鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Googleが新たにNexus/PIxelのサポート期間を発表、OSは2年/セキュパッチは3年に

先日、Androidの新バージョンへの興味が薄れていると書いた矢先、こんな発表がGoogleからありました。

Google、Pixel / NexusデバイスのOSバージョンアップ・セキュリティアップデートの終了時期を公開 ~ juggly.cn
Google が Pixel と Nexus のヘルプサイトで Pixel スマートフォンや Nexus デバイスのサポート終了日程を公開しました。
上記のスケジュールによると、OS バージョンアップは製品発売後約 2 年で終了し、セキュリティパッチの提供は約 3 年 2 ヶ月で終了することになります。

NexusやPixelのOSバージョンアップとセキュリティーアップデートのサポート終了日程?
それとも最低保証期間?が公開されました。


Nexus Help ~ Google

先日私は新バージョンへの興味が薄れていると書いた直後のタイミングでこんなのが
きたので、まるでここを覗いているのかと思うような気持ち悪いタイミングでの発表です(;´∀`)

私が使っているNexus 9だと、2014年11月3日で2016年10月バージョンアップ終了、
2017年10月セキュリティーパッチ終了ですから、2年でOSのバージョンアップが終わり、
3年でセキュリティーパッチが終わるイメージでしょうか。


私のNexus 9は今現在、月初から少し経つとだいたいパッチが降ってくるという感じで、
最新のセキュリティー状態を状態を保っており、非常に安定かつ安心して使えています。
そのNexus 9は去年の11月に買ったのですが、その時は32GBのホワイトモデルがやたらと
値段が下がっていて、2万2千円程度で購入しました。

今見ると32GBモデルは3万円ほどに値上がっていますので、完全に底値のタイミングで
掴めたなと喜んでいます。その頃Xperia Z3C用にU3対応のExceria 128GBを5千円ほどで
購入しました。それも今は6千円ほどに値上がっています。

Exceriaは底値ではないとは思いますが、Nexus 9はたまたま安くなった瞬間に気づいて
衝動買いしたので、恐らく底値で買えたと思っています。ラッキー(笑)


スマホは定期的に買い替えざるを得ないものだと思っていますが、タブレットはそう
頻繁に買い替えたいとは思えないんですよね。これ最新じゃなくなっても、ずっと使い
続けると思います。

確かにPCの代わりに使うにはちょっと寂しいながらも、荷物を減らしたいときには強力な
ツールになるんですよ。

Google的には新しい端末を買ってもらって、新チップ等のデバイスが広がっていかないと
新OSのシェアが上がっても、新しいデバイスにもたらされる機能が広がりにくくなるので、
こういう長期サポートはあまりしたくないのでしょうけど、でも新しいOSのシェアはやはり
取っていきたいので、難しい選択を迫られることになってるのでしょうね。

私は使えるハードは出来る限り最新状態で使わせてほしいと思うのですけどね。
だってCPUは64bitだし、処理性能だってそう遅くはないですから。

Goog
  1. 2017/04/28(金) 12:31:11|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GoogleはRCSメッセージングサービスの本格普及に向けて本気で動き始めている、Google純正の電話アプリとAndroidメッセージは既に対応済み

Google純正「電話」アプリがv8.0にバージョンアップ、RCS機能の実装を確認 ~ juggly.cn
Google が Nexus / Pixel スマートフォンに提供している純正の「電話」アプリを v8.0 にバージョンアップしました。
Android Police による APK ファイルの分解調査によると、リッチコミュニケーションサービス(RCS)を使用した音声通話や画像送信に関するコードが実装されていることが判明しました。
今回のアップデートによって、今後はスマートフォンで重要な通話機能でも RCS が活用されることを確認できます。

Google、「Androidメッセージ」でRCSサービスのサポートを強化、デフォルトのメッセージアプリに昇格させる ~ ガジェット通信
Google は 2 月 24 日、昨日リリースした新メッセージアプリ「Android メッセージ」で SMS / MMS に代わるキャリアメッセージサービス「RCS(Rich Communications Services)」のサポート強化と同アプリを Android 標準のメッセージアプリに決定したことを発表しました。

カナダでもGoogle メッセンジャーによるRCSメッセージサービスが開始 ~ juggly.cn
米 Google は 12 月 13 日(現地時間)、RCS(Rich Communication Service)に対応したキャリアにカナダの大手 Rogers を追加したことを発表しました。
Google は先日、米国の大手キャリア Sprint と提携して Google メッセンジャーアプリを通じて RCS メッセージサービスをユーザーにリリースしたことを発表しました。これと同じことを今回はカナダの Rogers でも行ったということです。

大々的ではないけれど、じわじわっと進んでいるRCSメッセージングサービスへの移行。

RCSメッセージングサービスは元々はGoogle等に対してキャリアが対抗の為の武器として
生み出されあという生い立ちが有るものの、今は皮肉にもGoogleがキャリアサービスを
乗せ換える為の武器として進めている状況となっています。

Googleは純正の電話アプリにもメッセンジャーアプリにもRCSへの対応を進めており、
デフォルトのアプリとして昇格しています。

Android端末の全てがデフォルトで搭載するわけではないですが、メーカーアプリや
キャリアアプリが幅を利かせないグローバル端末ならそれらがデフォルトで搭載される
可能性が高いです。キャリアの影響が届かいSIMフリー端末でもこれらがデフォルト設定
されるでしょう。


そう考えるとものすごい勢いでこれが広がっていくと思われます。
GooglePlayからそれらのアプリがダウンロードできるようになっており、デフォルトで端末に
入っている以外の方が、GooglePlayからダウンロードしてインストールしていると思われます。

GooglePlayからは5000万~1億回ダウンロードされており、デフォルトで入っている端末の
数を加えて考えると、既に数億台はこれらのアプリがインストールされていると考えられます。
あと一年もすれば、現役で利用されているiPhoneの稼働台数を超えるのではかいかとすら
思える状況です。


RCSメッセージングサービスが標準で利用されるまでもう少しかかると思われますが、いずれに
しても日本のキャリアはRCSメッセージングサービスの標準化の流れに逆らうことはできません。

私の適当予想では、あと1~2年で日本のキャリアが動き出すってところでしょうか。
どうなるのかは分かりませんけどね。

  1. 2017/04/26(水) 21:54:14|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Android OSの新バージョンに対して徐々に興味が薄れつつある件

Android OSの最新バージョンは毎回気になっていますし、興味を持って情報を集めてきました。
iOSはクソマップの大惨事以降、特に興味を持って見たきました。

実際使用するしないに関わらず、スマホのOSは一応興味を持って見てきたつもりです。
が、ここにきて急速に興味を失いつつある気がしています。

一番興味を強く持っていたのはKitkat~Lollipop辺り、Mashmallowも強く興味を抱いていました。
徐々に興味を失いつつも、7.1.1迄はまだ興味がなかったわけでもなく、Nexus 9の購入で
少しは興味が復活しました。

Nexus 9のOSバージョンアップのサポートが打ち切られたようで、7.1.2はもう降ってこないらしく、
無理やり続けていたような新バージョンへの興味がすぽっと切れたように思います。

月例パッチが降ってくるので特には困らないということもありますし、Mashmallowレベルの
バージョン以降はOS的にはそう困ることはないということも最新バージョンへの興味が
薄れている大きな理由のように思います。


なんかもうOSのバージョンアップが機能を求める事よりも、設定-端末情報に表示される
数字が変わるだけぐらいしか違いを意識することが無くなってきてるなと感じます。
今ならビルド番号が変わるのを確認するぐらいでしょうか。

当然iOSにもかなり興味が薄れています。
WWDCをリアルタイムで見なくなりましたし、当然機能にも興味は向きません。
精々アップデートで何か不具合が出ていないかを確認する程度です。





で・・・思うのですが、これって私だけなのでしょうかね?

  1. 2017/04/24(月) 20:23:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

やっぱり漏れるアップル、最強のNDAとはいったい何なのか・・・販売不振傾向になったiPhoneを次こそは本気で売りたいもんねぇ~

Appleの自動運転車公道走行の許可申請書、詳細を米メディアが公開! ~ iPhone Mania
Appleがカリフォルニア州車両管理局(DMV)に提出した、公道上での自動運転車の試験走行許可のための申請書を米メディアBusiness Insiderが入手し、その内容を公開しています。

「iPhone8」の流出図面をもとにしたレンダリング画像が公開 ~ iPhone Mani
先日流出した「iPhone8」とみられる図面を参考にした、iPhone8の3Dレンダリング画像が公開されました。

最強のNDAで、強固に守られているはずのアップルの情報が、ことiPhoneに関してぽろぽろ
漏れてきています。そのことは以前からいろんな記事で何度も書いてきました。

これもそれらの中の一つ。

漏れるはずのないiPhoneの情報は、漏れると人目を惹きます。
しかし偽情報ならばその年は越せても翌年から徐々に相手にされなくなっていきます。

以前には絶対外に出ることのない試作機がオークションに出されたりもしましたし、
過去に複数出たそれらを、落札して手に入れたという話はその後全く見かけません。
大金はたいても落札後にメディアに持ち込む人がいてもおかしくないし、
そもそもメディア関係者がやっきになって落札を狙う可能性が非常に高いですがその形跡もなし。

どうみてもアップルが自演で出して報道させているとしか思えませんよね。
その後の報道もない辺り、メディアもグルなんじゃないの?って気もします。
そもそも最高機密の試作機が出てくるとか、不自然すぎです。


アップルの自動運転車公道走行の許可申請書なんて、将来に出てくる製品に関する秘密
なのですから、最高峰の機密のはずが、その申請書が意図も簡単に漏れてしまう。
iPhone 8の図面ってこんなに簡単に漏れてしまうものなの?
アップルのNDAは実はクソ管理?そうでないとすれば・・・。


こういう不思議には一切突っ込みが入らないのがアップルファンの世界です。
アップルに対してもっと色んな意見が見られてもいいと思うのですが、ちょっとファン達は
アップルを甘やかしすぎるように思います。

普通ものすごく儲けていれば、「もうちょっと安くしろ」という意見が有ってしかるべきですが、
何故か「営利企業が儲けまくって何が悪い」がまかり通るわけで、企業原理的にはそうでしょうけど、
そこにユーザーとしての立場と意見が皆無とか、「うーーーん、君ユーザーじゃないの?」と、
アップルの中の人かと疑わせるような意見がどうも普通のようでわっしょいわっしょい。


これも出所やその過程を全く疑う人が存在しないままに、「漏れてラッキー」と思う人しか
いないのでしょうね。

そんなものを有難がり、自演としか思えない行為を肯定する面々はこれからもご活躍される
と思いますので頑張ってください。

  1. 2017/04/24(月) 19:53:00|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Uberがドライバーの詐欺行為に困ってユーザー追跡で対策も、アップルのポリシーにより削除させられる

Uber社長、Appleをだまそうとしてクック会長に叱責される ~ iPhone Mania
配車サービスで知られるUberが、Appleのポリシーに反して個々のiPhoneを追跡していたことがAppleにばれ、クックCEOに「UberアプリをApp Storeから削除する」と警告されていたことがわかりました。
同紙によれば、Uberは2014年当時、中国を中心に、ドライバーによる詐欺行為に悩まされていました。一部のドライバーが盗難iPhoneを入手、偽のメールアドレスを使って大量のUberアカウントを設定し、各アカウントから配車サービスを依頼していたのです。
Uberではより多くの顧客を乗せたドライバーには報奨金を提供していたため、こうした詐欺行為によって荒稼ぎをしていたのでした。

Uberがアップルのポリシーに違反して個々のiPhoneを追跡していたことが問題に。
確かにここのユーザーの追跡は褒められたものではなりませんし、ポリシー違反ならなおさらのこと。

しかしUberがそれをしている理由を見てみると、やむにやまれない事情というものが存在します。
アップルは自社のポリシーを主張するのは当然ですが、ではUberが困っている状況を解決する手立て
も用意することもなく自社の主張だけして問題を放置するのかということになります。


で、私が思うのはこのことを紹介したiPhone Maniaの記事タイトル。
重要なのマルチアカウントで詐欺るUberのドライバーの問題などは全くどうでもよく、Uberとアップルの
クックの関係のみにターゲットしたタイトルを付けています。
私的には激しくどうでもいい部分だと思うのですけど。
本質とは関係のない所にフォーカスするのはどうもねぇ。

このブログにお越しの「如何に私の言っていることが間違っていたり、印象操作に躍起になっている
みたいな印象を作り出そうと必死の勢力様」はこの件に関してどういう意見を下さいますのやら。
また本来の要件とは関係ない部分を殊更にフォーカスして別件で叩こうとするいつものやり口?


私としてはこういった悪質な詐欺行為に関しては、追跡を禁止するのなら、公式に対策をとれる
ような仕組みをアップルが構築するべきだと思います。

アップルはユーザー側から見て問題なければ、企業は仕方なく着いてくるだろうという発想なので、
Uberが詐欺られようがどうでもいいと考えているようです。まあiPhoneを売らせる為に販売の現場
では色々問題のある行為がいっぱいあり、それを推進する立場ですからね。末端の悪事があり、
それでiPhoneの一アプリの製作元が詐欺に遭って損をしても何の興味もないのでしょう。


今後はモバイルOSの発展は、こういった悪質な行いに関しての対策をどうするかということも重要な
要素になるんじゃないかなって気がします。決済に関してはカード登録してApple Payという逃げで
なんとかできましたけどね。これって博覧会でより大きな袋を用意した企業が勝ちみたいな手法ですね。
一番大きな袋にみんな纏めちゃうので一番大きな袋の企業が宣伝されるという・・・。
バブル時代にはよく使われた手法ですが、今でもまだやってるところが有るのかな?



これはアップルにだけではなくGoogleにも向けられた課題だと思います。
ただしGoogleは追跡を自身が行っており、他社にも禁止をしていなかったと思います。
(記憶違いなら申し訳ない)

そういう意味ではユーザーから見てそれがいいのか悪いのかは別にして、企業から見て
Androidの方に分があるというイメージが浸透する可能性が十分にあります。
少なくともiPhoneのこの問題はUberや似たような問題を抱える企業から見て頭の痛い問題が
有ると言えるでしょう。

  1. 2017/04/24(月) 19:38:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Facebookが軽量版アプリを日本でもダウンロード可に、これ絶対2年遅かったと思う

Facebookの軽量版アプリ「Facebook Lite」が国内でもダウンロード可能に ~ juggly.cn
海外の新興国で提供されていた Facebook の軽量版アプリ「Facebook Lite」が国内でもダウンロード可能になりました。アプリの提供対象が日本にまで拡大されたようです。
Facebook Lite は 2G / 3G の低速ネットワーク内でもサクサクと利用できるようにと 2015 年にリリースされた軽量版アプリです。現在のアプリサイズは 1.33MB と当時の謳い文句である「1MB 以下」を超えていますが、フルバージョンと比べるとはるかに小さく、短時間でダウンロードできます。

死ぬほど重いと定評のあるFacebookアプリの軽量版が日本でに利用できるようになるのは
結構なことですが、ちょっと遅いですよね。


このアプリが出た2015年1月は2014年秋にXperia Z3/Z3Cが出た直後です。
この時期だと日本でもまだ旧端末の利用者が多かった時期だと思います。

通信量を減らすことが主眼のアプリではあえりますが、アプリ容量が少なくて済むことも
またメリットの一つなわけで、もうちょっと早くリリースしていたらよかったのにねとは思います。



ただ今頃これを日本でリリースする理由もなんとなくわかる気がします。
MVNOが流行り、混雑地域での通信速度の低下に対応する為と、格安端末が今でも
RAM 1GBのモデルがそこそこあったりするので、それに対応する動きではないかなと思います。

そもそもFacebookのアプリって超メモリ食いでCPUパワーもそこそこ必要なので、
元から軽量アプリは必要だったのですけどね。

ちなみに2015年2月に集計されていた当ブログのアクセスランキングの様子は以下の通り。



比較的新しいAndroid OSのバージョンに偏っている数字になる当ブログのアクセスですら、
こんな状況でした。

特にAndroid 4.1~4.3はドコモで言うと、D型番~F型番辺りの端末の時期で、結構長く
使われているので、絶対需要はあったはずなのですけどね。

  1. 2017/04/24(月) 19:15:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ソニーが4GBにステップアップするも、Galaxy S8は6GBモデルがバカ売れ品薄に

韓国ではGalaxy S8+ 6GB RAM + 128GB ROMモデルが人気、早くも在庫不足に陥る ~ juggly.cn
4 月 18 日に韓国で販売が始まった Galaxy S8 シリーズの中でも、最上位モデルとなる Galaxy S8+ の 6GB RAM + 128GB ROM モデルが予想外の人気だったようで、現地のキャリアは早くも在庫不足状態に陥っていることを明らかにしました。

スマートフォンのRAMは4GBで十分―Huawei幹部がコメント ~ iPhone Mania
Huaweiの幹部であるLao Shi氏によれば、スマートフォンのRAMは4GBで十分なのだそうです。

単体アプリで1GBもメモリを使うって事はめったにありません。
しかしマルチタスクでガンガン複数アプリを立ち上げて、そのアプリを切替している頻度が高いと
切り替えた瞬間にメモリ不足に陥ってしまう

なので一個のアプリが重いという事よりも、アプリを多数平行して使っていることが大事です。
1GB使用のアプリが3つほどあったら、それだけで4GBメモリではもう足りなくなるしね。

どっちかというと一つのアプリが食ってメモリ不足になるのではなく、たくさんアプリを
立ち上げている時に起こるのだと私は理解しています。
なのでアプリが肥大化したアプリの数が増えてくるとその内メモリ不足になるんですおね。

こういう使い方が主だと、4GBでも不足気味になる可能性は有るんじゃないかなって気もします。
使い方次第ですけど。


でもGalaxy S8の様子を見ていると、どうやらそろそろハイエンドは6GBがメインになりそうな
雰囲気になってきましたね。Xperiaがようやく4GBを搭載しようとしているのですけどね。
まあHuaweiの幹部の言葉が有っただけまだ3GBで維持張っていた時よりはましな状況ですけどね。

  1. 2017/04/23(日) 02:49:00|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ソフトバンクはOKでフリーテルはダメ、消費者庁の判断が気になって仕方がない

格安スマホ会社を行政処分 「業界最速」広告巡り  ~ 日本経済新聞
「フリーテル」のブランドで格安スマートフォン事業を手掛けるプラスワン・マーケティング(東京・港)が通信速度を「業界最速」と宣伝したのは根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は21日、同社に再発防止を求める措置命令を出した。

プラスワン・マーケティング株式会社に対する景品表示法に基づく
措置命令について(PDF) ~ 消費者庁

消費者庁は、本日、プラスワン・マーケティング株式会社に対し、同社が供給する「FREETEL SIM」と称する移動体通信役務に係る表示について、景品表示法第7条第1項の規定に基づき措置命令(別添参照)を行いました。

先日のこのニュース、まあ当然でしょってところと納得がいかない所と両方。

ソフトバンクは良くてフリーテルがダメ。
まあソフトバンクは嘘でも何らかの根拠を書いているからOK?
それを否定するには色々調べてそれを発表しないといけなくて面倒だからOK?


こんなことをこのニュースを見ながら感じていました。
悪徳な業者は企業の大小や社長が名物化しているかなどに影響されないで
きっちり取り締まってほしいですね。そこにへんな優遇や差を付けてほしくないです。

  1. 2017/04/23(日) 02:18:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

シャープの本気AQUOS R、海外に出せるレベルの端末を出してきた

シャープのフラグシップスマホは「AQUOS R」に 2017年夏に発売 ~ IT Media Mobile
シャープは4月18日、スマートフォン「AQUOS」の新モデル「AQUOS R」を発表。2017年夏モデルとして投入する。また今後、同社のフラグシップモデルは「AQUOS R」に統一する。

シャープ「AQUOS R」発表、旗艦モデルのブランドを統一 ~ ケータイWatch
100万台が目標、「渾身のフラッグシップモデル」

シャープは、映像美のリアリティなど4つの「R」をテーマに掲げた、Androidスマートフォンのフラッグシップモデル「AQUOS R」を発表した。2017年の夏に通信事業者から発売されるモデルで、キャリアに先駆けて概要が発表された。また、これまでZetaやSerie、Xxなどキャリアごとに別れていた名称は、フラッグシップモデルについては「AQUOS R」で統一される。

シャープがキャリアの発表会に先んじて、独自の発表会を行いました。
そこで発表したのはAQUOS Rという新ブランドの端末。

AQUOSは昔からの統一ブランドですが、ドコモ・au・ソフトバンクでブランドを分けていました。
それを統一ブランドのAQUOS Rに。

私は初めからそうしておくべきだろうと思っていましたが、ホンハイに買われてやっとあるべき姿に。
日本のメーカーであり続けてほしいという願望は有りましたが、もしかしてホンハイに買われてよかったのかも。
この事前の発表会と言い、Snapdragon 835やRAM 4GBの搭載といい、本気ハイエンドを目指したこの
端末を見て、非常に「やる気」を感じてなにかシャープの未来を感じさせてくれる発表となりました。

初期のAQUOSなんて余計な3D機能とか搭載し、コンピュータ部分をメインストリームとして開発
されていないことがバレバレ。軽自動車のエンジンを搭載した普通車をデコレーションするような、
そんなクソさを感じさせられました。

でもやっとまともに海外にも出せそうな端末を発表しました。
やればできる子、YDK。

ガンバレシャープ。

  1. 2017/04/20(木) 00:11:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

バージョンアップが止まっていたApexが復活、5月にメジャーアップデート

老舗のAndroid用ホームアプリ「Apex Launcher」が復活を発表、5月にメジャーアップデートを実施 ~ juggly.cn
Android 向けのサードパーティ製ホームアプリの中でも古くから提供され人気の高い「Apex Launcher」の開発元が公式ブログを通じて復活を発表しました。

実は私はガチガチのApexユーザーです。
このApexの復活発表はかなり嬉しいですね。

最近ではNovaの方が人気が有りますが、私的にはカスタマイズでどうしてもApexがいいという
所が有りまして、Apexをずっと愛用しております。

でも7.0に最適化ですか・・・。
今愛用が6.0なのでしばらくは全力が味わえないかもしれませんね。
まあでもアップデートがないよりはいいですけどね。

  1. 2017/04/19(水) 23:50:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。