鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

取り敢えず、大阪の地震について・・・パケット通信については何とか持ちこたえた感じ?安定した通信が出来ていたように思います

昨日の朝、大阪で大きな地震が有りました。
私の所にも緊急地震速報が届きました。



直下型独特の縦揺れを感じ、これは津波は心配ないと直感。



ツイッターを見ると、徐々に表れてくる各地の被害情報写真や動画。
テレビでもツイッターの動画を利用して報じられていました。
NHKだけはスクープBOXという独自の投稿窓口を持っているので、
独自の動画を手に入れて報道していたりします。

これがネットと報道の融合ってやつ?
日本の一億二千万、総記者状態でスクープ動画が生み出される時代。


駅からも画像が投稿されていたりもし、インフラが壊滅しない限りは、
もう災害時ですらも、パケットや通話が輻輳して詰まることもなさそうです。
そういえば”輻輳”なんて文字を変換したのは何年ぶりでしょうか。
長らく輻輳という言葉と触れ合っていなかったように思います。


東北の津波のように、基地局まで飲まれてしまえばこういうわけにはいきませんが、
基地局さえ死ななければ十分に災害時の異常なほどのトラフィックを捌けないことはもうなさそうです。


ただし、ちょっと面白い報告が有りました。







こんな感じです。

『FOMA着信、LTE発信着信は問題なし。』

これ、ドコモの客層をモロに表していますね。
今時3G通信を行う端末を持っている層がドコモを使っているということで、携帯に関して
保守的思考を持っている人がドコモを積極的に利用しているということがわかると思います。

恐らく純粋な3Gの折り畳み携帯を使っている層がメインで、LTE対応のスマホを持っていても、
VoLTE未対応な端末持ちの層が後に続いている感じでしょうか。

[取り敢えず、大阪の地震について・・・パケット通信については何とか持ちこたえた感じ?安定した通信が出来ていたように思います]の続きを読む
  1. 2018/06/19(火) 03:40:52|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

iOS 12をiPhone 5sに入れてみました・・・iOS 11と変わらず普通に使えてます

うちのiPhone 5sはiOS 11.4まで上げていました。




WWDC2018でiOS 12の発表が有りまして、iOS 12のベータバージョンがリリースされました。
そんなわけで先日iOS 12にアップしてみました。

 

世間では11.4と12のどちらが速いかとかそんなことが言われていたりしますが、
そんなことはどっちでもよく、多少速くなった?大して変わらない?
という、誤差程度の違いしかないと思います。

問題は今まで使っていたアプリが問題なく使えるのかどうかぐらいです。
私の興味はその程度。

今の所特に問題は出ていません。
速度的には「iPhone 5sはiPhone 5sでしかない」です。


ただしiOS 12は特に重いOSではなく、今まで通り使い物になります。
ということだけは確認できたと思います。

勿論iOS 7~9辺りまでの快適さは微塵も有りません。
その頃まではA7プロセッサのパワーが十分に通用していたので快適でした。
しかし今のOSでは反応が遅い、カクつくなど、古いスマホならではの遅さは隠せません。

それでもAndroidでガーベージコレクションの嵐に見舞われながら使うよりも十分に快適です。
Androidでガーベージコレクションが頻繁に発生しだしたら論外な使い勝手になりますので。


そんなわけで、iOS 12はiOS 11が問題なく使えている端末でしたら十分に快適だろうと思われます。
そもそも2013年発売のiPhone 5sで未だに使えているのですから。

Androidで同期の端末と言えば、Snapdragon 800ですのでまだまだ十分に使えるレベルの
端末ではありますが、GBをどう処理しているかで快適さが決まると思います。
OS的にはAndroid 4.2辺りですからね。
まだ現役で使えないかと言えばそんなこともないですが、もう積極的に使いたい時代のものでは
無くなっていますよね。それを言えばiOS 7も似たようなものではありますが・・・。


ただ、AndroidがOSの重さがどちらかと言えば、メモリを食うようになっているものの、
動作速度的には軽くなっていく傾向にあります。これは元々マルチフル装備だったという
事情が大きいですが。

一方iOSはどんどん重くなっていっています。
これはシンプルで軽いOSとしてスタートしたiOSが、色々機能を盛っていく上で仕方のないことです。
機能を足して重くなるものと、重さとは関係ないものが有り、iOSはOSとしても根幹部分がシンプルな
作りで、新しい機能を盛るとどうしても重くなってしまうのです。

Androidが重くなりにくいのは、初めからOSとして、様々なことを考慮して作って逢ったからです。
よくAndroidはVMで動作しているから重いんだといった物知り調のご意見が有りますが、
そういう人はOSの設計をほぼ理解していない人だと思います。
OSには見えないタスクが山のように走っており、表面的なUIやらスレッドの速度はそういうものに
大いに影響を受けています。

Androidが「カクツク」と言われていた裏には、その引っ掛かりの所で、様々なスレッドが動いていた
ことの証であり、古いシングルコアのプロセッサの頃から色々フル装備だったことが分かると思います。



この辺りは初めから機能盛り盛りでいくのか、プロセッサに歩調を合わせて進化させていくのかと
いう思想の問題もあるので、どちらがいいとかは言いません。

ただどちらのルートを辿ったにせよ、今になってほぼ同じところに辿り着いたかなと思います。
まだiOSの方が味付け的にはシンプル側かな?
ここから先は”味付け”レベルの違いしかないかなと言う所でしょうか。



そんなわけでiOS 12は初期のベータ版ということを考えると非常に安定していると思います。
根幹部分を弄っている様子は余り感じず、あくまでもバグ取りと成熟に徹しているからでしょうかね。







追記:6/16 3:40
実はiOS12βに関してちょっと色々言われているのです。
私はメインでiPhoneを使うことはないから支障がないだけで、結構色々問題点が上がっているようです。

しかもiOS11.4がWiFi起因のバッテリードレインに見舞われており、それは結構な割合で起こる模様。
なので、今iOSはちょっと地雷が多すぎる状態。
下手にアップしないで、11.3.xで我慢しておいた方がマシですよ。
本当に単一企業で作られているものとは思えないほどの品質の低さですね。
ずっと前からこの状態の繰り返しですけど・・・:-P

  1. 2018/06/15(金) 19:38:29|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

訳有ってXperia XZ1Cへの移行を決意、やはり快適そのもので余力が有り過ぎてバッテリーが減らなくて困っている

古いXperiaを使っている知り合いが端末を落として画面を割ってしまったみたいで、
先日会った時に、バッキバキのXperiaを無理やり使っている所を見てしまいました。

そんなわけで、私が使っていたXpeira XC (SO-02J)をあげようと思い、既に手に入れて
いたXpeira XZ1C (SO-02K)に入れ替えを決意しました。


その知り合いは、私があげようと入れ替えを始めたことも知らず、タッチの差で
iPhone Xに買い替えてしまっていました。XCをあげるということで、メッセンジャーでチャットで
話していたら、20~30文字位の返事に、5分やら、10分やら返事が死ぬほど遅い。

事情を知らない私は「落としたXperiaの調子が悪いの?」と聞くと、iPhone Xに慣れてなくて、
必死で打っているのに誤変換だらけで返事が遅くなる・・・と誤変換の嵐の中で苦しい返事。
「折角僕のXperia XCをあげようと思ってたのに、劣化したのかよw」と一言。
メッセンジャー系のアプリとメール位しかしない、IT系にはめっぽう疎い彼女からすれば、
その返事すら四苦八苦しているという有様。それでも某巨大病院の病棟内では
結構偉いさんという、有り勝ちだったり無かったりする話です・・・まあこの辺りは余談ですが。




そんなわけでXperia XC→XZ1Cという、初めてAndroid 8.0→8.0という、最新OS同士での
端末の引っ越しを経験しました。

まあもうAndroid端末の引っ越しは慣れたもの。
今迄の端末をそのままで、新端末に旧来から使っているGoogle IDを入れるだけという簡単なお仕事。
それだけで旧端末の環境がだーーーっと再現されます。

しかし再現されるのはアプリを自動ダウンロードすることと、設定などのデータベースの移行だけと
思われます。でもそれが超便利。

設定されている着信音から、Gmailのラベル振り分けやその着信音の鳴り分け、目覚ましタイマーの
設定時刻やその他アプリの設定のほぼ全部が新端末に再現されています。これはAndroid 6.xの頃か、
7.xの頃には既にできていたような気もしますが、細かい部分で惜しいと思う所も有りました。
それが細かい練り込みも有ったのかも。再現されてないと思う部分がほぼ無くなりました。

で、まあこんな感じ。
まあJ→Kになった以外は大して違いは有りませんが。



セキュリティーパッチは5月1日版、新しい状態を維持出来ていますね。


写真はMicroSDに保存しているので、MicroSDを新端末に入れれば全部移行完了。
DCIM内の写真は全てそのまま移行されました。
旧端末の100ANDROフォルダをリネームして、新端末では新しいフォルダに記録することにします。

ただし残念ながら内臓ストレージに記録されたファイルだけは手動で移行する必要が有ります。
主な所ではDownloadとPictureの二つ。
私は着信音を外部ファイルで提供しているのでRingtonesの中身も自分で移す必要が有ります。
ただ着信音の設定は自動的に引き継がれているものの、恐らくフォルダパスが違うせいなのか
理由は分かりませんが、一旦着信すると正しく着信音が鳴りません。
着信音はXperiaのCMで使われていた「Voices(大井健ピアノバージョン)」をカット編集をして使っています。
これがきちんと引き継がれることは有るのでしょうか・・・?
相対パスで処理すればできそうな気もしますけど、どのタイミングでファイルをコピーするかに影響されそうです。
出来たらRingtonesに保存してあるファイルと設定はクラウドに吸ってもらっておき、自動的に再現されると有難いです。



ウィジェットも手動で置きなおす必要は有りますが、設定は全て残っているので、置いた瞬間に
カスタマイズした内容のままで表示されます。これも6.xか7.x位の頃から出来ていました。
昔はいちいちウィジェットの再設定していたのですけどね。フォントまできちんと再現、有難い。



しかしながら、Androidでの端末の移行に関して大きな不満が。
大きくは二つ。

●一つ目の不満

まずは初期化が終わって端末が立ち上がって、Google IDを要求してきますが、
ここでIDを入れたらアプリのダウンロードが勝手に始まります。
それはいいのですが、私はそれよりも前にAndroid OSを最新バージョンにアップしたいのです。
なのでそこでキャンセルを選びます。

そうしてOSを最新にまで持っていくのですが、そうするとアプリの環境を旧端末から吸い取りを
再開する手段が提供されておらず、旧端末の環境の再現を開始する術が有りません。
仕方ないので、もう一度端末の初期化を行います。
そうするとどの端末の環境を引き継ぐのか聞いてくるのでSO-02Jを選んでやっと解決。
なので端末の移行時は毎回無駄な初期化がもう一度必要になります。
こういうのは環境引継ぎアプリとしてユーザの意図で行えるものとして分離しておいてほしいものです。

初期化時だけではなく、いつでも自由に環境の再現をさせてくれたらいいのですけどね。
何故初期化の立ち上がり時にしか出来ないのでしょうか。
便利になるのはいいのですが、こういう部分はユーザーに選ばせるべきでしょう。
初回だけみたいな特別性が必要な事とは思えないのですよね。



●二つ目の不満
ホーム画面アプリが引き継がれない!
なので、ホーム画面アプリを入れ替え、アイコンをポチポチと置きなおす必要が有ります。
APEXは幸い設定と、アイコンの位置をストレージにセーブしておき、リストアする機能が有ります。
私はそれをセーブして初期化し・・・リストア失敗。
APEXの設定保存が内臓ストレージに記録されるのを忘れていました。
こういうのは自動でMicroSDにするか、選べるようにして欲しいです。
初期化したら保存したデータごとやられてしまう悲劇、意味無いやんw

結局ホームアプリの情報を、Android側で覚えていてくれないから初期化や移行時に
クソみたいな必要のない手間がかかるのです。
OS側でホーム画面を保存して再現する為のインターフェイス位作れよ。
ホーム画面アプリなんて、スマートホン上でAndroidを使うならば必須なんだから。
その設定の引っ越しが一番の手間になってどうするんだよ。



内臓ストレージに記録されたファイルとホーム画面以外、アプリ関係の設定はほぼ完璧に
Google IDの入力だけで再現されるので、移行の手間は本当に楽になりました。
目覚まし時計の設定がスムースに移行されているので、移行完了する前に既に
新端末を目覚ましに使える便利さ。楽になったものです。


勿論モバイルSuicaとLINEは手動で移行する必要が有ります。
モバイルSuicaはサーバーに預ける指示をするだけ、LINEはアカウント移行する指示をして、
必要ならば、ログをクラウドに投げておく指示をするだけで全ログ自動的に送られます。
旧端末側での事前作業はこの二つだけですね。
私は旧端末はずっと手元にあるので後からにしましたが。


新端末になっての違いは、AnTuTuベンチが速くなったこと。
ウェブページの表示が速くなったこと。
FGOが少し快適になったことぐらいでしょうか。
XCよりも明確に快適になったなという感触は有ります。

確かに全体的に早くはなりましたが、何故かXCも機種編直前頃にはウェブページの表示など
色々高速化していたのです。Google側からバージョンアップできる個別ファイルを弄っているのか、
それともChromeが高速化しているのでしょうか・・・?


とりあえずAnTuTu張っときます。



UXとメモリが足を引っ張っていますが、まあ良好かな。
XCからすると、倍近く数字が上がったので快適さは確かに上がってはいますが、
実際には倍も違いを感じることが出来ない位にはXCはそこそこ優秀だったかなという気はします。




あと恒例のドコモのクソアプリの通知禁止突破状況。

 

SO-02Jでは何故か通知が勝手に減少しているということが起こっていましたが、
SO-02Kではクソみたいなドコモアプリの通知が山盛りやってきます。

総務省はこういったキャリアのSIMフリー端末台無し政策を厳しく取り締まる必要があると思います。
何のためのSIMフリーなんだってことですよ。
SIMを認識して電話が繋がって、パケットが通ればいいというのでは間違いです。

ただ02Jで起こっていたこととして、機種編前位には余計な通知が減っていたような気がします。
もしかしてGoogleが開発者サービスなど、Googleが書き換えられるサービスで対策を入れた?
いや、そうならば02Kでも通知が止まるはずなのですけど・・・それとも何かの決め打ちで機種ごとの
対策が必要?なんにしてもOS側の対策も有りがたいですが、総務省がコラーしてくれるのが
一番いいことだと思います。



使っていて本当にストレスレスな環境ですね。
Android 8.0は7.xの頃と違ってアプリ立ち上げ時やメモリを大きく弄り回すアプリ切り替え時等の
タイミングで起こるガーベージコレクションがほとんど起こらなくなっているからです。
そういった意味ではXZ1CもXCも快適です。
以前はガーベージコレクション関係の問題とか、色々有りそれを記事にもしました。


XZ1Cの快適性にはSDM835の効果も絶大ですけどね。
でもSDM650→835の違いは、快適性よりもプロセッサの余力がバッテリーの持ちを良くしている方へ
大きく働いているように感じています。XZ1Cは驚異的にバッテリーの持ちがいい機種として定評が有りますから。
私がXZ2CではなくXZ1Cを選んだ理由は宇宙船デザインだけではなく、バッテリーの持ちも大きな要因と
して有ります。SDM845は電力効率がいいとはいえその分性能アップしているので、総合で見ると
消費電力は増えているというわけで、省電力目線で見るとSDM835の方がいいプロセッサと言えます。


そんなわけで、XCでも結構バッテリーの持ちが良かったと感じていただけに、XZ1Cは本当にバッテリーの
持ちに関して安心感のある端末かなと感じております。


まだ一週間かその程度しか使っていないので、追々また何かのネタで記事にしたいと思います。

  1. 2018/06/11(月) 23:49:16|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

iPhone SE2とか言っているアップルファンの人、そろそろ諦めたら?

結局、「iPhone SE 2」はいつ発売されるのか ~ iPhone Mania
世界開発者会議(WWDC 18)では、一部で期待されていた「iPhone SE 2」やワイヤレス充電マット「AirPower」を含め、ハードウェアの発表は一切ありませんでした。いったい、「iPhone SE 2」はいつ発売されるのでしょうか?

何を勝手に期待して、何を勝手に焦れているのでしょうか。



私はiPhone SE2は出ないと思っている人です。
そもそもiPhone SE自体が5/5sの売れ残り部品の在庫一生セールであり、
それ以降で売れ残って部品が余っている機種が有れば、中のプロセッサだけ新しくして
それをSE2で売るかもだろうけど、アップル自体がiPhoneをもう頭打ちとSEの発売段階で
既に認識しているでしょうから、もうそんなタコな在庫管理もしていないでしょうし・・・。

そういうわけで、SE2が出る素地ってほぼ無いんですよね。
それを、XベースのデザインでSE2とか、何でそんな発想になるんでしょうね。
これだからiPhoneファン達は・・・。

もうちょっと冷静になれよ。




ただでさえ、次のX後継の画面数のバリエーションが増えるとか(勝手に)言われているのに、
更にSEシリーズ後継を新設して勢いをばらけさせる必要があるのでしょうかね。

どうせならブランディング戦略を考えると、アップル的にはXシリーズに全力を注ぎたいですよね。
テレビのCMを見ていてもそうにしか思えないのですけど。

  1. 2018/06/08(金) 19:59:26|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

総務省がキャリアの二年縛りの違約金無しにチャレンジ、SIMロック解除も買った人以外できないというクソ状態の解消も

総務省、大手携帯3キャリアに「2年縛り」の“違約金なし”を要請 ~ CNET Japan
総務省は6月6日、「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の取りまとめを受け、MVNOを含めた事業者間の公正な競争を促進するため、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯キャリア3社を指導し、対策を講じるように求めたと発表した。

世間の大ブーイングの中、私はずっと総務省の施策を応援してきました。
端末代を正規料金にし、その分携帯の回線代金を下げろと言うのが一貫した私の主張です。
総務省もそれに近いことをしようとしてはきましたが、クソキャリアの抵抗の前に、
なかなか思うようには事は進まず。
しかしながら、多少は端末代の大幅値引き売りは隠れて行われるようになり、
昔ほどはうまみのある案件の数は減少したように思います。

それでも新卒新入の時期にはうまみのある案件も有ったようで、新古市場には明らかに
それで手に入れたような端末がずらりと・・・。
しかしその数は昔ほど潤沢でもないようで、弾切れは速いように思います。
総務省の頑張りが一部では効き目を発揮しているのでしょう。



総務省が次に手を入れるのは冒頭の記事にあるように、二年縛りの違約金のようです。
端末の分割の支払い完了と、二年縛りの契約満了月をわざとずらせて解約しにくくするような
テクニックをソフトバンク系を中心に開発されてきたリ、結局ユーザーに不利になるような
ものが出てきました。恐らくその辺りの是正目的ではないかなと思います。


それともう一件、重要なこと。

改正案では、通信事業者が端末の流通・販売事業者に対して、不当に端末の流通・販売を制限することを禁止するほか、通信事業者が中古端末のSIMロック解除に応じることを義務づけるとしている。

今、キャリア製の中古端末は、キャリアから買った人しかSIMロック解除できないようになっている
ものがあります。少なくともドコモはそうなっています。auとソフトバンクはどうでしょうか。

そういった端末は白ロムで市場に流れてしまうと、偶然持ち主を見つけない限りは二度とSIMロック解除が
できなくなってしまっています。それの是正が目的だと思われます。
日本のキャリアは本当にクソな事ばかりしますね。

あとはドコモでの話ですが、ドコモ製のキャリアクソアプリの排除も。
今はそれを無効化出来ない上に、SPモードを要求してきたリ、dアカウントを要求してきたリ、
MVNOではどうしようもなくなるような仕組みがわざと入れられています。
これだとSIMロック解除しても意味無いですよね。
恐らくドコモに限らず同じようなことが有ると思います。


こういうことをするから日本のキャリアはユーザーから本気で嫌われるのです。
キャリアを嫌うからキャリアから離れ、キャリアから離れるとキャリアのクソさを骨の髄まで感じ取る
ことが出来るので、よりキャリアが嫌いになるという悪循環。

日本のキャリアはそれを全く理解していないのでしょう。
キャリアが嫌われないなら、何かの機会にはまたキャリアにお世話になろうという気持ちも働く
のですが、今私は日本のキャリアに得になるような協力をするつもりはさらさらありません。

だって今現在、キャリアはユーザーが損することしかしませんからね。
だから自分の身は自分で守るしかないのです。



総務省頑張れ、こんな優しくではなく、もっと本質的な部分をガンガン攻めて欲しいです。
端末販売に補助金的なものを一切適用できなくなるように、思いっきりやってほしいです。



追記です。

総務省は、これだけの内容を指導・要請するようです。
以下の記事に総務省の詳細資料へのリンクが有ります。
総務省が3キャリアに指導と要請、MNP円滑化や解約時の費用を是正へ ~ ケータイWatch
■MNPの円滑化
■加入者管理機能(HLR/HSS)の連携、MVNO負担
■迷惑メールフィルター
■ネットワーク利用制限の情報公開
■利用期間の拘束と違約金
■利用実態に合わせたサービスを案内
■MVNOにおけるテザリング
■帯域幅の柔軟な変更、音声卸料金の低廉化、キャリアメールの転送サービス
■自動更新の有無によるプラン格差
■日割り計算

今回は結構本気で取り組むようですよ。

ただ、端末に関してはほぼ言及が無いのが残念です。
キャリア製のアプリや仕組み等による嫌がらせは、まだまだ続きそうに思います。





あと、私の想像なんですけど、MVNO運用のXperiaで時間が経つとGPSが取れなくなるという
症状ですが、これわざと仕込まれているドコモソニータイマーの線を疑っています。

私の見立てでは、キャリア端末にはMVNO運用で最大限不便を強いるような仕組みをありと
あらゆる手段で組み込んであるように感じるのです。XperiaのGPSが受けられなくなる
不具合に見えるこの症状も、多分わざと入れてあるドコモソニータイマーにしか見えない・・・。
何世代も同じ病気持ちとか、余りにもおかし過ぎるでしょう。
その間プロセッサも何世代も変わっているのに。
もしそうであれば、総務省から強い強い指導をお願いしたいです。

  1. 2018/06/08(金) 00:43:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

手持ちのiPhoneにiOS 11.4を入れてみた結果

iPhoneにiOS 11.4が降ってきて数日。
私はたまたま降ってきて数時間後にアップデートを完了させました。



5年近く前の端末にすらまだ最新のバージョンのOSを提供してくれていることに感謝。
素直にこれはiPhoneのかなりいい所です。


そんなわけで、バンザイ・・・したいところですが、素直にそう言えない事情がありまして・・・。




私は2種類のライトニングケーブルを利用しているのですが、二種類とも純正ではない外品です。
それが前回のアップデートの11.3.1頃から片方が使えなくなりました。

一種類しか充電もPCとの接続にも使えなくなりました。
変な対策に引っかかったのか、それとも単純に断線しただけなのか、今一つ分かりません。
でも充電すらできなくなりました。
PCに繋いだら反応はしますが接続には失敗します。
よく分かりません。
当然11.4でも症状は全く同じです。





あとこれはOSのバージョンには関係のないことです。

カバンに入れて持ち歩いていたら、知らない間にこんなことになっていました。





神々しく漏れ出る光・・・(;´Д`)


一緒に持ち歩いているAndroidの端末ではどれ一つと起こったことの無い現象です。
基本的には国産機ばかりですからやはり部品の信頼性が違いますね。
グローバル機と違って販売単価が高いだけは有ります。
国産機の無駄と言っていいほどの信頼性は、こういう所では感謝。

iPhoneは基本的にはグローバル仕様の信頼性。
日本の国産機の信頼性には遠く及ばず。
これがコストの違いを大きく反映しています。


そんなわけで、自分で交換用の予備バッテリーは買ってあるので、別に困ることは有りません。
一応互換バッテリーでは比較的信頼度の高いROWAのバッテリーを購入しました。
まだ交換していませんが。



とりあえずベンチでFGOだけSO-02J(Xperia XC)と比較してみました。
Unityがシングルコアしか使えないというクソ仕様の為に、シナリオロードはXCが圧倒的に遅いです。

当ブログ記事
「重いゲーム」として紹介してもらったFGOをプレイしてぶった切る、何このわざと遅くしている感・・・OreoでFGOが高速化した理由も含めて色々考える
FGOのAndroidとiOSの差が見えてきた・・・iOSでもGCが発生する時がある等一筋縄ではいかない問題勃発

しかしその他はXCの方が速い部分や、スムーズな部分が有り、どっちもどっちという感じでしょうか。

シナリオロードだけ速くなれば、圧倒的というほどでもないですが、XCの方が快適です。
まあ両方が最新OSとは言え、3年違いの端末なのでXCの快適でも褒められませんけど。
ただしXCはハイエンドではなく3年後とは言えミドル帯の端末ですけどね。
XC(SDM650)ではなくX(SDM820)ならもっと快適でしょう。


こうなると、さすがにA7プロセッサでは古さを実感しますね。
まあ5年前の端末がよく頑張っていると言えます。


さすがにiOS 11.4ではもっさりと言いたくなる動きです。
iOS9.xの頃が懐かしいです。
使えなくはない動作の重さでまだなんとかなっています。
古い端末だけど頑張ってくれていますね。


それだけにバッテリーの膨張だけが残念です。

  1. 2018/06/03(日) 03:30:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

XZ2C発売直前に、悩みに悩んだ末売り切れ直前のXZ1C(SO-02K)を手に入れた

先日Xperia XZ2/XZ2Cはクソ的な記事を書きました。
実は書いていただけでは有りません。



どのぐらいXZ2/XZ2Cに対して匙を投げていたかというと、ほれこの通り。



そんなわけで、既にXZ1Cを手に入れてしまっております。
でもまだ使っていません。
XCで問題なさすぎるので、入れ替えの手間が面倒でして・・・w


XZ3/XZ3Cが出てきたら入れ替えるかも?
それともXZ1CにAndroid P(9.0?)が降ってきたら入れ替える?

まあまだソニモバからもドコモからもAndroid Pについてどうするのか発表は有りませんが、
Snapdragon 835以下にはAndroid Pは降ってこないということらしいので、650は8.0で最後でしょう。
(正直8.1まで欲しい所ですけど)


そんなわけで、XZ1Cを手に入れたというのも有ります。
XZ1Cがそろそろ売切れ始めているという事情があり、迷った挙句品切れ前に押さえたのです。


ほんま、モバイルSuiCaが使えるグローバル機が心底欲しいですわ。
ストラップホールと防水も。
これを満たす機種って本当に無い。
(結局AndroidPayもFeliCa必須ですしね)


困りに困って、結局まだドコモ版のXperiaを買わなくてはならない理不尽。
要らないアプリがもっと少なければ、別にドコモ版でもいいかなと思えるのですけど。
テザリングのことも考えると国産機でもやっぱりXperiaってなっちゃうし、
まだまだ他に移れなくて困っている現状。

ああ、困った困った。




まあAndroid 9.xの時代になっても、しばらくはXZ1Cでしのげますけど。

そんなわけで、早くXZ1Cに移れる気力が欲しいです(;・∀・)
でないと、いつまでもXCを使ってしまいそうで・・・。





関係無いですけど、一つだけ不具合報告。
XCをAndroid 8.0にしたせいかどうかは分かりませんが、
ボリュームをどう変えても音量が変化しなくなる病が今迄で一度だけ、昨日に発症しました。
音消しでバイブのみのまま全く何を変えてボリュームの変化が無くなりました。
結局再起動するまで、通知も目覚ましも音が鳴らず、危うく寝坊しかけてしまいました。

こんなバグは困りますね、マジヤバい。
Android 7.xの頃にはこんなバグは無かったのですけどね。

ただし、GPSの衛星の拾えなくなるバグは解消した模様。


そんなわけで、これは何とかしてもらいたいものです。
危なっかしくて、目覚ましに使えないと緊張感が出来ております。
困った困った・・・。

  1. 2018/05/27(日) 19:40:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

Snapdragon 710の発表、ミニハイエンド的存在で今後のボリュームゾーンに育つ可能性が濃厚

Qualcomm、660から性能が最大20%向上した「Snapdragon 710」 ~ PC Watch
Qualcommは24日、10nmプロセスを採用したハイミドル向けのSoC「Snapdragon 710 Mobile Platform」を発表した。
Snapdragon 700シリーズ初となる製品で、600番台より上に位置づけられる。CPUはKryo 360×8で、最大クロックは2.2GHzで動作。新たに10nmプロセスを採用し、AIアプリケーション性能は660と比較して最大2倍に向上。通常性能は最大20%、Webブラウジングは25%、アプリケーション起動時間は15%向上するという。

クアルコムはSnapdragon 710シリーズを発表。
実質Snapdragon 670で、そこからのリネームで700番台を新設。

600番台後半は、ミドルハイクラスと言ってもいい感じで、私も650のSO-02J(Xpeira XC)を愛用。
Cortex-A72 x2 + Cortex-A53 x4で28nm HPmでの製造、周辺のパーツは違いますが、
14nm LPPで製造された820のしょぼい版程度の性能は十分にあります。

660なんて14nmだし、Kryo 260 + Kryo 260の4 + 4でもうちょっとしたミニハイエンド的存在。
 AnTuTu 128148
 Geekbench 5885
なんで、もう何をするにも困らない性能は十分にあります。

710は10 nm LPPでKryo 360 Gold + Kryo 360 Silverの2 + 6で交渉では660の2割増しの性能。
もう必要十分を通り越して、ミニハイエンドと言っても誰も文句は言わないでしょう。
(ミニハイエンドは私が勝手に名付けただけですw)


これを見て分かるのは、ミドルハイ~ミニハイエンドクラスのプロセッサが充実してきたこと。
ハイエンドの性能が上がり過ぎて、その一歩手前の性能のプロセッサでも十分という
考え方が広がってきたのではないかなと思います。

メーカーとしても、最新製造ラインをハイエンドで、ミニハイエンドをちょっと前の最新で、
旧ラインをミドルクラス以下のプロセッサ向けに割り当てることで、無駄のない設備投資分の
コスト回収が出来ます。


ユーザーとしても、設備コストを余りかけないで、そこそこの性能のプロセッサを安く出して
もらえたらメリットが大きいと感じる人も少なくないでしょう。少なくとも私はそうです。

クアルコムのよく分かってるなと思わされるプロセッサです。
でもクアルコムってスマホのシェアを落として苦しんでるので頑張ってほしいですね。


ハイエンドはハイエンドで需要が有ると思いますが、今後の一番のボリュームゾーンは
700番台に移行していきそうに思います。

  1. 2018/05/27(日) 01:20:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日大アメフト部の”タックルの彼”に日本中の大手企業から内定ラブコールが殺到!!

日大のアメフト部のタックルの件、実際にタックルした側の選手が記者会見。
それが思わぬ方向で波紋を読んでいて驚き。



確かに普通の人があの会見を見れば、あの選手を応援したくもなりますわな。
私もあの会見を見て、堂々と顔出しして自分の立場や意見をしっかり述べた。
質疑応答でカスみたいな質問をするマスコミとは大違いで、ちゃんと悩み苦しんだ
様子迄克明に表に出した。かつてのSengoku38・・・一色正春氏を思い出す。

この会見が無ければ、日大は今後の同じことをもっと巧妙に行っていた可能性も
合ったわけで、宮川選手の勇気を褒め称えたい。


関西学院の側は素直に納得できない所もあるかもしれないが、宮川選手を恨む
のではなく、悪だくみをしていた方を恨んで欲しい。
実力のある正直者は許してあげて欲しい。


私的には高須クリニックで彼を獲得し、どこか強豪チームでプレイできる道を
サポートしてあげて欲しい。全日本でプレイできる選手になるように、きちんと
育ててあげて欲しい。可能かどうかわからないが・・・。



その他の関連のものも張っておきます。




  1. 2018/05/24(木) 00:37:47|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

孫正義氏、スプリントとT-Mobileとの合併後の経営権を諦め・・・どうせVision Fundで現金ざっくざくだしね

遅ればせながら…スプリントとT-Mobileの統合の件。
日本視点ではソフトバンクのお話。

「恥ずかしいが、飲み込む」 SprintとT-Mobile統合、ソフトバンク孫会長が“妥協”した理由 ~ IT media NEWS
ソフトバンクグループ傘下の米Sprintが、独Deutsche Telekom傘下の米T-Mobile USと事業統合する。両社の交渉は2014年以降、決裂を繰り返し、三度目の正直でようやく実現した。統合により、米国の通信市場でトップシェアを狙える一方、ソフトバンクグループの孫正義会長(兼社長)が「妥協した」という点もある。新会社の経営権だ。
昨年11月、交渉が2度目の破談を迎え、孫会長は「単独とはいかないまでも、対等なパートナーとして合併に臨んだが、折り合いが付かなかった」と説明していた。しかし3度目は、執着した経営権の対等を妥協する。統合後の新会社は、持ち株比率がDeutsche Telekomが41.7%、ソフトバンクは27.4%。Deutsche Telekomの連結対象になる。

孫正義氏はスプリントとT-Mobileの統合に拘り続け、更に統合後の会社の経営権の取得にもこだわっていた。

もう馬鹿でしょう。
T-Mobileはそもそも好調で、別にスプリントと経営統合する必要もないし、統合の要求は
スプリント事情に拠るものです。むしろソフトバンク事情と言ってもいいかも。


ソフトバンク事情の大きな要因は借金地獄を少しでも緩和したいという要求があること。
孫正義氏のクソみたいな意地と、突っ張り切った欲望のせいでとんでもない大借金企業に成長しました。

しかもスプリントはソフトバンクグループの財務的に足を引っ張る存在で、超頭痛の種。
これをT-Mobileの力で薄め、更にはプラス転向させようという腹なのでしょう。
ついでにより大型化して世界一への手がかりを得ようということなのかもしれません。
結局孫正義氏の突っ張り切った欲の道具として、T-Mobileへ統合の提案をしていたわけです。
そりゃT-Mobile側は経営権をソフトバンク側へも対等であげるなんて条件を受けるわけがない。
時間をかけて粘れば相手が根負けするとでも思っていたのでしょうか。
日本人相手なら相手の勢いに押されて根負けする人も多いでしょうけどね。
日本の外では冷静に立場を分析されて足元からしっかり見ていますよ。
孫正義氏という名前で騙されるのは日本人だけです。

そもそもより財務的に巨大な所や良好な所と合併を繰り返すなどして、
借金を薄めてきたのはソフトバンクの常套手段。
今回もそれを試みていたのでしょう。
しかし結局は経営権を取れませんでした。

統合会社の経営権を諦めてでも、スプリントを統合させたのは、結局は株主総会対策。
財務状況を改善して「ほら孫正義は天才です(えっへん)」をする為の小手先技でしかない。
その上でまた何か目玉を作る。



とりあえず目立ってないと嫌な人ですから、とにかく目立とうとする。

経営権の対等を妥協しても“ナンバーワンの企業”を手に入れたい理由がある。孫会長が、300年間成長する企業、組織モデルとして思い描く「群戦略」のためだ。

もう馬鹿かと。

30年先は既にネタとして使ってしまったので、次は”驚き”を作り上げるには300年とか桁を繰り上げるしかない。
ただそれだけの理由で出してきた数字でしょう。300年という数字自体には特に意味はない。
それどころか、簡単に300年とか言ってしまうその体質を恥じて欲しい所です。

例えば創業250年ぐらいの京都の老舗辺りでは、「うちより古い所は幾らでもおますさかい・・・」と謙遜するのです。
というか、ちなみに金剛組は西暦578年創業の、1000年オーバー企業ですよ。
ほれ、頑張れw


まあ300年どころか、30年先も分からないであろうことは、結局一度は次期社長を指名した
ニケシュ・アローラ氏に逃げられ、その後もアカデミアの人間を含めてそれらしい人材が出てこない辺りから想像できますね。
結局、孫正義氏のクローンやそれを上回る詐欺師が居ない。
これに尽きると思います。



そう言えば結局アローラ氏はソフトバンクの退任に関してきな臭いことになっていますね。
ソフトバンクが調査委、アローラ氏退任巡り疑惑 株主要求、社内に協力者? ~ 日本経済新聞
ソフトバンクグループの元副社長ニケシュ・アローラ氏が2016年に退任したことを巡り、同社の取締役会が特別調査委員会を立ち上げたことが27日分かった。株主によるアローラ氏らの退任要求に絡んで社内に協力者がいた疑惑が持ち上がり、同氏が退任するに至る経緯を改めて検証するとみられる。
米ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は26日、16年ごろにアローラ氏ら2人の取締役の解任を求めた株主らについて、誰が関係していたかをソフトバンクグループが調査し始めたと報じた。社内に関わりのある人物がいるかどうかなども調べているとした。

え?
退任要求って孫正義氏本人がさせたんじゃないの?
株主要求+代表権での指名で出来るでしょう?
違うのかな・・・?

当時暴落した(暴落する前の高値圏の)クソ株握らせて捨てたのかと思っていましたわw

アローラ氏解任要求の首謀者は誰だ ソフトバンクが調査開始 ~ WSJ
ソフトバンクの取締役会が外部の法律事務所に調査を依頼したところ、不正の証拠は見つからなかった。しかし関係者らの話では、アローラ氏と孫氏の間で戦略を巡る亀裂が生まれ始め、特に英半導体設計大手アーム・ホールディングスの買収額で対立した。
調査でアローラ氏の潔白は証明された。だがその過程で、アローラ氏が経営で時折見せるとげとげしい態度が取締役会に伝わったもようだ。取締役会の一部からは、孫氏がアローラ氏へCEO職を引き継がないよう求める声が上がった。孫氏はCEO続投を決め、アローラ氏は辞任した。
その直後、サーマ氏が社内での地位を上げた。アーム買収を手助けし、昇格したところで、株主による中傷の矛先がサーマ氏に向かうようになった。

なるほど、取締役会要求に孫正義氏が答えた感じのようですな。
外からポンと連れてこられて、「お前ら無能だから、こいつが将来のボスな」で飲める人はそう多くないでしょう。

ともあれ、取締役名簿を見て、つくづく
ソフトバンクアカデミアって意味ね~~~って思いますよね。
一応まだ続けているみたいですけど、さすがにもう要らないんじゃない?



それはそうと・・・第二、第三のVision Fundを計画中とか・・・。

ソフトバンク孫氏、1000億ドル規模の第2ファンドを検討 ~ bloomberg
ソフトバンクグループの孫正義社長はすでに次の1000億ドル(約11兆円)規模のファンド設定を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。世界最大のテクノロジー投資ファンドであるビジョン・ファンドの第2号となる。

SoftBank Vision Fund、すでに350億ドルを世界のテクノロジー・スタートアップに投資 ~ techcrunch
昨年5月にSoftBankは1000億ドルを目標とするVision Fundになんと930億ドルもの出資を確保して組成を完了した。このニュースはテクノロジー界に大きな衝撃を与えた。しかも日本のテレコムの巨人は第2次の組成の準備を進めている。またSoftBankの発表(PDF)によれば、Vision Fundの総額の3分の1がすでに投資されている。

孫社長「10兆円じゃ足りない」 ──ソフトバンクがビジョンファンドの続編・続々編を計画中 ~ engadget日本語版
Softbankが最初の最大1000億ドル規模のVision Fundの後続となるファンドの調達を準備しているようだ。今日、Nikkeiの取材に応じたCEO Masayoshi Sonはこう述べている: "Vision Fundは最初のステップにすぎない。10兆円(880億ドル)では全然足りない。積極的にもっと大きくしていきたい。Vision Funds 2, 3, 4などを2〜3年ごとに設立していきたい"。

まだ半分しか投資していないのに、もう次のファンドを立ち上げるとか・・・。
まさかとは思いますが、声を上げたら現金が舞い込んでくる旨味を覚えて、
利子のかからないおさいふとして、運転資金にご利用は計画的にして
いるんじゃないでしょうね・・・。

ずっと先先と現金を集め続けていたら、幾らか流用していてもバレないとか、本気で考えて
いそうな気がして怖いです。孫正義氏のことですから、ないとは言い切れないのが何とも・・・。

  1. 2018/05/23(水) 03:02:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。