鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

理想の上司の二位にジョブズに選んだ人々、洗脳済みの頭だと自分のアイデアをパクって自慢するような上司が理想という恐ろしい現実

故スティーブ・ジョブズ氏、理想の上司ランキングで2位に ~ iPhone Mania
しばしば偉人として名前が挙がる、Appleの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏ですが、オーストラリアで行われた「誰のもとで働きたいか」という調査の結果、回答者の3分の1が同氏を選んでいたことが分かりました。

知らないということは恐ろしいものです。

ジョブズの部下で働きたいという人が1/3もいるという事実。
既に亡くなった人が・・・とのiPhone Maniaでの解説ですが、既に死んでいるから美化された理想だけが
拡大しちゃってるんじゃ無いの?って気がします。

まあ信者化してしまえば生きていようが死んでしまおうが関係ないのかもしれませんけど、
少なくとも部下のアイデアをパクって発信力で自分のものにしてしまったり、自分の感性に
合わないものは、ほぼ完成の域に達していても時間も休みも関係なくやり直し。

自分たちの発想なんて虫の居所が悪ければ踏みにじられるような環境で働きたいとはゆめゆめ
思わないですね。

私なら、自由にのびのびやらせてくれる環境で働きたいです。
というか、私みたいな特殊な発想をする人間はジョブズは特に相性が悪い人間とも言えますけどね。


これがドM国民の日本でなく、オーストラリアでの結果というから情報浸食とは恐ろしいなと感じます。
まあ日本人ならウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)で既に痛感させられていますけど。

  1. 2017/03/27(月) 03:37:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

この夏に発売の機種にFeliCa確変が来る・・・ドコモにビッグウェーブ、auはグッバイおさいふの刑、ソフトバンクは虫の息で乗るしか手がない::ApplePayのお陰で国内キャリア端末のFeliCaにチャンス到来

マクドナルド、2017年下半期より複数の交通系電子マネーやNFCを含むクレジットカード決済に対応 ~ juggly.cn
マクドナルドが 2017 年下半期より、Suica や PASMO、IKOKA などの複数の交通系電子マネーや QUICPay+ などの Felica、Visa payWave などの NFC を利用した決済を可能とするマルチ決済端末を全店舗に導入し、決済方法の拡大を順次行うと発表しました。
マクドナルドでは現在、楽天 Edy、iD、WAON の電子マネー決済を行うことができます。今回発表された新たな決済方法は交通系電子マネーの Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん、電子マネーの nanaco、クレジットカードの Visa、Mastercard、JCB、ダイナース、ディスカバー、アメリカン・エキスプレス、クレジットカード系電子マネーの QUICPay+、プリペイド型クレジットカードの JCB PREMO、そして NFC 決済の Visa payWave、Mastercard コンタクトレス、J/Speedy、American Express Contactless と、かなり多くの決済が可能となります。

これ・・・、これ。

マクドナルドが”風”の利用を決定。


iPhoneでスマホ決済が可能になったこのタイミングは、電子マネーを大いに普及させることが
出来るほぼ最後のチャンスと言っていいと思います。特にApplePayのお陰でスマホの
ICカード機能に注目が行き、Android端末上のおさいふ機能にも多くのユーザーの意識が
行くようになりました。

今はiPhoneで電子マネーが使えることに意義が有るような報道ばかりですが、今回の事の本質は
そこには有りません。そのタイミングに乗っかって、今までの既存のFeliCa&NFC搭載端末の
ユーザーがやっとその気になることや、既存のカード型のユーザーも利用を広げることが
ビッグチャンスを生み出すのです。

私は従来はカード型ICOCAを電車に乗る時以外使わなかった消極的ユーザーでしたが、
それをスマホのSUICAに持ち替え、積極的にコンビニなどでの買い物にも利用する普通の
交通系電子マネーユーザーに変わりました。電車に乗る以外では電子マネーは一切使って
きませんでしたから通常決済ユーザーが丸々一人増えたのと同じ計算になります。
それまでは基本小銭チャラチャラの現金主義ユーザーでした。

ApplePayのタイミングでAndroidPayも登場し、巨頭が動き始めたことで、他の色んなものが
動き始める。私はそれを予感したのと、モバイル端末の電子マネーの本格稼働がやってくる
ことを強く感じたので、スマホに移すタイミングを選んで本格利用を始めたのです。

案の定マクドナルドもそれと同じことを考えていたということだと思います。
恐らくマクドナルド以外もこの流れに続く所が出てくるでしょう。

交通系電子マネーとEdyでほぼ日本の電子マネーの現場を渡り歩くことが出来ると思いますが、
でもチャージを二つ分もするのはバカらしい話です。私はEdyのカードは何枚か持っていますが、
どれもチャージしていません。

スマホに入れるのは交通系を選択したので、今後は交通系と一蓮托生のつもりです。
マクドナルドが今回交通系も追加したことで、もう交通系の立場は固いものになると思います。
まだまだ交通系が使えない所も有りましたからね。
でも交通系が無視できない状況になりつつあると感じています。
なので私はスマホに入れるのを交通系に絞ったということもあります。


今迄は乾いた木材や葉っぱをかき集めていた状況だったのではないでしょうか。
モバイル環境での電子マネーの地盤を少しづつ固めてきた時代が続いてきたように思います。
Android端末では折り畳み携帯の頃からずっと乗せてきて、今では国内端末の殆どが
これに対応していると言っていい状況です。ほぼ100%に近い搭載率が国内端末の強みでもあります。

iPhoneは国内でのFeliCaの利用の引き金を引きましたが、今までカード型とモバイルではキャリアが
地道に地盤を作り上げてきたエネルギーが有ってこそ生きた引き金だったと思います。

さて、ここにきてこのFeliCaの値打ちが急に上がってきました。
国内向け端末では当たり前だったものの値打ちが急上昇です。

となると・・・。

次のキャリアの夏機種ではそこがセールスポイントとして都合がよくなるなと考えています。
SIMフリーやら、格安端末やらが満開状態の今の状態に、久しぶりにキャリア端末が強気で
対抗できる要素ができたのです。それを逃す手はないでしょう。

キャリアが種を蒔いて長年育ててきたFeliCa&NFCがついに花開くタイミングになったと。
その引き金を引いたのは国産端末を苦しめてきたiPhoneというのも皮肉ですが、しかし久し
ぶりの”風”を利用しない手はないです。

この夏端末で長年ICカード機能を搭載し続けてきて育ててきた日本のキャリア端末が、
やっと収穫のターンを迎えます。私がこのタイミングでスマートホンのICカード機能を利用し
始めたように、このタイミングで利用し始める人が少なからず出てきてもおかしくありません。
それを大きな流れに出来るのか、iPhoneのついでにしてしまうのか、それはこの夏以降の
キャリアの動きにかかっていると思います。


そしてもう一つ、FeliCa自身にもビッグチャンスが訪れています。
iPhoneが公式にほぼ日本のローカル規格を搭載したわけで、世界統一端末のはずの
iPhoneに、海外では使えない状態ながらも、FeliCaを乗せた状態で販売しています。

これが海外で利用できるようになる公算は今の所限りなく低いですが、日本ではiPhoneで
すらFeliCaが使えるという所がポイントです。海外へのFeloCaの再売込みのチャンス到来です。

「日本ではアップルですら対応した」という売り文句が出来たので、それをもって売り込みが
しやすくなったと言えます。そもそもiPhoneで海外で使えなくても海外の多くの国でiPhoneの
シェアは知れているので、実際には大して影響は有りません。

だってiPhoneがここまで普及している国は日本とアメリカぐらいですし。
海外でiPhoneのFeliCaが死んでいても実態には大して影響のないことなのです。
「アップルが日本の規格の靴の裏を舐めた」事実が大事なのです。

交通系ではType-A/Bよりも、やはり生FeliCaの方が有利なのは今でも変わりません。
NFCを利用している国でもFeliCaへ対応を変えることで、より同じ自動改札でも高速化して
より少ない改札機で多くの人数を捌くという需要にこたえることもできると思います。
そうやってNFCからFeliCaに需要を奪える可能性も高くなったかなと思います。


日本のキャリアは忌々しい存在のSIMフリー格安端末をけん制する材料として使えますし、
今迄下手をすると負の存在的に見られることすらあったFeliCaでしたが、今は状況が完全に
裏返ったと言っていいと思います。FeliCaを載せているからアドバンテージになる。
完全にそうすることも可能な状態になっています。

ただしその状況を固めるのもこの夏のキャリアの動き次第。
今迄のようなセンスの悪いことを繰り返せば折角の機運もアフターバーナー付きで
逃げ去っていきます。センス良くうまく”風”を掴めば携帯端末上のFeliCaが思いっきり
花開くことになるだろうと思います。


こうなったのもドコモは本当に粘り強く種を蒔き続けてきたからと言ってもいいと思います。
auなんて一度「グッバイおさいふ」でおさいふ機能にケンカをしかけましたからね。

これはau WALLETを売り込むための合言葉としてCMで謳われたものです。
Android端末のおさいふ機能を使わずにau WALLETカードを使わせようと企んだのです。

そこでスマホの機能ではなく、MasterCard扱いのau WALLETカードを売り込むわけですが、
何故カード型に戻したかというと、当時iPhoneではそういった機能が利用できないので、
iPhoneユーザーを取り込むためにAndroidごとFeliCa&NFCを切り捨てたわけです。
au WALLETカードにはNFCチップは乗っていますが、実際の決済は磁気カード型で行われ、
それは旧来のクレジットカードインフラを利用しています。

要するにAndroid端末ユーザーを切り捨てて、その代わりスマホユーザー全体にパイを
広げたつもりということなのでしょう。CMではAndroid端末のおさいふ機能を揶揄する為に、
わざわざ物理財布を捨てさせていますが、カードを入れるのはだいたい物理財布なわけで、
カードケースだけを持ち歩いてそこにカードだけを入れて生活している人はほぼいないと思います。

Android auを捨てたように、スマホのおさいふ機能をスパッと捨て去る。
こういう企業は私は信用しません。

そういう意味では動きはどんくさいですが、ドコモはそういったクソみたいな既存ユーザーを裏切る
動きは余りしないので、こういう部分では信用できると思います。

なので今回のFeliCa確変事象はドコモが美味しい所を持っていく順番かなと思っているのですが、
尻軽auも乗ってくる可能性が有りますね。曲がりなりにも今でも発売されている端末には嫌でも
FeliCa&NFCは乗ってきますしね。でも端末内蔵のおさいふ機能ってau WALLETとコンフリクトする
はずのものなので、微妙っていえば微妙・・・。

FeliCa自体はauもソフトバンクもずっと乗せてきていますし、ドコモレベルと使えるサービスはほぼ
変わらないので、実際にはCMやキャンペーンでどこまで力を入れるかの違いだけなんですけどね。

でもぐっばいおさいふをやらかしたauには、このFeliCa確変には乗ってほしくないの心です。
最近「ソフトバンクでもXperiaを扱ってますよー」っていうとんでもなく格好悪いCMを打っている
ソフトバンクは端っこなら乗ってもいいんじゃない?って気がし始めているから不思議です。
格好悪いけど、それってXperiaの存在を認めているとも言えますしね。
iPhoneだけじゃ商売あがったりという実情も有るのでしょうけど。

iPhone 7が売れていませんからね。
そろそろ勢いが落ちてきているし。



そんなわけで、この夏のFeliCa確変をどう売りにつなげてくるのか、ちょっと楽しみだったりします。
でも一番チャンスカードを握っているのがドコモなだけにちょっと心配。
またセンスの悪いことをしでかすんじゃないかという気が何処か抜けませんから。

ここでビッグウェーブ(w)が出来たら、JR東辺りがアジア圏にSuica&モバイルSuica、または互換品を
売り込みに行ける力にもなったりして。今さらですが、日本の電車に期待を寄せている新興国には
意外と改札システム込みで期待される可能性もあるかなという気がしています。
とりあえずアップル有り難う。(笑)

そんなわけで、珍しく日本で流行っている機能に光が当たっているのが不思議な気持ちになっています。

  1. 2017/03/25(土) 03:56:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

Android Oの開発者プレビューがリリース、ソニーのLDACがOで標準で採用されている

次期OS"Android O"の開発者プレビューが公開。ソニーの協力によりLDACをサポート ~ PC Watch
Googleは21日(米国時間)、Android OSの次期バージョンとなる「Android O」の開発者プレビューを公開した。ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)機能や、API追加、より細かいバックグラウンド実行制限による省電力化などが目玉となる。
オーディオ関連の機能も向上した。新たにオーディオコーデック「LDAC」に対応し、Bluetooth接続であっても高音質なハイレゾ音源が楽しめるほか、ローレイテンシなオーディオAPIが新たに追加された。これらにより、再生品質の向上や、新しい周辺機器またはアプリの登場が期待できる。LDACについては僚紙記事も参考にされたい(ケータイWatch:"LDACとは")。
LDACはソニーが開発したオーディオコーデックであり、同社の協力を受けて実装されたもの。リリースではLDACを含め30以上の機能追加についてソニーがクレジットされている。

いよいよAndroid Oの開発者プレビューがリリースされましたね。
去年のAndroid NからGoogle I/Oより前にAndroidの開発者プレビューが公開されるようになりました。
今年もその流れを継いでいます。

そこで驚いたのがソニーがBluetooth向けに出した音声転送用のCODECであるLDACがAndroid Oで
標準で対応されたこと。恐らくGoogleがBluetoothでの今後のワイヤレスでの音声接続を見越して
ソニーに働きかけて実現したものだと思われます。

普通ならapt-Xとapt-X HDで十分だと思いますし、その両方に対応するだけでほぼ役割を果たせると
思う所ですが、apt-X(HD)は将来的にiPhoneで対応される可能性も無きにしも非ずですので、
その上を行く規格をGoogleが欲しがったのではないかと私は考えています。

とは言え、apt-X(HD)にアップルが対応させる可能性は決して高くないと思いますけど。
アップルは頑なにAACオンリーを貫いており、AACの技術的な概要すら公開していません。
もしかするとAACって再生ファイルのレートに合わせた可変レートなんですかね?
どこを調べてもAACに関して技術的な解説はされていませんでした。
アップルは完全に秘密にしておきたいみたいです。

驚いたのはここ。
「リリースではLDACを含め30以上の機能追加についてソニーがクレジットされている。」

まさかソニーがここまで貢献しているとは思いませんでした。
なんだかんだとまだまだソニーは前の方を走り続けているようでうれしい限りです。


LDACを含めてこうしてクレジットされていると、技術を提供した見返りに大きな宣伝効果を
期待できます。こんなところからソニーの技術力が認められてファンが増える可能性も有り得ます。
海外では中韓メーカーに完全に抑え込まれていますが、これを機にソニーのXperiaが認められて
いく可能性も出てきたかなと思っています。

同時もGoogleも色んな意味で本気になっているなと感じました。

  1. 2017/03/23(木) 02:51:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

iPhone 7(赤)やSEの容量アップに4万円を切るiPad、アップルが売り上げの下がるこの時期に打つ対策商品達

メイン商品のiPhoneの裏ターンに売り上げ維持のための商品を発表するこの時期、
アップルがいよいよ春の小銭稼ぎを発表しました。

iPhone7/7 Plusの赤バージョン(PRODUCT)RED登場! ~ iPhone Mania
Appleは3月21日、真っ赤なiPhone7/7 Plus (PRODUCT)REDスペシャルエディションを発表しました。
なおiPhone7/7 Plus (PRODUCT)REDスペシャルエディションの注文はiPadと同じく3月25日午前0時01分(日本時間)からとなっています。価格はほかのiPhone7/7 Plusと同じです。

iPhone SEのストレージ容量が32GBと128GBに変更! ~ iPhone Mania
Appleは21日夜、オンラインストアで販売している製品ラインアップを更新し、4インチ端末のiPhone SEに32GB版、128GB版を追加しました。注文の受付は3月25日午前0時01分(日本時間)からとなっています。

Apple、4万円を切る9.7インチiPadを発表! ~ iPhone Mania
Appleが3月21日夜、9.7インチの新型iPadを発表しました。最大の特徴は最安値モデルが4万円を下回るという、その価格の安さです。

Apple、iPhone7とiPhone SEの純正ケースに新色を追加! ~ iPhone Mania
iPhone SEの容量アップ版追加やiPhone7/7 Plusの新色追加など、Appleのオンラインストアでは21日夜、多くの新製品の情報が更新されました。
Appleの純正ケースでは、iPhone7/7 Plus用のシリコーンケースとレザーケース、iPhone SE用のレザーケースのそれぞれに新色が追加されています。

Apple Watchのバンドに新色追加!春らしいカラー続々 ~ iPhone Mania
Appleは21日、予定していたオンラインストアのメンテナンスを終了し、新製品を発表しました。Apple Watchでは、春らしい新色のバンドが追加されました。新バンドは本日より注文可能です。

そのどれも再利用などでパッとしない面々。
もうお金をかけられない事情が有るのかと感じさせるような商品がずらっと並びました。

iPhone SE2がどうとかいう意見も有りましたが、SEでA9プロセッサを奢っているのに、
SE2なんか出るわけありません。行けるところまでSEで引っ張るでしょう。
しかも5sも継続販売されており、出来るだけ開発費をかけずに小銭稼ぎをしたい、
または販売台数を稼ぎたい意図が見え見えしています。

何故かご本尊よりも連呼されたあぽーぺーんは新機種が出てくる気配すら見られません。

無用に知名度は上がっても、売れないものはやはり手を付けてもらえません。
そもそも何故そんなものが必要と考えたのか、私には理解できません。
普通のスタイラスで十分でしょう。

中でもiPhone 7製品に関しての追加色が登場し、明らかに今までとは潮目が変わってきていることを
感じさせます。ぶっちゃけ・・・余ってるんでしょうねぇ・・・。

iPadに至っては、苦し紛れに値段を下げてきたとしか思えない感じ。
アップルが一番やりたくない値下げをすることで、ちょっとでも在庫が履けてくれることを祈っているのでしょうか。
利益率を下げてでも、数を売ってシェアの維持をしなくてはならないのかもしれません。
相反する二つの数字を同時に追いかけざるを得ない今の状況はかなり追い込まれています。



もがき苦しむアップルをもう既に色んな所が感じ取っているのでしょう。
アップルのティムクックCEOにこんな仕打ちが・・・。

AppleのCEOにMicrosoftのSurfaceが用意されるハプニング発生 ~ iPhone Mania
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は現在、中国を訪問中ですが、今回の訪中の主要な目的は、政府主催のフォーラム中国開発会議(China Development Forum)への参加だと言われています。しかし、その会議のg場でよりによって、目の前にSurfaceが設置されていたことが笑い話として注目を集めています。

アップルの宿敵、マイクロソフトのSurfaceがあてがわれるという屈辱を中国で味わう羽目に。

中国と言えばメンツを大事にするお国柄です。
その中国で真正面からメンツを潰されるようなことをされるということは、笑い話では
済まないような扱いに切り替わっていると言っていいと思います。
競合するAndroid端末やWindows端末で、中国メーカーの台頭がはっきりとしてきました。

「もうお前の所のiPhoneに支配力はないんだよ」と言いたげな中国側のメッセージかなと思います。
確かに今の世界の市場での中国端末の勢いはものすごいものです。

こんなふうにアップルの斜陽を感じ取り、それを表している所が増えるのではないかなと思います。

  1. 2017/03/22(水) 02:52:35|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ソニモバがXperiaカバーストアをオープン

先ほどTVでCMを見たのですが、ソニモバがこんなものを出しているのですね。

Xperiaカバーストア ~ Sony Mobile Communications

ケースはiPhoneと言われて久しいですが、ここだとXperia向けのカバーが充実しているようです。

ただ・・・半年で新モデルが出るような現状だと、こうしてメーカーの努力で頑張ってくれてはいても、限界は早いと思います。
最低でも同じ筐体を年単位で現役モデルとして維持することが大事でしょう。
さすがにiPhoneのように二年引っ張れとまではいいません。

モデル数多すぎな上に、短命なことをやめないと、今までのように数が出た一部モデルの
くじ引き現象は変わらないと思うので、そこはどうかしてほしい所ですね。

  1. 2017/03/22(水) 00:55:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

落ち着きのないアップル、iPhoneを売り続ける為やiOSをアップデートさせる為のあれやこれや

「Appleは故意にバグ起こしiOS7にアップデートさせた」と集団訴訟に ~ iPhone Mania
Appleが莫大なデータ中継費用の支払いを回避するため、iOS6向けFaceTimeに故意にバグを引き起こし、iOS7にアップデートするよう仕向けたとして、カリフォルニア州で集団訴訟が起きました。

このブログでずっと取り上げてきた、アップルの悪行。
うちのブログではこういう話はなんかもう恒例と言ってもいいレベルですね。

OSのアップデートをどうしてもさせたい時は、全バージョンのセキュリティーホールの多さを殊更に
強調してみたり、新しいOSの魅力を説くよりも、心理的に追い込んでアップデートをさせるとか
やっていました。それを始めたのはiOS6→iOS7の時ですから、このFaceTimeの時と同時期です。

これはiOS6の時のクソマップ騒動でiOS7に挙げるのを模様眺めする人が大量に出ることを
見こしたうえで行ったと思われます。最もiOS7はリリース後半年にわたってバッテリードレインや
もっさりや端末加熱などの不具合が続き、強制的に上げさせた上に問題だらけのOSだったので
最低最悪の結果になりましたが。それでそこそこiPhoneからの離反者は出たものの、総崩れには
ならなかったのは、なかなかうまく洗脳を行った信者力の結果だったのかもしれません。

まあその前に日本国内ではAndroidもキャリアのクソアプリのお陰でクソ端末が沢山生産
されてしまったせいもあり、まだその尾を引いていたからということもありますが。

何にしてもこの手の事を含んだ情報操作や意図的な不具合を含んだ信者コントールは
普通に行われていると思っていいでしょう。それがアップルですから。


「iPhone8」の価格は従来の6割高!?OLED関連部品のコスト高が影響 ~ iPhone Mania
「iPhone8」の価格は、有機EL(OLED)ディスプレイ用の3D Touchモジュールの影響で、従来製品から60%割高になるのではないか、と伝えられています。
「iPhone8」に搭載される、アクティブマトリックス有機EL(AMOLED)ディスプレイ用の3D Touchモジュールは、液晶用とは異なる製造方式によりコストがかかるため、従来の1台あたり9ドル(約1,030円)だったのに対して15ドル(約1,720円)に上昇する、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

で、「新型iPhoneは高くなります」毎年行われる”信者高額順応の義”の続きでしょうか。
時折りいい感じで高額順応ネタが出てきますね。
Android端末はものすごい価格競争を繰り広げていますから、そこに巻き込まれないように
必死ということもあるでしょうが、相当に利益率が欲しいのだと思われます。

が・・・私的には昔の先鋭化のユーザーを絞った経営戦略に回帰な気がします。
結局は利益率優先でマスは切り捨てになっていくのでしょう。

だって同じことをするならAndroidの圧倒的に安い端末で十分になりつつありますからね。


iPhone8はとんでもなく売れる!著名アナリストが強気の予測 ~ iPhone Mania
Apple関連情報に詳しい著名アナリストが、Appleが今年発売予定の「iPhone8」は、現在ウォール街のアナリストらが予測しているよりもはるかに売れるという、強気の予測を明らかにしました。
Morgan Stanleyのアナリスト、ケイティ・ハバティ氏は、今年期待されているiPhoneの『スーパーサイクル』は「十分評価されていない」と主張。2018年度のiPhone売上台数について、ウォール街の平均予測である前年比10%増の倍となる同20%増という、強気の予測を打ち出しました。

はいはい、分かりましたって。

これはアップルの意向を受けたものか、それとも名を売りたいだけのアナリストかは微妙な
所ですが、私はこういうのもアップルが雰囲気作りで行っている可能性は十分あると思います。

でも普通に考えて、旧端末でも十分に使い物になるレベルの性能を有する時代に入っているのに、
最新端末にそんなに群がることが本当にあるのかい?とかなり斜に構えてみております。
そろそろ壊れない限りそうそう買い換えない人がかなり増えてきているのではと思います。
今でもiPhone 5や5sを普通に使っているいる人はかなり見かけますし、6sではない6も普通に
使っている人も少なくないです。ついでに画面が割れている人も多い。

その上に端末価格の正常化が行われれば、もっと冷静な目でスマホの選択が行われる
ようになるだろうと思います。その結果、iPhoneが選ばれることが何処まであるのか。
ロシアのように値引きをしたらアップルから脅しのメールが来るようなことを、ぜひ日本でも
やってもらいたいものです。

  1. 2017/03/21(火) 03:45:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【Android Developers】ようやくNougatへの移行が本格化、Mashmallowの増加が一気に縮小へ

Android Developers発表の2017年02月28日~2017年03月06日段階のAndroid端末のバージョン毎のシェアです。




Android Developer

前月データはこちらの記事へ


旧バージョンの数字を見ていくと、JellyBean以前は12.6%、KitKat以前は33.4%。
Dalvik VMで動作しているOSが来月には1/3を割り込むことに。

既に過半数に到達し、ARTで動作しているバージョンが2/3に到達。
ART導入時のLollipopはメモリリーク問題などの不具合騒動で避けられた時期も有りましたが、
ソニーなどの各メーカーは独自にそれらの対策をしていた所もあり、メーカーによっては
安定動作をするものも有りました。
Mashmallow以降はそれらの問題も解決し、安定したバージョンになっています。

Lollipop導入時は色々問題が有ったせいでKitKatにこだわっていた人も多かったですが、
5.1以降は大きく安定度に問題がないのでもうKitKatにこだわる必要もなくいなり、
プロセッサの進化も相まってMashmallowやNougat端末に移行が進んでいるように思います。

ただし現状では7.1よりも7.0の増加率の方が高く、最新の7.1はおいてけぼり気味。
これはGoogleの供給の仕方がまずいような気がします。
各メーカーはGoogleが思っているほど柔軟なAndroid OSのソース管理をしていないと思われ、
Googleが考えているようにOSのバージョンを上げてくれないことが原因のように思います。

多くのメーカーは動作確認という段階を踏みますから、コードを簡単に入れ替えられる運用を
していたとしても、入れ替えてくれないことも多く、この辺りも課題になるでしょう。

先月からMashmallowの増え方が一気に縮小傾向に向きました。



Mashmallowの増え方の前月との差分です。
だいたい2%以上をずっと維持していましたが、2月から一気に増加ペースが落ちています。
その分Nougatが1.6%と上がっており、増加率が逆転しました。
ようやく本格的にNougatへの移行が始まったと言っていいと思います。












  1. 2017/03/20(月) 18:33:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

販売価格を変えようとするとアップルから契約解除ちらつかせて脅すメールが来る、アップルの販売価格操作を認める判決が出た

AppleがロシアでiPhoneの価格操作、当局が判決下す ~ 日経BP IT Pro
ロシアの独占禁止関連当局は現地時間2017年3月14日、米Appleがロシアにおいて「iPhone」の価格操作を行ったとする判決(ロシア語)を下した。
英Financial Timesをはじめとする海外メディア(米The Vergeや米Apple Insider)の報道によると、ロシアの連邦反独占庁(FAS)は、Appleのロシア子会社が16社の国内販売事業者に対してiPhoneの販売価格を固定するよう要求したと判断。販売事業者が値下げを試みると、Appleは電子メールを送って価格を戻すよう指示し、応じなければ契約を解除する可能性を示唆したとしている。

アップルの市場価格への干渉。
つまり値下げ禁止、対して販売数を確保できない国では端末の値打ちを維持するため価格を維持したいようです。

FASは消費者からの苦情申立により、昨年8月に調査を開始した。価格操作は「iPhone 5s」以降「iPhone 6s/6s Plus」まで過去数年にわたって適用されたとみられる。

日本とは真逆の動きですが、日本の場合は世界のシェアに影響するのと、高価格帯モデルを好んで
買ってくれること。宿敵のAndroidユーザーの支払ったパケット代を販売支援金から横取りできると
いうこともあり、ロシアとの逆の値下げ圧力をかけているのでしょう。

ロシアで売れた所で他国が真似しませんしね。
なので日本と正反対の動きは納得どころです。

アップルは利益率を睨んで国ごとに政策を変えているというわけです。
なかなか強かですね。

もっとも販売店やキャリア・流通に渡ってアップルの脅しや不平等契約を上げだすときりが有りません。
更には部品メーカーも色んな形で被害を受けています。


自社の為にそういったことをするのが当たり前と思っているであろうアップルは最低な企業と言っていいと
思いますが、それを擁護し支援しているアップルファンも最低ですね。
そろそろアップルの悪事を理解して端末の選択とは別に、アップルの悪事きちんと指摘するべきだと思います。

理想的なのはどれだけいいものだとしても、そういった悪事を働く企業のものは利用しないという
ことであり、私はそれを推奨します。

市場に悪い影響を与えるアップル製品の利用は是非やめましょう。

  1. 2017/03/18(土) 12:53:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災の中でも福島第一の原発事故は避けられた・・・前橋地裁判決で

福島第一原発事故は回避できた、そういう内容を含んだ判決が出ました。

原発事故、国に賠償命令=「津波予見できた」-東電にも、計3800万円・前橋地裁 ~ 時事ドットコム
原裁判長は、政府の地震調査研究推進本部が2002年7月に「マグニチュード8クラスの大地震が起こる可能性がある」と指摘した「長期評価」を重視。「地震学者の見解を最大公約数的にまとめたもので、津波対策に当たり考慮しなければならない合理的なものだった」と述べた。
 その上で、国と東電は遅くとも長期評価が公表された数カ月後には、原発の安全施設が浸水する津波を予見できたと認定。長期評価に基づき、08年5月に15.7メートルの津波を試算した東電は「実際に予見していた」と言及した。

前橋地裁、国と東電の責任認める 3855万円賠償命令 集団訴訟で初の判決
原道子裁判長は「巨大津波の到来は予見可能で、対策をすれば事故は回避できた」として、国と東電の責任を認め、計3855万円の賠償を命じた。
原裁判長は、平成14年7月、政府の地震調査研究推進本部が「マグニチュード8クラスの津波地震が30年以内に20%程度の確率で発生する」とする長期評価を公表したことから、「東電はこの数カ月後には、津波を予見することが可能だった」と指摘。「非常用電源の高所設置などの対策を取れば事故は発生しなかった」とした。

地震が起こったら原発事故が起こる。
津波が来たら原発事故が起こる。

まるでそれが確定的な事実のように今まで扱われてきました。
しかし日本の法曹界がそれを明確に否定しました。
まだ前橋地裁という地裁レベルではありますが。

私はそれ以外の判決内容等については無関心なので全く触れません。
ただただあの大震災と津波の中で、「回避できた事故」であったことを認めてくれた数少ない例であり、
私がずっと主張してきたことが認められたようでうれしかったのです。
なのでこの件を扱うことにしました。

「あの地震は避けられなかったが、それでもあの原発事故は避けられた」という意見が
増えてくることを期待しています。私が過去からも今でもそのことを信じて疑いません。

世の中の多くはあの事故の結果の悲惨さだけを取り上げ、「だから原発は危険」「再稼働反対」とか、
論点と違ったおかしな反発が大半です。私は「いや、論点はそこじゃないし」とそういう人と話すのを
やめることしかできません。

大事なのはあの地震と津波の中でも「福島第一の原発事故は避けられたのか?」その一点でした。
私は様々な情報を集める中で、「間違いなくあの事故は避けられた」という解を見出しました。

そういう意味ではNHKスペシャルのメルトダウンシリーズや、原発メルトダウン 危機の88時間等の
NHKが報道した番組の影響は大きいですね。私の意見を大いに裏付けてくれました。



全ての原発の問題は消えたというつもりは有りませんが、事故はきちんと運用している
原発なら避けることが出来たと裁判所もお墨付きを与えたと言えます。

それも含んで原発を運用する為の多くの問題は解決されてきています。
放射性廃棄物の捨て場所?

私は放射線廃棄物の最終処分は是非東京都の南鳥島でという意見です。
実際に行えるのかどうかはともかく、検討はするべ出来でしょう。

まあ政府は別の案を進めていますが・・・。
今報道に乗っているのとは違った別件で、ほぼ表に出ていませんが、きっちり放射性廃棄物の処理の
尻拭きまで完結出来る模様です。


原発を安全と言い切るつもりは有りません。
でも必要なものだと思っています。

アベノミクスの足を徹底的に引っ張ってきた原発停止状態を出来る限り早く解除するべきですし、
海外の動き(主に中国やインド)を考えても原発はまだまだ必要とされるものです。
その原発の反対派の方々は、何故かアベノミクスが成功してほしくない立場の方とニアリイコール、
いや完全にイコールな気がしますが・・・気のせいでしょうか?

再生可能エネルギーは補助エネルギーとしては頼りになります。
でもメインエネルギーにはなり得ません。
地熱?メインにしちゃうと地球環境に色々影響が出ますよ。
まだ放射性物質の地層処分の方が環境に影響が少ないと思います。

色々な意見が有るのは理解していますが、私はこの意見でずっと来ています。
原発事故起こっても考えは変わりませんでした。

私は10年で福島第一の事故に関してのわだかまりが鎮まるかなと思っていましたが、
この判決はどうやらそれに向けていい方向へ動き始めるきっかけになりそうな気がします。

原発事故を記事として扱うと、感情論でgdgdにされてしまうというのがいつもの流れでした。
でもこの判決のお陰で、原発反対派はお涙頂戴だけでは反論できなくなり、きちんとした意見で
否定する必要が出てきたので、今迄とは空気感が変わりそうに思います。


トランプ氏とうまく付き合うためにも、中国と対抗する為にも日本の工業力の力を高める電力は
本当に大事です。先日電力系の取締役の人と話をしたのですが、「炊けば炊くだけ赤字になる
高級燃料を食う火力まで動員して何とか持たせているギリギリの状態」との意見。

こんな状態にも拘わらず、「電力は足りてる」という、安全保障的にも危機管理的にも商売的にも
何一つ成立していない原発反対派の面々のご意見。某竹田氏の推していた最新のコンバインドサイクルは
火山の噴火一つで終わってしまいます。原子力は空気を取りれる必要がないので火山が噴火して灰だらけ
になっても稼働できる頼もしいメイン電源です。火山の風下に作っても稼働しつづけることが
できるのは強みです。


災害が起こればその対応にも電力は必要なんですよね。
そういう事まで含めての安全保障、一つに寄らずにバランスよく計画していってほしいものです。
その中でもベースロード電源としての原発は大事な存在だと思っています。

  1. 2017/03/18(土) 12:38:33|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

【革新的!!】なんと日本の折り畳み携帯で何年も前から出来ていたアプリで注文と支払いが出来たら革新的!ものすごく革新的、とっても革新的、有り得ないぐらい革新的

米マクドナルド、スマホで注文と決済が完結する革新的アプリを導入開始 ~ iPhone Mania
米マクドナルドは15日、どこからでも注文が可能で、店舗で購入商品を受け取れるアプリを試験的に導入しました。混雑や長蛇の列を解消することが狙いです。

スマホで注文、そして支払い。
これは革新的ということだそうです。

昔ながらの折り畳み携帯でクーポンを使って注文し、そのまま携帯に登録されている
Edy等の電子マネーで支払いをする。

こんなことは何時からできたのか、もう忘れたぐらいの何年も前から普通に行えていたことです。
それが熟成が進んで外からの注文も出来るようになったとのことですが、まあそんなのは
携帯回線が繋がっている以上、導入はどちらかというと携帯ハードの機能の問題ではなく、
もっと人的・組織的な問題じゃないの?って印象です。

たまたま状況が許すようになってきたから導入というそんな気もします。


でもこれを革新的というのはやめてほしいです。
だったら日本の旧来からの折り畳み端末はどれだけ革新的だったんだよって事になりますからすごいw
さすがジョブズが参考にしただけは有る日本の携帯、すごい!!


お支払方法 ~ マクドナルド
 iD 株式会社NTTドコモが提供する電子マネーです。
 楽天Edy 楽天Edy株式会社が提供する電子マネーです。
 WAON イオン株式会社が提供する電子マネーです。

うーーーん、iDなんて久しぶりに聞いた。

そんな時代からマクドナルドでは電子マネーによる支払いに対応していたってことですよね。

注文と支払いが一つのアプリで済ませられるようになったら革新とな・・・?







うーーーん、うーーーん、うーーーん・・・(-_-;)


きっと、革新的なんですよね・・・多分・・・iPhoneの世界常識では・・・(多分これだっ!)

  1. 2017/03/17(金) 03:37:23|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。