FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iOS12 DB7、リリース直後に問題発生にて公開中止、私は偶然拾ったのでAnTuTuでも公開してみる

【更新】Apple、「iOS 12 beta 7」のOTAでの配信を一時停止 − パフォーマンスが低下する問題が発生か ~ 気になる、記になる…
「iOS 12 beta 7」にアップデートすると、ロック画面が反応しなかったり、各アプリの起動に数秒(最大20秒との声も)かかるなど、パフォーマンス面での問題が報告されているようで、同ベータ版へのアップデートは見送った方が良いと報告している開発者もいます。

Apple、開発者向けiOS12ベータ7を公開も数時間後にOTA配信停止 ~ iPhone Mania
Appleは現地時間8月13日、iOS12のベータ7を開発者向けに公開しました。しかし、数時間後にWi-Fi経由でのOTA(over-the-air)アップデートの配信を停止しています。

iOS12のDevelopper Beta7の配布が始まりましたが、直後に配布が停止しました。

公開30分後に削除され、すぐにバージョンアップされたものが配布開始。
しかしまた3時間半後に削除されるということが有りました。


ちなみに何故か私はきっちり拾っています。

 

ここ最近、DB版の配布と相性がいいようで、毎回偶然バージョンアップのタイミングでiPhoneを
覗いてしまっています。特にDB配布のタイミングを意識しているわけではないのですけど。

ちなみにAnTuTuの数字はDB1やDB2の頃よりも5sで2000~3000程上がっているようです。
リリースに向けて若干の練り込みが感じられます。


パフォーマンスに問題ということで配布停止になったDB7ですが、DB6は非常にいい出来でした。
それまでは電源が入っていれば、全く触らなくても数日でバッテリーが無くなってしまっていましたが、
その放置時のバッテリーの持ちが倍増した印象が有ります。
待機時の消費電力が減ったのでしょう。
私だけだったのでしょうか・・・?


それまでは「可もなく不可もなく」程度の感じでしたが、DB6は印象が良かったです。
と言っても大して弄り倒したわけでもないのですけど。

むしろXperiaのメインのXZ1Cと対でXCの方をよく触っています。
この二つは本当にバッテリーの持ちもいいし、いい使い勝手です。

5sは古いですけど、それを考えると良く動いていると思います。
一応最新OSが動きますし。
まあAnTuTuはアップルの嫌がらせで完全動作しないように細工されていますけど。

あ、DB7でAnTuTuを動かすと、"0"になる項目(3D Refinery)が計測されないように変更されました。
私が以前の記事で「計測はされているのに0になってる」と書いたからでしょうか?
DB7より前に既に変更されている可能性も有りますけど。

あのUFOがぶつかって、宇宙人がよろよろ歩いているアレが5sでは計測されずに、
パスされるように変更されているのですよ、奥さん!!
こういうことをするからアップルはクソなんですよね。
ベンチに細工させるなよ。


まあそんなこんなで、iOS12は前に進んでは後退するという、締め切り間近の追い込みの
様子が見て取れました。恐らく締め切りは今月いっぱいがどう考えても限度でしょう。
そんなわけでアップル開発陣、マジで頑張ってください。
応援していますよ、今が最後の追い込みどころですから。


DBはあと1~2回出るという話ですが・・・ギリギリのバランスをどうにかして
成立させようとしている感じでしょうか。
こんなことで性能に大きな影響が出るということが、相当ギリギリの調整をしている
不安定なOSと言わざるを得ませんね。

長らく不安定でしたが、ここ最近やたら安定してるAndroidとは正反対の綱渡りをしているように感じます。

  1. 2018/08/14(火) 19:23:48|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップルが世界のスマホシェアで3位落ち・・・4位落ちも現実的な視野に、年間2億台割れも間近か既に現実か・・・アップルが年間の数字を隠して利益だけにスポットを当てたがる裏を探る(太字部に加筆)

2018年、第2四半期の世界のスマートホンの出荷台数のシェアで、華為が二位に上がり、
アップルはついに三位に落ちてしまいました。勿論一位はサムスンです。

第2四半期の世界スマホ出荷台数、アップルが3位に転落 ~ CNET Japan
IDCの報告書によると、Huaweiは2018年第2四半期に5420万台のスマートフォンを出荷し、世界市場シェアは同社にとって過去最高の15.8%に達したという。
サムスンは世界スマートフォン市場でライバルに大きな差を付けて首位を維持しているが、Huaweiの第2四半期の出荷台数はAppleを上回った。Appleがスマートフォン市場の四半期シェアで3位以下になったのは、この8年間で初めてだ。

スマホの市場シェアでAppleを抜いてHuaweiが2位に浮上 ~ GIGAZINE
調査会社のIDCが2018年第2四半期(Q2:4月から6月)における、スマートフォンの世界シェアを発表しました。中国のHuaweiが四半期ベースでAppleを抜いて世界第2位に躍り出ています。

これは大きなニュースのはずですが、しかしそれほど大きく騒がれてはいません。
理由は簡単、既に多くの人がアップルの三位落ちをかなり前から予測できる状況だったからです。
問題はいつ三位に落ちるかという段階に入っていました。
それがたまたまこのタイミングになっただけの話です。

とりあえず資料がこれ。


Source: IDC Worldwide Quarterly / businesswire.com


Source: IDC 2018


そういう私も、これこの通り。

当ブログ記事
●(2013/08/01(木)) アップル世界シェア13.1%、追い上げる3位以下のメーカー、入れ替わりが視野に
●(2017/02/02(木)) アップルのiPhoneが世界シェアで何年振りかにシェア一位・・・所詮サムスンの敵失、それよりも急速に迫ってくる華為がアップルを三位を定位置に追いやる可能性が濃厚に
●(2017/08/19(土)) アップルが世界市場のスマホシェアで3位落ちの危機?いや4位落ちの危機を語る時期だと思います・・・2018-2019年に4位落ちが有り得る状況に

私は2013年当時から既に、アップルがスマートホンのシェアで3位落ちを感じていました。

でもそんなものはまだまだ甘い。
2017年8月には4位落ちを既に記事にしていますね。
私にとってはファーウェイが二位、アップルが3位は既定路線でとっくに消化済みで、アップルが
4位になるのがいつなのかという所に焦点が移っていたのです。

2013年の記事の資料でも、4位のLenovoが対前年130%の伸びで、3位の伸び率すらも大きく超えていました。
今はLenovoはそういう位置にはいませんが、複数の中国メーカーが必ず伸びてくるなという実感が有りました。

今年の資料に話を戻すと、2位に上がった華為の対前年の伸び率は40.9%であることに対し、
4位のXiaomiは48.8%の伸びです。勿論シェアが低いほど伸びた時の伸び率は高く出ます。
しかしながら、その差なんてどうでもいいほど大きく伸びているので、数年のスパンで考えると、
既にアップルにとって怖い存在になっていると思います。

そんなわけで、私は3位落ちよりも、いつ4位に落ちるの?ということにしか興味は無くなっている感じです。
まあでもそれは思ったよりも前倒しされる可能性が出てきました。
アップルがXを発売したことで、販売台数を減らし、単価で売り上げを取っていこうという方向へ
アップルがシフトし始めたからです。

アップル自身がその自覚が有ると思える発表がこれ。

gori.me(ゴリミー)
iPhoneの累計販売台数、12億台を突破
Apple、iPhoneの累計販売台数が10億台を突破したことを発表

あれ?

iPhoneって、毎年二億数千万台と単年度の数字を発表し散ませんでしたっけ?
それが、何故かいつの間にか、累積出荷台数の発表にすり替わっています。

10億台の記念の去年はまだ大目に見るとして:-P
今年はなぜその流れを踏襲しているのでしょう?
しかも億の桁までしか発表せず、単年度の数字がおおよそですら分からなくなっています。
もしかすると、この一年での出荷台数が二億台を割っている可能性も考えられます。

大抵新モデルを追加投入すると、フラグメント化による余剰在庫が増えることにより、販売数が同じであるならば、
出荷台数的には増える傾向にあるのですが、どうやらXモデルを追加したiPhoneではそうはならなかったようです。
となると、iPhoneの販売数が減少したとしか考えられない。


でもまあそれは新モデルの話ということで。
今日本でもiPhoneの陰の主力はiPhone SEや6s辺りの安売りモデル。

【8月版】のりかえでiPhone 6sを買うならどこが安いか調べてみた – ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone 6s料金比較・まとめ
【8月版】のりかえでiPhone SEを買うならどこが安いか調べてみた – ドコモ・au・ソフトバンクの「iPhone SE」料金比較・まとめ

国内でもまだまだ現役安売りモデルなんですよね。
というか、新端末のX化に伴い、旧iPhoeシリーズは新古・中古端末市場ではこれからが本番でしょうね。

ちなみに6sの中古価格の低下が激しく、中古市場で安定して1.5万円前後で買えるようです。
SEは後続端末が出ていないお陰で、キャリアでは安売り端末ですが、中古市場ではまだまだ
2.5万~3万円前後での取引が主流のようです。

SEと6sの違いは出てくる中古端末の潤沢さの違いであり、6sの標準サイズでは既に市場に端末があぶれて
いることを示しています。ということは、ユーザー数は一定で、既に飽和状態になっていると言えると思います。


勿論Android端末でもそうなのですが、Androidの場合はユーザーのすそ野がとんでもなく広く、
Appleの2億人/年規模に対して、Androidは13億/年の規模となっています。
これの購入傾向がが多少偏ると、対象メーカーのシェアがぐんと入れ替わり、順位の変動へと繋がります。

特にアジア圏の変動がこれから注目されます。
なにせアジア圏の経済成長が激しく、購買力がうなぎのぼりです。
私の友人の中国人の話では、月給3万円?いやいや。月給9万円?いやいや。
なんと20万円の給料を取る中国人が一般だというのです。
中国に帰ったら周りはみんなそうだよと。
そりゃ5万でも10万でもハイエンド端末を買っちゃうわけです。(太字部加筆)


iPhoneの購買が年2億なのですから、Android圏内のシェアで16%を取れれば、アップルを抜くことが出来る計算に
なります。確かに競合メーカ数を考えると高いハードルですが、大手メーカーでは不可能とは思えない数字です。



一方アップルはこんな感じ。

インドでのiPhoneシェアが1%に縮小 ~ iPhone mania
インドでの苦戦が報じられているAppleですが、2018年第2四半期(4-6月)の同国スマートフォン市場におけるシェアが、過去最低の1%まで落ち込んだことがわかりました。

中国でもシェアを上げ傾向ですし、どんどん追い込まれている感じです。


更に、アップルはApp Storeのアフィリエリトプログラムを停止するようです。

Apple、App Storeのアフィリエイト停止へ ~ IT Mediaニュース
Appleは、同社が提供する「iTunesアフィリエイトプログラム」の対象サービスとしてきた、iOSとMacのAppとApp内コンテンツに関して、2018年10月1日から、アフィリエイトプログラムの報酬対象外となると発表している。

つまりは「販売数を減らしてでも、出ていくお金を減らす」方向へとアプリケーションストアでも行う方針のようです。

これは緊縮財政へと転向したと言っていい動きでしょう。
今迄は伸ばせ伸ばせで来ていた数字作りを、販売単価を稼ぎ、出ていくお金を絞ることで、
あくまでも絶対的な利益と利益率勝負にも持っていこうという動きでしょう。

そんなわけで、今後アップルの売り上げは減少傾向に転じてもおかしくありません。
今後の売上げの推移を予想するにはiPhoneの販売数をよく見ていく必要が有ります。
というか、それを私のようなのに見られるのが嫌なので、累計12億台といって隠す方向に
進んだのでしょうけど。

あとはどうやらMacが好調ということもあるので、全体の売り上げを伸ばす方向を完全に
諦めたわけでもないでしょうけど、ただでさえパソコン全体の販売は落ちているので、
ここを本命と考えるのは難しい所です。どうせMacが狙えるのは個人需要だけですしね。
価格帯も保証体制も事業用のPCとしてのMacは論外ですから。


さて、アップルはどこまで利益を確保して、株価を高値維持させる目的を果たせるのでしょうか。
Xシリーズへの乗り換えでどこまでユーザーの目減りが発生するのかも見どころです。




ああ、それとこれは勝手な予測&原則論なんですけど、付け足しで。
デザインについてです。

iPhoneは歴代下部に●なホームボタンが有りました。
これは「誰が何処から見てもiPhoneと一目で分かるアイデンティティー」を確保していました。

iPhone Xではこの絶対的なアイデンティティーが失われました。
となると、アップル的には新たなアイデンティティーを設けなくてはなりません。
それがあの賛否両論のノッチだと私は理解しています。

誰が見ても「iPhone Xだ」と分かるアイデンティティーとして採用されたものということになると・・・。
次期iPhone Xにもまたノッチが有ってしかるべきかなと。
アップルの考えが私が思っている通りなら、そうなるでしょう。

背面のリンゴマークも現状ですら控えめとは言い難いレベルの主張を持っています。
ベストかどうかは別として、現状の自己主張が限界に近いでしょう。
これ以上の自己主張はアップル教信者にはともかく、通常の日本人にはイヤミに映ります。
なので背面での主張は今以上は無理かなと。

日本のTVマンはそのイヤミをわざわざ舐めて映すことが大好きなようですが・・・。
ああ、少なくない日本人じゃない人が混じってますね(笑)

表の主張は背面のリンゴマーク以上に重要ですから、誰が見ても明らかなノッチが選ばれたのかなと。
画面の表示面積の最大化などと色んな理由が言われていましたが、アップルにとって生命線と
言ってもいいほどの意味を持っているのがiPhone Xたる自己主張であるこのノッチなのかなという気がします。

アップルがこの自己主張をどう考えているのかは分かりませんよ。
でも私は今までのアップルヲチャーとしてこんな気がしています。

  1. 2018/08/13(月) 12:42:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アップルはMacでもiPhoneでもどちらかと言えば過熱上等の志向?シングルスレッド性能を優先するのも、その一環?

【発熱問題】新型MacBook Proで目玉焼きを焼いてみた結果wwwwww ~ はちま起稿
熱がこもりやすいと話題のCore i9搭載 MacBook Pro 2018年モデル
Youtuberのrandomfrankp氏がMacBook Proで目玉焼きが調理できるか実験

発熱するという噂のMacBookProで、卵焼きを焼こうということを企画したYoutuberの方が居ました。
卵一個分の水分とタンパク質を70度以上に加熱するということになりますので、相当な熱量が
必要になり、Macで発熱した分だけでそこまで届くのか、かなり難しいとは思いますが、
実験してみたという動画です。


Can You Cook an Egg on the New i9 MacBook Pro?


結果はさすがにそこまでの発熱は無理というか、実際にはそこまで届いたのかもしれませんが、
その前にアップルがOSをアップデートして熱量が出なくなった模様。

そもそもインテルのCore i9のTDPは、6~12コアモデルが140W、14コア以上のモデルは165W
激しく熱を出す設計。マシン設計時の排熱性能が問われます。
アップルは無理をしてでも売り上げが欲しいので、無理し過ぎた結果の過熱マシン。
早速卵焼きでネタに使われてしまった感じです。


過熱に関してはスマホでもレグザアローズやXperia Z4で散々騒がれ忌み嫌われたことのはず
なのですが、メーカーは多少の性能アップで出し抜こうとするあまり、こういったクソマシンを
出しがちです。ユーザーはコンマ一秒が欲しいのではなく、安定が欲しいのに。
ほんとメーカーって何時まで経ってもバカね。



このことで分かったのは、やはりアップルは今一番売り上げと利益率に飢えているということ。
とにかく株価を維持するために売り上げと利益が必要なのです。
だからここ最近のアップルはとにかく何かと色々無理をしている様子が見られます。
こういった発熱するほど性能を絞り出しても、絶対的な売り上げにつながるのかは不明です。
しかしそうでもしないとアップルも心配なのでしょう。
真にユーザーが欲しい安定したマシンを捨ててまでする冒険で旧マシンを捨てて買い替え
させたいという腹です。性能で無理をするのは他機種との競争ではなく、最大のライバルの
旧Macという存在から買い替えさせたいのです。Macなんて使いたい人は限られますからね。
その限られたパイに出来るだけ高回転で買い替えさせる為には性能アピールが重要に
なってくると考えているのでしょう。


そう言えば、iPhoneでも同じです。
アップルはiPhoneを高性能にする言い訳として、ゲームを利用しているように思います。
マルチスレッドを上手く利用しない、適当に組んだゲームでもそれなりに動かすには、
シングルスレッドが重要になってきます。マルチプラットフォームのUnityなんかは移植性を
高める為かどうかは知りませんが、マルチスレッドを使わないユーザーが少なくないようです。

実際には2012年2月リリースのUnity 3.5でマルチスレッドレンダリングに対応しています。
これを利用しないユーザーがいるようです。少なくともFGOはシングルスレッド動作している
ようで、ビッグコア志向のアップルAプロセッサの方が古い機種では概ね快適に動作することが
多いようです。AndroidでもSD835クラスになると、アップルAプロセッサとの違いはほとんど分かり
ませんけど。ああ、圧縮シナリオデータの解答だけ、ビッグコアの方がはるかに有利なので、
多少違いは感じる程度かな。どっちにしてもFGOはシングルコアしか使ってないクソプログラムと。

2016年7月にはUnity 5.4で『進化したマルチスレッドレンダリング』へと進化しています。
改良されたマルチスレッド レンダリング ~ Unity Blog
Unity 5.4 ベータ版では、マルチスレッド レンダリングの対応がより進みました。プロジェクトとビルドするターゲット プラットフォームによっては、目をみはるほどのフレームレート向上が得られます。

パーティクル、スプライト、フレア、円光、ライン、トレイルをメインスレッドから取り除くために Unity 5.3 で行なった変更に加え、コマンドリスト生成を並列化しました。 スクリプト、物理演算、その他のシステムが使用するのと同じ1つの CPU コアでコマンドリストを構築する代わりに、複数の CPU コアに処理の再割り当てが行われます。こうすることで、ボトルネックの可能性を取り除き、多くの複雑なシーンの処理をより迅速に行うことができるようになりました。


CPU側の処理も利用条件は有りますが、ずっと使えてしましたし、どんどんとその対応の深度は増しています。
2018年度版のUnityでは簡単にCPU側のマルチスレッドが利用できるようになりそうですので、FGOのような
ゲームでもシナリオ解析でもマルチコアが生かされるようになるかもしれません。そうすれば、FGOのシナリオ
展開が、Androidでもかなり高速化する可能性が考えられます。シーン移動の待ち時間が何分の一になる
ということですね。

シングルコアのiPhoneの性能の優位がゲームの快適性を決めていたものが、また一つ減ってしまうことに
なってしまいます。電力的には不利なビッグコアを、アップルがいつまで突っ張って利用し続けるのかは
こういった動向にも影響されそうな気がします。




このように、アップルは一見した性能の良さに拘っており、それが悪い方向へ症状が現れることが有ります。
新型MacBook Proでの過熱問題や、iPhoneでのこっそりクロックダウンによる性能下げ、それを解除したら、
再起動してしまったりと、安全マージンを削って性能を無理やり出そうとする試み、安全マージン「なにそれ」で、
ある意味中華端末などと変わらないことをしているのです。私が毛嫌いする理由の一つでも有ります。

またアップルAプロセッサは、A9までは完全に2コア、A10以降はビッグコア側が2コアという構成になっており、
いざという時のシングルコア性能を、電力効率を落としてでも確保し続けようと必死だ。

電力効率が悪いというとは、いざという時に電力をガバ食いしてしまうということです。
しかもiPhoneのバッテリーはAndroidの機種と比べると比較的少ない目になっています。
速い話、電力ガバ食いコアを採用しているのにバッテリー容量は少なめということです。

つまり容量当たりのバッテリーにかかる負担がAndroidの端末よりも大きいことになります。
てことは・・・バッテリーの劣化がAndroidの機種よりも早い・・・ってことですね。

シングルスレッド性能重視のビッグコアでより多くの電力引き出す一方、バッテリー容量が小さい
お陰で、バッテリーに対する負荷が大きくなることで、同じ一年後、二年後のバッテリーのヘタリが
早く進行し、挙句の果てにはCPUのクロックを勝手に落として性能をスポイルしないと再起動や
電源落ちしやすいということです。

Androidだと、そんなことは大して聞かれませんよね。
比較的容量が多い機種が多いからです。
特に性能重視のハイエンド系の機種はバッテリーに余裕を持たせてあります。
なのでヘタリの進行も遅いです。

iPhoneのように容量控えめなのに、ビッグコアで大電力を引き出されたらそりゃヘタりますわな。


例えばSonyのXperiaだと「いたわり充電」なる機能が有り、充電時などのヘタリ要素を減らすというやり方です。
あくまでメーカー側が、ユーザーの使用感にできるだけ影響を排除して、その上でバッテリーも長持ちさせよう
という考え方です。一方アップルは「遠慮なく使ってヘタらせる。ヘタったらお前ら客が不利益を被るがいい、
お前らの持ちモノなんだからそれが当然」という態度ですね。


話をまとめましょうか。

・MacにしろiPhoneにしろ、とにかく一目の見た目や見栄えが最優先。
・二年後のバッテリーのヘタリ等は知るか上等。

そんなわけですな。

  1. 2018/08/06(月) 00:27:58|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

緊急地震・津波速報、実際にはETWSを受信できるクライアントはほとんどない・・・単なるIPパケットプッシュ型をETWSが受信できると勘違いしている人が山盛りではまずいと思うので注意喚起してみる

私はETWSは日本が3GPPにねじ込んだ素晴らしい規格だと思っています。
ただ、規格はいいのですが、その利用状況がかなりお寒い。

SIMフリー端末はJアラートを受信出来ない? 消防庁は代替アプリの利用を推奨 ~ engadget日本版
スマートフォンに送信する部分には、地震や津波の緊急速報で使われるETWS(Earthquake and Tsunami Warning System)が使用されています。ETWS自体はLTEなどの規格を策定している3GPPが定めた世界的な標準規格です。
これを受信できるかどうかは、ドコモやau、SoftBnakなどのMNO回線を使っているか、格安SIMと言われるMVNO回線を使っているかは関係がなく、使用している端末に依存します。
SIMフリーといっても、キャリアで販売されている端末をSIMロック解除し、MVNOのSIMで使用している場合には問題なくJアラートも受信できるはずです。

この記事では、SIMフリー端末でのETWSの受信を問題にしている。

日本では必ず大手キャリア端末にはきちんとETWSのクライアントアプリがプリインストールされています。
しかしSIMフリー端末を買うとETWSクライアントが入っていません。
このengadgetの記事でも指摘されています。



その代替案で色んなアプリが候補に挙がりますが、多くの所で勧められるのが
Yahooが出している防災速報のアプリです。

これはengadgetの記事ではETWSのクライアントのアプリの一つとして紹介しているように思われます。
「思われます」と念を押しているのは、「ETWSを受信するためのクライアント」と明言はしていませんが、
ETWSに関しての記事の中で、一切違うとも否定していません。この場合、通常はETWSのクライアント
アプリと勘違いして読む人が大半でしょう。書き手もそう思っているのか、そうでないかは分かりませんが。

ヤフーの防災速報のアプリはLTEのETWS経由での通知ではなく、あくまでも通常のインターネットの
パケットを利用したプッシュ通知です。LTEのETWSという、とにかく即時性を優先して考えられた規格
ではなく、一般のパケット経由で有ることから、基本的な構造としてはETWSクライアントよりもヤフーの
防災速報のアプリの方の通知が先に来ることは有りません。

場所によればほぼ同時に着信することは有るでしょう。しかしETWSの信号を受信でき、まるで同じものである
かのような勘違いをさせる表記を人命にかかわる情報を扱うアプリで行うのは問題が有ると考えています。
私は、基本方針として、こういった防災情報を扱うアプリは、ETWSクライアントなのか、単なるパケットプッシュを
利用したものなのかを明確にするように義務付けるべきだと思っています。

だって双方のメリットデメリットを理解した上で選びたいですよね。


例えばETWSは対象となって基地局の範囲内でしか警報は鳴りません。
鳴るかどうかはシステム側で選ばれた基地局単位で選択されます。
選ばれるのは「震度4以上が想定される範囲内のカバーエリアを持つ基地局」です。
正確には「最大震度5弱以上と推定した地震で、強い揺れ(震度4以上)の地域(全国を約200の地域に区分)」


一方パケットプッシュのアプリはそのままだとアプリをインストールしている端末全国中で鳴ってしまいますから、
例えば地震だと震源からGPSで得られた位置と比較して一定の範囲内を鳴らすようになっています。

なので情報自体はどこの基地局に接続していても受信可能で、アプリ側でGPS情報等と比較して
鳴らすかどうかを決めています。なので

自宅、実家、勤務先など、国内最大3地点と、位置情報を利用した現在地へ通知するのでどこにいても安心。

なんてことも可能になるのです。(Yahoo防災速報のアプリによる説明より抜粋)

ETWSならそもそも範囲外の地域には配信されませんから、家で勤務先の速報を予備的に受信して
確認することなど不可能です。勤務先や実家をカバーする基地局に接続していないと受信できませんから。

そういう意味ではパケットプッシュ型のアプリはETWSではできない範囲外の情報もアプリまでは届くので、
範囲外からも受信できて便利なことが有ると考えられます。範囲外でそこまでの緊急性が必要なのかと
いう問題は有りますが。SMSやニュースサイトで知ってもそんなに遅いとは思えませんし。

それとパケットプッシュ型は、宿命として遅延問題が必ず付きまといます。
ETWSはブロードキャストで個別の相手を指定をしないで全員に配信する一方、パケットプッシュ型は
配信サーバーからして、登録している一人一人に個別に配信します。
LTEの中でも即応性を重要視した設計の上に、ブロードキャストが前提になっているETWSに対して、
他の通知方式は速度的には勝ち目が有りません。

さすがに以前のソフトバンクのメール通知型のように、通知に12時間も遅延することはパケットプッシュ型
ではないと思いますが、でも場合によっては分単位の遅延は考えられないこともないです。
Yahoo防災速報アプリのレビュー欄より
■先日の大阪地震では地震発生より15分くらい遅れ (2018年6月25日)
■7月7日20時23分に発生した千葉県東方沖M6.0震度5弱の地震速報は4分遅れ / 以前からも度々遅延(2018年7月8日)
■6/18の大阪府の地震ですが緊急地震速報が発生して5分後に速報が届きました (2018年6月21日)
■先日の大阪にて発生した地震では揺れた32秒後に警報 / その後約3分おきに何回も警報音が鳴り響きました (2018年6月19日)
 Yahoo Japan Corpによる返答
・先日、発生した大阪府北部の地震の際に高負荷によるシステム不具合の影響により、一部のお客様に対して配信が遅延する事象が発生しました。
■緊急地震速報が15分後に来ました (2018年6月18日)
■千葉東方沖で震度5弱の地震、このアプリは地震後4分後に緊急アラームがなりました (2018年7月7日)
■大阪震度6弱の地震での“緊急地震速報”が10分後くらいに通知されました。
 発生後10分後くらいに『35秒後(に来ます)』、その30秒後くらいに『0秒後』 (2018年6月18日)

勿論これ遅延はレビューの一部であり、掘ればもっと遅延の報告が山盛りです。

これがETWSとパケットプッシュ型アプリの違いです。
ETWSはパケットプッシュ型のようにサーバー内で遅延することが有りません。
予報が遅れて遅延することは有りますが、それはパケットプッシュ型だとサーバー内の遅延に上乗せして
更に遅延するので、もっと遅くなるだけです。

なので私はパケットプッシュ型の防災アプリはあまりお勧めではなく、出来る限りETWSクライアントの
利用をお勧めしたいです。Yahoo防災速報アプリはあちこちで宣伝されていることもあり、更に
インストール数が増えていることでしょう。そうなると遅延もよりひどくなっていきます。
なにせ地震が起こった瞬間に、一通一通個別にパケット配信しているのですから。

このアプリの現在のインストール数は500万~1000万となっています。
これが1000万~になった時の遅延を想像するとちょっと怖いです。
どんどん使い物にならなくなっていくのではないでしょうか。



私はETWSクライアントをGoogleかどこかに出してもらいたいのですけどね。
Android 8.1か9.0以降辺りから、GMSに含めてもらえると嬉しいです。
基本的には簡単なアプリなんですから、是非ともよろしくお願いしたいところです。
RCS/SMSアプリの一機能として入れてくれるのでもいいと思います。

今現在は私はドコモ端末を使っているので、ドコモ謹製のアプリで通知がされています。
基本期にはにっくきキャリアアプリなのですが、これに関してはETWSの受信が出来るアプリとして非常に助かっています。


私的にはETWSに関して勘違いが余りにも広がっているなと思っていたので、
この台風を機に注意喚起をしておきたいなと思い、この記事を書きました。





それとついでに、色々なご参考の資料、IIJのはかなり役に立つと思います。

ちなみに、ETWSの仕様の詳細に関してはIIJのエンジニアによるテクログが詳しい。
勿論本家NTT DOCOMOテクニカルジャーナルにも何度も解説が登場しています。
Android 8.1で地震・津波以外の緊急速報(ETWS)が受信可能に? ~ てくろぐ(IIJ)
次世代移動通信ネットワークにおける緊急情報の同報配信高度化 ~ NTT DOCOMOテクニカルジャーナル
Android™ における緊急速報「エリアメール」及び「緊急速報メール」の共通受信仕様を策定(更新) ~ TCA


ETWSに関しては、過去色んな形で触ってきました。
当ブログ記事
TCAがAndroid 8.1向けにETWSの共通受信仕様を策定、海外版Android端末でも緊急速報が受信可能に
私はこう考える au/ソフトバンクのETWS誤報問題(ちょい改)
ソフトバンクの緊急地震速報はやっぱり使えない


  1. 2018/07/29(日) 14:26:20|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:39

iPhone向けAnTuTu v7でGPUの計測で0の項目があるのはA12ですごく性能アップしたと錯覚させるのに今の数字を低く見せる為、A12の登場で数字を跳ね上がらせる演出準備期間中

スマホのベンチマークとして有名なアプリであるAnTuTuのiPhone向けのアプリ。

私のiPhone 5sではこんな感じ。
ヘタったバッテリーのままではありますが、夏場はすこぶる調子がいいので、予備バッテリーに
交換せずに古いままでやっていますが、結果はそれなりに良好です。



ちなみにこれはiOS11,3か11.4辺りの頃に取った数字だと思います。

iOS12では以下の通り。
11より速くなったやらそうでないやら、色々言われていますが、少なくとも5sでは全くと言っていいほど
数字にも動作的にも違いを感じません。

 



が・・・一つ気になることが。

iOS11でも12でも開いているので分かると思いますが、GPUの3D [Refinery] のスコアが0のままの事。
バージョンが古い?

いえいえ、最新バージョンですよ。
しかも頻繁にバージョンアップを繰り返し、ここ1~2か月でもこんな感じでアップデートされています。

 


これだけアップデートを繰り返し、GPUの一項目だけ未だに抜けたままですね。
なのでAndroidと比較されることは有りません。

そもそもAndroidとiPhoneでのスコアの重みづけも同じとは限りません。
私はAnTuTuもGeekbenchもAndroidとiPhoneの比較には向かないと思っています。
一応参考値としては見ることは有りますけどね。
でも同じ条件で数字を取っているとは思っていません。


このようにGPUの一項目をずっと欠落させたまま放置していることについても異常な事ですよね。
この一項目を抜いたままである理由は恐らく、次期iPhone登場時に分かると思います。

A12プロセッサの登場とほぼ前後してアップデートされ、GPUの3D [Refinery] の項目入りの
ものがリリースされる予定です。ええ、アップルが裏で絡んでそう動かしているのでしょう。

iPhone 8やXでは安定した数字がなかなか見られないのですけど23万とか18万とか色々有ります。
恐らくA11は23万前後ということではないでしょうか。


で、A12が登場してGPUの3D [Refinery] を加えて、「ひゃっはー!A12すげー!!」というギャップを
作る為の演出だと思われます。ではA12でどの程度かさ上げされるのでしょうか?
今ある数字では、Snapdragon 835で33000程度、Snapdragon 845で40000オーバー位が平均だと
思いますので、A12で頑張って3D [Refinery]の数字を作ってきて5万程度が急にガバっと増えるかな
と考えています。

iPhone界隈ではAnTuTuは未だに6.3を使うのが当たり前のようで、実は23万前後というのは6.3の
数字と思われます。Androidではv7で級に数字が上がったのは、iPhoneのv6の重みに合わせて
そうなったと考えております。

なので私はiPhoneのv6とAndroidのv7は割と直接比較しても意外と大丈夫な数字ではないかなと
考えております。勿論私の勝手な予想ですけどね。


どっちにしてもiPhone用のAnTuTuはA12の発売と同時に跳ね上がります。
3D [Refinery]の追加と他もアレやソレやで30万を超えてくるんじゃないでしょうか。
アップルは今ベンチ位しかAndroidに対して自慢できるところが無い状況なので、必死になって
そこを小細工してくると思われます。

もうiPhoneにはゲームしかないですし、それを目に見えやすく評価されるのはベンチマークですから。
そのベンチマークでチートをするのはもはやアップル的には当たり前中の当たり前ということなのでしょう。

これだけ長期間、AnTuTuの「数字を忘れられる冷却期間」を作ってきたのは伊達では有りません。
A12は誤魔化さなければまずいほど貧弱なのか、それともこれだけ長期に、有名ベンチマークを
使い物にならなくなるようにしてまで冷却してジャンプアップさせたいのか、そのどちらかでしょう。
私は前者だと考えていますが、その辺りの正解は私が結論を出すところでは有りません。
あくまでもAnTuTUのGPU 3D [Refinery]が長期間0であることによる裏の動きを予測するだけです。


所で色々見ていると、A12はA11より性能アップが大したことない、省電力に振ったという話を見かけます。
私が前者だと考えている理由の大きな要因になっています。

アップルは長らくビッグコア2コアのプロセッサを続けてきました。
これは効率を下げてでも一発の性能を取っていこうというものです。
シングルコアの性能が高ければ、タコなプログラマが書いた適当なコードでもそれなりに速く動きます。

その代わり、力技で実行して速度を出すのですから電力を食い、発熱もします。
AnTuTuをAndroidとiPhoneで動かして背面を触っていると、うちではiPhone 5sだけガンガン発熱し、
Snaodragon 835搭載したXperiaは後半まで大した発熱を感じません。

iPhoneのスコアが高いのはこのせいです。
iOS自体が余力無しの全力を出すようになっているのです。
Aプロセッサも非効率なビッグコア型なので、電力を食わせて発熱して処理してしまいます。

ガンガン電力を食わせる上に、バッテリーは比較的控えめな容量なのがiPhoneの設計なので、
Android端末に比べてバッテリーに対する負荷は高めです。
だからiPhoneのバッテリーは比較的苦しい目です。

いつぞやにiPhoneのバッテリー問題が有りましたよね。
あれも起こるべくして起こったものです。

ある意味ゲーム対策、ベンチ対策な思想と、コストダウンの思想が交錯してバッテリーの
ヘタリが問題になったというわけです。

そりゃ数字を優先したんだから仕方がない。
ビッグコアがガンガン電力を引き出すのですから、ヘタったバッテリーではいずれ供給電力が
追いつかなくなる。そうなると不安定になり、突然再起動がかかったりします。

初めからクロックがバッテリーのマージンが少な目の設定になっているので、80%を割るレベル
だとクロックダウンをしないと電力が追いつかなくなるということなのでしょう。

A10やA11ではシングルコア性能優先の超ビッグ2コアの路線を踏襲しつつ、リトルコアも入れる
という少し偏った構成ですが、それ以前のA9迄はビッグ2コアだけの構成でした。
なのでiPhoneは負荷をかけるとどうしても発熱仕様なんですよね。


Xperiaというか、Snapdragonは、ちょっと発熱多めだとすぐに810の時のような騒がれ方をして
しまい、845も発熱プロセッサと言われている所も有ったりします。
でもAプロセッサは少々発熱しても屋違反の人は信者精神を発揮して騒ぎませんよね。
信者精神というか、それが普通なんですけどね。
Snapdragonのユーザーが発熱発熱うるさすぎなんですよ。



話は色々流れましたが、AnTuTuはアップルインチキバージョンを修正するのはあとひと月ぐらいでしょうかね。
iPhone向けはA12がちょっとだけ性能がアップするので、恐らく30万越えですね。
なんせちょっとしか性能が上がりませんから。

  1. 2018/07/22(日) 19:29:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

ソフトバンクの公式アプリがGoogle Play プロテクトにより危険アプリと判断されてしまい、アンインストールを勧められる

先日、愛知県の携帯マニア氏よりメールが来まして、こんな画像が張ってありました。



ソフトバンク公式アプリが、『危険、アンインストールして下さい。』と警告がGoogleの
フィルターに引っ掛かって表示されたとのことです。

早速ソフトバンクの当該ページを見ますと、年齢ごとのURLフィルタリングサービスのようです。

そんなわけで、取り敢えずGoogleに「ヤバいアプリ」と見極められた原因を特定するために、
そのアプリが取得している権限のスクショを下さいということで、送られてきたのが以下のものでした。

 

何じゃこれ?と思われるぐらい、権限を取りまくっていますね。

この権限要る?と思われる権限迄取っていることから、何らかの対策をしないとGoogleのチェッカーで
「ヤバいアプリ」判定を受けるのでしょう。

これだけ権限を取りまくった上で、「ネットワークへのフルアクセス」の権限も取っているので、
なんかもう色々やりたい放題出来そうでアレですね。
SDカードのデータやら、電話帳を読み取れる必要とかあるのでしょうかね。



それはまあいいとして・・・。
ソフトバンクはこの件で案内ページを立ち上げています。

未成年者向け「あんしんフィルター」アプリによる警告表示についてのご案内 ~ ソフトバンク
掲載日:2018年7月18日

「あんしんフィルター(旧名称:スマホ安心サービス)」アプリがプリインストールされているスマートフォンおよびタブレットにおいて、サービスの加入、非加入に関わらず、古いバージョンに限り下記の警告がGoogle Play プロテクト※1により表示される事象が発生しております。

「あんしんフィルター」アプリを最新版にアップデートしていただくことで、警告は表示されなくなりますので最新版へのアップデートをお願いします。なお、弊社では警告で表記されている危険性は確認されていませんので安心してお使いください。

※1 Google Play プロテクトは、Google LLCの商標です。

このことを教えていただくメールを頂いたのは16日、ページが立ち上がったのは18日であることを
考えると、結構素早く処理されたことが分かります。



ただでさえ他社とだけでなく、ワイモバイルにすらも食われていて、ソフトバンク自身が客を減らして
いるのに、これ以上印象を悪くするわけにはいかないということなのでしょう。


このアプリが何らかのデータを送信していないのか気になる所ですけど、取り敢えずキャリアは
こういう余計な機能を山盛り入れたアプリを入れないで欲しいですね。
ペアレンタルコントロールは確かに必要なんですけど、こんな権限取得山盛りのアプリでしたい
とは思わないですよね、普通は。

  1. 2018/07/21(土) 14:08:11|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

LINEモバイルの「格安スマホ最速チャレンジ宣言」なんて初めから無理なことを言って客を呼ぼうとする所がもうソフトバンク色に染まっている

速度チャレンジを宣言していたLINEモバイル、ソフトバンク回線が速度低下で謝罪 ~ カミアプ
「格安スマホ最速チャレンジ宣言」を掲げていたLINEモバイルのソフトバンク回線ですが、利用者増加に伴い約束の速度を下回る事態となっているようです。

想定以上の申し込みでネットワークの準備が間に合わず…
「格安スマホ最速チャレンジ宣言」を掲げ、回線速度を売りに今月7月2日にサービスを開始したLINEモバイルのソフトバンク回線。
月に一度でも公式の計測する速度が1Mbpsを下回った場合には、全ユーザーに1GB/月をプレゼントするということで、注目を集めていました。

やってきました、ソフトバンクの傘下に入ったLINEモバイル。

元々あっちの企業ということで、利用を避ける人もいたのですが、商センスというか商法は割と日本的でした。
しかしソフトバンクの参加に入った瞬間から、商売の仕方がソフトバンクそのものになってしまいました。

公式計測で1Mbpsを割ったらその月は1GBの容量を全員にプレゼントとか、余計に速度低下を招くような
相反するサービスを売り物にして客を集めようという、恐らく半分は嘘になると思われる手法をとってきました。

そもそもMVNOで月に一度でも1Mbpsを割らないようにするなんて、IIJでも難しいことを約束するとか、
あり得ないでしょ。安くする為にベストエフォートを厳しい目の数字に振るのがMVNOのツボで、
ユーザーはその条件を飲んで、その代わりに大半の普段の普通に使える速度を安く使うというものです。

半分帯域保証的なことをするなんてMNOですら無茶なことですが、それをより条件の厳しいMVNOで
やろうとか、半分初めから約束を破る気満々に私には見えています。



で、これ。


初めから速度低下を見越して、これをやる気満々だったってことじゃないでしょうか。
こういう発表をすると、「お?LINEモバイル(ソフトバンク)、客殺到で流行ってるんやん」と思ってもらえるでしょう。

1GBプレゼントも如何にも孫正義的な数々の施策を思い出させます。
初めは吐き出ししても、とにかく客をガッツリ引き込んでスタートダッシュを世間に見せつける
のがソフトバンク流ですしね。



初めは1GBをプレゼントしていてもやりくりは出来るでしょうけど、その内どうしようもなくなって
1GBプレゼントは恐らく無くなる方向で考えておいた方が、いいと思います。
MVNOはより細い回線に、多くのユーザーを詰め込んで安くするわけですが、
ソフトバンクの回線で帯域保証的なことをするとか、ほぼ無理でしょう。
今回は気持ちよく増速して安くても速いみたいな印象を世の中につけてから、
実は何もしてくれない状況に持ち込もうと考えているのだと思っています。


ソフトバンクの回線を使った上ででいつでも軽いとか、無理にもほどが有るでしょう。


  1. 2018/07/19(木) 02:13:53|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

XZ2シリーズは大失敗、XZ3シリーズでデザイン変更が無ければもう壊滅的、ずっと使ってきたXperiaの将来を憂いる

SO-02B(X10)からずっとXperiaシリーズを使ってきたわけですが、Z3Cを使っていた頃から
ずっと悩んでいました。おかしな冒険をすることが増え、「遠くから見てもXperia」と自信を
もって言える機種ではどんどんなくなりつつあることを実感しています。

特にXZ2シリーズはそこが酷い。

それでもまだ素晴らしいデザインとかならまだ目を瞑れる所も有りますが、全然そなことない。
実際持てば「それほど悪くはなかった」という、消極的な理由でしか受け入れられていません。
中には「素晴らしくカッコいい」という人もいないとは言いませんが、少なくとも多数派ではないかなと。

Xperiaの伝統の、サイドボタンの指紋認証の使い勝手は最高でした。
というか今もXZ1Cで使っていますが、最高に使いやすい。
並行してXCも使っていますので、この使い勝手の共通性も嬉しい所。

一日数回、iPhone 5sを使うとやっぱり全面指紋認証はダルい。
机に置いている時はまだマシだけど、手に持つと下部に指を持っていくと、バランス的に良くない。
電車が駅に止まっている時にドア付近にいるとちょっと緊張する。
私は相当なレベルでストラップホールに拘っているのですが、今使っている機種には一つもない。

だからこそ、指紋認証時の端末のホールド性というのは非常に重要になる。少なくともiPhoneの
旧シリーズのフロント下部の位置は、長い階段の上や電車のドア付近で使いたい位置ではない。
でも裏面はカメラのレンズを必死でこすったりと、意外とミスも少なくない。
色んなパターンを使い倒してみて、結局サイドボタンのXperiaがホールドの良い安定性と
素早いロック解除を得られるという答えに辿り着いた。

だから私はXZ2シリーズを見て、慌ててXZ1Cを買いに走った。
まだ使っていたXCシリーズが十分使える端末であったにも拘らず、もしかしたら私の中では最後に
なるかも知れないXperiaシリーズとして、一番まともな最期の機種の新品白ロムを慌てて買った。
Snapdragon 835とUFSを搭載したXZ1Cは私の期待通り、非常に個気味良く動きXCからの買い替え
でも十分なパフォーマンスアップを感じられました。無駄な買い物ではなかった。

恐らくドコモの嫌がらせと思われる、数日間起動していたら、GPSが全く取れなくなる病気も、XZ1C(SO-02K)
ではかなり制限が緩くなっており、一か月ぐらい起動していてもそう大きな障害は出てこない感じです。
勿論A-GPSがほぼ効かない時が有るという嫌がらせはきちんと注入済みなようで、ランダムに
GPSが速かったり、やたら待たされたり、10分待ってもGPSの精度がいつまでも中途半端に悪いまま
固定されたり、恐らく複数のパターンの嫌がらせが混入されていて、入れ代わり立ち代わりで、
MVNOユーザーに牙をむいているような印象を受けます。ドコモのクソ野郎。

尤もXC(SO-02J)のように4日も動作していれば、ほぼ確実にGPSが取れないようなレベルまで、
強烈な嫌がらせではないので、一か月以上も全く電源を落とさず、再起動もせずに普通に
使えていたのですけどね。

しかしながら、XZ1CとてA-GPSは初期には動作しないようで、GPSが0個、2個、3個と、一旦再起動
させるとGPSをキチンと掴むまで念のために15分~30分程度はGPS Statusを立ち上げて放置して
衛星を掴むようにしています。滅多に再起動をしないので、そう頻繁にすることも有りませんが、
ドコモによるMVNO利用者への攻撃として、私は怒りを覚えながらこの不都合に耐えています。

この怒りは最終的に多くのユーザーをグローバル端末へと導くことになるのが分かり切っているのに、
日本のキャリアは本当に馬鹿の集まりだなと思っています。選択肢が多い世界では、まず好かれてナンボの
存在なわけですけど、印象をよくすることよりも、今日明日売りつける事しか考えていないのですから。


キャリアの話はともかくとして、しかしながらソニーも自身の存在の意義を理解していないのは間違いない。
やはり安定してファンを掴んで売っていくには、まずは自社の端末にアイデンティティーを持たなければ
いけません。例えばiPhoneなら表の●ボタン、Xシリーズではこれを排除しましたが、確かに得られる
メリットは有ります。だけどデメリットとのトレードオフになる。

iPhoneは遠くから見てもiPhoneの”顔”をしていてなんとなくiPhoneと分かる。
勿論背面のリンゴマークでも分かりますが、それよりももっと重要なのは顔。
●ボタンや表の雰囲気が何となくiPhoneだから分かる。

Xシリーズはぶっさいくなノッチが有ります。
今年の新機種でノッチが無くなるという話も有りますが、だけどあのぶっさいくなノッチがXシリーズの
”顔”になってしまったことは確か。Android端末を出している、一部の他社もノッチ付きを出していますが、
国内ではほぼXシリーズしかノッチ機種は無い状態。良くも悪くもそれが顔に。

Xperiaは伝統的に板デザインとサイドボタン。
表の顔を見ただけでなんとなくXperia。
Xperiaは電車で女性が使っているのをよく見かけますが、顔で感じてサイドボタンで確信。
Xperiaなりのカメラやセンサがあり、iPhoneなりのカメラやセンサー位置が有る。
だからなんとなくぼーっと見ていてもだいたい分かる。

しかしZX2シリーズはそれが失われました。
だから私はXZ2シリーズを恐らくどこかで見かけているはずですが、意識がXperiaと認識していないのでしょう。
見かけないことはないですが、余りXZ2だと気付かない。
私から見てXperiaのアイデンティティーが失われた機種がXZ2シリーズなのです。

車では、何十年経った新車のシリーズでも、ベンツはベンツ、BMWはBMW、ボルボはボルボ、
audiはaudiと一目で分かるデザインの車がほとんどです。エンブレムを見なくても。

私はスマホにそれを求めていました。
でもそれを理解していない開発陣にガッカリです。
iPhone Xはもしノッチが無くなれば、何をアイデンティティーの自己主張と受け取ればいいのか。
Xperiaは板デザインとサイドボタンが無くなれば、何をアイデンティティーとすればいいのか。

確かに大きさや重さもマイナスポイントが大きすぎます。
でもそれを許せるアイデンティティーの主張というものが有るのですが、それも失われた。
しかもカッコ悪いし、カッコ悪さが薄まっても、カッコ良くはない。
じゃあ軽量かと言えば超重量級。
だからそんなもの売れないって。

少なくとも欲しくないですし、慌ててXZ1Cを買ったし、私が買った前後位から一気に白ロム新品の
XZ1Cが売れに売れて今では発売当時の新品価格レベルまで価格が上昇しています。
しかもかなり品切れ気味だし、既に売れてなくなっている所も多い。
だってXZ2シリーズは要らない子ですから。

XZ1Cをちょこちょことチェックしていますが、もう7万円台未満ではXZ1Cは買えません。
私が買った時よりも2万円以上値上がりしちゃっています。

それが多くの方のXZ2シリーズへの回答だと思います。
内容的にはハイエンドとしては凡機種ですが、だけど必要十分な内容ではあるので、
デザインポリシーさえ間違っていなければ、XZ1Cと同じぐらいは売れたかも知れません。
Snapdragon 845の発熱とバッテリーの持ちの悪さ(835機種と比べて)を考えても、
845機として標準的な性能を有しているので大きな問題では有りません。
だけど今まで培ってきたデザインポリシーを捨てた為、やっぱり要らない子なんですよ。
遠くから見て、何か分からないような機種を使いたいとは思わないし。


ソニモバの開発陣様、もし見ていたら、遠くから見て何かが分かるってのはそれだけで力です。
まずはそこでしょう。

6世代から不格好になったiPhone 6以降のシリーズでも、iPhoneとしてのアイデンティティーは
しっかり有りました。だからぶっさいくですが、それでもものともせずに売れました。



アイデンティティーに音も含まれます。
あの世間をバカにしたような聞いているだけでムカつくマリンバの着信音も、「あ、iPhoneだ」と
分かるアイデンティティー。

Xperiaは・・・ここでは「いつものXperiaの音」というアイデンティティーは確かに有りますが、
それはXperiaユーザー同士でしか感じられません。Xperiaとしてのアイデンティティーの着信音は、
やはりVoicesでしょう。

XperiaのCMサウンドとして繰り返し流れ、ピアノバージョンは本当に良く出来ており、私は
このピアノバージョンが大好きです。着信音としてソニモバより提供されていますので、
錆の部分でちょん切って利用しています。

人のいる場所で私のXepriaに電話の着信が鳴ったら、周りが「あっ」という顔をする時が有ります。
iPhoneユーザーですら分かる、Xperiaとしてのアイデンティティー。これ。

そのアイデンティティーが、他機種ユーザーへの遠回りな宣伝活動になるのです。
ソニモバだって、ユーザーが日本中に散らばって、草の根宣伝活動をしてくれたら嬉しいのではないですか?

顔や音のアイデンティティーってそういう側面があるのです。
しかしソニモバはそれを甘く見ている。
前からも、今現在でも。


何にしてもXZ2シリーズはガッカリ端末であることは変わりませんし、
この状況でXZ3シリーズにデザインを含めて踏襲すると、場合によってはXperia死亡にまで
話は発展するかもしれませんね。

  1. 2018/07/16(月) 00:36:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

携帯会社のソフトバンク、数字が右肩下がりで孫正義氏が新規上場をさせて最後まで稼がせて搾り取る

ソフトバンク 携帯電話子会社の新規上場を予備申請 ~ テレ朝news
ソフトバンクグループは携帯電話子会社のソフトバンクについて、新規上場の予備申請をしたと発表しました。
ソフトバンクグループの孫社長は今年2月の会見で、上場について「できれば1年以内に行いたい」と述べていて、今回の予備申請は年内上場に向けて審査をスムーズに進める狙いがあるとみられます。

ソフトバンクグループが虎の子の携帯会社のソフトバンクを新規上場させる為の予備申請をしたようです。

孫正義氏はなぜ今頃になってソフトバンクを上場させるのか。
理由は簡単です。

まずは以下の資料を見て頂きましょう。
長らく話題にも上らなくなったTCAのアレですね。

TCA > 携帯電話・PHS契約数 > 事業者別契約数


四半期に一度発表のTCAのソフトバンクの数字です。
関東はよく純増していますが、ソフトバンクホークスがある九州で僅かに微増、
それ以外の地域はどんどん客が逃げている様子が分かると思います。

これ、あのワイモバ学園で学生を騙しにかかっているワイモバイルを足しても全国的なこの純減ぶりです。
朝鮮人天国の地域をいくつか抱えている関西地区ですらガンガン減っているのです。
増え続けている関東だってお金が発生する回線かどうかも怪しい所・・・、
でもこれはいつもの本来のソフトバンクの姿ですから納得です。
平壌運転です。


で、もう一つの資料(?)

当ブログ記事
 ●ソフトバンク、1515億円でモバイルゲームのSupercellを買収 ~ ケータイWatch
 ●ソフトバンクが描く「ドコモを抜く」像(現場画像追加)
 ●第32回定時株主総会、孫正義とThink differentな仲間達  ←オススメw
 ●なんだ?この関係は・・・ソフトバンクモバイル

私がこれらの記事で書いている通り、長らく携帯のソフトバンクは以下のような状態でした。

 〇ソフトバンク(社長:孫正義 資本金2,137億9,700万円) → ソフトバンクグループ株式会社
    |
 〇モバイルテック(社長:宮川潤一 売上高 300万円(平成17年3月期))
    |
 〇BBモバイル株式会社(社長:孫正義(代表取締役社長)モバイルテック株式会社 100%(議決権ベース))
    |
 〇ソフトバンクモバイル(社長:孫正義(代表取締役社長))) →ソフトバンク株式会社

間にモバイルテックとBBモバイルという、ペーパーカンパニーを挟むことで、
ソフトバンクモバイルの配当を社長が個人的に吸い取り放題でした。

ソフトバンクモバイルも非上場、間のペーパーカンパニーも非上場。
税務署さえ抑え込めばやりたい放題上がりを抜けたのです。
役員報酬とか、どっさり取っていたことでしょう。

しかし上に書いた通り、携帯のソフトバンクは右肩下がり。
そんなわけで孫正義氏は以下のように企業組織を組み立てなおし始めました。


Wikipediaのソフトバンクと関連する企業の項より。

  〇ソフトバンクグループ株式会社
    | |
    | 〇国内事業をソフトバンクグループジャパン合同会社 (国内事業を傘下にまとめる会社)
    |
    〇ソフトバンクグループインターナショナル合同会社 (海外事業を傘下にまとめる会社)

まあすっきりしたこと。
ただし情報元によれば、全てインターナショナルにまとめて、ジャパンは解散したという情報も有り、
何が本当なのか、今一確定できない所もありますが、何にしても過去のようにちゅーちゅー企業が
間に二社も噛ましているようなことはもう無いでしょう。


そんなわけで、ソフトバンクの下降線が見えて、旨味が無くなってきたので、まだお金に換えられる
うちに上場させて、最後の親孝行をしてもらおうということなんでしょう。


終わり。

  1. 2018/07/12(木) 02:04:53|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

[追記有り]AndroidでChrome以外のブラウザでのアクセス時、ブラウザ名とバージョンをきちんと表示するように変更しました

先日からアクセスランキングを少しいじっていたのですけど、
ずっと気になっていたブラウザをきちんと判別して表示するようにしました。

今まで中途半端に判別していたものが有ったんですよね。
ずっと「Mobile(Android8.0.0)」みたいな表示をされていたのがFirefoxです。
これも気持ちが悪かったので、バージョンを含めてきちんと表示するようにしました。

Fennec
Focus
Opera Mini
Opera Mobi
Focus
Firefox

とりあえず判別してブラウザのバージョンまで表示するようにしたのはこれだけ。

勿論Android版だけです。
iPhoneやらWindows Phoneは一応判別してそれなりの表示はしていますが、
今までのAndroid版のブラウザ表記と同じレベルで、バージョンなどが表示されなかったり、
今一つしょぼい状態です。


この違いは、Android用のブラウザが皆ほぼ同じ表記でUAの表示ルールを統一して
くれていることが大きいです。ただし機種名がUAに入っていないので、苦し紛れに
ブラウザ表示しているという事情は有りますけどね。

取り敢えずはAndroidでアクセスするとブラウザのバージョンまで出るようになったと言うことです。
機種名が出ているものは、Chromeと旧のAndroidの標準ブラウザの二つだけです。





【追記】

アクセスランキングの集計しているグラフの方の数字に関してです。
MVNOの数字ですが、今迄ドコモとauに分かれていて、ソフトバンクの分も初めからプログラムして
いたのですが、どうやらmineoにしてもbmobileにしても、元キャリアを分けて取得できないようです。

今まではmineoは全てmineoはDもAも全てau系のMVNOとして集計していました。
しかしこのままこういった集計の不備を重ねていくのも限界だと思いまして、元キャリアを分ける
のを諦め、MVNO一つにまとめて表示することにしました。
ずっと分けて表示したかったので、色々調べたのですけどどうしても無理でした。

残念です。

  1. 2018/07/08(日) 19:34:19|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。