、その上で中国が初期の販売数の
少なからずを占めている事には全く触れず、アップルが作ったままの数字を鵜呑みにして
お花畑な意見を垂れ流しているだけのように思います。

何故ファンサイトはこういった数字の深掘りを行わないのか、不思議でなりません。
好きならマイナス方向や不安要素の情報もきちんと検証すべきだと思います。
その方がアップルの為にもなるでしょう。
アップル側から見るとどういったサイトの情報が本当に役に立つものか、考えた事が
ないのかも・・・という気がしています。

  1. 2015/11/04(水) 19:58:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中国チームがiOS9バグ探し大会で優勝、気になる中国政府へのiOSソースコード開示や企業システムへのバックドアの強制の件

「iOS9のバグ探して1億円」大会、iOS9.1を脱獄したチームが優勝 ~ iPhone Mania
セキュリティ会社のZerodiumが開催していた「iOS9のバグ探し大会」ですが、iOS9.1とiOS9.2ベータ版の脱獄方法を発見したハッキング・チームが100万ドル(約1億2,000万円)の賞金を受け取っていたことが分かりました。
ZerodiumがTwitterで明らかにしたところによれば、ブラウザベースでiOS9.1のみならずiOS9.2ベータ版までも脱獄に成功したチームが勝者となったようです。
中国のSNSブログ微博でハッキング・チームの団体が勝利宣言を行っていることから、中国チームが賞金を獲得した公算が高いです。

セキュリティ会社のZerodiumが開催していた「iOS9のバグ探し大会」の結果、中国チームが
iOS9.1、iOS9.2の脱獄に成功し賞金を手にしたようです。

中国系のクラッキング技術は他を寄せ付けない程強力なものになっているといえるかも
知れませんが、私はちょっと気になる情報も有ったりします。それが以下。

 ●アップル、なんとiOSの機密コードを中国政府に解放!? ~ iPhone Mania
 ●「安全のためなら企業のシステムにバックドアを作ってもいいよね?」中国政府がハイテク企業に誓約を求める ~ GIZMODO
 ●中国製iOSアプリ、マルウエアに多数感染 異例のアップル標的 ~ WSJ

アップルが中国にiOSのコードを開示したと報じられています。
ソースコードが丸見えなら、セキュリティーホールを探すのはかなり楽になります。
また企業のシステムにバックドアを作らせたりもさせています。
当然中国の売り上げが無いと対前年で純減は避けられませんから、
これを断るわけにもいきません。


そして中国チームがiOSの最新バージョンまであっさりと脱獄に成功。
何かリンクするものを感じてしまいますが、気のせいでしょうか。

  1. 2015/11/04(水) 19:48:11|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Chrome OSプロジェクトを統括するHiroshi Lockheimer氏が、「Chrome OSは今後も存続する」と明言するも・・

先日GoogleがAndroid OSとChrome OSの統合を考えているという記事を書いた。
しかしそれがGoogleの幹部がブログで明確に否定しました。

グーグル幹部、「Chrome OS」は存続と明言--「Android」に統合との報道を否定 ~ CNET Japan
「Chromebook」ファンには嬉しいニュースだ。Googleは「Chrome OS」に搭載される「Chrome OS」を衰退させるつもりはないことを明かした。

そんな統合話はどこにも存在しないとばかりに否定される状況なのかと言えば、
決してそんなわけでもなく、

 ・Chrome OSに関してはまだまだやるべきことがある
 ・Chrome OSを段階的に廃止させる計画はない
 ・Chrome OSは今後も存続する

とChrome OSの存在を肯定する事で統合話の否定はしたが、決して「Android OSの統合はない」
とは一言も言っていません。

それがChrome OSプロジェクトとAndroidプロジェクトの両方を統括するHiroshi Lockheimer氏の
言葉なのですからちょっと深読みさせる言葉選びでは有ります。

そういった状況ですから先の統合話を報じただとThe Wall Street Journal(WSJ)が報じた記事は
決して根も葉もない話でも無かったといえるかも知れません。

中途半端な否定がより肯定的要素を持った内容になってしまった気がします。


恐らくこういったGoogleの動きが先のような報道を加速させたように思います。

感触いいけど中身が謎。グーグルの新タブレット「Pixel C」ハンズオン ~ GIZMODO
Pixel」はChromebook最上位機種ということで始まったラインなのに、このPixel CはなぜかOSがChromeではなくAndroid 6.0 Marshmallowなのです。へ?ってなりますよね。

ChromebookのはずのPixelシリーズに何故かAndroid 6.0 Marshmallowが載っているのです。
嫌でも何かのメッセージを感じてしまいます。
しかしGoogleがChromebookを大事にしている理由も有るので今回の主張が解る部分は有ります。
それは以下の記事に。

グーグルのChromebook、米教育機関への売上がiPadを超える(第3四半期) ~ GIZMODO
IT業界のマーケット調査を行なうIDCの最新情報で、第3四半期の米国内の教育機関への売上げで、グーグルがアップルを抜いたことがわかりました。第3四半期、グーグルのChromebookの出荷台数は71万5000台。対してアップルのiPadは70万2000台。僅差ではありますが、教育機関においてはグーグルが初勝利です。

教育分野に限ってですが、ChromebookがiPadのシェアをどんどん削っているのです。
安価なノートPCが高価なタブレットを市場から駆逐しているという訳です。
一年前のデータでは有りますが、現在進行形でそれが更に進んでいる事も実感します。
iPadの販売数が減少に転じていますし、説得力も十分にあります。
それで簡単にはChrome OSを無くす方向へは進まない事も納得です。

GoogleとしてAndroid OSとChrome OSの統合をずっと検討しているこは間違いないが、
そう簡単には統合させられない商業的事情が有る・・・といった所でしょうかね。

  1. 2015/11/04(水) 19:14:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォズニアック「ジョブズはいつもいいヤツというわけではなかった」・・・ジョブズ氏の伝記映画のPRと興業の失敗

ウォズ、「ジョブズはいつもいいヤツというわけではなかった」と本音を語る ~ iPhone Mania
スティーブ・ジョブズ氏と言えば、そのカリスマ性を裏付けるかのような強烈な個性で知られていますが、新たに公開された同氏の伝記映画に合わせ、スティーブ・ウォズニアック氏が彼のことを、「いつもいいヤツというわけではなかった」と追憶しています。

■伝説の一部となったジョブズ氏の性格
「その良くない性格でもスティーブ・ジョブズは知られている」と、アップルの共同創始者であるスティーブ・ウォズニアック氏は語ります。

ジョブズ氏の性格の悪さは今更語る事もでもないほどよく知られていますが、
かつての戦友のウォズニアック氏ですら漏らしているようです。
ジョブズ氏が依頼した仕事のピンハネをしていたり、ウォズニアック氏は散々な目に遭っている。

創業者組では有るものの、割と初期にアップルを辞めており、初期のバタバタ劇の中の人と
いう存在で、後の大企業としてのアップルとはそれ程大きな関わり合いはない。

一時期はAndroid端末のユーザーになっていたようですが、ある日突然すべてのAndroid端末を
処分してiPhoneに鞍替え・・・さて、幾らもらったのでしょうか・・・?

そんなウォズニアック氏ですが、今回このインタビューを行ったのは、性懲りもなくまた作った
ジョブズ氏の伝記映画のPRの為です。その映画はアメリカで封切されており、7位発進。

スティーブ・ジョブズ描いた新作映画、全米公開で7位スタート ~ iPhone Mania
公開3週目にして、アメリカで全国的な公開が始まった映画「Steve Jobs」ですが、残念ながら興行的には早くも失敗ムードが漂っているようです。

そりゃ強度のマカーやiPhone信者の方々には上映中には何度も見たいすごい人かも知れ
ませんが、世間的には「既に過去の人」であり、彼の半生なんぞどうでもいい事です。
詳しく知りたいと思う人なんて稀でしょう。あのiPhone行列がステータスっぽく語られていた
頃ならいざ知らず。

何で出涸らしを更に煮出すような事をして、ジョブズ氏の最後を汚すような事をするのでしょうかね。
以前のジョブズ氏の映画の時に完全な伝記映画として作っていればよかったものを・・・。

業界にとってはインパクトが有り、多大なる功績を創り上げてきた人として認める所では有りますが、
一般層を巻き込んで持ち上げようとするところに無理があったと思います。
伝わりませんよ。


乱暴な言い方をすればアランケイのアイデアやゼロックスのアイデアをパクるところから始まり、
社内でも色んな方が出したアイデアをパクリ、それを極めて綺麗なトータルデザインに落とし込んで
素晴らしい操作体系を作り出してきました。

要素技術をまとめあげて最後の詰めが行える人だった事が功を奏して単なる偏屈我がまま野郎で
終わることなく大成出来たのがジョブズだと思います。

ウォズニアック氏はそういう事を言っているのか違う事を言っているのか、これだけでは判別
しきれませんが、彼はジョブズの被害者であり、最大の受益者でもあったと思います。
この微妙な表現の言葉から何となくそういう気がします。

  1. 2015/11/03(火) 21:22:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【実験】SO-01C(Xperia arc)にCM11を入れてみました、メモリさえ足りていれば十分に実用になる快適性でした

先日記事にした、私がXperia GX(SO-04D)をCM12.1(Android 5.1.1ベース)で運用している記事の続編(?)です。
といってもGXの話では無いですが。

実はGXがAndroid 5.1.1 Lollipopになってしまったので、手元に有るAndroid OSが4.1 JellyBeanの
端末が無くなってしまいました。なのでXperia arcをバージョンアップしてみます。

Xperia arcは二台あって、片方は4.0.4 ICSで、もう片方がFirefox OSでした。
しかしもうFirefox OSは新バージョンが降ってきませんし、何よりも新バージョンを配布していた
サーバが停止していてチェックに行くとエラーが出る始末。完全にFirefox OSは終わりました。
というわけでFirefox OSはもう要らない子になったのでこれを潰してAndroid OSに戻そうと
いう事にしました。

色々情報を探すと端末によってやっぱりあれこれそれぞれの事情があるので、面倒が有ったら
嫌ということでカスタムロムは実績が有るCMを選択。CM12.1も出ているようですが、やはり
常用には厳しいようなので、CM11で4.4.4 KitKatにしました。

焼いてみたのはこんな感じ。

 

2011年の端末がKitKatで普通に動いています。
ただし深刻なメモリ不足状態なので、GXの様にはアプリを入れる事が出来ません。

逆に言うとメモリさえ足りていればこのクラスの端末でも十分使えるなって感触を得ました。
SO-01Cとしてなら今更使いたいとは思いませんが、CM11端末としてなら十二分に
まだ使えるなと感じました。

肝心の部分はメモリ容量だけです。
シングルコアのMSM8255 1GHzのプロセッサでも必要最低限の性能は満たしています。
Cortex-A7×4の端末で十分使えると感じていましたが、それよりもはるかに性能が低い
プロセッサを積んだ端末でも使えてしまうって事ですね。

ちなみにRAMは512MBで、こちらはとりあえずKitKatでは何とかOK。
圧倒的に足りないのはeMMCメモリ(FlashROM)です。

これが足りないのであらゆる不便やトラブルの要因となっています。
まあそれを補う為に過去には様々な手が駆使されていたわけですが・・・。
今回はLink2SD等、その手の対策は手を付けていません。
チェック用でLollipop以前のOS環境が欲しいだけなので。

Stagefright脆弱性のチェックも一応行っておきました。



これなら現在の一般的な端末、今年の夏端末レベルの安全性ですね。
4年前の端末でもこのレベルのセキュリティーまで持って来れるという事ですね。
操作性的にも、これでメモリが足りていたら十分に現役端末になりうるという所がスゴイですね。
メモリが足りていれば大きな不満点が無いんですよ。

予想の範囲内では有りますが、実験して思いの外快適だったので、改めて旧端末の
本来の性能を思い知りました。

  1. 2015/11/03(火) 20:17:43|
  2. Android
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマートホンのストレージの規格eMMC、余りメジャーではないのでちょっと調べてみた

eMMC ~ 通信用語の基礎知識
モバイル機器の進化はメモリインタフェースとともに ~ EDN Japan
「eMMC」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語 ~ マイナビニュース
第699回:eMMC とは ~ ケータイWatch
JEDEC Announces Publication of e.MMC Standard Update v5.1 ~ JEDEC
8GB eMMC Module XU3 / XU4 Linux ~ ODROID Forum

eMMCとは携帯機器などの小型機器向けにMMCカードの延長線上として基板にICチップとして
直接配置して接続する為の規格です。技術的にはMMCカードですからフラッシュメモリを基板上に
配置する為のものであり、内蔵ストレージとして利用されるものです。

余り知られてはいませんが、そのeMMCの規格は幾らか有り、その規格が端末の性能を大きく
左右していますのでそれを知る為に調べてみたので記事にします。

eMMCについては通信用語の基礎知識が非常によく纏っていました。
日本語のサイトでは他にこれを超えるものは有りませんでした。

【eMMCバス】
【バージョン】

以上でここ最近のスマートホン端末で利用されているeMMCの事がほぼ分かりますが、
これが具体的に何をしてさしているのかは分かりにくいですね。

そこで実際に端末名を出して説明して見ます。
例えばXperiaシリーズでいうとSO-04D、Xperia GXを起点にしてみます。

Xperia GX/AX LPDDR2 / eMMC Version 4.41 (104MB/s(DDRモード))
Xperia Z/A  LPDDR3 / eMMC Version 4.5 (200MB/s(HS200モード))

XperiaシリーズでeMMCのバージョンについてこれ以上の詳しい情報がすぐには見つから
なかったので、これ以上深堀出来なかったですが、Xperia Z/A以降で、それまでよりも
段違いに性能差を感じられた理由がここでなんとなく分かります。


またeMMCメモリはMicroSDカードのように、メーカーによっても読み書きの速度に違いが有ります。
なので決して規格だけで速度や快適性が決まるわけでは有りません。
しかし出来るだけ速い規格に適合している方がより速い可能性は高いわけで、
そういった意味ではeMMCのバージョンを意識しておく理由の一つにはなると思います。


同時にメモリの転送速度と言えばLPDDR2やLPDDR3等のLPDDRですが、
こちらはRAMの転送バスの規格です。
PCのDDR SDRAMの派生規格で低電圧・低消費電力の仕様となっています。
LPDDRとeMMCのバージョンのバランスが大事ですね。
片方だけ速くても片方が遅いとストレスの有る端末になる可能性が高いです。


それと現在では端末のスペック表ではRAMとROMという表記が主流ですが、
RAMはそのままとして、ROMという表記には違和感を覚えていた人は多いと思います。
ROMはリードオンリーメモリーの略表記ですから元々は「読み出し専用」の意味のはず。

そこにFlashROMが現れましたが、Flash出来る事が表記から外されてROMだけが
表記されてしまっていて気持ち悪いです。

それならROMの代わりにeMMCと表記してくれれば素直に通じるというもの。
将来eMMC以外のメモリが登場する可能性は有りますが、それがFlashROMではない
可能性もあるわけで、だからROMとeMMCと書くリスクは同程度と思われます。
だったら今後のスペック表には現状問題が一番少ないeMMCと表記するのがベター
じゃないかなと私は考えています。

とりあえず私は今後内蔵ストレージ向けのメモリはeMMCと書くことを推奨し、このブログでも
そう書くようにしたいなと思っています。

  1. 2015/11/03(火) 19:33:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ソニモバがXperia Z5/ Z5 Compactの海外モデルに対して、新ビルドの32.0.A.6.152をリリース

Sony Mobile、Xperia Z5 / Z5 Compactに「32.0.A.6.152」へのアップデートを配信開始、Stagefrightバグに完全対処 ~ juggly.cn
Sony Mobile が「Xperia Z5」と「Xperia Z5 Compact」の海外モデルに対して、新ビルドのファームウェア「32.0.A.6.152」へのアップデートの配信を開始しました。

ソニーモバイルがXperia Z5/ Z5 Compactの海外モデルに対して、新ビルドの32.0.A.6.152をリリース。
Stagefrightへの対策がこのビルドで行われました。
海外モデルはまだ未対処だったんですね。


アクセスログから判明しているビルドです。

 ・32.0.A.6.152 グローバルモデル
 ・32.0.B.0.370 SO-01H(ドコモ)
 ・32.0.C.0.287 501SO(ソフトバンク)
 ・32.0.D.0.282 SOV32(au)

やはり一番先に出たグローバル版が6.152とかなりビルドが進んでいます。
その次はドコモ版が0.370と国内版では一番ビルドが進んでしますね。
ソフトバンクとauは似たような感じ。

どのビルドが何を修正しているのかは分かりませんが、今後はグローバル版を使っている
方は6.152以前のビルドは使わないようにするべきですね。
ソニモバにはビルド番号からStagefright等の修正を判断できる情報を発表して欲しいですね。

  1. 2015/11/03(火) 19:27:29|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IIJmio meetingではリンゴ病は無し


参加者が持ち込んでいるPCを眺めると、Lenovo、Surface、DELL、Let's Note、vaio等など。
とりあえず見た感じではMacBookは一台も見かけない。
これが本来の姿なんだよね。

テレビ業界ではリンゴ病が蔓延していて反吐が出ますが、
久しぶりに健全な報道を見た気がします。

  1. 2015/11/02(月) 21:44:11|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

iPhone6sが売れず生産工場で進む解雇の波、閉じる生産ラインと初期の予約分を吐き切った後のアップルの地獄絵図の物語

iPhone6sが売れない―悲鳴上げるサプライヤー、現場では続々と生産ライン閉鎖 ~ iPhone Mania
Pacific Crest証券のJohn Vinh氏が先日、アップルはiPhone6sの部品発注を15%ほど減らすようだと分析したことが話題となりましたが、これを受けてIT時報の記者がサプライヤーの工場へ赴いたところ、すでに工場では従業員の募集を停止しており、人員整理を始めていることが明らかとなりました。
■募集センター前には影1つ見当たらず
IT時報の記者が10月27日、上海に位置するPegatronの工場に取材へ訪れると、元より10月末だった人員募集は10月半ばで締め切られ、3ヶ月前には行列を成していたはずの門前にある募集センターは、影1つ見当たらないという驚くべき状況が待ち受けていました。代わりに目を引くのは、荷物をまとめて離職していく従業員の姿ばかりだったとのことです。

■iPhone6sが売れないから生産ラインが閉鎖された
9月と10月の初旬は工場で最も忙しい時期でしたが、最近は明らかに暇で、特に募集を止めてからというもの、工場内の人員は日増しに減っていきました。離職自体は珍しいことではありませんでしたが、これまでは人の入れ替わりがあるのが普通で、以前には減り続けるという状況はなかったそうです。「みんなiPhone6sが売れないから、生産ラインが閉鎖されたって言っている」

iPhone 6sは売れない/売れていない・・・私がそう言ってきたのをあざ笑うかのように
アップルは発売週末3日間で1300万台売れたと発表し、それを日本中のメディアも持ち上げていた。
まあ例年程は大きなニュースにはならなかったが。
既に列の勢いの劣化で一般のマスコミはもうブームも終わりと感じているのでしょうか。

iPhone好きのメディアやブログでは、それでも大本営発表を信じ、iPhoneが勢いが有ると
思い込みを宣伝しようと必死のようですが、どうも今回の情報は旗色が悪いようです。
それを解いていきましょう。

記事中に「9月と10月の初旬は工場で最も忙しい時期でしたが、最近は明らかに暇」という
事が書かれています。これ、かなり重要です。

iPhone 6sの発売は9月25日、9月が忙しいのは主に発売に向けての製造が主な理由と
言ってもいいでしょう。9月25日以降~10月初旬で最も忙しいのが終わったという事は、
発売しての初期の需要を満たした後は、過剰生産に陥ったという事であり、そもそも
生産能力が需要を超えていたということになります。

iPhone 6の頃に比べて生産能力を更に高めていたのか、それとも同レベルの生産能力で
対応していたのか迄は私ごときにわかる所では有りませんが、明らかにアップルが期待
していたよりも生産能力に余剰が有った事がこの事から分かります。

発売日は9月25日です、そこから2週間ほどで大幅な解雇・・・ほぼ工場の解体に近い
事が記事として綴られているのですから、ちょっと普通では有りませんね。


記事中にも書かれているように、「辞めていく人がいるのは当たり前」ですから、工場の
従業員を雇い続けなければ工場は縮小している事になります。しかし募集は10月半ば
にはぱったり亡くなったとの事。これで縮小は間違い有りません。

それどころか、「iPhone6sを作っていた従業員は、(江蘇省の)崑山工場へ行くか、離職を迫られた」
という事ですから、この工場は閉鎖して崑山工場のやめていく人材の補強用にされる可能性が
濃厚だったと言えるでしょう。

iPhoneの販売に関しては何も知らない人には例年通り好調そうに見えていた事でしょう。

当ブログ記事

しかしこれらの記事やその他に書いた記事でもどの要素を取っても分かる程6sに需要の伸びは
感じられません。全ての要素に於いて、6sは勢いが盛り下がっている事が感じられます。

唯一、いや二つだけ前向きな要素を上げるとすれば、3日で1300万台、7~9月期のQ4でいい数字を
出したことだけです。その二つのiPhoneにとってはいい情報も、初期にどれだけの数を出荷したかや、
9月中にどれだけ出荷したかという、アップル自身で操れる数字でしかなく、中国への出荷を前倒し
して作っていた
このQ4の数字も、トップに掲げた記事や、私が書いた様々な記事の内容を見て
考えると、どう見てもアップルの作為が透けて見え、ガス欠は目前としか感じないです。


ただし注意してみないといけないのは、これが「部品発注を15%」減らした事による影響で、
15%の分に関連する部分の工場だけで起こっていうことと見るのか、それとも全体の流れの
一部を切り取ったものなのかで大いに表している事が変わります。

私は日本での販売状況がかなり思わしくなく、BCNの販売でもiPhone 6が相当なシェアを
取っている事が感じられ、国内のiPhone需要の1/3程は6が担っているような気がします。
そうなると6sの需要は減少し、こういったアップルの予測を裏切った事になる可能性が
増大します。

「6が売れているならそれでもいいじゃないか」という声が聞かれますが、アップルはイメージ
戦略の企業、簡易系操作で決して多機能とは言えないiPhone端末がこれだけ売れる背景
にはイメージを維持し続けてきたという側面が大いに有ります。その最新型端末が売れて
いないとなれば、大きくイメージに傷が付きます。

イメージに傷が付くのは存続の危機なのです。ユーザーに目を覚まされると困ってしまう。
だから売れ続けてくれていて、そう各種記事で宣伝してくれていないと困るのです。
ここ最近はアップルのリーク記事への食い付きも悪くなってきていますから、頼みの綱の
販売数の数字が渋いとなれば本当の危機到来です。

現在ティムクック氏がジョブズの代わりにちやほやされていますが、彼はジョブズのように
新しい感動は生み出せません。単純に数字を作ってジョブズの後光を引き継いだだけです。
だから数字が下がってしまうとジョブズの威光がすっと消え、単純に無能経営者のレッテルを
張られてしまうだけになります。

数字が続く間はティム氏はうまみを味わい続けられますが、作れなくなると「やっぱりジョブズ
でないと」とか「彼はジョブズとは違う」といった批判が噴出し、一気に手のひら返しの憂き目に
遭ってしまいます。

だってティム氏は新しいものを生み出していませんからね。
例え新しいものを生み出していたとしても「私はジョブズ氏ではない」と思い知ることでしょう。
だってジョブズなら宗教を開けていましたから、大したことがない機能でもユーザーが感動して
くれたのです。しかし全く同じものをティム氏がプレゼンしても「それで?」となること請け合いです。

つまりは「感動は信仰心とプレゼンで作られていたんだ」と分かる人から分かってしまうという、
悲しいお知らせがティム氏によって明らかにされるだけということです。

iPhoneの感動は、新しい機能でもなんでもなく、細かいこだわりの塊による感動を、新機能
やらに被せ続けてきただけの話です。しかし新機能ではなく細かいこだわりによる使い
やすさを生み出せる人はもう居ない。

それは新たに"i"の名を冠した新しい機能達が今きちんと流行っているのかどうか、それを
検証すれば明らかでしょう。ねえiBeacon・・・。

  1. 2015/11/02(月) 19:55:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ちゃんと冷やせば820は問題ない」とクアルコム中国法人、それって810でも冷やせば性能は発揮しますから同じ事ですよね

Qualcomm、最近伝えられたSnapdragon 820の高温問題について否定的な見解を示す ~ juggly.cn
Qualcomm の中国法人が、最近海外で伝えられた Snapdragon 820 プロセッサの高温問題について、否定的な見解を Weibo への投稿で示しました。
Qualcomm としては Snapdragon 820 は設計どおりに出来ているので、あとは端末メーカー側の設計しだいという立場です。性能対発熱の要件が厳しい場合だったり、そもそも設計に不備があると、高温になるのは当然だということを意図した発言です。

色々言われているSnapdragon 820の熱問題。
私はこの記事を読んで「Snapdragon 820も発熱量は多い」と判断しました。

「パフォーマンスは各端末メーカーの冷却次第」と言っているわけで、となると各メーカーが作る
端末の排熱能力が足りない場合はパフォーマンスの低下が見込まれてしまうということになります。

「Snapdragon 820は設計通りに出来ている」としか言っておらず、決して「発熱量は少ない」と
言っていません。勿論比較できる数字も出てきていません。

そんなわけで、820は排熱を適切に行う必要が有り、それをきちんとしていたら性能は維持
できるという事が現地点では無難な解釈だと思われます。

クアルコムの「設計通り」がどのラインになるかが明らかでない以上、この発言からは
そこまでしか判断できないでしょう。「Snapdragon 810よりも排熱に劣る端末であっても
高パフォーマンスを発揮する」と言いきってくれれば安心して820を待てるのですが、
今の所そんなソースはどこからも現れませんね。

そういった意味では今回は810の株を上げる発言になったかもしれません。
810でも冷却性能が間に合っていれば期待通りの性能は発揮しますから、820もそれと
変わらないという事になっただけだということですよね。だったら810でも問題ないなと。

  1. 2015/11/02(月) 19:19:54|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。