FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

韓国で日本人女性が暴行され、その動画をツイッターに上げて大騒動・・・可哀そう?自業自得?

うーーーん、なかなかタイムリーな時期に起こるべくして起こった事件が・・・。

ソウル繁華街で日本人女性に暴行 韓国人の男 画像が拡散…警察が事情聴取 ~ 産経新聞
ソウル市の繁華街、弘大(ホンデ)前で、韓国人の男が日本人女性の髪をつかみ暴行する画像などがSNS上で拡散し、ソウル麻浦警察署は24日、男を任意同行し事情聴取した。被害者の日本人女性からも事情を聴いた。

韓国人の男、ソウルで日本人女性に罵声浴びせ髪つかむ ~ 読売新聞
ソウル麻浦警察署は24日、ソウル市中心部の繁華街・弘大前で23日午前5時頃、日本人女性の髪をつかんだなどとして韓国人男性を暴行容疑で事情聴取した。被害者の日本人女性からも事情を聞いた。韓国警察関係者によると、女性のけがが確認されれば傷害罪で立件する方針という。

日本人女性観光客に韓国人が暴力 韓国でも「恥ずかしい」非難 ~ NHK NEWS WEB
韓国のソウルで23日、観光で訪れていた日本人女性が韓国人の男に髪を引っ張られたり地面に押し倒されたりして暴力を受ける事件があり、韓国ではインターネット上に「日韓関係が難しい時期にばかげた事件だ」などと、事件を非難する意見が相次いでいます。

韓国で暴行された女性に「自業自得!」「バカ女」「帰ってくんな」というコメントが殺到する ~ togetter





と言いたいところなのですが、韓国での日本人女性の暴行事件はレイプを中心に常時起こっているのですけどね。
今回はたまたま一緒に居た友達が動画をアップし、時期が時期なので拡散したから事が大きくなっただけで。


私自身韓国人の知り合い、友達はそれなりに居ますし、自動車のエンジニアやお金持ちのボンボンとか、
割と普通の日本人の人が普通に生活していたら、知り合うことがない人まで知り合いの輪が広がっています。
勿論現地の人も在日の人もです。

その人たちの一部の韓国人が言うには、今のようなことになる前のそうとう前に言われた言葉ですが・・・。
「日本人が絶対行ってはいけない地域がある、場所によっては生きて帰ってこれないかも知れない」
そういう場所が平然と韓国には存在するのです。

日韓友好やら仲良くやらいろいろ言われていますが、私自身韓国に行った時は最大限に警戒はしています。
夜に売店に買い物に出かけたこともありますけど、一応それなりの安全な場所と確認出来ている所だけです。

田舎の方で裕福な層が多い地域に行ったら基本安全なんですけどね。
先の冬季オリンピック会場近くのスキー場付きの別荘に案内された時や、地方のレーシングサーキットを
金持ちパワーで一日貸し切ってもらってそのボンボンの強化練習に付き合ったり、生活に余裕の有る人しか
来ないような場所だと普通に楽しめる国だとは思いますよ。
そういう場所に居る時は確かに緊張感は薄く、気を抜いて楽しめましたね。


でも実際に彼らから「反日感情の強い地域は間違いなくあるので、そういう所には絶対近づいてはいけない」と
重々注意を受けているんですよ。

で、問題はそういう人たちはその地域だけに留まって生活しているわけではなく、普通に繁華街にも遊びに来ますよ。
普通の人の顔をしてね。
更に問題は、そういう実態を日本のメディアは絶対に報じないことです。
報じていたとしてもこういうお花畑な韓国大好き女子たちに届くかどうかも怪しいですけど。

で、これ。


韓国人は感情的な人が多いです。
いいことも悪いことも感情で表現することが少なくない。

ここに書かれている新大久保の件はそれが該当するケースのような気がします。
が、今回の件はそれだけとは言い難いように思います。

韓国では反日感情の強い人たちの一部に、日本人女性をレイプしたことを「やっつけた」と撃墜マークを付け、
その数を競っている人達がいるのです。

一人で人気のない所で歩いているとかもう絶好の餌ですが、さすがになかなかそんなケースも無いので、
繁華街でナンパという手段を用いて人気の多い場所から女性を切り離すわけです。
成功すれば、その後はもう道で一人で歩いている女性を襲うのと変わらないわけで・・・。

当然その「狩場」を担当する警官とは顔見知りで、実態は捜査というより単なる挨拶みたいなものでしょう。
警官側からすれば精々「お、今回はお前がやったんだな、かわいい子を見つけてラッキーだったな」という所でしょうか。
「反日無罪」なんて言葉が有りますが、全てがそうだとは言いません。
でもこの言葉が完全に嘘とも言い切れません。
そういう実態を少しは知っているからです。


今韓国中の反日感情が高ぶってるので、反日感情丸出しで日本人を襲っている人に遭遇した場合、
たまたまそばに居た普段は親日で優しい人でも、助けてくれるわけではないということなんですよ。

韓国で歩いてる人に助け求めたら全員に降る無視された

これ、めっちゃ分かります。
特に反日感情が無い人でも、助けないですよ。
変なのに絡まれたくないですし。
中には心配してくれている人も居るかも知れません。
でも、海外では基本的には「自分の身は自分で守る」のが当たり前で、自らの身に危険が
降りかかりそうなら助けないのが当たり前です。
自分の身を守るのが最優先ですから。



私はこの女性を可哀そうだと思い、絡みががあるなら気遣ってあげたいとは思いますが、
一方で、この時期に平気で女性だけで韓国旅行に行ってしまうような危機意識のないお花畑の方には
こんなことが起こっても自業自得でしょとしか思えないです。
記事では「今の反日感情や反日世論の高まりとは関係がない」と言っていますが、そりゃそうでしょう。
彼は普段からやってたって事なんですよ。

そもそも初めにも書いたように、ここまで反日感情が盛り上がる前から日常的に起こっているのです。
警察も日本人の女性がレイプされたなら、形だけの捜査だけ。初めから無罪放免が決まっている。
日本人女性は基本警察にも守られていませんし、そもそも彼女たち自らも守っていません。
日本国内と同じ安全性を韓国内で求めているわけで、そこから間違っているのですよね。

海外は海外、自分の身は自分で守る。
当たり前のことが分かっていない人は、例えに為がそう違わない近隣アジアとは言え、海外に行ってはいけないと思うのです。

私は今回の暴行事件は、反日とかそういうこととは関係なく、そもそも海外に行く時の心構えの
問題も大きいんじゃないのかなという気がします。
後はマスコミの報道もね。

韓国好きや在日スタッフの強い制作陣の作った番組では、韓国を美化して気軽な旅行を誘うTV番組も少なくなく、
日本人の女性の”撃墜”に一役買っているのだろうなと思っています。
私の周りの女性なら一定の海外スキルが無い限りは韓国に行くというなら止めますね。
そもそも海外スキルが豊富にある人は、今更韓国にはいきませんけど。
色んな意味で。




この女性もそうですが、こういう事件が有れば必ず出てくるのが「悪い人ばかりじゃなくて良い人も居る」という言葉。
良い人が居る確率だけでしたら、イランでもアフガニスタンでもどこにでもいますよ。
どんな悪人だらけの国でも、100%日本人に敵意が有り、悪い人しかいないなんて国は有りません。

一人でも悪人が居るのか、日本人に対して具体的な行動をとろうと考えている人が居るのかが問題なのです。
もちろん一人で悪意を持た人が居ればアウトです。
その人と遭遇しないことや、目を付けられないことを願うしかないのです。


テレビの番組では、韓国の一般人は特に反日感情を持っていないいい人ばっかりだよとはよく言います。
ならば大統領などが反日的な行動をとった時、支持率が70%やら80%を超えるのはどう説明すればいいのでしょう?
ちょっと絡んだ日本人に対して、一見いい人でも、腹の内までは分からないのです。
私が先に書いたお金持ちなども、腹の裏には一物持っていることは確認しています。
その人たちとサッカーの日韓戦等を見ると、やはり生きた心地がしませんよ。
実際経験すればお花畑で韓国旅行しようなんて女子はぐっと減ると思うのですけど。

日本でだってそうでしょう。
いい人だと思って、付き合った彼女・彼氏が必ずいい人なのかどうか。
結婚して数年かけて離婚する人だっている。
いい人だからと金を貸したら詐欺師だった。

「私の知っている韓国人はいい人だよ」という人、本当にそのレベルで見てから言っていますか?



今回の彼女の件とは別に、韓国に行くことはそもそも危険です。
今回の事とは関係なく、反日感情の強い人達が、好みの女子をレイプする機会を伺っています。
更には好みの女子が見つからなかったら、好みじゃない女性にターゲットを移し、その場合は
すごい暴力を振るわれる可能性が高まります。
好みじゃない、憎ったらしいチョッパリニョとか、相手からすると格好のボコり対象ですから。

この辺の詳しいことはともかく、海外では基本は自分の思っている常識とは違うことが起こる。
それだけはしっかり押さえておいてもらいたい。
未だに韓国に夢見るお花畑女性達にはそれだけでいいので覚えておいてもらいたい。
仮にレイプされた場合、当然ゴムなんか付けてくれませんからね。
間違って当たった場合、産むの?下ろすの?泣いている間にも無情にも現実の時計は進みます。


海外に旅行に行って被害に遭って「自業自得」呼ばわりをされたなら、それはないだろうと同情も引けるでしょう。
しかしそれが自ら猛獣のオリに入っていって、事故が起こったのなら、多くの人はどう思うのか、それを考えた方がいいです。

今の韓国は前者よりも後者と捉える人が徐々に増えていることは確か。
「自分の身は自分で守る」
それには、そもそも韓国に行かないことも選択肢に入れておく必要があると思います。



今は危険なことも含め韓国には行かなくなったけど、以前は韓国で色々経験してきた私はこう主張させて頂きます。

  1. 2019/08/25(日) 14:52:50|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

最新のiOS12.4で、またもやgoto fail;級の馬鹿げたセキュリティーホールが見つかる・・・iPhoneは危険の集まり

ハッカーが数年ぶりにiPhoneを脱獄。修正済み脆弱性がiOS 12.4で再発 ~ engadget
iOS 12.4では、すでに修正されたはずの脆弱性に関わる部分が再度修正されたことで、一旦は閉じていた脆弱性の穴がまた開いてしまったようです。好奇心旺盛なハッカーはいち早くその脆弱性に気づき、しばらくぶりとなる脱獄版iOSを公開しました。
iOSセキュリティ研究家のジョナサン・レビン氏は、iOS 12.4は現時点で最新のiOSであり、今後しばらくしてリリースされるだろうマイナーバージョンアップ版までの数日間は、誰でもこの脆弱性を悪用できる恐れがあると指摘します。

これぞアップル。

OSのソース管理の甘さ、ソースの作りの甘さと言えばアップルです。
なんてったって、それはもう以前に実証済み。
"あの"goto fail;で見事にクソソースを披露してくれました。

【大バグ・深刻】iPhone/MacOSXにセキュリティーに大穴、SSL証明書が偽物でも「正しい」と判断し盗聴し放題、それを大したことないとこっそりとiOSを修正してダンマリ、OSXはまだ未修整

私も別にエレガントで綺麗なソースコードを書くわけでは有りません。

でもその私から見ても、goto fail;は酷いと思いました。
せめて汚くてもいいから"{" "}"で囲むぐらいはしろよと。


今回の一度修正したバグがエンバグして復活とか、一番ダサいパターンじゃないですか。
そんなの単体試験や結合試験がどうとかいうレベルでは有りません。
コード自体の品質が低すぎます。


それに比べてAndroidはまだかなりマシです。
一度消したバグはこんなダサい復活の仕方はそうそうないでしょう。
エンバグして別種のバグが発生する可能性はどんなプログラムにも有るにせよ、
今回のiOS12.4の格好悪いバグはまあないでしょう。

しかも12.4と言えば、12.xシリーズの最終版です。
次はiOS13なんですよ。

その最終版がこれとか、iPhone 5sや6シリーズのユーザーは死ねというのでしょうかね。
いや、なんか買い替えさせる為にわざと仕込んだのかという気もしてきました。

アップルならやりかねない。
バッテリーの劣化を早めたり、減りをはやしたり、今までの前歴が散々ありますからね。
どっちにしてもあってはならないことなのがミソです。

でもその有ってはならないことが有るのがアップル製品なのです。

Androidはセキュリティ-に問題が有る??
いやいや、どうみてもiPhoneの方でしょう。
こんな初歩的な、有り得ないバグが発生するのですから。

  1. 2019/08/21(水) 02:34:17|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Xperia XZ1C(SO-02K)/XC(SO-02J)の最近のアップデートで無効化出来るアプリがめちゃくちゃ増えた

Pixcel 3aを買ってからというもの、Xperiaの利用率がガタ落ちになっていたので気付くのが遅れたのですが、
Xperiaで無効化出来るアプリがやたらと増えていて驚きました。

恐らく7月終わりから8月にかけて出たアップデートでこの改定が行われたのかなと思います。
とくにXC(SO-02J)は、前回のアップデートが2018年10月29日でセキュリティーパッチレベルが
2018年10月1日でそれがアップデートの最後でした。

もうアップデートが終了していたはずのXCに2019年8月6日突然アップデートがリリースされました。
その後アプリ画面をたまたま見ていたら無効化出来るアプリが増えていました。
それまではADBのコマンドで無理やり無効化していました。

ADBコマンドの穴がどんどん塞がれており、今はきちんとした無効化というよりも、裏をかいた
ユーザーごとのアプリを未使用と設定して、「このユーザーでは未インストール」と表示される状態に
して無効化するという状況でした。これがPCでADBコマンドを打たないといけないとか、パッケージ名で
どのアプリか分かりにくいものがあるとか、後で使えるように戻せなくなったりとかで、片道切符とか
色々面倒だったり、弊害が出ることもあります。(中には戻せるときもありますが)

その事情を考えると、正規にスマホだけで無効化や解除が出来るのは有難いものです。
そもそもADBも絶対ではなく、ADBコマンドでさえも止められないものもありますしね。
そういう意味でも無効化を有効にしてくれるのは有難いです。


しかし、ですね。
遅いんですよ、対処が。

廉価機が流行ってきていますし、Pixel 3aや中華物がガッツリ入ってきています。
私も試しにと買ったPixel 3aが一番使用頻度が高いです。
MicroSDが付かない機種は私のメインのデータを持っていけないので、決して主力機としては使いませんけど、
でもモバイルSuicaは圧倒的にPixelの方がヘビーローテーションです。チャージもPixelの方を頻繁に行っています。
普段の買い物や電車ではほぼ全てPixel 3aを主に利用するようになっています。
メインのはずのXperia XZ1Cは電話や一部端末が固定されるアプリ専用機となっています。
日々9割がPixel、1割がXperiaといった感じでしょうか。

こうなってしまってから無効化の幅を広げてくれても遅いんですよね。
無効化を許可するアプリを今更増やしても、操作の軽快さや使い勝手の良さをグローバル端末で
味わってしまったら、今更キャリアモデルって思ってしまうんですよ。

AnTuTu 7.xで22万のSnapdragon 835機が、15万のnapdragon 670機に敵わないんですよ。
キャリアアプリの恐ろしさを思い知らされるのですよね。
いや、昔よりも全然軽くはなっていますよ。
でもやっぱりグローバル端末はそれでも軽快です。


無効化のアプリが増えたXperia XCに最近お気に入りのWorld Of WarShips Blitzを入れて試してみました。
AnTuTuが10万点前後のSnapdragon 650のXCでどこまでできるのかを見てみたかったのです。

結果は見事に60fps + 最高品質(5段階中のトップ)の設定でも、破たんなくゲームが出来ました。
しかし発熱は結構派手にする感じでした。しかも最高設定でのバッテリーの減りもなかなか激しい。
さすがに激重の3Dグラフィックが売りのゲームではSnapdragon 835や670のような余裕は有りません。

海面の波の動きまで再現していますからね。
ミドル中のミドルのSnapdragon 650で破たんなくこのクオリティーのゲームが動いているだけでも
十分すぎる結果だと思います。このバッテリーの減りだとあまり長時間遊べませんね。
遊び過ぎたらバッテリーが一日持たなくなりますから。
こういう所はPixelやXZ1Cとは違う所です。
後者の二機種はXCとははっきりと違いが分かるぐらい、バッテリーが減りませんからね。
そこそこ遊んでも、十分に一日持ちます。

どう考えても激重なグラフィックと思っていたこのゲームが、XCでも最高画質でも動いたのはすごいなと思います。
AnTuTu 10万点あれば、激重ゲームが最高設定で普通に動くことが分かっただけでも十分です。
発熱やバッテリーの様子を見ていると、本当にギリギリのレベルでしょうけど。


このアップデートはドコモ主導なのか、それともソニーが自主的にやったことなのかは分かりませんが、
これをするのが遅すぎるんですよね。

ユーザーに気に入ってもらって、より使い込んでもらうために攻めるのではなく、逃げるユーザーを
引き留める為にする辺りが終わっています。信用を失ってから僅かな引き留め工作で止められるほど
甘くはないですよ。



ふとドコモの提供中の製品アップデート情報を確認してみたのですけど、どうやら7月末~8月初旬辺りにかけて、
古い機種を含めて固めてアップデートが有ったようです。メーカーに関わらず。

今回の無効化解除は、どうやらドコモ主導で旧機種まで行われているように思われます。
何もしないよりもマシですけど、やっぱり今更ですよね。

  1. 2019/08/18(日) 01:50:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

7Payが終了なのは英断、ローテクで脆弱なQRコード決済を日本で今更流行らせる必要などない

今更ですけど7pay問題です。

7pay終了で沸き起こる「Suica最強説」は本当なのか ~ ismedia
事情通たちはSuicaを選ぶ

QRコードだけがキャッシュレスではない。クレジットカードもあれば電子マネーもあるわけで、これらはQRコードと違って長い歴史を持ち、セキュリティは比較にならないほど充実している。
その意味では、QRコード決済は、クレジットカードと電子マネーの強靭なインフラを借りて行われる“仮決済”でしかないと言える。そのために、クレジットカードの紐付けや口座登録の隙間を犯罪者に狙われて被害が続出しているのだ。
通常であれば、こうした犯罪を防ぐために本人認証の二段階認証が講じられているわけだが、7payはこの二段階認証を怠り、サービス開始から3ヵ月足らずの9月末に廃止という前代未聞の事態に追い込まれた。

Suicaは、毎日の通勤に、買い物に便利に使える。そして多くの人が今のSuicaに不便を感じていないはずだ。なぜかと言うと、キャッシュレスの数多くあるデバイスの中で最も決済スピードが早いから。
スイカをレジにかざすだけで、ピッと精算が終わる。その間わずか0.2秒。後はレシートをもらってすぐに街中に飛び出せる。この簡便さは特別に優れている。

リリース直後速攻でセキュリティーが破られ、3か月で終了する7pay。
私はこれは当然だし、英断だと思っています。

何故かって、そもそもセブン&アイにはnanacoが有るじゃないですか。
そこに何故7pay?って思ってもいいですよね?([]/n)
だから7payを終わらせるのは大賛成なんですよ。
そもそも乗り遅れた上にトラブったものなど無理に維持する必要もないかなと。

そういや社長が会見で二段階認証を知らなくて叩かれたりとか、色々有りましたよね。
あれ、叩いている人アホじゃないの?
社長がこういったセキュリティー技術を知らないのは褒められたことではないですし、当然知っていた
方がいいに決まっているけど、だからと言って隅々まで全てを知り尽くすのが社長の仕事ではない。
重要なのは大きな流れをきちんと作り上げることと、しっかりと必要な決断することでしょう。
今回は7payの終了を判断した、だからそれでいいと思います。

二段階認証のような細かい部分に関しての甘さはセキュリティー担当がクソだっただけで、
そうなった理由などに関して責められるべきで、社長自身が二段階認証を知らないことを叩くとか、
メディアのほうが切り分けできてなくて超クソだと思った出来事でした。

今のメディアって、何か粗相が有れば、全て直接トップの責任にしたがりますよね。
トップは最終責任者の部分で叩くべきであり、細かいことでいちいち叩いてんじゃないよといつもメディアに対して思っています。
(ぶっちゃけ、野党やらメディアが総理大臣やら官房長官その他適当アホ野党メディア)


まあそんなことはどうでもいいとして、私はQRコード決済は大いにやってもらっていいとして、
ただ日本ではそこまでQR決済なんて必要なもんかな?って思いが今でも強いです。
私がQRコード決済に対して抱いている印象は「セキュリティー甘々の安物決済」でしかありません。

所詮QR決済なんて中国観光客を当て込んでの導入したものじゃないですか。
NFC (+ FeliCa)が搭載されていな中国のスマートホンで、何とか決済を導入できないかとひねり出したのが、
カメラが付いていれば実装することが出来るQR決済であり、日本国内では海外の端末をわざわざ使いたい人以外は、
FeliCaでの決済の方が圧倒的に便利で楽だし、決済スピードも速いです。


取り敢えず大手キャリア機以外で、JR東発表のMVNOのモバイルSuiCa対応機を載せておきます。
MVNOのモバイルSuica対応機種を知りたい。 ~ JR東日本
・Sony Mobile Communications
Xperia XZ Premium、

・SHARP
SH-M10(AQUOS zero)、SH-M09(AQUOS R2 Compact)、SH-M08(AQUOS sense2)、SH-M07(AQUOS sense plus)、SH-M06(AQUOS R Compact)、SH-M05(AQUOS sense lite)、AQUOS SH-M04、AQUOS mini SH-M03、AQUOS SH-M02、AQUOS SH-RM02、SH-M02-EVA20

・FUJITSU
TONE-m17、arrows M04、ARROWS M357、arrows M03

・UQ Communications
AQUOS sense2 SHV43、SH-AQUOS sense、arrows M04 PREMIUM、AQUOS L2、AQUOS L

・Jupiter Telecommunications
AQUOS L2

・Trinity
NuAns NEO[Reloaded]

・HTC
U12+、U11、U11 Life

・OPPO
R15 Pro

・Google
Pixel 3a、Pixel 3a XL、Pixel 3、Pixel 3 XL


※以下の機種は、2020年12月22日(予定)をもちましてモバイルSuicaをご利用いただけなくなります。
・Sony Mobile Communications
Xperia™J1 Compact ※3

・FUJITSU
arrows M02、arrows RM02

・mineo
DIGNO V(KYV42)、SHL25、KYL22

・UQ Communications
DIGNO V、DIGNO W、DIGNO L
DIGNO Phone


更にSuiCaは駅の券売機で誰でも買えますし、モバイルSuiCaもメルアド一つ有れば始められるわけです。
モバイルSuiCaはFeliCa対応端末である必要は有りますが。その条件を満たしていれば導入障壁的に
QR決済と大して変わらない。なのでQR決済を始める手続きと同じレベルの手続きで(モバイル)SuiCaの
利用を始められます。モバイルの場合はFeliCa対応機種に限られますが、日本らしい決済法の体験という
売り込みをすれば、QR決済に対して一定のアドバンテージすら持つことが出来ます。
もちろんnanacoモバイルもモバイルSuiCaと同じくすぐに登録して使い始められます。

駅で買えるのは勿論SuiCa以外の地域は関西圏ならICOCA、その他の地域もそれぞれの地域のJR系の
駅ですぐに買えると思います。(恐らく券売機でも買える)
記念に持って帰ってもいいし、返却すれば500円のデポジットも戻ってきます。
勿論nanacoも店頭ですぐに申し込めますし、なんならWEB登録で事前に登録しておき、店頭ですぐに
受け取るということも可能です。(ただしWEBは日本語の導入部しかないように思うので、ここが障壁かも?)


中国の端末はハイエンドではNFCは載っていますが、そこにFelicaが対応しているかは分かりません。
GSMAにきちんと準拠していればNFC Type Fは対応しているはずなのですが、そもそも中国端末が
GSMAにきちんと準拠するほどきちんと作ってあるのかが問題です。性能に比較するとやたらと安いので、
「余計なもの」を省いて作っている可能性は非常に高く、その「余計なもの」にFeliCaが含まれている
可能性は低くないと思っています。ただし日本国内版だけだと思いますが、中国メーカーのOPPOが
FeliCa対応機種を出しています。ファーウェイもキャリア向けのP30等の日本版ではFeliCa対応ですね。
中国版やグローバル版でFeliCaに対応しているのかは不明です。

実はGoogleのPixel 3a / 3a XLがFeliCaに対応しており、私も普段からモバイルSuiCaを利用しています。
Pixcel 3a / 3a XLはGSM、LTE、LTE Advanced、VoLTE、HSDPA、CDMA、TD-LTE、TD-SCDMA、
と完全に中国対応がなされています。特に最後のTD-SCDMAは世界でも中国だけでしか使われて
いない3Gの仕様です。もしかするとGoogleはPixel 3a /3a XLの中国展開を考えているのかも?
そうなると中国でもFeliCa対応機種が徐々に浸透することになります。

なによりもiPhoneの8シリーズやX以降の機種は海外モデルを含めて全てのモデルがFeliCaに対応しています。
7シリーズの頃は日本版だけがFeliCa対応でした。iPhoneを使っている人は世界中でFeliCaが使えます。
ということは、世界のスマホの10%はFelicaが使えるということになりますね。
ただ中国では今はもうiPhoneは売れてないですね、やたら高いしだったら半額以下で似たような性能の
ハイエンドAndroidが買えますし。更にはアメリカとの貿易摩擦で余計にiPhoneが全然売れなくなりましたし。

ただ、中国の人が日本に来て「日本らしい体験がしたい」ということでFeliCa決済を始め、それが微博で
発信され、興味を持った人に流行っていく可能性は有ります。というか、FeliCa勢は微博発信を利用する
べきなんですよね。自らアカウントを持って発信してもいいですし。そうすれば、一定数のFeliCa決済のパイが
確保できます。特にSuiCaやモバイルSuiCaはかなりの場所で使えますし、コンビニはほぼ全てで使えます。
当然電車もノンストップで乗れますから、それを宣伝していくべきなんですよね。
JREの方、微博をもっと活用してください。



そんなわけでQRコード決済は私にとっては無用の長物扱いで、7pay終了は朗報でしかありません。
PayPayみたいなローテクQRコード決済を前面に持ってきているなんて、いつぞやに打倒LTEを掲げ、
3Gの延長線上になるHADPA/HSUPAを推していたソフトバンクG系の企業だけは有ります。
セキュリティーが低く、多少面倒な手間が有っても、ポイントをばら撒いて人を集めたら勝ちだという発想です。
低品質安物好きのソフトバンクだけは有ります。


ではFeliCa等のICカード系と、QRコード決済の違いとはどういった所にあるのでしょう?
FeliCaではセキュアな領域だけではなく、基本的に通信事態を盗聴することが出来ません。
何をどう通信しているのか、ブラックボックスなのです。
色々知られないことが最大限にセキュアなのです。
解析するのはどうやっても不可能とは言いませんが、低くはない一定のハードルが有ります。

一方QRコードはQRコードが丸見えです。
購入の度に自分の画面にQRコードを表示し、スクショを取っていくなどして解析の為の情報を集めっるのは容易です。
しかもQRコードは汎用のコードであり、エンコードを解くのは簡単でフリーのツールで十分です。

QRコードを解いて数値やURLに戻しやすいという脆弱さが有ります。
勿論それは暗号化されているので、そう簡単に情報が知られることは有りません。
しか天才にかかればちょっとした暗号コードなら、意外と短時間で解かれてしまうこともあります。

以下は画像検索で出てきたPayPayのQRコードを試しに読みだしてみたものです。
https://qr.paypay.jp/123456789012345678901234
https://qr.paypay.ne.jp/28180105eZaazzf6u4tdDlzm
https://qr.paypay.ne.jp/2818010533U72y48gmVZKeez
https://qr.paypay.ne.jp/28180105OqX10QtVqbKAu91m
https://qr.paypay.ne.jp/2818010595WOdVm3FpOIg8N6

そもそも読みださなくても、QRコードの横にこれらのURLを含んだエンコード内容が書かれているで、
読みだすまでもないのですけど。

このエンコード内容を解くのは確かに楽ではないでしょうが、しかしこれをクラッキングして悪用するような人は、
ある程度のデコーダーコレクションは有るでしょうから、それを片っ端からかけてみて、すぐに正解を導き出せる
可能性が高いです。7payのケースはそれで速攻デコードに引っかかっただけでしょう。
7pay以外にも同じ事になるような所は有ると思います。

そんなわけで、私はいい加減QRコード決済は流行ってほしくない人です。
みんなでFeliCa系の決済を流行らせましょう。

  1. 2019/08/12(月) 13:50:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

何気に買ってしまった安売りのAndroid One端末(507SH)が意外といい

何気にふと思い立って、ゴミのような値段で売られていたY-Mobile 507SHを購入。
中古価格が5000~7000円ほどで買えるAndroid One端末です。

Snapdragon 617ってことで、性能を期待するような端末ではないことは明らかですが、
これがまた、手に入れて触ってみるとなかなか面白い端末です。

私はこれでAndroid OneとAndroid Go端末の両方を手に入れたことになりますが、
この両方とも特徴があって楽しい。


まず以前買った方のAndroid Oreo(Go Edition)端末。

MediaTek MT6580、Arm Cortex-A7 1.3GHz x 4コア。
RAM 1GB / eMMC 8GBで、AnTuTuで21000程度の本物のローエンド端末です。

しかし実際に使ってみると、動作が意外と軽い。
よくよく見ていくと、どうやらAndroid GoのOSが軽い。
色々省かれているのです。
恐らく動作しているOSの裏タスクがかなり少ないのでしょう。
ウィジェットもちゃんと動きますし、諦めるはずだったゲームも意外と動いた。
デレステも3D軽量なら何とか遊べた。

こんなローエンドプロセッサの端末だけど、Androidで出来る事の意外と多くが経験できる端末だなと感じました。
しかしBTの接続のプロファイルやら、そういったものがポコポコ省かれているものが有ったりして、
その基準が今一つ良く分かりませんでしたけど意外と使えました。

Android Goは別物だと思っていましたが、普通のAnderoidのアプリのかなりのものが動きます。
一部軽量のGoアプリしかダウンロードできなくしてある場合もあります。
それはそれで別に困らないし、余計な機能が無く動作が軽いのでむしろ有難いです。

一部ゲームでGoに未対応なのか、ダウンロードできないものも有りますが、基本大半のアプリが普通に動きます。
それがAndroid Goのアプリ環境です。
プロセッサが遅いこととメモリが少ない目なのを見こせば悪くない選択かも知れません。
人を選ぶところは有ると思いますけど。



次に今回購入したAndroid One端末の507SH。
仕様は以下の通り。

 Snapdragon 617 (28nm) 2015年9月15日
   Cortex-A53 1.5GHz x 4コア
   Cortex-A53 1.2GHz x 4コア

 RAM 2GB
 eMMC 16GB

 Android 8.1 (Android One)

 バッテリー 3,010mAh

こんな感じの端末です。

これがゴミのような価格で手に入ります。
しかし実際に使ってみると、Android Goとは格が違う、ほぼ素のAndroidクラスの中身だと分かる使い勝手です。
Android GoはOSの一部が省かれていると分かる部分が有り、どうしてもどこかが足りないと時々感じることが有ります。

BatteryMixを動かしていると、画面がOFFの間は止まっているものが有ったりと、何かと性能やバッテリーを
節約していると感じさせる仕掛けがそこここにあります。その分バッテリー持ちもよく、プアなプロセッサでも
軽軽動作で快適なのですけど。

しかしAndroidOne端末はその節約をどこで行っているのか全然分からないぐらい普通のAndroid OSです。
でも軽い。

Android Oneって何を省いてこんなに動作が軽いのか全然分からないのです。
OpenGLもSkiaに対応していたり・・・あ、BTのCODECがApt-XやLDACが省かれていました。
SBCとAACだけになっています。これはOneもGoも共通でした。
でも両方とも開発者オプションにはApt-X HDやLDACまで表示されるのですよね。
OneもGoもAndroid 8.x世代ですから、フルAndroidに入っていて表に出てこないものは削除しきれてない
ものも有るのでしょう。非公式なものはその辺適当・・・ということで。

どちらもYoutubeマシンとしては全く問題ありません。

ではいつものGameチェック。
デレステとWarship Blitsです。

デレステは3D標準で少し辛い。
3D軽量なら特に問題なく快適に遊べました。

3D軽量は背景処理がかなり簡略化されたもので、キャラクタの動きは3D標準と全く同じです。
そんなわけで、普通に遊ぶのに特に困ることは無いといった感じです。
ただし、高速で沢山降ってくる時はどうなるのかまでは調べてません。
少ししかプレイしてないんで。

力を入れてチェックしたのはWarshipa Blitsです。
これ結構好きなんで。
Pixel 3aでもガンガン遊んだゲームです。
Pixel 3aでは全て最高に重くなる設定にしても全然問題なくプレイ出来ました。
507SHでは標準設定でもちょっと重い。

標準設定では音より画像が遅れる時が有ります。
ちなみにオープニング動画が一番重く、これはPixcel 3aでも余り余裕が有りません。
507SHでは完全に詰まったりしますね。
動画だけなら普通に動くのですが、裏タスクのデータ読み込みが並行して走ると間に合わず乱れるのです。

ゲーム自体は最軽量に設定すると、特に問題なく乱れもなく遊べる感じです。
こんなどう考えてみクソ重そうなゲームが、実はプアなSnapdragon 617クラスでもそこそこ遊べてしまうというサプライズ。
軽量なAndroid Oneで動いているおかげとも言えなくもないですが、ミドルロークラスの端末でも十分遊べるという
事実がなんとも意外ですごいなと感じました。

しかし、最軽量の設定ながらも遊んでいると端末の温まり方は結構激しいなと思います。
Snapdragon 617の性能限界付近で動作しているのでしょうね。
それでもこのゲームが十分遊べることで大満足な結果ですけど。


5000~6000円で買えてこの使い勝手と、いい事しかない507SHですが、SIMロック解除していないものを
買ったので、ソフトバンクやYモバSIMでなければ使えません。
ソフトバンク系のSIMを手に入れる予定は無いので、実験用で終わる可能性は高いです。

しかもソフトバンク系のバンドにしか対応していないので、ソフトバンク系以外で使いたい時はあまり向きません。
LTEのバンド1とバンド3には対応しているので、東名阪地区では十分かなと思われます。
余り田舎へ連れていったことが無いので、無用に心配が過ぎているのかもしれません。


驚いたのは、発売以降ほとんどの毎月必ずセキュリティーパッチが降ってきていること。
OSバージョンアップの時にたまに抜ける月が有ったりしますが、ほぼ毎月セキュリティーパッチが、
振ってきており、今でも最新のパッチが降る続けているのです。

元々Android 6.0で販売され、以降はAndroid 6.0→7.0→7.1.1→8.0→8.1とアップデートを続けています。
頻繁にバージョンアップが有ればうっとおしいと思うことろですが、ほとんどの月で小さな差分で
済む月も少なくなく、それだけで最新のセキュリティーを確保できるのなら、非常に有難いかもです。


今Android One 8.1で、セキュリティーパッチレベルが2019年07月01日です。
発売日が2016年7月29日の端末なので、丁度3年経ったところです。
先日当てたのがたまたま最後のセキュリティーパッチだったのかも知れませんね。
それまでほぼ毎月アップデートが有ったのですからPixel並みの扱いで、Android One端末は
逆に一般のキャリア端末の中では断トツに安全性が高いのかもしれませんね。

手に入れてから知った意外な一面でした。
3Dのそこそこある程度重いゲームも十分遊べる性能が有り、それが中古とは言えこんなに安いとは驚きです。
安い中古ばかりで繋いでいけば、下手にキャリアに縛られているよりも安くいい感じで過ごせそうな気がしました。

  1. 2019/08/06(火) 01:39:23|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サーバー関係機材、入れ替え終わりました

気付いていた人もいるかと思いますが、ここ最近ちょこちょことハード構成を弄っておりまして、
ルーターやらサーバーPCの入れ替えをほぼ9割がた終了しました。
念願だったセンタールーターも家庭用からやっとまともなものになりました。

本来もっと記事をバンバン書いていて、アクセスが殺到していた頃にやっておくべきこと
だったのですが、そのルーターも買って一年以上放置状態でおいていました。
ルーターはヤマハのRTX-1200です。
少々古いですが、未だに新ROMが出てくれていますし、業務用だけに信頼性は抜群です。
ちょっとアクセスが殺到したくらいで壊れません。

実は何度も何度も家庭用で入れ替えていたのですが、アクセスに耐え切れずにすぐに壊れてしまうのです。
一度壊れたら、何度リセットしてやり直してもすぐにハングアップするようになってしまい、
その内、内側から外にも出て行けなくなります。
それで一つだけ何故か壊れないルーターが有りました。
ばっきゃろーな丸っこいデザインのです。
11gが最新だった時代の代物なので、もう古すぎなのですが、これだけ何故か全然壊れないのです。
恐らく内部のメモリに余裕があり、ハングアップすることが起こりにくいのでしょうかね。
最新のものはコストダウンの為に、その辺りをギリギリに取ってそうです。

そのルーターが壊れることを何台も何台も繰り返して家庭用ルーターに嫌気がさし、RTXへの移行へとなりました。
せめて5年程度は早く移行するべきでしたね。


そうしてPCの入れ替えも行いました。
前はCore2 Duo E7500でしたからね,
Windows7時代からよく働いてくれました。
機用の夕方まではWindows10でしたが、RAM4GBで32bit版のPC。
それが今日の夕方からCore-i5 4590と4世代目となり、Windows10もやっと64bit版へと昇格出来ました。

今となってはしょぼい世代とクラスですが、まあ個人のサーバーPCは世代遅れのものを投入するのが
普通だと思っていますので、こんなものでしょう。


各種ファイルやデータを移し、wwwサーバも移行したのですが、Perlの処理系を入れ忘れるという痛恨のミス。
CGIやSSIが動いてないと気付くのが遅かったり。
サーバーの移行を何年振りかに行うわけなんでこんなもんです。


Perの処理系lはずっとアップデートをほったらかしていたので最新版のActivePerl 5.28の64bit版にしました。
Perlをアップデートしたのは10年ぶりぐらいじゃないでしょうか。
お陰でアクセスランキングのログは取れていたのですが、ビューアの方が見れなくなっていました。
CGIがエラーで落ちていたのです。

またPerlのコードのソースをエディタで開き、しこしことエラー部を直しました。
Perlを最新版を入れたので、命令や書式の厳格化があり、以前のコードでは通らなくなっていました。
それサクッと直して、後残るはDNSのみ。

実はbineが新マシンでは上手く動かないのです。
サービス登録は出来ていますが、起動時に途中で落ちてしなうのです。
そんなわけでランキングビューアを修正して今なんとか全部動いている所です。

DNSは今のサーバでは動かないので、bindだけ旧サーバに頼っています。
まあ内向きDNSなので、私しか使わないDNSなんですけどね。

ISCのサイトから64bit版を落としたはいいものの、ascってファイル・・・なにこれ??
解凍できるツールが見当たらない。
どうすりゃいいんでしょうかね。

追記:ascファイルは中身とは関係なくて、ZIPで落とせました。
    色々とち狂ってましたw


とりあえず新マシンでbindが動いてくれないことには、旧サーバーを止められない。
DNS専用サーバーを立ち上げるとか、そもそもそんなアクセスないし、しかも一人でしか使わないサーバーだし。
その為に二台もサーバPCを立ち上げているとか贅過ぎですね。


そんなんわけで、取り敢えずは一通り入れ替え終わったので、これで落ち着くかな?
とか思っています。



追記:2019/08/04 02:30

色々触っていてイベントログを見て見たら、どうやらnamed.confを存在しない所に読みに行っていた様子。
正しくどこかのデータを書き換えて正しいアドレスに変えたら問題なく動き始めました。
64bit版を使わなくてもよかったのね。
これで100%新PCへの移行が完成しました。

  1. 2019/08/04(日) 01:04:26|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Android Q(10)への銀行アプリの対応状況のチェック・・・結構動いて意外と優秀も、どう考えても普通に動くはずなのに、わざわざチェックして止めているクソ企業アプリもまだ存在

Android Q(10)に対して、対応の反応が遅かった、銀行系アプリ、運輸系のアプリ、ポイント系のアプリ、
の対応状況をチェックしてみました。

   【銀行系】
  ●動作した(チェックは立ち上げまで)
   三菱UFJダイレクト
   三菱UFJ銀行・口座開設
   三井住友銀行・Vpass
   三井住友銀行・カードローン
   三井住友銀行・店舗検索アプリ
   みずほ銀行
   りそな銀行
   住信SBI
   じぶん銀行
   イオン銀行・通帳アプリ
   ゆうちょダイレクト残高照会アプリ

  ●動作しなかった(立ち上がり前に弾かれた)
   三菱UFJ銀行
   三井住友銀行・口座開設
    SMBCネットワークアプリ
   みずほ銀行Walletアプリ(立ち上げ時にチェックしてメッセージを出さずに落ちる)
   常陽銀行
   ソニー銀行(立ち上げ時に画面が真っ白なまま動かない)


   【運輸・郵便系】
  ●動作した(チェックは立ち上げまで)
   日本郵便追跡サービス
 
  ●動作しなかった(立ち上がり前に弾かれた)
   ヤマト運輸


   【ポイント系】
  ●動作した(チェックは立ち上げまで)
   楽天Edy
   楽天カード
   T-POINT
   Pontaカードアプリ
   モバイルWAONアプリ
   smart WAONアプリ
   WAONサービスアプリ


アプリは見つけたものは片っ端から入れた感じです。
見逃しなどの有ると思いますが、そこそこチェックできたかなと思っています。

銀行系は主な所はほぼ対応を終えている感じ。
正式に対応していないとアナウンスしている所もありますが、対応中で誤動作したらごめんなさい
みたいな対応状況のようです。つまりチェックが完了していないので保証できないよといった感じ。

ネット系の銀行はほぼ対応済みかと思ったら、なんとソニー銀行が対応していないという・・・。
まあまだベータ版のOSなので対応していないこと自体は問題ないことですが、しかしながら
この対応状況からは企業のやる気が見え隠れしているわけで、私的には非常に参考になる
指標だと考えています。

驚いたのはなにやら細かいアプリだらけの三井住友系のアプリ。

Android OS 10を搭載したスマートフォンにおけるアプリの動作について ~ 三井住友銀行

このタイミングでAndroid 10に関してのお知らせを出している。
しかも本チャンのAndroid 10が出る前にリリースを完了しようとしています。
これはやる気を感じます。
こういう動きは見られないので。

ヤマト運輸なんて、未だにクロネコヤマトの公式アプリにバージョンチェックを入れて弾いている状態。
バージョンに依存するような難しい箇所なんて見当たらないので、さっさとバージョンチェックを外すだけで
普通に動くと思われるのに、それをしない怠慢企業だと私は認定しています。


全体的には余計なバージョンチェックを入れていない企業のアプリは普通に動き、余計なことをしている
企業のアプリだけが引っ掛かるという皮肉な状況。そもそもこのぐらい世代が進んた新バージョンの
OSなんて、アプリが動くことを検証しながら開発を進めているのに、バージョンチェックをして止めるなんて
基本ナンセンスなんですよね。こういうアプリの開発をしている方とかって、恐らくPCの時代からのOSの
アップデートに関しての知識とか無いんでしょうね。

基本「余計なことはできる限りしないで自然体に任せる」のが最良だと思います。

  1. 2019/07/28(日) 02:07:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

iPhoneからAndroidへの乗り換えの割合がぐっと上がってきた模様・・・

iPhoneからの大量流出している様子が分かりやすいデータとしてあらわれてきました。

「iPhone」から「Android」への乗り換えが増加傾向--BankMyCell調べ ~ CNET Japan
この調査によると、サムスンのブランドロイヤルティはAppleよりも高そうだ。「Galaxy S9」からiPhoneに乗り換えたユーザーはわずか7.7%で、92.3%が引き続きAndroid端末を使用しているのに対し、「iPhone X」を下取りに出して別のブランドに移行したユーザーは26.2%だった。

何故iPhoneから逃げていくのか?


必要とされないからです。
分かりやすい部分で言えば不必要に高い。

例えば金魚鉢の底に透明なブロックを敷き詰めようと考えた時で例えるとする。
その透明なブロックをどこで何を買うのか。
多くの人はペットショップや100均などで安価なブロックを買ってきて入れますよね。
間違っても宝石屋に行って、高価な宝石を金魚鉢の底に敷こうなんて人はいない。
叶姉妹的な発想をする人なら有り得るのかもしれませんが、普通は無いです。

今のアップルで言うなら、スワロフスキーを敷き詰める的な方向へ突き進んでいるのかなという気がします。
スマホとしての中身はともかく価格帯的にはその辺りではないでしょうか。

次に無用な大型化。
最近の流行りで端末は全体的に大型化しています。
しかし誰もが大型の端末が好きなわけではない。

アップルが大型化する理由は「大きい方が値上げしても不自然ではない」からです。
カメラ関係やフェリカのアンテナ等、色んなものを無理せずに詰め込みやすいという事情も有るでしょう。
無理に小型の端末に拘っても高価だとそれこそブーイングの嵐に見舞われます。
それならコストをかけて小型化しなくても、大型化すれば色々問題が解決します。
なのでiPhoneで、小型端末を出しにくい理由がこの辺りかなと考えています。


そんなわけで、多くの人はSNSが見れて、ある程度の写真が撮れて、予定表やToDoが見られればそれで満足です。
その程度のものに数年おきに10万以上のコストを払えというのがアップルのご意見。
しかしユーザーはそんなに払いたくないというのが実際のところかなと。

その辺りがユーザーの考えとアップルの考えがズレている所だと思います。
過去は実際に逢ったことは、多くの電化製品は世代を重ね、多くの企業が参入するようになるほど
コストが下がり、値下がりしてきた歴史がある。

元々コピー機は家庭に入ることがない機械でした。
知る限りでは当初は小型のものでも50万円~100万円帯。
しかし10数万円程度と安くなり、一般の家庭でもコピー機を買える価格帯になり、その内キャノンやエプソンから
複合機が出て、3万円も有れば買えるように。今は一家に一台有るような有様。
コンビニのコピー機も昔ほど必要ではなくなりました。

次にワープロ機、初めは100万円を超えていて、その内50万円程度になってきました。
20万円ぐらいになった頃から一般家庭に入り始め、パソコンブームが始まったのもこのぐらいからでしょうか。
PC向けのワープロソフトと専用機で争い始めました。
その内どんどん廉価機が出てきて簡素なものでは3万円ぐらいまで値が下がったように思います。
どうやら高価だった家電ものは、3万円当たりが一つのボーダーのような気がします。

スマホはどうか。
既に3万円レベルの廉価機が沢山出ています。
もう廉価機天国の時代が始まってしまったのです。

海外では安価な端末は普通にありました。
が・・・性能はどうか。
廉価機でも十分満足に行くような性能になってきたのはAndroidで言えば6.xや7.x以降ぐらいからでしょうか。
8.xになってからは廉価機でも熟成すら感じるようになってきました。
8.x時代の廉価機はそれなりの重さのゲームすら十分に動かせる能力を持っていると思います。
5万円程度のミドル機なら最重量級のゲームですら普通に動かしてしまう能力を持ってしまいました。


さてこの環境の中、それでもiPhoneを買いますか?という話になっていきます。
アップルはひたすら盛って盛って値段を上げようとしています。
なので今更廉価端末を数売るような戦略には切り替えられません。
価格競争には巻き込まれたくないというのが本音だと思います。

その路線で考えると、安価なものはもう出せないはずです。
先の行き詰まりを感じながらも高価格帯路線を貫くしかないのです。
下手に安価なもので最新世代のものを出せば、安いのに人気が集中してしまい、利益率に響いてきます。
数は売れるでしょうけど、アップルはもう数の発表は取りやめているので、数が出てもそれほどの
メリットが生まれてこない。なので余計に安価なものは出せないなと考えています。


勿論この発想が絶対ではなく、直前でひっくり返ることも十分にあるでしょうから、実際にはどうなるのかは分かりません。
でも私の中では上記のような所で考えが安定しています。


そんなわけで、これからは更に乗り換えの流れは大きくなっていくでしょうね。
周りが使い始めると、安心して乗り換えられる環境が整っていきますしね。


iPhoneからAndroidへの乗り換えは、これからが本番ですよ。

  1. 2019/07/22(月) 01:37:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

業務連絡、Android10の割合が出ました

鈴の音情報局ブログ・携帯端末アクセスランキングですが、Android10が全然数字が出ずにずっと0%のままでした。
アクセス数的にはそろそろ数字が出ていてもいいころなのに、何故かずっと0%のまま。

よくよくprilog.cgiを見直してみますと、Android10はAndroid1としてカウントされていました。
どうりでいつまでもAndroid10が0%から増えないわけです。

本当にクソなバグです、お疲れ様でした。



そんなわけで修正すると、Android10に数字が入りました。

Android10.x系  0.07%

ということです。


まあこんなものと思えるぐらいの数字ですね。


10(Q)に関しては対応機種が多い、Pixcel 3aな安価な機種が出てきたということも有り、
この時期にしては比較的早期にアクセス数が多くなっている気がします。

通常はこの時期はiOSの方が優位になりがちでしたが、iPhoneの勢いが落ちていることがあり、
特に開発者系でAndroidへの流出が顕著になり始めている影響がここにもろに出ていると思います。

趣味の個人では毎年のお金を払ってまでアプリの公開権を維持するのは重いですし、
アプリ販売は基本儲からないのでアプリを作ってタダで維持しようと思っていた人の大半は
赤字から脱出できないままです。

大手になればなるほどペイはしていますが、Androidの方へ軸足を動かしている所も少なくなく、
よっぽどiPhoneに思い入れがあるところ以外はだいたいAndroid/iOS五分五分からAndroid寄りに
移行してしまった感が有ります。

それがここでのアクセスにも出ているように思います。


開発者になっていればiOSのDevelopper版のベータを利用できますが、最近アップルもDB版の
売れが悪いと実感しているのか、プロファイルを入れれば誰でもアップデートできるPB版も
DB版からあまりタイムラグをおかずに出すようになりました。
開発者を維持するお金を払わずとも、割と新しいPublic Betaが簡単に手に入るようになったので、
よりiOSの開発者の権利を維持する必要が無くなってきているのですよね。

猿アクセスブロックが入っているとはいえ、数字の動きはその通りの動きを示していて
みんなとても素直だなというのがよく分かります。




安価なAndroid端末が一気に出てきたことにより、Android 7.x以降の動きが活発になっています。
特に格安回線ががんがん宣伝を始めて以降、Android 8.xが一気に伸びました。

Androidだけに絞ればアクセス数の約半数がAndroid 8.xですもんね。
今まででは本当に考えられないぐらい一気に8.xへの移行が起こったように思います。

ただ、8.xクラスはかなり使えてしまうマシンとOSなので、この8.xのしこりは長期間残り続ける
かもしれないですけど。

何にしても今のAndroid機の若返りはかなりの勢いで行われているようですね。
新しい機種を使っている人が一気に増えたように思います。

  1. 2019/07/20(土) 12:05:45|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

どうやらAndroidのモバイルSuicaで支払い出来て、iPhoneのモバイルSuicaで支払えないケースが有るみたいです

地方で「モバイルSuica」だけで生きられるか? 試してみたら… ~ 日韓SPA!
筆者の所持するスマホはiPhone8。モバイルSuicaはApple Payとの連携機能がある。筆者の場合は、そこからさらにau Walletに紐付けしている。首都圏では、この組み合わせが素晴らしいパフォーマンスを発揮する。
 目標は3日間。この間は極力、モバイルSuicaのみで頑張ってみる。
 まずは薬局。筆者の自宅の近所にある大型薬局チェーン店に顔を出し、適当に買い物。幸い、この店舗はSuica対応のマークが貼ってあった。
 これは幸先いいぞ! そう思い、筆者は読み取り端末にスマホをかざす……が、反応しない。店員さんが急いでレジを再操作してくれたが、何度やってもスマホ画面には「今回のご利用に支払いは発生しませんでした」という表示が出てしまう。残高も減っていない。
 このまま商品を棚に戻すわけにもいかないので、やむを得ずクレジットカードで支払うことに。3日間のモバイルSuica耐久生活だったはずが、開始から僅か15分で目標は打ち砕かれてしまった。

iPhone 8でモバイルSuicaで3日間生活チャレンジという話。
これ「地方」とか関係ないですよね。
コンビニもろくに無い田舎なら話は別ですが、ちょっとした地方都市なら全然余裕のはずの話です。

実際私は現在毎日モバイルSuicaだけで生活しています。
お札はコンビニでモバイルSuicaにチャージする時ぐらいにしか使いません。
小銭はSuica未対応の自販機でドリンクを買う時か、現金払いの店で昼ご飯を食べる時ぐらい。
それ以外は全てSuicaで支払いをしています。
その状況で、Suicaマークを付けている所で反応しないなんて一か所も経験していません。

しかしこの記事ではSuicaマークが有るのに反応しない例が記されています。
それって恐らくiPhoneだからでしょう。
AndroidのFelica仕様の本来のモバイルSuicaなら問題なく反応しますけど、
iPhoneのカード型を吸い取った方のモバイルSuicaは店の方が対応していないと。
多分AndroidとiPhoneのインプリメントの違いでそれぞれに対応しないといけないのではないかなと思います。
なのでモバイルSuicaのみで身の回りの支払いを考えているのなら、iPhoneは向かず、Androidの方が安全だと思います。
少なくとも私は色んな店でモバイルSuicaで支払っていますが、一度も払えなかったことは有りませんから。


私は今Xperia XZ1CとPixel 3aの二つにモバイルSuicaを設定し、両方とも出来る限り2万円のMaxまで
チャージをしています。1万円を割ったらすぐに1万円チャージする方式です。
今二台持ち歩いているので、チャージの金額的にはかなり安心です。
それだけでだいたいの支払いを全部賄えていますから。
これだけ持っていたら一万円以上払っても、残高に不安にならずに済みますし。

でも完全にキャッシュレスにはまだできませんけどね。
一番にっくきなのは自動販売機、さっさと全対応しろって感じ。
販売機のお金の集金の手間が必要なくなるでしょう。
だからキャッシュレスで電子マネーオンリーの自販機を作ってもいいぐらいだと思います。
補充だけしていればお金の集金が必要のない販売機とか、セキュリティー的にも理想でしょうし。

今は意図的に利用率はXperiaが1に対してPixelが2でPixcel 3aを圧倒的によく使っています。
本当にコレにMacroSDが付いていたら、危うくメイン端末に昇格する所です。
横幅が大きすぎるので、メインマシンにしにくい所もあるのですけど、それでもこの快適性には負けてしまいそうです。
クロネコメンバーズやら、モバイルSuicaアプリやら、Android Qに対応していないアプリが有って困っている
所は有るのですけど、先日の7月分アップデートで銀行系アプリの一部がAndroid Qに対応したので、
少し前に進んだように思います。

OSのバージョンをチェックして起動させないようしているアプリは、早くバージョンチェックを外してほしいです。
そういうアプリに限って、OSのバージョンチェックさえ外していまえば普通に動くと思われます。
バージョン騙しのアプリが有ればいいのですけど、ちょっと探した感じでは見当たりませんでした。


普段モバイルSuicaを二つ持ち歩いていますから、だいたい普段の平均3万円ぐらいは持ち歩いている
ことになりますので、金額的には安心感が有りますね。
コンビニは払えない所は有りませんし、自動販売機も最近コカ・コーラが結構頑張った仕様のものを
入れてくれるようになりました。

これですね。


ID、Edy、nanaco、waon、ICOCA(SuiCA等交通系)に対応と、最強の対応と言える自販機が最近コカ・コーラの
自販機で増えていますね。もっと広がってくれたら私はもうほぼ小銭レスの生活を送れるのですけどね。
あ、でも昼食をあちこちで食べる時に限っては駄目です。
特定の所に絞れば大丈夫ですけど。

ただこのコカ・コーラの販売機、コークオンはすこぶる反応が悪いものが時々あります。
電子マネーは普通に払えるのですけど、コークオンはクソです。
仕組みがまあまあ複雑ということもあるのでしょうけどね。

とりあえず使っているアプリで、Android Qに未対応なのはモバイルSuicaアプリとクロネコメンバーズのあと二つだけかな。
それとは関係なくコンビニでのチャージと支払いは普通に出来るので、残高さえ気にしていればアプリは言うほど
重要でもないのですけど、でも時々画面で見たい時も有ったりはしますけど。


そんなわけで、Android端末ではモバイルSuicaでの生活は快適です。

週の内の大半は小銭もお札も全く使わない生活を堪能できています。

  1. 2019/07/16(火) 01:21:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。