鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

GoogleがAndroid 7.1.1 Nougatの正式版をリリース、Pixel/Nexusへ配信開始

Google、「Android 7.1.1 Nougat」の正式版をリリース、Nexus / Pixelへの配信を開始 ~ juggly.cn
Google デバイスへのアップデート配信は本日より開始されています。対象機種は、Nexus 6、Nexus 5X、Nexus 6P、Nexus 9、Pixel、Pixel XL、Nexus Player、Pixel C、General Mobile 4G です。ベータテストに参加している端末も同様に公式版が配信されます。

Google、2016年12月のセキュリティパッチの詳細とNexus/Pixel用ファクトリーイメージを公開 ~ juggly.cn
Google は 12 月 5 日、Android 7.1.1 の正式版に合わせて 12 月分の Android セキュリティパッチの配信を開始しました。
アップデートビルドは、Android 7.1.1 が「NMF26O」「NMF26H」「NMF26F」「NMF26J」、Android 7.0 が「NRD91P」「NBD91S」「NBD91U」、Android 6.0.1 が「MMB31C」です。なお、Android Nougat の最新版は Android 7.1.1 なので、「Android 7.0」の新ファームウェアは用意されていません。

GoogleのPixelとNexusにようやくAndroid 7.1.1 Nougatの正式版をリリースが来ましたね。

 【Android 7.1.1 Nougat対応機種】
 ●Pixel
 ●Pixel XL
 ●Pixel C
 ●Nexus 6
 ●Nexus 5X
 ●Nexus 6P
 ●Nexus 9
 ●Nexus Player
 ●General Mobile 4G

それとついでに2016年12月のセキュリティパッチも来ました。
というか、2016年12月のセキュリティパッチはAndroid 7.1.1 Nougatという形でダブルで
出てきたと言った方がいいかも。どちらにしてもバージョンアップとセキュリティーパッチの
配布は有難い限りです。

国内メーカーはこの辺りの考え方が甘いのであまり好きにはなれません。
いちいち大きくカスタマイズをして、源流の流れを阻害してしまいます。
一番欲しいのは余計なカスタマイズではなく、大元の源流の改善なのに。


で、私のNexus 9にも無事Android 7.1.1 Nougatがやってくるわけですが、まだOTAは
降ってきません。というか、ベータプログラム分も降ってきていない!!




アップデートはいつ配信されますか?

Android N の正式リリースまで 4~6 週間ごとにプレビュー アップデートが配信されます(詳しくは、Timeline and updates をご覧ください)。
登録してからアップデートが配信されるまでには、最長 24 時間かかります。24 時間経っても配信されない場合は、端末がインターネットに接続されていることを確認し、[設定] > [端末情報] > [システムアップデート] の順にタップしてアップデートがあるかどうかを確認してください。端末から developer.android.com にアクセスし、画像をダウンロードする方法で Android N を入手した場合は、OTA アップデートは自動配信されません。ただし、このページで Android Beta Program にも登録済みになっている端末であれば、アップデートが自動配信されます。

最長 24 時間!!

登録後もう何週間経っているんだか・・・。
ベータプログラムのOSは一向に降ってくる気配は見られません。

で、7.1.1の正式版が出たのでそれが降ってきてくれればいいのですが、そもそも
7.0.0 (NRD91N, Nov 2016)もOTAされてきません。私のNexus 9はそのひとつ前の
NRD91Dのままですし。

7.1.1 (NMF26F, Dec 2016)も自動でOTAで降ってくる気がしないのですよね。
どうなってるのGoogleさん??

ちなみに何度システムアップデートをかけても「お使いのシステムは最新の状態です。」
から変化しないんですよね。

もう自分で焼くしかないのでしょうかね。

取り敢えずはじゅぶんでは焼けばいいので救いは有るのですけど・・・もうちょっとだけ
OTAを待ってみようかと思います。

  1. 2016/12/07(水) 00:24:12|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレコムがLDACに対応したBluetoothスピーカーを発表し、ソニー以外からLDAC対応機器が出たことに驚きました

エレコム、Xperiaで定番のLDACに対応したBluetoothスピーカー「LBT-SPHR01AVBK」を発表 ~ juggly.cn
エレコムは 12 月 6 日、最近の Xperia で定番の「LDAC」に対応した Bluetooth スピーカー「LBT-SPHR01AVBK」を 2017 年 1 月に発売すると発表しました。
LBT-SPHR01AVBK は、USB 経由でハイレゾ再生(96kHz/24bit)をサポートした比較的スペックの高い Bluetooth スピーカーで、バッテリー駆動を採用しており Bluetooth 接続で 13 時間の音楽再生が可能です。

LDACはソニー独自のBluetooth A2DP プロファイル向けのCODECですが、これにソニー以外で
対応した機器がエレコムから出てきました。

Bluetooth A2DPプロファイル向けCODECは高音質・低遅延で複数の規格が出ていますが、
代表的な所ではソニーのLDACとQualcommのaptXやaptX HDの二種類。

それぞれの音質の解像度と転送ビットレートは以下の通り。

 aptX    44.1kHz×16bit  [352Kbps]
 aptX HD 48kHz×24bit    [576kbps]
 LDAC   96kHz×24bit   [990kbps]

音質的にはソニーのLDACが完全に飛びぬけています。
しかしソニー独自でほぼソニーの機器でしか対応していない。
今まではそこがガンでしたが、こうして他社でも対応スピーカーが出てくることは、
ハイレゾ市場の活性化、ユーザーの選択肢の広がりが出てきて喜ばしいことです。

そもそも国内メーカーのスマホの世界ではもうソニーのXperiaがほぼ勝者といってもいい状態で、
その中でも高音質対応ももうソニーが取ってしまっているような状態と言っていいでしょう。

なのでこのエレコムの選択は正しいように思います。
というか、同じ機器を売るならもう対応CODECを増やすだけでユーザーが選択する余地が
増えるのですから、今国内向けのハイレゾ対応のBluetooth A2DPプロファイル向けの機器を
出すからLDAC対応は必須に近いものになっている気がします。
各メーカーが引け腰だっただけで、実際には需要は大きいと思います。

まあハイレゾまで鳴らす自信がない機器は必要ないといえばそうかもしれませんが、
それなりの性能を音質を出していると思うのなら、そろそろLDACもデファクトスタンダードと
して認める方向でもいいのではないかなと思ったりもします。

LDACのライセンス料はどうなっているのかは知りませんが、出来たらお金は取らずに
広げる方向で動いてもらいたいなと思います。apt-X HDとの鬩ぎあいもありますし、
LDAC対応機器が増えればソニー的には他のAndroid機器やiPhoneと勝負する為の
武器にもなりますし、少ないライセンス料でちまちま稼ぐよりは、製品自体の魅力度を
増す為の武器にして、本来のスマホやAV機器を売る為に使って欲しいです。


このエレコムの件はそれの始まりなのか、それともエレコムに見る目があるだけなのかは
分かりませんが、LDAC対応機器がソニー以外から出てきたのは少々驚いたところが
ありました。折角の日本初の規格なのでもっと広がってほしいなということろもあります。

ただし一つ思うのは、LDACで絶賛転送中は、他の機器の通信はほぼ一切出来ない
状況になるだろうと思われ、折角8台まで接続できるのですが、キーボードも使えない
可能性が高そうなのはちょっとどうかなと思う所もあります。
apt-X HDが576kbpsで押さえているのはそういうことも考えているのかもと思ってみたり。

  1. 2016/12/06(火) 22:41:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ドコモがチャイナモバイルグループ会社との協創でバーチャルアイドルを日中で展開、バハムートが稼働し時祭イヴが実現

(お知らせ)チャイナモバイルグループ会社との協創により「バーチャルアイドル」を日中で展開 ~ ドコモ公式ページ
株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、中国の移動通信事業者China Mobile Communications Corporation(以下、チャイナモバイル)のグループ会社でアニメ関連ビジネスを展開するミグ動漫有限公司(以下、ミグ動漫)と2016年11月30日(水曜)「コンテンツの共同制作及び共同運営に関する契約」を締結いたしました。ドコモとチャイナモバイルは、2011年1月に事業協力契約(SCFA)※1 を締結しており、今回の取り組みはその一環となります。

ドコモがまさかのバーチャアイドル業界に進出です。

恐らくドコモは巨大コンピューター、バハムートの稼働を目論んでおり、来年の通常国会では
安倍政権が内閣立法で地球保護法を提出する見込みであり、政府与党は通常国会会期内に成立を目論んでいる。
それをベースに年内に国連での採択が見込まれる。
更にそれを背景にA.D.A.M.管理を設定、地球管理システムを稼働させる。

このバーチャアイドルの正体は時祭イヴという名前であると消息筋からは聞こえており、
歌う曲も既に決まっているとのこと。題名は「秘密く・だ・さ・い」になるという話でした。




ドコモさん、期待しています。(笑)

  1. 2016/12/05(月) 19:47:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アップルが何と無償でApple Watchを回収、何と無償!(中古屋に売るなって(ボソッ))

米Apple、不要になったApple Watchの回収を開始!ただし「無料回収」 ~ iPhone Mania
米Appleは、不要になったApple Watchを回収しリサイクルするプログラムの提供を開始しました。ただし、ギフトカードが提供される「下取り」ではなく、純粋な「無料回収」となっています。

アップルがApple Watchを無料回収するらしいです。
リサイクルというとても聞こえのいい触れ込みですが、簡単に言うと「世の中から旧デバイスを
引き上げる」という目的なのかなと考えています。

市場に流れている端末を一台でも引き上げ、安価での再販・再利用を阻止する。
旧デバイスが不必要なったから安価や無償で知り合いにあげてしまう。
こういうケースは意外と多く、それによりアップル視点では新たな顧客がいきなり単なる
ユーザーになってしまい、売り上げに繋がらない。それを阻止する為に市場から端末を
一台でも引き上げるということなのだろうとみています。

これってソフトバンクも似たようなことをやっていましたよね。
この二社って本当に行動原理がよく似ているなと思います。

  1. 2016/12/05(月) 19:21:15|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

それでもやっぱり漏れるアップルのiCloud(追加ネタ)

押切もえ、長澤まさみのプライベート流出 相次ぐiCloud不正アクセスの単純すぎる手口 ~ BuzzFeed
モデルの押切もえさんや元NMB48の渡辺美優紀さんのiCloudなどに不正にアクセスしたとして、日本経済新聞社デジタル編成局社員の寺井淳容疑者(29)が11月30日、不正アクセス禁止法違反容疑などで逮捕された。
芸能人の写真流出をめぐっては、2016年5月、長澤まさみさんや武井咲さん、北川景子さん、紗栄子さん、尾崎ナナさんらのiCloudやFacebookに不正にアクセスしたとして、長崎県の男が逮捕されている。

それでもやっぱりiCloudが不正アクセスされ、情報が洩れました。
iCloudが不正な方法でパスワードを入力して突破されました・・・と言っても、色んな状況からの
推測で突破されたので、不正アクセスされた本人の扱いの問題ではあるのですが。

ただ、iCloud自体がパスワードの試行錯誤をされていても気づきにくいシステムなのでしょう。
当然不正侵入した人も、一発でパスワードを当てるなんて事は出来るわけないのですから。

AppleID自体はパスワードを簡単なものを設定しにくいように、一定の制限を設けています。
私も作った時に、それをうざったいなと思ったぐらいでしたから。

しかしそれでも突破されるのは、そのルールが読まれやすいものだからでしょう。
だって「こうしろ」「ああしろ」とIDのパスワードを設定するときに注文を付けてきますから、
それが余計に読まれやすさを作っているのだと思います。
自由にパスワードを作ったよりも一定のリズムが刻まれやすくなりますからね。

なのでGoogleIDが侵入されたという話は聞きませんが、iCloudは定期的に侵入されていることが
報道されるのです。この差は何か?

一番はユーザーの意識です。
どれだけ狙われてもユーザー側がしっかり対策をしていれば侵入されることはないのです。
しかし報道されているように、気持ちいいぐらい入られまくりです。
iPhoneを使っている人のセキュリティーの意識はそんなものなのでしょう。
入られても気づかないままのシステムってのもかなりアレですけどね。

ユーザーの意識が低けりゃ、iCloudを運用している企業の意識も低い。
そりゃもうアップルですから・・・・嫌なコンボですね。

それとiPhoneは使っていそうな人や、なんだかんだと適当に数を打てば日本だと1/2の
確率なのとブログ等をやっている人は写真などにiPhoneが映っていたり、iPhoneを
使っているとばらしている人もいるのでしょう。そういったことからもターゲットにされやすい
性質があります。

確率が1/2なら、後の半分のGoogleも狙われてもと思いますが、しかし後の1/2のGoogleIDは
何故か実害が出ない。完全に”有意な差”が有りますね。

そんなわけで漏れやすいiCloudに、漏れにくいGoogleIDという実績が出来てしまっていると
いうことじゃないかなと・・・。



以降追加ネタ。

他にもAppleIDがこんな形で漏れて不正アクセスされた件も。

女子中学生のアカウント〝乗っ取り〟ネットストーカー、不正アクセス容疑で27歳男逮捕 兵庫県警 ~ 産経WEST
iPhone(アイフォーン)の位置情報を使って女子中学生の居場所を把握するため、アップル社のアカウントに不正にアクセスしたとして、兵庫県警サイバー犯罪対策課などは14日、不正アクセス禁止法違反の疑いで、埼玉県吉見町、アルバイトの男(27)を逮捕した。女子中学生とネット上で知り合い、交流を続けていたという。

これ、女子中学生が自分でIDとパスワードを教えたとのこと。
一度教えちゃったら後は煮るなり焼くなり・・・。



端末単体でも情報漏れ漏れ、おしゃべりSiriちゃん。

Siriを活用しiPhoneから個人情報を盗む手口が話題に ~ ForbesJapan.
iPhoneユーザーにとって重大なセキュリティ懸念が浮上した。悪意を持つ第三者があなたの端末を手にした場合、Siriに問いかけるだけで、内部の情報が全て盗まれる危険がある。
まず最初のステップは、そのiPhoneの電話番号を割り出すこと。これはSiriに「私は誰ですか?」と問いかけるだけで答を教えてくれる(ロック中のSiriのアクセスを許可している場合)。
次に、割り出した電話番号に他の端末から電話をかけ、その番号に対してテキストメッセージを返信する画面を立ち上げる。この際もボイスコマンドで指令するとテキストの作成画面が立ち上がる。
そして、この時点でボイスオーバー機能をオンにするとタップでの操作が可能になる。その後はスクリーン上の適切な場所をタップしていけば、連絡先情報や端末内部の写真にアクセスすることが可能になる。
この手法はロック画面にパスワードロックがかかっていても、Touch IDが設定されていても有効だ。脆弱性はiOS 8.0から10.2の全てのバージョンに存在する。

敵は内にあり。

そもそも大半の人が使っていない機能が脆弱性とか、こんな皮肉なことは有りません。
しかしアップル的には鳴り物入りでスタートさせた機能だけにそう簡単に引き下がれない
所は有ると思います。使っている人は使っているでしょうし。

  1. 2016/12/02(金) 22:06:17|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

サンクスギビングからブラックマンデーまでの間の販売は、Google Pixelが112%に対してiPhone 7は13%

Google Pixelはブラックフライデーのセール中にiPhoneよりも人気だった ~ juggly.cn
Google の新スマートフォン「Pixel」「Pixel XL」が Black Friday や Cyber​​ Monday のホリデーシーズンセールの中で iPhone よりもはるかに高いアクティベーション数の伸びを記録し、同セールの中で最も人気が出たスマートフォンだったことが分かりました。

Black Friday~Cyber​​ Monday、11月の第4金曜日からその次の月曜日までの期間を指す
アメリカでの商習慣のようです。

年末のクリスマス商戦前の最後のセール期間ということもあり、ここでは秋冬に出した
端末の人気が測れるということで、集計して情報を出すところも有るようです。
その指標としてアクティベーション数の伸びを利用してます。

それが以下。


Localytics


Google Pixelが112%で大きく伸び、次いでGalaxy S7が36%、iPhone 7はその約1/3の13%。
iPhone 7ha9月中旬、Pixelは10月中旬でPixelの方が発売日は遅いのですが、iPhoneは
このぐらいの時期の方が待ち行列を捌いている最中で、潤沢に入荷しだす頃なので
一番うれしい時期の集計タイミングだと思います。

なので条件としては夏に大事故が有ったGalaxy以外は、それぞれいいタイミングの集計だと思います。
タイミングの悪いGalaxyでも二位の36を維持、その3倍もの数字を付けたPixcelはさらにその3倍です
から強すぎです。


iPhone 7の数字の上がらなさ、iPad二機種にすらも負けているのは由々しき事態です。
逆にAndroid端末の極めて高い数字の伸びも驚異的です。
アメリカ市場がAndroidへと向かって動いている最中ですね。



更に、去年のiPhonee 6sのデータとも比較してみます。


Localytics

この差、大きすぎますね。
Androidの機種の伸びと全く違うことになってしまっています。

iPhone 7はもはやもうあれだけの喧騒でも、もう大して伸びない状況です。
やはり一部ファンが騒いでいるだけで、もう落ち始めていることがこの数字からも
よく分かると思います。


7-9月で11月とは関係ありませんが、取り敢えずカンターのアメリカの数字も確認しておきましょうか。


Kantar Worldpanel記事

アメリカではAndroidが2に対して、iOSが1の割合がここ最近の傾向です。
以前はAndroidが2に対してiOSが3の割合でしたが、ここ最近はAndroidがiPhoneを追い越して、
さらに2倍の数字になってしまいました。これは来年、再来年辺りまでのどこかで7対3に
なっていくと思われます。次の興味ポイントはiOSがどこで踏みとどまるかでしょうね。
アメリカで8対2はさすがにないと信じたいのですけど・・・。

  1. 2016/12/01(木) 19:34:45|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ドコモが固めてセキュリティーアップデートを配布、ついでに各キャリアのアップデート状況を確認

製品アップデート情報 ~ ドコモ公式ページ

ドコモが11月29日以降にがっさりとソフトウエア更新を行いました。
改善内容はどれも大したことはありません。
しかし重要なのは、Google純正のセキュリティパッチのアップデートが含まれています。

今回のアップデートでそれぞれの端末のセキュリティーパッチレベルが以下のようになりました。

●セキュリティパッチレベル:2016年11月
 ・Xperia Z5 SO-01H
 ・Xperia Z5 Compact SO-02H
 ・Xperia Z5 Premium SO-03H
 ・Xperia X Compact SO-02J

●セキュリティパッチレベル:2016年10月
 ・arrows SV F-03H
 ・arrows Fit F-01H
 ・arrows NX F-02H
 ・AQUOS Compact SH-02H
 ・AQUOS ZETA SH-04H
 ・Galaxy S6 edge SC-04G
 ・Galaxy S6 SC-05G

●セキュリティパッチレベル:2016年8月
 ・Galaxy S7 edge SC-02H

●セキュリティパッチレベルが2016年7月
 ・AQUOS ZETA SH-01H

去年の暮れに出たH型番の端末はGalaxy Neo Active SC-01Hを覗いてセキュリティパッチレベルが
2016年10月、2016年11月に更新されています。恐らくJ型番は間もなく更新されると思われます。

ただ、Android 7.0 Nougatアップデート機種はここでは最新となっていませんので、そのアップデートで
賄われる可能性もありそうです。少なくともNougatが降ってくる機種はそれなりのセキュリティーパッチ
レベルにはなれると思います。

私がXperia Z3Cを手に入れる直前にZ4を狙っていたのも実はそれが大きく影響しています。
国内版が今一でも海外版を焼けば済む話ですしね。(国内機向け機能は使えなくなりますけど)
大きさもギリギリ我慢できるサイズでしたし。


まだまだ完璧とは言えないまでも、ドコモのセキュリティーパッチは比較的新しいものをカバー
出来ている機種が多いなと感じました。Xpeiraの主要4機種では最新の2016年11月をカバー
出来ていますし、arrowsやAQUOS、Galaxyも2016年10月をリリースできています。

このあとNougatがリリースされていきますので、全体としてより強固な状況が作られるのでは
ないかなという気がします。それがH型番と一部のG型番に降ってくるのですからまあそこそこ
頑張ってると言えます。



ではauはどうでしょうか。
auのサイトではサポート状況の一覧が出来ないので非常にわかりにくい。
しかも階層が深い。よって取り漏れがあるかもしれません。

●セキュリティパッチレベル
2016年9月 Xperia X Performance SOV33
2016年8月 HTC 10 HTV32
        Qua phone PX

とは言え私が見つけられたのでこのレベルです。
最新で9月ですし、端末もXperia X Performanceだけ。
あとは8月に二機種。
全くやる気が感じられません。



ソフトバンクはそもそもセキュリティパッチレベルへの言及が全く見当たりません。
更新日ベースで
 ・2016年11月1日  Xperia X Performance
 ・2016年10月28日 AQUOS Xx3
 ・2016年7月26日  DIGNO® F
となっており、せいぜい期待できるのはauの同機種と同じ日にアップデートしているXperia X Performanceが
2016年9月じゃないかと推測できること。AQUOS Xx3は8月かな・・・と思ってみたりもしますが、兄弟機種の
AQUOS SERIE SHV34がセキュリティーアップデートについて不明。AQUOS ZETA SH-04Hは2016年10月で
更新日はドコモのSH-04Hの3日後・・・、さて期待していいのでしょうか?

Googleはキャリアにセキュリティーアップデートを配布するようにさせるとのことでしたが、少なくとも日本に
おいてはドコモ以外はお寒い限りで、使い捨ての感は否めません。

ドコモは買った端末は一年後でもしっかりとAndroidのバージョンアップやセキュリティーパッチをきちんと
出してくれていて信頼できると思います。同じXperia、arrows、AQUOSとはいっても全く安心感が違います。


各種メディアのライターさんはこういったことをきちんと取り上げてキャリアの姿勢も報じるべきだと思いますよ。

  1. 2016/11/30(水) 19:26:32|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

iPhoneファンの情報曲げ力に感心「高価格機の66%がiPhone」⇒「市場全体の66%がiPhone」・・・確かにイギリスの研究通りだな(ぼそっ)

アップルファンの情報の曲げ力は大したもんだと思う記事。

Apple、インドのスマホ市場で66%のシェアを獲得していた! ~ iPhone Mania
インドのスマートフォン市場での苦戦が度々報じられているAppleですが、10月のスマートフォン出荷台数において、Samsungを抑え66%ものシェアを獲得していたことがわかりました。

ふむふむ、アップル不毛の地のインドで何故か66%もシェアを取ったと・・・。
まずはソースのチェック。

Apple killing it in India: grabs first place with 66% of premium phone sales
Apple crushed Samsung in the emerging market for premium smartphones in India during October, taking a leading 66 percent share of sales. Samsung's second place accounted for 23 percent of sales from Galaxy S7 and similar phones, while Google--which has made the subcontinent a focus--took 10 percent of sales. Only 1 percent was attributed to other makers.

おおっ、アップルインサイダーが曲げていましたか・・・え?

premium phone sales

おいっ、iPhone Maniaよ・・・やってくれますね。

アップルインサイダーでは「高価格帯機」の66%と書いているのですが、
iPhone Maniaではインドのスマホ市場全体の話にすり替わっています。(というかすり替えている!)

ちなみにiPhone ManiaがおおもとのソースとしているEconomic Timesではそもそもそんなこと
どこにも触れてないように思うのですけど。


ちなみにインドでは毎月携帯回線の契約は数千万回線規模での契約があり、
その内スマホ販売数は1000万台/月のレベルです。

しかしながらインドではインド企業がものすごく大きなスマホマーケットを築いており、
日本のスマホを日本の企業が牛耳っていたように、インド市場はインドの企業が牛耳っています。
その多くは3万円台以下の安い端末ですけどね。

そんな数字をすべて無視できるpremium phone salesをいう免罪符を持っての66%なのですが、
iPhone ManiaはやっぱりiPhone Maniaでした。こっそりそれを取っ払って記事を書く。

元々のアップルインサイダーの66%を導き出すところも割と無理やりと思いますが、
まあそこは嘘は言っていない。

しかしiPhone Maniaは完全な伝言ゲームの嘘記事。

これは先日記事として出たアップルユーザーの特徴とまったく一致。

イギリスの大学の研究だから日本は関係ないよねとか言う一部の方がおられましたが、
言ってる尻から自ら証明しているでしょう。

iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりも不正直で謙虚さがないことが研究で判明 ~ GIGAZINE
AndroidユーザーとiPhoneユーザーの違いについて調査した研究によって、「iPhoneユーザーには若年層と女性が多く、スマートフォンを『ステイタスを示すもの』と考えている」ということが判明しました。また、iPhoneユーザーが「不正直」であるなどの性格の違いも明らかになっています。

確かにiPhoneユーザーは不正直でした。

  1. 2016/11/29(火) 19:57:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

【今更】Nexus 9を5日ほどAndroid 7.0で使ってみた感想など

先日Android 7.0 Nougatを導入したNexus 9を日々使い始めてみて感じたことをつらつらと。

Nougatを入れてたNexus 9を使ってみて、実際のことろMashmallowとほぼ変わりないなって感じです。
今メインにしているスマホがXperia Zで、海外版の5.1.1 Lollipopなのですが、それとも大きな差を感じる
事はないですね。

事前に情報が有ったのでバッテリーの減りが速いというのはある程度納得済み。
確かにNexus 7(2012)に比べたら減りが速くなってるなってのは有ります。
ただこれは画面の大きさと明るさの違いが大きい気がします。
64bit K1も影響あるとは思いますけど、待ち受け時はとても省エネだと感じています。

18時間放置していた時がありましたがその間に4%しか減っていなかったので、0.22%/時ということになります。
バッテリーが6700mAhと大きいので放置時はものすごく長時間持ちますね。

色々快適だし大きな不満はないのですが、バッテリーの表示が見にくい。
度の端末でも数字の%は必須で常に表示するようにしているのですが、Android 6.0で追加された
UIをいじらないと表示できません。それで数字を表示するようにしても、小さすぎて非常に見にくい。
「システムUI表示ツール」を有効化するには、通知領域を開き、設定アイコンをロングタップします。
ロングタップのまま少し待ってアイコンが回転し始めたら指を離すとメニューの下の方に
「システムUI表示ツール」が追加されます。

これでステータスバーの「常に割合を表示」で%が表示されるのですが、ミジンコのようなサイズで
数字が表示されます。ステータスバーが細いので名いっぱいのサイズで表示してくれないと見えない。
しかもこれって再起動でクリアされてしまうようです。本当に使えない。

というわけで、BatteryMixで%を表示するようにしました。
Xperiaは海外ROMでもこういった部分は設定で%を見やすいサイズを表示できるんですけどね。
こんな不十分な機能が裏技とか・・・物足りなさすぎる。
いや、不十分だから裏技で隠してあるのでしょうか。
ロック画面だと見やすい%表示がされているのに、ロック解除すると信じられないぐらい
見にくい%表示になってしまいます。

これ。



左端はBatteryMix、右端の時刻の隣りがOSのUIが表示しているバッテリーの表示ですが、
よく見れば%がバッテリーアイコンの中に表示されています。小さすぎて細すぎて見えへんて。

BatteryMixのサイズだったら実際の画面ではよく見えます。
でもOS UIのはよく見ないと見えません。


あとGoogle日本語入力もかなりアレですね。



余りに横長すぎるので、もっと幅を狭くして右寄せにしたのですけど・・・。
これではまだまだ横に長すぎてバランスが悪く、入力速度が上がりません。

縦の長さは調整できるのですけど、どっちかっていうと横の長さの方を調整したい。
調整できる設定がおかしいでしょ。
こんな横長なのを調整できないとか・・・もうちょっと考えてほしい。
Android端末の中では画面の4:3比率は少数派なので、4:3端末を使うと色々問題が多いですね。

大画面だとUIも大型化してしまうケースがあり、文字入力はUIが大きすぎるとてきめんに
誤入力が増えて入力速度が遅くなります。なのでIMEのサイズ調整は完全に自由にできる
ようにしてもらいたいですね。Nexus 7ではそこまで感じなかったサイズ問題も、Nexus 9の
サイズまで来ると誤魔化しきれなくなってしまいます。
4:3ということが問題を更にひどくしています。


安定性については大きな破たんはなく、安定しているよいうに思いますが、
一度だけ放置していたらうんともすんとも言わず、完全にブラックアウトしました。
電源ボタン長押しの再起動で復活しました。
それ以外の問題は皆無ですが、そのフリーズだけ気にはなりました。


それとAndroid 7.1 Developer Previewを使うためにAndroid Beta Programに登録しましたが、
未だにOTAが降ってきません。24時間以内に通知が行くとなっていますが、登録から
100時間程度経っても音沙汰無し。
時差長すぎ、もしかしてこのまま何も来ないままで放置?

自分で焼けばいいのですが、一度ブートローダのアンロックをしないといけないので、
とりあえずOTAを未だに待っています。まあ自分で焼いた後再ロックしてもう一度
Android Beta Programに登録しなおせばいいのですけど、ここまで設定したものが
全部消えてしまいますからね。
もう少し待ってみます。




キーボードと合わせると結構いい感じ。
実際幾らかこの状態で活用しましたけど、十分これでパソコンの代用が出来ますね。
実際ブログの記事もこのセットで書いたものもあります。

これにマウスをつないでみてテストしてみた所、本当にミニノートの使用感になりました。
OSはWindowsともChromeOSともまた違いますけどね。

  1. 2016/11/29(火) 19:45:35|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「担当と相談してiPhoneの修理予約完了」⇒「バッテリーが無いので修理できません」・・・アップルのソフトバンク化が酷い、バッテリー交換プログラム顛末記

どうも最近話題になっている記事をコメ欄で頂きましたので取り上げてみます。

僕のiPhone6sが交換プログラム対象だったので処置をしに行ってきた話 ~ 趣味全開で淡々と
先日iPhone6sの交換プログラムが発表されたじゃないですか、その発表された当日に僕はチャットで問い合わせを行っていたんですよ。
これで予約した本日秋葉原のクイックガレージに持っていきました。その時の話です。

アップルがiPhone 6シリーズのタッチ病、iPhone 6sのシャットダウン問題にアップルが正式に対応する
事が発表されたことを受けて実際に処置をしに行った方の顛末報告記事です。


読んでいくとここでもうほぼ全てエキスが凝縮されておりました。

ガ「プログラムが発表されて電池の在庫が切れていますので12月の初旬から中旬の間にどうたらこうたら・・・」

と言い出したので

ぼく「いやだからそんな事は先日Appleとチャットした時に知ってるしそう言われたので今日なら対応出来ると言われたから今日の時間にワザワザ予約して仕事を切り上げて来てるんだから何とかしてくださいよ。」

ガ「そう言われましても電池の在庫が無いので・・・」

早い話が、修理したくないんですよ。
だからクイックガレージのほうもあーだこーだ言って逃げようとする。

もしかするとアップル大本営から「徹底的にゴネ倒して追い返せ」という命が出ているのかもしれません。
そうでなければ予約までしてきた客をこんな形で門前払いをしたりしませんよね。

アップルに修理を出して、修理をしないで送り返すことを繰り返し、挙句の果てに問題を認めて
修理を受け付けるふりをした上で、バッテリーが無いから追い返す荒業を披露する。


こういう企業姿勢でクソすぎるのでアップルを叩いているわけですが、自ら交換プログラムを
実行したサムスンの方を必死で叩く方々がコメント欄に何人か湧いているのですよ。
よくある重箱の隅突きの完璧性を求めて追い込もうとするいつものやり口で。

このアップルのクソ対応には全く意見を出さずにサムスンのみを叩くという・・・もう意図がアレ過ぎw
選択肢やら事後処理とかもうどっちでもいいのですが・・・要は「やったか、やらなかったか」だけです。
アップルは交換プログラムを発表したくせにその後ですら「やらなかった」わけです。


最終的にアップルサポートのスペシャリストが登場したところで一気にアップル側は負けを認めて
交換に応じるわけですが、これはもしかすると客のことろにある端末自体をアップル自身すらも
信用していない可能性も考えられます。

以前から私はiPhoneを含むアップル製品は品質のばらつきが激しいと言ってきましたが、実はアップル
社内でもそれを認めていて、怪しい端末は交換して入れ替えろということでやっているのかもしれません。

以前はアップルケアに入っていたら気前よく交換していたようですが、今は交換のハードルはそこそこ
上がってきているようです。アップルの利益にはてなマークが付き始めてから色々一気に渋くなって
きたように思います。



まあこれでも必死に「サムチョンがふんがふんが」という向きは現れるかも知れませんが・・・。
私は韓国を含む朝鮮は大嫌いですが、中身を無視して叩く為だけに叩くのはちょっと違うと思っています。
とりあえずユーザー目線で見て自ら交換してくれた事と、追い込んでやっと一件の交換を勝ち取ったの
違いを見るべきであり、そこを敢えて無視する叩き方はかなり変と言っておきます。

いやー、そんなにアップルのマイナス面に触れられると不都合なんですか。
そこから他に目を向けさせるために必死な方々がこれからも湧いてきそうですね。
このブログを無視できていた所が、無視できる余裕がなくなってきたのだろうという解釈をしています。


というわけで、次はどんな工夫をした書き方をするのか皆さんで生暖かく見守っていきましょう。
もしかするとこのブログのコメ欄もアップルファンの最後の砦の一部になる可能性はあるかもしれません。
どちらにしろ、彼らにとってここは顔をしかめたくなる煙たい存在でることは間違いありませんから。




最後に・・・。

このブログ記事の方を含め、それでもなおiPhoneを使い続けていくのでしょうかね。
その辺りちょっと気になります。

今のアップルは過去に多くの報告があったソフトバンクのクソな状況ととても似ています。
なんでそんな修羅の道をわざわざ歩むのか、iPhone以外を選んでいる私としては不思議でなりません。
ソフトバンクでiPhoneとか、もうダブルパンチですしw


どこまで耐えきるのか、それともちょびちょびと客を逃がしてしまうのか。
どちらにしても、iPhoneの購入価格が正規な価格に近づいていくと色々状況が変わるでしょう。
正規の値段を払ったものでこんな対応をされたら速攻ぶち切れ物でしょう。

そういう意味でも色々楽しみな将来だなと思います。

  1. 2016/11/28(月) 19:35:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。