鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhoneが飛行機内で発火して、航空機を墜落させた可能性が急上昇中

もしかするとiPhoneかiPadが飛行機を墜落させたかもしれません。

エジプト航空804便墜落事故、事故機はiPhoneのバッテリー発火で墜落した疑い ~ business news line
2016年5月19日、地中海に墜落したパリ発カイロ行きのエジプト航空804便(MS804)について、事故原因の調査を行っているフランス当局による調査の結果、事故原因はスマートフォンのバッテリー発火によるものである可能性が生じていることが判った。
仏事故調査委員会の担当者の発言として仏国内紙のLe Parisienが報じた。
今のところ発火を起こしたのは、副操縦士をコックピット内に持ち込んでいたiPadかiPhone 6Sのどちらかと見られている。

エジプト航空機MS804便の事故は、パイロットのiPhoneが原因か? ~ sputnik
報道によれば、警報シグナルは、ダッシュボード上にパイロットが置いたiPhone 6S と iPad mini 4に直接関係していた。
新聞は「これらは、コックピットの右端の窓の近くに置かれていたが、まさにその場所から、コックピットの窓の右側部分の不具合を伝える自動信号が届いた」と報じている。 エジプト航空MS804便エアバスА320型機は、パリからカイロに向かっていたが、2016年5月19日の朝、地中海上空で消息を絶った。同機には、乗客乗員66名が乗っていた。

副操縦士がiPhoneとiPadを置いた位置から異常の警報が発信されている事が分かっています。
まだ状況証拠でしかないので確定ではありませんが、今後より詳細に詰めの調査が行われると思います。

そもそも今までiPhoneやiPadは墜落に繋がらないまでも、飛行機や電車内での小火(ぼや)騒ぎは
何度となく報じられていました。

 ●飛行中の旅客機でiPhone 6が発火。リチウムイオン電池が原因か ~ GIZMODO
 ●恐怖!ハワイ行きの飛行機内で突如iPhoneが炎上―原因はリチウムイオン電池 ~ iPhone Mania
 ●飛行機内でiPhone5が突然炎上する事故が発生 ~ iPhone Mania
 ●旅客機内で「iPhone 発煙」騒動 - バッテリー過熱が原因の可能性も ~ WirelessWireNews
 ●iPhoneがオーストラリアの航空機内で発火事故を起こしていた ~ 当ブログ記事

この記事から分かるiPhoneの発火経歴。

 ・アラスカ航空 iPhone6 (2016/03)
 ・チェコ航空 iPhone5 (2014/08)
 ・Regional Express(ZL319) iPhone 4 (2011/11)

2016年10月に大韓航空でiPhone 5sが発火していますが、これは外的要因が発火に
繋がったと大韓航空は報告していますので含めません。

iPhoneはなんだかんだと燃えていたのです。
しかも航空機内で。

燃えたり爆発したりしたGalaxy note 7ですが、実際に航空機内で燃えていたのはiPhoneのほう
だったのです。しかし実際の事故が起きている方のiPhoneはFAAが禁止しようという気が有る
ようには思えません。

まあこの辺り大人の事情ってことでしょう。
ぶっちゃけアメリカ国内の自国企業の保護ってところではないでしょうか。
Galaxyが売れたらやっぱり自国企業の損失になりますもんね。

そういえばiPhone関連の事故と言えばこんな記事も有りましたね。
探せば出るわ出るわ。
他にも有りますが、嫌になるぐらいに・・・。

当ブログ記事

乗り物内での発火・発煙
 ●【大パニック】中央線でiPhoneから煙、「中央線も止められる、そうiPhoneならね」
 ●17日の中央線の騒動をもう少しだけ検証

通常発火・発煙
 ●国内でiPhoneが燃えた、煙が出た等、何故か報道に乗らない報告集
iPhone 6Plusが充電中に煙を吹き爆発、やはり起こるiPhoneの充電やバッテリー周辺の事故

感電死
iPhoneでまた死人、新疆ウイグル自治区の18歳少女がiPhone4sで通話中感電死、解説動画や写真等(追記編集)
タイでまたiPhoneによる感電死、今回はアップルによる殺人行為
中国のiPhoneの感電事故、情報を詳しく解析してみる(ニュース動画&追記)
今度はiPadで感電死、ロシアの18歳女性


これがiPhoneの品質です。
iCloudの場合と同じで、実際に被害が出る事故に繋がってもiPhoneは航空機内に持ち込めるままで、
Galaxy note 7は事故を起こす前に全面持ち込み禁止に。
note 7の措置は安全のために理解できますが、iPhoneは大勢の人を殺していても、
全く航空機への持ち込みを止められる気配が有りません。



もしエジプト航空の事故がiPhone/iPadのせいだとすると、もしかすると止められてはずの
事故ではなかったのかなという気がしなくはないです。

  1. 2017/01/18(水) 01:14:07|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画面割れのiPhoneを有償修理だと言われたら、店に来るまで突っ込むお礼参り

女性が車で携帯電話店舗に突撃!画面割れたiPhone修理有料といわれ ~ iPhone Mania
画面が割れたiPhoneを携帯電話の店舗に持ち込んだ女性が、無償修理を断られたことに腹を立て、車で店に突っ込むという事件が米フロリダ州で起きました。
ライト容疑者は店舗責任者に「今日は私の誕生日よ。タダで修理してくれないなら、とんでもないことをしてやるから」と脅しをかけたそう。当然ながら店側は無償での修理を拒否しました。
翌12日、再びやってきたライト容疑者は、SUVを運転してそのまま店の正面入口に突入。車が破壊したディスプレイケースが当たり、従業員1人が膝を負傷して病院に運ばれました。

スマホを修理したい女性が、無償で修理してくれないからということで、車ごと店に突入。
その後「車の窓を拭く道具(バールのようなもの?かどうかは知らないw)」を手に持って、
次々とディスプレイされたものを叩き壊し出したということです。

ちなみにその女性が持っているスマホはiPhoneだということです。
十把一絡げに「iPhoneユーザーは」とは言いたくない心ですが、どうもこういった
おかしな行動はiPhoneユーザーに偏っている印象はぬぐえません。

ええ、だってiPhoneユーザーは不正直で謙虚さがないということですから。

iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりも不正直で謙虚さがないことが研究で判明 ~ GIGAZINE
AndroidユーザーとiPhoneユーザーの違いについて調査した研究によって、「iPhoneユーザーには若年層と女性が多く、スマートフォンを『ステイタスを示すもの』と考えている」ということが判明しました。また、iPhoneユーザーが「不正直」であるなどの性格の違いも明らかになっています。



そういえばこんな人もいましたね。

ソフトバンクモバイルの
プロジェクト推進部・担当課長
小泉亨容疑者(当時)


当ブログ記事
ソフトバンクモバイルの課長が暴行して殺人、タクシー運転手が死亡

小泉亨氏は今は受刑者なのか、それとも不起訴処分になったのか、何故かその後の追跡情報は一切ない。
曲がりなりにも大手キャリアの課長クラスなんだから、追跡報道が有ってもおかしくない。

でもまあそれは今回は本題ではないので横に置いておくとする。


ソフトバンクに勤めていたので、スマートホンは十中八九はiPhoneを使用していると思われます。
そんなわけでやっぱりiPhoneユーザーは・・・w
少なくともここではそれは言えそうです。



おお、忘れていました。

その親玉の孫正義氏も大のiPhone好きだったことを忘れてはなりませんねw

  1. 2017/01/17(火) 23:23:42|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Googleが狙う30ドルスマホがAndroid端末の販売台数とシェアを力強く積み上げ、最終的にはiPhoneの販売数もシェアも下げていく

GoogleのCEO、次世代のお手頃スマートフォンの価格は$30 ~ juggly.cn
Google は 2014 年に「Android One」プログラムを開始し、これまでに様々な低価格スマートフォンを世界中で発売してきました。Android One スマートフォンの平均価格は(507SH を除いて) $100 前後ですが、Google の CEO である Sundar Picahi 氏はこれでも満足していないようです。
インドメディア NDTV からのインタビューで Pichai 氏は、「インドにおけるスマートフォンの適正価格は $30 で、この価格を目標に高品質なスマートフォンを追求することで、れ以上の価値が生まれる」と述べました。

GoogleはAndroid Oneを100ドルスマホとして展開してきましたが、更にそれを進めて
30ドルでスマホを提供できるような所を目標に掲げているようです。

インド政府、デジタル決済推進のためスマホメーカーに3,000円の端末可能か打診 ~ iPhone Mania
中国に次ぐ巨大スマートフォン市場として注目を集めるインドで、政府が各スマートフォンメーカーに対し、2,000ルピー(約3,200円)以下でスマートフォンを作れないかを打診していることが分かりました。

これ。

インド政府も同じような動きをしているようですが、私はこれはGoogleの後押しを得て
やっているんじゃないかなと私は推測しています。

なんたってGoogleのCEOはインド人のピチャイ氏ですしね。
恐らくこういった動きは何の関係もなく偶然起こっていると考えるよりは自然かなと。


この30ドルスマホはAndroid Oneとして出したいのか、それともまた新しいものとして
出したいのか、そこはまだよくわかりません。

ただこれは「すそ野を広げる」効果が絶大で、より大きな市場シェアが期待できます。
Googleは一台でも多くという目的をもって、台数を増やすことを推し進めたいので
これは実現したいでしょう。Appleのような生き残りをかけたレベルとは立ち位置が全く違います。


ただ私が思うに、30ドルを目標にしなくても、50ドルレベルで十分じゃないかと思います。
元々Firefox OSが30ドルクラスで出てきたので、それに対抗しての30ドルという事が
この値付けの始まりじゃないかなと思います。それはこの記事でも述べられています。

Google、インドで「Android One」スマホを50ドル以下で導入計画:熾烈化する価格競争 ~ Yahooニュース
Googleがインドで「Android One」スマートフォンを50ドル以下で販売する計画があるとFinancial Timesで報じられた。
「Android One」はGoogleが新興国を中心にまだスマートフォンを持っていない「次の50億人(next five billion)」を対象に、低価格なスマートフォンを提供することを目指して2014年9月からインドでの販売を皮切りに、アジアの新興国で次々と地場メーカーから販売されている。インドではMicromax、Lava、Spiceなどの地場メーカーが「Android One」スマートフォンを約100ドルで販売している。
今回、Google の Rajan Anandan 氏はインドで「Android One」スマートフォンを2,000 ルピー ~ 3,000 ルピー(約30ドル~47ドル)で投入することを明らかにした。

これは2015年8月の記事なのですが、Googleはこの頃から30~50ドルという目標を持っていたようです。
Googleはとにかくすそ野を広げ、広告媒体としてのスマホを拡充を図っているようです。

ひたすら利益追求主義のアップルとは方向性が全く違いますね。
アップルは最終的にはもっと販売数とシェアを落とし、年間2億台はここ数年の間に割り込むと
私は睨んでいます。もう新デバイスやアイデアは完全にネタ切れですしね。
中古端末の再流通も含めて、精々既に販売済みのiPhoneを息長く使う人が増えるだけです。

高価格帯作戦は購入頻度を下げる効果が有ります。
Androidの場合は今でも100~1000ドル以上と大きな価格幅の端末が山のように存在します。
今使っている端末が壊れた時のつなぎから、本命のハイエンドまで、選び放題です。

Googleの低価格を責める作戦は、Googleが狙う本来の需要以外にも、そういった腰掛け
需要にもこたえることが出来、更なる新たな需要を生み出すと思います。

Googleがより低価格な端末へ向かうことで、更に色々期待できるものを感じます。
Googleとアップルのこの方向性の違いが、今後どう影響していくのか興味深く見ていきたいなと思います。

  1. 2017/01/15(日) 22:18:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Apple「アプリはユーザーが開発者から購入している」、だったら今すぐクソみたいなアップル本位の審査はやめろ

iPhoneをロック解除するマシンで有名な企業、ハッカーの攻撃に遭い大量のデータ流出 ~ iPhone Mania
昨年、AppleがFBIへの捜査協力を拒んだ問題で一躍有名となったCellebriteが、大規模なハッキングを受けて機密情報を盗まれたことが分かりました。

これがアップル信者の姿です。
私はそう考えています。

FBIとアップル、どちらの正義があるのかまあその辺はともかく。
最終的には利用されませんでしたが、犯罪捜査の為にということで動いた企業が恐らくアップルファンの
手によってクラッキングされてしまったということで、これはちょっとどうなのよと思います。


「App StoreはAppleによる独占」との訴訟、米高裁が原告団体の適格性を認定 ~ iPhone Mania
iPhoneのアプリをApp Store以外から購入できないのは、Appleの市場を独占と価格を釣り上げにつながり不当だ、と主張し2012年に訴訟を起こしていた団体について、アメリカの高等裁判所は現地時間12日、原告としての適格性がある、との判断を下しました。

起こるべくして起こった裁判というか、アップルの独裁に業を煮やしたユーザーが怒りを
こういった形でぶつけているように思います。

その中で私が注目したい部分はここ。

■Apple「アプリはユーザーが開発者から購入している」
Appleは、アプリはユーザーが開発者から購入しており、App Storeは取り引きの場を提供しているだけで、開発者は販売権の対価として売上の一部をAppleに支払っているに過ぎず、訴えは正当なものではないと反論していました。

ほほぉ・・・言ってくれますね。

だったらアップルはアプリの登録に関して、早急にウイルスチェック以外の審査行為は
全て中止すべきですね。アップルの都合で登録できるアプリの選別をしておきながら、
場所を貸しているだけだという言い訳は通じない。

場所を貸しているだけなら登録するアプリの中身は登録者に任せるべきです。
中身についてアップルは一切口出しするな。
私はこの裁判はその方向で戦うべきだろうと思っています。

アップルが提供している場所を貸しているだけなら、アップルに場所を借りずに
販売する人が居てもいいわけで、アップルがそれを阻止するのはおかしいと
いうことになります。

しかしアップルはそれをさせない。
だったら開発者が自由な販売を出来ているとは言えない。
アップルに徹底的にコントロールされた場所での販売を強いられていることになります。

こんな感じ。

Apple、紛失した「AirPods」を探すのに役立つアプリ「Finder for Airpods」をApp Storeから削除 ~ 気になる、記になる…
同アプリはBluetoothの電波の強度を利用して「AirPods」との距離をおおよそで表示してくれるアプリで、開発者によると、Appleは「AirPods」を探すというコンセプトが気に入らず、App Storeには適していないとの理由で削除されたそうですが、Apple側は正式な削除理由を明らかにしていません。

理由も明かさずに登録したアプリを好き勝手に勝手に削除するわけです。
「開発者側はiTunes経由で払い戻しを要求することを勧めています。」
これで「アプリはユーザーが開発者から購入しており、App Storeは取り引きの場を提供しているだけ」とは
十分言えなくなると思いますけど。アップルが売って、アップルから払い戻す。
しかもアップルがとった手数料の3割は開発者負担で、この開発者は払い戻されたら3割をアップルに
献上して完全に赤字です。
これでもアップルの言い分は「App Storeは取り引きの場を提供しているだけ」らしい。

普通は同じ製品をスーパーでもドラッグストアでもコンビニでもアマゾンでも楽天でも買えるのですけどね。
何の制限もなくね。

アップルが客が自由に取引しているというならば、せめてGooglePlayレベルにしてみたら
どうだと言ってやります。アップルには「お前らいい加減にしろ!」って言ってやりたくなります。
本当にクソな企業ですね。


ただアップルが独占したい気持ちはわかります。
iPhoneは今後代を重ねるごとに、波はあると思いますがどんどん売れなくなっていくでしょう。
8の頃か、9の頃か、10の頃かは分かりませんが、確実に販売数は2億台を切る日が来ます。

それを考えるとアップルはどこかで別の収益を生み出しておく必要が有ります。
そういう意味では折角創造して成功したAppStoreの権利は他人に譲りたくないのです。


私に言わせれば、もう裁判なんてやめて、iPhoneを使わないよいうにするのが
一番いいと思います。

アップルが作った製品を、自由に使いたいなんて虫が良すぎるというのが私の考えです。
アップル製品を選んでおきながら、ユーザーに対する自由度を求めるなんてナンセンスだと思います。

  1. 2017/01/15(日) 03:07:43|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

最近電車内を見ているとAndroidを使っている人の数がなんか増えているって感じるようになった

ドコモ版のXperia XZとX PerfomanceにNougatが降ってきたということで、とても目出度くあります。
ドコモ版では月例パッチもそこそこの頻度で更新されいるみたいで、これが続くことを祈っています。

そんなわけで私のNexus 9は見事に7.1.1のJanビルドがリリースされまして、有り難く更新しました。
ただOTAで降ってきてくれないので、毎回自力で焼いてROM内容が全く更新されてしまいます。
OTAで降ってきてくれたら端末の内容はそのまま残ってくれるのですけど・・・不便すぎる。
まあ古くなった端末を更新し続けてくれているのでそれだけでも有り難いということでしょうか。
Googleとしても一台でも多くNougatが稼働する端末を多くアップデートしたい。

しかし私が経験したNexus 7(2012)にLollipopを入れるような、パフォーマンス的に非現実的な
アップデートをしても仕方がないということ。Nougatは64bitプロセッサに限っているという所を
考えるとNexus 9は現状でギリギリ当選といったところでしょうか。

ただギリギリ当選といってもNexus 9でのNougatはそこそこ満足いくものです。
プロセッサ的な問題はほぼ感じません、快適です。
欲を言えば2GBだとちょっと手狭な雰囲気がします。
2048x1536の画面分のメモリを食われた上で64bit版ARTを動かしているのですから、2GBではやっぱり厳しい。
最低でも3GBは欲しいし、このクラスになると3GBはそろそろミドルクラスの容量と言っていいかも。
ハイエンドというなら最低でも4GB、出来たら6GB有ってももう贅沢という世の中でもなくなってきたかも。


とは言いながらも、画面が大きくなくて32bit版ARTだとまだ2GBでも何とかなるとも言えます。
私はXperia Z3Cが手元にありながらも未だにXperia Zを愛用し続けていたりします。
意外と5インチがしっくりきていることや、この完全板スタイルが割と具合がいいということも関係あります。
これでもうちょっとベゼルが薄くてコンパクトされていれば言うこと無しだったのですけど。
勿論厚みはこのままで。


それはそうと、電車で周りを見ていると以前は周りが全員iPhoneなんてことも有りましたが、
最近はやたらとAndroid機が目に付くことが増えてきました。

以前は若い人が周りを囲んでいると、iPhoneの利用率が高いなと感じることが有りました。
しかし最近は若い子が周りを囲んでいても、Android機の利用率がそこそこ高いのです。

勿論一番多いのは圧倒的にXperaiシリーズです。
Xperiaの色んな機種を使っている人が居ますが、ここ一~二年のモデルを使っている人が
やっぱり多いですね。

「なんで貴方が?」

と思うような方がXperiaの海外版と思われる端末を使っていたり、意外と海外SIMフリーものも
浸透し始めているのを感じます。20代と思われる女性がそれを使っていると、世の中変わった
ものだなと感じさせられました。

もちろんARROWSやAQUOSと思われる端末を使っている方も当然そこそこみかけますが、
私からするとそれをどっちがどっちと一目で見分けはつきません。
取り敢えず国産と思われるものということだけは分かります。

その反面、ファーウェイのものなどの海外SIMフリー端末と思われるものは余り多くは見かけません。
売れているとはいってもまだまだ国内ではXperiaや他を抜き去るほどの力はなさそうです。

iPhoneの使用率が高いのは、若年層ですがその中でも若い女性が圧倒的。
あとはゲーム層ですが、しかしながらAndroid機でもゲームをしている人はよく見かけます。
若い男性がiPhoneを持っていた場合、高確率でゲームを行っています。
だからゲームするならiPhoneに限るなんて未だに言われていますけど、
でも既に状況は変化してきているんですよね。
Androidでももう普通にゲームをする時代、最近は特にそれを感じることが増えてきました。

ふと思ったことを記事に色々詰め込んでみました。

  1. 2017/01/14(土) 03:14:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

地球温暖化しているから大雪が降るを解説、武田邦彦氏の「地球は寒冷化している」に騙されるな

この土日に全国的にものすごい寒気が訪れます。
中部地方以北は勿論のこと、近畿・中国地方の北部でも大雪が警戒されています。

大寒波が来るから大雪が来る?

いや間違いではないけど大寒波だけでは雪は降りません。
空気中に水分が無いとただ猛烈に寒いだけです。

その水分の供給源は何か?

主に温度が上昇している海水からです。

気温の上昇は地表や海面湖面の水分の蒸発を促し、地球の大気を冷やします。
そうやって大気温の上昇を調整し、最終的に大気を冷やして海水に熱が蓄えられ、
一見温暖化が大して進んでいないように見えます。

実際には地球で発せられた熱が海水温をどんどんと上昇させて上手く大気温の調整をしているだけです。

でも気温を調整をした海水の温度は確実に上昇していきます。
そうして大気に湿り気を供給し続けます。
ついでに温度が上昇した海図委は膨張して海面を上昇させ、昨今のツバルやキリバスの
ような、国ごと水没する問題を生んでいます。また一見すると津波にしか見えない、
高潮を発生させて沿岸国に多大な被害を与えています。


これが温暖化の最大の恐怖ポイントです。

海水温の上昇で春~秋は猛烈な巨大台風やゲリラ豪雨に見舞われ、
冬にはとんでもない大雪が降るようになります。
海水から大気に常時供給され続ける水分を海に戻すために。

こうして更に空気中の熱を海に取り込んでいくのです。
それがまた空気中に湿り気を供給するサイクルを加速させます。


これでわかると思いますが、温暖化で加速するのは大雨や大雪という、
蒸発した水分を海に戻すサイクルです。

つまり温暖化が進むと大雪が降るのです。
このサイクルが分からないと「大雪が降ってるから温暖化というのは嘘だ」ということを
平気で言ってしまいます。

例えば武田邦彦氏のような明らかな嘘を混ぜたり、論文の一部分だけをやたら誇張して
本来の意味を曲げてみたりする科学者が「温暖化の進行は嘘だ」と言っていたりしますが、
温暖化とは大気温度の上昇ではなく、海水温の上昇ということが分かればこんな嘘には
騙されずに済みます。

さて、件の武田邦彦氏はその反例として北極での氷の減少に対して南極では氷が増えている
ことで地球温暖化はしていない、地球は寒冷化していると訴えています。
それは見事に否定されています。

南極の海氷は、1979年に開始された衛星データによれば、長期的な増加傾向がみられる。この観察は地球温暖化を否定する証拠として用いられる。しかし、この主張は何故南極の海氷は増えてるのか、という必須の質問には触れていない。海氷の増加は南極圏の寒冷化とさりげなく示唆されます。現状は逆です。実際には、南極海の温度は地球の他の海水温よりも温暖化が著しいのです。1955~1995年、地球の海水温は10年単位で0.1℃上がっています。一方では、南極海の温度は0.17℃ずつ上昇しています。南極海は暖かくなってるだけはなく、平均以上のスピードで温暖化がみられる。
skepticalscience.com

ペテン科学者の嘘には注意しましょう。
温暖化が進むとあちこちで大雪が降るように、極地にも大量の雪が降るのです。
海水は多少温まったところで、気温はマイナス何十度という状況はそう急にはなくならないのですから、
大気の湿度を雪や氷に変形させて極部に蓄えるのは温暖化の途中過程で有ったとしても、
特段おかしいことではありません。そのうち海水が十度、二十度と上がってきたら、極地での
氷も安定して減少に向かうでしょう。
それを無視して寒冷化に繋げる安直さに騙されないように注意しましょう。


この週末に襲う大雪、地球温暖化の賜物だと思いながら過ごしたいなと思います。

センター試験の方、頑張って下さい。

  1. 2017/01/14(土) 02:47:14|
  2. 災害・原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【Android Developers】Android 7.0は早々に消えそう・・・2.2はやっと集計外に落ち着く、JellyBean以下の合計が10%を切るのが秒読み段階に

Android Developers発表の2017年01月03日~2017年01月09日段階のAndroid端末のバージョン毎のシェアです。




Android Developer

前月データはこちらの記事へ

2017年1月冒頭でのAndroidのバージョンごとのシェアでは動きが有りました。
やっと長く居残っていた2.2 Froyoが無事0.1%を割って消えてしまいました。
今頃まで2.2が生き残ってきたのですから、まだ割合が多いこれ以降のバージョンにとっては
かなり気の長い話になりそうです。

もう一つの動きとしては新たに7.1が新登場。
7.0が前月から0.1%しか増えていないのに、7.1は0.2%増えているので、既に7.1へ移行する
動きもみられているのだと思います。先の話をすると、7.0は早々に消えるかなと思われます。

特筆するべきは、恐らく3月にはMashmallowがLollipopを超えると思われます。
同時に3月にはJellyBeanが10%を割り、初夏頃にはJellyBean以下のバージョンの割合が
10%を切ります。KitKat以降しか考える必要は無くなります。

また新規登場のNougatが2月に2%越えというハードルはもう厳しいでしょう。
絶対数が増えていくので、新しくなるほど新登場のOSが割合を挙げるのが大変になって
いくのでこれは仕方がないことかもしれません。

そろそろKitKatもユーザー数的には2割程度にまで減少しており、そろそろKitKat以下と
いう条件に広げても、1/3を切りかけていることまで来ています。

世代交代がきちんと行われている様子がうかがえますね。












  1. 2017/01/12(木) 02:35:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Pixel XL/無印/C , Nexus 6P/5X/6/Player/9にAndroid 7.1.1(Jan)がリリース、2017年1月のセキュリティーパッチ?

どうやらPixel/Nexusデバイス向けのJan 2017のAndroid 7.1.1(一部7.0も)がリリースになりました。

以下から。
Factory Images for Nexus and Pixel Devices

先日先行して漏れ発表された1月のセキュリティーパッチが含まれていると思われます。

・Pixel XL      7.1.1 (NMF26V, Jan 2017, Europe/O2)
・Pixel        7.1.1 (NMF26U, Jan 2017) / 7.1.1 (NMF26V, Jan 2017, Europe/O2)
・Pixel C       7.1.1 (N4F26I, Jan 2017)
・Nexus 6P     7.1.1 (N4F26I, Jan 2017) / 7.1.1 (N4F26J, Jan 2017)
・Nexus 5X     7.1.1 (N4F26I, Jan 2017)
・Nexus 6      7.1.1 (N6F26Q, Jan 2017) / 7.0.0 (NBD91X, Jan 2017)
・Nexus Player   7.1.1 (NMF26R, Jan 2017)
・Nexus 9 (LTE)  7.1.1 (NMF26F, Dec 2016)
・Nexus 9 (Wi-Fi)  7.1.1 (N4F26M, Jan 2017)
  1. 2017/01/11(水) 02:31:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Kantar Worldpanel】9ヵ国中4ヵ国でAndroidのシェアが80%越え

今月分のKantar Worldpanel ComTechの数字が発表されています。
2016年7月~2016年9月迄の3ヶ月分の対前年比較です。

2017年01月11日

KantarWorldPanel

2016年11月23日

KantarWorldPanel

先月に引き続き、Aneroidが増えたり、iOSが増えたり、まあ色々です。
基本的にはWindowsからAndroidやiOSへの付け替え需要が多かったみたいです。
その中でAndroidに多くが移行したり、iOSへ移行したり色々でした。

ただ絶対数でのAndroidの強さはもう間違いのない所です。
ヨーロッパ主要5か国ではAndroidが80%を越している国が3ヵ国、そのうち一国スペインは
90%を超えました。ヨーロッパではAndroidが50%を割る国は有りません。
というか、他の国でも日本以外で50%を割る国自体が長期間に渡って無い状態です。

その日本だって、12か月中の3~4か月と数少なくiOSがAndroidのシェアを上回る時期と
なっているだけで、年の三分の二はAndroidの方がシェアが高いのです。
ここを間違って学んでしまっている人も少なくないと思います。

中国も含むと9ヵ国中4ヵ国が80%を超えています。
ただ過去にはiOSの方はシェアが高かったアメリカやオーストラリアといった親iPhone国の
この二国でも今ではAndroidmp法のシェアが圧倒的に上回っているという状況です。
日本以外の国ではコストパフォーマンスにしたがって端末の乗り換えが行われている
ように感じています。聞いてもその辺の事情は絶対答えてくれませんけど。

忘れてはならないのが、これはiPhoneが一年で一番出荷されているタイミングの月での
集計ですらこんなことになっているのですから大変なことになっていると思います。



では日本の状況を見ていきます。





上記はiOSが多い所は青の、Androidが多い所はオレンジの四角を描いたものです。
上に行く程青が、下に行く程オレンジが多いことがわかると思います。

10月中盤までiPhone 7の出荷をほぼ止めて品薄商法をしていましたが、後半になったら怒涛の
出荷が始まり、そのおかげでシェアを大きく上げています。iPhone 6シリーズの頃はまだこの
時期でも品薄商法で出荷を止めてきた時期ですが、6sや7シリーズでは、アップルもこれ以上
粘ると機会損失に繋がりかねないという恐怖感と、対前年との出荷量の実績の比較を考えると
これ以上は粘れないと悟ったのでしょう。

6sと7はピークが前倒しになっています。
その分、毎年年明けの減産が騒がれるのが恒例となりました。
品薄商法を長期間維持できなくなっていた所が、アップルの求心力の低下を物語っています。

先月分の記事
【Kantar Worldpanel】日本でiOSに不利な数字が出た月だけ記事がキャンセルされる不思議、もう何度目の偶然か

  1. 2017/01/11(水) 00:37:54|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アップルの低品質化とシェアの低下が止まらない、Macの確変はもう終了

MacBook Proの低品質化とMacの低下が止まらない。

【悲報】Apple、新型MacBook Pro(Late 2016)の修理受け付けを停止か。壊れたら何もできないもよう ~ IT速報
初めまして。
私の所有するMacBook Pro (2016年モデルMLL42J/A)でGPU不具合による画面表示の乱れ問題が発生しております。

これをアップルに相談したところ、原因特定がまだできておらず、現状は修理不可能と言われてしまいました。
それどころかこの問題の原因が特定できるまではこのモデル全ての修理受付をストップしているそうです。
2回確認しましたが、appleでは現在
late2016のMacBook Proすべての修理受付を止めているとのことです。
今回の映像問題に関わらずどのような不具合でも修理はできないそうです。
(私も信じられなかったので、2回別のオペレータで確認しました。)

修理受付不可の期間はエンジニアチームの検証が終わるまでだそうです。

検証待ちですね。。。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000919743/SortID=20546823/

Apple、「MacBook Pro (Late 2016)」の修理受付を停止中 ー 画面表示が乱れる問題の原因を特定出来ていない模様 ~ 気になる、記になる…
「MacBook Pro (Late 2016)」と言えば発売直後から画面の表示が乱れる問題が報告されていますが、IT速報によると、現在、Appleが同モデルの修理受付を停止している事が分かりました。
その理由としては、Appleはまだ画面の表示が乱れる問題の原因を特定出来ておらず、預かっても修理が出来ない為で、修理受付の停止は「MacBook Pro (Late 2016)」の全モデルとなっており、上述したGPU関連の不具合だけでなく、他の不具合でも修理を受け付けて貰えない状況とのこと。
予てからMacにはGPU関連の不具合が多いのですが、現在の状況を見ると、今回の問題はかなり大きくなりそうな予感。

今アップルではlate2016のMacBook Proすべての修理受付を止めているとのことです。
原因が特定できるまでは、キーボードやドライブの不調等、全くGPUとは関係のない
ことまで含めて修理を受け付けないということで、アップルファン界隈では大騒ぎに
なっているようです。なにせファン程新しい機種に買い替えている可能性が高く、
喜んで買ったその機種が不具合持ちで、もし発症しても修理を受け付けてくれないという・・・。

発症していないという人もいるが、そんな状態でおちおち仕事なんてやってられない。
まだそんなに役に立つほど対応ソフトが揃っているとは言い難い機能を欲しがり、
喜んで買った機種がそんな状態になったら少なからずショックでしょう。

私はもうずっとアップルの動向を追ってきているので、このぐらいじゃいちいち驚いたりは
しませんが、期待していた人からすれば「こうじゃなかった」感がしてもおかしくないでしょう。
でも所詮アップルはアップルです。

iPhoneシリーズでもその品質のばらつきや品質の低さはぽろぽろと見え隠れしてきました。
Macもやっぱり同じでした、というわけの話です。


ちょっと前まで馬鹿みたいにMacが売れていた時期が有りました。
少しの期間、一部の人にだけですが。
それはiPhoneを買って残念なカラーに染まってしまった人たちです。
その人たちの需要が一巡し、その後「これじゃなかった」や「こうじゃなかった」という人達が
増えてきたのでしょう。Macのブームが一撃で去ってしまいます。

その結果は以下の通り。

MacのPC市場におけるシェア、過去5年で最低へ ~ iPhone Mania
世界のパーソナルコンピュータ(PC)市場におけるMacの12月のシェアが、過去5年間で最低の数字に落ち込んだことが明らかになりました。

Macのシェア、6.1%で調査開始以来最も低い水準に ~ IT速報
世界のPC市場におけるMacの12月のシェアが、5年連続で下落し、史上最低を記録したという。
4:名刺は切らしておりまして 2017/01/08(日) 20:20:12.29 ID:+UsCac2y.net
ジョブズが死んでから確実にリンゴが腐って行くのが分かる


infoworld.com
2016年4月のピークを境にずるずるシェアを落としています。
しかもゆっくりシェアを伸ばしてきたものが4月に一気にシェアを伸ばし、その後はかなり急速に
シェアを落としていることが分かると思います。

アップル発表の資料でもMacは苦戦していることが明らかになっていて、シェアを落としている
様子がうかがえます。


私が思うにこれはMacのシェアが落ちているということではなく、iPhoneブームによって、
一時的にMacに確変のボーナスステージがやってきただけにすぎないと解釈しています。

元々流行る様な代物ではなかったので、元の立ち位置に戻っているだけと。



例えばカワサキのバイクが何らかの理由で突然売れ出しても、そんなマニア車の販売数
なんてすぐ元に戻ることぐらい誰でも分かりますよね。それと同じことです。


Macは今後アップルらしいシェアに戻っていくでしょう。
誰もがゴミ箱をメインPCとして使いたいわけでは有りませんし、使いたいソフトが有る時に
わざわざWindowsに切り替えたいわけでもありません。

その上に平均的にWindows PCよりも割高。
それなにのこんな品質だということを見せつけられたらやってられないってなっちゃいますね。


これ、Macだけの事とは思えませんね。
iPhone 6s、iPhone 7と削れていますし、これも確変終了ですね。

  1. 2017/01/09(月) 22:31:42|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。