FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

WiFiルータの外品ファーム(ROM)、DD-WRT・OpenWRT

WBR2-G54にDD-WRTをインストールする
fonよか WBR-G54が調子良い
WBR2-G54 でDD-WRTを試す
fonを改造イーサネット化編
【Planex GW-MF54G2 起動不能から脱出 - 今度は OpenWrt 化】

無線アクセス・ポイントの代替ファームウエア:「DD-WRT」
無線アクセス・ポイントの代替ファームウエア:「OpenWRT」

Supported Devices(DD-Wrtオフィシャルページ)
OpenWrt(日本語解説WiFiページ)

スマートホンやタブレット端末によるデータ通信が全盛の今時、WiFiルーターは心強い味方。
そのWiFiルータにもユーザー自身による独自のファームが存在し、それがメーカーオリジナルに
比べて非常に高機能というのだから驚きだ。

内部的にはLinuxベースのベースとした組み込み機器といった感じだ。
動作ランプを見ているとOSの起動から各デバイスの初期化の過程を見る事が出来る。


OpenWRTのWiKiページによると以下のように書かれている。

>無線AP用の様々な代替ファームウエアが現れたきっかけは,無線APの大手メーカーである米Linksysが,
>自社のAPハードウエア用に Linuxベースの小さなオープン・ソースOSを開発したことにさかのぼる。
>やがてこのコードのコピーを入手して,自分の必要な機能を追加するよう変更する人々が現れ始めた。
>こうした流れがまず,「Alchemy」と呼ばれる代替ファームウエアを生み出した。Alchemyも,は
>オープン・ソースとして公開されている。そしてAlchemyは,「OpenWRT」という副産物を生み出し,
>OpenWRTはDD-WRTという別の副産物を生み出した。 DD-WRTと違ってOpenWRTは,完全なコマンド・
>ライン・ベースである。

この流れを一覧にすると、

・Linuxベースの小さなオープン・ソースOS(米Linksys)
   ↓
・Alchemy(ユーザーによるカスタマイズ化)
   ↓
・OpenWRT(完全コマンドラインベース/SSH対応)
   ↓
・DD-Wrt(ユーザーインターフェイスのWEB化等/コマンドラインSSH対応)

安定度からいうと完全コマンドラインのOpenWRTの方に分が有るようにも思える。
しかし設定のしやすさなどを考えるとDD-Wrtのほうが使いやすいのではないかと思う。
今はこの二つが主に使われている。

この二つのファームはオリジナルよりも遥かに高機能で、古いルータで対応していない
WPA2が使えるようになったり等、思ってもいないおまけが付いている事もある。

全ては内蔵されているチップの対応状況などに影響される。
内蔵チップが対応している以上の機能や性能は出ないので注意が必要だ。


今時は11nのWiFiルータ自身ものすごく安くなっている。
5千円も出せばだいたい買えるのだけど、しかしそのファームをいきなり書き換えたり
するのは抵抗がある。

電気街をじっくり回ってみるとBuffalo製のWBR2-G54等が大量に積まれていることがある。
先日も見かけたがどうやらリフレッシュ品ようだ。
去年にも見かけたが余り興味がなかった。


最近になってまた見かけたのだけれどこの時はXperiaを2.3化させるつもりだったので
思わずWBR2-G54に手が伸びた。たしか1800円程度だったと思う。
PCカードが付いてないものは1400~1500円とかで手に入る。
ファームを書き換えて遊ぶには持って来いだ。

勇気が有る方は最新の機器に手を出してみてもいいかも知れない。
ただしスマートホンと違って書き換え失敗の後の復活は殆んど見込みがない。
下調べはしつこいぐらい行なっておかないと後悔する事になる。
もしトライしたい方がいたら念には念を押して欲しいと思う。



日本では余り一般的ではないことだけにやる事は簡単でもその行為のハードルは結構固い
のではないかと思っている。しかしそれを乗り越えると純正にはない世界が有るので
頭の隅にでも置いておいていいかと思います。
  1. 2011/09/12(月) 19:22:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中東初のLTE商用サービスはサウジアラビアか

中東初のLTE商用サービスはサウジアラビアか

>2011年の第3四半期に商用LTEサービスを開始するとされていた中東のオペレータはサウジアラビアの
>モビリー(Mobily)とアラブ首長国連邦(UAE)のEtisalatだったが、Etisalatが第4四半期に
>延期するとの観測が流れている。これにより中東で初となる商用LTEはサウジアラビアのTD-LTEと
>いうことになりそうだ。

いよいよ中東でもLTE系のサービスが開始される。
こちらはTD-LTE。

アフリカから中東~インド辺りまではWiMAXが期待されていた地域なので必然的に同帯域を
置き換えたTD-LTEのサービスが多くなる。2.3GHzと2.5GHz帯のTD-LTEへの
置き換えがこれからどんどん進んでくると思われる。


2Gから3Gに向けてのサービスインは世界的にもドコモのFOMAを様子見するという
空気感が強い上に3Gをどうしてもサービスインしなくてはならない理由が少なかった。

しかし現在ではスマートホンやタブレット等が世界的に盛り上がっており、帯域の切迫が
世界的に共通の問題化してきている。なので2G→3Gの流れとは全く違ったものになると
私は考えている。


ソフトバンクの孫社長はTD-LTEは世界初の商用サービスインがどうとか言っていた
ようだがどうやらそれも怪しくなってきたように思う。世界は明らかに3Gの時とは違う
動きなのだという事を理解できてないのではないだろうか。
  1. 2011/09/11(日) 19:18:53|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

もはやユーザーも青田刈りの時代に

NTTドコモ、7カ月基本料無料になるキッズ向けキャンペーン

>キッズ割は、申し込みから最大7カ月間の基本料金が0円に、その後30カ月間の基本料金がが390円に
>なるなどの割引が適用されるキャンペーン。キャンペーン期間中にFOMAを新規で契約し、同時に
>「タイプシンプル バリュー」「タイプシンプル」のいずれかの料金プランと、「ファミ割MAX50」などの
>割引サービス、「パケ・ホーダイ シンプル」などのパケット定額サービスに加入した場合に適用になる。

学割は毎年の進入新卒時期の定番になった感も有りますが、ドコモはそれより下の年齢層の
囲い込みにも走る。

3歳~12歳までを対象にしている。
小学生全体をターゲットにしているだけならまだしも親と離れて行動する事が有るかも
怪しい3歳児までターゲットに入っているのには驚いた。

超青田刈り、というかまだ実もついてないような状態で刈り取っているように思える。
小学生以下は小学生に入るまでの基本料を390円にしたとしても十分元が取れるのではないだろうか。
ファミ割は人数が増えれば増えるほど拘束力が高まるのだし、何よりも小学生以下の子供が
パケットをバリバリに使い倒す可能性はそう多くないように思う。

中にはゲーム機並に使い倒す幼児もいてもおかしくない時代ではなるが、親が金銭的な理由で
注意して使わせない可能性のほうが高いだろうし。


これはドコモがすごく危機感を持って動いているなというのがよく伝わった施策だと思いました。
  1. 2011/09/11(日) 19:15:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gevey下駄で SIMロック解除

Gevey下駄で SIMロック解除

先ほどのiOS5に続いて折角なのでSIMロック解除下駄とそのβ7動作の話も。

>先日楽天オークションで2200円で落札したGevey下駄が届いていた。
>早速JBしていないiPhone4(iOS4.2.1)+docomo SIMでチャレンジしてみます。

このサイトでは豊富な写真付きでこの怪しげな下駄でソフトバンク版SIMロック付きの
iPhone4を認識させるところまでを紹介しています。

ヤフオクを覗いてみるとソフトバンク版のiPhoneなら16G/32G共に4万円を切る辺りで落札できそうですね。

まあ概ねSB版なら4万円ぐらいまでで落とせそうです。
SIMロック付きなのでやっぱりSIMフリー版よりも幾分安価になっているようです。

なので危険覚悟で落札してJB化、又は怪しげな下駄でSIMロックをパスすることは出来るようです。
β2辺りで一度下駄対策が入ったという話が有りましたがβ7が動いたという話も有りました。


Gevey SIM(下駄)はiOS 5 Beta 7でも問題なく使えるらしい(追記)

>ベースバンド04.10.01であることが必要ですが、iOS5 beta7でも問題なく使えているそうです。
>sn0wbreezeでの脱獄も可能となっているので人柱な方はどうでしょうか。

というわけでこの怪しげな下駄でもiOS5β7が動作するようです。

自己責任でという前提でならソフトバンク版のiPhone4をiOS5β7のOSでをGevey下駄で
ドコモや日本通信辺りのSIMで使うという事も可能なのかも知れません。
ダメでも最低限iPhone4としては機能するでしょうし。
(iOS5化の後にiOS4に戻れるのかは不明ですが)


ただし4万円以上かけて怪しげな状況で動かす事になるので重ねて書きますが自己責任で。
β7で動かなくても壊れても誰にも文句も言えませんしメーカにも持ち込めません。
私ならこれだけお金をかけるならAndroid端末につぎ込むと思います。
そういうことも含めてよく考えてからにしましょう。
  1. 2011/09/10(土) 19:20:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

iOS5とドコモSIM

iOS5.x を語るスレ Part6 ~ 2ちゃんねる

iOSβ7でドコモのSIMが認識しなくなった等、密かに物議をかもし出しているようですが、
どうなんだろうと色々探してみました。でも2ちゃんねるのスレッドぐらいしか情報が無い。

この時点で私的には「胡散臭い情報」で終わりなのだけれど、そのスレを読んでみるとまあ一応
両方面の情報が書かれているようなので一応紹介してみる事にした。



485 :iPhone774G [sage] :2011/09/01(木) 11:01:53.68 ID:cgm0pRuN0
Updateしたらdocomo sim認識しない…
キャリアのところが不明になってネットに繋がらず


491 :iPhone774G [sage] :2011/09/01(木) 12:18:17.80 ID:qZAsJGFO0
■ソフトバンク完全勝利!!ドキュモ涙目。iOS5β7からフリーSIM完全脂肪

今日配信されたiOS5のβ7はdocomoのフリーSIM、日本通信のフリーSIMを
識別できない仕様に変更された。
フリーSIMを使ってiPhoneを使っていたユーザーからの苦情で判明した。
この件について、ドコモ、日本通信からの発表はない。

つまり、これから出されるiOS5は、例えフリー端末のiPhoneであっても、
事実上ソフトバンクのSIMだけしか使えないという事態になりそうだ。



506 :iPhone774G [sage] :2011/09/01(木) 14:32:27.49 ID:UScs8UBJ0
UK版のiPhone4にドコモSIMだが、β7で問題無く動いてるよ。


509 :iPhone774G [sage] :2011/09/01(木) 15:01:59.58 ID:6OVmV0I/0
正規simフリーiPhone4にdocomo simで、アンテナは問題なく立つし表記は
ちゃんとDOCOMOって出るけど、通信が出来ない状態になります。

510 :iPhone774G [sage] :2011/09/01(木) 15:06:47.02 ID:hAN3PBnZ0
>>509
APN設定消えてるとか、そういうことなしで?

513 :iPhone774G [sage] :2011/09/01(木) 15:28:04.39 ID:Nmu5FOsB0
>>510
APN設定画面がそもそもでなくなってます。


514 :506 [sage] :2011/09/01(木) 15:45:49.19 ID:UScs8UBJ0
ごめん、ずっとwifiでつないでたから気づかなかった。
確かに 3G で通信できない、というかAPNの設定画面が無くなってた。

でも、iPhone構成ユーティリティで APNを設定した configuration profileをつくって
iphone4に入れたら、通信できるようになったよ。

515 :iPhone774G [sage] :2011/09/01(木) 15:50:38.50 ID:hAN3PBnZ0
あー。てことはその辺のバグであって仕様ではないっぽいね。
ちょっと安心。
ちなみにまっさらのiPadではAPN設定見えました。



ざっくりとスレナイを検索してみたらこんな感じでした。
ドコモSIMを認識しないという意見も有れば、ドコモSIMを認識したという意見。

SIMは認識したけどAPN設定が表示され無いという意見。
APN設定はツールで設定すれば解決したという意見。


これらを全部本当だとすると、β7では不安定だがドコモSIMが禁止されたわけでは
なさそうというところでしょうか。

まあ禁止されたとするとAndroidへの流れが少し増えるかな程度の影響でしょうか。



iOS4.3.5のさりげない改良点 NTT DoCoMo表示が!

↑このような細かいドコモSIMへの配慮も有るようですし、私としては台数的には微々たる
数字のものの為にわざわざ何かの仕掛けをするってことの方が不自然かなと思っています。

今は少しでも多く売ってAndoridに対抗したい時なのに、自ら動作台数を絞るような事は
しないと思うのですけど。


最終的にはiPhone5の実機が出てこないと分りませんけどね。
  1. 2011/09/10(土) 19:02:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

DLNAとDTCP-IP

最近のIT関連の機器はほぼ全てDLNAに対応していて先日発表になったドコモのXi対応端末も
当然ながら対応している。

でこのDLNA、機器によって対応内容が異なっている。
なのでスマートホンやタブレット端末によってもそれぞれの対応内容が違うし、相手側の機器も
対応状況はそれぞれ。なのでどんな機器同士でも繋がるって訳でもありません。
接続には注意が必要です。

詳しくはそれぞれの対応プロファイルを調べるのが確実ですが、新しいものほど対応は多様化
していると考えてもいいかもしれません。

DLNAはHTTPベースの通信フォーマットを規定している。
そこにIPベースで著作権の管理を転送を管理する為の技術規格であるDTCP-IPを
DLNAでは必須としている。

今後はこの二つは今後の機器では必ず対応していると思っていいと思います。
代を重ねるごとにDLNAの対応危機同士のすり合わせが進んで安定化が期待できるのでは
ないかと思いますが・・・実際には付いているだけで、まだまだ利用実績は余りないので
時間はかかるのではないかと思います。
  1. 2011/09/09(金) 19:12:37|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドコモ、高速携帯LTEで定額料金

ドコモ、高速携帯LTEで定額料金 10月にも導入

>新料金は2年契約で月のデータ使用量が7ギガ(ギガは10億)バイトまでで5985円。
>7ギガバイトを超えた場合には月末まで通信速度を遅くする制限を実施する。
>従来料金は月5ギガバイトまでが1000~6510円で、それ以上使った場合は2ギガバイト
>ごとに2625円の追加料金がかかっていた。新料金と従来料金は自由に選択が可能。

おおっ、ついに上限到達で速度制限版のプランが出ましたね。
私が言っていたものが徐々に実現されていくのは何か嬉しいです。

速度制限型の安価な定額プランは日本通信から出ていますし更にイオンとコラボでも
最安価のは980円出ていますし速度と値段の選択肢の幅が出てきたように思います。
贅沢を言えばドコモとイオンSIMとか二枚を組み合わせて使えたら最高なんですけどね。


Xiのプランの話に戻りますと、5985円で7Gバイトで上限に到達するといきなり
128Kbpsに制限されるというとんでもないSっぷり。ここはせめて512Kbpsか
1Mbpsでしょ、さすがに。まさか最低限の通信しか許さないとは予想外でした。
いやせめて256Kbpsに緩めて欲しいですね、実績が出てきて大丈夫そうなら是非。

とは言え実際には98%の人が7Gバイト以内に治まるとのこと。
いや現段階の実績で、同じ内容でも今後コンテンツのサイズがどんどん膨らむので
3~4倍の容量を見積もっておく必要が有ると思います。

例えば同じYoutubeの動画を見ているだけでも高画質化して知らない間にデータ容量が
増えているので同じことをしているだけでも将来的には容量制限に引っかかるようになる
可能性も十分有り得ます。なので7Gバイトは今後実勢と実績を見ながら修正するぐらいの
余裕が欲しいところですね。


今回の料金改定は十分とまでは言いませんが、非常に現実的な方向性を示してくれたのでは
ないかと思います。ここにWiFiを込みにしてくれていたらなおいいのですけど。
  1. 2011/09/08(木) 19:44:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ドコモ新製品発表会2011秋

Xi対応タブレット、いよいよリリース Xi TABLET

ARROWS Tab LTE(F-01D)
GALAXY Tab LTE(SC-01D)

今日の昼過ぎにこの2つのLTE対応Tabが発表された。
端末は半分おまけ的な扱いで、LTE時代の新サービスが本命だったのかも知れない。
そのぐらいそちらに力が割かれていたように思う。

事前に新端末の発表と公式HPでも言っていたのでちょっと期待していたのだけど
肩透かしを食らった形だ。もしかするとLTE対応スマホの発表が有るのでは?という
期待感は少なからずあったので。

何はともあれTab端末であってもLTE対応の端末が二つ出てきたのはやはりこれからを
期待させる。実際に発表されてみたら余り期待してなかったつもりのLTE対応スマートホンに
対しての期待が弥が上にも膨らむ。


端末と同時に発表されたサービスは以下の5つ。

hulu(海外の映画やドラマ等の動画の配信サービス) ←韓流ファン取り込みの流れ?
qik(クラウドやSNSと連携したビデオサービス)  ←まあ動画は今の流行ですから
JOOKEY(吉本を初めとする芸人天国動画サービス) ←お笑いにも一応フォーカスを当ててきた
GCLOUD(サーバクライアント型のゲーム) ←ユーザーが増えたらサーバーがパンク?無理を感じる。
TWONKY(ネットワークコンテンツアクセスサービス) ←恐らくこれが今回の大本命


というわけで今回はドコモがとにかくネットワーク側に速度が必要な大容量コンテンツをどかっと
揃えてきました。内容を見ると一般の人にもどんどん使ってもらおうという意思をすごく感じます。
どちらかというと今のXiサービスとTab端末の組み合わせは法人需要が殆んどだと思っていました。
今回発表されたサービスはそれをいい意味で家庭向けにターゲティングしてきたなと思います。

ただLTEの基地局整備はまだまだ追いついていないと思いますが。
しかしながらドコモとは思えないコンテンツに対する本気度を感じました。
後2ヵ月後辺りぐらいに発表されるLTE対応スマートホンにも期待したいと思います。
  1. 2011/09/08(木) 19:05:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スマートフォンの満足度、「Xperia arc」がトップ

スマートフォンの満足度、「Xperia arc」がトップに――MM総研調べ

納得いくようで納得のいかない記事。

Xperiaシリーズがスマートホンの満足度が1位を取ったのは納得のいくところです。
iPhoneはソフトバンクから出ている限り満足度はいつか他社端末に抜かれる宿命を
持っていたのですから。

それはいいとして、なぜXperia arcなのか。
ここは普通Xperia acroじゃないの?って思ってしまいますよね。

しかしこの記事の
>アプリ市場の8割超を占めるiOS
の項目を見て納得しました。

アプリのダウンロードではiOSのアプリが84.5%でAndroidOSのアプリが
12.2%という結果と書かれています。しかしこれは2010年度のもの。
要は満足度も2010年度のものがベースになっていると思われます。
なるほどacroは発売されていなくてarcが一位になるのも頷けます。

早い話「このデータはちょっと今更過ぎやしませんか?>MM総研さん」という気がして
仕方が有りません。2011年度版はもしかして一年後ですか?まだまだシェアは変わるし、
WindowsPhoneも動き始めるのでまた時代錯誤名データになっていたりしませんかね。

これだけ移り変わりの激しい時期のデータの発表は1Q毎がいいですが、せめて半年毎にでも
して欲しいところですね。
  1. 2011/09/07(水) 19:30:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドコモやKDDIの帯域移行問題

高速でデータ通信できるキャリア&スマホはコレ!

少し前まではソフトバンクが一番帯域に苦しんでいた。
iPhoneでトラフィックが急激に増大していたので2GHz帯だけで2500万もの
回線を受け入れていたからだ。しかし1.5GHz帯の活用でかなり楽になった。

勿論iPhoneは相変わらず増えているので楽観視出来ない。
しかし今一番苦しいのはソフトバンクではない。

やはり一番苦しいのはドコモだろう。
今年度600万台のスマートホンを販売すると言ってはいるが、実際にはそれを上回るペースで
売れ続けている。磐石と言われたドコモの回線も非常に平凡な通信キャリアに成り下がった。

ドコモのネットワークの設計はあくまでi-mode基準で磐石であり、決してスマートホンの
為の容量計算がされているわけではない。基地局やセル設計からプロバイダ部分までこんな急激な
増え方には対応していない。毎月毎月増設に次ぐ増設で持たせているのだと思われます。

勿論周波数帯域だって同じ。
2GHz帯のHSPAに割く帯域を15MHzや10MHzに削ってLTEに徐々に入れ替えて
いくのはあくまでi-mode基準の容量計算で事足りる計算がなされていたのだと思われます。

私はそれに対しては特に問題を感じません。当時はそれで最善だったのですから。
問題はスマートホン全盛になってしまった今、それを見直すことが出来ない状況になっている事です。
見直しているのかも知れませんが、動きが最低半年は遅く感じます。

それもこれもドコモがスマートホンの売れ行きを読み誤っており、トラフィックの増大を予測
できていない事に原因が有ると思います。他者からすればこの規格の世代が変わる時こそ一番の
狙い目です。ドコモはその辺りの脇が甘いと思います。他者の客をとるぐらいの計画を立てて
いて丁度いいぐらいです。他社は更にその上を来ることも普通なのですから。


KDDIは世代交代の準備は十分に行なっていると思います。
というか世代交代に関しては完璧に近いでしょう。
しかし3Gの帯域の入れ替えに対しては最低としか言いようのない状況です。

来年の旧800MHzの停止後、思わぬ穴と輻輳に悩まされそうな予感がします。
トラフィックがEZWEBの設計のままで特にスマートホン向けの増強がなされている様子は
感じません。ただKDDIはどうやらLTEの準備を前倒ししているようで、旧800MHzの
停止と同時にLTEを開始できるように準備しているようにも思えます。

KDDIのLTEは既に800MHzで1024基、1.5GHzで147基が既に立っています。
サービスを開始していないのにどんどんと準備は進んでいます。しかもどちらの帯域も10MHz幅
となっています。KDDIのLTEは初めから高速で大量量、非常に使えるものになると
思われます。WiMAXも合わせると次世代はKDDIが完全に牛耳る事になりそうです。

旧800MHzの停止時の帯域不足の問題は以前からまことしやかに言われ続けていますが、
私は問題なくやり過ごすのではないかと睨んでいます。


ソフトバンクはとにかく3Gかその延長です。
先進端末が素早く出るAndroid端末と違い、iPhone頼みなソフトバンクは
iPhonegが次世代規格に対応してくれない限りそれに合わせ続ける必要が有ります。
そういう意味では自社だけで通信規格を決める権利は無いに等しい状態です。

私はiPhone5でHSPA+かDC-HSDPAに対応してくると思っているので
このまま900MHzをソフトバンクが取れば900MHz帯でそれらを吸収していく事に
なると思います。逆に他社がそれを阻止したいならば900MHzを取ってしまえばいいわけで、
ソフトバンクは2GHz帯で旧規格のHSPAでiPhoneを回す事になってしまいます。
日本ローカルな1.5GHz帯には対応しないと思われるので。

とは言えソフトバンクには2.5GHz帯のTD-LTEが有るのでそれにiPhoneが
対応しないとは言い切れませんよね。もしそうならば万が一900MHzを取りこぼしても
十分回していける可能性は大です。



というわけでしばらくはドコモが一番次世代移行計画がハズレではないかと思われます。
明日発表のドコモのLTEの端末とこれからのLTEの整備の本気度次第ですね。
もう本当にぎりぎりのところまで来ていると思われます。

ドコモにとって一番いいのは1.7GHz帯の東名阪バンドが全国バンドになること。
一気に20MHz×2の全国バンドが増えることになります。これを一気に10MHz幅を
LTEに割ける事が出来れば2GHz帯での苦しいやりくりを一気に解消する事が出来ると
思います。しかも海外でもLTEに使われる帯域ですから2GHz帯のように帯域八部に
あわずにすみます。そういった働きかけはしていないのでしょうか、気になります。
  1. 2011/09/07(水) 19:14:51|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

900MHz帯を巡る各社の攻防と私の所感

700/900MHz帯の参入希望調査に携帯各社が回答--総務省が結果公開

携帯周波数割り当て、国内4社で争奪戦に 来年2月決定

>総務省が携帯電話事業者向けに新たに割り当てる900メガ(メガは100万)ヘルツ帯の周波数について、
>ソフトバンクなど国内4社すべてが獲得を目指す方針が明らかになった。

>4社とも増え続けるトラフィックに対応するためと回答した。また、ソフトバンクモバイルは800MHz帯を
>保有する競合他社と同等のカバーエリアの展開するためと回答。携帯事業者の中ではNTTドコモとKDDIが
>800MHz帯を保有している。導入を希望する技術には4社ともに「LTE」を挙げている。

私は以前ドコモも900MHz帯を取りにいくべきだと言っていたことが有ったが、
本当にドコモが取りにいくとは思っていなかった。
なので今回手を上げたことに少し驚いている。

やはりドコモからみれば850MHz帯に隣接していて利用する為にはそれなりに技術が必要になるからだ。
しかしよくよく考えてみると2GHz対でLTEとHSPAの帯域が隣接したところでガードバンド無し
での利用を成功させている。なので問題を乗り越えたと見ることも出来る。

技術的に乗り越える事が出来たのなら近い帯域同士のほうがチップやアンテナの同じ部材で共用できる
可能性が出てくる。今の所それを可能にしたものは存在しないが可能性が無いわけではない。
今端末のコストダウンは非常に重要な要素の一つです。ドコモの狙いは単に帯域を少しでも多くと
いうことだけかも知れないが、もしかするともっと強かな戦略が隠れているのかも知れない。
私は効率的な利用を考えるとドコモがとっても十分活用される可能性が高いと考えている。

それはLTEの展開で非常に苦しんでいる。
ドコモは今2GHzでLTEを展開しているが、ユーザーが少ないうちは900MHz帯で薄く広く
エリアを広げ、ユーザーの増加に従い2GHzたいの基地局を増やしていくという展開も考えられます。
そうすれば今の2GHz帯だけの展開よりもXiサービスのスムーズなエリア展開が可能になります。
私はドコモに割り当てられる可能性も理由も十分に有ると考えています。


次にKDDI、今各社が苦しんでいるのはスマホの増加によるトラフィックの増大。
しかしKDDIは大手二社に比べてスマホの販売の数量は多いとは言えません。
そうなると帯域が急を要するほど切迫しているとは言えなくなります。

ならば900MHz帯を急いで割り当ててもらう必要はないと思われます。
なのでKDDIは900MHz帯に手を上げたようですが私は割り当てられるのは厳しいと
考えています。それもKDDIはLTEに向けて800MHz帯に10MHz幅もの
LTE向けの帯域を既に空けてあります。近接した900MHz帯で更にLTEに向けた
帯域の割り当てはほぼ有り得ないでしょう。

他者に比べて長らくの純増の少なさも割り当てる必要性の薄さを裏付けてしまいます。
KDDIは4社中の中で一番割り当てる可能性は低いでしょうね。


そして900MHz帯の本命であるソフトバンク。
以前からずっと900MHzに手を上げてきていて割り当てられる可能性も大と思われる。
しかしソフトバンクが割り当てられるとほぼ3Gに使われる可能性が高い。

早い話iPhoneのトラフィック対策だ。
ソフトバンク的には900MHz帯はエリアの穴埋めや広大なエリアカバーに使いたい一方
iPhoneのトラフィックをを如何にして逃がすかということに関わってくる。
しかし一部のソフトバンクファンの間ではiPhoneはドコモよりも速度が出る、
とても速い。ドコモは遅いということで自慢の種になっている。

ならばソフトバンクは帯域的に切迫していない事になり、もうしばらくは今割り当てられて
いる分でしばらくはやり過ごせるとも言えます。急を要するのはドコモだと。

ソフトバンクとしてはウルトラスピードとして1.5GHz帯を絶賛売込み中であり、
更にイーモバイルの1.7GHzにもデータ通信を逃がせます。そのイーモバイルも
1.7GHz帯が増えて以降は結構楽になっています。

実際にアンドロイド端末やiPhoneでのベンチマークではそれなりに安定した
速度を叩き出している。ソフトバンクの基地局整備が悪いおかげで遅い場所も存在するが
帯域のせいというよりも自業自得なので言い訳には出来ない。

私としてはドコモとの一騎打ちになってもいいと思うが、現状の苦しさを考えると
ドコモの方に分が有ると考えている。その理由は今年度は600万台のスマホを販売すると
いう目標が有り、それを上回る可能性も出てきた事。ソフトバンクは販売数すら明らかに
しない上にそれなりに速度が出るという報告も多いこと。(同じだけ遅いという報告は
有るが先ほどの自業自得と考えられる)さらにソフトバンクは端末の販売数の報告を
していない。裁判でも何でもそうだが、如何なる理由が有ったとしても提出された
数字等の情報を元に判断するもので、ソフトバンクがiPhoneの端末の販売数を発表も
せずしかも速度も出ているということですからも割り当てる為の裏づけは無いと言えます。

確かにソフトバンクに割り当てるのも一つの正解だと思うが、徐々に収束して行くと
私が考えているiPhoneの為に割り当てるのも勿体無いなという思いも有ります。
私的にはドコモとソフトバンクへの割り当てはAndroidとiPhoneの
どちらに900MHz帯を割り当てるかということだと解釈しています。
ならば今後4Gに対するパスの為に使うキャリアに割り当てるべきだというのが
私の結論です。ソフトバンクは2.5GHzをTD-LTEに使ってもいいという
お墨付き与えたのですから我慢すべきは我慢しなさいということで通るでしょう。
トラフィック的には十分にそれらを活用すれば逃がせますし。


最後にイーモバイル。
私としては900MHz帯を割り当ててあげたいキャリアではあるのですが、
ドコモとソフトバンクに比べて緊急性と動機は薄いかなとも思えます。
最近勢いを失っている事もありこれ以上書く事も無いキャリアになってしまったように思います。
LTE展開でどうするかにも因るのですが。
イーモバイルはソフトバンクに右へならえでLTEには消極的でこれからも3Gに力を注ぐ
ように思われますので900MHz帯は必要ないのではないかと思われます。
  1. 2011/09/06(火) 21:14:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

アップルのジェイルブレイク対策

アップル、「iPhone」の“脱獄”を撲滅する特許を申請
「キル・スイッチ」で一瞬にして工場出荷状態にリストア可能


>米国Appleが2010年前半に申請し、8月19日になってオンライン上に掲載された特許申請書の内容から、
>今後は「iPhone」「iPod touch」「iPad」などの“ジェイルブレイク(脱獄)”は終焉に向かう
>可能性があると報道された。

>技術関連のニュースサイトであるCNETによると、この特許「Systems and Methods for Identifying
>Unauthorized Users of an Electronic Device(電子機器の非正規ユーザーを認識するシステム
>および方法」には、iPhone、iPod、iPadなどを工場出荷状態へ遠隔地から瞬時にリストアする
>「キル・スイッチ」が含まれているという。

Appleはどうやらジェイルブレイクを阻止する方向で動いている模様。
ジェイルブレイクされるのは仕方ない、ならばジェイルブレイクされたことを検知したら
初期状態に戻せばいいという方法にたどり着いた。

確かにセキュリティーホールをどれだけ塞いでも次から次から発見される。
新しい機能を入れればそこには必ずと言っていいほどセキュリティーホールが存在している。

ならば書き換えられたら上書きしてしまえ!と言うわけだ。

どんな方法かは分からないが、私は完成したコードのCRCやチェックサム等をどこかに
貼り付ける位しか思いつかない。その程度ならすぐに発見されてJBキラー対策されて
しまうと思われる。特許にするぐらいだから偉く大層なものなのだろう。



ジェイルブレイク(JailBreak)=脱獄と言われているが、アップルは何故そう呼ばれているのか
それを考えないのだろうか。監獄から逃げ出しているのだからユーザーからすればアップルの
手中に居るのは投獄されているのと同じと感じているというわけだ。

日本では同じくソフトバンクからも逃げ出すことも含まれているようだ。
ソフトバンクからMNPすることを脱獄とか植毛とか言われることがあるのでやはり
一部の方にはそういう意識はあるのだろう。

アップルからするとAppStoreという大前提が崩れると大変なのでどうしても
ジェイルブレイクは認めるわけにはいかない。その中でやっていくつもりのある人だけが
使えばいいぐらいの気持ちなのだろうか。

脱獄するぐらいならAndroidを使えって事なのかも知れない。
確かに今はほとんど違いはなくなっているのは確かだが。
  1. 2011/09/04(日) 19:33:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

彼氏追跡アプリ「カレログ」

彼氏追跡アプリ「カレログ」が公開 - GPS、通話記録で行動把握が可能

>カレログは、家族や恋人が現在どこにいるかをスマートフォンのGPS機能を用いて把握する
>位置情報通知サービス。あらかじめ家族や恋人のAndroid携帯電話に、カレログアプリを
>インストールしておき、彼氏追跡はWeb上に用意されたカレログ管理画面から行うことができる。

携帯のGPSで位地取得サービスは既にキャリアから提供されているが、こちらは現在位置を
常時取得し移動過程をログとしてみる事が出来るサービス。人間不振請け合い監視型アプリ。

これを見た一部では「彼女や嫁の機嫌が分るアプリの方が最優先で必要だろ」という意見も。
  1. 2011/09/03(土) 19:47:11|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

各社のWiFiアクセスポイント戦略の差異

以前にau WiFi SPOTを10万局整備するためのバックボーンにWiMAXを活用という話があった。
確かにこれは手っ取り早い。ソフトバンクのXGPを活用したWiFi忍者を髣髴とさせる。

ソフトバンクもKDDIも一見負け組み規格をWiFi変換することでプラスに変えてしまった。
WiFiは負け組み規格の救世主とも言える。

逆に色んな通信規格のWiFi変換が主流になってくると変換できる通信規格を持たないキャリアが
苦しくなってくる。それはドコモ。


ドコモはXiをWiFi化してしまうとXi対応端末を出す意味が薄れてしまうし何よりもXiの
エリアが狭い。まだWiFi変換を謳うほどのエリアの整備が済んでいない。

しかし今売れているスマートホンは3GベースなのでXiの回線にトラフィックを移したい。
Xi端末が浸透していくのをじっと待つしかない。

Xiのエリアが広がってくればドコモもXiをベースにしたWiFiステーションを構築するように
なるかもしれない。でも今の5MHz幅でXiエリアを構築している状態ではちょっと無理がある。
早く1.5GHzか1.7GHzを利用してXiのバンドを増やす必要があると思われる。

そうしなければ国内のキャリアで今一番スマートホンを売りさばいているキャリアとして回線が
かなり苦しくなることは間違いない。

auはWiFi SPOTでかなり余裕が増えるのではないかと思われる。
この差は大きい。

ドコモはこういう部分の攻めが非常に弱いと思う。
KDDIの方が捨てるものがない分思い切ったことが出来ているように思う。
  1. 2011/09/03(土) 19:31:17|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォークマンもAndroidの時代。アプリに対応

速報:ソニー、Androidベースの新ウォークマンを公開。アプリに対応

ウォークマンもついにAndroidベースの時代に。


>フロアでの説明によると、OSはAndroid 2.3.x Gingerbread。

AndroidOSが2.3.xということなので恐らく年内ぐらいには発売されそうに思います。
  1. 2011/09/03(土) 19:22:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

防災の日

9月1日は関東大震災の起こった日で、震災を忘れない為に防災の日とされました。
NHKでは昼間帯の番組枠を使って防災関係の番組をしていました。

どんな内容の番組かというと、実際に震災が起きた時にとる演習法相などを実際に
行ったりするというものでした。

関東で震災が起きた時、今までは東京の局だけで何とか放送を続けるということだった
ようですが、今回の震災を鑑みて、主要放送機能をNHK大阪放送局にも持たせて、
東京からの放送が途絶えたら大阪側の独立した判断で自動的に引き継いで地震放送を
全国に向けて開始するというものです。

東京放送局側を強固にして地震に対抗しようというのではなく、あくまでも大阪放送局を
中心とした副系ネットワークを充実させて放送の維持をしようというものでした。

その為の大阪放送局が24時間放送を最低一週間は維持できる程度の機材・人材の手当て、
東京周辺を震源と仮定した場合に、例えば神奈川放送局を大阪に情報を集める為の
キーステーションにする等の体制の整備、2人程度で持ち運べて徒歩や自転車でも
取材を続けられる為の機材の紹介、発電機までを積んだ自立型の放送車・ヘリの紹介も
しておりました。車は建物の下敷きになら無いように常時屋外に駐車しておくという
徹底のしよう。

あらゆる方法で大阪に情報を集めて非常時に大阪からの放送の維持が出来るようにと
演習番組を混ぜながら紹介しておりました。

面白かったのはアナウンサーの卓の紹介。
最新の気象情報が映るディスプレイや色んな情報のディスプレイがある事を詳細に
紹介しておりました。


またNHKには日本中にあるロボットカメラを時間を遡って見ることの出来るサーバ&
クライアントがあるのですが、3月の震災でも地震の起きた瞬間や津波が到達した瞬間など、
色んなその瞬間を遡る事が出来るようになっています。

しかしながらそのサーバは東京のみにしかないのでこれを大阪との二重化にするという
ことも語られていました。後は大阪独立放送体制になった時に膨大になだれ込む情報を
処理できるだけの編集機材などの充実も急務との事。現状では東京の1/3~1/4程度の
機材の処理能力しかないとのことで十分耐えられるように増やしていくということでした。


今回の試験を兼ねた番組を通じてNHKがどれだけ放送の信用性を高めようとして
いるのかが明らかになったように思います。



これを携帯に当てはめてみるとどうなるでしょう。
メールやネットワークの中枢部の二重化は恐らく各社とも出来ているとは思います。
私の常識では出来ていて当たり前だという認識ですが、中には私の常識を覆すところも
有るかも知れません。

それよりも非常時にもう一つ大事なのは例えばドコモでいうネットワークオペレーションセンター
大阪等の他地域でのバックアップができるようになっているのかということ。

フル機能でなくとも主要機能が東京側の復活する時までやり過ごせる時間を稼ぐ程度の
機能が大阪などでバックアップする態勢が有るのかが気になりました。

NHKは実際に東京からの放送を止めてみて、大阪に全面切り替えをするところまで
演習として見せてくれましたが、携帯ではそのような事を行ったという話は聞いたことが
有りません。またそうのような態勢を整えたということも聞いたことが有りません。

警視庁は1日に実際に主要な道路を10分間止めてみて渋滞の起こり方などの検証を
行なってみたりと今年の防災の日は「実践型」が中心だったようですが、携帯では
少なくとも大手3社からは何らかの対策等の発表や演習等は聞こえてきませんでした。

私自身ネタにしたかったということもありちょっと期待していたのですが、
携帯各社からは何の情報も無かったので電波つながりということでNHKからの
アプローチで無理やりネタにしてみました。
  1. 2011/09/02(金) 19:51:51|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今日のソフトバンクアカデミア

私今から出かけるので一部を覗き見しただけなのですが、久しぶりにソフトバンクアカデミアの
ライブをチラッと見かけました。

他のライブ映像で何かを主張している孫社長は好きではないですが、アカデミアの孫社長は
結構好きだと思えるところが有ります。やはりなんだかんだ言っても世間を敵に回しても
戦ってきているだけの経験が有りますし、そこから学ぶことは確かに有ります。


この講義を聴いていてこれはドコモやKDDIの(上のほうの方にw)聞かせるべきかなと
思う事が多々有ります。まあ全部ではないですけどね。

内容的にはまあ今更と思える事が大半で、ある程度社会的な経験を積んできた方は見る必要は
ないような内容です。まあ経営を一から教えなくてはならないような素人が相手の講義なんで。

孫社長が経験してきた失敗例などを挙げて孫の二乗の兵法に当てはめさせたりとさせていま
したが、その回答を見ているだけでもモノになりそうな人は大して居なさそうな気配が・・・。
孫社長的にはこのうちの数パーセントでもダイヤの原石がいてくれればめっけモノ程度の
考えなのでしょうか。


思うに経営なんて天才が素人に講義で教えられるものではないと思うのです。
細かいことはともかくとして、アカデミアで孫社長が色々な過去の失敗を挙げて
言った言葉で印象的だったこと。

「これと同じ失敗をしない為に」

と言っていました。
無理です。
こんな講義でそんなスキルは付かないです。
スキルを付けるには現場に登用してどんどん失敗をさせるしかないんですよ。

確かに知らないよりは知っている事で有利な事も有ると思います。
でもこんな事を教えてもらわなくてはならないような一部上場企業の社長って私の感覚では
ちょっと考えがたいですね。

出てくる人は孫社長のように苦労に苦労を重ねて出てくるものだと思っています。
養殖は所詮養殖かなと思うのですよ。


今、情報漏えいで叩かれた事の言い訳をしています。
先ほどはあおぞら銀行の件の言い訳していました。

ソフトバンクアカデミアって社長が過去叩かれたニュースの言い訳ショーの様相を呈してきた
ように思います。

ソフトバンクが何故叩かれるのか、その理由を説明するべきがアカデミアの真骨頂かと思うの
ですが、孫社長は「よそはこの程度しか叩かれてないのにうちは倒産寸前までぼこぼこに叩かれた」
という事らしいです。当時を知る私からするとそこまでだったとは思わないですけどね。
当時を知らない若者相手の自意識過剰な孫正義的新解釈の刷り込みがアカデミアの趣旨のように
思えてきました。この調子では二代目で急減速必死ですよ。


孫社長、もっと本質的な教育をした方がいいです。
もっと汚い部分とか、泥臭い部分を実際の数字を挙げてやった方がいいです。

「言い訳のソフトバンク」を社風として引き継ぎたいのならこのままでいいと思いますが。


今リーマンショックの時の株価が500円台の時の言い訳をしています。
うちは増収増益だったのにこの下がりようはおかしいみたいな感じで。
あの時って、あれだけ期待させたiPhoneを大外ししていて大当たりに変えたエブリバディー
キャンペーンの前ですよね。

何故リーマンショックでああいう下がり方をするのか、それを解析して教育すべきでしょう。
それだけ社会的に信用されていない会社だったという事を問題にすべきだと思うのですけどね。
表面ばかり繕う(作ろう?)からああいうことになるんだと教えるべきです。

基地局だって他の事だって浄化作戦を実行しているのに、それを教えないでどうするんだと
思うんですけどね。過去の汚いソフトバンクと状況と、浄化を行ないつつあるソフトバンクと。
そういう腹の探られたくないところをしっかり知っておかないと孫社長の後釜は無理だと
思いますが如何でしょうか。


後、孫社長。
ライオン相手に睨みつける事は大事ですが、建築物の耐震補強では抜く事も重要な要素ですよ。
  1. 2011/09/02(金) 19:34:47|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通信速度表記の変更について ~ ソフトバンク

通信速度表記の変更について

>各機種の「基本スペック」の項目に記載している通信速度について、3GPP※において規定される、
>W-CDMA方式におけるデータ通信サービスの最新規格に準拠した数値に統一いたします。

>変更前         変更後
>下り最大14.4Mbps  下り最大14Mbps
>上り最大5.8Mbps   上り最大5.7Mbps

ということで、ソフトバンクは速度の表記を3GPPの規定にあわせることにしたようです。
ドコモは以前からこれに準拠した表記を行なっていましたので、これに沿っていない表記を
続けているのはイーモバイルのみとなりました。
(→HSUPAを登場当時から5.8Mbpsという表記を続けている)

こういう細かいところが企業の姿勢として現れていると思います。
ソフトバンクも真企業になろうと頑張っている事の表れかも知れません。
  1. 2011/09/02(金) 19:09:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

mova終了音声ガイダンス

「movaサービス」「デュアルネットワークサービス」終了の音声ガイダンスについて

movaは来年の3月いっぱいで終了しますが音声発信時に強制的にガイダンスが流れるようになるようです。
アナログ放送の右上にあった「アナログ」の表示みたいな実力行使に入ってきたというところでしょうか。
まあそのぐらいしないとうっかり忘れている人もいるでしょうしね。

10秒間のガイダンスですが「0」を押せばパスできるのでそれほど気になるようなものでもなさそうです。

>3.実施時期
>第1回:2011年10月3日(月曜)午前10時~2011年12月31日(土曜)
>第2回:2012年1月中旬(予定) ~2012年4月1日(日曜)午前0時
>※実施時間等が確定いたしましたら改めてご案内いたします。

第二回目の開始時期が未定のようですが、10月3日以降ずっと流してもいいと思うのですが、
やはりあけおめ需要は避けたいのかもしれないですね。

でもmova回線は既にガラガラと思うので余り意味は無いように思いますが。
  1. 2011/09/01(木) 19:27:46|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Sony Tablet S/P

Sony TabletTM SおよびSony TabletTM Pの取り扱いを開始

>NTTドコモ(以下ドコモ)は、ソニー株式会社(以下ソニー)が開発し、ソニーマーケティング
>株式会社が国内向けに発売するタブレットデバイス「Sony TabletTM S」(SGPT113JP/S、3G+
>Wi-Fi®対応)および「Sony TabletTM P」(SGPT211JP/S、3G+Wi-Fi対応)の取り扱いを、
>2011年10月~11月(予定)より開始します。

・Sony Tablet S (3G+WiFiタブレット)
・Sony Tablet P (3G+WiFi二つ折りタブレット)

ソニエリではなくソニーなだけにエンターテイメント関係が強そうです。

やはりWiFiオンリーのモデルはドコモが絡んでいるので有りません。
何時までもiPadに対抗できないわけですね。
  1. 2011/09/01(木) 19:27:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

au回線の指定通話定額の廃止

auの指定通話定額が必要無くなってからしばらく経った。
相手がiPhoneの為にソフトバンクにMNPしてしまったので定額ではなくなったので。

実は数ヶ月前にMNPされていたので余計なお金を払っていました。
他にauユーザーで定額通話が必要な相手はいないし廃止する事にしました。
auの回線は目覚まし時計の予備に端末を使っている以外全く利用していないのですが、
定額にはならない電話番号を登録しているだけで390円余計に払っているのも癪だった
ということも有ります。

というわけでauのトップページからauお客様サポートをクリックしてサポートページに
ログオンします。IDとかさっぱり忘れていてそれでてんやわんやしましたが無事ログオン
できました。

そこで指定通話定額を廃止するのすが、普段良く浸かっているマイドコモが日進月歩で
使い勝手がよくなっているのに対して操作性が悪い。昔のマイドコモのようなドン臭さを
なんとなく感じる。

確かに複数の電話番号の管理がしやすく出来ているのは分るがどうも古臭い操作性というか
今時のページの作りではない。これを見るとマイドコモはドコモに文句を言い倒して
きただけは有って今はよく出来ているなと思った。やっぱりお客側が151や157を通じて
意見を言う事は大事だと思いましたよ。私は重ねてこのブログでも言って来ましたが。


で、指定通話定額を解除したいのですが方法が良く分らない。
なにやら登録している番号を解除するページが表示されるだけです。
とりあえず仕方なく登録されている番号を解除する事を試みます。

しかし解除を選択して決定をクリックしてもエラーが出るだけです。
もしかしてわざわざ手で番号を入力しなければならないのか?
よく分らなくて面倒になってきました。


もう157に電話する事に切り替えです。
頼りなさそうな兄ちゃんが受けてくれました。

auの本人確認はどうもよく分らない遅さが有ります。
一通り本人確認の情報を言った後、結構待たされました。

ドコモはすぐに終わりすぎて不安になるぐらいですがauは何故ここで待たせるの?
って思うぐらい放置状態でまたされます。その後は特に157に対して問題は感た
部分はなかったです。。兄ちゃんが始終頼りなさそうだった事以外。


それはそうと今回担当の兄ちゃんに確認して初めて知ったのですが、指定通話定額は
3つの番号を登録できるのですが、これ番号の追加をしても適用は月毎で、最大一ヶ月弱の
間は定額になら無いという馬鹿げたことになっていました。
それって何の為にサポートページで設定できるようになっているのかと。

ドコモの場合はだいたいどんなものでもマイドコモで設定すれば設定直後に
反映させています。なので技術的な問題ではないでしょう。

だとすると経営的な問題・・・?
定額の値段が安いだけにどうにかして少しでも儲かる仕組みにしておこうと
考えているのではないかと思います。

使い勝手悪いですね・・・サポートページも指定割り定額の仕組みも。
なるほど知り合いもiPhoneを求めてソフトバンクに躊躇無く移ってしまうわけです。

ちなみにこのソフトバンクにMNPをした方、東北から帰りがけに東京で
一緒にお食事した例の女性の方です。他にもau使いはいるのですが通話定額を
するまでも無いお付き合いなのでこのままではauを持っている意味も余り無いので
2年が来たらMNP弾として使う事になりそうです。

これででソフトバンクのホワイトの方が遥かに使えたなと言わざるをえません。

ドコモにメイン回線を持っているものからすると普段は如何に安く回線を維持でき、
いざという時にどういう風に使えるかが大事なのですが、auはその辺りになると
強さが見えません。いや普段ドコモと同じぐらいで維持できるはずなんですけどね。
イメージ的にdocomoやソフトバンクに埋もれいているというか、今では
ウィルコムにも埋もれているように見えてしまいます。

今はISデビュー割が効いているので維持費は格安なんですけど、その後残りたい
という後ろ髪が全く惹かれないんですよね。ちなみにソフトバンクの時は2回線中
一つはホワイトの為に残そうか迷いました。
  1. 2011/09/01(木) 19:12:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。