FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

aicezuki氏な話

aicezukiと言えばもうニュースも見飽きた頃の京大のアレやソレです。
既に広く報道されていますがドコモの回線を親の名前で契約したものを利用していたようです。

彼はいったい何の端末を利用していたのでしょう?
携帯で書き込んだことは既に明らかになっています。

問題のステージになったYahoo知恵袋はスマホはPC扱いになるようです。
なので彼はドメ携(フィーチャーホン)で投稿していたのは間違いないことになります。


ネットでは早くから彼の実名や写真が出ていましたが、大学や警察の対応がようやくそれに
追いついてきたようです。

色んな報道を見ていますが初期に問題になったことが問われなくなってきて放置の
ままのように思いますので記事にしてみます。(とは言え記事を書いている最中に色んな
情報が報道に乗ってきたので記事が若干ズレ気味ですがご勘弁ください)


それは「携帯で試験中に監視の目を避けてあの多数の文字の投稿が可能かどうか」です。
数学の問題にいたっては数式まできっちり書くなど、全てを携帯で行っているとすれば
かなり素早い入力だと言えます。

なので世間では外部協力者がいるという考え方が大いに有ります。
IT機器に詳しい解説者の一部にはカメラのスピーカーを押さえて写真を撮って外部に送れば
可能などといっている方もいました。しかし投稿は結局携帯から行われているので入力速度は
大して変わらないわけですから外部に協力者がいることはそれほど意味が無いように思います。

それよりもカメラで撮影する時に例え少量でもスピーカーからピロリン~とかいう
撮影音がすれば静かな試験会場ではバレる恐れが非常に高くなると思われます。
それをするにはハード的にスピーカーを殺すなど、専用端末をつくる必要があり、
今後の捜査でそういった事実が見つからない限り写真&外部協力者の線は私は非常に
低いと考えています。

そもそも外部から写真を受信して投稿するのにわざわざ携帯で打ち込むメリットを私は見出せ
ません。ドメ携でわざわざ投稿しているのは試験会場内から打ち込んでいるからだと私は考えます。


ならばあの多数の文字はどうやって打ち込んでいるのでしょう?
それはもう「慣れ」の世界でしょう。今の学生連中の携帯での打ち込みの速さはメディアで
偉そうに「ITなんちゃら」と名乗って出てくるような方の想像の範囲を遥かに超えています。

以前ドコモで言えば90x/70xシリーズの頃の話ですが、一部の学生にスライド型の端末が
受けているということを聞いたことがありました。

当時は折り畳みの端末全盛の頃でしたが、折り畳みは開閉時に「かちゃかちゃ」と音がするので
授業中にメールのやり取りをするには非常に都合が悪いという理由だそうです。
折り畳みは開いたままでメールの確認が出来るし、打ち込む時も音がしないように開く事も
出来るものだったのでそれで流行っていったということでした。

彼らの端末の選択基準はデザインでも性能でもなく、授業中にいかにメールの送受信がしやすいか
というところが大きく関わっています。今の"彼ら"の選択基準はどう変わっているのか分りませんが。


ちょっと調べてみたらaicezuki氏の利用端末が分りました。

【ドコモ P-03B・ブラック(2010年発売)】

ということで、テレビでは白の端末が映されていましたが別の情報では黒のようです。
この端末は開閉時の音やボタンを押した時のぽちぽち音、カメラの音等が今後焦点になると思われます。

警察の捜査の状態が徐々に報道されていますが、彼はやはり単独犯と主張しているようです。
先にも書きましたが外部で協力するには同じレベルの知識が無いともたつきや打ち間違い
起こる可能性が高まります。

なので今の学生の普通の常識を持って考えてみれば単独犯であることはだいたい想像がつくと思います。
先の授業中のメールの送受の話では、慣れたギャルなどでは机の下でギャル文字を使ってブラインドで
メールを送信しているということのようです。

こういった殆んど有りえないようなキレた人がいたりするので短時間にこれだけの文字数・・・などと
いう先入観は余り意味を成さないと思います。なにより実際に投稿に使われたP-03Bが普段誰が持って
いるかを追跡していけば分るはずですよね。テスト中どの基地局を掴んでいるかを見ていけば
誰が投稿したのかほぼ確定するのではないでしょうか。

テスト会場になった教室にP-03Bをもって行ってみて実際に同じ基地局を掴むようなら間違いないでしょう。
机上の想像ではなくそういった実証実験がなされることを私は望みます。
またドコモなら各種機器まで持ち込んで詳しく調べてくれそうなのでこういった件に対して絶好の
キャリアじゃないかと思います。
  1. 2011/03/03(木) 20:53:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Android端末のCPU、8月には4コアに

5倍速い 4コア版 Tegra " Kal-El " 公開。8月にはタブレット、年内に携帯へ。

デュアルコアの端末が次々に出ている裏ではもう4コアのCPUの話が出てきています。

>Tegra 2 採用製品が世界初のデュアルコア携帯として発売を控えるなか、NVIDIA が早くも4コア版の
>次世代 Tegra を公開しました。次期 Tegra の開発名は " Kal-El "。Tegra 2 から倍増した 4つの
>CPUコアに加え12コアの新GPUを備え、総合でTegra 2 の5倍のパフォーマンスを謳っています。
>つまり先月掲載したリーク資料そのまま。

>来年はさらに倍 ( Tegra 2 比 10倍) の " Wayne " が、2013年には50倍の " Logan "、
>2014年には100倍に迫る " Stark " が控えています。

夏には4コア搭載のタブレット端末、冬にはスマートホンが出てくるということです。
今でも苦しいバッテリーがかなり心配です。


ここまでの性能は要らないだろうと私も言いたいところなんですが、これからの高速通信規格に
移行してくる時代には高速なCPUは必須です。CPUが速くないと通信速度が上がらないからです。

春にiPad2、夏にiPhone5が出てももう性能的にはAndroid端末には太刀打ち
出来なくなる次期がも間近に迫っています。アプリやOSの性能的に大きく遅れをとってきた
Android端末周辺の事情がようやく充実してきそうです。
  1. 2011/03/03(木) 19:53:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

iPad2発表

iPad2が真価を発揮するのは少し先!? 鍵をにぎる新CPU“A5”の使い方

iPad2はデュアルコアのA5を搭載、グラフィックの性能が9倍との触れ込みだが、
週刊アスキーや一部技術情報好きのサイト以外はほぼ性能的な部分には触れていない。
iOSの機能と写真を主にした記事しか見かけない。
そういった中では週刊アスキーはCPUに触れたりと異色の記事を書いていました。

性能を表に出さないのは既に発表済みのAndroid端末と大差ない性能であること
なので、限られた紙面でアップル的にアピールしてもらいたい部分をスペック以外の
部分にスコープする為だと思われます。

要は性能はもう十分なのでユーザー体験部分を宣伝していこうということだと思います。

それがカラバリの充実であり薄さであり軽さであり、iOSの各種アップデートされた機能
なんだと思います。タブレット端末ももうPCのように性能よりは使うシーンによって
選ぶ時代になってきたとアップル自身が販売戦略を変えてきたということでしょうか。


逆に考えるとここで既にAndroid端末で多数のメーカーからデュアルコアCPUの
端末が先に発表されており、8月には4コアのCPUの端末まで噂されている状態です。
実際には性能を売りにしようとしても一社で開発して一年に一回の発売では尻尾にしがみ
ついていくのがやっとの状態になると思われます。

なので不利な勝負はしないということも含めた上での路線変更とも言えると思います。
  1. 2011/03/03(木) 19:43:48|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iOS4.3はユーザーに嬉しい仕様

iOS 4.3は3月11日アップデート - パーソナルホットスポット対応など

iOS4.3は実際は余り使わない飾り機能の強化ではなく、ユーザーが一番嬉しい機能が
強化されている。JavaScriptの高速化、タブレット端末を使っているとブラウザは誰でも
頻繁に使うものでこの高速化は非常に意味がある。

そしてiTunesホームシェアリングとパーソナルホットスポットは人によるが使う人は頻繁に
使うことも多いと考えられる。特にパーソナルホットスポットはWiFi/Bluetooth/USB経由で
色んな機器に通信を提供できるテザリングを提供するので非常に重宝するだろう。

勿論今までアプリで出来ていたことだけど正式に対応されたのはやはりここド強い。
しかしソフトバンクでは使えないようになっている。なのでソフトバンクで使いたい方は
今までどおりアプリで使えるようにするしかない。
  1. 2011/03/03(木) 19:02:48|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと2時間でiPad2が発表

3月3日午前3時からアップルスペシャルイベントのリアルタイム更新やります!

一応記録として書いておきます。
  1. 2011/03/03(木) 01:19:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ソフトバンクと米Yahoo!を巡る騒動

事の始まりはソフトバンクの株価が異常に下げているところから。
前場寄りから30分で前日比155円安まで下げました。
石油不安から来たNYダウ安が日経を直撃していたのも有るがそれにしても下げ過ぎの感は有ります。

恐らくロイターのこの記事と同様の第一報が引き金のように思われます。
記事のタイムスタンプは12:57ですが、朝9時頃に第一報が有ったようです。

それを受けて大量の米Yahoo!株を引き受ける可能性も有り資金繰りの悪化を懸念してか、
それともアリババの扱いでもめる可能性を考えてか、ソフトバンクは売り一色。
ここしばらく上がり続けて割高感も感じ始めていたせいも有り一気に株価を下げました。

その下げを止めようと出て来たのがソフトバンク本体のこの場中IR
通常場中IRは株価に大きく影響を与える可能性が有るので避けられることが多いのですが、
わざわざ場中IRを出してまで株価の低下を止めにかかってきました。

通常避けられる事を行ってまでして手を打ってきたのは相当株価を気にしている様子が伺えます。
普段からどれだけ株価に気を配っているのかがうかがえます。
また壇上でドヤ顔を決める為に必死で株価を上げている最中だと思います。

昨日の記事にも書きましたが立て続けの高速規格の「やってます・これからやります」体の
発表の数々。内容はともかくそれらの宣伝のうまさには頭が下がる。
内容が無くてもすごそうに感じるところはドコモも見習うべきだろう。

中身の判断は発表の中身の割に設備投資等に金をかけていないことでブラフだということが伺える。

将来のことだから将来にお金をかければそれで十分じゃないか?
と思われるが、将来本当に厚みのある投資をするのなら何もこんな狼少年まがいの”宣伝”を
やる必要はないわけで。

過去がそうだったようにこれからもソフトバンクのやり方が大きく変わることは無いと思います。
わざわざ低位株に沈んでいる企業でもやるところが少ない場中IRを出してまで対策を取るような
如何わしい会社ですから今後もまともな方法を取るとは考えにくいです。


ソフトバンクのこの立て続けの発表と株価急騰の連動性を見ていると、取引記録を追いかけて
いくと「ややこしい」手口がいる可能性も考えられなくないなと感じています。

本当にどの角度から見てもおかしなところが多い会社ですね。
  1. 2011/03/03(木) 00:51:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

このままではLTEは停滞する、ドコモのアピール力は低い。

【MWC】Ericssonが168Mビット/秒のHSPAを動態デモ

この記事ではW-CDMA系もいずれLTEに追いつく電波効率を達成する可能性が伺える。
ではそれを利用するのはどれだけ現実的なことだろう?

LTEのネットワークがもっと広がってW-CDMAと比較できるレベルにならないと何とも言えない所がある。
しかしLTEがよほど酷くない限りW-CDMA系をもう使いたくないというのが私の本音だ。

それはやはり遅延が少ないという大きな魅力があるから。
W-CDMA系はHSPAですら決して遅延が少ないとはいえない。
私は今現在当たり前になっている選択してからの応答で待たされる”間”が嫌いだ。
LTEではそれがどの程度減るのかは分らないが少なくともW-CDMA系よりも減る。

LTEが携帯としてのネットワークがまだまだ煮詰まっていないので単純な比較は出来ないが
一番嫌いな応答待ちの空白時間が短くなるのは嬉しい。


ドコモのXiの料金は完全な定額制になっていない。
「実質」という名の下に超ヘビーユーザーの移行を妨げている。
ヘビーユーザーが空いている事をいいことにどんどんと使いまくってしまうことを避ける為に
この料金体系を取っていると思われる。

ならば何故使いすぎると帯域制限をするということを発表したのだろう。
固定回線では多くのユーザーは特に制限も無く普通に定額で使え、超ヘビーユーザーのみが
こっそりと制限されていたりする。無線も同じやり方で十分役目を果たすのではないだろうか。


いまドコモに最優先に必要ことは「3G回線を出来るだけ開けること」だと思う。
既に配置されているXiは3Gの混雑地域と思われる場所でもある。
ならば貴重な3Gの帯域を制限して確保したXiの帯域を3Gのトラフィックをオフロード
させる為に使うのは誰が考えても妥当だろうと思うのです。

3GのヘビーユーザーをXiへ移行してもらうには安心して使ってもらえる状況を整備することが
必須であり、上限が多少上がってもいいから定額にしておくことは必要なことだと思います。
それは3Gの空き帯域を確保する為のコストと割り切ればいいのではないでしょうか。

今はXiは実態はまだまだの状況なのですから名前を知ってもらう段階です。
ヘビーユーザーにどんどん使ってもらってXiというものを宣伝してもらうべきだと思います。

100回の広告よりも実際に使っている人に出会うことのほうが安心感があるものです。
そういう人が「Xiエリアに入ると途端に軽くなるので快適だよ」と言わせる状態にすること、
それが今のドコモにとって必要なことじゃないかと思います。

今のXiは上り速度はぺしゃぺしゃ、下りだって基地局数にして1割にも満たない10MHz幅が
割り当てられたエリアだけです。恐らくXi対応の夏端末としてWiFiルーターが出ると思い
ますが、それに合わせて料金をもっと安心感のあるものにして、3Gのトラフィックをどんどん
とXiへ逃がすようにしなくてはならないと思います。


auはついにWiMAX対応のAndroid端末を活用してそっちへとパケットのオフロードを
試みています。勿論スマホとしてのパケットもWiMAXへ移行させることが出来るのですから
願ったり叶ったりです。

ドコモは先行出来たはずなのに何故か後手に回ってしまっています。
確かにWiMAXの方が先に出ていますから部品は揃い易いという理由は有りますけれども。


一方ソフトバンクはDC-HSDPAで42Mbpsというインパクトと時間稼ぎをして、その上で
LTEもやっていますよとうまいタイミングでの情報提供も忘れない。DC-HSDPAにTD-LTE、
そして通常のLTEと矢継ぎ早にこれでもかというほど次々に発表を繰り返しています。

おかげでここ最近のソフトバンクの株価は異常な盛り上がりです。
まじめにやっていけばいずれわかってくれるというのは確かにそうであり、ソフトバンクのように
株価操作の必要性を感じていなければそこまでする必要も無いのかもしれません。
しかし世界に対してのアピールももっとしていくべきでしょう。

ドコモとしては現在2.1GHz帯と850MHz帯を持っているところにはいずれFDDのLTEを初めて欲しい
のではないかと思うのですが、ドコモの世界から見たアピール力が余りにも無く、全体として
TD-LTEの話題に完全に消されてしまっています。

WiMAXからTD-LTEに変わっていくことは勿論LTE勢全体にとっては勢力拡大でいいこと
なのですが、世界中の全ての端末がTD-LTEとFD-LTEの両対応になるという保障は
どこにも有りません。

安価な端末は中国から出ているものが多いですから、TD-LTEが先に安価な端末が溢れ返る事に
なると思います。廉価のチップセットに余裕が出てきてからFD-LTEの方が吸収されていく流れに
なるのではないかなと今のところ私は考えています。

こういうところの動きを社長の号令で一気になだれ込むことが出来ないのがドコモの最弱ポイント
のように思えます。もし孫社長だったら一言壇上やツイートを飛ばせば動き出すかも・・・という
感触がしますよね。その違いです。


とりあえず3GのトラフィックをXiに移行させることから始めるべきじゃないかなと思います。
でなければ今LTEの基地局が動いているのはまるまる無駄に近い状態でしか有りません。
あるものは少しでも活用しないと。

今現在一見安くてもキャンペーン終了後の価格を見てしまうんですよ、多くの人は。
安心感を感じるところまで持ってこないと動きは始まりませんよ。
  1. 2011/03/02(水) 19:28:46|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

NTT光の1分岐貸しは競争阻害

1分岐貸しは競争阻害、フレッツ光の従量プランに必ず対抗

関西の電力系の光を提供しているケイ・オプティコムの社長がNTTの光ファイバーの1分岐貸しに
ついての見解を語った。まじめに線を引いて競争している業者からすれば「冗談ではない!」という
ことのようだ。

>本当は3ユーザー以上に共用してもらうことでようやく回収できるはずのコストは、
>誰が負担するのでしょうか。その分を自社の努力ではなく、NTT東西につけ回すことで
>安くしようというのが、1分岐貸しの議論なのです。

つまりコスト割れのリスクをNTTに押し付けて借りる側は特に営業努力無しでも利益が出るという
状況になるというのです。

先日にKDDIからも同じような反論が有りました。やはり普通の感覚ではそういうことなのでしょう。
普通じゃなくてNTTから如何にして光を掠め取ろうかと考えているソフトバンクとしては
そんなこと知っちゃ無いわけです。

NTT側からすれば一本の線単位で業者を管理すればいいわけですから現状は非常に管理がしやすい
と言えます。しかし1分岐貸しにすると何番の線の何番の信号はどこの業者で・・・とNTT側の
管理コストが確実に跳ね上がります。それを貸し賃に織り込んだからまた「高い」とか言うのでしょうか。
高いのはソフトバンクの接続料だけで十分です。

NTTが料金を下げてきた時にネタぶつけて分捕れるパイは全て分捕ろうというのがソフトバンクの
やり方です。議論が動いている時にあれやこれやとネタをぶっこんで行けばそれはろくに議論されずに
すっと通るだろうと思っているようです。

ソフトバンクの主張は「必ず」一つ一つのネタをばらして精査していく必要が有ります。
とにかく誤魔化して見つかりにくくして気づかれなければ勝ちという発想ですから。

カタログにある※印のついた小さな文字と同じことをこういう場でもしているわけです。
社風はどこまで行っても変わりませんね。
  1. 2011/03/02(水) 19:03:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「GALAXY S」が2か月連続トップ

2011年1月の携帯電話ランキング、「GALAXY S」が2か月連続トップ

1位 GALAXY S SC-02B  7.7%
2位 REGZA Phone T-01C 6.5%
3位 iPhone 4 16GB      5.2%
4位 iPhone 4 32GB      4.7%
5位 IS03            4.4%
6位 LYNX 3D SH-03C   4.3%

2010年12月,2011年1月とGALAXY Sが二ヶ月連続トップを取ったようです。
REGZAは今でも品切れ気味というハンデを押した上で2位を取りました。

iPhoneを両方足すと9.9%で1割弱、孫社長が決算説明会で自慢していた数字ももはや逆転以上しまって
いる模様です。これはスマホだけではないのでスマートホン内のiPhoneのシェアはもう少しあると
思いますが、購入予定者は既に8割がAndroidを選択しているという集計も報道される状態。

9.9%は2位と6位を足しただけで超えてしまう数字です。
もう完全にAndroid端末のペースじゃないかと。

半年の間にここまでiPhoneの立場がひっくり返るとは思ってもみませんでした。
日本人はもっとApple好きだと思っていたのに・・・。

Android OS搭載スマートフォンが急上昇! ユーザー満足度No.1は「GALAXY S」
こういう報道も有るのでユーザーの気持ちがかなりAndroidにシフトしている事がわかります。
なのでドコモはもうiPhoneを出す必要は無いと思います。

予想以上にAndroidに対してシフトしている感がありますが、iPhone5の発売時にはまた状況が変わって
いるかも。日本人は状況に非常に影響されやすいですからね。
  1. 2011/03/02(水) 00:36:27|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

光回線の強引勧誘に苦情増、悪質代理店が多すぎる

光回線の強引勧誘に苦情増 クーリングオフ適用外が背景

私も何度か記事で取り上げたが、うちの固定回線には非常に多くの光への勧誘がかかってくる。
私が居る時は変わって「既に光です」と言うと相手からすぐに切ってくれる。
それがうちの親では相手の言っている事が分らないのでその一言ですら対応できない。

恐らくこの記事はそんな人を相手に詐欺スレスレの勧誘について触れているのだと思う。
うちの親には「分らないものは電話を切れなくても契約だけは絶対するな」と言ってあるので
そういう意味での心配は無いのだが、不要な電話が必要な電話の合間にかかってきて、
しかも不必要に粘るとなれば被害は甚大だ。

先にはNTTコムもかかってきていたが、「二度とかけてこないで欲しい」というお願いをしたからか
一切かかってこなくなったようだ。

今でも現役でかかってきまくっているのはYahooBB系の代理店。
しかも営業トークは紛らわしい上に必要な事も出来る限り伏せるという悪質極まりないもの。
そりゃうちの親じゃ多少教えたところで相手に出来るわけが無い。

知識の後ろ盾が無いご老人がPCも無いのに騙されて契約する可能性も十分に考えられる。
特に今の時期は地デジの停波も有り、しかも各種ケーブルベースのテレビがテレビのCMで
盛んに行われているせいも有り、営業トークに盛り込みやすい。

「テレビが見れなくなる恐れが有ります」

なんて言葉を上手に挟めば騙される人が出てきてもおかしくないだろう。
それがまさか単なるブロードバンド回線の売り込みなんだと気づかない人は既に地デジ
対応が済んでいたとしても契約させられる事もあるのだ。
それほど最近の一部の業者(私のところではYBB系)の営業トークは悪質だ。
裁判になったらぎりぎり負けない程度のところを目標にして営業トークを展開して
来るのだからもはや50万円の壷や開運の印鑑の押し売りの世界と余り変わらない。

元々は代理店の問題ではあるが、余りに数が多いとなると親会社側の企業倫理も無視は
出来ないと思う。そこまでしなくてはならないのは売れないからであり、売れないのは
特に必要とされてないからである。

YahooBBを関連会社に持つソフトバンクは、光の道へのソフトバンクの独自案(AorB)を
引っさげて躍起になっているが、現場ではまだこういう段階なのだ。

こうなったのもNTTの光収容の多くがキャンセルになり、裾野環境が予定通り育たなかった
が大きく影響している。

それを省みた結果がこの強引な商売ならばちょっと考え直すべきだと思うのだがどうだろうか。
  1. 2011/03/01(火) 19:31:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。